HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター) > Episode92:紅の決意

遊☆戯☆王V☆S(ファイブスター)/Episode92:紅の決意 作:カズ

~現在の状況~
KUREHA→LP:7050 手札:2 デッキ:25 Mゾーン:2 M&Tゾーン:2 Fゾーン:0 Pゾーン:2


V S


AOI→LP:4700 手札:1 デッキ:30 Mゾーン:2 M&Tゾーン:0 Fゾーン:0 Pゾーン:0



 4ターン目。『RUM-七皇の剣』をドローした葵は『CNo.102 光堕天使ノーブル・デーモン』をエクシーズ召喚したが、紅葉が『悪魔龍デモンズ・グシオン』でその効果を完封し、打つ手なしと思われたところで葵が新たに『星輝士 デルタテロス』をエクシーズ召喚したところだ。


「デルタテロス…!?ちょっと待って、それ天使族じゃないでしょ!?」
「思いのほか相性が良かったのよ。それとも、私が天使族以外のカードを使うのがそんなに変かしら?」
「変っていうか……正直意外でした」


 デルタテロスのエクシーズ召喚は紅葉も意表を突かれたようで、少し冷や汗をかいた。【テラナイト】は展開力を売りとした戦士族テーマであり、同じくエクシーズ召喚に長けた光属性のテーマ【光天使】との相性もよい。それを考慮しデッキを組み上げたのだが、「テラナイト」の顔を見せるのは葵にとっても奥の手だった。


「デルタテロスの効果発動!オーバーレイ・ユニットを1つ使い、フィールドのカード1枚を破壊する!デモンズ・グシオンの効果は1ターンに1度だけ。この効果は防げないわ」
「くっ…!でもサキュバスが破壊されたことで、墓地のサキュバスをエクストラデッキに戻し、墓地のリリスを手札に戻す。そして罠カード『デモンズ・コンパニオン・プラン』を発動!デルタテロスを破壊し、その攻撃力分のダメージを与えるわ!」
「チィッ!だけどデルタテロスも破壊されたことで、デッキから『テラナイト』1体を特殊召喚するわ。舞い降りよ、『星因子 デネブ』!このカードが特殊召喚に成功したことで、デッキから『星因子 シャム』を手札に加える。そしてシャムを通常召喚し、その効果で1000ポイントのダメージを与えるわ!」
「今度はバーンダメージまでッ…!」
「レベル4のテラナイト2体でオーバーレイ・ネットワークを構築!エクシーズ召喚!!ランク4『煉獄の騎士(テラナイト) ヴァイトラムス』!!」


○星因子 デネブ(Lv4 光)
戦士族/効果
攻1500/守1000
「星因士 デネブ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「星因士 デネブ」以外の「テラナイト」モンスター1体を手札に加える。


○星因子 シャム(Lv4 光)
戦士族/効果
攻1400/守1800
「星因士シャム」の効果は1ターンに1度しか使用できない。①:このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。相手に1000ダメージを与える。


○煉獄の騎士 ヴァイトラムス(ランク4 闇)
戦士族/エクシーズ/効果
攻2600/守500
レベル4「テラナイト」モンスター×2
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの全ての表側表示モンスターは闇属性になる。②:このカードのX素材を1つ取り除き、手札を1枚捨てて発動できる。光属性の「テラナイト」Xモンスター1体を、自分フィールドのこのカードの上に重ねてX召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターをX召喚できない。自分の墓地に「テラナイト」モンスターが7種類以上存在する場合、この効果は相手ターンでも発動できる。




「墓地の『グローリアス・ナンバーズ』の効果発動!このカードを除外し、手札1枚をグローリアス・ヘイローのオーバーレイ・ユニットとして吸収する。そしてグローリアス・ヘイローの効果!オーバーレイ・ユニットを1つ使い、デモンズ・グシオンの効果を無効にして攻撃力を半分にするわ。さあバトルよ!まずはヴァイトラムスでデモンズ・グシオンを攻撃!」
「くっ…!」
「この攻撃、立っていられるかしら?グローリアス・ヘイローでダイレクトアタック!闇と共に貫け、ダークネス・クラスター!!」
「うあぁぁーっ!!!」
KUREHA→LP:2400



