HOME > コンプリートレビュー一覧 > ストラクチャーデッキ-閃光の波動- コンプリートレビュー(備長炭18さん)

ストラクチャーデッキ-閃光の波動- コンプリートレビュー

備長炭18 」さんのコンプリートレビュー


評価 番号 カード名 レアリティ
5 JP001 天空勇士ネオパーシアス  Ultra
効果はそこそこ優秀な部類ですが、最上級という点が重い。
パーシアスをリリースする事でSSできますが、そのパーシアス自体が上級でもあるため事故の可能性が付きまとい厳しい。
またパーシアスを複数採用するのであればぜひ入れたい輪廻についてもライフコストのせいでアリアドネが無いと微妙に使いづらくなるという制限を負うはめになり、ならば素の打点がもともと高く、よりコストとしては2体必要ですが墓地からもSSできるアークパーシアスの方に採用を絞る方が良い気もします。
5 JP002 天空聖者メルティウス  Normal
1000回復についてはこちらのライフが相手より上回っているカードを採用する場合であれば有用に働くでしょうし、カウンター罠1枚で実質2枚破壊できると考えればなんだか強そうな印象を受ける事も出来ます。
しかしながら下級としては戦闘に参加させづらい攻撃力である事、また聖域を要求するモンスターの中では聖域無しでの性能がかなりの下位に位置するであろうこれではイマイチ採用は難しいです。
回復にしても破壊にしても手札補充といったこちらのアド回復にあまり直結しない点が今ではかなり厳しい。
5 JP003 智天使ハーヴェスト  Normal
下級としての打点は妥協点。被戦闘破壊時という限定的・受動的・(タイミングを逃すという)不安定な要素もありますがカウンター罠回収が欲しくなる場面は多いでしょう。
ただ、現在は新しく出た神域やミネルヴァのようにある程度能動的に回収できるカードが出てしまったため、もう役目は無いのではという気も。
6 JP004 勝利の導き手フレイヤ  Normal
天使族の隠れたアイドルカード。
パーデクを使う際にこの400アップが大真面目に活躍する事もあるため、案外馬鹿にできないカードでもあります。
ほぼ同じ効果のコマンドナイトとは、釣り上げやすいレベル1である点や光属性である点で案外差別化できます。
6 JP005 コーリング・ノヴァ  Normal
天使族よりもリクルーター主体のデッキに社員ともども出張していたイメージ。
こちらは天使族・光属性とより縛られた代わりに守備表示でも特殊召喚できるようになったため、出されるとこちらの方が少しイラっとしますね。
5 JP006 ホーリー・ジェラル  Normal
トリガーは破壊以外の墓地送り、つまりはF・S・X・Lどれでも発動可能とかなり緩いのですが、天空の聖域を要求する上に対価が1000LP回復と地味。
今ではこれだけのために採用するのも難しいかと
6 JP007 ジェルエンデュオ  Normal
ダブルコストのマシュマロンのようなカード。なお、相手のマシュマロンによってこのカードが自壊する模様。
昔であればこの戦闘破壊耐性による場持ちの良さと、強力な効果を有する最上級天使のサポートとして活きたのでしょうが、効果破壊の増えた現在は少々厳しいところも。
現在は何らかの方法で特殊召喚しつつ速攻でアドバンス召喚というのがベターですかね。
5 JP008 デュナミス・ヴァルキリア  Normal
後にリメイクされる初期の頃は高打点だった下級モンスター。
テキストで変な想像した人挙手!ノ
現在は予想GUYといった素材確保のために使うのが無難でしょう。
6 JP009 シャインエンジェル  Normal
光属性の1400リクル。
もう時代遅れの感じも漂いますが、まぁ可もなく不可もなく
5 JP010 神聖なる魂  Normal
いっそ墓地コスト2体でトレミスの素材が出せると考えることも。
4 JP011 天空騎士パーシアス  Normal
パーシアスの始まり。
レベル5でこの打点では、何かしらのサポートが無いと効果も活用しにくいですね。
4 JP012 守護天使 ジャンヌ  Normal
