HOME > ユーザリスト > プンプン丸

プンプン丸 ユーザ情報

アイコン画像 未選択
評価投稿数 746
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 54  デッキを見る

投稿一覧

1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
8 侵略の汎発感染 2018/09/14 08:45
オピオンで持ってこれる、最強の盾 オピオンの制圧効果に拍車をかけているカードの1枚。
8 仕込み爆弾 2018/09/13 17:42
バーンデッキで活躍するカード、相手のフィールドカードの枚数を参照する、やはり、《おじゃまトリオ》と相性がよく、併せて使う事で900ポイントダメージは確定ではいり、更に相手はは何もカードを出さないってことはないので、900からさらに+αでダメージが入る。
②の効果と合わせれば、期待値は1000以上のバーンダメージはあるので、 チェーンバーンデッキではぜひとも採用した方が良いカードだと思います。
8 屍界のバンシー 2018/09/13 15:36
①の効果は半分おまけのような効果、アンデットワールドを守れるとはいえ、打点1800で得に耐性もないので、あるとウザい程度の効果

②がこのカードの真骨頂
手札・デッキからアンデットワールドを発動するのは非常に優秀、フィールド・墓地と公開情報での発動なので奇襲性は強くないが、
「誘発即時効果での効果発動」がやはり強力で同デッキにある《死霊王 ドーハスーラ》の①の効果で相手ターンに除外できるようになり、更に、②による蘇生効果にも貢献する。
3 光天使ブックス 2018/09/12 11:04
ネタにされてるカード。 ブックス!! 弱いといえば弱いカード。
ウィングスと違い蘇生からも使えるのが利点で 限定的な使い方ではあるが、《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》と相性が割とよく、リチューアル・チャーチで「ブックス」を蘇生しつつ、ブックスの効果によりリチューアル・チャーチの効果の為に墓地に魔法をためることができる。 

【光天使儀式】を考えている私的には割といいカードだと思っている。
5 怒れる類人猿 2018/08/30 11:47
確かに見た目が恐ろしいエテ公 このカードの打点2000は登場当初は革新的だったが、 《サイバードラゴン》の打点2100にすぐに抜かれた。 近年ではノーデメリットの打点2000も多くいるので、あまり出番はないが、弱くは無いので、 モンキーデッキでは活躍すると思う。



6 魅惑の女王 LV3 2018/08/30 11:35
レベル3以下限定だがノーコストで相手を除去できるのは若干魅力的
捕食植物、等レベルを低下させる手段もあるので、専用のデッキを構築をすればそれなりに使えそうなイメージ エクシーズやリンクなどレベルを持たないモンスター等も多くいるので、その辺はお決まりの懐獣で処理等できるでしょうし。

割と悪くないような気がする、そんなカード

レベルアップ効果は無いようなもの
7 ナイト・ショット 2018/08/30 08:09
チェーン不可でセットカード破壊に対しては強力だが、「表側」には無力、 昨今は、「表側表示」であるだけで、強力な拘束力やフィールドに影響を与えるカードは多いし、Pカードに触れないのは痛い。

また、速攻魔法で無いのもデメリットで、《サイクロン》等は、《炎舞-「天キ」》のような「このカードの発動時の効果処理」系のカードをチェーンすることで妨害できるのも利点だったりするので、それも出来ないこのカードの弱点でもある。

「チェーン不可」という、このカードならではのメリットはあるのもも、それ以外のデメリットも持っているのも事実なので、環境やデッキタイプに合わせて、採用するかどうか検討する必要がある。

7 魔導師の力 2018/08/29 08:42
打点アップ装備カード 他に優秀な装備魔法には《団結の力》《巨大化》《月鏡の盾》等があるが、カード単体でどちらが優秀かと言うより、デッキタイプによってどれを投入するかと言う選択になる。