 前ターンの攻撃で受けたダメージが少なかった分、紅葉はこの直接攻撃で襲い掛かる痛みをより強く感じていた。どうにか気合で持ち直したが、もしターンを渡してしまえば敗北は避けられないだろう。


「はぁっ…!はぁっ…!」
「苦しそうね?でもこれで終わらないわよ。私はランク4のヴァイトラムス1体でオーバーレイ・ネットワークを再構築!エクシーズ・チェンジ!!降臨せよランク5!『星輝士(ステラナイト) セイクリッド・ダイヤ』!!」


○星輝士 セイクリッド・ダイヤ(ランク5 光)
幻竜族/エクシーズ/効果
攻2700/守2000
光属性レベル5モンスター×3体以上
このカードは自分メインフェイズ2に、「星輝士 セイクリッド・ダイヤ」以外の自分フィールドの「テラナイト」Xモンスターの上にこのカードを重ねてX召喚する事もできる。①:X素材を持ったこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにデッキからカードを墓地へ送る事はできず、墓地から手札に戻るカードは手札に戻らず除外される。②:相手の闇属性モンスターの効果が発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にし破壊する。



 セイクリッド・ダイヤはメインフェイズ2にしかエクシーズ召喚を行えないが、紅葉にとっては天敵だといえる。何しろそのモンスターは闇属性モンスターの効果の発動を無効にするのだ。
 デモンズ・サキュバスが破壊された時、紅葉はそのモンスターを再びエクストラデッキに戻すことでもう一度エクシーズ召喚することを狙っていた。しかし攻撃力を倍増する効果を使おうものなら即座に無効化されてしまうばかりか、墓地から手札に加えるはずのカードも除外されてしまうためリカバリーも見込めない。1ターンに1度という制約もなしに3回もモンスター効果を無効にされるという状況で、彼女はどうするのか。


「私はこれでターンエンド。次のターンで確実に息の根を止めてあげるわ!」
AOI→LP:4700 手札:0 デッキ:29 Mゾーン:2 M&Tゾーン:0 Fゾーン:0 Pゾーン:0


*TURN05
「だったらこのターンで決める!私のターン、ドロー!!」


 これ以上長引かせては戦況が変わってしまう恐れがあると判断した紅葉は、このターンで決めるために空いたペンデュラムゾーンにスケール3の『デモンズ・ナビゲーター』をセッティングし、再びペンデュラムスケールを整えた。『デモンズ・ソウルイーター』『デモンズ・リンクス』『デモンズ・リリス』を手札とエクストラデッキからそれぞれペンデュラム召喚し、リンクスとリリスを素材に再度『小悪魔っ娘デモンズ・サキュバス』をエクシーズ召喚した。
 しかし、そのまま効果を使おうものなら葵の思うツボ。当然、紅葉はこの状況を打破するための対策を墓地に眠らせていた。


「墓地の『デモンズ・ドミネイテッド・フュージョン』の効果発動!デュエル中に1度、このカードを墓地から除外することで相手のエクシーズモンスター1体を攻撃力2000アップの装備カード扱いとして『デモンズ・ソウルイーター』に装備する!」
「しまった…!そのカードさえなければッ…!」
「これでセイクリッド・ダイヤも封じたし、心置きなく闇属性モンスターの効果を使える!デモンズ・サキュバスの効果発動!オーバーレイ・ユニットを1つ使い、このカードの攻撃力を相手ターン終了時まで倍にする。そしてオーバーレイ・ユニットとして取り除いた『デモンズ・リリス』の効果で、デッキから『デモンズ・マッドサイエンティスト』を手札に加えるわ」


 『デモンズ・リリス』を素材としてエクシーズ召喚したことで、デモンズ・サキュバスが与えるダメージは倍となっている。攻撃力4000に対してグローリアス・ヘイローを攻撃すれば3000ダメージを与えることができるが、彼女の狙いは敢えてオーバーレイ・ユニットを取り除くことであるカードの「発動条件を満たす」ことだった。


「このカードで勝負を決める。『RUM-デモンズ・ラプソディ』を発動!オーバーレイ・ユニットが1つ以下のエクシーズモンスター1体を、ランクが1つ上のモンスターにランクアップさせる!」
「RUM……!」
「夢のベールを喰らい舞い上がれ、求む未来を掴むまで!ランクアップ・エクシーズ・チェンジ!!ランク5!『新星の小悪魔デモンズ・サキュバス“β”』!!」


