HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 幕間 交わる過去と現在

遊戯王WW(ワンダーワールド)/幕間 交わる過去と現在 作:名無しのゴーレム









「…………」
「…………」



ユージがスクアーロたちと馬車を出て、しばらく経った。



「……なぁ、クロノス」
「どうしましたか?」
「いや……結局、鋼に何を言われてたのかって。言えないなら別にいいけど」
「…………そうですね。もう、隠す理由もないですから」
「……?」



隠す、理由……?



「……日没までに鋼が帰って来なければ、馬車でフィアンマまで引き返す。そうするように言われていました」
「はぁ……!?」
「ユージさんも行ってしまった以上、私たちはここで2人の帰りを待つしかありませんが……あの場でこのことを打ち明けていたら、きっと留まってはくれないと思ったので」
「…………」



恐らく、クロノスの言う通りだろう。でも……



「……お前は、それで納得してたのかよ」
「それは……私が止めても、鋼はきっと自分の意思を貫くから」
「……ま、だろうな」



あいつの頑固さは俺だって知ってる。だからこそ、自分の命を投げ捨てるような行動は止めて欲しいんだ……



「ん? そう言えば……クロノス、お前って鋼だけ呼び方が違うよな」
「え? あ、そうですね」
「何か理由があったりするのか?」
「えっと……実は、鋼とは知り合いの知り合いみたいな関係で」
「知り合いの……知り合い?」



随分遠い……というか、ほぼ赤の他人じゃないか?



「……私は、以前にも時空間渡航を阻止するためにこの世界へ来たことがあるんです」
「ふぅん。それって何年くらい前なんだ?」
「正確な時間は分かりませんが……たぶん、100年くらい前になると思います」
「100年……それって、神代の頃じゃねえか?」
「そうですね。その時に、何人かの方に協力してもらって。ダイスと水鏡……そして、3人の英雄たちと共に闘いました」



クロノスとともに三賢者と呼ばれる2人……それに加えて、3人?



「そいつらの中に鋼の知り合いが?」
「はい。その頃の世界はほとんどが神と呼ばれる者たちに支配されていましたが、彼らはその隙間を縫うようにして独自の生活圏を築いていました。その場所こそが……現在の、忍の里です」
「つまり、鋼の大先輩に当たる奴ってことか?」



詳しく聞いたことはないが、鋼は乱世の時代よりも後に生まれたはず。その2人が知り合いなら、かなりの長生きってことになるが……



「彼も、鋼と似たような性格でした。とても仲間想いで、強い意思を持った人でしたから」
「なるほどな。にしても、時空間渡航者ってのはそう何人も居るものなのか?」
「いえ。少なくとも過去や未来の改変を行おうとした人間は、私が知る限りただ1人だけです」
「え、そうなのか? じゃあ俺が出会ったので2人目か……結構少ないんだな」
「そうじゃないんです。実は……」
「……実は?」
「…………」



俺の質問に対し、クロノスは重々しい表情のままゆっくりと言葉を紡ぐ。



「……私たちが過去に対峙し、討ち滅ぼした時空間渡航者。その名前は……カイロス」
「…………いや、それはないだろ。だって……!!」
「私も、何がどうなってるのか分からないんです。でも、マッハさんが会った人物が本当にカイロスならば……一度討伐したはずの人間が、生き返ったことになります」
「生き返るって……時空間渡航ってのを使えば、そんなことも出来るのか?」
「そんなはずはありません。私が時空の賢者としての力を用いて、彼が行った改変は全て巻き戻したはず……」
「でも、あいつはまだ生きている……偽物でもない限りはな」



過去にクロノスが倒したはずの相手が、インダストに現れた……これは、何を意味している?



「……ともかく、そいつをもう一度倒すのがお前の目的ってことでいいのか?」
「はい、そうなると思います」
「でもよ、あいつは瞬間移動みたいなことが出来るんだぜ? そんな奴、どうやって捕まえるんだ?」
「私が彼の存在を捕捉していれば、時空間渡航を阻止することができます。だから、正面から相対すれば……」



かなり難しい話のように聞こえるが、一度は成功してるんだから何とかなるんだろう……たぶん。



「じゃあ、クロノス抜きでカイロスを倒すのは無理ってことか……」
「そう、ですね。彼が異なる時空間へ逃げようとした時、それを阻止できるのは私だけなので」
「阻止する……ってことは、お前も別の時空間へ行くのは無理なのか?」
「はい……というより、それをしてしまうと私自身が歴史を乱してしまう恐れがありますから」
「ふーん……面倒な話だな」



