HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 ーDuelーDualーAriseー > 10話 タッグデュエル-②- 重撃

遊戯王 ーDuelーDualーAriseー/10話 タッグデュエル-②- 重撃 作:コングの施し

ここまでのデュエル
遊大&嬢vs阿原&律歌のタッグデュエル、先行で嬢がシンクロ召喚した《ドラグニティ・ナイトーゲイボルグ》だが、阿原の《スクラップ・ドラゴン》より、1度は《追走の翼》の効果で守るものの《禁じられた聖典》の加護を受けたスクラップドラゴンに破壊されてしまう。ターンを迎える遊大だが、「このターンでスクラップドラゴンを倒す」と宣言した。



遊大「俺は、《ダーク・ヴァルキュリア》を召喚!」

『ハァッ!』

ダーク・ヴァルキュリア
☆4
1800/1050
闇属性/天使族/デュアル

遊大「そして魔法カード、《二重召喚》を発動し、ダークヴァルキュリアを『再度召喚』!」

ダークヴァルキュリアの黒翼はさらに深く、吸い込まれるような漆黒に染まっていく。

嬢「これが遊大くんのデュアルデッキ…。」

律歌「…おもしろいデッキ使うね。デュアルなんて懐かしいカード。」

遊大「再度召喚したダークヴァルキュリアの効果発動!自身に魔力カウンターを1つ置き、攻撃力を300ポイントアップする!」

羽目に埋め込まれた宝玉の1つが青緑色染まり、鈍く輝きだす。

遊大「さらに、カウンターを取り除くことで、相手モンスター1体を墓地に送る!」

青緑の光玉を手に取り、スクラップドラゴン目掛けて放った。
光玉は速度を増し、槍のように鋭利になってスクラップドラゴンを貫いた。

阿原「ちぃッ!墓地に送る効果か!」

遊大「たしかスクラップドラゴンには、破壊時にスクラップを蘇生させる効果があったっすよね!?でもそれは使わせない!
バトルだッ!ダークヴァルキュリアでダイレクトアタック!」

ダークヴァルキュリアは天高く飛び上がり、黒い羽を雨のように放った。
阿原と律歌に黒翼の雨が降り注ぐ。

阿原「ぐぅッ!」

阿原&律歌 LP:6000→4200

嬢「ごめん。ありがとう遊大くん。」

遊大「いいってことよ!それにこのターンでスクラップドラゴンを倒すって言ったしよ!俺はカードを2枚伏せてターンエンド!」

阿原は立ち上がり、律歌のほうへ振り向く。

阿原「すまねえな。いい状態じゃねえわコレ。」

律歌は阿原の肩を叩き、阿原よりも1歩前に出る。

律歌「大丈夫だって。」
(阿原が伏せていたカードは《奇跡の残照》…。破壊されたわけではないから使えなかったわけね。それでも、今のこの手札なら…)

遊大(律歌先輩…。当たり前だけど戦術とかデッキとかが全くわからねえ!今伏せてあるカードでつなげればいいが…!)

律歌「私のターン、ドロー。」

その瞬間、遊大の目には律歌の目が青色に輝いたように見えた。

遊大「エッ!?」

嬢「…?どうしたの?」

遊大はもう一度目を擦って見てみるが、そこにいるのは律歌と阿原のみ、別に目が光ったわけでもなんでもない。ただのタッグデュエルの光景だった。

遊大「い、いや、なんでもない。気のせいだったわ。」

律歌「いくよ。私は、《魔境のパラディオン》を召喚!」

黒衣を纏った小さな賢者、その錫杖には弱く炎が渦巻いている。

魔境のパラディオン
☆3
400/2000
炎属性/魔法使い族

律歌「現れて。力を結ぶサーキット!」

そう言った時、フィールドに巨大な回路が出場した。まるでゲートのように正方形に象られた回路は、縁の所々に矢印状のオブジェクトが設置されている。

遊大「…これって!」

嬢「リンク召喚!?」

律歌「召喚条件は、パラディオンモンスター1体。私は魔境のパラディオンをリンクマーカーにセットして、リンク召喚!現れて!リンク1、《マギアス・パラディオン》!」

サーキットから、紅色に染まったローブの賢者が現れた。

マギアス・パラディオン
LINK:1
マーカー:下
100/-
光属性/魔法使い族/リンク

遊大「って、攻撃力100か…。初めて見たリンクモンスターなのに」

遊大は少し残念に思う反面、強力なモンスターではないことに胸を撫で下ろした。

律歌「まだだよ。手札から《星辰のパラディオン》を、マギアスパラディオンのリンク先に特殊召喚!

嬢「あれ…ドラゴン?」

竜のパラディオンをマギアスパラディオンのリンク先に現れたとき、マギアスの瞳が赤色に輝いた。

律歌「リンク先にパラディオンが特殊召喚されたとき、マギアスパラディオンの効果、そして同時に星辰のパラディオンの効果を発動。
デッキから《天穹のパラディオン》、墓地から《魔境のパラディオン》を手札に加える。」

嬢「すごい…。手札が減ってない…!」

律歌「さらに星辰のパラディオンと、マギアスパラディオンをリンクマーカーにセットし、リンク召喚!《レグルス・パラディオン》!」

阿原「始まった、連続リンク召喚が…!」

レグルス・パラディオン
LINK:2
マーカー:上/下
1000/-
光属性/獣族/リンク

律歌「遊大、それに嬢ちゃん。ごめんね。このターンで勝負を決めさせて。って言っても私は1ターン目なんだけど。」

遊大「…!」
(このターンで勝負を決めるって、残りLPは5200だぞ!?そんなことできんのか!?)

