HOME > ユーザリスト > ヒコモン

ヒコモン ユーザ情報

アイコン画像 城之内
評価投稿数 2486
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 0

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
9 トリックスター・フォクシーウィッチ 2017/12/13 13:00
下級でビートダウンとバーンした方が強いと言われるトリックスターに、リンク召喚しろよと言わんばかりのカードが出た。相手の展開に応じてかなりのダメージが期待出来るので、引導火力としても使える。また、特殊召喚時なのでリンカーネイションで蘇生して使い回してもOK。後続にはブラッディマリーを出して、ドロー効果を狙いたいところか。
10 白闘気一角 2017/12/13 12:51
釣り上げ効果を持ったレベル7シンクロモンスター。魚族限定で攻撃制限こそ付くものの、効果は無効にならないので非常に使い易い。また、素材にしたチューナーを蘇生して連続シンクロも狙える。超古深海王シーラカンスとの相性は抜群で、デッキからの大量展開に加えて、このカードとランク7を出すことも可能な他、シーラカンスの効果を使って展開後にリンク素材などで先に落としてからS召喚して釣り上げることで、1ターンに2度シーラカンスの効果を発動することも出来るようになる。
6 ジャンク・コネクター 2017/12/13 12:40
リンク先のモンスター同士で、フリーチェーンに近いS召喚を可能にするカード。破壊された時に「ジャンク」SモンスターをS召喚扱いで特殊召喚出来る効果も持っており、なかなか頼もしく思えるのだが、チューナー1体以上を含む戦士族・機械族の効果モンスター2体とそこそこ厳しい縛りが付けられており、こいつが出せるならば水晶機巧-ハリファイバーも出せてしまう。しかも即座にアドを稼げるあちらと違い、①の効果を使うには更なる展開が必要で、②の効果で自爆特攻するにしても後続の「ジャンク」Sモンスターがイマイチ。
9 ペンデュラム・ホルト 2017/12/13 12:28
漫画ではペンデュラム召喚不可になる非常に重いデメリットがあったが、こちらは発動後の手札増加不可と言うデメリットはあるものの、かなり使いやすくなっている。実質ターン1のようなものなので、安易に3積みするよりはデュエリスト・アドベントでサーチして使いたいところ。
9 トリックスター・キャロベイン 2017/12/12 16:34
公式のミスにより後日発売のVジャンプでは効果欄がSECRETで隠されていたのに、効果がバレバレになってしまったカード。パンプアップ効果は基本オネストに劣るものの、トリックスターの名前を持っている為、サーチは容易。また、特殊召喚条件も緩いので展開もし易い。
6 もののけの巣くう祠 2017/12/12 16:17
2回使える蘇生魔法だが、いずれも自分フィールドにモンスターが存在しない場合という条件を求めているのは使い難いところ。副葬で墓地に落として即蘇生ということも可能ではあるが、②の効果ではモンスター効果が無効になってしまう。そもそもアンデット族には生者の書-禁断の呪術-も存在しており、汎用の戦線復帰を差し置いてこちらを採用する価値は正直無い。
10 白の救済 2017/12/12 15:16
毎ターン魚族モンスターをサルベージ出来るのは単純かつ強力な能力。②の効果はコズミック・サイクロン相手には相性が悪いものの、サイクロンなどには十分な牽制となる。また、伏せている状態で除去してくれても美味しい。
6 白の咆哮 2017/12/12 14:11
魔法なんでも無効はいいのだが、相手の墓地に魔法カードが無いと発動出来ないというのは不安なところ。魔法カードは基本的にほとんどのデッキに入るため、中盤以降で発動出来ないということはまず無いだろうが。
10 レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン 2017/12/11 12:59
ドラゴン族が強化される度にレダメ禁止かなと心配される子。ドラゴン族モンスター1体を除外して、手札から簡単に沸いて来る。しかも手札、墓地からドラゴン族モンスターを毎ターンなんでも特殊召喚可能なので、先攻1ターン目だろうと中盤、後半だろうとガンガン展開が狙えるという凶悪カード。しかも対象を取らないオマケ付。