 幼き小悪魔の娘は自ら喰らった「夢」の力を糧として、妖艶なる姿へと変えた。デモンズ・サキュバスが見出した新たな可能性は、紅い星よりもずっと激しく煌びやかだった。


「デモンズ・サキュバス“β”の効果発動!オーバーレイ・ユニットを1つ使い、このカードの攻撃力をターン終了時まで、相手フィールドのモンスター1体につき1000ポイントアップさせる!」
「攻撃力4000……。まさか、この展開を狙っていたとでもいうの!?」
「本当は攻撃力5000にしたかったんですけど、セイクリッド・ダイヤを処理しないといけなかったので」


 ソフィアとのデュエルでも『RUM-デモンズ・ラプソディ』をサーチして発動の機会を狙っていたのだが、その時は『神の通告』でサキュバスのモンスター効果の発動を止められてしまったため不発に終わった。しかし紅葉はセットカード破壊、モンスター効果の発動無効、疑似的なコントロール奪取といった手段を取ることで確実に発動するための準備を整えてきた。
 そして相手が「RUM」を使うと分かっていたからこそ、自分も「RUM」を使ってこのデュエルに勝利するという決意を、紅葉は始めから持っていたのだ。そして、それ以外にもう1つ、彼女が決めていたことがあった。


「……私、このデュエルに勝ったら遊弥を助ける手伝いをしてくれるってソフィアさんと約束したんです」
「正気?仮にも敵同士、出まかせ言ったんじゃないの?」
「本気で通じ合ったから分かるんです。あの人は、絶対に約束を破ったりなんかしない」


 覚醒竜を目覚めさせることは果たせなかったものの、紅葉の真っ直ぐな想いをぶつけたデュエルでソフィアの心を動かすことができた。しかし次にソフィアと戦う時には覚醒竜を目覚めさせなければならないため、願わくばこのデュエルで、と思い葵と戦っていたのだが、それは叶わずに終わってしまいそうだ。


「バトル!!『デモンズ・ソウルイーター』でグローリアス・ヘイローを攻撃!」
「くぅっ…!」
「これでトドメ!デモンズ・サキュバス“β”でダイレクトアタック!!ドリーミング・ウィップ!!」
「うわあぁぁぁーー-っ!!!」
AOI→LP:0



 感情が先走ることもなく、『魔神デモンズ・レイ・グレート』による力押しに頼らずにできる精一杯のデュエルは紅葉に軍配が上がったが、真逆の思想を持つ葵と心を通じ合わせることは難しかった。しかし今の葵は勝利することだけに囚われていた時とは違い、憑き物が落ちていたようだった。


「楽しかった、なんて言わないから。やっぱり負けると悔しいわ」
「葵さん……」
「けど、負けても清々するデュエルってあるのを知れてよかった。そこだけは感謝してあげる」
「最後まで上から目線なんですね」
「最後に私とも約束しなさい。この私に3回も勝ったからには、もう誰にも負けるんじゃないわよ」
「…はい!」


 紅葉の想いは葵に届いていた。素直葵は葵なりに紅葉を激励し、その身を消滅させていった。紅葉の想像していた展開とはちょっと違ったが、結果的に葵との和解も果たすことができた。そしてこれで、ソフィアとの約束を果たす条件も満たした。早速、紅葉は約束していた場所へとワープしたのだった。





~~~


「約束通り勝ちました。ソフィアさん」
「貴方なら来ると思っていたわ」


 紅葉とソフィアが約束した場所は、昏睡状態となっている遊弥の病室。点滴のおかげで辛うじて生きているとはいえ、今の彼からは生気が感じられず、最後に見た時よりも明らかに痩身になっていた。
 本当にこれが遊弥なの、と泣きそうになるのをグッと堪えてソフィアに向き直った。


「本当に、遊弥を蘇らせることができるんですよね?」
「勿論。だけどその前に、ZオーラとEオーラの事について詳しく話しておく必要があるわ」
「……?」


 ソフィアからZオーラのこと、そしてそれが3000年後の未来で呪縛竜を生み出した力の源であり遊弥が既に持っていたこと、EオーラがZオーラの対の存在であり紅葉しか持っていないものであることを伝えると、自分にそんな力があったのかと初めて自覚した紅葉は同時に疑問を覚えた。


「Zオーラが呪縛竜を生み出したんですよね?でも呪縛竜って3000年後の未来で生まれたってことは……。まさか、遊弥って未来人?」
「それは分からない。けど、彼が本当にそうだったなら、どうする?」
「…それでも、遊弥は遊弥です。私が好きになって、命を懸けて助けたいって思える人なんです」
「なら話は早いわ。それで、彼にあなたのEオーラを分け与える方法だけど───」


 ソフィアから明かされた、遊弥を蘇らせる「唯一の方法」。それを聞いた紅葉の顔は自身の名前の通り、秋の紅葉のように真っ赤に染まっていた。




