HOME > コンプリートレビュー一覧 > RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION- コンプリートレビュー(ももさん)

RARITY COLLECTION -20th ANNIVERSARY EDITION- コンプリートレビュー

もも 」さんのコンプリートレビュー


評価 番号 カード名 レアリティ
10 JP000 青眼の亜白龍  Holographic
性能的には、15点くらいはあるカード。
再録決まったようで、値段下がりますね。
10 JP001 竜騎士ブラック・マジシャン  Ex-Secret
お互いに耐性付与なる永遠の魂との相性バツグン。
出すには正規融合、ティマイオスの眼ルートのどちらかになるが出す意味はあるカード。
10 JP002 キメラテック・メガフリート・ドラゴン  Ex-Secret
進化をし続けるサイドラの新たな型。
サイドラモンスターをメインに投入し、エクストラにもスペースを作らなければいけません。
召喚権を残し、相手モンスターを喰えるのが最大のメリットだと思います。
9 JP003 シューティング・スター・ドラゴン  Ex-Secret
クェーサーも強いが、このカードも普通に強い。
連続攻撃はデッキ操作しない限りは運が絡むのが弱点。
10 JP004 No.62 銀河眼の光子竜皇  Ex-Secret
銀河眼の光子竜を素材にしてると超強いのですが、
素材にしていなくても打点5600は超強いと思います。
10 JP005 オッドアイズ・アークペンデュラム・ドラゴン  Ex-Secret
ザアークドラゴン。
オッドアイズデッキに劇的な変化をもたらすカード。
8 JP006 ラーの翼神竜-球体形  Ultimate
ラーノスフィアモード。
相手モンスターを3体除去できると考えると強い。
ただ、3体並ばれるとこのカードで除去する前に殴り殺されるので防御札が必須になる。
10 JP007 E・HERO オネスティ・ネオス  Ultimate
ネオスのもう1つのすがた、手札誘発形。
サーチが出来るほぼオネストを手に入れたのは、ステータスが高くはないHEROにとっては非常に大きなパワーだと思います。
10 JP008 幽鬼うさぎ  Ultimate
ヴェーラーと似てるが、やっぱり違うこのカード。
使って強いというよりは、使われて強いと感じるのが手札誘発系ですかね。
10 JP009 灰流うらら 準制限 Ultimate
環境で生き残るために必要なカード。
ただあまりにも環境に刺さり過ぎているとは思います。

