HOME > ユーザリスト > SOUL

SOUL ユーザ情報

アイコン画像 不死武士
評価投稿数 2688
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 10  デッキを見る
メールアドレス 未登録
自己紹介など

遊戯王ランキング

遊戯王カード評価数ランキング 2,688 件 8位
カード評価文字数ランキング 256,117 文字 14位

投稿一覧

<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
2 真紅眼の凶星竜-メテオ・ドラゴン 2016/07/09 14:11
インサイトから落とせてかつ龍の鏡で流星竜メテオブラックの融合素材とできるということで確かに無価値ではないですが、どうしてこんな設計にしてしまったか・・・。
このイラストでスーレアではなくノーマルというのも寂しいですね。まあこの性能でスーレアだとハズレカードになってしまうのでやはり根本的な問題は性能の方ですが・・・。
長らく本家のメテオドラゴンを愛用していた者として、残念の意も込めて低評価をつけておきます。
6 パンドラの宝具箱 2016/07/09 12:17
デス・ラクーダやワーム・リンクスと同等なドロー加速効果を持ち、それらと同様にパーミッション系のデッキでの採用となるでしょう。
パーミッションならエクストラ0の制約も気にならないですしね。
・・・と、言いたいところですが、このカードが破壊されるとこのカードがエクストラに行ってしまうため、あらかじめエクストラを0にしていてもこのデメリットは気になってしまいますね。
せっかく良いカードなのに、このデメリットのせいで3積みは少々危ないですね。

ペンデュラム効果はかなり大振りな部類のペンデュラムメタですね。
相手のデッキや状況によっては完全に動きを止めることができる可能性を持っています。
普段は2ドローをメインに使って、場合によってはこちらの効果も使ってみることになるでしょうか。
エクストラ0の制約があったり大振りで決まるかわからなかったりする辺りから、サイド要員というのは少々厳しいですかね。
10 餅カエル 2016/07/09 11:58
始めにこのカードを見てから水族レベル2のラインナップ見て、おぉこれならほぼガエル専用かな、とか思った束の間にバハシャから出せると知って一気に見方が変化・・・。
バハシャってその気になれば結構いろんなデッキから出せちゃいますよね。

普通にガエルで使う分にも粋カエルとこのカードのリクルート効果とで永遠と出していけるので十分に凄まじいカードではありますが、ガエル以外でも多様なデッキで使えてしまうというのは恐ろしいですね。
8 EMシール・イール 2016/07/09 11:42
スケールの効果で相手モンスターに干渉できるカードってそれほど多くないですよね。
そんな中でこのカードの効果はシンプルに欲しかったところで、痒いところに手が届くようなカードですね。
特に昨今では青眼の精霊龍のペンデュラム封じに対応できるということで、ペンデュラム主体のデッキのサイドに検討できるカードかと思います。
モンスター効果の方も、通常召喚権が余っているときに使うことでペンデュラム召喚に対する特殊召喚無効罠をケアできる可能性があって局面によっては便利ですね。
レベル1なので使いまわしは利きませんが、逆にこの効果で使いまわしができるようならオーバースペックでしょう。
5 ネオス・ワイズマン 2016/05/30 21:52
どうして融合モンスターでなくなったのか・・・これではアニメの再現もできませんし、何を考えてこうしたのか本当に謎ですね。

ネオスとユベルを要求するということで専用構築を求められるカード。
とは言え、このカードを使うという時点で安定性は度外視されているようなものなので、せっかくなのでいっそユベルの進化体もデッキに入れようかと考えがちに。
ということで自分は、普段はユベルの動きをしてこのカードを引いたらプリズマーやでブランコでネオス側も用意、という方針になりましたが・・・、そもそもユベル系列が事故要因になりやすい上にネオスやこのカードも入れなくてはいけないということでとてつもなく重いデッキに。
デッキに軽量化を入れているという時点でもうお察しですね・・・。
このカードの性能の方は、なかなか良いものではあるのですが、それでも素材2体とこのカード1枚の3枚消費でかつ特殊な構築を要求されている見返りとして考えてしまうと微妙でしょうか。
まあ結局のところはロマンということで、ぜひロマンを求める人は使ってみましょう。
6 リ・バウンド 2016/05/28 22:57
プレアデスなどの対策になりますが、バウンスを使わない相手には全く刺さらないので、やはりサイド用でしょう。