~~~






 同じ頃、フランスの観光名所「エッフェル塔」下の広場では凛と翼による、最後の兄妹対決が行われようとしていたのだった。


「お兄ちゃん、いくよ」
「今更、他に語ることなどもうあるまい。来い、凛!」
「「デュエル!!」」



RIN→LP:8000 手札:5 デッキ:35 Mゾーン:0 M&Tゾーン:0 Fゾーン:0 Pゾーン:0


V S


TSUBASA→LP:8000 手札:5 デッキ:35 Mゾーン:0 M&Tゾーン:0 Fゾーン:0 Pゾーン:0



*TURN01
「先攻は私が貰う!手札から魔法カード『闇の誘惑』を発動!デッキから2枚ドローし、手札の闇属性モンスター『BF-砂塵のハルマッタン』を除外する。そして永続魔法『黒い旋風』を発動!」


 『闇の誘惑』は1ターンに複数回の発動も見込めるドローソースであり、凛のデッキを始めとする様々な闇属性デッキと相性がよい。手札の闇属性モンスターを除外することがネックだが、凛にはその欠点を補えるカードを用意していた。


「チューナーモンスター『BF-南風のアウステル』を召喚!このカードが召喚に成功した時、除外されている『BF』1体を特殊召喚できる。更に永続魔法『黒い旋風』の効果発動!私が『BF』の召喚に成功したことで、召喚したモンスターより攻撃力が低い『BF』1体をデッキから手札に加えるよ」
「1ターン目から早速、得意戦法できたか」
「この効果で私が手札に加えるのは、攻撃力1100のチューナーモンスター『BF-そよ風のブリーズ』。除外されたハルマッタンを特殊召喚した後、ブリーズの効果発動!このカードはカード効果でデッキから手札に加わったことで、特殊召喚できる!」



○闇の誘惑(通常魔法)
①:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札の闇属性モンスター1体を除外する。手札に闇属性モンスターが無い場合、手札を全て墓地へ送る。


○BF-南風のアウステル(Lv4 闇)
鳥獣族/チューナー/効果
攻1300/守0
このカードは特殊召喚できない。①:このカードが召喚に成功した時、除外されている自分のレベル4以下の「BF」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示で特殊召喚する。②:墓地のこのカードを除外し、以下の効果から1つを選択して発動できる。●自分フィールドの「ブラックフェザー・ドラゴン」1体を選び、相手フィールドのカードの数だけ黒羽カウンターを置く。●相手フィールドの表側表示モンスター全てに可能な限り楔カウンターを1つずつ置く(最大1つまで)。



「レベル2の砂塵のハルマッタンに、レベル4の南風のアウステルをチューニング!シンクロ召喚!!『BF-星影のノートゥング』!!ノートゥングが特殊召喚に成功したことで、お兄ちゃんに800ポイントのダメージを与える!」
「くっ…!」
「更にノートゥングが存在する間、もう一度『BF』を召喚できる。おいで、『BF-蒼炎のシュラ』!」


 凛のデッキの要である『黒い旋風』は『BF』を通常召喚することで回転力を生むのだが、その通常召喚権を増やすことができるノートゥングはなくてはならない存在だ。
 加えて凛が新たにに加えた「南風のアウステル」も、彼女のデッキを更に強化するための手助けをしてくれるカードであり、翼から託された「あるカード」との相性もよい。今のデッキはいわば、凛と翼の2人で組み上げたものだと言っても過言ではないのだ。


