HOME > ユーザリスト > プンプン丸

プンプン丸 ユーザ情報

アイコン画像 未選択
評価投稿数 923
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 57  デッキを見る
メールアドレス 未登録
自己紹介など カードの評価方法は下記項目を加味してます。
・類似効果を持つカードとの比較
・環境に左右されない
・カードの将来性
・カードの独自性・個性・イラスト

遊戯王ランキング

カード評価文字数ランキング 158,873 文字 24位
遊戯王カード評価数ランキング 922 件 27位
デッキ解説文字数ランキング 45,790 文字 34位
遊戯王デッキ投稿数ランキング 57 デッキ 49位

投稿一覧

得点 カード名 登録日時
4 ソーラーレイ 2019/06/17 12:00
バーンのレートとして「ライフ1000ダメージ」=「手札1枚」として考えるのが一般的 よって フィールドに2体以上ならば、1200ダメージとして最低限は確保していける。

このカードを使う場合はどちらかと言うと【ロックバーン】よりの構成になってくるでしょう。 光属性でロック寄りの構成といえば、【おジャマ】辺りで使えればいいかもしれない 【おジャマ】はフィールドの展開手段に長けているところもあるので、アクセントとして1枚入れていると面白いと思う。

カードとしてはバーンでしかないので、カードアドバンテージが取れないのは当然。 あくまで大量展開できるデッキに「引導火力」として運用するしかない。
6 黄金の邪神像 2019/06/17 08:31
セット状態で破壊されると使えるカードの開祖。弱くは無いですが、「このカードを破壊する」と言う手間がかかる。

生み出されるトークンはレベル4と割と高めなのでシンクロ素材ならば、高レベルのシンクロを狙いやすい。 リンク素材としてみるなら通常モンスターや悪魔族と言う部分で差別化はできる、レベル4と言う部分はリンク素材としてのメリットは薄い。

新規の「破械」モンスターに採用できなくはないが、流石カテゴリカードだけあって、「カテゴリ内でのシナジーが強く意識され作られている。」 よってこのカードよりも優先して破壊したいカードが他に多々あるので、あえてこのカードを採用する意義と言うのもさほど高いと感じないと思われる。
2 火あぶりの刑 2019/06/13 15:51
イワァァァァァァアク!!!!!! !
7 ゴーストリック・サキュバス 2019/06/13 12:00
「ゴーストリック」の希望の星
リンクモンスターは裏側表示にならないので、ゴーストリックの根本的な戦術にダメージがあったのだたが、 EXゾーンを封じれるこのカードが逆に強くなった。

4 ヘル・ドラゴン 2019/06/11 17:59
闇・ドラゴン下級を使いたいとなると、このカードも候補にあがってくる、打点が高いのが特徴、《アックス・ドラゴニュート》でもいんじゃないか説はありますが・・・

一応《デスカウンター》で1キルできるけど、そこまでして使うメリットはあんまり無いかなーと思う。

けど、いいカードだと思う!
下記の人のような意見・アイディアは貴重です。
4 忍犬ワンダードッグ 2019/06/10 17:00
「忍犬」であり「忍者」じゃない
唯一の風属性・獣戦士、通常モンスター、、《レスキューラビット》対応モンスターで唯一《電光千鳥》・《魁炎星王-ソウコ》て部分で私も昔デッキに投入していました。 
6 ガーディアン・グラール 2019/06/10 11:59
遊戯王「ドーマ編」のラフェールが使用する「ガーディアン」シリーズカードの1枚、 「ガーディアン」の中では比較的に使いやすい。

《妖精伝姫-シンデレラ》でお目当ての装備カードをデッキから出してきて、このカードを効果によりSSするのが理想的。 恐竜族でレベル5なので《化石調査》でサーチでき、そこそこの打点で立ち回れるので、「ガーディアン」デッキではお世話になるだろう。

そもそも「ガーディアン」がオワコンとかいう話は置いといて
アニメカードなので、ファンデッキを運用する上での話です。ガチの話を交えるとそもそも最初から使えないのはわかりきっている話なので・・・
8 銀河衛竜 2019/06/10 11:47
面白いカード あらゆるデッキで使える。
①は大幅な打点アップができる、墓地からも使えるので、これが目的ならば、EXデッキから直接墓地に落としてもいい。