そんなのが山ほど居たら、この世界の歴史もぐちゃぐちゃになってるんだろう。幸いと言うべきか、そんなことが出来る人間はほぼいないみたいだが……



「……俺、時空間渡航ってもっと簡単なもんだと思ってたぜ。どこかの本で読んだが、光より速く移動するとか、宇宙の果てまで行くとかなんとかで出来るって……」
「あはは……もしかしたらその方法でも可能かもしれませんが、出来る人間が存在していれば私ももっと忙しかったのかもしれませんね」



クロノスの言葉からしても、カイロスが時空間渡航を可能としているのは「そういう力があるから」ということだ。つまり、元々そんな能力が無ければあいつをどうにかすることはできない。俺にできることも……ない。



「……クソッ。あれだけボコボコにされて、やり返すこともできねぇのかよ」
「マッハさん……いいえ、違うんです。前回のときも、私1人ではカイロスに太刀打ち出来ませんでした。それでも勝てたのは、皆さんの助けがあったからでしたから。今回も、きっと……」
「神代の連中と同じことを期待されても……荷が重すぎるっての」
「……今でこそ神代と言われていますが、そこに生きていたのはマッハさんと同じ人間です。本当の神様なんて、どこにも居なかったんです」



『本当の神様なんて居ない』……つまり、人並み外れた力の持ち主を周りが勝手に神と呼んだってことか。そんな扱いを受けるのは果たしてどんな気持ちなのだろうか……検討もつかない。



「というか、お前たちは神として扱われなかったのか? 俺からすれば十分とんでもない力を持ってる気がするが」
「私たちは人前で力を見せたりすることがなかったので。だから、何故現代で三賢者なんて呼ばれているのか分からないんですよね……」
「……そりゃ謎だな」



神代、戦乱の時代、そして現代。全てが複雑に入り混じって、今の状況になっている。知れば知るほど訳が分からなくなってくる……



「……全く、考えなきゃいけないことが多すぎるぜ。こんな旅になるなんて、最初の頃は思いもしなかった」
「最初の頃……そういえば、どうして皆さんで旅をすることに? 鋼が加わった経緯は本人から聞きましたけど……」
「ん? それはな……メシアの教会の近くで、たまたまプリンセスと会ったんだ。色々あってあいつの屋敷に泊まりながら周辺の散策をしてたんだが、その途中でユージを見つけて。その後メシアの教会で話を聞いて、世界中を旅することになった……まあ、こんな流れだな」
「えっと……何と言うか、結構行き当たりばったりなんですね……?」
「旅なんて大体行き当たりばったりだ。興味があることに飛び付いて、思うがままに世界を巡る……それが旅人ってもんだろ」



スプリントに聞かれたら怒られそうではあるが。現に2人旅をしてた時に、計画性を持てって説教されたこともあるからな……いや、あれはお金の話だったか?



「……思い返せば、この旅もかなり酷いもんだからな。ユージが戦う力を手に入れようとして水鏡のところへ行ったら水鏡が襲われるし、メシアの元へ戻ったら既に襲われたあとだったり。真相を確かめようとインダストへ行ったのに、結局何も掴めずプリンセスはこんなことになっちまった。ここまでタイミングが悪いと、俺たち全員が何かに呪われてるのかと思っちまうぜ」
「…………!!」
「……クロノス?」



何かに気付いたように、勢いよく目を見開くクロノス。一体、何が……?



「……マッハさん。今の話、おかしいとは思いませんか?」
「おかしいって……どの辺りが?」
「カイロスやグレイスがマキナ一派でないことは、インダストでの一件からほぼ間違いないはずです。なのに、その襲撃タイミングが……あまりにも、都合が良すぎる」
「都合が良すぎる……?」
「狙い澄ませるかのように、マッハさんたちが到着するほぼ同時期に事件が起きているんです。複数の勢力が、特に理由もなく何度も鉢合わせすることなんて……」
「えーと……つまり何が言いたいんだ?」



水鏡やメシアへの襲撃のタイミングがおかしいってことは分かった。でも、それは何故だ……?



「あくまで私の考えですが……まるで、私たちを狙う勢力がいるように感じるんです」
「俺たちを、狙う……?」



マキナたちの狙いは世界全体で、俺たちのことは大して気にもしていないはずだ。なら、残る可能性は……



「……グレイスやカイロスの勢力。つまり、狙いはプリンセス?」
「断定は出来ませんが、その可能性は高いと思います。あるいは、異世界からの勇者であるユージさんを狙っているのかもしれませんが……」
「そうだな……あいつらについては分からないことだらけだ。そもそも、グレイスがプリンセスとそっくりである理由も分からないままだからな」



クイーンの話によれば、そいつとプリンセスが戦ったことでプリンセスが倒れたらしい。鋼は呪いをかけられたかもしれないと言っていたが、あいつがそんな力を持っているってことになるならおかしなことになる。変装と呪い……1つならともかく2つ、それも近しい要素もない能力を有しているなんてあり得るか?



