HOME > コンプリートレビュー一覧 > ブースターSP-トライブ・フォース- コンプリートレビュー(ときさん)

ブースターSP-トライブ・フォース- コンプリートレビュー

とき 」さんのコンプリートレビュー


スポンサードリンク


評価 番号 カード名 レアリティ
8 JP001 魔妖仙獣 大刃禍是  Secret
沢渡さん、マジ強すぎっすよ!
右鎌神社の効果以外ではP召喚はほぼ不可能なため、P召喚は妖仙獣専用になる。
バウンス効果と合わせて何度もP召喚されることで場を荒らすのが理想なのだろう。
場の守りは薄くなるが、対処の難しい除去持ち高打点というのはなかなかに鬱陶しい。P召喚型の妖仙獣では切り札を張れるカードだが、問題はP召喚型がロマンなんだよなぁ…
またこのカード、召喚でも効果が使えこちらではバウンスを発動されない点を活かせば最上級帝が裸足で逃げ出す強力なCIP効果持ち。
死皇帝の陵墓や神縛りの塚を使う召喚・アドバンス召喚軸デッキでも仕事があるかもしれぬ。
7 JP002 妖仙獣 閻魔巳裂  Super
ヤマミサキ。大刃禍是もそうだが妖仙獣の難読ぶりは覚えさせる気があるのレベル。
まさに風属性版カタストルであり、戦闘面の強さは折り紙つき。
このカード自身も1枚破壊とスケールダウンしてるがペンデュラムや自身バウンスと相性のいい破壊効果を持っており総じて堅実にまとまっている。凶旋嵐とエクシーズできるのも魅力。
だがやっぱりP召喚を軸にするより3兄弟を使うほうが妖仙獣は強い…
戦闘面の単体スペックが高いので大刃禍是同様出張も不可能ではないか。
8 JP003 妖仙獣 鎌壱太刀  Normal
かまいたち1号。基本的にかまいたち軍団は相互に召喚しあったりペンデュラムで大量展開することで力を発揮する。
1番の効果が強力でかまいたち軍団で場を埋め効果を使ったりエクシーズに持って行くことが可能になっている。下級が大量展開手段を持っているデッキはなかなかに強力。
2番の効果も1番の効果にガッチリハマっており、このカードがかまいたち軍団のドンになり得るカード。下級でバウンスを持つカードはそうはいない。
手札に戻る効果は痛いが、神風と組み合わせるというコンボも存在する。
8 JP004 妖仙獣 鎌弐太刀  Normal
かまいたち2号。
1番効果の便利さは1号参照のこと。かまいたちで場を埋め尽くせる。この効果だけでもこのカードの存在価値は十分高いもので3枚積みクラス。
2号はダイレクトができるがダメージが半減なので火力としては期待薄。もっぱら3号のトリガーとしての働きになるだろう。
自身のダイレクトは3号の条件が揃った時やトドメに狙う程度で、基本は1号のトリガーやエクシーズ要員か。
打点がそこそこ高いのも辻切風との組み合わせなど様々な活用ができる。
8 JP005 妖仙獣 鎌参太刀  Normal
かまいたち3号。
能力は低いが強力なサーチ効果を持っている。
このカードではなくこのカード以外の妖仙獣なので、2号のダイレクトを使えという神の啓示なのであろう。1号のバウンスとも相性はいい。
効果は強力だがこのカード自体はほぼ仕事ができないので状況が揃った時に狙う効果となりがちか。まあエクシーズや展開用で考えても十分なのだが…
6 JP006 妖仙獣 右鎌神柱  Super
ペンデュラムの大きくて、更に大きくなって派手な方。
このカードなくしてダイバカゼのペンデュラム召喚は不可能なため、まずはこのカードをペンデュラムにセットするところから始まると言っても過言ではないかもしれない。
カードとしてはレベル調整以外に見るところは少なく、場に出すくらいならPゾーンにセットするカードであるためモンスター効果もほぼ使わないか。
どうしてもペンデュラム召喚を軸とする妖仙獣でしか使わない、使えないカードであるため、便利な身代わり効果を持つ左鎌神柱と比べると優先度は落ちる。
8 JP007 妖仙獣 左鎌神柱  Super
勝負はこれからだ!ペンデュラム召喚!