どう見ても荒らしの方々は管理者さんが対処してくれるでしょう。
10 JP010 強欲で貪欲な壺  Ultimate
たった1枚ドローできるだけで戦況が変わることがあるのに、
2枚ドローすることがどれだけ強いか。
デメリットは確かにきついですが、まだ2枚ドローに比べたらぬるいですね。
9 JP011 沈黙の魔術師-サイレント・マジシャン  Ultra
サイレントマジシャンの強化カード。
魔法使いモンスターがいれば手札から特殊召喚でき、ターン1制限での魔法無効効果を持つ。
除去されればサイマジレベル8のリクルートも出来るので強い。
10 JP012 E・HERO ブレイズマン  Normal
融合軸のHEROには、召喚特殊召喚時に融合サーチという強化。
HEROデッキ全般に置いては、自由にE・HEROを墓地に落として属性もコピーするという超強化。
これ1枚で小回りが利く、ワールドプレミア枠特有のそんなカード。
10 JP013 深夜急行騎士ナイト・エクスプレス・ナイト  Normal
まず妥協召喚できるレベル10として価値がある。
列車でもスキドレ型でも優秀、ランク10に為るための申し子。
10 JP014 無頼特急バトレイン  Normal
後半のサーチがメイン効果だと思います。
列車だけではなく、マシンナーズデッキ等の底上げになりました。
10 JP015 調弦の魔術師 制限 Normal
魔術師デッキの核。
潤滑油どころじゃなく滑って回るカード。
10 JP016 妖精伝姫-シラユキ 制限 Ultra
召喚特殊召喚時に月の書内蔵。
メイン効果は墓地からの自己蘇生効果によるフリチェでの月の書。
このカードの自己蘇生には、除外コストが必要だがそれに見合うコストというかお釣りがくるということはライロシラユキや芝刈りシラユキが証明した形となった。
10 JP017 ジェネクス・ウンディーネ  Normal
本当に水属性版終末の騎士ですね。
召喚権を使っての水属性モンスターを墓地送り、ジェネコンをサーチするカード。
以前と違うのは、リンク召喚により召喚後の処理がしやすくなったことが大きいと思います。
10 JP018 ユニゾンビ  Normal
アンデ専用の愚かな埋葬内蔵のチューナー。
実質レベル4として扱えるため、レベル8シンクロに繋げやすい。
10 JP019 堕天使イシュタム  Normal
堕天使におけるドローエンジン兼モンスター。
上級手札自己を回避し、墓地に天使を落とすためにも役立つ。
9 JP020 海亀壊獣ガメシエル  Normal
出張しやすい、出稼ぎの怪獣。
トレインを使う場合は共存もできる。
10 JP021 浮幽さくら  Ultra
エクストラ潰しの1枚。
刺さらないデッキには効かないが、刺さると抉るほどに致命傷になるカード。
9 JP022 旧神ヌトス  Normal
シンクロとエクシーズモンスターから生まれる融合モンスター。
現行ルールでは、リンクモンスターがほぼ必須のため、エクストラ枠に余裕があるテーマでの採用で効果2を使うことがメインかと思います。
8 JP023 アルティマヤ・ツィオルキン  Ultra
新マスタールール移行におけるルール変更の被害者の1人。
ルール変更後も、様々なルートでの開発が続く人気っぷり。
10 JP024 クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン  Ultra
このカード自身の強さも相当ですが、アイスベル1枚から効果破壊耐性を得て特殊召喚できるその特殊召喚ルートも含めてやばいんです。
10 JP025 PSYフレームロード・Ω 制限 Normal
汎用レベル8シンクロではトップクラスですね。
コナミはハンデスには厳しいから、制限解除はないでしょう。

このカードのミスは、
素材指定をしなかったこと、
同名効果ターン1がなかったこと。
10 JP026 瑚之龍  Normal
水属性レベル6シンクロでブリュをなんとなく似てるカード。
素材指定無しで手札コストでの1枚破壊効果を持ち、その高い汎用性からどのデッキにも出張できるポテンシャル能力と高レベルシンクロへの中継点としても優秀。
9 JP027 TG ワンダー・マジシャン  Normal
ハリファイバー登場前後で評価が変わったカードの1枚。
シンクロチューナーでS召喚時にサイクロン内蔵と受け身の1枚ドローでアドを稼ぐ。
8 JP028 たつのこ  Normal
シンクロチューナー。
中継モンスターとして、新ルールで被害を受けた1枚。
ポテンシャルはあると思います。
9 JP029 No.99 希望皇龍ホープドラグーン  Normal
素材縛りの無い汎用エクシーズモンスター。
リンク召喚前はトークンを生み出すだけであったが新ルール移行とリンクモンスターの増加により爆発力を持つようになった。
10 JP030 No.42 スターシップ・ギャラクシー・トマホーク  Normal
ランク4汎用エクシーズモンスター。
ミニ貪欲を内蔵していて、この1枚ドローで盤面が変わるのが環境。
1枚ドローの強さを再確認できるモンスター。
10 JP031 ダイガスタ・エメラル  Normal
魔境のランク4エクシーズの中でも、上位のやばいカード。
10 JP032 フレシアの蟲惑魔  Ultra
汎用ランク3エクシーズモンスター。
スクドラ効果内蔵で除去と幻影騎士団を2体蘇生しランク4エクシーズモンスターを出せるエコっぷりが魅力。
10 JP033 幻影騎士団ブレイクソード  Normal
汎用ランク1エクシーズモンスター。
ジーニアスくんとタッグを組んで環境に遊びに来てたカード。
8 JP034 ゴーストリック・デュラハン  Normal
ブラマジ軸融合デッキの救世主的な1枚。
パラディンだったり、竜だったり、竜騎士だったりに変身できるよ!
10 JP035 ティマイオスの眼  Ultra
このカードを採用するデッキは、このカードのデメリットを気にしないでいいデッキ。
命を削られているのは相手。
9 JP036 命削りの宝札  Normal
左腕の代償だけあって得られるメリットは大きい。
同時にデメリットも大きくハイリスクハイリターンでバランスは取れていると思う。
10 JP037 左腕の代償  Ultra
ネオスとネオスペーシアンだからこそ許された感がある好待遇、高条件。
このカードがないと、トリプルコンタクト融合は難しい。
GXが10周年で、ネオスペーシアン辺りがリメイクされると化けそうです。
9 JP038 ミラクル・コンタクト  Normal
すごい原作再現のカードで、製作者の愛が感じられるカード。
モンスターのインフレでアークナイトさえエクストラにいないのが、このカードの悲しいところ。
10 JP039 RUM-七皇の剣  Normal
登場時に比べると評価が偉い変わったカードの1枚。
10 JP040 おろかな埋葬 制限 Normal
強力な墓地肥やしのメリットと安定性を失うデメリットを抱えるバランスの取れたカードだと思います。
そしてトレードイン、ゴードンなどデッキ圧縮をされる度に落ちるカードは増えていく環境を意識したカードでもあります。