9 栄光の聖騎士団 2017/12/11 12:51
相手ターンにデッキから装備魔法を装備だと!?が出来るカード。「聖騎士」モンスター限定ではあるが、「聖剣」カード縛りが無いので各種装備魔法が使えるのは面白いところ。コストも踏み倒せるが、問題はコストありで使いたいカードが余り無いことか。
5 魅幽鳥 2017/12/11 12:43
置く場所によって効果が変わるというややこしいモンスター。左端に置けばノーデメリットの2300打点モンスターになるが、やはり置くならばエクストラモンスターゾーンの正面にして、相手のエクストラから出て来たモンスターの効果を封じたいところ。ただ素のステータスは貧弱なので、そのまま殴り倒されてしまうだろうが。
8 異次元の探求者 2017/12/11 12:39
相手の除去にチェーンしたり、エクストラモンスターゾーンから移動させたりと色々出来るカード。緊テレに対応している為、出し易い部分も高評価。ただし、次のターンのエンドフェイズまでと長いため、相手ターンに発動してしまうと自分ターンのエンドフェイズまで戻って来れなくなってしまう点は要注意。
5 雀姉妹 2017/12/11 12:33
麻雀のツモって捨てるという流れを体現したカード。リバースでも発動出来るため、1ドローのデス・ラクーダと違い、戦闘破壊されても効果発動は可能。しかし墓地肥やしは出来てもアドが稼げないのは痛い。どうでもいいが、麻雀で姉妹と言うと二階堂姉妹を思い浮かべてしまう。
3 屈強の釣り師 2017/12/11 12:28
リンクモンスター以外を釣り上げることが出来るという時点で、戦線復帰でいいじゃんということになるカード。直接攻撃するには他のカードでの露払いが必要であり、コンボ前提で釣り上げのみというのは微妙。チューナーなのでハリファイバーを出したりして相手ターンに備えることも可能ではある為、決して弱い訳では無いのだが、使うかと言うと使わない。そんなカード。
3 エクスコード・トーカー 2017/12/11 12:21
エクストラリンクを完成させた状態で出しても、2か所しか埋められないというなんともなカード。しかもリンクマーカーが一致しており、相互リンクで強力な力を発揮するトライゲート・ウィザードの存在もある。素材もサイバース族モンスター2体以上を指定しており出し難いなど、パックの看板を飾りながら要らない子扱いされる悲惨なモンスター。
8 ガベージコレクター 2017/12/11 12:13
ボードアドは変わらないが、手札アドに加え、出すカード次第で更なるアドが狙えるカード。同じストラクに入っているフレイム・バッファローは手札にサイバース族モンスターを用意出来るので非常に相性が良い。
5 ジュッテ・ナイト 2017/12/08 12:48
貫通効果持ちと相性の良いチューナー。しかし既に言われている通り、種族、属性、レベルまで被りまくっている特殊召喚持ちのTG ストライカーと比較すれば、やはり採用は難しいところ。最初からこいつを意識して地属性チューナー指定にしていれば、あんな悲しいゴヨウ・ガーディアンのエラッタがされることも無かったものを。ちなみにARC-Vでは「ジュッテ」カテゴリという謎の括りが出ていたが、OCGでは今後も出ることは無いだろう。
3 フェニキシアン・シード 2017/12/08 12:42
フェニキシアン・クラスター・アマリリスを手札から特殊召喚する為のカードなのだが、フェニキシアン・クラスター・アマリリスは墓地から自身の力で特殊召喚出来る為、このカードを使うより墓地に落として自身の効果で蘇生させたいところ。
9 フェニキシアン・クラスター・アマリリス 2017/12/08 12:39
トポロジック・ボマー・ドラゴンを使ったループで先攻ワンキルすら出来るようになってしまった。墓地に植物族10体を落とす必要があるのだが、アロマセラフィ-ジャスミンやサモン・ソーサレスなど、リンクモンスターを組み合わせることでガンガン墓地が肥えて行く。しかもこのワンキルループの悪質なところは、ワンキルに特化する必要が無く、普通に戦っても十分強いデッキの中にフェニキシアン・クラスター・アマリリスを1枚入れるだけで成立してしまっていること。グランソイル同様ターン1エラッタされてもおかしく無い。