左右の鳥居のペンデュラムが小さくて地味な方。そりゃあ、右は11とかいうからね…
しかしP効果の身代わりは普通に便利なものである。3兄弟を軸としている場合でも召喚したところでの激流奈落を回避するなど仕事をこなせる。
右と違い優秀なP効果を持っているために置物としての価値が高く、妖仙獣の秘技を使うためには欠かせない置物として右より重宝されている。
7 JP008 修験の妖社  Normal
まんま妖仙獣の門とでもいうべきカード。
必要な召喚回数が1回増えているし、P召喚は1回としかカウントしないため一見咬み合わないが…

ダイバカゼ「かまいたち三銃士を連れてきたよ」
相互召喚できるかまいたち三銃士ならば問題はない。最も、かまいたち三銃士とこのカードが手札に揃う必要があるのだが…
このカード自身を手札に持ってくる手段がないのもネック。
8 JP009 妖仙獣の秘技  Super
で、出た~テーマ専用の何でも無効にするカウンター罠の奴!!
類似品も今までで多数出ているが、凶旋嵐やかまいたちトリオのお陰でエクシーズも得意な妖仙獣においては中盤の妖仙獣以外の不在強要が地味に面倒か。まあ得意なだけで使わなくてもいいのだが。
また妖仙獣はバウンスで帰ってしまうことも多いので、前半の縛りが満たせないこともままある。その場合は左鎌神柱を置物にしておきたい。
強力なカウンター罠には違いなく、妖仙獣の個性の一つにしてスーパーの器ではある。
10 JP010 影霊衣の術士 シュリット 制限 Normal
ちょっと待とうか。このカードは不味いんじゃないんだろうか。
ネクロスというデッキに必要な要素が詰まりすぎていて回転要員としてあまりに優秀すぎるようにしか思えない。
2番の効果でサーチできる相手がクラウソラスとブリューナクというのが問題で、実質ネクロスの全てのカードをサーチできると言っても過言ではない。
加えての1番でトリシューラも簡単に儀式することが可能で、デッキからこのカードを呼びこむには増援がある。
ネクロス儀式素材の中でも頭ひとつ抜き出ており、その存在は欠かせないカード。ユニコールを止め、ブリュを止めなお落ち着かない影霊衣に対する第三の規制はこのカードに。
7 JP011 影霊衣の大魔道士  Normal
アバンスさんはいったい何を企んでいるのか…
魔法使いのネクロスはユニコールとヴァルキュルス。特に万華鏡と相性抜群のユニコールをサーチするために使いたい所だが、そのためにこのカードをリリースする組み合わせに難儀するか。ユニコールを出して次のユニコールを用意することも。
2番の効果は降魔鏡・万華鏡の効果と組み合わせるとおいしいだろうか。墓地のリソースを減らさない動きが可能になる。
万華鏡とユニコールを軸とするならばあわせて活用したいところか。
6 JP012 影霊衣の戦士 エグザ  Normal
ネクロスの生贄候補のドラゴン族担当。
サーチできるのはカタストルとディサイシブ。戦闘補助効果を持つディサイシブをサーチしていくと美味しいのではないだろうか。
といっても大魔導師以上に生贄にし難い感触があるところであり、サーチできるカードの質も他2枚より若干劣るか。2番の効果も有効に使うには中盤以降ということになりそうで。
9 JP013 クラウソラスの影霊衣  Normal
出しても強力な効果を持っているが、もっぱら儀式魔法をサーチするための存在。
シュリットや儀式の準備に対応しており、どこからでも降魔鏡・万華鏡を投げ込める。
降魔鏡ならば墓地のこのカード自身も素材にすることが可能などエコロジー。
ネクロスに欠かせない儀式魔法サーチ手段として、可能な限り用意したい一枚。
また万華鏡のレベル調整役にも便利で、この場合場に出てきてエクストラ出身モンスターに地獄をまき散らす。エクストラに頼らずに守備力2300を超えるのも最近はなかなか難しいので…
9 JP014 ブリューナクの影霊衣 制限 Super
シュリットからサーチされて経由地点として何でもサーチするマン。
トリシューラを狙う場合でもこのカードを経由したほうが墓地肥やしや圧縮になる。
シュリットの強さを支える一枚であると同時に、このカード自身も優秀なサーチ札。
場に出す場合の効果もなかなかに強力だが若干打点は低いか。最も場に出さずにより優秀なカードのサーチに使われてしまいそうだが…
クラウソラスと合わせてトリシューラの素材になる仕事と万能のサーチ効果を持つ影霊衣の絶対中核。むしろ一回制限を見送られたことが奇跡で今回の制限は残当かと。
9 JP015 トリシューラの影霊衣  Secret
三つ首座の聖闘士ですか、わかりません。
トリシューラを儀式に調整したような効果をちょうどピッタリ持っている一枚。
