HOME > コンプリートカード評価一覧 > PREMIUM PACK 12 コンプリートカード評価(ねこーらさん)

PREMIUM PACK 12 コンプリートカード評価

ねこーら 」さんのコンプリートカード評価


スポンサーリンク
レアリティ 評価 番号 カード名

Secret
4 JP001 使用デッキ調査 クイック・スパナイト 
総合評価:《ゴヨウ・ガーディアン》の戦闘補助などにはなる。
クレーンクレーン》あたりで蘇生して《ゴヨウ・ガーディアン》のシンクロ召喚に繋ぎ、3300未満のモンスターを弱体化させて奪うことは狙えル。
元が2800でギリギリ奪えない3000の攻撃力に対応可能。
上記はいずれも地属性で春化精でサポートも狙えるし。

Secret
7 JP002 使用デッキ調査 アーマード・ビー 
総合評価:半減させた後各種素材に使う。
このカードに特殊召喚手段はないが、他のモンスターが特殊召喚することで補える。
竜咬蟲》なら手札のこのカードを出せるし、《円喚師フェアリ》ならこのカードを出した後に特殊召喚が可能。
半減させた後、これらのモンスターと共にシンクロ召喚、エクシーズ召喚に繋げば戦闘ダメージも期待できる。
単体でも攻撃力3200まで処理でき、制圧盤面を崩す役に立つ。

Secret
5 JP003 使用デッキ調査 ポセイドン・オオカブト 
総合評価:コンボ前提になるため扱いにくさはあるが、連続攻撃効果の魅力はある。
プリミティブ・バタフライ》を自身の効果でレベル6にするか、《聖刻龍-トフェニドラゴン》に《孵化》を使う、《超進化の繭》などで呼び出せる。
手札からはペンデュラム召喚や《寄生虫パラノイド》で出せる。
効果に関しては、相手モンスターに戦闘破壊耐性をつけて攻撃を繰り返すのが基本にナル。
ハーフ・シャット》なら弱体化もできるが、汎用性で言えば除去や自分にも使える《安全地帯》カナア。
攻撃力が低めなのでそこも補いたいところで、《ガーディアンの力》なら強化しつつ3回攻撃できるためダメージを増やしやすい。
十分に活用するには準備が必要で重いんだが、個人的に好きなカードではアル。

Secret
4 JP004 使用デッキ調査 サイバー・ラーバァ 
総合評価:遅延効果が有用で、墓地に枚数確保することは可能。
攻撃対象になった場合にダメージを受けない効果を発揮する為、攻撃表示で出してもリスクがない。
バトルフェイズ中に《シャインエンジェル》から出す防御手段とかになるし、効果が無効になっていても戦闘破壊時に同名をリクルートすれば使える様にナル。
遅延にはなり、相手からすれば戦闘破壊を避けて効果破壊するしかない鬱陶しさはある。
戦闘破壊されても同名カードをリクルートして墓地に貯められることから、《サイバー・エルタニン》、《ボーン・フロム・ドラコニス》の強化目的で採用してもいいか。

Secret
6 JP005 使用デッキ調査 ライオ・アリゲーター 
総合評価:守備表示にする《宇宙鋏ゼロオル》でダメージは期待できる。
溟界は展開しやすい爬虫類族だし、《キングレムリン》を複数出すことも狙える。
そこからこのカードを出せば貫通持ちが複数並び、トークンなどを一掃してダメージを狙える。
守備表示にする《宇宙鋏ゼロオル》も出しやすく、相性は非常に良い。
それ以外の表示形式を変える爬虫類族の《ブラックマンバ》あたりも良い。

Secret
5 JP006 使用デッキ調査 スパウン・アリゲーター 
総合評価:特殊召喚に成功した場合の爬虫類をリリースすると良い。
このカードの蘇生はエンドフェイズと遅いが、相手ターンに《連撃の帝王》でアドバンス召喚すれば蘇生したモンスターを次の自分のターンに使える。
ブラックマンバ》や《溟界の黄昏-カース》などなら特殊召喚時の効果で色々デキル。
相手ターンを凌ぐ必要があるが、アドバンテージは稼げる様にはなる。

Secret
9 JP007 使用デッキ調査 E・HERO Great TORNADO 
総合評価:《E・HERO エアーマン》で出せる点が有用。
E・HERO エアーマン》2枚がそのまま融合素材になり、攻撃力半減で戦闘破壊できる範囲がかなり広いのがメリットとナル。
自身だけでも攻撃力5600まで処理可能。
更にHEROのサーチ能力で《E-HERO アダスター・ゴールド》 から《E-HERO マリシャス・ベイン》を追加展開もでき、攻撃力6000以下のモンスターまで処理可能にもデキル。

Secret
4 JP008 使用デッキ調査 平行世界融合 
総合評価:最後の切り札的な使い方になる。
発動するターンはこのカード以外で特殊召喚できない為、このカードで出した融合モンスターで場を切り返す必要が出てくる。
戦士族とE・HEROを大量に除外した上で《Wake Up Your E・HERO》を融合召喚し、大幅に強化した攻撃力で全体攻撃して勝つといった動きを狙いたいとこ。
終盤のお互いが消耗した状況なら1体出しただけでも勝てる可能性はあるが、《ミラクル・フュージョン》でいいということが多い。
除外されたモンスターの再利用も《神炎竜ルベリオン》で可能だったりするしナア。

Secret
3 JP009 使用デッキ調査 ドラゴニック・タクティクス 
総合評価:リクルート先に特殊召喚しやすいものが多く、使いたい場合が少ない。
ドラゴン族は展開が容易なものが多く、リリース自体は用意しやすい。
しかし、レベル8ドラゴンが割と展開しやすいものが多くてリクルートする意義があまり見受けられないのがナ。
墓地に置いて《復活の福音》で蘇生させるとか、《天球の聖刻印》で出す方が楽な場合が多い。
その《天球の聖刻印》をこのカードのリリースに使い、レベル8ドラゴン族を展開することで色々できそうではあるが。

Secret
6 JP010 使用デッキ調査 コート・オブ・ジャスティス 
総合評価:《宣告者の神巫》などを使い上手く展開したいところ。
宣告者の神巫》で《トリアス・ヒエラルキア》を墓地に置き、《イーバ》などを特殊召喚すると条件を整えられる。
アテナ》などを出してコストにすると、サーチ効果により次のターンの展開要員の確保もしやすい。
ワルキューレ・セクスト》から《ワルキューレ・ドリット》を特殊召喚し、《ワルキューレ・ツヴァイト》をサーチしてこのカードで出すといった動きも可能。
祝福の教会-リチューアル・チャーチ》で天使族を蘇生して条件を満たすのもいい。
神の居城-ヴァルハラ》と違い条件がやや厳しいが、展開ルートがあるならこちらも使える。




※「*」付きのカードは「評価投稿済み」を表します。

更新情報 - NEW -