HOME > 遊戯王SS一覧 > けやぐさんの遊戯王オリカ奮闘記 > 第6話 デュエルをしてみた。

けやぐさんの遊戯王オリカ奮闘記/第6話 デュエルをしてみた。 作:けやぐ

けやぐ「あー天干獣光属性のもう片方のオリカ案全然浮かんでこねぇー。いっそのこと募集してやろうかな・・・・」

コンコンコン

けやぐ「おっ、誰だ?」

ガチャ

朱南(あかな)「やっほぉぉぉおお!!遊びに来たよーー!!( ≧∀≦)ノ」

けやぐ「何だお前か。お出口はあちらですよー」

朱南「なんで帰らそうとするの!?」

桜叶(おうか)「けやぐさん、ごきげんよう。」

けやぐ「あ、これはこれはご丁寧に。ささ、どうぞ中へ。」

桜叶「では、失礼致しますね。」

朱南「ちょっとー!私との扱い違く無いー!?」

けやぐ「そりゃ当然だろ。」

朱南「なんで!?」

桜叶「あ、それでですねけやぐさん。こちら詰まらない物ですが、お饅頭もとい、かもめの玉子です。お口に合うと宜しいのですが・・・・」

けやぐ「あーそんなそんな滅相もございません。これ前に1度食べてからもう1度食べたいなと思っていたので、本当、ありがとうございます!」

桜叶「うふふ、そうなんですね。」

朱南「コラー!私を置いてけぼりにするなーー!!」

けやぐ「なんだお前まだいたのか、帰れー」

桜叶「まぁまぁけやぐさん。今日は少し訳がありまして、私と朱南さんがこちらに、お伺い致した次第ですので、そう仰らずにお願いできますか?」

けやぐ「むむ・・・・まぁ、桜叶さんがそう言うなら・・・」

桜叶「ふふ、ありがとうございます!良かったですわね。朱南さん♪」

朱南「むぅ....」

けやぐ「それで、その訳と言うのは?」

桜叶「はい。まずけやぐさんは、名無しのゴーレムさんと言う方の小説をご覧になられましたか?」

けやぐ「あーはいはい。ウチの七星宿を使って頂いた人ですね。それが何か?」

桜叶「はい、実はその小説で、私の仲間である玄武七星士、そして朱南さんの仲間である朱雀七星士の混合デッキが使われました。」

けやぐ「うん」

朱南「あーん♪」
かもめの玉子を勝手に食べるバカ娘。

桜叶「そして戦い、奇しくも負けました。私は思いました。私達の力は、あんな物では無いと....!」

けやぐ「お、おう?( ̄▽ ̄;)」

桜叶「けやぐさんお願いします!是非、私と朱南さんとのデュエルをさせてください!!」
けやぐさんの手を握り熱い眼差しを向ける桜叶さん。

けやぐ「えー・・・そのデュエル。一体誰が考えるんだよ面倒くさい・・・・( ̄_ ̄;)」

桜叶「そう、仰らずに!お願いします!!」

けやぐ「うん、分かった。分かったから、一旦手を離してくれないかな?」

桜叶「えっ?あっ///す、すみません。私ったら、なんとはしたない真似を///」

けやぐ「はぁ...まぁ、名無しのゴーレムさんも七星宿のカードを全て把握仕切れて無いみたいだし、今後の小説の参考程度にはなるかもな。七星宿新規も作りたいし。」

桜叶「えっ!では、やらせてくれるんですね!?」

けやぐ「ん、やってみよう!俺が書く初デュエル小説を書いてやろうじゃないの!」

桜叶「ありがとうございます!朱南さん!」

朱南「うん?」
かもめの玉子を全部食べちゃったバカ娘。

けやぐ「あーーー!テメェコノヤロウ!全部食べやがったな!」

朱南「えへへ~♪美味しかったよ~♪」

けやぐ「美味しかったよじゃねぇよアホぉぉ!!吐け!」

朱南「そんな事言ったって、食べちゃった物は吐き出せないよ~」

けやぐ「お前絶対後で覚えとけよ。」

桜叶「まぁまぁ、それならまた上げますので(^_^;)」

けやぐ「桜叶さん!あのバカ娘なんぞに絶対負けないでくださいね!!」

桜叶「え、えぇ...(汗)」

朱南「ちょっとー?それどうゆうことー?」



それから暫くして場所を移動する3人。



朱南「ほへーーーー、凄い大きなビルだねー。」

けやぐ「ここは、ソリッドビジョンシステムが導入されているデュエル施設だ。ここで朱南と桜叶さんにデュエルしてもらう。」

朱南「ソリッドビジョンシステムって、今の日本でそんなことやるのは、KONAMIのイベントデュエルの時くらいで一般には出回って無いよ~?」