1箇所でもカードがないと効果が使えないので先攻ハンデスが不可能だったりまれにチェーンで逃げられたりするが、それでも強力極まりない効果。
だけに代償も一見小さくはないが、シュリットを使えば1枚リリースで損なく出せる。
前半の効果も便利でArkや脱出装置をあざ笑いメタ能力の高いネクロスたちを場に居座わせることが可能。総じて隙のないテーマの切り札にふさわしいカード。
ネクロスの最大の個性になりつつあるアタッカー。やっぱり簡単にトリシュをぽんぽん出せるデッキなんて作っちゃいけなかったんや…
9 JP016 ユニコールの影霊衣 制限 Normal
このカード自身の強さ云々よりも、ネクロスのレベル4儀式というのがこのカード最大の強さ。
万華鏡との相性が抜群によく、虹光を落とすことで儀式の万能サーチを発動させることができる。
それ以外でも万華鏡の大量召喚のレベル調整が一番行い易いカードでもあるため、万華鏡を軸とするネクロスではその存在価値は抜群に高い一枚。
効果も強力で、打点は低いがエクストラ全てへのスキルドレインはこちらがこのカードを守れるなら強力な牽制になる。こちらはトリシューラやディサイシブを駆使してこのカードを守りたい。
影霊衣本体では唯一制限送り。単体でも厄介なカードという証左か。
8 JP017 ヴァルキュルスの影霊衣  Super
儀式召喚を狙う場合は大魔導師とユニコールの組み合わせがベターだろうか。
場に出た時はリリースしての手札交換なので、シュリットなどの効果を簡単に発動できるというもの。アドバンテージが凄まじいことになってくれる。
1番の効果は攻撃封じ。ディサイシブのほうが使いやすい感はあるがこちらは直接攻撃も止められるのが魅力というところだろう。
派手さのあるカードではないが、魔法使いネクロスを要とする場合は用意しておいても損はない。
6 JP018 カタストルの影霊衣  Normal
ぶっ壊されたり岩石になったりと思ったら龍になって蘇った。
ネクロスの中ではレベル5ドラゴン族は若干浮いている感が否めず、単体での力勝負になりがちか。
ネフィリムを彷彿とさせる場での効果は強力で、トリシューラの手札効果とも相性が良い。とはいえユニコールやブリューナクで突破力や牽制力は十分説が…
蘇生効果も、手札効果で蘇生制限がかかったまま墓地に行きがちなネクロスには恩恵が薄く今ひとつ浮いている感がある。
7 JP019 ディサイシブの影霊衣  Super
決戦兵器もしっかり持ち出してきました。
場に出すよりも手札から発動のパンプアップ効果が優秀なネクロスか。
儀式召喚を狙う場合は降魔鏡でユニコールとブリューナクを除外が一番狙いやすいだろう。
高い攻撃力にセットカード破壊とそつのない効果を持っているが苦労するほどかは。
むしろパンプアップ効果が、ユニコールやブリューナクを加護する存在として活躍してくれることを期待したいカード。
8 JP020 影霊衣の降魔鏡  Normal
万華鏡の影に隠れているがこちらもなかなかに凶悪。
こちらは万華鏡と違い複数枚のコスト使用が可能なので、墓地のカードが使えることと合わせて高レベルのネクロスを呼ぶために使うカードか。
万華鏡とは状況に合わせて使い分けで、中盤以降大型ネクロスの力が欲しい時に一緒に声をかけるところか。その頃には墓地も肥えているはず。
9 JP021 影霊衣の万華鏡  Super
エクストラを素材にしたり大量の儀式召喚を行ったりと規格外の儀式魔法。なお値段もブリューナクと一緒に規格外になっている模様。
素材とできるカードは1枚のみなので高レベルネクロスの特殊召喚には向かないが、ユニコールやブリューナクとの相性は抜群。
特に虹光を落としてアドを回復できるユニコールは、レベル8や10のカードをリリースした時に大量展開する礎にもなりやすいのでこのカードを使うなら抑えておきたい。
アド的にはこちらが優れているが万華鏡とは状況に応じて使い分けか。
7 JP022 霊獣使い レラ  Normal
チューナーじゃないっすよ。
効果は霊獣の吊り上げ、そしてそのまま融合へ… といった所。
その運用であればまんま霊獣の吊り上げカードであり、このカードが引き出せる逆転能力は… 精霊獣騎次第です。
カンナホークのサーチ効果とは相性が抜群によく、サーチ先の筆頭候補。
7 JP023 霊獣使いの長老  Normal
端末世界もどれだけの年月を経たのだろう。カムイくんも立派なお姿に。
効果は霊獣の切り込み隊長。手札の霊獣を展開し融合につなげる数少ない手段。
霊獣使いの中でも序盤はこのカードが強い。高速で融合を行うために。
7 JP024 霊獣使い ウェン  Normal
能力やアイヌ語の原義からピリカの対となる存在なのか…?
