HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王デュエルモンスターズEXS(イクス) > 第八十六話「タッグメイクデュエル②」

遊戯王デュエルモンスターズEXS(イクス)/第八十六話「タッグメイクデュエル②」 作:イクス

第八十六話「タッグメイクデュエル②」


6・遊太のターン

「ボクのターン、ドロー! それにしてもやるよね、相手も……」
「うん、そう思うよ。」
タクマ・絶斗ペアに思わぬ苦戦を強いられる遊太・剣太郎ペア。ライフ差は1000くらいだが、モンスターやカードの差がある。
「でも、相手がそう来るなら……」
「くぅっ!」
「!? あれは、知多君と熊五郎君のペア?」
相手は、リトルバードのヒカリとアオイのペア。二人は余裕綽々といった表情をしている。
「くっ、これじゃあ……」
対する知多と熊五郎は、苦々しい表情を浮かべている。
「苦戦している? 知多君の新デッキの威力は十二分に発揮されているはずなのに……」
「おい、どうするよ? このままじゃジリジリと追いつかれちまうぞ?」
「ううむ……難しいところですわね」
カリンとアキラの対戦相手、ファントムとクロウリーのペア。二人もどうやら苦戦しているようだった。 
それもそのはず、二組のデュエルを見てみると。


1・知多のターン

「俺のターン!」
「俺は手札から、速攻魔法『イモータルの贄』を発動じゃん! 手札・フィールドより『イモータル』モンスターを破壊して、デッキより2枚ドローするじゃん。俺は手札の『イモータル・スケルトン』を破壊し、2枚ドローじゃん!」(知多墓地0→2)
「更に、『イモータル』カードで破壊されたスケルトンは、デッキから『イモータル』モンスターを墓地へ送れる。俺はデッキより、『イモータル・コカトリス』を墓地へ送るじゃん」(知多墓地2→3)
「手札から永続魔法『ミイラの呼び声』を発動するじゃん。コイツは自分フィールドにモンスターがいない時、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できるじゃん! 俺は『ゴブリンゾンビ』を手札から特殊召喚するじゃん!」(知多手札5→3)
「更に手札から、レベル3チューナーの『ユニゾンビ』を召喚じゃん! このモンスターは、デッキからアンデット族モンスター1体を墓地へ送ることで、フィールドのモンスター1体のレベルを1上げることができるじゃん! 俺はデッキよりレベル1チューナーの『イモータル・クロロホルン』を墓地へ送り、『ゴブリンゾンビ』のレベルを4から5に!」(ゴブリンゾンビレベル4→5)(知多手札3→2)(知多墓地3→4)
「そして、墓地の『イモータル・クロロホルン』は、自分フィールドのアンデット族モンスター1体を破壊することで、墓地から特殊召喚できる。俺は『ゴブリンゾンビ』を破壊して、特殊召喚するじゃん! 更に、フィールドから墓地へ送られた『ゴブリンゾンビ』は、デッキより守備力1200以下のアンデット族モンスター1体を手札に加えられる。俺はデッキから、守備力700の『イモータル・ステップス』を手札に加える。更に、フィールド上のアンデット族モンスターが破壊された時、墓地から『イモータル・コカトリス』は特殊召喚できるじゃん!」(知多手札2→3)(知多墓地4→3)
「行くじゃん! 俺はレベル5の『イモータル・コカトリス』に、レベル1の『イモータル・クロロホルン』をチューニング! シンクロ召喚! 現れろ、永久凍土の白き不死身の獣! レベル6『スノーイモータル・ガルム』!」(知多墓地3→5)
吹雪の中より現れた、白き狼のアンデット。攻撃力は2500。
「俺はカードを1枚セットして、ターンエンドじゃん。そしてこのエンドフェイズ、『イモータル』カードで破壊された『イモータル・スケルトン』は、エンドフェイズに墓地から特殊召喚される!」(知多手札3→2)(知多墓地5→4)

知多

ライフポイント8000
手札枚数2枚
モンスター3体
『スノーイモータル・ガルム』(攻撃表示・攻撃力2500・水属性・レベル6)
『ユニゾンビ』(攻撃表示・攻撃力1300・闇属性・レベル3)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード1枚
『ミイラの呼び声』(永続魔法)
墓地の枚数4枚
除外されているカード0枚


「うぅ~、知多君デッキ変えてきたの? いきなりおっかないモンスターが出てきちゃったって、ヒカリちゃん!」
「大丈夫、ここはアタシが最初に行かせてもらうから。アオイちゃんは後から攻めてって」