けやぐ「うるせーな、そんな事分かってんだよ!こうゆうのは気分が大事なんだよ、気分が!」

朱南「ふ~ん。まぁいっか。入ろ入ろ~♪」

桜叶「うふふ♪」


中に入ると遊戯王お馴染みのデュエルディスクが人々の腕に付けられ、天井からはモニターがいくつか出されており、デュエル中継を行っていた。


桜叶「いよいよ、やることが自由になって来たわね...」

けやぐ「桜叶さん、メタ発言は慎んで。」

朱南「そうそう。」

桜叶「あなた達だけには言われたく無いわよ!」

けやぐ「それでデュエルディスクは・・・・貸し出しか。手続きするから2人共来てくれ。」

朱南「はーい♪」


手続きを終え、デュエル広場へと移動する。そこには、デュエルスペースがいくつも並んでおり、中継で見たようなデュエルが行われていた。


けやぐ「へ~凄い所だな。初めて見た。」

朱南「あっ!あそこ空いてるよ!桜叶ちゃん!行こ行こう!」
桜叶の手を引っ張って行く。

桜叶「あっ、ちょっと(汗)」

けやぐ「あいつ、目上の人に向かって『ちゃん』付けで呼びやがったぞ。」

朱南「ほらーけやぐもー来てー!」

けやぐ「へーい。」




桜叶「・・・・」ドキドキ

朱南「ふふん!」ドヤァ

けやぐ「ごほん。えー、では折角ですので、わたくし、けやぐが審判を勤めさせて頂きます。南コーナー、朱雀の巫女こと朱南。北コーナー、玄武の巫女こと桜叶。2人共、準備は宜しいですかな?」

朱南「うん!」

桜叶「ええ。」

けやぐ「はじめ!」

朱南・桜叶「デュエル!!」


朱南 LP8000 手札5枚
桜叶 LP8000 手札5枚


《ターン1》

桜叶「先攻は譲るわよ。」

朱南「よーし!私のターン!ド」
けやぐ「ストップ!」

朱南「えっ?」

けやぐ「朱南、先攻1ターン目はドローしちゃダメだよ?」

朱南「あ、あははは、つい(^。^;)」

けやぐ「ゆっくりな。」

朱南「うん!」

朱南「私は、七星宿の女装士 柳宿を召喚!」

柳宿(ぬりこ)「は~い♪元気~?♪」
<ATK 2000>

朱南「そして柳宿の効果発動!手札の七星宿モンスター1体を捨てる!そして捨てた翼宿の効果発動!このカードは、七星宿モンスターの効果で捨てられた場合、墓地から特殊召喚できる!」

朱南「来て、七星宿の山賊 翼宿!」

翼宿(たすき)「おう、なんやなんやワイを呼び出しておいて。おっ、けやぐはんいるやないかい。おーい♪」
<ATK 1800>

けやぐ「・・・・」

翼宿「なんや、アイツ無視しよってからに」

柳宿「ちょっと翼宿、静かになさい。デュエル中よ察しなさい。」

翼宿「ケッ、そうゆうことかい。」

朱南「そして私は、このカード、七星宿 朱雀の神座宝を発動!」

翼宿「ってやっとんの朱南はんだったんかい!Σ(゜ロ゜)」

朱南「うるさいわね!良いから私の言うことを聞きなさいよ!」

翼宿「うわぁぁ出たぁ!これが噂に聞くパワハラや~いややわ~」

ゴキッ(怒)
朱南「このカードは、七星宿融合モンスターによって決められたモンスターで融合召喚を行う!」

翼宿「なんやとぉ!?」

朱南「南方の星を守護する“柳”の字を持つ戦士よ。南方の星を守護する“翼”の字を持つ戦士よ!2つの星が重なり輝きが増す時、“鬼”の字を持つ戦士が現れん!
融合召喚!朱雀の希望を解き放て!七星宿の闘気士 鬼宿!」

翼宿「うわぁぁぁ~~!!薄情者~~.....」

鬼宿(たまほめ)「ふんっ!」
<ATK 2500>

けやぐ「oO〇{終始うるさかったな翼宿....)」

桜叶「うふふ♪」

朱南「この時、融合素材に使われた翼宿は除外され、融合召喚に成功した鬼宿の効果発動!桜叶ちゃんのデッキトップ3枚を除外する!」

桜叶「!?」

朱南「やって鬼宿!エクセプトアップ!!」

鬼宿「はぁぁあ!!」
彼の手から気弾が放たれ、桜叶のデッキトップ3枚が宙に舞い除外される。

朱南「そして、墓地の柳宿の効果発動!墓地の朱雀の神座宝を対象に、自身を除外し手札に加える!さらに鬼宿の永続効果!鬼宿がいる限り、お互いの除外ゾーンにあるカード枚数×200ポイント、桜叶ちゃんのモンスターの攻撃力を下げるわ!」