個人的に、ゴーズ(フィールドが空なら攻撃力が低い順番に攻撃する)やダムド(相手の墓地の闇属性モンスターを数える)、オネスト(攻撃対象が光属性の場合、相手の手札の枚数見ちゃう)と同じカード1枚の登場で遊戯王の戦略が拡がった革新的なカードで好きです。
10 JP041 隣の芝刈り  Normal
超パワーカードの1枚。
個人的に制限復帰は考えられなかった。
ただ恐ろしいのは現環境ではこのカードが無くても、結果を残すデッキがあり最近は入っていないことの方が多い。
昔みたいに必ず1枚投入されるってことは無くなりました。
10 JP042 ハーピィの羽根帚 制限 Ultra
ライフポイント1000回復の代償に、デッキに安定性をもたらしてくれるカードだと思います。
相手のライフポイントなんて関係ない特殊勝利デッキではデメリットにすらならないし、実質37枚のデッキにする為のカードです。
10 JP043 成金ゴブリン  Normal
サイクロン2枚分のカード。
自分のターンに直ぐに使える、手札コストが墓地でメリット効果に変わるカードの増加から速効性が高い。
10 JP044 ツインツイスター  Normal
ライフコストリスクがある分、
サイクロンより除去能力はやっぱり上です。
ただサイクロンのように手軽に使えないのが面白い。
現環境の真竜カードなど魔法罠の墓地発動を遮断する意味でも、
強さを実感するカードだと思います。

ただこのカードがメインに複数枚入る環境だと、
バーンカードの存在は驚異になるでしょう。

7 JP045 コズミック・サイクロン  Normal
メタビートと組み合わせが面白いカード。
デュエル中に1度しか使えない為、どうしてもこのカード軸のデッキ構成にはならないと思う。
9 JP046 オレイカルコスの結界  Normal
汎用ドローソースのフィールド魔法。
フィールド魔法を複数枚搭載したデッキであれば自分だけでチキンレースできちゃうカード。
10 JP047 チキンレース  Normal
メタカードの代表格で、このカードを軸にデッキが作成できる強さを持つ。
10 JP048 スキルドレイン  Normal
多くのデッキを機能不全にさせるメタカードの代表格。
次元の裂け目との違いは永続罠故にすぐに発動出来ないことだったが魔法罠の墓地発動が増えて魔法罠の再利用を防止するこのカードの評価は逆に高まったと思います。
10 JP049 マクロコスモス  Normal
汎用性が高く、モンスターに依存するデッキがほとんどのため腐ることはまずないカード。
コストに対して出きることが大きすぎる。
JP050 神の通告 準制限 Ultra




※「*」付きのカードは「評価投稿済み」を表します。