2・ヒカリのターン

「アタシのターン、ドロー」(ヒカリ手札5→6)
「アタシは手札から、『ハーピィ・クィーン』を墓地へ送って、デッキよりフィールド魔法『ハーピィの狩場』を手札に加え、そのまま発動! このフィールド魔法は、鳥獣族モンスターの攻撃力・守備力を200アップさせる」(ヒカリ手札6→5)(ヒカリ墓地0→1)
突如として、知多たちが『ハーピィ・レディ』の大群に囲まれた! これが狩場なのだろう。
(いきなりあのカード、結構ヤバイじゃん?)
「そして手札から、永続魔法『ヒステリック・サイン』を発動して、デッキから『万華鏡-華麗なる分身』を手札に加えさせてもらうからね」
(来る……?)
「手札から、『ハーピィ・チャネラー』を召喚! そして、フィールド魔法の効果発動。『ハーピィ・レディ』が召喚・特殊召喚された時、フィールドの魔法・罠1枚を破壊する。その伏せカード、破壊させてもらうね!」(ヒカリ手札6→5)
(やはり来た!)
「永続罠『イモータルの輪廻』を発動じゃん! 更にガルムの効果、発動! 自分フィールドのアンデット族モンスターを任意の数破壊して、破壊した数だけフィールドのカードを無効化するじゃん! 俺は『ユニゾンビ』と、スケルトンを破壊して、狩場とチャネラーの効果をターン終了まで無効化するじゃん! デスアイス・ブレス!」(知多墓地4→6)
ガルムの白い吐息が、フィールドとチャネラーを氷漬けにする。効果は無効化されてしまった。
「そして、破壊されたスケルトンの効果で、デッキより『イモータル・クロウ』を墓地へ送って、アンデット族が破壊されたことで永続罠『イモータルの輪廻』の効果が発動して、デッキから『イモータル』モンスターを特殊召喚するじゃん!」(知多墓地6→7)
「うむむ、さすがに対策してくるよね~。一回見せちゃったし。じゃあ、こっち! 速攻魔法『ダブル・サイクロン』を発動! 自分フィールドの魔法・罠1枚と、相手フィールドの魔法・罠1枚を破壊する! アタシは永続魔法『ヒステリック・サイン』と、その永続罠を破壊するよ!」(ヒカリ手札5→4)
「ええっ、永続系はフィールドに存在できなくなると、効果が無効化されてしまう……!」
「その通り、これでデッキから特殊召喚できないね。更に、永続魔法『ヒステリック・サイン』の効果もエンドフェイズに適用されるよ」(ヒカリ墓地1→3)
「予期せず敵に塩を送ることになってしまったじゃん……」
「残念だったね」
「すごいよヒカリちゃん!」
「まーね。んじゃ、次。魔法カード『万華鏡-華麗なる分身-』を発動。『ハーピィ・レディ』がいる時、デッキから『ハーピィ・レディ』か三姉妹を特殊召喚するよ。アタシはデッキから『ハーピィ・レディ1』を特殊召喚!」(ヒカリ手札4→3)(ヒカリ墓地3→4)
「とは言っても、チャネラーの効果無効化しちゃったからもう1体は呼べないじゃん? そこからどうやってエクシーズとかするじゃん?」
「んじゃ、こうする。アタシはレベル4のチャネラーに、レベル4の『ハーピィ・レディ1』をチューニング!」
「えっ!? チューナーがいないのにシンクロを!?」
「このモンスターをシンクロする時、『ハーピィ』モンスターをチューナーの代わりにできる! シンクロ召喚! 現れてレベル8『ハーピィ・レディ・SC』!」(ヒカリ墓地4→6)
金色の『サイバー・ボンテージ』を身に纏った、『ハーピィ・レディ』。攻撃力は2600。
「攻撃力を上回られたじゃん!」
「行くよ、バトルフェイズ! 『ハーピィ・レディ・SC』の攻撃! スクラッチ・クラッシュ!」
「ぐっ! だけど、たかが100のダメージ、それにガルムは破壊されても墓地から特殊召喚できるじゃん! 更に、墓地のコカトリスはアンデット族が破壊された時、特殊召喚できるじゃん!」(知多ライフ8000→7900)
「チェーン発動! 手札から『D.D.クロウ』を墓地へ送って、効果発動! 相手墓地のカード1枚を墓地から除外するよ! よって、君のガルムは除外! 自自己再生は封じたよ!」(ヒカリ手札3→2)(ヒカリ墓地6→7)
「ヤベッ! こんな形で蘇生を封じられるなんて!」(知多墓地7→6)(知多除外0→1)
「メインフェイズ2に入って、リバースカードを1枚セットしてターンエンド」(ヒカリ手札2→1)
「墓地へ送られた『ヒステリック・サイン』の効果、デッキから『ハーピィ』カードを3枚手札に加える」
「このターンのエンドフェイズ、スケルトンは復活するじゃん」(知多墓地6→5)
「『ハーピィの羽根吹雪』『ハーピィ・オラクル』『ハーピィの羽根箒』を手札に。このエンドフェイズにフィールド魔法狩場の効果は復活する……で、いいのかな?」(ヒカリ手札1→4)