桜叶「ん...」

朱南「カードを1枚セットしてターンエンドよ!」

朱南 LP8000 手札2枚
モンスター 鬼宿
セットカード 1枚
除外 2枚

桜叶 LP8000 手札5枚
除外 3枚


《ターン2》

桜叶「全く...私のターン、ドロー!私は、七星宿の水士 斗宿を召喚!」

斗宿(ひきつ)「.....」
<ATK 1600>→<ATK 600>

桜叶「そして斗宿の効果発動!手札から七星宿モンスターを捨てるわ。続けて斗宿の効果!墓地の七星宿モンスター1体を対象に、レベルの合計をそれぞれ合計にした数値にして特殊召喚するわ!」

朱南「あれ、固有効果は?」

桜叶「無いわよ今回は。おいで!七星宿の剤師 室宿!」

室宿(はつい)「うぅ(汗)」
<ATK 400>→<ATK 0>


斗宿 星2→星4
室宿 星2→星4


朱南「あぁ!」ポンッ!

桜叶「大丈夫よ、室宿。安心して」

桜叶「私は、レベル4となった斗宿と室宿でオーバーレイ!北方の星を守護する“斗”の字を持つ戦士よ!北方の星を守護する“室”の字を持つ戦士よ!
2つの星が重なり輝きが増す時、“女”の字を持つ戦士が現れん!
エクシーズ召喚!玄武の希望を解き放て!七星宿の風斬鬼 女宿!」
<ATK ?>

女宿(うるき)「よっしゃー!私の出番だなー♪」

桜叶「女宿は、エクシーズ素材にしているモンスターの攻撃力と守備力を引き継ぐわ。斗宿の攻撃力は1600、室宿の攻撃力は400!よって女宿の攻撃力は2000よ!」

女宿「ニシシシシ♪」
<ATK 2000>

朱南「だけど鬼宿の永続効果で、女宿の攻撃力は1000ポイントダウンするわ!」

女宿「うっひゃー!只でさえ攻撃力届かないってのに更に攻撃力下げられちまったぜ。おい、桜叶・・・・?」
<ATK 1000>

桜叶「心配無いわ。私は手札より、七星宿 玄武の神座宝を発動!デッキから、七星宿の弓術士 虚宿と、このカードを女宿のエクシーズ素材にし、デッキから同名カードを手札に加えるわ!虚宿の攻撃力は1200、これで女宿の攻撃力は2200よ!」

朱南「それでも鬼宿の攻撃力には届かないわ!」

桜叶「女宿の素材となっている虚宿の効果発動!」

朱南「!?」

桜叶「女宿のエクシーズ素材を1つ取り除き、相手のカードを1枚、除外するわ!私は、七星宿の闘鬼士 鬼宿を除外する!」

朱南「なっ!?」

桜叶「虚宿、お願い!」

虚宿(とみて)「任せときな。おい女宿、行くぞ!」

女宿「おう!」

桜叶「氷の弓矢!!」

虚宿「ふんっ!!」
氷を纏った弓矢が鬼宿に刺さり、除外される。

鬼宿「うわぁぁぁぁぁああああ~~~....」

朱南「鬼宿!!」

桜叶「これで鬼宿の永続効果が切れ、今の女宿の攻撃力は、3200よ!」

朱南「やっばぁ・・・・」

桜叶「バトル!女宿で朱南さんにダイレクトアタック!爆風斬!!」

朱南「きゃぁぁぁああ!!」

LP 8000→4800

けやぐ「oO〇{玄武ヤバァ....)」

桜叶「私は、カード1枚をセットし、ターンエンドよ。」

桜叶 LP8000 手札3枚
フィールド 女宿(斗宿、室宿、虚宿素材) ATK3200
セットカード 1枚
墓地 1枚
除外3枚

朱南 LP4800 手札2枚
モンスター 無し
セットカード1枚
墓地 0枚
除外 3枚

《ターン3》

朱南「へぇ~桜叶ちゃんすご~い!よーし、私も本気出しちゃうよ~!私のターン!ドロー!」

朱南「来た!」

桜叶「!」

朱南「私は、魔法カード、七星宿 二十八宿の集いを発動!このカードは、手札の七星宿モンスター1体を相手に見せて発動する。私は、手札の七星宿の軍師 張宿を見せ、デッキから、レベル4以下の七星宿モンスター1体を手札に加える!」

朱南「私が選ぶのは、七星宿の僧侶 井宿!そして相手に見せたモンスターを捨てて、張宿の効果が発動!張宿が七星宿カードの効果で捨てられた場合、デッキから七星宿魔法カード1枚、手札に加えるわ。私は更に、このカードを加える!」

桜叶「そ、そのカードは!?」

女宿「うへぇ、マジかよ・・・・」

朱南「そして発動!魔法カード、七星宿 朱南(わたし)の指輪!」

朱南が左手を顔斜め前にかざすと、赤く輝く宝石の付いた指輪が薬指に填められる。

朱南「この指輪は、デッキから朱雀の神座宝カード1枚を墓地へ送り、フィールド・デッキから、七星宿融合モンスターによって決められたモンスターを墓地へと送り、融合召喚を行う!私は、デッキの七星宿の治療士 軫宿と、七星宿の煌帝 星宿を墓地へ送る!」

朱南「南方の星を守護する“軫”の字を持つ医師よ!2つの星を輝かせ、新なる“軫”の字が現れん!融合召喚!焔色の光を解き放て!!七星宿の聖療士 軫宿!!」

聖療士軫宿(みつかけ)「....ムゥ...」
<ATK 2800>

けやぐ「oO〇{うわぁ、恥ずかしそうにしてる・・・こうゆうのダメだもんね(^_^;))」

けやぐ「軫宿ー!今だけだよ。頑張ってー!」

聖療士軫宿「あ、あぁ...」

桜叶「oO〇{審判がそれして良いのかしら....?)」

朱南「そして、融合素材に使用された治療士 軫宿と星宿の効果が発動!まずは星宿の効果で、このカードが融合素材として墓地に送られた場合、墓地から星宿以外の七星宿モンスターを自分フィールドに特殊召喚する!来て、張宿!」

張宿(ちりこ)「ふふふ♪軫宿さん。今だけですよ。頑張りましょう!」
<DEF 1000>

聖療士軫宿「んん....」

朱南「そして治療士 軫宿の効果。このモンスターが融合素材として墓地へ送られた場合、墓地の治療士 軫宿以外の七星宿モンスターを手札に加えることができる。墓地の星宿を手札に加えるわ!」

桜叶「これは・・・・」

朱南「そして手札より、七星宿の僧侶 井宿を召喚!」

井宿(ちちり)「のだ~♪」
<ATK 0>

朱南「本来なら、七星宿の共通効果で七星宿モンスターを捨てることもできるんだけど、今回は使わないわ。その代わり、井宿がいる時に通常召喚に加えてもう1度だけ、召喚できるわ!」

けやぐ「oO〇{あ、これヤバい....)」

朱南「来て、七星宿の煌帝 星宿!」

井宿が被っている三角錐型の編傘から、星宿が出てくる演出が施される。

星宿(ほとほり)「やっと私の出番か。」
<ATK 1700>

朱南「んー、先にこっちかな?」

桜叶「ん...?」

朱南「私は、墓地の治療士軫宿の効果発動!除外されている七星宿モンスター1体を対象に、自身を除外して発動できる!私は、除外されている鬼宿をEXデッキに戻すわ。」

女宿「げげ・・・・と言うことは・・・」

朱南「前のターンで回収した、七星宿 朱雀の神座宝を発動!場の井宿と張宿を融合!南方の星を守護する“井”の字を持つ戦士よ、南方の星を守護する“張”の字を持つ頭脳よ!2つの星が重なり輝きが増す時、“鬼”の字を持つ戦士が現れん!
融合召喚!2度現れて!七星宿の闘気士 鬼宿!」

鬼宿「おっ、さっきよりも人が多いぞ!」
<ATK 2500>

朱南「鬼宿の効果!桜叶のデッキトップ3枚を除外する!エクセプトアップ!!」

鬼宿「はぁああ!!」
再び手から気弾が桜叶のデッキトップに放たれ、カード3枚が宙に舞う。

桜叶「クッ・・・」
除外 6枚

朱南「そして鬼宿の永続効果。桜叶ちゃんの除外ゾーンには6枚、私の除外ゾーンには3枚。よって女宿の攻撃力は1800ポイントダウン!」

女宿「あわわわ(汗)」
<ATK 3200>→<ATK 1400>

桜叶「っ!」

朱南「まだよ!リバースカードオープン。七星宿 朱雀の太微垣を発動!このカードは、墓地の七星宿モンスターを除外することで、相手カードを破壊することができるわ!」

けやぐ「oO〇{うわぁ...エグゥ....)」

朱南「墓地の張宿を除外して女宿を破壊!」

桜叶「この時、リバースカードオープン!永続罠、牛宿の巨大煙管を発動!これを女宿に装備する!そして、装備モンスターが破壊される場合、巨大煙管を身代わりにできるわ!」

女宿「うっぐ!(汗)」

パリィィン!!

朱南「だけどこれで、女宿の攻撃力はさらに200ポイントダウンするわ。」

女宿「っ!」
<ATK 1200>

星宿「なんか、ここまでやると、流石にお相手さんが可哀想になってくるな( ̄▽ ̄;)」

聖療士軫宿「仕方がない。ここの主はデュエルの組み立てが初めてだからな。あるあるだろう。」

朱南「バトル!星宿で女宿に攻撃!」

星宿「やむ終えん!覚悟!はぁぁああああ!!」
<ATK 1700>

女宿「う、うわぁぁぁあああ!!!」

ズバシュッ!!
ドパリィィン!!

桜叶「くっ・・・女宿・・・!」

LP 8000→7500

朱南「続けて、軫宿と鬼宿で桜叶ちゃんにダイレクトアタック!」

鬼宿「はぁぁああああ!!」

軫宿「ふんっ!!」

LP 7500→5000→2200

朱南「私はこれでターンエンド!」


朱南 LP4800
手札0枚
場 闘気士鬼宿、聖療士軫宿、星宿
セット 無し
除外 3枚

桜叶 LP2200
手札3枚
場 無し
セット 成し
除外6枚


桜叶「流石です。やはりこうで無くては盛り上がりませんね♪」

朱南「えへへ~♪褒められちった♪」

《ターン4》

桜叶「ですが、やるからには私も全力でやらせて頂きます。私のターン、ドロー!!」

桜叶「!!」キリッ

鬼宿「気を付けろ朱南!あの目・・・」

朱南「ふえ?」

桜叶「うふふ♪ええ、その通りです。私もやらせて頂きます。七星宿 桜叶(わたし)の首飾り!」

桜叶の首に大きく装飾が施された首飾りが掛けられる。

桜叶「この首飾りは、デッキから玄武の神座宝カード1枚をセットして発動します。EXデッキの七星宿Xモンスター1体選択し、そのモンスターと同じ数値になるように、デッキから特殊召喚し、その2体で選択したXモンスターをX召喚しますわ。」

朱南「ん・・・」ゴクリ

桜叶「私はEXデッキより、七星宿の北方神 玄武を選択し、デッキより来て、七星宿の妓女 牛宿、そして七星宿の聖歌 危宿!」

牛宿(いなみ)「・・・・」ムスッ
星2→星4
<ATK 600>→<ATK 0>

危宿(うるみや)「・・・・」
星2→星4
<ATK 800>→<ATK 0>

桜叶「そしてこの2体でエクシーズ召喚!
北方の星を守護する“牛”の字を持つ戦士よ。北方の星を守護する“危”の字を持つ聖歌よ!
2つの星が重なり輝きが増す時、四神の一角が大地を揺るがす!エクシーズ召喚!
大地を踏み締め星の輝きに希望を与えよ!七星宿の北方神 玄武!」


ドドドドド!!


物凄くデカイモンスターのようで全容が見えず、上半身の一部しか表示されておらず、そのあまりの大きさに、周りでデュエルをしていた人達が一斉にこちらを振り向いた。どうやら、ここのデュエルスペースでやるには、この施設では小さすぎるようだ。



玄武「ゴォォォォォオオオオ!!!」
<ATK 2300>→<ATK 500>


朱南「うわぁ....凄い迫力...皆見てるよ...」

けやぐ「oO〇{おしっこチビりそう。)」

桜叶「あわわわわ(汗)」

朱南・けやぐ・鬼宿・星宿・軫宿「oO〇{本人が1番驚いてる...)」

桜叶「あ、どうもすみません。大変お騒がせ致しました(汗)」ペコペコ

あたふたしながら周りの人に謝罪する。

けやぐ「oO〇{大丈夫かよ( ̄▽ ̄;))」

けやぐ「桜叶さん、焦らずゆっくりで良いですよ。」

桜叶「あ、はい(汗)」

桜叶「えと、玄武の効果発動!このカードのX素材を1つ取り除き、デッキからレベル4以下の七星宿モンスターを墓地に送り、EXデッキからランク3の七星宿Xモンスターを呼び出すわ。私は牛宿を取り除き、デッキから七星宿の命石 壁宿を墓地へと送り、来て!ランク3、七星宿の巨人石 壁宿!」

巨人石壁宿「ぐぉぉぉぉ!」ガシン
<DEF 3000>

朱南「(;〇_〇)」

けやぐ「玄武程では無いが、でかいな( ̄▽ ̄;)」

桜叶「そして、取り除かれた牛宿は巨人石壁宿のX素材になるわ。更に手札より、魔法カード、七星宿 青龍の天市垣を発動!墓地の女宿と斗宿を手札に加える!」

朱南「その瞬間、軫宿の効果発動!このカードをリリースして、フィールド、墓地から七星宿モンスターによって決められたモンスターを除外し、融合召喚を行う!」

桜叶「!!」

朱南「私は、場の星宿と、墓地の井宿を除外!南方の星を守護する“井”の字を持つ戦士よ、南方の星を守護する”星“の字を持つ戦士よ、2つの星が重なり輝きが増す時、四神の一角が火を羽ばたかん!
融合召喚!焔を吹き鳴らし星の輝きに希望を与えよ、七星宿の南方神 朱雀!」


朱雀「ピ~~~ヒョロロロロ!!!」
<ATK 2000>


朱南のバックに赤く大きく神々しく、赤い光が散りばめられる。
そしてまたもや、周りの人々を驚かせ、気が付けば、周りには人だかりができていた。

朱南「そして朱雀の効果発動!今手札に加えようとしたカードと+1枚、合計3枚を墓地から除外するわ!」

けやぐ「朱南、それプレミだぞ。」

朱南「え?」

けやぐ「チェーン順として、青龍の天市垣、聖療士軫宿の効果で朱雀の呼び出しまでがチェーン。つまり、呼び出した次に青龍の天市垣が適用され、桜叶の手札には、斗宿、そしてEXデッキに女宿が戻るぞ。」

朱南「なっ!?」

けやぐ「しかも、南方神朱雀は融合召喚に成功した“時”だ。タイミング逃して墓地除外もできないぞー」

朱南「んな!?ああああ~~~しまった~~~!!!私としたことがぁぁ(汗)」

桜叶「ふぅ・・・・危なかった・・・・」

朱南「だ、だけど、南方神朱雀の永続効果で、お互いの除外されているカードの枚数×200ポイント。七星宿炎属性の攻撃力を上げるわ!今除外されているカードは全部で11枚!よって私のモンスター達の攻撃力は、それぞれ2200ポイントアップ!」

鬼宿「・・・・」
<ATK 2500>→<ATK 4700>

朱雀「・・・・」バサァ
<ATK 2000>→<ATK4200>

桜叶「だとしても、やるしか無いわね。七星宿の水士 斗宿を召喚!」

斗宿「.....」キリッ
<ATK 1600>→<ATK 0>

桜叶「そして斗宿の効果。墓地の七星宿モンスター1体を対象に、レベルの合計をそれぞれ合計にした数値にして特殊召喚!蘇って、七星宿の弓術士 虚宿!」

虚宿「ちぃーっす」ヨッ
<ATK 1200>→<ATK 0>

斗宿 星2→星4
虚宿 星2→星4


斗宿「虚宿、場を弁えなさい」

虚宿「へいへい。全く斗宿は硬いなー」ヤレヤレ

斗宿「....」ムッ

桜叶「喧嘩なら後でやって頂戴!行くわよ2人共!私は、レベル4となった斗宿と虚宿でオーバーレイネットワークを構築!2度現れよ、七星宿の風斬鬼 女宿!」

女宿「どもどもーまた会ったなー♪」

鬼宿「ケッ、しぶとい奴だぜ。」

桜叶「まだよ!今、この場には女宿と玄武がいるわ!私は、北方神 玄武と、女宿でオーバーレイネットワークを再構築!
北方を守護する“女”の字を持つ戦士よ、北方の四神を守護する亀(きゅう)よ!
七星と四神の2つが重なり銀色の輝きが増す時、新たなる“女”の字が現れん!
エクシーズ召喚!白銀を纏い大地を揺るがせ!七星宿の覚醒玄武 女宿!」

覚醒玄武 女宿「うっひょーい!格好良い~♪」
<ATK ?>

桜叶「さらに女宿と北方神玄武の共通効果!そのモンスターが元々持っていたX素材を、そのまま引き継ぐことができるわ!」

朱南「えぇぇぇぇ~~(汗)」

桜叶「よって今の女宿が持っているX素材は全部で、5体!そして覚醒玄武もまた、素材にしているモンスターの攻撃力と守備力を引き継ぐわ。」

覚醒玄武 女宿「おぉぉぉぉ~~~!?」
(危宿、北方神玄武、斗宿、虚宿、女宿素材)

桜叶「よって攻撃力5900!」

朱南「だけど鬼宿の永続効果で2200ポイントダウンするわ!」

覚醒玄武 女宿「チッ...」
<ATK 5900>→<ATK 3700>


桜叶「覚醒玄武 女宿のX素材になっている虚宿の効果発動!このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドのカードを除外するわ!私は朱雀を除外する!行って、覚醒女宿、虚宿!」

覚醒女宿・虚宿「おう!」

桜叶「氷の弓矢!」

朱南「させない!私は墓地の朱南(わたし)の指輪の効果発動!七星宿融合モンスター1体を選択し、このターン、そのモンスターはカードの効果を受けないわ!」

桜叶「しまった!」

朱南「お願い、朱雀を守って!!」

左手薬指に付けられている指輪の赤い宝石から目映い光を放ち、朱雀を氷の弓矢から守り、終わると指輪諸とも破壊された。

桜叶「oO〇{ガードされた上にまたカードが除外されて、更にこちらが不利になってしまったわね...だけどまだ手はある。何とか凌がなくてわ...)」

桜叶「私はこれでターンエンドよ。」


けやぐ「oO〇{朱雀チームもエグイけど、玄武チームの持久力も中々エグイな( ̄▽ ̄;)誰だよこんなん考えた奴w)」


桜叶
LP2200
手札 2枚
場 覚醒玄武 女宿 <ATK 3500>
(危宿、北方神玄武、斗宿、虚宿、女宿素材)
巨人石壁宿 <DEF 3000>
(牛宿素材)
セット 1枚
除外 6枚

朱南 LP4500
手札0枚
場 闘気士鬼宿 <ATK 4900>
南方神朱雀 <ATK 4400>
セット 無し
除外 6枚


《ターン5》

朱南「私のターン!ドロー!!」

朱南「・・・oO〇{このカードは!?)」

桜叶「その瞬間、私は墓地の玄武の神座宝の効果発動!墓地の壁宿と一緒に、覚醒女宿のX素材にする。これで覚醒女宿の攻撃力は1500ポイントアップするわ。」

覚醒女宿「へへっ!」
<ATK 3500>→<ATK 5000>

朱南「oO〇{鬼宿や朱雀の永続効果で攻守を上げ下げしているのに、攻撃力5000...ダウンして無かったら恐ろしいわね...)」

けやぐ「oO〇{12枚除外されているから、それが無かったら覚醒女宿の攻撃力は7400か・・・・・やば・・・・)」

朱南「ん...私は、墓地の南方朱雀の神座宝の効果発動!除外されている七星宿炎属性モンスター1体をデッキに戻し、手札に加えるわ!除外されている治療士軫宿をデッキに戻し、手札に加え、そしてそのまま発動!魔法カード、七星宿 南方朱雀の神座宝!これで場の朱雀と鬼宿を融合させるわ!」

桜叶「させない!私は、壁宿のX素材になっている牛宿の効果発動!X素材を1つ取り除き、相手が発動した魔法・罠カードの発動と効果を無効にし、破壊する!」


パリィィン!


朱南「んん!」

鬼宿「朱南!」

桜叶「これで、除外されているカードが11枚になったことにより、覚醒女宿の攻撃力は、5200ね。」

朱雀「・・・・・・」バサッ
<ATK 4200>

鬼宿「・・・・っ」
後ろを振り返り朱南の様子を見る。
<ATK 4700>

朱南「大丈夫....本命はこっちよ!装備魔法、七星宿 翼宿の鉄扇!」

鬼宿「は?」

朱南「このカードは、除外されているモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する!私が呼び出すのは勿論、翼宿よ!」

翼宿「ぬはははは!!遂に来たかワイの鉄扇!全くもう愛したるでワイの鉄扇~♪」ランラン♪

桜叶「(汗)」

朱南「ちょっと翼宿!静かにしてよ!集中できないでしょう!?」

翼宿「おっ?なんやなんや?ワイが見ない内に何か凄いことになーっとんなー♪なっははははは♪」

朱南「全くもう...人の話し聞かないんだから....更に、装備されたモンスターが翼宿だった場合、さらに私はデッキからカード1枚、ドローする!」

朱南「更に、鉄扇の効果発動!このカードが翼宿に装備されている場合、墓地または除外されているモンスターの中から、七星宿炎属性モンスター1体を特殊召喚する!もう一度来て、七星宿の聖療士 軫宿!」

桜叶「!?」

聖治士軫宿「・・・・・」

朱南「そして手札より、魔法カード、パラレルツイスターを発動!」

桜叶「えっ?(汗)」

朱南「この効果で、鉄扇と、覚醒玄武女宿を破壊する!!」

翼宿「なんやってーー!!おい朱南!やめてくれ!考え直してくれへんか!?それだけは!それだけはーー!!」

朱南「破壊!!」

翼宿「ぎゃぁぁぁぁあああ!!」

覚醒玄武女宿「うわぁぁああああ!!!」


パリィィン!!


桜叶「なっ....女宿が、一瞬で....」

けやぐ「oO〇{あ、桜叶さんプレミした...分かった方は、コメントに書いて見てね☆)」

朱南「更に、フィールドから離れた鉄扇の効果、このカードがフィールドを離れた場合、お互いの除外されているカードの枚数×200ダメージを桜叶ちゃんに与える!今除外されているカードは10枚!翼宿!」

翼宿「おんんのれ良くもワイの鉄扇をーーー!!!悪魔!鬼、人でなしーーー!!!」

ボォォォォォォオオオオ!!!

桜叶「(#〇_〇#)」コゲコゲ
LP2200→LP200

朱南「バトル!翼宿で巨人石壁宿に攻撃!」

翼宿「ええいこうなったらヤケクソじゃーー!!たーすーきーキーーック!!」
<ATK3800>

巨人石壁宿
<DEF3000>

巨人石壁宿「グォォォォオオオ!!」


パリィィン!!


桜叶「あっ、巨人石壁宿の効果発動!壁宿が破壊された場合、巨人石壁宿をEXデッキに戻し、墓地から壁宿の本体を特殊召喚できるわ!」

壁宿「・・・・・・!?!?!?!?」
<ATK 2000>

朱南「なら、聖療士軫宿で壁宿に攻撃!!」

鬼宿「アイツ鬼だ!」

壁宿「(;〇дΟ)」

聖療士軫宿「ごめんな。せめて優しくするからな。」
<ATK4800>


フワァァァァ✨✨
蛍色の光が壁宿を包み込む。


壁宿「(*〇▽Ο)」ナニコレキモチィ...

桜叶「ちょっと壁宿さん!?」

朱南「続けて、鬼宿で桜叶ちゃんにダイレクトアタック!!」

鬼宿「もう、こんなのイヤだぁぁぁぁああ!!!」
<ATK 4500>

パーンチ!

桜叶「キャァァァアア!!!」

LP200→LP0

朱南「イエーイ勝ったーー!( ≧∀≦)ノ」








その後、帰路に付いたけやぐ、朱南、桜叶の3人。




朱南「あ~~楽しかった~♪またデュエルやろうね。桜叶ちゃん!」

桜叶「え、えぇ、そうね。またやりましょうね♪だけど次は私が勝つからね!」

朱南「私だって~!」

けやぐ「ふっざけんじゃねぇよ二度とデュエルなんぞさせるか!疲れたわい!」

朱南「疲れたって、けやぐ突っ立てただけじゃない。」

けやぐ「うるせー!疲れたもんは疲れたんだ!二度と俺の所で七星宿のデュエルなんぞさせるもんか!」

桜叶「えっ?じゃあ、天干獣のデュエルなら良いの?」

けやぐ「ぜってーやだ。あんなクソ難しいカテゴリを扱う奴の気が知れないわ!」

朱南「自分で作ったカテゴリなのに?」

けやぐ「当然だわ!あんな複雑にしやがって全くよーw」

けやぐ「とにかく、今日は帰って寝る!お前らは、寝るなり帰るなり好きにしろ!」

桜叶「うふふ♪では、お言葉に甘えさせて頂きますね。」

朱南「???」

けやぐ「あーあ、これで満足してくれるかなーー!」










END

使ってみた感想。

疲れた!只々疲れた!
プレミさせて決着を早めたデュエル、如何でしたでしょうか?
もし、あそこで除外に成功していたら....もしあそこで効果を発動していたら....
そんなことを考えるだけで、恐怖すら感じますね!
全く、誰だよこんなクソ面倒なカテゴリ作りやがった奴は!

そしてこのデュエルはですね、名無しのゴーレムさんの小説で、私の七星宿を使って貰いまして、じゃあちょっと試しにウチの方でもやってみようかな?と言うことで書いてみました。
一歩間違ったら普通に制圧しちゃいますねw

名無しのゴーレムさん、こんなクソ難しくて面倒なカテゴリを使って頂き、誠にありがとうございました!
私は、二度とこちらでデュエルを致しません!

ありがとうございました!!






現在のイイネ数 0
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
16 第1話 絶望しかありません!! 198 0 2020-12-10 -
4 第2話 体が絶望しました。 96 0 2020-12-17 -
3 第3話 絶望を希望に! 77 0 2020-12-28 -
4 第4話 やっぱり絶望しかありませんでした 91 0 2021-01-11 -
1 第5話 切実な絶望 45 0 2021-03-11 -
0 第6話 デュエルをしてみた。 66 0 2021-04-30 -

更新情報 - NEW -