このカードの場合は、魔法・罠カードのを多く使用し、なおかつ打点力を要求するタイプのデッキ、極端な例だと【ベン・ケイ1キル】などに使う。 
8 輝光子パラディオス 2018/08/18 08:41
光属性という縛りはあるものの、その性能は高い。
「突破力」という観点でいえばライトニング、カステル、ダークリベリオンなどライバルはいるももも、「効果無効」と「打点0」はやはりこのカードならではの個性。 永続効果の「戦闘破壊されない」系もライトニングやダベリオンではできない仕事だし、「打点0」もオッドアイズ等のモンスターとの戦闘によるダメージを倍にする系とのカードや《ラグナゼロ》とのコンボとしても利用可能。

また後半の1ドローの効果もオマケにしては豪華なオマケです。

このカードが出しやすい光属性のデッキにおいては、このカードを差し置いてライトニング、ダークリベリオンを優先していれる理由も逆に言うと無いです。 私なら突破力もあるし、1ドローのおまけもついている便利なこのカードを入れると思います ライトニングはエクストラの圧迫がすごいしね。

7 転生炎獣Jジャガー 2018/07/30 08:28
転生炎獣では打点が高いカードで打点1800で貫通能力は地味に便利、場面が整っているならば《転生炎獣ヒートライオ》の②の効果で大きく打点を上げて貫通攻撃も可能なので、序盤の切込みから、デュエル後半の詰めまで使えていけるカードである。

また、転生炎獣リンクモンスターが必要とはいえ墓地アドバンテージのでフィールドに出せるので、状況に応じてフィールドに出すこともできるが、 現状、転生炎獣リンクモンスターはリンク3の《転生炎獣ヒートライオ》しかいないので、出しにくいと言えば出しにくいが、今度簡単に出せるリンク2や1であったりが出れば 使いやくなる可能性は十分にあるので、 今後のカード次第ではデッキに投入できるスペックは普通にあると思うので、今後のカードに期待。
8 トラップトリック 2018/07/18 13:19
罠カードをサーチすることのできるカード。
このカードを投入してまで使いたい罠カードがある場合は投入する価値がある、 ただしこのカードを1度使ってしまえば、2枚め以降のこのカードは基本的に死札になるので、他の罠に対して使ってあげるために、他の罠カードを多く投入したり、あるいは場外ゾーンから回収できる等、何かしらの工夫も必要だったりする。

単純に6枚体制になったというカードでは「無い」ということを念頭に置いてデッキに投入するか検討するべきである。
6 ダークジェロイド 2018/07/03 17:17
特殊召喚でも効果が使えるのは割とありがたい。
攻守変動に関する効果の条件を満たすカード関係ではかなり使いやすい方、具体的に言うとラグナゼロ等の発動条件を満たしやすい。
また「ロイド」のサポートも受けれるのも意外とありがたいかもしれない
10 旧神ノーデン 2018/06/26 08:10
お手軽、蘇生カードが弱い訳が無い、 そのお手軽な理由は《簡易融合》で出せるようになってるこのカードが悪い。 《簡易融合》と言うお手軽カードが昔から既にある中で、こういうカードを出せばどうなるかなんて予想できる範囲。
《キメラテック・ランページ・ドラゴン》の様に「このカードの融合召喚は上記のカードでしか行えない。」と縛りと付けと付けて《簡易融合》で出せないようにすればいいだけの話。 実際に《簡易融合》で出せたら不味いなってカードはこのような縛りを付けられてたりするわけです。

このカードもそういうエラッタをして復帰させるのが一番いいと思う
9 クロック・スパルトイ 2018/06/23 16:49
非常に優秀なカード
リンク召喚するだけでフュージョンが確保できる
融合縛りになってくるが更にリンク先にモンスターが特殊召喚されれば、モンスターの特殊召喚のオマケもついてくる。《クロック・ワイバーン》1枚で《リンク・ディサイプル》と《リンク・ディヴォーティー》を出していけば、大量にモンスターを並べて融合の準備もできるのでこのカードは強いと思う。