ヒカリ

ライフポイント8000
手札枚数4枚
モンスター1体
『ハーピィ・レディ・SC』(攻撃表示・攻撃力2800・風属性・レベル8)
魔法・罠ゾーンのカード1枚
発動しているカード1枚
『ハーピィの狩場』
墓地の枚数7枚
除外されているカード枚


3・熊五郎のターン

「オラのターン、ドロー」(熊五郎手札5→6)
「手札から、モンスターを1体墓地へ送り、手札からレベル5の『虚栄の大猿』を特殊召喚するんだな。そして、自身の効果で特殊召喚されたこのモンスターは、墓地へ送ったモンスターのレベルだけこのモンスターのレベルを上げるか下げるかできるんだな。手札から墓地へ送ったのは、レベル2の『森の聖獣カラントーサ』なため、レベルを2下げるんだな」(熊五郎手札6→4)(熊五郎墓地5→6)(虚栄の大猿レベル5→3)
「そして手札から、レベル2チューナー『森の聖獣ヴァレリフォーン』を召喚。手札1枚を捨てて、墓地のレベル2以下の獣族1体を特殊召喚するんだな。オラは墓地に存在するカラントーサを特殊召喚するんだな!」(熊五郎手札4→2)
「待つじゃん熊五郎! それは危険じゃん!」
「なら、手札から罠カードを発動しちゃおっかな~」
「て、手札から罠カードだと!?」
「だから言ったじゃ~ん……」
「罠カード『ハーピィの羽根吹雪』を発動。自分フィールドに鳥獣族・風属性がいる時、相手の発動したモンスター効果を無効化する。自分フィールドに『ハーピィ』がいれば、このカードは手札から発動できるから」(ヒカリ手札4→3)(ヒカリ墓地7→8)
「となると、カラントーサの効果は無効化なんだな」
(でも、こっちのカードは使えるんだな)
「オラはレベル3となっている『虚栄の大猿』に、レベル2のヴァレリフォーンをチューニング! シンクロ召喚! 現れろ、レベル5『ナチュル・ビースト』!」(熊五郎墓地6→8)
虎みたいなモンスターが現れる。攻撃力は2200程度だが、恐ろしい能力を持っている。
「このモンスターが表表示である限り、デッキからカードを2枚墓地へ送ることで、魔法カードを無効化できるんだな」
「おっ、やった! これなら次のターンから魔法カードっていう相手の起点を封じられるじゃん!」
「じゃあ罠カード『奈落の落とし穴』を発動。相手が攻撃力1500以上のモンスターを召喚・特殊召喚・反転召喚した時、それを破壊して除外する」(ヒカリ墓地8→9)
「げぇっ! よりにもよって、そんなカードを伏せていただか!?」(熊五郎墓地8→9)(熊五郎除外0→1)
「更に、魔法・罠の効果が発動したことで、SCの効果発動。相手モンスターを1体手札に戻す。ちょうどそのスケルトンは破壊されたら復活するんでしょ? じゃあソイツを君の手札に戻させてもらっちゃおうかな~」
「ああっ、やべェじゃん!」
「ううっ、タッグデュエルでパートナーのモンスターが、片方の手札やデッキに来たら、大変なことになっちまうだ!」
「そう、墓地は共有できるから良いとして、手札やデッキの共有はできない。手札に戻しちゃえば、ワンテンポ送れちゃうよ」
「……やっぱりこのアイドルたち、タッグデュエルを知り尽くしているだ!」
「双子アイドルやからね~」
「やべえだ……」(熊五郎手札2→3)
「リバースカードを1枚セットして、ターンエンドだ……」(熊五郎手札3→2)

熊五郎

ライフポイント8000
手札枚数3枚
モンスター1体
『森の聖獣カラントーサ』(守備表示・守備力1400・地属性・レベル2)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード1枚
『ミイラの呼び声』(永続魔法)
墓地の枚数9枚
除外されているカード1枚