最上級天使はヴァルハラによってある程度出しやすくはありますが、戦闘を介する回復では優先度は格段に下がりますね。
5 JP013 力の代行者 マーズ  Normal
聖域に完全に依存した火星。
特化させれば脳筋にできますし、攻撃力の表記のおかげでサポートも十分。
しかしながら、やはり聖域がないとただの「ソイツ」と変わらない点は厳しい。
2 JP014 吸収天児  Normal
1300打点の戦闘破壊によって墓地に送り、しかもレベルのみというのでも厳しいのですが、それで起きる事が×300の回復という些細なものであるのは正直微妙です。
2 JP015 ロイヤルナイツ  Normal
攻撃力1300でどうしろと。
吸収天児もそうですが回復だけではもうねぇ…
8 JP016 豊穣のアルテミス  Normal
天使パーミにおいて重要なドローソース。
強烈な叩き落としを発動すると、相手のドローを潰して自分は1ドローというえげつない事が出来て楽しかったです。←
昔ヴァンダルギオンを入れたデッキではお世話になりました。
6 JP017 救済のレイヤード  Normal
ターン1の無い2枚回収は優秀ですが、天使族の除外を扱うデッキとして有名なヒュペリオン軸とカウンター罠の関連性の無さや、またアークパーシアスのSSコスト回収に使うにしても1度で十分であろう事を考えてしまうと単体では1400打点になってしまうこれを採用するのは悩みどころ。
6 JP018 裁きを下す者-ボルテニス  Normal
カウンター罠を多く採用できるパーミ天使というデッキもありますし、出すだけならばまあ簡単な部類です。
しかしながらカウンター罠で相手の動きを止めつつ相手フィールドに破壊したいカードが用意されているのか、そのような状況はこのカードを出しても妨害できるほどの盤面なのではないかと考えてしまうと効果が有効に使用できるのか疑問でもあり、またコストとして全てのモンスターをリリースしてしまうため盤面がこのカードのみとなり、特にパーミ天使においてはアルテミスやミネルヴァ、ヴァルキリアといった優秀な下級も失ってしまうのは惜しい所。
現在はコストが重たい部分こそ目立つものの墓地からも蘇生でき、また輪廻からのリクルートも可能なアークパーシアスもいますから、エースとして立ち位置も納得のとは言えない印象です。
10 JP019 サイクロン  Normal
テキストが短い。ゆえに強い。
あまりの汎用性の高さゆえに基本的にどのデッキにも採用でき、サイクロンで伏せていたサイクロンを破壊なんてエピソードが起きるほどだったり。
最近は派生カードのせいで見なくなりましたが、1:1交換ゆえに初心者でも扱うタイミングに困らないカードという印象です。
6 JP020 抹殺の使徒  Normal
裏側表示と言えば、リバースモンスターを伏せる事以外にも、先攻でとりあえず様子見をするための行為であった事を思い出します。裏側で破壊して除外という対策の難しい除去効果はいいのですが、むしろ裏側表示限定という使いどころの狭さがネックになっています。
ただ最近インチキリバーステーマも増えてきてますので、その対策として投入するのもアリなのかもしれません。
10 JP021 早すぎた埋葬 禁止 Normal
モンスターを蘇生する装備魔法。
ライフコストや特殊召喚する表示形式の制限、サイクロン等で破壊された時のモンスター破壊というデメリットがあり、一見すると死者蘇生の調整版のような印象を受けます。
しかしながら、サーチができる装備魔法である事と、バウンスしてしまえば完全蘇生になる事、何よりもターン1が付いていなかった事によって何度も使い回され遂には禁止カードに。
自分のターンに自分の魔法・罠をバウンスできる事がどれ程凶悪かを示してくれた1枚でしょうね。
6 JP022 光の護封剣  Normal
相手にだけ攻撃不可を強要する防御カードの古参
他と比較した場合、破壊されてしまえばそれで終わりですので依存はできませんが、3ターンの猶予は大きいです。
10 JP023 大嵐 禁止 Normal
