HOME > コンプリートレビュー一覧 > GOLD SERIES2012 コンプリートレビュー(アルバさん)

GOLD SERIES2012 コンプリートレビュー

アルバ 」さんのコンプリートレビュー


スポンサーリンク
評価 番号 カード名 レアリティ
7 JP001 カオスポッド  Gold
場のモンスターが激しく入れ替わるため名の通りカオスな事が起こる。
ただ光闇とは一切関係は無い。
エクストラゲーが始まったあたりからリバース自体が決まりにくくなったものの、エクストラに戻ったモンスターは数に数えない為単純な除去性能は上がっている。
性質上ループによるデッキ破壊も可能。
7 JP002 昇霊術師 ジョウゲン  Gold
征竜全盛期にあの凶悪な竜の集団に立ち向かった坊主の1人。
ラストバトルやペンデュラムでも使われていたためこいつが目立つ環境はロクな環境じゃない気がする。
かなり低ステータスなパキケでこちらはランダムの手札コストが必要とはいえ起動効果で特殊召喚されたモンスターを掃う事ができる。
10 JP003 溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム  Gold
問答無用で相手のモンスターを勝手に2体リリースして出てくる除去モンスターの開祖。
壊獣やサタンクロースと比べると召喚権を封じられてしまうがお互いの消費の上では等価交換は成立しているし1枚で2枚倒せるのは魅力。
相手のスタンバイフェイズに1000ダメージ与える効果もあり除去付きバーンと考えればその手のデッキでも高性能。
以前はレベル8ということもあり素材にも使い難く処理に困っているうちにどんどんバーンされていく光景もあったが現在はリンク素材で軽く処理されてしまう。
それでも1000ダメージは取ってくれるので十分だが。
10 JP004 カオス・ソルジャー -開闢の使者-  Gold
N-Rare
出しやすい条件に加え3000打点で二回攻撃持ちかつ攻撃放棄で表示形式問わず除外もできる殴れて器用なイケメンさん。
オネストとの相性は抜群。
単純に強いが昔ほど無理して入れるカードでもなくなった。
7 JP005 雷帝ザボルグ  Gold
モンスター破壊は単純に強力だけど言うまでもなく最大の障害はガイウスの存在。
帝唯一のレベル5なのでそこをうまく活かしたいところ。
今ならプレアデスにもなれるし。
10 JP006 D.D.クロウ  Gold
サイドカードの代名詞的存在。
モンスターだろうが魔法だろうが何でも1枚除外出来、手札からの発動なので奇襲性抜群で相手の目論見を崩せる。
裂け目やマクロと違って自分の足を引っ張る要素は無い為かなり使いやすい。
墓地へ行った後も闇、☆1という事を活かせば素材やコストで活用可能。
10 JP007 終末の騎士 制限 Gold
最初に出たため仕方ない面もあるが一番緩くちゃまずい属性が非常に緩く他属性が異様に厳しかったり使いものにならなかったりするのは酷い調整だと思う。
相互互換で良かったんじゃ…
通常召喚どころか特殊召喚にも対応しており墓地へ送る先の候補は困らない。
レベル4、戦士族という事もあり効果使用後も素材としても活用できる。
マスマが出た後のタイミングでコンマイのシャドール規制の言い訳のために制限送りにされた感がある。
こいつもこいつで大概悪いカードだし終末1マスマ3なら違和感があるが両方1なら正直なところそれほど違和感がないというか妥当な気はする。
10 JP008 ローンファイア・ブロッサム 制限 Gold
これが出た当時の植物はこんな同名も出せてレベル制限もつけない危なっかしいカードが許されるほどソスだった。
5Dsから植物族がテコ入れされ植物族のカードプールやパワーが増し制限まで上り詰めるが無制限まで緩和され現在では植物のほぼ必須カード。
8 JP009 スターダスト・ドラゴン  Gold
最初期のシンクロモンスター。
破壊から自分のカードを守ることが出来る上に復活する効果は優秀だが主人公ステータスなので8シンクロとしては打点不足が気になる。
相手が自分のカードを破壊しようとしても反応できるのがミソでセルフ破壊する動きに対するメタカードにもなる。
場から消えて復活する性質上新マスタールールと噛み合っているが相手がこのカードに向かって無駄になるとわかって破壊効果を使うのは場から一時的に退かしてライフを削りきりに来るか、墓地に行ったこいつを除去する手段を持っているときぐらいなので、あまり活かせる機会はなさそう。
8 JP010 発条機雷ゼンマイン  Gold
ランク3初期組の1つでGSで一足早く来日し虫の強化に貢献した。
2100の守備力で1ターンに3回破壊しないと反撃にこちらのカードを破壊されてしまうのは中々に厄介でいざとなれば自爆特攻して効果を使おうとして来る。
今では破壊以外の除去も充実してきたので処理手段は多くなり昔ほどの脅威はないか
7 JP011 魂の解放  Gold
墓地メタの一種で他の墓地メタと比べると通常魔法なのでア相手のアクションに合わせて妨害が出来ないのは大きなマイナス。
しかし種類問わず5枚除外できるので墓地リソースを大きく持っていける。
自分の墓地も除外できるので柔軟性もそこそこある。