4・アオイのターン

「んじゃ、あたしのターン、ドローッ!」(アオイ手札5→6)
「あたしは手札から、魔法カード『神鳥の排撃』を発動。手札の鳥獣族1体をコストに、相手の魔法・罠を全て手札に戻すよ! 手札の『護神鳥シムルグ』を捨てて、相手の魔法・罠を全て手札に戻す! 更に、SCの効果でカラントーサを手札に戻すよ」(アオイ手札6→4)(アオイ墓地9→11)
「ま、また手札に戻す効果だか!?」
「やべえじゃん!」
「だども、そう簡単にはやらせね! 速攻魔法『スケープ・ゴート』を発動だ! このカードは、このターンの召喚を封じる代わりに、羊トークンを4体特殊召喚できるだ!」(熊五郎墓地9→10)
熊五郎のフィールドに、4体の身代わり羊が現れる。守備力は0だが、4体も場に並べられたら鬱陶しい。
「知多の『ミイラの呼び声』はオラの手札に来ちまうが、とりあえず壁は多い方が良いだからな!」(熊五郎手札3→5)
「あ~ん、どうしよ~! モンスター並べられちゃったよ~!」
「大丈夫大丈夫。守備力は0なんだから、簡単に倒せるって」
「うん。頑張るね」
「手札から速攻魔法『スワローズ・ネスト』を発動。フィールドの鳥獣族モンスター1体をリリースして、同じレベルの鳥獣族モンスターをデッキから特殊召喚する。ヒカリちゃん、モンスター借りるよ!」
「オッケー、遠慮無く使って」
「うん! あたしはレベル8のSCをリリースして、デッキからレベル8の『烈風の覇者シムルグ』を特殊召喚! おいで、あたしの切り札モンスター!」(アオイ手札4→3)(アオイ墓地11→13)
『ハーピィ・レディ』が、冠を被ったような神の鳥。攻撃力は2900。
「ヒカリちゃんのおかげで、あたしの大型モンスターを呼び出せたよ!」
「うん。そのために出したんだからね~」
「更に手札から『九蛇孔雀』を召喚! 更に、相手フィールドに魔法・罠が存在しない時、墓地の『護神鳥シムルグ』は特殊召喚できるよ!」(アオイ手札3→2)(アオイ墓地13→12)
「バトルフェイズ! シムルグと『九蛇孔雀』で、羊トークンを攻撃!」
「だども、守備表示だからダメージは受けねだ!」
「メインフェイズ2に入って、リバースカードを2枚セットしてターンエンド!」(アオイ手札2→0)

アオイ

ライフポイント8000
手札枚数0枚
モンスター3体
『烈風の覇者シムルグ』(攻撃表示・攻撃力2900・風属性・レベル8)
『九蛇孔雀』(攻撃表示・攻撃力1200・風属性・レベル3)
『護神鳥シムルグ』(守備表示・守備1000・風属性・レベル4)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード1枚
『ハーピィの狩場』(フィールド魔法)
墓地の枚数12枚
除外されているカード0枚


5・知多のターン

「俺のターン、ドローじゃん!」(知多手札2→3)
「俺は手札から、『ゾンビ・マスター』を召喚! 効果発動。手札の『イモータル・クロウ』を墓地へ送って、墓地からレベル4以下のアンデット族モンスター1体を特殊召喚するじゃん! 俺は墓地の『ゴブリンゾンビ』を特殊召喚して……」(知多手札3→1)
「じゃあチェーンして罠カード『リリース・リボーン』を発動するね。フィールドのカード1枚を墓地へ送って、墓地からモンスター1体を特殊召喚するね。フィールド魔法『ハーピィの狩場』を墓地へ送って、墓地の『ハーピィ・レディ・SC』を特殊召喚するね」(アオイ墓地12→13)
「更に魔法・罠の効果が発動した時、烈風の覇者の効果が発動! 自分フィールドの風属性・鳥獣族モンスターを1体リリースして、相手フィールドのカードを1枚デッキに戻す! 『九蛇孔雀』をリリースして、『ゾンビ・マスター』にはデッキに戻ってもらうよ!」(アオイ墓地12→13)
「……無効化はされてないから、『ゴブリンゾンビ』は特殊召喚されるけど、『ゾンビ・マスター』はデッキに帰ってしまうじゃん!」
「ついでに、リリースされた『九蛇孔雀』の効果。リリースされたらデッキ・墓地からレベル4以下の風属性モンスター1体を手札に加えられる。あたしはデッキからレベル2の『招神鳥シムルグ』を手札に!」(アオイ手札1→2)
「後続まで確保されたじゃん!」
(手札のこのカード、魔法カード『生者の書-禁断の呪術-』……墓地のアンデット族1体を蘇生して、相手墓地のモンスターを除外できるカード……でも、SCがある以上、魔法カード使ったら悪手になっちゃうな……ここは!)
「自分フィールドのアンデット族1体を破壊して、墓地から『イモータル・クロロホルン』を特殊召喚するじゃん! ついでに、破壊された『ゴブリンゾンビ』の効果が発動して、デッキから守備力1200以下のアンデット族1体『イモータル・ステップス』を手札に加えるじゃん」(知多手札1→2)
「そして、アンデット族モンスターが破壊されたことで、『イモータル・コカトリス』は墓地から特殊召喚できるじゃん!」(知多墓地9→8)
「レベル5のコカトリスに、レベル1のクロロホルンを……」
「罠カード『風霊術-「雅」』を発動! 自分フィールドの風属性モンスター1体、『護神鳥シムルグ』をリリースして、相手フィールドのカードをデッキの一番下に戻すよ。更に魔法・罠カードが発動された時、SCの効果が発動して、クロロホルンを手札に戻す! そして雅の効果で、コカトリスはデッキに戻る!」(アオイ除外0→1)(アオイ墓地13→14)
「ああっ、そんなこと!」(知多手札2→3)
「おいおい、アオイちゃんちょっと飛ばしすぎんとちゃう~? あんまりファンいじめたらいかんよ~」
「ぐっ……ターンエンドじゃん……」