こちらは除外からのつり上げを行う。レラの対となるカードと言えよう。
アペライオやカンナホークの除外を駆使しなければならず、こちらのほうが若干後半向けのカードとなっている感がある。
反面レラより弾切れの心配は薄めに思えるところだが、癖が強いような。
7 JP025 精霊獣 アペライオ  Normal
霊獣のメインアタッカー。
墓地の霊獣をゲームから除外しウェンや融合のカンナホークに繋げたり、上がった攻撃力で殴り屋を務めるなど下級精霊獣では安定感がある。
打点以上に、墓地のカードを除外するソースとしての仕事がメインな感はあるが…
6 JP026 精霊獣 ペトルフィン  Normal
下級でバウンスを持っているのは優秀なのだが…
そのコストは決して軽くないところである以上に、このカードを表側表示で如何に持ってくるか。
理想は即座に融合できる態勢で出すところだが。攻撃力0なので表側攻撃表示で場には残したくないカード。
そうなると状況を選びコストが工面できずだったりになりそうでなぁ…
8 JP027 精霊獣 カンナホーク  Super
霊獣における回転の要を担ってくれることが期待されるカード。
黄金櫃効果は単純なサーチだけでなく、ウェンの帰還効果や精霊獣騎カンナホークのコスト調達にも活躍してくれる。
TIPというわけでなく起動効果なので、精霊獣騎を分離させた後や能力的に厳しいが生き残った場合に発動することも狙える。
このカードが融合前に出せると強いんだろうなぁ。
7 JP028 聖霊獣騎 アペライオ  Super
もうお前がシークレットでいいんじゃないかな。
精霊獣騎の中でもトップの打点、というか他2体がだらしない…
展開重視の弱小カード2枚から呼び出すと考えれば打点は十分だが、それでももう少しあってもいいんじゃないかなというのは欲張りだろうか…
現状ではアタッカーとして筆頭起用だが、今後の精霊獣騎次第では?
7 JP029 聖霊獣騎 ペトルフィン  Super
強固な壁。攻められない分ガッチリと守ってくれる。
破壊されない2800の守備力で相手ターンをしっかりと固め、自分ターンは他の精霊獣騎に託すというのが運用法だろうか。
精霊獣の精霊獣たる所以を魅せつけるためのカードといったところで、使いこなせるようになりたい。
8 JP030 聖霊獣騎 カンナホーク  Secret
パックやCMでの紹介をアペライオに奪われた悲しみのシークレットモンスター。
ステータスが絶望的に低いが、代わりに便利なサーチ効果を持っているためこれを使いこなせということだろう。この効果で得られるアドが霊獣の真骨頂。
除外コストは融合素材を使えばすぐに調達できるが、その場合精霊獣騎の真骨頂である分離合体が使いこなせない。ましてや低ステータスのこのカードにそれは致命傷なので予め除外を肥やしていくスタイルで臨みたい。
使いこなすと恐ろしい勢いでアドを稼いでくれる一枚になり、プレイングの腕が問われるカード。特に霊獣たちの特殊召喚縛りが案外面倒。
サーチ効果に融合解除効果をチェーンすることで、墓地戻しを1枚に抑えるプレイングは抑えておきたい。
6 JP031 霊獣の相絆  Normal
エクストラデッキからの効果発動ではなく、魔法カードで強引に融合。
相手ターンで分離した精霊獣と霊獣使いをこのカードで再融合というのが狙いだろうか。
速攻魔法を活かした使い方も自分ターンでは霊獣使いの戦闘力が…なので。
とはいえ霊獣のワンキルルートには必要な一枚であるし、ガイアペライオという新しいオプションも得ている。
9 JP032 霊獣の連契  Super
打点に恵まれない霊獣が高打点に対処するには欠かせない、必殺の除去カード。
フリーチェーンにゆるやかな発動条件、得られるのは強力なリターンと罠に求められる要素をずらりと並べた至極の一枚。
このカードがアペライオで対処できない相手に対する霊獣の回答。逆に言うとこのカードで止められない高打点には泣き寝入りなのが… ペトルフィンもあるにはあるが。
9 JP033 BF-疾風のゲイル  Normal
単体で2600まで処理できる上、自発的な特殊召喚効果も持つ化物チューナー。
単体の性能だけでなくシンクロ狙いにうってつけの特殊召喚効果も強力。
黒い旋風でこのカードをサーチするだけでシンクロにつながるのは勘弁してください。
凶悪効果に属性種族能力も恵まれ、全てのデッキで働ける最強クラスのチューナー。
BFの強さを象徴するカードであり、クロウさんのフェイバリット。カード自体の硬度も投げつけて使えるくらいです(嘘
BF自体がそこそこの強さに落ち着いてきたことと、2600を処理できる下級も大きなアピールポイントではなくなったことからついに無制限に。
9 JP034 BF-黒槍のブラスト  Normal
特殊召喚効果が非常に優秀。旋風でのサーチから即展開につながる。
このカードが自発的な手札からの特殊召喚の恐ろしさを広く知らしめたといっても過言ではないかもしれない。
また貫通効果はシロッコとの相性が極めて優秀。
シロッコ召喚→ブラスト特殊召喚→シロッコ効果で大ダメージはよくあること。
BFではシュラと並ぶ安定アタッカー。エクシーズとも相性がよく新世代の戦い方も出来そうか…?