8 サイバース・クロック・ドラゴン 2018/06/23 16:33
取り合えず、素材が緩い、また、素材である《クロック・ワイバーン》の効果が優秀でさらに関連カードである《クロック・スパルトイ》を使えば簡単に攻撃力5000越える。 また、《超融合》で相手のリンクモンスターを吸える優秀なカード。

死んでも③の効果で魔法カードを拾える保険もあるので、出しておいても損はしにくい高打点カード

前回の儀式で出た《サイバース・マジシャン》より使いやすくてなかなかいいカードだと思います。

順番で言うと次はシンクロかエクシーズなので楽しみですな
7 サイバーロード・フュージョン 2018/06/19 08:08
《平行世界融合》のサイバーバージョンと言ったところ、あちらは特殊召喚の制限があるがこちらは攻撃制限が掛かるので、このカードで出したモンスターで決着を付けれるようにしたい。 が

そもそもこのカード使う前提として除外にモンスターを貯めて置く必要があるわけだが、その有効な手段としては《オーバーロードフュージョン》になってくる であるならば、そもそもとして《オーバーロードフュージョン》で出したモンスターで決着をつけておけよ と言う話になる。  そう言った意味では本当に保険のカードだと思う 

除外を多用するように専用の構築をすれば面白いデッキが作れるかもしれない
8 光の護封霊剣 2018/06/06 11:23
防御力は中途半端間、墓地除外も直接攻撃だけとモンスターを守ることは出来ないし、攻撃1回につき1000ポイントは割とデカい 悪く言うと器用貧乏 ただし、デッキによっては相性がいいカードでもあったりして、時々使われてたりする  

例えばエクゾディアならば《活路への希望》への為のライフ調整と言う意味では1000ライフを減らすのは悪くないし、モンスターがそもそもいないので墓地にあっても1ターン防げるのは意外と強い 

使いようによっては使える良いカード
8 サイバー・ファロス 2018/06/05 08:52
レベル1機械族がかなり充実している、レベル1デッキが相当強くなっているのではないだろうか?
①の特殊召喚も優秀、《ジェット・シンクロン》を通常召喚してそのままリリースしてこのカードを特殊召喚して《ジェット・シンクロン》をSSしてエクシーズとかリンクとかすれば嬉しい気がする。

②にの融合効果は名称ターン1が無いので、複製術とかで3体並べて手札の《ヴォルカニック・バレット》と融合して《起爆獣ヴァルカノン》を爆発させまくるデッキとかも面白そうだ
9 BF-毒風のシムーン 2018/06/05 08:30
BFの強力なカード「黒い旋風」をサーチするカード
デメリットとして旋風の墓地送り、1000ダメージ、闇属性モンスターEXデッキから特殊召喚できない。 が出てくるが些細のデメリットで 旋風が墓地に送られようとも、置いたターンでそれを取り返せれる程のアドバンテージを稼げるし、1000ダメージを受けるのはむしろ《ブラックフェザー・ドラゴン》であったり他のカードの効果を満たす為のメリットを生み出すカードともなる。
7 シューティングコード・トーカー 2018/06/04 11:53
②の効果に着目して、このカードを相手に送りつけて、リクルーターモンスターで自爆特攻しまくり、相手が大量ドローすると言うのもありかもしれない
6 熾天龍 ジャッジメント 2018/06/04 11:30
リメイク5龍の中では一番弱いと思っている
レベル8で全体破壊できるカードとしては有能だと思うけど、チューナーが墓地にいる事や、S召喚していること、ライフを半分はらうと、結構縛りがきつい 《青眼の精霊龍》で一応出せるが効果が使えないし、蘇生制限も満たせないので意味があまりない。
1 黄泉へ渡る船 2018/05/30 11:23
OCGでは弱い