知多

ライフポイント8000
手札枚数3枚
モンスター2体
『羊トークン』(守備表示・守備力0・地属性・レベル1)×2
魔法・罠ゾーンのカード0枚
発動しているカード0枚
墓地の枚数8枚
除外されているカード0枚


「どう? あたしとヒカリちゃんとのタッグは無敵なんだよ! 前に遊太君が教えてくれたんだよ!」
「前、遊太君があたしがハーピィをいっぱい出してアオイちゃんがリリースすればって。でもこのまんまじゃ、その戦略出さずに勝っちゃうかもね~」
「手札やデッキに戻すのを多用するデッキって、俺のデッキと相性最悪じゃん! 破壊を介さないから、『イモータル』の耐性がほぼ意味ないものに……」
「オラも、モンスターの威力の差で負けちまってるだ……残ったのは羊トークンぐらいだ」
「ヤバイじゃん……」


そして、アキラ・カリンペアの二人も。

「クロウリー、ボクが先に行かせてもらうよ」
「うんっ、頑張ってね!」

1・ファントムのターン

「ボクのターン」
「魔法カード『二重召喚』を発動。このターン、通常召喚を二回行える」(ファントム手札5→4)(ファントム墓地0→1)
「ボクはモンスターを2体セットして、カードを2枚セットしてターンエンド」(ファントム手札4→0)

ファントム

ライフポイント8000
手札枚数0枚
モンスター2体
(裏守備表示)×2
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード0枚
墓地の枚数1枚
除外されているカード0枚


「随分静かなターンですわね。なら遠慮無く攻めさせてもらいますわよ」
「だが、前戦った時デッキの全容がわからなかったんだろ? アイツのデッキがどんなデッキかわからない以上、うかつに攻めるのはダメだと思うがな」
「なら、攻め手を変えさせてもらいましょうか」


2・カリンのターン

「私のターン、ドロー」(カリン手札5→6)
「私は手札から『マンジュ・ゴッド』を召喚。召喚に成功したことで、デッキから儀式魔法か儀式モンスターを……」(カリン手札6→5)
「はい、儀式はダメだよ~。永続罠『ジャンクスリープ』を発動! 相手がモンスターの召喚・特殊召喚に成功した時、自分フィールドの裏守備モンスターを全て攻撃表示にする! ボクは裏守備となっている『ソニック・ジャマー』と『ガード・ドッグ』を攻撃表示にする!」
ファントムのフィールドのモンスターが表となって現れる。攻撃力は350に1500とその程度だが、リバースしたことで……! 
「『ソニックジャマー』のリバース効果発動。相手は次のターンのエンドフェイズ終了まで、相手は魔法カードを発動できない。さらにリバースした『ガード・ドッグ』はこのターンの相手の特殊召喚を封じる!」
「な、なんですって……!?」
「オイオイ、いきなり儀式を封じられちまったな。どうするよ?」
「……デッキより『祝祷の聖歌』を手札に加え、バトルフェイズ! 『マンジュ・ゴッド』で、『ソニックジャマー』を攻撃ですわ! 万手・観音掌!」
「速攻魔法『月の書』を発動。フィールドのモンスター1体を裏守備表示にする。『マンジュ・ゴッド』は裏になってもらうよ」(ファントム墓地1→2)
「……カードを2枚セットして、ターンエンド」(カリン手札6→4)
「『ジャンクスリープ』の効果、エンドフェイズに自分のモンスターを全て裏守備にする。これでもう一回発動可能になったな」