「もう一度『黒い旋風』の効果発動!デッキから攻撃力1700の『BF-黒槍のブラスト』を手札に加える。そして黒槍のブラストは、自分フィールドに『BF』が存在することで手札から特殊召喚できる。私はレベル4の黒槍のブラストと蒼炎のシュラの2体で、オーバーレイ・ネットワークを構築!漆黒の翼重なりて、永遠に羽ばたく力となる!エクシーズ召喚!!ランク4『BF-エターナル・ウィング』!!」


 呪縛竜決戦と共に新しく加えられたエターナル・ウィングはシンクロ召喚を生業とする【BF】にとっては非常に珍しいエクシーズモンスターだが、兄を心から尊敬しているからこそ取り入れている。その兄と敵として再び相まみえるのは妹として辛いだろうが、凛は既に、たとえ誰が相手だろうと倒すための覚悟はできていた。


「エターナル・ウィングの効果発動!オーバーレイ・ユニットを1つ使い、デッキから『BF-精鋭のゼピュロス』を墓地へ送る。そして墓地の『BF-精鋭のゼピュロス』の効果発動!このカードはデュエル中に1度、私のフィールドのカード1枚を手札に戻すことで墓地から特殊召喚できる。ただし引き換えに、私は400ポイントのダメージを受ける…ッ!」
RIN→LP:7600


 エターナル・ウィングで的確にモンスターを墓地へ送りつつ、そのモンスターの効果で特殊召喚するという一切無駄のない動きを見せ、更なるシンクロ召喚で『A BF-驟雨のライキリ』へと繋げた。墓地の『BF』の数だけ攻撃力を上げる「涙雨のチドリ」を呼び出せば強力な壁になるだろうが、その攻撃力をそのままダメージに変える『RR-レヴォリューション・ファルコン-エアレイド』や攻撃力の変化に応じてダメージ量が上昇する『CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ』を翼が投入していると分かっている以上、過剰な攻撃力は自らを苦しめる結果となる。
 希とのタッグデュエルではその2枚への対策ができなかったが故に先にライフポイントが尽きてしまったが、このデュエルで凛はあの時の自分を超えることができるのだろうか。


(今度こそ、お兄ちゃんを完全に超えてみせる!)
「私はこれで、ターンエンド!」
RIN→LP:7600 手札:3 デッキ:30 Mゾーン:3 M&Tゾーン:0 Fゾーン:0 Pゾーン:0




*Episode92初登場オリカ(掲示板投稿済み)
○RUM-デモンズ・ラプソディ(通常魔法)(テキスト修正版)
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。①:自分フィールドのX素材が1つ以下の闇属性Xモンスター1体を対象として発動できる。その自分のモンスターよりランクが1つ高い闇属性Xモンスター1体を、対象のモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚し、このカードを下に重ねてX素材とする。②:X素材のこのカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローし、自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は500アップする。


○新星の小悪魔デモンズ・サキュバス“β”(ランク5 闇)(テキスト修正版)
悪魔族/エクシーズ/効果
攻3000/守0
闇属性レベル5モンスター×3
①:このカードが「RUM」カードの効果でX召喚に成功した場合、以下の効果を得る。●1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの攻撃力はターン終了時まで、相手フィールドのモンスターの数×1000アップする。●相手が自分フィールドの闇属性モンスターを対象とするモンスターの効果を発動した時、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にして破壊する。その後、自分の墓地の攻撃力3000以下の闇属性モンスター1体を選んで特殊召喚する。