8 JP035 BF-暁のシロッコ  Normal
落ちろカトンボ!
リリース無しで召喚する効果とBFに攻撃力を集める効果を持つ初代スーレアBF。
攻撃力を集める効果はブラストに使ってあげるといいだろう。シロッコ召喚>ブラスト特殊召喚>ブラストに攻撃力集約はBFでは鉄板の流れ。
リリース無しの召喚は旋風があれば下級BFを全てサーチ可能、その打点もあってBFでは重要なカード。
とはいえ自身以外全ての下級BFを集められるクリスの登場で必須とまではいかなくなったか。レベルが高いのが痛い。でも墓地BFではそのレベルが重要。
ちなみに相手のBFからも攻撃力を集めるのでミラーマッチで使うとすごいことになる。
9 JP036 BF-極北のブリザード  Normal
BF専用の釣り上げチューナー。特殊召喚できないからまだ良かったが…
1枚からレベル6シンクロを呼び出し一気に場を変えてくるパワーカード。
蘇生相手に表示形式以外の制限がなくゲイルの効果を再利用することも出来るなど芸が細かく、旋風のサーチも効きやすい、極めて強力なチューナーカード。
一時期はレベル6の呼び出し相手に困っていたが、ノートゥング登場が非常に大きく、レッドワイバーンやコーラルドラゴン、ブリューナクなど幅広いプールになってきた。
8 JP037 BF-蒼炎のシュラ  Normal
戦闘破壊時にBFをリクルートする効果を持つ下級アタッカー。
BFの全ての起点。旋風もヴァーユもこのカードを起点にすることが多いはず。
戦闘破壊→特殊召喚→追撃→シンクロは全盛期BFの悪夢の方程式。
ヴァーユを特殊召喚して墓地に送る準備を整えたり、ゲイルでアーマードにつないだり。新世代ではコチやデスを呼んでエクシーズをするという戦術をとることもできる。
今日日戦闘破壊タイミングでリクルートじゃ遅いとか大型がいきなり飛び出て破壊できないとか聞こえない聞こえない全くもって聞こえないなぁ。
このカードで呼び出したヴァーユは効果が無効化され何故かシンクロできるのはBF使いの常識。
9 JP038 BF-月影のカルート  Normal
BFが誇る手札誘発の戦闘補正カード。
黒い旋風でサーチ、ダーク・バーストでサルベージが容易の戦闘補正。
BFの戦闘における圧倒的強さはこのカードが原因であり、戦闘で知らぬ間に返り討ちにあってしまったり、攻撃力を固定値で上げるゆえに直接攻撃が強化されてエンドカードになることもままある。
一度ちらつくと攻撃の手を進めにくくなる。いざとなればシンクロ素材もこなせるのもうれしいところ。
かつては規制を経験していたが現在は無制限まで緩和。シンクロの選択肢もかなり復活しており、BFの復活は… え、もう音速が遅いですか?
7 JP039 BF-大旆のヴァーユ  Normal
チューナー以外のBFとともに墓地から除外することで合計レベルのシンクロBFを特殊召喚する、前代未聞の墓地シンクロを行うカード。前準備さえ整えば墓地ソースだけで2000以上の打点を呼び込んでしまう。
引いてしまってもゴッドバードアタックが可能なほか、コチと違ってシュラで呼び出しシンクロしてしまう事もできる。BFでトリシューラを目指す道の1つだったが、その用途ではオロシの方が一手上か。
闇属性は墓地に送りやすく、至りつくせりのモンスター。全体的な裁定にも恵まれている。特にシルバーウィンドを使う場合はほぼ必須であると言われている。
なのだが、手札に来るとゴトバなしには厳しい点や呼び出したSモンスターが打点にしかならない点、オロシというライバルの存在などもあり墓地BF亡き今重要度は…
5 JP040 BF-東雲のコチ  Normal
攻撃力が低めなので旋風のサーチで拾いやすいレベル4チューナー。
シンクロ制限は逆にこのカードを出してブラストやぜビュロスを特殊召喚するのが手。
特殊召喚でシンクロ素材にできないのは痛恨の極み。できたらシュラが制限コースだったが。だが、エクシーズならできる。
レベル4でシュラで呼べるBFはこれとカームのみ。こちらは召喚すればシンクロもできるため芸が広いカードとも言える。
別にGBAの弾にしてしまっても構わんのだし、1枚くらい積むと不意を付けるかも。
ヴァーユはシンクロできてこいつはシンクロできないとかわけわからんぜシュラさん…

なお、デメリットこそあれより使いやすいデスさんェ…
10 JP041 BF-精鋭のゼピュロス  Super