墓地に送るのではなく除外であったなら流行しているユニコーン対策になれそうだったのですが・・・ちょっと惜しいですね。
5 眠れる巨人ズシン 2016/05/17 19:10
実用性は低いものの、このカードには関してはそれこそがまさに原作再現ですね。
それと耐性はしっかり優秀なものになっていてライトニングにも倒されない設計になっているのも良いですね。
ノーレアな点は少し気にはなりますが・・・。
6 The suppression PLUTO 2016/05/17 19:03
効果との相性が良い魔導契約の扉や闇デッキ魔デッキが使える都合の良いステータス。
とは言え、何も工夫などせずとも相手の手札がわかることもまあありますし、わからなくても推測で言ってみるのもそれはそれで楽しさもあって良いですね。
単純に悪魔の依代や死皇帝の陵墓を使うデッキの候補にもなってくれると思います。
その手の最上級多様のデッキではインパクト重視だったりしてこういったピーキーな感じの方がポイント高いこともありますしね。
9 チョコ・マジシャン・ガール 2016/04/14 14:20
氷結界の軍師の優秀な効果が魔法使い全般で汎用的に使えるように。
これまでは手札の魔法使いの利用手段が消費の激しいディメマくらいしか無かったので、このような効率的なカードの登場は嬉しいですね。
もう1つの効果も手札交換効果のおまけとしては十分に優秀で、下級モンスターでありながら相手に除去札の使用を求めることができます。
9 不知火の隠者 2016/04/09 17:00
優秀な効果を持つユニゾンビがこれで実質6枚体制に。
不知火に限らずアンデット主体の多くのデッキに採用できるでしょう。
墓地のこのカードをユニゾンビで落とした馬頭鬼で蘇生させればすぐにΩが呼べるので、単にユニゾンビだけを使った場合に比べて初動が格段に進歩してもいますね。
除外されたときの効果も不知火で組んでいるなら優秀で、宮司からこのカードを呼んでからフィールドを離れさせることで帰還効果が使え、さらなる展開が期待できます。
9 ブロックドラゴン 2016/04/09 16:51
除外する枚数が3枚で少し多いものの、墓地コストが確保できればレドックスのように手札や墓地から何度も呼び出すことができます。
レドックスよりも小回りは利かないものの、戦闘以外では破壊されない耐性も持っているので単体でアタッカーとして活躍することができます。
単体で攻め込んで行けることから、既存の地属性主体のデッキに、このカードのために墓地肥やしスピードを高めにした構築にした上で投入してみるのも一考できると思います。
岩石サーチの方の効果は、耐性の影響からほとんど発動機会は無いでしょうか。
10 サウザンド・アイズ・サクリファイス 2016/03/16 11:41
ただでさえ便利な簡易融合が更なる汎用性を得てしまうから復帰は無いなと1点をつけて6年、吸収という単体除去がさほど珍しくなくなり、エクシーズの登場でエクストラ枠もきつくなり、緩和されても不自然でない状況に。
そしてとうとう禁止解除のときがやってきてしまいました。
ということで真面目な評価点をつけさせていただきますね。