カリン

ライフポイント8000
手札枚数4枚
モンスター1体
『マンジュ・ゴッド』(裏守備表示・守備力1000・レベル4・光属性)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード0枚
墓地の枚数0枚
除外されているカード0枚


「どうやらあなたのデッキは、リバースモンスターを駆使して戦況をコントロールするデッキのようですわね。そんな名前のクセに」
「ファントムはオペラ座の裏舞台に潜む。故に裏を駆使するデッキなのは当たり前のことだろう?」
「裏……ですか」
(しかし、あの永続罠は厄介だな。恒久的にあんなモンスターをリバースされたら、魔法や特殊召喚に頼ったこっちは動きを封じられちまう……なんとかしてえな。とは言っても、次は相手ターンなんだが……)


3・クロウリーのターン

「アタシのターン、ドローッ!」(クロウリー手札5→6)
「フィールド魔法『ゴーストリック・ハウス』を発動! 更に、『ソニック・ジャマー』を反転召喚して、モンスター1体とカードを2枚セットして、ターンエンド! 永続罠『ジャンクスリープ』で、『ソニックジャマー』は裏守備に!」(クロウリー手札6→3)

クロウリー

クロウリー

ライフポイント8000
手札枚数3枚
モンスター3体
『ソニックジャマー』(裏守備表示・守備力650・風属性・レベル2)
『ガード・ドッグ』(裏守備表示・守備力500・地属性・レベル3)
魔法・罠ゾーンのカード3枚
発動しているカード2枚
『ゴーストリック・ハウス』(フィールド魔法)
『ジャンクスリープ』(永続罠)
墓地の枚数2枚
除外されているカード0枚


4・アキラのターン

「俺のターン、ドロー!」(アキラ手札5→6)
(……魔法カードを使わないで、このターンどうやって相手を崩せってか。アイツの、カリンの伏せカードは? ……『緊急儀式術』と、『リターン・オブ・ザ・ワールド』? なるほど、コレを使えってか?)
「俺は手札の『青眼の白龍』を相手に公開し、手札の『青眼の亜白龍』を特殊召喚する!」(アキラ手札6→5)
「この瞬間、アタシは罠カード『底なし落とし穴』を発動させるよ! 召喚・特殊召喚・反転召喚されたモンスターを裏守備表示にするよ! あ、ついでに、この効果で裏守備になったモンスターは、表示形式を変更できないからね! キャハッ! あ、ついでに『ジャンクスリープ』で裏守備モンスターを攻撃表示にするね~。それに、『ゴーストリック・キョンシー』の効果で、デッキから『ゴーストリック・マリー』を手札に」(クロウリー手札3→4)(クロウリー墓地2→3)
「チッ、また魔法と特殊召喚封じかよ……だが、コイツで!」
「俺は『マンジュ・ゴッド』を反転召喚して、デッキより、儀式魔法『高尚儀式術』を手札に加える」(アキラ手札5→6)
「そして、モンスター2体をリリースし、手札からレベル7の『パンデミック・ドラゴン』をアドバンス召喚!」(アキラ手札6→5)(アキラ墓地0→2)
ハザードマークの意匠を持つドラゴンが現れる。攻撃力は2500。
「『パンデミック・ドラゴン』のモンスター効果、このモンスターの攻撃力以下のモンスターを1体対象とし、破壊する! 俺は『ガード・ドッグ』を破壊する!」
「あちゃあ。やられちゃった!」(クロウリー墓地3→4)
「バトルフェイズ! 俺は『パンデミック・ドラゴン』で、『ソニックジャマー』を攻撃! デスウイルス・パニッシャー!」
「アタシも速攻魔法『月の書』を発動して『パンデミック・ドラゴン』を裏守備表示に!」(クロウリー墓地4→5)
「チッ。俺はリバースカードを2枚セットして、永続罠『リターン・オブ・ザ・ワールド』を発動。デッキより、儀式モンスターを1体除外する。これでターンエンド」(アキラ手札6→4)(アキラ除外0→1)
「そして、永続罠『ジャンクスリープ』で全て裏守備表示に!」

アキラ

ライフポイント8000
手札枚数4枚
モンスター1体
『パンデミック・ドラゴン』(裏守備表示・守備力1000・闇属性・レベル7)
魔法・罠ゾーンのカード4枚
発動しているカード1枚
『リターン・オブ・ザ・ワールド』(永続罠)
墓地の枚数2枚
除外されているカード1枚