単純な効果ではあるが墓地メタカードとしてみると少し癖がある。
7 JP012 強制転移  Gold
対象を取らないコントロール奪取という性質が強力。
モンスターを送り付ける必要があるが殴り倒す前提やすぐ自壊してしまうようなもの送り付ければいいためその辺は困らない。
相手がモンスターを2体以上構えていると狙ったモンスターを奪えるかがかなり怪しくなる不確定性が問題で、場を上手くコントロールできないと強く使えない。
守備0さえ送り付ければその後はどうでもいいという意味では魔神儀カオスMAXは非常に噛み合ってると言えるかもしれない。
10 JP013 王家の眠る谷-ネクロバレー  Gold
地味に強化されて自己再生すら阻止できるようになった為、穴がかなり少なくなった。
墓地に触るカードのメタとしては最高峰で除外すら阻止するため直撃するデッキは本当に何もできなくなる。
サーチも非常に簡単で墓守デッキで運用する場合は攻守500パンプという大きめのステータス補正もついてくる。
9 JP014 エネミーコントローラー  Gold
MADで有名なカードだが使いこなすには一筋縄でいかない知名度とは逆にテクニカルなカード。
効果の汎用性そのものは高いが形式変更のみで使うと月の書で足りることが多いのでリリースからのコントロール奪取も上手く使いたい。
特に速攻魔法のコントロール奪取は珍しい要素。
どちらの効果もアド損なので上手く使うには他のカードでの工夫が必要になる。
9 JP015 強欲で謙虚な壺  Gold
N-Rare
特殊召喚にそこまで依存しないならとりあえず入れておいて損は無いカード。
依存するデッキでもコンボパーツ集めるのに苦労するなら採用する価値はある。
とにかく汎用性の高いドローソース。
相手にデッキ情報を開示してしまう点には注意が必要。
4 JP016 グラヴィティ・バインド-超重力の網-  Gold
昔はB地区と双璧を成すロックカードだった。
しかし時代の流れというのは残酷でレベル以外の概念がなかったシンクロ全盛期ですら場に残るロックカードのため突破されやすく信頼しにくく、エクシーズの登場でシステム単位で簡単に抜けられるようになってしまった。
更にトドメのリンクが登場。
場に残るロックカード自体が時代遅れ感はあるので自分の行動を阻害せずランクだろうがリンクだろうが攻撃ロックできる護封剣やスクリーンオブレッドを使った方が良いだろう。
そんなに長いターン残るとも思えないのでコストいらずだったり自壊しないのはそこまで利点とは思えない。
まあそれでも範囲は広いと言えば広いので刺さる状況は刺さるかもしれないが。
4 JP017 ウィジャ盤  Gold
かつて特殊勝利系最弱の名をほしいままにしていたカードだが何故かGSに再録されたカード。
なんだかんだ原作のカードなのでサポートが充実したり、これよりも厳しい特殊勝利条件のカードも出たので現在ではまあまあ決めやすくはなった。
多分レオとかよりは簡単だと思う。
9 JP018 ゴッドバードアタック  Gold
BF全盛期に猛威を奮った恐怖のフリーチェーン破壊カード。
2枚破壊できると言っても2:2交換だったり、こっちもフリーチェーンのカードを踏むと意味がないのである程度プレイは絡む。
無効化を踏むとアド損度合いがとんでもない事になるので、それだけは避けたい所。
これの全盛期はこれに対抗するためのスタロがディスク付属として出ていたためかなり露骨だった。
7 JP019 次元幽閉  Gold
ゲーム付属な上に汎用性の高さから難民を生み出したカード。
昔は使い勝手が非常に良かったが攻撃反応で1:1交換と現在では厳しい要素が多い。
しかし汎用性の高い除外のみを行う罠除去というのが意外と少なく、フリチェだが因果切断は手札コストが必要。
エアフォは手札やエクストラに戻られると意味がないというパターンが少ないとは言えないし、ウェーブは自分のモンスターを守れないので性質が大きく異なる。
今はやや力不足感はある1枚だが完全な代用となるカードがないため、未だに立ち位置自体は守っており、デッキと環境次第ではまだ出番は無くはないかもしれない。
9 JP020 スターライト・ロード  Gold
よく回されたりサイクサイク大嵐から撃ち込まれる迷言が多いカード。
大量伏せを行ったり複数体除去を苦手とするデッキが対策として積むカード。
相手のカードを破壊した上で2500打点持ちで相手の破壊カードをもう一回無効にできるスタダを特殊召喚できるので発動できると大きくアドバンテージ差がつく。
おまけがつく分大革命返しより強く見えるがこちらはカウンター罠ではないので意外と返す手段がある、おまけの存在により特殊召喚無効カードにひっかかる、相手は数えず自分のカードが2枚以上破壊される場合にしか対応していない、ダメステ非対応、使うにはエクストラ1枚を空ける必要がある(出さないこともできるがそれだと大革命返しで十分)と単純な対大量破壊カードの使い勝手を求めるなら大革命返しの方が上なので相互の関係。




※「*」付きのカードは「評価投稿済み」を表します。

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク