HOME > 遊戯王SS一覧 > けやぐさんの遊戯王オリカ奮闘記 > 第11話 七星宿玄武デッキを回してみた。

けやぐさんの遊戯王オリカ奮闘記/第11話 七星宿玄武デッキを回してみた。 作:けやぐ


けやぐ「はい、ここまで来たらもうやるしか無いですね。玄武チームの回しです。えー、ではやって行きましょう!ではまずは、今回の解説者、七星宿 玄武君主の巫女 桜叶さん、お願い致します!」

彼がそう呼ぶが、カードが光らず全く反応しなかった。

けやぐ「あれ?っていない!?何処行ったんだ桜叶さん!?ちょっと桜叶さーん!?」

すると玄関先から、女の人の声が聞こえて来た。

???「ただいまー!」

けやぐ「ん?この声は!ちょっと桜叶さん!?何処に行ってたんですか!?」

桜叶「あ、けやぐ、ただいま♪はい、これお土産♪」

けやぐ「ん?何ですかこれ」

桜叶「けやぐが大好きそうな各種チーズよ♪カマンベールにモッツァレラチーズに、パルメザンチーズでしょ。そしてこっちがラクレット。これがナチュラルチーズでしょ。それから・・・」

けやぐ「あーあーあー分かった!許す!ありがとうございます!今日はそれらチーズを使ったチーズハンバーグで決まりだ!」

桜叶「うふふ♪了解♪」

すると彼女が彼の前に置いてあるカード達に気が付く。

桜叶「うん?ねぇけやぐ。これ七星宿のカードよね?しかもこれ、私達のチームじゃない。広げて何やってるの?」

けやぐ「あ、実はそうなんだ。今まで、白虎、青龍、朱雀の順番で回して来てね。ここまで来たら、もう玄武チームの回しもやっちゃおうかなって思って、桜叶さんに今回のサポート役をお願いしようと思ってたんですよ。」

桜叶「フムフム、私にサポート役をやって欲しいのね?」

けやぐ「はい、お願いできますか?」

桜叶「ええ、そのくらいお安いご用よ♪」

けやぐ「ありがとうございます!えーと、先にその荷物の片付け・・・・かな?」

桜叶「あ、そうね。チーズは冷蔵庫に入れなくちゃね!」

けやぐ「手伝います!」



~青年少女片付け及び準備中~



けやぐ「よし、では桜叶さん。準備は宜しいですか?」

桜叶「ええ、準備OKよ♪」

けやぐ「はい、では早速始めて行きましょう!」

桜叶「宜しくお願いします。」

けやぐ「宜しくお願い致します。」

けやぐ「今回、七星宿玄武チームの初手札はこのようになります!はい、どーん!」


初手
七星宿 玄武君主の巫女 桜叶
七星宿 黄龍の導き
七星宿の軍師 帳宿
七星宿の人狼 尾宿
七星宿 北方玄武の神座宝


桜叶「フム、初手に私がいるのね。と言うか、これ動かせるのかしら?」

けやぐ「ええ、残念なことに動きますね。何処まで動かせるかは分かりませんが...」

桜叶「取り敢えず、動かしてみて頂戴?」

けやぐ「分かりました。この手札の場合、まず最初にこれ、七星宿 黄龍の導きを発動して、これで任意の手札を捨てることで、その捨てた枚数分ドロー出来ます。これの効果により、手札の張宿、尾宿を捨て2枚ドロー。フム...」


ドローしたカード
七星宿 二十八宿の集い
七星宿の聖歌 危宿


桜叶「あちゃぁ...これはまずく無いですか?」

けやぐ「いえ、まだです。捨てられた張宿の効果と尾宿の効果がチェーン発動して、まずは尾宿の効果で1枚ドロー!」


尾宿の効果でドローしたカード
七星宿の妓女 牛宿


けやぐ「ぷっwww」

桜叶「フフww」

けやぐ「やったね。これで二十八宿の集いが発動できるようになりましたねw」

桜叶「ええ、そうねw」

桜叶「でもその前に張宿の効果処理よね?」

けやぐ「はい。毎度お馴染み張宿の効果で今回持って来るのは、桜叶さんの首飾りです。」

桜叶「フフ、何時もお世話になっているわ♪」

けやぐ「二十八宿の集いを発動して、さっきドローした牛宿を相手に見せて、えーーと....誰が良いかな....手札に危宿がいて墓地に牛宿が行くから、んで、あれがこうなって、斗宿だと....えーーとね...あ、ごめんね桜叶さん。長考させて。」

桜叶「ふふ、良いわよ。」

けやぐ「はい。」

 彼はEXデッキの七星宿Xモンスター達の効果を確認しながら、何をサーチするか悩み暫くして、

けやぐ「うん、これだな。虚宿をサーチかな。」

桜叶「決まったのね?」

けやぐ「はい。これで多分大丈夫なはずです。虚宿をサーチして、見せた牛宿を捨てて、捨てられた牛宿の効果が発動します。デッキから七星宿罠カードを持って来れるので、まぁ、ここは好みですね。黄龍の御慈悲でも、黄龍の御加護でもね。でもまぁ、ここは折角なんで、牛宿の巨大煙管をサーチしちゃいましょう。」

桜叶「状況によってサーチするのが良いって訳ね?」

けやぐ「はい。今回はあくまでほんの一部の回しなので、本番で回す時は状況によってサーチしてください。今回は牛宿の巨大煙管です。」

桜叶「ふふ、了解よ♪」

けやぐ「そして桜叶さんの首飾りを発動して、デッキから七星宿 玄武の神座宝、速攻魔法の方ですね。これをセットして、EXデッキから七星宿Xモンスターである、七星宿の北方神 玄武1体を選び、選んだXモンスターのランク、今回は4なので、デッキからそのランクと合計が同じになるように、特殊召喚して選んだXモンスターをX召喚します。」

桜叶「えーと、つまり、北方神 玄武のランクが4だから、レベルの合計が4になるように、出せば良いのね?」

けやぐ「はい。組み合わせとしては、1と3、2と2ですね。だけど玄武チームに1と3の組み合わせは存在しないので、レベル2と2である、えーーと、もう良いやこれで。虚宿と室宿を特殊召喚して、北方神 玄武をX召喚します。」

桜叶「そこは、適当なのね...」

けやぐ「まぁ、本番なら、牛宿と危宿でしょうねw」

桜叶「魔法・罠の1回無効と、相手モンスターをスキドレして守備にする効果ね...」

けやぐ「対処方はリンクモンスターになりますね。んで、桜叶さんの首飾りを北方神 玄武の下に重ねてX素材にします。」

桜叶「確か私の首飾りを発動すると、玄武の神座宝は発動出来なくなるのよね?」

けやぐ「はい、このターンは出来なくなりますね。ですか、セットしたカードは速攻魔法なので、相手ターンで発動して素材にしてしまえば良いのです。」

桜叶「何か、エグく無い?」

けやぐ「エグいですよ?色々と...いくら桜叶さんの首飾りの効果でセットされたカードが、相手ターンのエンド時に墓地へ送られるとは言え、エグいですね。しかもこれ、北方玄武の神座宝をセットして、相手ターンのエンド時に墓地へ送られると、デッキから七星宿地属性モンスターをサーチできるので、どちらをセットしても相性良いんですよ。」

桜叶「うわぁ....」

けやぐ「んで、しかもですよ?進めますね?北方神 玄武の効果発動で素材になっている桜叶さんの首飾りを取り除き、デッキから命石 壁宿を墓地に送り、EXデッキからランク3の七星宿の巨人石 壁宿を特殊召喚して、取り除いた桜叶さんの首飾りを巨人石 壁宿の素材にします。そして巨人石 壁宿の効果発動で、再び桜叶さんの首飾りを取り除いて、デッキから、斗宿を特殊召喚します。」

桜叶「と言うことは、例え巨人石 壁宿が墓地に送られても、墓地に命石 壁宿がいるから、巨人石 壁宿はEXデッキに戻り、墓地から命石 壁宿が出てくると言う訳ね?」

けやぐ「ええ、まさに元ネタの再現効果ですね。そして斗宿の効果で墓地の牛宿を特殊召喚してレベルを4にしたら、EXデッキから七星宿の風斬鬼 女宿をX召喚します。」

桜叶「北方神 玄武と女宿が揃ったわね。覚醒玄武が出てくるのかしら?」

けやぐ「まぁ、ここも好みになるので何とも言えないのですが、折角手札に桜叶さんがいるので、こちらにしましょう。桜叶さんをPスケールにセットします。」

桜叶「あら、私を出しちゃうの?」

けやぐ「ええ、まぁ、好みで出してください。」

桜叶「うふふ、そうなのね。」

けやぐ「桜叶さんのP効果を発動します。」

桜叶「私のP効果は、自分フィールドのランク4の七星宿Xモンスター1体のランクを5にして、私を特殊召喚できるのよ。」

けやぐ「はい。これで北方神 玄武のランクを5にして、そのままX召喚しましょう。出てくるのは当然、七星宿の北方玄武神 桜叶さんです。」

桜叶「ふふ♪私、この格好好きよ♪強そうだし、仲間を守れそうだわ♪」

けやぐ「はは。それは良かったです。因みにですが、北方神 玄武が持っていたX素材は、そのままX体桜叶さんに引き継がれますよ。」

桜叶「普通なら素材は墓地に送られるのだけれど、北方神 玄武の場合はそうじゃなくて、素材を引き継ぐと言う隠された効果ね。」

けやぐ「はい。因みにこの効果は女宿にもあるので、2体揃って引き継ぎが可能ですね。」

桜叶「まさにインチキ効果ね(汗)」

けやぐ「桜叶さん、そうじゃないです。それを言うなら、『インチキ効果もいい加減にしろー!』ですよ。」

桜叶「うふふ♪そうね、気を付けるわ♪」

けやぐ「そして桜叶さん。更なるインチキにお気づきだろうか。」

桜叶「え?」

けやぐ「実はまだ、召喚権を使って無いんです!」

桜叶「え?....ええええ!?嘘!?えっ!?だって...え、こんなに出して置いて、召喚権を使って.....そんなはずは!?」

けやぐ「良くみてください?」


現在の盤面

北方玄武神 桜叶(虚宿、室宿、北方神 玄武、玄武君主の巫女 桜叶)
巨人石 壁宿
風斬鬼 女宿(斗宿、牛宿)
※()内は素材となっているカードです。

セットカード
玄武の神座宝

墓地
七星宿 黄龍の導き
七星宿の軍師 帳宿
七星宿の人狼 尾宿
七星宿の命石 壁宿
七星宿 桜叶の首飾り

手札
七星宿の弓術士 虚宿
七星宿の聖歌 危宿
七星宿 北方玄武の神座宝
七星宿 牛宿の巨大煙管


桜叶「嘘....もしかして、首飾り1枚でここまで展開出来ちゃうってこと!?」

けやぐ「ええ、まぁ、そうですね。はい。」

桜叶「えぇ...大丈夫なのかしら....これ...」

けやぐ「多分大丈夫かと。」

桜叶「そ、そう....けやぐさんが言うなら、きっとそうなのね(汗)」

けやぐ「はい、では続き良いですか?」

桜叶「え、まだ何かあるの!?」

けやぐ「ありますよ?」

桜叶「えぇ...」

けやぐ「では、行きます。使っていなかった召喚権を使い、危宿を召喚して効果発動。手札の虚宿を捨て、捨てられた虚宿の効果。フィールドの危宿を選択し、それぞれのレベルを合計して、自身を特殊召喚します。これで、危宿と虚宿のレベルは4となりましたので、えーー、折角なので、七星宿 片割の禁歌 危宿をX召喚します。」

けやぐ「後は、残りの、北方玄武と巨大煙管をセットしてターンエンドです。」


最終盤面


・北方玄武神 桜叶(虚宿、室宿、北方神 玄武、玄武君主の巫女 桜叶)
・巨人石 壁宿(なし)
・風斬鬼 女宿(斗宿、牛宿)
・片割の禁歌 危宿(危宿、虚宿)
※()内は素材となっているカードです。

セットカード
玄武の神座宝、北方玄武の神座宝、牛宿の巨大煙管

墓地
七星宿 黄龍の導き
七星宿の軍師 帳宿
七星宿の人狼 尾宿
七星宿の命石 壁宿
七星宿 桜叶の首飾り

手札
無し


桜叶「妨害の手抜きをしてこれだけの展開力を持っているんだから、妨害ガチだったら相当ヤバいわよね....?」

けやぐ「やーーばいですね。ちょっと攻撃力と守備力の計算しますね?まず、X体桜叶の攻撃力は、えーと....」


~青年計算中~


けやぐ「出ました。X体桜叶さんの攻撃力は5900で守備力が4700。女宿の攻撃力は2200で守備力が1800。X体危宿の攻撃力が2000で守備力が1800になりますね。」

桜叶「中々ね...(汗)これで相手ターンでセットされている玄武の神座宝を発動して、女宿かX体の危宿を対象にして攻撃力を上げて行くのね?」

けやぐ「そうですね。ここで攻撃力が高い斗宿や壁宿を選ぶか、それとも戦闘破壊されやすくする代わりに、妨害数を増やして牛宿や危宿を素材にするか。ここら辺も見極めが大事になってくるかと思いますよ。」

桜叶「そうよね。危宿の効果は相手モンスターのスキドレと守備にする効果で、攻撃力は800しか無く、牛宿も魔法・罠の発動と効果を無効にする効果だけど、攻撃力は600しかないのよね?合わせてもたったの1400しか無い・・・・」

けやぐ「まぁ、正直この辺が良調整だと思いますね。」

桜叶「そ、そうね(汗)もしこれで攻撃力が高めだったらと思うと、即エラッタね(汗)」

けやぐ「はい。エラッタですねwそれとさっき言い忘れてましたが、もしセットされている北方玄武が、コズミック・サイクロンみたいなカードで除外されても大丈夫なのは分かりますか?」

桜叶「えっ!?そ、そうね...見ても良いかしら?」

けやぐ「はい、良いですよ。」

桜叶「えーーと....牛宿の効果で無効にするのも1つの手何だろうけども....そうゆうことじゃ無いのよね?」

けやぐ「はい。そうゆうことではありませんね。」

桜叶「そうなると...墓地かしら?」

けやぐ「おっ。」

桜叶「えーーと.....あっ!!」

けやぐ「見付けましたか?」

桜叶「ええ、見付けたわ!これね。私の首飾り!これの(2)の効果で、除外された北方玄武と首飾りの2枚を戻して2枚ドローできる!」

けやぐ「そうゆうことです。もし相手が北方玄武を除外して来たら牛宿の効果は使わず、墓地の首飾りの効果で戻して2枚ドローしてください。その為のセットカードとして北方玄武なのです。」

桜叶「なるほど....でもそれでもし巨大煙管を除外されたら?」

けやぐ「そん時はドンマイですねw」

桜叶「あはは....」

けやぐ「それでは、玄武チームの回し解説も無事にやり遂げたと言うことで、お開きにしましょうかね。」

桜叶「あ、待って。所で私、知りたいことがあるのだけれど、良いかしら?」

けやぐ「はい、何でしょうか。」

桜叶「このカテゴリって、余所のチームから引っ張って来ることは多々あっても、基本的には、そのチーム内だけで布陣を作っているじゃない?

けやぐ「ええ、まぁ...それが何か?」

桜叶「もし可能なら、完全に混ぜ物になった回し解説も見たいなーって思ったのだけれど、出来るかしら?」

けやぐ「あ、あーーーーえーーとですね。えーーー桜叶さん。貴女なんてこと言い出すんですか?私がそんな細かい回しを想定してる訳無いでしょう?」

桜叶「えっ!?できないの!?」

けやぐ「えーーー、で・・・・きるのかなこれ(汗)流石にやったこと無いので、分かりませんね(汗)」

桜叶「でも一応、黄龍の神座宝で別の神座宝を加えることができるのだから、そこで何とか行けそうな気がするのよねぇ?」

けやぐ「あーーーー、おーーーー、うーーーーん(汗)」

桜叶「できないかしら?」

けやぐ「正直、分からないです。それをやるにしても結構難易度高くなると思います。」

桜叶「そう....分かったわ。無理を言ってごめんなさいね?」

けやぐ「あ、いえいえ。そんなそんな(汗)」

桜叶「ふふ、それじゃあ、終わりましょうか?」

けやぐ「あ、はい。では終わりましょう。」

けやぐ「それではまた....ここまで読んで頂きありがとうございます!」

けやぐ・桜叶「バイバイ!」


現在のイイネ数 6
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
46 第1話 絶望しかありません!! 359 2 2020-12-10 -
23 第2話 体が絶望しました。 208 2 2020-12-17 -
20 第3話 絶望を希望に! 160 0 2020-12-28 -
29 第4話 やっぱり絶望しかありませんでした 211 0 2021-01-11 -
21 第5話 切実な絶望 163 0 2021-03-11 -
20 第6話 デュエルをしてみた。 220 2 2021-04-30 -
16 第7話 七星宿白虎デッキを動かしてみた。 175 2 2021-07-18 -
14 第8話 七星宿白虎デッキ パート2 167 3 2021-08-12 -
7 第9話 七星宿青龍デッキを動かしてみた。 86 0 2022-05-10 -
6 第10話 七星宿朱雀デッキを動かしてみた 66 2 2022-05-21 -
6 第11話 七星宿玄武デッキを回してみた。 75 0 2022-06-03 -

更新情報 - NEW -