②が個人的には魅力的、このカードをフィールドに維持するとのは大変ではあるが、その分 【好きなカードを毎ターン引ける】というメリットを考えれば相応の対価と感じる。 
3 化石発掘 2019/06/07 11:21
《アイツ》《コイツ》《ソイツ》《ドイツ》が化石を発掘した。
効果は恐竜限定のコスト付きの《リビングデットの呼び声》なので、コストで捨てた恐竜をそのまま蘇生するという動きもできるが、それを理由にこのカードをあえて採用する利点もあまりないだろう。
3 トラップ処理班 Aチーム 2019/06/07 11:17
《アイツ》《コイツ》《ソイツ》《ドイツ》が勢ぞろいで働いている。
「誘発即時効果」と聞くと強そうに聞こえるが、内容は罠を止める効果で地味になりつつあるもの・・・ 

ステータスも低い、そのおかげで機械族なので複製術に対応している。
5 ソイツ 2019/06/07 08:37
ダブルバイセップスをかます《ソイツ》
《ドイツ》で強くなれるカード、レベル3バニラなので使いやすい
5 ドイツ 2019/06/07 08:35
おいしそうに弁当食ってる。
《ソイツ》をサポートするカード 打点2500を与える。
レベル4なので《コイツ》《アイツ》よりは使い勝手は良い。
8 E-HERO マリシャス・ベイン 2019/06/07 08:29
「E-HERO」の3体目のエースカードと言う所①の破壊耐性と②の複数破壊で安定した強さを持つ。

ただし、「このカードの攻撃力以下」と言う部分はやはり足を引っ張るようそ。 格下のモンスターが複数並んでいるならこのカードで蹴散らせるが、 格上のモンスターがいる場合では、このカードで突破できない 打点も3000あるので、中々強いのだが、昨今は3000を超える高打点も増えているので、《覇王城》等で打点をサポートする運用も考えたい。
7 イービル・マインド 2019/06/07 08:09
アダスター・ゴールドとは相互サーチ関係にある。
墓地の枚数によって選べる効果が増える。相手依存の墓地枚数だが、墓地にあるカードの種類は問わないので、使いづらいと言うことは無い。
また、昨今は墓地肥し速度は各段に早いので気にする必要がない、無理やりで行うなら、《手札断殺》等を使って墓地を肥やさすこともできる(そこまでするかは別問題)。 このカードの使いやすさを下げてる要因はむしろ、「自分フィールドに悪魔族モンスターが存在する場合」と言う部分だろう。

このカードを運用する場合は基本的には、「1体以上の1ドロー」or「4体以上のサーチ」の効果を運用することを目的にデッキに投入した方が安定がする。

デッキには1~2枚くらい投入して必要に応じて「アダスター・ゴールド」でサーチを行い、既に手札に欲しい「HERO」「ダーク・フュージョン」を持っているなら、1ドローを行い等、 必要に応じて効果を選んで手札を整理してくのが望ましい運用。

先行では使い難いカードではあるが、デュエルが数ターン進んだ状況になればなるほど、使い勝手が上昇していく強すぎず、弱すぎないバランスの取れた面白いカードだと思います。
4 コイツ 2019/06/05 17:59
《アイツ》をサポートするカード? 打点3000を貫通を与えるが、レベル10もありフィールドに出すのが難しい、 やはり《神の居城-ヴァルハラ》は必要になるでしょう。
4 アイツ 2019/06/05 17:57
最初の 炎属性・天使族 《コイツ》で強くなれるが、上級モンスター扱いが難しい、 《コイツ》もレベル10なので《神の居城-ヴァルハラ》は必須カードになってくるでしょう。 
4 魔力倹約術 2019/06/03 11:30
ライフコスト踏み倒しができるが、「失う」は防げない。
「払う」「失う」の違いを認識させられるカード。
5 人投げトロール 2019/06/03 11:28
通常モンスター版 《キャノン・ソルジャー》である。
《トレジャー・パンダー》を使って1キルするロマンが最近できたので作ってもいいかもしれない。
3 スピリッツ・オブ・ファラオ 2019/06/03 11:17
シャーマンキングに出てきそうなカード。
出すことが《ウィジャ盤》級にムズイカードです。が出せればモンスターを大量に展開できるので、リンク召喚等で攻めれるが・・・
とりあえずロマンカードとしか言えないカードでしょう。
1 ガンバラナイト 2019/05/31 13:52
もっとガンバッテ欲しかったカード。
守備になるだけのカードなので将来性もクソもない。
7 No.39 希望皇ホープ 2019/05/31 13:50
エクシーズ初期組の1枚で 遊戯王ZEXALの主人公である遊馬のエースカード 主人公が使うカードだけあって、サポート等は充実しており、このカードを中心としたデッキはよく構築されている。 当時は再録されまっくって「再録皇」とまで言われてたカード
6 ガチガチガンテツ 2019/05/31 13:45
エクシーズの初期組の1枚、 ランク2は最初の頃はかなり層が薄かったので、このカードを使ってた人は多かったと思う。 効果も地味に強い。 チューナーであるゾンキャリとボルチュウで作りやすかった。

今ではランク2もだいぶ増えて使われることはないと思う。
5 グレンザウルス 2019/05/31 13:41
最初に登場したXモンスターの1体 最初のランク3。効果は、恐竜らしく 戦闘を行う関係の効果で バーン1000ダメージを与えれる。
現在はもっと強いランク3が登場しているので、よほどのことがない限りは使われることは少ないと思う。
炎と恐竜なので、、《RUM-アストラル・フォース》で《No.61 ヴォルカザウルス》を出せるが、そこまでしてまでして使う意義もあまりない。 
6 マジック・キャンセラー 2019/05/31 08:41
生きる「魔法触るなマン」 魔法はどの時代でも強い・・・
それを封じれるこのカードも中々強いのですが、 上級の割に低ステータスが目立つ。 
6 人造人間-サイコ・ショッカー 2019/05/31 08:39
生きる「罠触るなマン」エスパー絽馬のカードだが城之内がパクる。
昔は罠カードが軒並みに強かったので、それを封じこめるこのカードも必然と制限にのぼり詰める程の強さだったのですが、 罠カードの需要が現在は低下しているので、相対的に弱く見られがち。

アニメでもよく出てたカードなので今後サポートが増えるかもしれない。
6 エンド・オブ・アヌビス 2019/05/31 08:36
生きる「墓地触るなマン」 昨今は墓地に触る機会が多いので、こいつを出されると中々にうざい その辺は《王家の眠る谷-ネクロバレー》でも実感できる強さ。 だが上級モンスターなので フィールド魔法の《王家の眠る谷-ネクロバレー》が扱いやすいかもしれない。

ステータスは打点2500とそれなりに強いので、墓地利用をしながら大型のモンスターを立てていくデッキ相手にはそれなりに立ち回れると思います。
8 戦士の生還 2019/05/30 14:32
何だかんだで、レベル制限関係なく「サルベージ」は強い。
手札に回収してフィールドに出すこともそうですが、手札に握っておいても役に立つカードもあるので、そういうカードに使うとよりこのカードの強みが増してくる。 

《灰流うらら》みたいな手札誘発が戦士族じゃなくてよかったですね
と思ったりするし、 戦士族でそういうカードが出ないといいですねと思ったりするカード。
5 地縛神 Wiraqocha Rasca 2019/05/30 11:16
アニメ5Dsの序盤のボスである「レクス・ゴドウィン」が使用した「最強の地縛神」 アニメでは相手のライフを「1」にするという、頭おかしい効果だったので、OCGでの弱体化はしょうがないですが、さすがに別物になりすぎて、ちょっと困りもの

カードプールのインフレによって徐々に使いやすくなりつつあるが、やはり癖が強すぎて・・・
7 地縛神 Ccapac Apu 2019/05/30 11:10
声に出して言いたくないNo1の自縛神 効果は思ったより地味
・モンスターを戦闘破壊してバーン
・直接攻撃してダメージ
という選択肢になるので状況に応じて着実に相手にダメージを与えていきたい。  打点が3000あるというのもポイントです。
8 地縛神 Chacu Challhua 2019/05/30 11:04
シャチの自縛神、一番かわいい。
遊戯王のルール上、「バトルフェイズに入らなければ、メインフェズ2に移行できない」のでこのカードでバトルフェイズとメインフェイズ1をスキップすれば、相手はろくにカードが使えなくなる。バーン効果もあって ロックバーン等にはうってつけなカード。 だが、最上級モンスターなので重いという部分が課題になってくる。
1 2 3 4 5 6 7 8   >>

スポンサーリンク