HOME > コンプリートレビュー一覧 > 幻の召喚神-PHANTOM GOD- コンプリートレビュー(ファイア野郎さん)

幻の召喚神-PHANTOM GOD- コンプリートレビュー

ファイア野郎 」さんのコンプリートレビュー


評価 番号 カード名 レアリティ
4 01 ホーリー・エルフ  Super
遊戯デッキで壁モンスターとして利用されています。
とは言え、他にも似たような壁モンスターがいるので、
それらのカードとは属性・種族、通常モンスターである点を区別して採用したいですね。
1 02 タイホーン  Normal
山があって、やっとガジェットを殴り倒せる数値が強いとでも・・・?
2 03 ルイーズ  Normal
遊戯が使っていたカード。
草原があっても、御世辞にも守備力がかなり高いとは言えないんですけどね。
3 04 竜騎士ガイア  Parallel
Ultra
ガイアの騎士がカースオブドラゴンに乗っただけの融合モンスター。
攻撃力が暗黒騎士ガイアの攻撃力を300上げただけのモンスターでは、辛いところ。
専用サポートカードでドロー+墓地肥やしが出来ますが、使い勝手がいい効果とは言えないのが難点。
5 05 カース・オブ・ドラゴン  Super
遊戯が利用していて、そこそこ活躍していたモンスター。

上級モンスターとしてステータスが力不足で、融合で呼べる竜騎士ガイアも力不足と言わざるを得ないです。しかし、聖刻ではランク5エクシーズモンスターを呼ぶためのレベル5モンスターとして採用されることも。
4 06 カルボナーラ戦士  Normal
「カップラーメンだと思って作ったつもりが、カルボナーラが出来ました!」
というネタを、簡易融合と併用するとできます(笑)

唯一のレベル4戦士族融合モンスターなので、
H-C エクスカリバーを始め、戦士族という素材縛りのある、
ランク4のエクシーズモンスターの素材として、美味しくいただけます。
6 07 岩石の巨兵  Normal
初期モンスターで唯一破格の性能を持っていた、下級モンスターカード。
現在は優秀なモンスターが続々登場しましたが、このカードも扱いやすい方です。
下級岩石族の通常モンスターとしても、優秀です。
2 08 ワイルド・ラプター  Normal
走ることが得意なようですが、俊足ではないようで。
ダイナソー竜崎のファンデッキにどうぞ。
7 09 真紅眼の黒竜  Parallel
Ultra
城之内のエースモンスター。元々の持ち主がダイナソー竜崎である点はスルーの方向で。

最上級モンスターでこの攻撃力は低めですが、専用サポートカードをはじめ、種族・属性の関係から、多くのサポートカードに対応しており、このカードを利用した融合体が強力な点は、闇属性・ドラゴン族の通常モンスターでも、このカードにしかない魅力と言えます。

このカードの派生カードも存在し、それらを利用したレッドアイズデッキもありますが、
使いこなすのがかなり難しいデッキです。

使いづらい点が目立つものの、有名なカードであることには変わりはないでしょう。
1 10 カードを狩る死神  Super
遊戯曰く、「魔法・罠カードを入れる上で最も警戒しなければいけないカード」らしいです。
魔法カードは破壊できない上に、サイクロンや大嵐などもっと警戒すべきカードはいくらでもあると思うんですが。

同じ効果のカードでも、赤い忍者の方がまだ扱いやすいです。
わざわざ、罠カードを破壊するためだけに、上級モンスターのこのカードをセットするのはちょっと・・・。
2 11 魔人デスサタン  Normal
※当然ながら、魔人のサポートには対応してません。
1 12 ラーバス  Normal
鳥の化け物という設定がいまいち活かされていないですね。
1 13 ハードアーマー  Normal
ソルジャータックルの威力がワイト程度とは悲しすぎます。
1 14 マンイーター  Normal
実は、これと全く同じステータスの通常モンスターが他に3体もいます。
人を食べる花ですが、一般人である団結するレジスタンスは食べられないようで。
1 15 マグネッツ1号  Normal
相手を逃さないからと言って、仕留められるわけではないので・・・
2 16 マグネッツ2号  Normal
クリッター程度の攻撃力を防げる程度では、御世辞にも頑丈とは言えないですね。
5 17 ハープの精  Normal
初期のころは、このカードにお世話になりました。
光属性・天使族の通常モンスターと言う点で優れており、神光の宣告者とは、高等儀式術やモンスター効果の発動コストになることができます。
その際に、アタッカーのデュナミスヴァルキリアと採用枠を競うことになりそうですね。
1 18 アーメイル  Normal
※3回攻撃が出来る訳ではありません。
2 19 魔人 テラ  Normal
見た目ほど強くない。その通りです。
魔人と言う名前がありますが、当然ながらサポートには対応していません。
2 20 キラーパンダ  Normal
パンダの中では最も高い攻撃力を持つモンスター。
さすがに改造されたパンダには負けてますが。
2 21 蜘蛛男  Normal
英語名がクモ男とそのままなカード。
一応、リクルーター程度の攻撃なら防げる守備力がありますが・・・。
2 22 D・ナポレオン  Normal
※最初のDはディフォーマーでもデステニーでもなく、ダークのDです。
登場から時を経て、まさか闇霊使いダルクの使い魔として登場するとは・・・。
2 23 恍惚の人魚  Normal
シーラカンスから呼べる魚族なので、アイドルカードとしての投入は面白そうですね。
投入したところで後悔はしないように。
2 24 炎の魔神  Normal
・・・呼びましたか?(笑)
英語名がファイア野郎。つまり、このカードの英語名が私の名前の由来です。