新たなるチートBF様。しかもBF以外でも採用可能なスペックと来たもんだ。
1度とは言え墓地から自力で這い上がる効果は、ゲイルブラストや旋風をコストにすればほぼノーコスト。
BF以外でも、1回だけ墓地から使えるA・ジェネクス・バードマンという鬼畜ぶり。最近ではクラウンブレードでも活躍するカードであった。
クロウ編では他の有り様もあって暴騰したが、トライブフォースのSRで値段も落ち着くか。
8 JP042 BF-アーマード・ウィング  Normal
昔も今も私の中ではBFのエースはこのカードという印象。
ただでさえBFは戦闘で強いのに、このカードは戦闘においてはダメージすら受けない絶対不敗。特にオネストなどの手札誘発戦闘補正に強く、ケロッとした顔で無傷で楔を打ち込む事ができる。
楔カウンターは遅さは否めないが、より高い攻撃力のカードすら突破できるというプレッシャーは大きく、存在するだけで意味がある効果。
BFではゲイルやブラストの特殊召喚を駆使することで恐ろしいほど簡単に出せる1枚であり、BFシンクロでも最もベーシック。
同じレベルのホークジョーの登場で何度でも蘇るという追加価値を得た一方、強力な除去を持つライキリや高攻撃力が自慢のチドリがライバルとして登場。とはいえBFはレベル7シンクロはお手の物なので使い分けも不可能ではないか。
6 JP043 BF-アームズ・ウィング  Normal
貫通効果と守備表示攻撃時の強化効果を持つ守備表示キラー。レベル6シンクロとしてはひとまずは無難なスペックではある。
しかしこのカードの真価はヴァーユとの最高の相性。墓地のシロッコとヴァーユで特殊召喚され、このカードとヴァーユでアーマードウィングなどが特殊召喚できる。
ブリザード+適当なレベル4BFで簡単に出せる展開の容易さなど美味しい部分も多いが、ですが残念でしたねぇ、これ全部ノートゥングで同じことができる罠。
単純にカードとしての実力があちらが勝る以上、立場はかなり厳しい。1枚入れておけばと言っても、守備で耐える相手にしか全力は出せないし…
9 JP044 黒い旋風  Normal
BFの召喚時にそのBFより攻撃力が低いBFをサーチする強力な永続魔法。
ゲイルやブリーズを活用しての高速シンクロ、ブラストの展開、カルートやブリザードをサーチなどやりたい放題。恐るべきサーチカード。
早い段階で引かれてしまうと、一気に負けが近づいてしまうだろう。
BFを環境トップに押し上げた原因の一角であり、BF大弾圧からずっと制限の座を守り続けていたが現在は無制限へ緩和されており、往時との差を感じる。もっと頭のおかしいサーチカードも多かったり、永続サーチが逆風気味というのがあるか。
さて、BFはどこまで復活できるのやら。
8 JP045 マンジュ・ゴッド  Normal
最高の儀式サポート。儀式デッキの回転を一手に担うデキル子。
何気に天使族なので、パーデクのコストに出来たりもする。
単純にアド+1のカードであり、そのサーチ能力無しに儀式デッキは回らない。
というわけで最強の儀式デッキ・影霊衣でも当然のごとく3枚積まれ潤滑油として大暴れ。
その暴走を食い止めるため制限。もとより儀式が暴れれば即制限級のアド力だが、影霊衣以外の儀式デッキにとっては飛んだとばっちりである。あまりに可哀想なためかブリューナクを制限にした代わりに準制限になった。
7 JP046 ネクロ・ガードナー  Normal
全盛期は3回攻撃防ぎ玄米でまた攻撃が通らないとかザラだった。
こっそり墓地に落としておくと抜群の安心感。
壁にしても破壊分+効果で2回攻撃をしのげたり、手札コストにもうってつけ。
一度落ちると妨害は困難。ワンキルの抑止や大事なモンスターを守るためにかなり有力な防御用カード。
手札コストを多用するデッキや、墓地を肥やす機会の多いデッキにどうぞ。
とはいえ攻撃抑止には優秀な後輩も多く、一回しか攻撃をしのげないこのカードの立場も若干微妙になってきた。特に虹クリボーと超電磁タートルが強敵か。
9 JP047 終末の騎士  Normal
PTDNにおける闇属性優遇の象徴のような一枚。
なんといってもおろかな埋葬効果を簡単に発動可能。闇属性には墓地に送りたいカードが星の数ほど存在する。
このカード自身が戦士族とステータスのおかげでサーチもリクルートも非常に容易。
特殊召喚にすら反応するため、トマトでの呼び出しで簡単に効果を使える。
非常に強力な墓地肥やしカード。ダグレと比べ早さで劣る分堅実かつアド面で有利。