ハーピィの羽箒と入れ替わる用意禁止になったカード。
最近の破壊されてアドを稼ぐ魔法・罠・Pのせいだと思われるが、それ以外のデッキでは羽箒の方が使いやすいのでこのレギュレーションに懐疑的な人もチラホラいる。
10 JP024 テラ・フォーミング 制限 Normal
フィールド魔法サーチカード。ある意味そのフィールド魔法の強さによって評価が変動するカードなのですが、そういった意味でこの点数です。
5 JP025 ダグラの剣  Normal
回復のギミックを有する天使族が多かった時代の産物。
現在は500アップだけでは厳しく、またライフ回復も地味な印象を拭えませんね。
5 JP026 天空の聖域  Normal
天使族の戦闘による「プレイヤーへのダメージ」を0にする聖域。
現在のフィールド魔法と比較するのも酷ですが、もうこれだけで採用するのは難しい。
これを要求するモンスターが多いため、テラフォや盆を回す際にはまだ使えるかもしれません。
6 JP027 ライトニング・ボルテックス  Normal
調製版サンボル。
現在は自分も被害を被るとはいえブラホもありますし、表側限定の破壊だけでは厳しいところ。
7 JP028 打ち出の小槌  Normal
手札交換カードの1枚であり、リロードとの違いは通常魔法となったため自分メインフェイズのみ発動が可能である事と戻すカードが任意の枚数になった事により純粋な手札交換としてはあちらの方よりも使いやすくなったことでしょうね。
このカードの性質上やむを得ない事ではありますが、戻したカードをまた引いてしまっても気にしない精神が必要なカードでもあります。
4 JP029 女神の加護  Normal
結果的にプラスマイナス0になったり、ダメージゆえに踏み倒せるだけまだ良心的に感じますね(誉めてない)
3 JP030 万能地雷グレイモヤ  Normal
攻撃反応系になった代わりに相手のみが対象となったハンマーシュート。
最近の大型は耐性持ちや除去持ちが多いため使い勝手はかなり下であると思います。
7 JP031 攻撃の無力化  Normal
相手の攻撃を無効にするカウンター罠
やってる事は自分フィールドにモンスターがいても発動できる速攻のかかしと同義であるため、一度伏せなければいけないこのカードの立場はかなり弱い。通常罠ですがフリチェで発動できてなおかつ攻撃宣言自体をさせない威嚇する咆哮などの存在も厳しい。
カウンター罠特有の、他のカウンター罠にチェーンできる利点やカウンター罠を多量に投入するパーミ天使での採用など完全にいらない子というわけではありませんが、ごく一般的なデッキで採用される防御カードの中での優先度はかなり低い位置づけですね。
10 JP032 神の宣告 準制限 Normal
神系罠の代表格。
ライフ半分のコストは痛いですが、これ1枚で止められる範囲が広いので、ずっと制限でいいと思いますね。先行で封殺しきった後、ダメ押しとしてこのカードを伏せれば序盤でもコストは気になりませんし。

と、そんなこと言ってたら準制限に緩和されてしまった。ある意味今の遊戯王における罠カードへの信頼感の低さを表しているのかもしれませんね。
5 JP033 マジック・ジャマー  Normal
決して弱くはないが、あまりに他が強すぎる
5 JP034 盗賊の七つ道具  Normal
かつては必須級であった罠カウンターの罠。
今は・・・
7 JP035 光の召集  Normal
ライトロードの裁きの龍回収手段として登場時から評価が非常に上昇した1枚。
パーデクやパーミ天使では手札全てを捨てるという効果が難点であるため採用は構築次第ですね。
罠ゆえの遅さもありますが、捨てる行為がコストではなく効果である点が非常に強力であるため、光属性である魔轟神等では有用な1枚となる事でしょう。
7 JP036 天罰  Normal
神の通告のせいで立場をほぼ奪われてしまったカード。
効果が全く弱くない(通告もそうであるから当然なのですが)というのがまた悲惨です。




※「*」付きのカードは「評価投稿済み」を表します。