律歌「私は魔境のパラディオンを、リンク先に特殊召喚!そしてリンク先にモンスターが特殊召喚された、レグルスパラディオンと、リンク先に現れた魔境のパラディオンの効果を発動!」

嬢「やっぱりそうだ!あのパラディオンのモンスターたちは、たぶん全員、同じ発動条件を持ってるんだよ!」

遊大「す、すまねえ、もう何が何やら…。」

嬢「メインデッキのパラディオンは、リンク先に特殊召喚する効果、そしてExデッキのパラディオンは、リンク先にモンスターが特殊召喚された時に全員効果を持ってるんだよ!」

律歌「察しがいいね。でもそれだけじゃない。パラディオンリンクモンスターは、リンク先のモンスターの攻撃力を吸収する効果も持ってる。ま、レグルスパラディオンと魔境のパラディオンの効果を使わせて貰うね。デッキから《オーバード・パラディオン》を手札に加えて、魔境の効果で、ダークヴァルキュリアを破壊!」

魔境のパラディオンの錫杖から、炎がまるで蛇のように伝ってダークヴァルキュリアを飲みこんでしまった。

遊大の額にも汗が浮かぶ。

遊大(だんだんわかってきた…。このデッキはヤバい。本当に俺達のライフが尽きるまで展開できるタイプのデッキだ…!阿原さんとかも強いが、この人、ずば抜けて強い!)

律歌「さらにレグルスパラディオンと、魔境のパラディオンをリンクマーカーにセット!リンク召喚!リンク3《アークロード・パラディオン》!」

地響きが大地を揺らし、サーキットを剣で突き上げるようにして、そのモンスターは姿を表した。

巨大な半獣人、体には金色の鎧をまとっていて、夕日を反射し緋色に美しく輝く。

アークロード・パラディオン
LINK:3
マーカー:上/右下/左下
2000/-
光属性/サイバース族/リンク

遊大「これが律歌さんのエースモンスター…」

律歌「さらに手札より、《天穹のパラディオン》、《百獣のパラディオン》をアークロードのリンク先に特殊召喚。」

天穹のパラディオン
☆4
1600/1000
光属性/サイキック族

百獣のパラディオン
☆3
1200/1600
地属性/獣族

鎧を纏った戦士、そして金色に輝くたてがみの獣は、アークロードの後ろに構えた。

2体の輝きが、アークロードに収束し、アークロードの剣がいっそう強い光を放つ。

嬢「アークロードパラディオンに力が収束してる…。」

律歌「そう、さっきも言ったけど、パラディオンリンクモンスターは、リンク先のモンスターからその攻撃力を受け取り、自らに宿す。力が繋がっていくデッキなの。」

アークロード・パラディオン
2000→3600→4800/-

遊大「攻撃力4800…。」

律歌「さらに天穹のパラディオンの効果、このターン、アークロードパラディオン以外の攻撃を放棄し、アークロードの戦闘で発生するダメージを2倍にする。」

嬢と遊大は、無論危機的状況であることに気づいてはいたが、その輝きに息を飲み呆然と立ち尽くしていた。

律歌「バトルだよ。アークロードパラディオンで、直接攻撃!」

遊大は自分の頬をぺちぺちと叩いて、再び構える。

遊大「俺は罠カード《心太砲式》を発動!相手の攻撃宣言時、フィールドのモンスター1体をデッキに戻す!選択するのは無論、アークロードパラディオン!」

カードから緑色に光るトコロテンがニュルニュルと発射され、アークロードパラディオンに飛んでゆく。

瞬間、百獣のパラディオンが光の粒となり、アークロードの剣に宿った。
アークロードはトコロテンは切り刻み、そのまま遊大のほうへと突っ込んでくる。

律歌「私はアークロードパラディオンの効果を発動。百獣のパラディオンをリリースし、心太砲式の効果を無効にする!この攻撃は通すよ。」

アークロードパラディオン
4800→3600/-

遊大「すまねえ!嬢っ!」

アークロードは、遊大へその剣を振りかざした。

轟音と凄まじい振動が屋上を揺らす。

阿原「…攻撃力は下がっても、天穹のパラディオンの効果で戦闘ダメージは2倍…。7200ダメージ…か。」

遊大&嬢チーム
LP:5200→0

Winners:阿原&律歌チーム


屋上はすでに夕日が沈みそうであった。物静かな律歌から繰り出されたアークロードパラディオンは、その重撃でタッグデュエルの勝敗を決めた。

続く
現在のイイネ数 9
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
11 0話 プロローグ 171 1 2020-10-25 -
4 1話 転入生 85 0 2020-10-25 -
14 2話 巨竜の使い手 138 0 2020-10-31 -
9 登場人物設定(2/8更新) 146 0 2020-11-04 -
8 3話 黒き刺客たち 111 1 2020-11-14 -
8 4話 暗く冷たく 97 0 2020-11-23 -
6 5話 己の意思で 88 0 2020-12-24 -
6 6話 廃材の竜/炎の戦士たち 92 0 2020-12-30 -
7 7話 スタート地点 72 0 2021-01-15 -
11 8話 タッグデュエル-その0- 81 0 2021-01-21 -
5 タッグデュエル・チームデュエルについて 84 0 2021-02-07 -
9 9話 タッグデュエルー①ー 竜呼相打つ 80 0 2021-02-09 -
9 10話 タッグデュエル-②- 重撃 79 0 2021-02-09 -

更新情報 - NEW -