「キャハハ! 攻撃全然通らないね!」
「我々のデッキは、そう簡単に攻撃を通さないからな。裏抜けも許さない」
「やれやれ、のらりくらりと躱されてしまっていますわね」
「暖簾に腕押しってか? イヤにストレスの溜まる相手だぜ。仮面被ってなきゃ弱気なクセに」
「そろそろ行こうか? このデッキの真の恐ろしさを」
「……」


こんな風に、仲間たちの中でも苦戦している一同。
「みんな苦戦している……! 僕たちだって苦戦しているっていうのに! 一人のデッキが、二人のデッキで二倍以上の威力を出している! これがタッグデュエルの神髄なのか!?」
「遊太君、周りばっか気にしてないで、自分のデュエルに集中しよう!」
「あ、ごめん剣太郎君。人の心配より、まずは自分の心配を……しなきゃね!」


第八十七話。終わり。
現在のイイネ数 0
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
89 プロローグ「出会いは突然に」 890 2 2018-01-27 -
109 第一話「六道遊太、デュエルと出会う」 798 1 2018-01-28 -
30 第二話「六道遊太、デュエルスタンバイ!」 690 3 2018-01-30 -
89 第三話「ロードナイトVSC・HERO」 633 1 2018-02-05 -
39 第四話「大会にて」 469 1 2018-02-11 -
72 第五話「カリンとカードの精霊の話」 495 1 2018-02-14 -
76 第六話「戦いの幕開け」 493 1 2018-02-18 -
95 第七話「大鴉の特訓」 518 1 2018-02-22 -
36 第八話「知多泉、デュエルスタンバイ!」 464 0 2018-02-25 -
67 第九話「儀式降臨のサフィラ」 431 0 2018-03-02 -
39 第十話「驚きの予選会」 455 1 2018-03-05 -
50 第十一話「ペンデュラムと、英雄騎士達」 489 2 2018-03-10 -
36 第十二話「プラクサス大会スタート!」 467 0 2018-03-13 -
97 第十三話「恐怖のロックバーン」 556 2 2018-03-17 -
64 第十四話「カリンとサフィラ」 448 0 2018-03-24 -
94 第十五話「アキラ君の思い」 513 2 2018-03-29 -
31 第十六話「楽しむ心、やるべき心」 430 2 2018-04-03 -
35 第十七話「本戦開始!」 421 0 2018-04-06 -
101 第十八話「知多と遊太」 432 0 2018-04-13 -
91 第十九話「僕のヒーロー」 471 0 2018-04-17 -
92 第二十話「僕のヒーローは」 458 0 2018-04-21 -
81 第二十一話「対決! 遊太VS菊姫!」 515 2 2018-04-25 -
95 第二十二話「菊姫の切り札」 511 2 2018-04-29 -
75 第二十三話「覚醒を封じられた先に……!」 487 2 2018-05-09 -
86 第二十四話「プラクサス大会、決勝戦!」 464 0 2018-05-12 -
37 第二十五話「真の究極竜と、カオスMAX」 479 2 2018-05-16 -
93 第二十六話「決着、そして……!」 556 2 2018-05-18 -
31 第二十七話「ロードナイトの話」 352 0 2018-05-26 -
44 第二十八話「カリンと遊太」 426 2 2018-05-28 -
50 第二十九話「日傘の女の子」 404 0 2018-06-07 -
97 第三十話「ヒーローショーを見に行こう!」 465 0 2018-06-11 -
77 第三十一話「忍び寄る侵略の影」 407 0 2018-06-23 -
69 第三十二話「侵略の一手」 402 0 2018-06-24 -
48 第三十三話「帝国への招待状」 401 0 2018-07-03 -
81 第三十四話「いざ、帝国へ!」 443 0 2018-07-12 -
116 遊戯王EXSキャラ紹介 その1 652 2 2018-07-14 -
83 第三十五話「GAME START」 397 0 2018-07-22 -
34 決闘者の帝国における、特殊ルール 407 2 2018-07-22 -
108 第三十六話「まずは一つ」 435 0 2018-07-29 -
35 第三十七話「菊姫とアキラ」 347 0 2018-08-05 -
43 第三十八話「実力勝負!」 367 0 2018-08-12 -
88 第三十九話「エンジョイデュエル!」 426 0 2018-08-23 -
40 第四十話「プレイヤーキラー、動く!」 335 0 2018-09-07 -
40 第四十一話「闇を打ち砕け、遊太!」 397 0 2018-09-15 -