シャドールの効果を簡単に引き出せるため、その関係でシャドールを間接的に止めるため規制送りに。元々カードとしても強かったので残当?環境で見られなくなり、墓地送りカードも増えてきたので準制限を経由して無制限にこの度緩和された。
9 JP048 トラゴエディア  Normal
出現条件が緩やかな代わり、若干パワーは劣るゴーズの兄弟格。
手札が多ければアタッカーとして、少なければレベル変動を活かしシンクロ素材に使いたい。
永続のコントロール奪取は使いにくいものの決まれば強力である。
実は通常召喚できるのだが、まあ、それを使う必要はめったに無いだろう…
反撃の狼煙やラッシュを凌ぐ盾として、破壊力に劣る分使いやすさはゴーズ以上。
ゴーズ釈放後も準制限に居続けたが、こちらも今回で釈放。激動だなぁ…
8 JP049 バトルフェーダー  Normal
鉄壁の防御力を誇る手札誘発防御カードの開祖。直接攻撃時に手札から特殊召喚され、攻撃を無効にしバトルフェイズを終了する効果を持っている。
特殊召喚された抜け殻はリリースやシンクロ、リンクに活用でき、最悪もう一発攻撃を凌ぐ盾になる。
相手としても最も対策しにくいところから飛び出す防御で、計算外となることが多いだろう。
最近はこの領域にもライバルが増え、また昔からのライバルかかしの評価が高まっている気がするが抜け殻を残せるのはこのカードの特権。
こらそこそのせいで特殊召喚封じに弱いとか言わない。
9 JP050 エフェクト・ヴェーラー  Super
だんだん世紀末化してきてる遊戯王において、即死コンボを止める最も汎用性の高い一枚としてその評価はもはや鉄板になりつつある一枚。
伏せカードですら止められないような凶悪な連中を手札誘発でシャットアウト。その後に即死コンボ返しとかこれなんて北○の拳格ゲー。
はいはいヴェーラーヴェーラーのシャットアウト性能はかなり優秀で、Gと並んでとりあえずで入っていることも珍しくもなくなってきたようにも。
墓地発動や手札誘発には無力なのでやや相手にもよるところだが。
チューナーであることも極稀にだが活用されることがある。
8 JP051 サイクロン  Normal
よりによって無制限にまで帰ってきた、速攻魔法の象徴的な一枚。…砂塵ちゃんは泣いていいのよ?
存在が永続系カードへの最強のメタであり、セットから永続を狙うと発動時の効果すら否定し粉砕する。今引きでロック打破や怪しい伏せの破壊。エンドサイクでフリーチェーンすら発動させずに葬り去る。
短いテキストに数多の運用を誇る傑作カード。だが最近は耐性の強力化や除去の強化もあってサイド要因ということも多いという悩みを抱えているようだ。
特に墓地発動する魔法罠の急増と、複数枚破壊のツインツイスター、除外で除去するため墓地発動の思惑を破壊できるコズミックサイクロンが二強となり環境からは滑り落ちている感が否めない。このカードですら物足りないとは環境もとうとう行き着くところまで行き着いてしまった感が。
10 JP052 増援 制限 Normal
戦士族最高峰のサポートカードにして、戦士族である最大の価値。
終末やダグレという強力な墓地肥やし戦士の登場、六武衆という極悪戦士族テーマデッキの出現などでもはや長年の定位置準制限には戻れそうにはないか。
戦士族なテーマはこのカードのおかげでかなり安定するといっても過言ではない。
8 JP053 異次元からの埋葬  Normal
かつては長く希少なカードだったがストラクやブースターSPでの再録で遂に落ち着いた感がある除外からの貴重な回収手段。
言わずもがな墓地から除外して効果を発動するカードと抜群の相性を誇る。
例を上げるのも面倒になるくらいの墓地から除外することで効果を発動するカードの再利用を可能にする。速攻魔法で相手の除外にも干渉できるので、相手の除外利用を封じる運用も少しもったいないが可能である。
強力な再利用カードの一つであり、制限からの緩和は微妙な線と思われたが準制限を経て無制限に帰ってきた。モンスターのみの回収なので、昨今流行りの墓地発動の魔法罠には効果はない。
9 JP054 緊急テレポート 制限 Normal
シンクロ黎明期を猫と並んで暴れまわった、サイキックサポートおよびシンクロサポートの雄。
確実にデッキから様々なサイキックを呼び出せ、またサイキックはチューナーが豊富故に呼び出せるチューナーの汎用性も高い。高速のシンクロ召喚サポートとして、数多のデッキが活用した。