8 銀龍の轟咆 2018/05/29 16:42
ドラゴン以外も蘇生できる、《思い出のブランコ》やレベル指定はあるが破壊耐性も付与する福音もあるので このカードはやはり速攻魔法である点で差別化していきたいところ、相性はいいのは相手ターンで蘇生意義のある《白き霊龍》が一番いい。
ここで書くことじゃないけど《白き霊龍》ってインチキカードだな。
デュアルの存在意義が無い。
4 フラワー・ウルフ 2018/05/28 15:16
レベル5で簡易融合で出せる「獣」には《おジャマ・ナイト》もいる。
あちらは光属性なので、プレアデス、光属性のシンクロ素材、攻撃力が0であったりおジャマのサポートが受けれるなど、基本的にはあちらのほうが便利なことが多い。

こちらは一定の打点があることと地属性であることが利点なので、その編で差別化して使っていきたい。
9 青眼の混沌龍 2018/05/25 16:07
「カオスMAX」がまだ「MAX」じゃない頃の姿
MAXじゃなくても戦闘能力は高い 「青眼の白龍」を儀式素材に用いてないと効果が得られない、この条件は緩いのでさほど気になる点ではないが、運用するうえでは注意が必要、 表示形式を変更する関係上、リンクモンスターには効果が無いが、それでも超耐性と打点は3000もあるので十分強い。 

ブルーアイズカテゴリやその他諸々のサポートが受けられるので、MAX含めて儀式モンスターの中でも、相変わらず優遇されてると思う
8 キャノン・ソルジャー 2018/05/23 17:59
ボム・フェネクス、カタパルト・タートル、マスドライバー、ダークダイブボンバー

ソリティアループコンボに行き着くのは、名称ターン1が付いていない
直火焼きのバーンに集約されていく運命なのだ
7 リトマスの死の剣士 2018/05/21 08:12
中々に強いカード 
①は【戦闘破壊されず】【罠効果も受けない】ので魔法カードorモンスター効果による除去しか方法が無い、《スキルドレイン》を張っているならば、モンスター効果も殆ど止まる。
③の効果は①の効果の性質上破壊される場面があまり無いので、保険という感覚でいいと思う、

しかし、結局はどこまで行っても硬いモンスターという所に留まるだけで、アドを稼いで行くことはできないし、またこの手のカードの弱点として【怪獣】に除去されてしまうのはお約束である。


7 デーモンの降臨 2018/05/19 08:19
弱くはないが、中途半端と感じる強さ、いい意味で言うとバランス取れているかもしれない。 贅沢を言うと
①は手札・墓地でも「デーモンの召喚」として扱って欲しかったし
③は相手のみでは無く、自分からで破壊しても効果が使えるようにしてほしかった。(デーモンカードには破壊されると効果が使える効果が多いのでそのシナジーを考えれば・・・)

使う方向性は全然違うかもしれないが
悪魔レベル6儀式には《儀式の下準備》でサーチできる《彼岸の鬼神 ヘルレイカー》もいるので、デーモンのカテゴリに属していることや下準備でサーチできなくても使っていける要素を見つけて運用しなければならない。

なんかデーモンシリーズは続々と出ているので、今後の新規カードに期待と言う感じ。
5 電送擬人エレキネシス 2018/05/17 13:25
自分のカードにも使えたらなぁという感じですね。
7 ゴッドオーガス 2018/05/14 11:51
サイコロは運任せだが、どの効果も強力。
6の目が3つでれば4300打点になり効果もすべて得られる。
3・4のドロー効果がアドバンテージ的に魅力的にも見えるが、運用してると5・6の直接攻撃も強く、最低でも3000以上の打点で攻めていけるので、下手すると、このカードの直接攻撃だけでゲームエンドまで持っていける可能性もある。
《出たら目》とかを併用する場合は積極的に高打点・直接攻撃にて相手を沈めていきたいところです。

1 2 3 4 5 6 7 8   >>