HOME > ユーザリスト > ヒコモン

ヒコモン ユーザ情報

アイコン画像 城之内
評価投稿数 3125
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 0

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
6 F.A.ソニックマイスター 2018/08/10 12:55
このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低い相手モンスターとの戦闘では破壊されないカード。更にレベル7以上の場合は連続攻撃が可能。しかしレベル7で2100打点、レベル10でようやく3000打点はかなり苦しい。
7 F.A.ハングオンマッハ 2018/08/10 12:52
このカードのレベルよりも元々のレベルまたはランクが低い相手モンスターが発動した効果を受けない為、リンクモンスター以外のモンスター効果による除去には強い。更にレベル7以上の場合はダーク・ロウ効果が付与される。しかし維持することに意味があるカードで、リンクモンスターに弱い点は致命的。しかもよりにもよってリンクモンスターがレギュラーパックに入り始めるCODE OF THE DUELISTで登場しているというのは何かの嫌がらせだろうか。
6 F.A.ダウンフォース 2018/08/10 12:45
爆走兄弟で子供に知れ渡ったアレ。発動して2レベル、墓地除外効果で2レベル上げられる。固有効果でレベルが更に1上がるので、レベル7以上の効果に繋げることが可能。しかし墓地に落ちたターンに使えないのは残念な限り。打点目的でも実質600アップは厳しい。
3 儀水鏡の幻影術 2018/08/09 22:15
リチュアの限定解除。ライフポイントが要らないのはいいが、罠で遅れる上にエンドフェイズには手札に戻って来る。これが儀式召喚扱いならガストクラーケでピーピングハンデスも出来たのだが。このカードを使うよりも普通に儀式召喚した方が手っ取り早い。
9 剛鬼ザ・ジャイアント・オーガ 2018/08/09 21:57
剛鬼のエース的カード。戦闘破壊耐性に加え、このカードの攻撃力以下のモンスターからの効果を受けない。しかもこのカードもしくはリンク先のモンスターを対象とする相手の効果を攻撃力を下げることによって無効に出来るため、対象を取らない魔法・罠以外では除去に非常に手間取る。しかも下がった攻撃力は③の効果によって相手ターンでもパンプアップ可能。しかしせっかく恵まれたエース性能も、エクストラをトロイメア中心で組んだ方が強いせいで使われないという不遇の存在。汎用を強くし過ぎてテーマ専用が使われないことほど悲惨なものは無い。やぶ蛇で出す先としてはリンクモンスターという点が嬉しいところ。
6 スモウ魂 YOKO-ZUNA 2018/08/09 12:59
P効果はP召喚成功時に手札に戻す効果。この効果で手札に戻ったこのカードをP召喚で出したモンスターをリリースしてアドバンス召喚することにより、自分のPゾーンのカードと同じ縦列の相手モンスターを墓地送りにすることが可能。最大2体除去が可能なのだが、両端に限定されており、しかも前述のやり方の場合は片方のPスケールが無いことになってしまう。帝ステータスなものの、そこが活かせるデッキは無いのが現状。
3 F.A.オフロードGP 2018/08/09 12:52
レベルによって打点が上昇する「F.A.」モンスターのレベルをメインフェイズのみ上げてくれる。ライトニングマスターやホームトランスポーターはメインフェイズに上がっても意味はあるが、正直微妙。「F.A.」モンスターが戦闘破壊された時のハンデスというのも使い難い。自爆特攻してランダムハンデスしても仕方無いし、効果による除去が横行している中、戦闘破壊待ちするのも論外。しかもターン1という謎制約。F.A.シティGPより優先する意味は無い。F.A.ウィナーズでの特殊勝利を狙う場合にしか採用しないだろう。
3 F.A.ウィナーズ 2018/08/09 12:52
「F.A.」フィールド魔法カードがこのカードで除外されて3種類揃った時に特殊勝利出来るカード。3つのグランプリを制覇したということなのだろうが、除外する条件が元々のレベルより5以上高い「F.A.」モンスターが相手モンスターとの戦闘で相手に戦闘ダメージを与えた時ということで、普通にビートダウンした方がいいのでは?と思わされてしまう。名称ターン1なので最速でも3ターン掛かってしまう上に、デッキから除外も不可能。ついでに言えばオフロードGPは採用に値しない弱さで、サーキットGPもシティGPがあれば正直採用を躊躇うライン。