4 痛恨の訴え 2017/12/07 19:24
直接攻撃という逼迫した状況をトリガーにして、精神操作と大差無いというのはやはり使い難い。精神操作に比べて勝っているのは追撃を防げる可能性があることと、アドバンス召喚のリリース要員に出来ること。正直そこだけで採用するのは厳しいと言わざるを得ない。
9 クリストロン・インパクト 2017/12/07 13:27
非チューナーの下級モンスターは墓地除外効果を持っているので、発動は容易。シンクロチューナーを呼んで除外されたハリファイバーを蘇生してもいい。しかも②の「クリストロン」モンスターに対象耐性を与える効果も強力。墓地に落ちたターンに使用出来ないのは残念だが、ターン1も無いので3積みしても問題無い性能。
4 幻奏のイリュージョン 2017/12/07 12:34
残像だ。効果は強いのだが、肝心の幻奏との相性が微妙という困ったカード。対象耐性を与える幻奏の音女アリアとは水と油の関係。幻奏の音姫マイスタリン・シューベルトに使えば3000打点の二連打になるが、罠で速効性が無いというのも困りもの。せめて速攻魔法ならばと思わされる。
3 発条の巻き上げ 2017/12/07 12:17
①の効果は機械族Xモンスターに「ゼンマイ」モンスターをX素材として補給する能力。別のカードを使ってX素材補給というのが微妙なのに、しかも手札、フィールドから限定。②の効果は「ゼンマイ」Xモンスターをランクアップさせられるが、出て来るのが発条機甲ゼンマイスターや発条装攻ゼンマイオーでは、それで?という感じしかしない。ランクアップ先が機械族Xモンスターならば、まだ使えたのだが。
3 不屈の闘志 2017/12/07 12:04
特殊ルール用に作られたカード。上昇値が相手依存であり、しかも自分モンスターが一体で無ければならないというのは厳しい。一応対象モンスター同士で戦闘を行うことで、オネストのように攻撃力分のダメージを与えることは可能。攻撃反応型で無いだけマシか。
3 無差別破壊 2017/12/06 12:56
このカードのエクシーズ対応版とも言うべき無差別崩壊が登場。しかもレベル1は必ず破壊出来るようになった。その一方でレベル12は破壊出来なくなってしまっているが、1/6を求めてこのカードを使うことは無いだろう。
4 亜空間ジャンプ装置 2017/12/06 12:44
エーリアン用コントロール交換カード。罠である点や、自分がコントロール奪取したいカードを選べるので、強制転移との差別は可能。しかしエーリアン用には集団催眠、洗脳光線というノーコストコントロール奪取があるのに、永続奪取とは言え、このカードを使う価値があるかと言うと。しかもリンク召喚のお陰で奪い返される前にリンク素材にしてしまうということも可能となった。一応あちらは両方とも永続罠なので、サイクロンなどに弱いというのはあるが。
5 シエンの間者 2017/12/06 12:38
相手フィールドに依存しないというのは強制転移と比べて勝るところ。しかしながらコンボ前提であり、普通に使うのはやはり難しい。一応新マスタールールでエクストラモンスターゾーンのモンスターを能動的にメインモンスターゾーンに移せるようになったが、その目的で採用することは無いだろう。
4 死のマジック・ボックス 2017/12/06 12:35
普通に使うと2枚のディスアドになってしまうので、コンボさせるのが前提。しかしながら相手にコントロールが移って嬉しいモンスターというのは少ない。しかも強制転移ならば破壊されることもなく、シエンの間者ですら相手モンスターがいる必要も無いという利点があり、使い難さの方が目立つ。
10 和魂 2017/12/06 12:29
基本的に特殊召喚出来ないスピリットにおいて、召喚権を増やせるというだけで10点もの。しかも墓地に送られた時にスピリットモンスターがいれば、1ドローのオマケ付。
4 伊弉波 2017/12/06 12:26
召喚権を使う上に手札コストまで必要なサルベージは正直弱い。一応和魂とのコンボで1ドローを毎ターン繰り返す「イザナミだ」状態にすることが可能。しかし、その為にこいつを入れるというのも。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>