70 第四十二話「ユニオンロボ&宇宙のヒーロー 369 0 2018-09-29 -
30 第四十三話「侵攻するワーム」 318 0 2018-10-06 -
85 第四十四話「ヒーロー覚醒!?」 403 2 2018-10-14 -
87 第四十五話「血の刻印」 422 2 2018-10-27 -
28 第四十六話「二つの竜」 317 2 2018-11-08 -
46 第四十七話「共鳴、そして目醒め」 364 2 2018-11-19 -
93 第四十八話「思わぬ敵」 448 2 2018-12-02 -
48 第四十九話「救いと絶望」 331 0 2018-12-09 -
87 第五十話「ロベルトを救う者」 403 0 2018-12-17 -
75 第五十一話「決戦! 闇の王と遊太」 328 0 2019-01-17 -
52 作者よりお知らせ 339 0 2019-01-27 -
31 第五十二話「突き抜ける意志」 298 0 2019-02-05 -
42 第五十三話「神帝現る」 297 0 2019-02-12 -
58 第五十四話「帝国の終焉」 351 0 2019-02-22 -
57 特別編『超次元! 世界を越えた絆』1 341 0 2019-03-07 -
49 特別編『超次元! 世界を越えた絆』2 314 0 2019-03-14 -
42 特別編『超次元! 世界を越えた絆』3 365 0 2019-03-22 -
25 第五十五話「休息の時」 240 0 2019-04-07 -
38 第五十六話「彼女との再会」 298 0 2019-04-20 -
35 第五十七話「マダムの危ない罠」 275 0 2019-05-01 -
28 第五十八話「ストアブレーカー」 242 0 2019-05-19 -
43 第五十九話「闇のカード」 302 0 2019-06-04 -
49 第六十話「変わり始める生活」 251 0 2019-07-18 -
31 第六十一話「ユイのデュエル」 237 0 2019-08-04 -
19 作者よりお知らせ2 307 0 2019-08-11 -
38 第六十二話「プラクサスの怪人」 285 0 2019-09-11 -
17 お詫びとお知らせ 177 0 2020-02-19 -
13 第六十三話「暴走! 怪人クロウリー」 125 0 2020-02-19 -
13 特別編『ブルーアイズVSブルーアイズ』 229 0 2020-02-22 -
17 第六十四話「闇に落ちる小鳥」 165 0 2020-03-22 -
12 第六十五話「鳥人を食う邪竜」 191 0 2020-04-18 -
10 第六十六話「ダークヒーロー!ヴェンデット 118 0 2020-05-09 -
12 第六十七話「堕ちたヒーロー」 127 0 2020-05-23 -
7 第六十八話「視える未来(ビジョン)」 109 0 2020-05-30 -
14 第六十九話「突入、アポカリプトのアジト」 135 0 2020-06-12 -
8 第七十話「登場! 世界チャンピオン!」 129 0 2020-06-14 -
6 第七十一話「デートじゃん!」 126 0 2020-06-27 -
9 第七十二話「不死者は少年を好く」 142 0 2020-06-28 -
8 第七十三話「最強デュエリストのいとこ」 104 0 2020-07-07 -
7 第七十四話「D1グランプリ、開催決定!」 89 0 2020-07-13 -
8 遊戯王EXS キャラ紹介その2 165 0 2020-07-13 -
16 特別編「VSサイコ・ショッカー!?」 125 0 2020-07-26 -
7 第七十五話「D1グランプリへの道しるべ」 87 0 2020-08-06 -
6 第七十六話「不死と再生、イモータル」 149 0 2020-08-15 -
6 第七十七話「雨が降れば蛙が鳴く」 99 0 2020-08-30 -
6 第七十八話「噴火寸前のヴォルケーノ」 100 0 2020-09-13 -
6 第七十九話「燃えろ遊太!」 127 0 2020-09-27 -
11 作者よりお知らせ3 123 0 2020-10-02 -
9 第八十話「燃えるデュエル!」 110 0 2020-10-18 -
9 特別編「乙女の対決、ブラマジガール!」 103 0 2020-11-05 -
5 第八十一話「高き壁」 68 0 2020-11-22 -
7 第八十二話「強き者」 97 0 2020-12-05 -
3 第八十三話「エキシビションマッチ」 74 0 2021-01-01 -
1 第八十四話「二次予選開始!」 59 0 2021-01-11 -
1 第八十五話「タッグメイクデュエル」 99 0 2021-02-20 -
0 第八十六話「タッグメイクデュエル②」 28 0 2021-04-04 -

更新情報 - NEW -