魔神なのか魔人なのか、はっきりさせていただきたいです。
3 25 魔装騎士ドラゴネス  Normal
簡易融合で呼び出せるレベル3の戦士族と言うのはいいんですが・・・、
もっと楽に特殊召喚できるものが多いのが現状です。

簡易融合で呼び出して、簡易融合を除外してマジックストライカーを特殊召喚。一応、これでエクシーズ召喚につなぐことは出来ます。
1 26 一眼の盾竜  Normal
一応、ドラゴネスの融合素材です。
それだけです・・・。
2 27 闇・エネルギー  Rare
このカードは闇属性ではなく、悪魔族のサポートカードです。
原作だとステータス3倍という破格の効果だったのですが・・・。
1 28 レーザー砲機甲鎧  Rare
他にも汎用性の高いカードはいくらでもあります。
昆虫族専用装備カードである点も、火器付機甲鎧というカードがあるのでなおさら・・・。
1 29 魔菌  Rare
菌から力を得るより、魔導師から力を得た方がいいでしょう。
1 30 銀の弓矢  Rare
これが出たころの天使族って、強力なカードありましたっけ?
2 31 ドラゴンの秘宝  Rare
かつては最強モンスターだった、青眼の白龍を凶悪にするために使われていたカード。
1 32 電撃鞭  Rare
残念ながら、原作のようにハーピィには装備できません。
出来てたら、ネタには使えていたカードだったんですが・・・。
1 33 魔性の月  Rare
※攻撃対象にはできません。
原作のようにシルバーフォングにサーチできないのが、残念です。
よくよく考えたら、月を装備という表現もおかしい気が・・・。
2 34 『守備』封じ  Rare
原作では割と使われていたような気がします。
現在はエネミーコントローラーや太陽の書で十分です。
1 35 機械改造工場  Rare
工場ならば、フィールド魔法の方がよろしいのでは・・・?
1 36 体温の上昇  Rare
※イラストのモンスターが、どう見ても恐竜でない点はスルーの方向で。
1 37 フォロー・ウィンド  Normal
たった攻撃力300上昇程度では、あまりフォローにはならないです。
1 38 ゴブリンの秘薬  Normal
この秘薬を2つを飲むと、ご隠居の猛毒薬を1つ飲んだ効果と同じになります。
つまり素直に猛毒薬を使いましょう、ってことです。
2 39 火あぶりの刑  Normal
素直に昼夜の大火事を使いましょう。

・・・と言いたいところですが、タッグフォースでのDP稼ぎの際に
LPジャストボーナスの調整に貢献してくれたバーンカードなので、1点追加で。
9 40 光の護封剣  Ultra
元祖・防御魔法。
3ターンあれば、十分に時間稼ぎや逆転の鍵を掴むことができますが、
最近では自身の効果で破壊される前に、他のカードによって破壊されやすくなったため、
弱体化していますが、バウンスカードと共に使って、
再利用という方法も出来るようになりました。
1 41 メタル・ドラゴン  Normal
実は、属性の色の部分が闇属性になっていたエラーカードがあります。
闇属性ならば、オーバーロードフュージョンに対応していただけに、残念です。

・・・と言いたかったのですが、融合素材の片方がドラゴン族だったとは・・・。
やはり闇属性だったとしても、併用は厳しいです。
3 42 スパイクシードラ  Normal
カオスエンドマスターで呼べる最大攻撃力を持つモンスター。
こちらは伝説の都アトランティスでレベルを下げることで、グングニールが呼べる点が魅力です。同じ条件のモンスターは他にもあるんですけどね・・・。
1 43 地雷獣  Normal
地雷とありますが、テキストがそれと全く無関係です。
おそらく、地属性・雷族だからという理由で、こういう名前になったんでしょうね・・・
ってそのままじゃないですか。
2 44 スカイ・ハンター  Normal
攻撃力が50高いせいでリクルーターに対応していないモンスター。
隠し持っているナイフを手放せば、少なくともその50は削れると思いますが・・・。
3 45 青い忍者  Normal
英語名:武装した忍者。
青い要素はどこへ・・・?