簡易融合を前提で話しますが、すさまじいおまけのついたジェスターコンフィといったカードですね。
コンフィと同様にワンドやワンチャンのトリガー、ランク1やリリース素材に使えてかつ吸収効果を使用できます。
さらにその後も蘇生カード1枚で簡単に使いまわせるのも大きな利点になりますね。
簡易融合の1000ライフとエクストラ枠1枚を使うことにはなりますが、それを上回る大きなメリットを持っていると言えます。
しかし、例えばランク4主体などであれば基本的には当然コンフィを必要としておらず、そんな全く関係無いデッキでは大して力を発揮できないので、さすがにノーデンほど汎用的なカードとはいかず採用デッキは限られるでしょう。
それでも相性のいいデッキならとても強力で便利なカードだと思います。
8 青眼の精霊龍 2016/02/21 02:08
いずれの効果も優秀で、特にフリチェでエスケープしつつ大型モンスターを残せる効果が大きいですね。
何かと危なくなったときには月華を呼んで相手の攻撃を緩和できるので、とりあえずこのカードを出しておけば他の制圧効果も含めてある程度の安心感は持てます。
もちろん銀龍を出せる点も良く、単純に除去から逃げたときや、相手のターンを乗り切って次の自分のターンの戦力を増やしたいときなどでは銀龍を呼ぶのが有効でしょう。
シンクロ素材としては賢士や2種の白石はもちろん、ライトニングの登場以降は乙女を放置してターンを渡すのは危険なプレイングに成り下がってしまっているので、乙女も積極的に素材に使用してこのカードへ繋げていきましょう。
もしくは霊堂と賢士が揃ったときのパターンなら乙女+このカードの盤面とするのもまあ有りだと思います。ライトニングが来ても月華で5000ダメージは回避できますし、罠で守るパターンとは違って伏せ除去で簡単に消える防衛ラインでもありませんしね。
2 星屑の残光 2015/12/28 16:59
リビングデッドが無制限の時代にこんなカードをなぜスーパーレアで出したのか・・・。
サーチ可能な利点を持っていたレッドアイズスピリッツと違って、こちらには特に何もありません。
さらにスターダストは効果破壊耐性を持っているので除外やバウンスで処理されることが多く、その分間接的に腐りやすさも上がっています。
しかし、スーパーレアで光っていることも相まってイラストはかなり良いので、雰囲気重視のテーマデッキにはぜひどうぞ。
例えばセイヴァーであれば最悪の場合はシャオロンの蘇生にも使えます。
・・・実際、その場しのぎのシャオロン蘇生ばっかりでまともに活躍してくれたことがほとんどなかったり。
4 竜騎士ガイア 2015/12/28 16:28
沼地と暗黒騎士ガイアの組み合わせでは天翔は出せないので、沼地を融合サーチという口実で採用しておけば自然とこちらの出番もやってきます。
ネタでこのカードを使っていた身としてはこのカードの立場が完全に無くなったわけではないというのは嬉しいですね。
天翔のおかげでスパイラルシェイパーの採用動機がそこまで無理矢理なものでは無くなったので、むしろこのカードは潰されるというよりは少し救済された印象です。
1 出目出し 2015/12/28 16:18
そんなに古くないカードなのですし、レベルだけでなくランクも含めるというような、もう少し適切なバランス調整をしてほしかったところです。
1ターンに1度という制約は無いので最上級やエクシーズもバウンスできる可能性があるならヒットさせられなくもなさそうなのですが・・・。
ただエクシーズ召喚時であってもとりあえずサイコロを振る(強制)なので、ネタデュエルでは輝くカードですね。
8 機甲部隊の最前線 2015/12/20 18:04
ガンナードラゴンの自爆特攻でサイコショッカーを呼んだり地機械の自爆特攻でビッグベン-Kを呼ぶのももちろん、
VWXYZのような低速気味のデッキでは単純に張っておくだけで序盤の準備かつ防御の用途に使えます。
間接的に戦闘破壊をしたくなくなるので、相手に使われると厄介なカードでもありますね。
7 スクラップ・リサイクラー 2015/12/20 17:50
機械族版の終末の騎士ということで多々のテーマデッキで使えます。
しかし、マスマティシャンに劣ってしまうパターンが多いでしょうか。
こちらは上級のサモンリアクターやサイコショッカーも落とせますが、それらは終末で良しですし・・・。
といっても現在はマスマティや終末は制限カードなので、2枚目以降として使えますね。
レベル3だったり攻撃力が低めだったりするのが少し足をひっぱりがちなのは難点。
8 マシンナーズ・ギアフレーム 2015/12/20 17:40
優秀な効果を持つマシンナーズフォートレスをサーチできる便利なカード。
単体でも攻撃力が1800あったり、場合によってはユニオンの効果を使ったりできるのも利点ですね。
地属性の機械族なので列車とのシナジーもあります。
8 地獄の暴走召喚 2015/12/20 17:34
攻撃力1500以下を何らかの手段で特殊召喚しなければならず、加えて相手の場にモンスターがいないと使用できないというのはなかなか重めの条件ですが、効果はとても強力です。
蒼血鬼のような3体並べてしまえば凄まじいことができるモンスターの展開や、サイバードラゴンコアに使用してサイバードラゴンを展開するような上級モンスターの大量展開など、様々な爆発力のあるコンボに繋げられます。
大振りなカードですが、爆発力を重視するならこのカードを使ったコンボをぜひ組み込んでみましょう。
8 砂塵のバリア -ダスト・フォース- 2015/12/20 17:12
相手にモンスターを残してしまうものの、裏守にして表示変更を封じてしまえばほぼ除去したも同然。
裏守モンスターが壁になるのでダメージを通しにくくはなるのは欠点ですが、蘇生やペンデュラム召喚の使いまわしを防げるので単体でもミラフォと相互に近い働きができます。
その上でこのカードは他のカードとのコンボ性が魅力的で、アドバンス召喚のリリースに使ったりしなければ基本的に裏守にしたモンスターはずっと残るので、ジュラックグアイバなどの戦闘破壊をトリガーとしたカードの的がこちらが動かない限りは消えず、それらのカードを使っているデッキにおすすめです。
守備表示ならグアイバ程度の攻撃力でも破壊できるカードの幅は増えますしね。
さらにやはりゴーストリックとの相性も光ります。
それと何気に対彼岸ではなかなか強烈なカードだったりもします。
7 青眼の双爆裂龍 2015/12/20 09:20
とうとう青眼の2体融合が登場ですね。
今となっては青眼+青眼の組み合わせで出せるモンスターには先にワイアームも登場してしまっていますが、こちらは攻撃的な効果なので使い分けると良いでしょう。
また青眼+沼地の組み合わせではワイアームは出せず竜破壊の剣士バスターブレイダーは龍の鏡非対応なので、この面ではこちらを使うことが多いでしょう。
プリズマーを使っているなら、青眼+プリズマーの組み合わせもまたワイアームは出せないのでこちらの出番ですね。
さらにこのカードは融合や龍の鏡を使ってないタイプの構築でもフィールドの2体を使えば出せるので選択肢・・・といってもこの場合はダークマターの方が強いでしょうか。
レベル10なのでレダメと並べてメイン2でグスタフとできる点はメリット・・・?
7 禁止令 2015/11/24 22:18
まさにサイド向けのカード。
特定のキーカードに頼るデッキは多いので、多くのデッキに対して有効です。
ただし事前に張っておく必要があり、適当に宣言してしまうと無意味に終わってしまうこともあるので、相手のデッキをよく把握して状況に応じて適切な宣言をしなければならずなかなか使いこなすのは簡単ではないですね。
それと裁定もなかなか面倒です・・・ということで自分はまだ抵抗があります(汗
使いこなす自信がある方はぜひ使ってみましょう。
4 マシンナーズ・フォース 2015/11/24 22:10
かつてはフォートレスを蘇生できてギアフレームからサーチできるカードとして使われていましたが、現在ではメガフォームに立場を奪われてしまいました・・・。
本来の使い方ではないとは言っても、このようなロマンカードに独自の用途があったことは個人的には結構良いことだと思っていたのですが・・・残念ですね。
一応レベル10なのでバトレインでサーチできる利点はありますが、バトレインを入れているということは他のレベル10を入れているということになるはずなので、フォートレス蘇生要員として使うにしても別のレベル10をサーチすればいいはずです。