7 F.A.サーキットGP 2018/08/09 12:46
「F.A.」モンスターが戦闘破壊するごとに1ドローはいいのだが、ターン1なので張り替えないと2ドロー以降が出来ない。メインフェイズもレベルが上がり、対象耐性を備えるF.A.シティGPより優先する理由に戦闘破壊時の1ドローは少々厳しいところ。
9 F.A.シティGP 2018/08/09 12:28
サーキットGPではバトルフェイズ、オフロードGPではメインフェイズしかレベルが上がらなかったが、どちらでも上がってくれるという頼もしいフィールド魔法。しかも「F.A.」モンスターに対象耐性を与えてくれる為、F.A.ホームトランスポーターのレベルが11以上ならば非常に強固となる。ただしサーキットGPとオフロードGPはアドを取れる性能があるのに対し、それが一切無い点は残念なところ。
8 F.A.シャイニングスターGT 2018/08/08 12:58
機械族モンスター2体で出せるリンクモンスターだが、F.A.デッキ以外ではまともに使えないので、出張することは無いだろう。「F.A.」魔法・罠を発動することでアスリートカウンターを乗せることが出来、取り除くことで相手モンスターの効果を無効にして破壊出来るのが強力。しかし地味に強制効果な点は要注意。レベルを持たない分、リンク先の「F.A.」モンスターのレベルによってこのカードの攻撃力が変動する為、簡単に青眼打点以上を得ることが可能。問題はお互いに戦闘ダメージ0なことと、無限泡影で大ダメージを喰らいかねないこと。
8 F.A.ホームトランスポーター 2018/08/08 12:49
汎用シンクロモンスターだが、F.A.デッキ以外ではまともに使えないので、出張することは無いだろう。「F.A.」魔法・罠を2回使えば戦闘・効果破壊耐性を得ることが出来、4回使えば毎ターン「F.A.」モンスターの蘇生が可能となる。しかし戦闘、効果破壊以外の除去が横行しているので、F.A.シティGPと併用して対象耐性も与えたいところ。
10 F.A.ライトニングマスター 2018/08/08 12:44
汎用レベル7シンクロモンスター。レベルにより変動する攻撃力は基本2100。そこに貫通効果が付いていても微妙だが、F.A.で使えば攻撃力はどんどん上がる。メインはターン1ながら、魔法・罠を無効にして破壊出来る効果。レベルを2下げる必要があるので、実質攻撃力を600下げて無効化することになる。F.A.以外で使う場合は、基本守備表示にしておきたいところ。
7 ユニティ・オブ・ドラゴン 2018/08/08 12:38
定番のマッチキル効果持ちで、公式のデュエルでは使用出来ないカード。初のリンク5のリンクモンスターで、リンクマーカーが相手側に一切向いていない。今後リンク5でデュエルで使えるカードは出て来るのだろうか。マッチキルはエクストラリンク状態を求めており、かなり難易度が高い。
7 革命の鉄騎士 2018/08/08 12:36
定番のマッチキル効果持ちで、公式のデュエルでは使用出来ないカード。機械族の効果モンスター3体以上なので出し易くはあるのだが、エクストラリンク状態を求めており、かなり難易度が高い。
9 轍の魔妖-俥夫 2018/08/07 13:01
釣り上げ効果持ちの魔妖。麗の魔妖-妲姫が既に墓地に落ちているならば、釣り上げて連続シンクロが狙って行ける。同じ状況で翼の魔妖-波旬からこのカードを出せば、3体の魔妖モンスターを並べることが可能。釣り上げにレベル制限など無いため、シンクロモンスターを釣り上げることが可能。しかしシンクロモンスターはいずれも墓地蘇生時に効果を持っているのに、無効化されてしまうのは残念な限り。守備表示で攻撃出来ないのも、痒いところに手が届かない部分。
7 アンデット・ネクロナイズ 2018/08/07 12:53
相手モンスターのコントロール奪取と再利用が可能なカード。また再利用する際には除外されている自分のアンデット族をデッキに戻せる。しかし①、②の効果はいずれかしか発動出来ないので、再利用出来るのが非常に遅い。正直除外されるデメリットは要らなかったんじゃなかろうか。リリースや攻撃に制限が掛からないのはいいが、レベル5以上のアンデット族モンスターが必要なことも考えると、精神操作でも入れた方がいい。
9 屍界のバンシー 2018/08/07 12:47
①の効果でアンデットワールドを守り、②の効果で自身が破壊された後にアンデットワールドが破壊されたとしても、即リカバリー可能という非常に便利なカード。ただ下級棒立ちはやはり厳しいので、積極的に墓地に落として2枚目以降のアンデットワールド発動の準備をした方がいいか。
10 死霊王 ドーハスーラ 2018/08/07 12:36