忍者のサポートに対応していますが、ステータスの低さと魔法カード限定の破壊がネック。
渋い忍者を使う時ならば、採用が考えられますが・・・。
4 46 フラワー・ウルフ  Normal
簡易融合で呼び出せる獣族モンスター。
シンクロ・エクシーズ召喚での利用はもちろんのこと、変わったところでは自壊を逆手にとり、グリーンバブーンを特殊召喚するために使われることも。
後者はライフの消費が激しいコンボなので、オススメはしませんが。
4 47 人喰い虫  Super
かつてはハネハネと同様、貴重な除去モンスターとして活躍していたカード。
このカードより早く除去できるカードやハンターライコウのような上位互換のカードが増えてきたものの、甲虫装機以外の昆虫族デッキでは貴重な除去モンスターとなるため、まだまだ活躍の場は残されています。
また、ユベルの進化に使える点も同系統のカードにない魅力と言ってもいいでしょう。

ちなみに、一部このカードの種族が戦士族になっているものがありますが、それはエラーカードなので間違えないように。
2 48 サンド・ストーン  Normal
これよりステータスの高い岩石の巨兵が同じパックにいるんですが。
一応、カオスエンドマスターでリクルートできる岩石族モンスターなんですが、これが優先されることは無さそうです。
4 49 ハネハネ  Super
登場当時はお世話になりました。
現在はバウンス出来る枚数の多いペンギンソルジャーがいますが、バウンスによるダメージの大きいカードも多く存在するため、初期のカードながらまだまだ侮れない1枚。
ビッグハムスターを使うなら、併用したいですね。
2 50 ナイル  Normal
英語名:ミザイルザメ
こっちの方がしっくりくる名前だと思うんですが・・・。
当然ながら、ナイルの恵みとの関連性はありません。
1 51 鋼鉄の巨神像  Normal
英語名は鉄腕ゴーレム1号。
リクルーターやカオスエンドマスターに対応しているレベル5モンスターなんですが、同じ条件でこれよりも扱いやすいカードは、いくらでもあるので・・・。
3 52 レッサー・ドラゴン  Normal
弱いのは事実ですが、ここまで弱さが強調されていると、可哀想な気持ちになります。
1 53 魔界のイバラ  Normal
フラワーウルフの融合素材。
ただ、そのモンスターは簡易融合で出すのが主な利用法であって・・・。
1 54 生き血をすするもの  Normal
人型、つまり手足が生えているとなると、とてもヘビとは言い難いです。
2 55 アーマード・スターフィッシュ  Normal
収録当時としては守備力が比較的高い方でした。
が、今となっては、もはや過去の話です。
1 56 サキュバス・ナイト  Normal
カオスエンドマスターにギリギリのところで対応していないのが、残念です。
1 57 魔法除去  Rare
サイクロンをはじめ上位互換が多す過ぎるため、このカードが採用されることはないかと。
10 58 死者蘇生 制限 Ultra
遊戯王の象徴とも言える、最強の蘇生カード。
コストや発動条件、デメリットなし、表示形式の指定なし、相手のモンスターも蘇生できると、
他の蘇生カードとは比べ物にならない程、凶悪な強さを持っています。
基本的にはどのデッキにも入りそうなカードです。
10 59 強欲な壺 禁止 N-Rare
これが入ってないデッキはデッキでない!と言われたほどの凶悪なドローカード。
無条件でカード1枚が2枚に変わるので、普通じゃあり得ないような性能を持っています。

下位の闇の誘惑が制限カードになっていることから、
いかにドローソースが強いか、伺えます。
2 60 墓掘りグール  Normal
初めて除外という概念を生み出したカード。
これより多く除外できて、除外するカードの種類も問わない魂の解放という上位互換のカードがありますので・・・。
5 61 封印されし者の右足 制限 Secret
エクゾディアパーツの一枚。
パーツが全て収録されるまでは、ハズレレアカードとして扱われていたことも。

「一度墓地に落ちたら回収は出来ない」と原作ではありましたが、
そんなことはございませんのでご安心を。
5 62 封印されし者の左足 制限 Secret
エクゾディアパーツの一枚。
一番初めに登場したエクゾディアパーツであるため、パーツが全て収録されるまでは、
ハズレレアカードとして扱われていたことも。

魔法使い族専用サーチカードがないのは、これをはじめとするエクゾディアパーツが原因。
5 63 封印されし者の右腕 制限 Secret
エクゾディアパーツの一枚。
制限カードながらも、通常モンスターサポートを駆使してパーツを集めたいところ。

エクゾディアパーツを複数積みしていたレアハンターの
このカードが連鎖破壊されていたシーンが一番印象的です。
5 64 封印されし者の左腕 制限 Secret
エクゾディアパーツの一枚。
パーツが全て収録されるまでは、ハズレレアカードとして扱われていたことも。

ちなみに制限カードに指定されている通常モンスターは
エクゾディアパーツのみです。
8 65 封印されしエクゾディア 制限 Secret
元祖・特殊勝利効果を持つカード。
今でもこのカードによる特殊勝利を実現するために、様々な方法を施した
専用デッキが構築されているほど。

なお、魔法使い族専用のサーチカードがないのは、このカードが原因です。




※「*」付きのカードは「評価投稿済み」を表します。

更新情報 - NEW -