ということで、今では普通に単なるロマンカードということになりますね。
6 マシンナーズ・ソルジャー 2015/11/24 21:56
他にモンスターがいないときという発動条件が気になってしまうものの、レベル4マシンナーズを呼んでランク4としたり、最上級のフォートレスやメガフォームを呼んだりと悪くない動きができます。
フォースを使わない場合でもメガフォームを採用しているようなマシン寄りの構築の機械主体デッキなら採用を一考できます。
3 マシンナーズ・ディフェンダー 2015/11/24 21:49
コヴィントンを名指しでサーチするとはまたなんとも・・・。
フォースを使いたい人はどうぞ。

デッキにコヴィントンがいないときにリバースするとデッキを公開することになるので注意しましょう。
5 マシンナーズ・スナイパー 2015/11/24 21:45
雑賀の思い出のカード。

1800アタッカーなのは良いですが・・・まあフォースを使いたい人はどうぞ。
2 督戦官コヴィントン 2015/11/24 21:43
バルキリオンと違ってマシンナーズフォースはパーツのみならずこのカードもないと合体できません。
ネタ扱いされることも多いカードですね。
まあ逆に面白いので良しとしましょう(ぁ
6 スフィア・ボム 球体時限爆弾 2015/11/24 21:36
ブラックボンバー対応カードの中では単体で使えて汎用的な部類のカード。
しかし、ブラックボンバーの採用動機として、対応モンスターが多めに入ってるからこそブラックボンバーを採用しているという場合がほとんどな気がしますし、
さらに対応モンスターを増やしたいと思うことは少ないでしょうか。
効果が裏守でないと使えない点も少し応用性に欠けて残念ですね。
まさに時限爆弾といったデザイン自体はいいと思います。
9 不知火流 燕の太刀 2015/10/18 01:15
ゴッドバードアタックにさらに不知火除外効果が追加された強力なカード。
宮司を除外すればさらに1枚除去できるので、フリーチェーンで3枚まで除去できるということになります。
リリースにゴブリンゾンビなどを使っているとさらにお得です。
とても強力なので、不知火以外のアンデットを主軸としたデッキでも数枚の不知火モンスターとこのカードを出張させるのも一考ですね。
<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>