○BF-エターナル・ウィング(ランク4 闇)(テキスト修正版)
鳥獣族/エクシーズ/効果
攻2200/守1200
レベル4「BF」モンスター×2
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できず、②の効果はデュエル中に1度しか使用できない。①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。デッキからこのカードの元々の攻撃力以下の「BF」モンスター1体を墓地へ送る。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は鳥獣族・闇属性のSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。②:このカードが墓地に存在する状態で、自分フィールドの「BF」モンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。その後、このカードよりランクが2つ高い「BF」モンスター1体を、このカードの上に重ねてX召喚扱いでEXデッキから特殊召喚する。
現在のイイネ数 4
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
48 Episode01:危ないスタート 1670 1 2015-06-21 -
78 Episode02:悪魔のドラゴン 1489 2 2015-06-22 -
29 Episode03:切り札 1041 2 2015-06-23 -
55 Episode04:紅蓮の悪魔 1135 2 2015-06-23 -
44 Episode05:終止符 1038 2 2015-06-25 -
35 Episode06の前に(更新済) 949 2 2015-06-25 -
39 Episode06:黒羽 凛 976 1 2015-06-27 -
38 Episode07:同調 869 1 2015-06-30 -
37 Episode08:変則試合 919 2 2015-07-04 -
101 Episode09:2人の絆 1051 2 2015-07-05 -
28 Episode10:覚醒 864 1 2015-07-09 -
36 Episode11:解放 879 2 2015-07-13 -
95 Episode12:最後の封印竜 883 0 2015-07-14 -
31 Episode13:ダイヤの煌めき 753 0 2015-07-25 -
34 Episode14:友のために 837 0 2015-08-12 -
33 ビヨンドモンスター・ビヨンド召喚について 1122 2 2015-08-13 -
85 番外編01:遊弥と紅葉の… 861 2 2015-08-19 -
81 Episode15:紅蓮魔竜解放 1005 2 2015-08-22 -
39 Episode16:ライセンス 877 2 2015-08-24 -
81 少し遅めのキャラ設定(随時更新) 1537 6 2015-08-29 -
50 Episode17:地獄の猛特訓 885 1 2015-09-06 -
80 Episode18:関門 934 1 2015-09-13 -
24 Episode19:スピードの中で 767 2 2015-09-18 -
66 Episode20:初の対外試合 912 2 2015-09-20 -
32 Episode21:シンクロ封印 798 1 2015-09-22 -
26 Episode22:1つの答え 856 2 2015-09-24 -
37 Episode23:黒羽の誇り 910 2 2015-10-01 -
26 Episode24:ハイスピードバトル 840 3 2015-10-06 -
30 Episode25:超越する力 822 2 2015-10-11 -
37 Episode26:運命の決戦 756 3 2015-10-20 -
36 Episode27:来訪者、天導レイン 873 2 2015-11-03 -
34 Episode28:遊弥vsレイン 931 2 2015-11-09 -
34 Episode29:舞い降りた天使 873 2 2015-12-05 -
34 Episode30:天使と悪魔 1011 3 2015-12-09 -
49 Episode31:禁断の無限暗黒竜 1085 2 2015-12-12 -
34 番外編02:凛と紅葉が… 890 0 2016-01-05 -
44 Episode32:パワー・ツール 906 3 2016-01-29 -
32 Episode33:死した希望の使者 789 2 2016-01-31 -
61 Episode34:高貴の翼 937 3 2016-02-04 -
43 Epi35:戦慄のリバースビヨンド 848 1 2016-02-13 -
42 Epi36:加速するカウントダウン 926 2 2016-02-20 -
42 Epi37:希望のカード『V☆S』 906 3 2016-03-25 -
29 Episode38:朱色の夜 793 0 2016-04-11 -
91 Episode39:並び立つ盟友 925 2 2016-04-22 -
31 Episode40:精一と彩 910 2 2016-05-30 -
34 Episode41:漆黒の鎮魂歌 888 4 2016-06-22 -
82 Episode42:涅槃の境地へ 919 2 2016-07-02 -
28 Episode43:トワノキズナ 808 3 2016-07-23 -
89 Episode44:銀河と宇宙 989 3 2016-08-09 -
73 Episode45:銀河眼vs宇宙眼 1000 0 2016-08-20 -