フィールド魔法が存在する限り、延々とスタンバイフェイズにわき続けるという凄い奴。しかもアンデット族モンスターの効果を2回まで止めることが可能。あの灰流うららも止められるのは非常に便利。フィールド、墓地のモンスターを全てアンデット族にするアンデットワールドとの相性の良さは言わずもがな。細かいことだが、フィールドゾーンとフィールドは違うため、非常に紛らわしい。フィールド魔法が表側表示で存在する場合の方がテキストも短いし、分かりやすいと思うのだが。
9 翼の魔妖-波旬 2018/08/06 12:55
デッキから特殊召喚出来るのは強い。問題はエクストラの「魔妖」モンスターが弱過ぎてせっかくの性能が活かせないこと。魔妖廻天で真っ先に持って来たいカード。ワン・フォー・ワンにも対応しており、魔妖はこのカードが無いと始まらない。
5 毒の魔妖-束脛 2018/08/06 12:51
麗の魔妖-妲姫で連続シンクロを狙う魔妖に置いて、わざわざこっちを採用する意味があるのだろうか?一応魔妖シンクロモンスターが破壊された時に、魔妖シンクロモンスターと一緒に沸いて来ることで、連続シンクロに再び入ることは可能だが、戦闘・効果以外の除去が蔓延る中では厳しいところ。
7 ネフティスの覚醒 2018/08/06 12:46
デッキから特殊召喚出来るのは強い。だが、パンプアップ300と微弱なのが残念過ぎる。せめて700は欲しかった。
4 ネフティスの希望 2018/08/06 12:44
せめて手札も対象に出来るか、速効魔法であって欲しかったところ。祈り手、語り手でサーチ出来るが、2:1交換の基本アド損は厳しい。
4 幻妖フルドラ 2018/08/02 12:54
手札を墓地のカードと交換出来るカード。しかし上級モンスターであり、捨てるカードによって回収出来るカードが変わるというのが非常に使い難い。また、アドが稼げる訳でもない為、わざわざ採用する価値は無いだろう。
8 雷劫龍-サンダー・ドラゴン 2018/08/02 12:37
サンダー・ドラゴンのカオスモンスターとも言うべきカード。弱くは無いが、初手で腐ることもあり採用は好みが分かれるところ。①の効果で青眼打点を上回れるので、②の効果に繋ぎやすい。しかし雷族なんでもサーチはいいのだが、戦闘破壊後は少し遅い。③の効果に至っては相手エンドフェイズと非常に遅いので、発動出来ればラッキーどころか勝敗に関係無いレベルまであり得る。
6 刻印の調停者 2018/08/01 12:58
①は謎過ぎるメタ効果。宣言しまくるテーマが出たとしても、メタとして採用することも無いだろう。②の効果は予告破壊。ノーコスト破壊は強力ではあるが、タイミングが遅いため、モンスター相手ではリンク召喚で消えてしまうのが目に見えている。魔法・罠の牽制には使えるか。
3 超重武者ココロガマ-A 2018/08/01 12:44
戦闘ダメージを受けた時に沸いて来れる守備担当モンスター。特殊召喚したターンは戦闘・効果破壊耐性を得られる為、追撃をまず回避可能な点は嬉しい。しかし守備表示で戦う超重武者との相性が悪いというのは、さすがに話にならない。
5 EMトランプ・ウィッチ 2018/08/01 12:39
ペンデュラム効果に融合が内蔵されたペンデュラムモンスター。毎ターン使えることがメリットだが、フィールド融合な上にスケール4は使い辛い。EMではそこが致命的なので、むしろレベル3以下主体のペンデュラムデッキで使うのはあり。
6 EMトランプ・ガール 2018/08/01 12:37
ペンデュラム効果に融合を持っているトランプ・ウィッチとは対照的に、モンスター効果に融合を持っているペンデュラムモンスター。自身を素材にする制約上、融合召喚可能なモンスター数は減るが、トランプ・ウィッチのスケール4は使い辛いので、EMではこちらの方が便利。EMガトリングールは引導火力に、オッドアイズ・ボルテックス・ドラゴンは制圧に使える。
4 EMレインゴート 2018/08/01 12:21
2種類の手札誘発効果を持つ変わったモンスター。しかし①の効果は無効にして破壊まで可能なEmダメージ・ジャグラーが半年先に出ており、バーンメタというのがそもそも微妙そのもの。まぁダメージ・ジャグラーは直後の改訂で禁止カードになってしまったので、もしかしたら調整版としての一面も持っているのかも知れない。②の効果では「EM」カードまたは「オッドアイズ」カードに耐性を付与可能で、モンスターに限られていないのでスケールを守ることにも役立つ。とは言え、どちらも受動的な効果であり、わざわざ採用する意味は皆無。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>