時代がすぎてサイキックがサイキック族色を抜け出し様々なテーマに見られるようになると、ピリカやブルーレイヤーなどシンクロ以外にもこのカードを活用できる優秀なカードが増えますます優秀に。
コアガジェットを筆頭にシンクロ黎明期を支え制限になり、その後時の流れで緩和されたが超量帝での活躍からか久々に制限になることに。
8 JP055 儀式の準備  Normal
レベル8以外悲惨であった儀式において、最高の差別化となる1枚。
デッキからレベル7以下の儀式モンスター、墓地から儀式魔法を1枚ずつ手札に加える。使えば生贄以外の儀式体制は瞬時に整う。
3枚積めるとはいえ高等儀式術の使い回しも可能で、墓地にバニラを肥やす助けにもなるだろう。
本領発揮は魔法カードを落としてからだが、単純に儀式モンスターのサーチもできるので回転力を支えるパーツとしても重要度が高い。
儀式の速さと確実さを劇的に向上させた一枚。それに低レベル儀式の多い影霊衣が目をつけないはずもなく…
ブリューナクネクロスを経由すれば万能サーチでは流石に規制は免れない。とはいえネクロスも大きな規制とともに沈静化し儀式デッキの可能性を広めるためか無制限に帰ってきた。ヴェンデットあたりが喜んでそう。
9 JP056 禁じられた聖槍  Super
《最後の進軍》ェ… 同パックに同じ効果の汎用カードがあるって…
除去の回避として非常に優秀。はいはい奈落も幽閉も脱出も打ち消してくれるので、切り札を召喚する際に手札にあると非常に頼もしい一枚。
相手の自殺覚悟の《激流葬》なんかにチェーン出来るとかなり美味しい。
極めて汎用性が高いが、攻撃力のダウンはバカにならないのでそこだけは注意。もっとも相手のカードへの逆用が可能でありコンバットトリックとしても使えるのがさすがの汎用性。
強力な破壊耐性を持つカードに取っては、除外・バウンスを持つ魔法罠が強敵。そんなカード達への対策として評価の高まっている一枚。勿論バック対策にも。
8 JP057 王宮のお触れ  Normal
罠を使わないなら取り敢えず入れておいても問題ないカード。
その場合一方的な罠封じになり、奈落も激流もミラフォも宣告も怖くない安心感は相当な物。
月の書やエネコンを使えば罠に頼らずとも十分防御できるので、魔法を軸にして罠はこれ一本というのも構築としては有りえるものではある。
ホルスやサイレント・ソードマンのLV8と組み合わせると、魔法も罠も使えない阿鼻叫喚の状況を作れるのも面白い。いわゆるお触れホルス。
10 JP058 リビングデッドの呼び声  Normal
そりゃどこぞの通常魔法とは違って相手の墓地は奪えないし不完全蘇生だ。
そりゃどこぞの装備魔法とは違ってバウンスによる使い回しや即効性もない。
それでも万能蘇生が弱いわけがない。相手の死者蘇生を妨害できるとなお美味しい。
罠であるがゆえに可能な運用も数多く、伊達に蘇生の3大巨頭に名を連ねているわけじゃない。シンプルに強い一枚。
最近は特殊召喚時に効果を発動するカードをフリーチェーンで叩き起こすカードとして働いたり、単純に凶悪なモンスターを墓地から展開するカードとして再び前線で活躍気味。特にKozmoでの働きが光る。
9 JP059 激流葬  Normal
そのイラストはまさに鉄砲水。ざっぱとかいわれる召喚反応罠の最高峰。
どんなカードも場に出なければ始まらない。召喚反応は極めて便利なトリガー。
奈落と違い除外は出来ないが、相手に傾いている戦況を一気に取り戻せる点ではこちらに軍配。
自分の場も巻き込むあたり、制圧を成功している状況では使いにくいが、最近は破壊耐性を持つカードが多いのでそれらとコンボしてもいいだろう。
ただしP召喚にはめっぽう弱く、エクストラに流し戻すだけでは次のターンまたP召喚を狙われる。その隙をつくことができれば話は別だが。
昨今は破壊耐性の増加とP召喚に弱い点から環境を一歩引いていたが、十二獣の大量展開にかなり強い点が見直され復権しつつある。
9 JP060 ゴッドバードアタック  Normal
げに恐ろしき鳥獣族最強の罠。鳥獣族であることの最大の意義で、BFの恐ろしさを支える1枚。
攻撃や効果の対象となったカードをコストにすれば無駄もなく、その破壊能力を遺憾なく発揮する。
裏側の鳥獣すらリリースできるため、奇襲性も十分。極めて優秀。




※「*」付きのカードは「評価投稿済み」を表します。

スポンサードリンク