28 Episode46:絶望の凱旋 737 0 2016-08-24 -
44 Episode47:刻まれた記憶の欠片 788 1 2016-09-06 -
74 Episode48:希望の行方 838 0 2016-09-13 -
40 Episode49:悪夢の決戦前夜 748 0 2016-10-03 -
29 Episode50:創世の星屑竜 756 0 2016-10-25 -
79 Episode51:託された未来 862 0 2016-10-30 -
74 番外編03:遊弥と花奈の... 892 2 2016-11-02 -
29 未投稿オリカ紹介①(使用者:藤堂遊弥) 786 0 2016-11-09 -
59 未投稿オリカ紹介②(使用者:赤城紅葉) 756 0 2016-11-26 -
40 未投稿オリカ紹介③(使用者:茨木花奈) 802 0 2016-12-08 -
24 未投稿オリカ紹介④(使用者:霧野命慈) 720 0 2016-12-20 -
29 未投稿オリカ紹介⑤(使用者:霧野精一) 778 0 2016-12-30 -
42 Episode52:極寒の夏 743 2 2017-01-01 -
103 Episode53:闇の邂逅 777 2 2017-01-07 -
38 Episode54:呪縛竜復活 687 0 2017-01-11 -
68 Episode55:届かぬ声で... 700 2 2017-01-15 -
92 Episode56:禁忌の目覚め 766 5 2017-01-19 -
71 Episode57:共鳴する四龍 767 4 2017-01-25 -
34 Episode58:本当の気持ち 798 3 2017-01-30 -
28 Episode59:真実への鍵 700 2 2017-02-08 -
33 IF01:バレンタインデー 761 6 2017-02-11 -
30 Episode60:エレンとアレックス 797 3 2017-02-16 -
120 ルール改訂と今後の進行について 939 2 2017-02-18 -
31 Episode61:想いの証 689 5 2017-02-21 -
34 Episode62:茨の道標 774 5 2017-02-27 -
92 Episode63:光と闇の花 744 3 2017-03-20 -
34 Episode64:渇望と葛藤 682 2 2017-03-23 -
41 Episode65:麗しき孤月 672 2 2017-03-29 -
93 Episode66:月夜のイリュージョン 904 2 2017-04-21 -
100 Episode67:常闇に消える月華 961 1 2017-05-05 -
49 Episode68:模索者たち 633 4 2017-07-22 -
63 Episode69:純黒の反逆者 662 0 2017-07-27 -
46 Episode70:紅と黒の禁呪 668 2 2017-08-07 -
47 Episode71:希望は往く 748 3 2017-08-17 -
94 Episode72:リリーの過去 749 2 2017-08-24 -
39 Episode73:異次元の亡霊 687 2 2017-09-13 -
76 Episode74:覚醒の鼓動 783 3 2017-09-22 -
84 Episode75:挑戦者の儀 700 0 2017-10-05 -
53 Episode76:神速の決闘 712 2 2017-11-14 -
26 Episode77:動き出す陰謀 519 2 2018-01-23 -
24 Episode78:最期の兄弟喧嘩 559 2 2018-03-03 -
109 Episode79:黄龍の手向け 685 2 2018-03-28 -
86 Episode80:堕天使の罠 588 0 2018-04-14 -
70 Episode81:断罪する魔神 558 0 2018-04-19 -
79 Episode82:姫君のバイブル 690 1 2018-05-07 -
83 Episode83:開かれたページ 639 0 2018-05-11 -
124 Episode84:望まぬ決戦 680 2 2018-05-29 -
36 未投稿オリカ紹介⑥(使用者:古城奏多) 568 0 2018-05-31 -
71 未投稿オリカ紹介⑦(使用者:清水ルーナ) 694 0 2018-06-02 -
89 未投稿オリカ紹介⑧(使用者:アレックス) 613 0 2018-06-04 -
21 未投稿オリカ紹介⑨(使用者:リリー) 501 0 2018-06-06 -
157 未投稿オリカ紹介⑩(使用者:ソフィア) 886 0 2018-06-06 -
69 呪縛竜のおさらい 539 0 2018-06-06 -
84 IF02:星 遊未 599 0 2018-06-09 -
29 Episode85:新たなる激闘へ 644 0 2018-07-10 -
57 Episode86:愛するもの 556 0 2018-07-27 -
33 Episode87:涅槃を超えた先 481 0 2018-08-10 -
86 Episode88:終焉の弧光 834 0 2018-09-12 -
23 【重要】投稿再開のお知らせ 198 3 2022-06-04 -
5 Episode89:四竜が紡いだ奇跡 106 3 2022-06-25 -
4 Episode90:光臨者、天導レイン 86 2 2022-07-07 -
8 Episode91:舞い堕ちた天使 79 2 2022-09-03 -
4 Episode92:紅の決意 51 0 2022-09-19 -
1 Episode93:凛々しい黒羽 14 0 2022-10-04 -

更新情報 - NEW -