「…………あー、考えれば考えるほどややこしい!!」
「何にせよ、私たちのすることは変わらないはずです。ミネルバに向かって戦いを止める……そのために、鋼が戻ってきたら改めてプリンセスさんを目覚めさせる方法を探さないと」
「そう……だな」



グレイスたちの行方が掴めない以上、俺たちに打てる手はない。だから、今は放っておくしかない……改めて、自分の無力さが嫌になってくる。



「…………」
「……確かに、私たちに出来ることはそんなに多くないのかもしれません。でも、戦っているのは私たちだけじゃないんです。クリムさんやドリームさん……きっとダイスも、この状況を変えるために力を尽くしてくれていますから。それに……」
「……それに?」
「これは、ただの直感なんですけど……ユージさんが居れば、こんな世界でも何とか出来るんじゃないかって思うんです」
「……ユージが、ねぇ」



いくらなんでも無茶……と言いたいが、俺も同じ気持ちだ。



「……世界を救うなんてことは無理だろうが、世界を変えることくらいはやってのけそうだ」
「世界を、変える……そうですね。ここまでの旅でも、ユージさんは多くの人々の心を変えてきましたから。きっと、これからも」
「だな。帰ってくる頃には、鋼の意地っ張りな考え方も変わってるだろうよ」
「うふふ、そうかもしれませんね」









----だが、ユージだけに頼ってる訳にはいかない。俺たちは仲間なんだ、全員で全力を尽くす……そして、どんな壁だって乗り越えてやる。









「……でも、自分の命を軽く見ている鋼の奴には改めて説教してやらないとな。クロノス、今度はお前からも一言言ってやってくれよ」
「え、なんで私が……?」
「なんでって……年長者の話なら、あいつもちゃんと聞くだろうし」
「年長者……もうっ、だから私は年寄りじゃありませんってば! むしろこの世界で生きてきた時間は皆さんの中で一番短いんですから!」
「いや、だって神代から居たって言うし……」
「あの時からこの前までずっとあちらの世界に居たから、その間私は眠っていたみたいなものなんです!! だから…………」






現在のイイネ数 1
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
59 1話 不思議の世界にこんにちは 1535 8 2015-07-20 -
64 2話 メシアの元へ 864 6 2015-07-22 -
51 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 914 4 2015-07-24 -
36 オリカまとめ1 918 4 2015-07-25 -
62 4話 救世の女神 757 2 2015-07-27 -
47 5話 未来都市 フォーチュンシティ 756 6 2015-08-11 -
36 6話 幸運な男 754 4 2015-08-12 -
86 7話 推参、正義のヒーロー! 934 6 2015-08-30 -
95 オリカまとめ2 957 2 2015-09-03 -
46 8話 運命の賢者 757 6 2015-10-22 -
28 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 846 4 2015-11-02 -
74 オリカまとめ3 838 6 2015-11-30 -
24 10話 水面写しの鏡 649 2 2015-12-06 -
23 11話 白き刃、移ろう水面 868 4 2015-12-09 -
70 12話 試される意志 875 4 2015-12-14 -
122 13話 水面を侵す邪神 982 10 2016-05-01 -
25 オリカまとめ4 658 0 2016-05-03 -
38 オリカまとめ5 885 0 2016-05-03 -
22 14話 仲違い 679 4 2016-05-06 -
68 七夕記念企画のお知らせ! 1149 14 2016-05-07 -
44 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 800 6 2016-06-11 -
40 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 705 8 2016-06-17 -
83 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 766 10 2016-06-20 -
72 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 756 6 2016-06-21 -
62 七夕記念企画:前夜祭 739 14 2016-06-30 -
29 第1戦:爆風を駆ける獣 998 16 2016-07-01 -
35 第2戦:真の強さとは 853 14 2016-07-02 -
25 第3戦:舞い踊る武具 730 10 2016-07-03 -
30 第4戦:不滅の決闘 752 15 2016-07-04 -
31 第5戦:信念のデュエル 824 14 2016-07-05 -
37 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 814 13 2016-07-06 -
22 最終戦:その想い、天の川を越えて 836 14 2016-07-07 -
41 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 634 7 2016-07-13 -
94 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 799 10 2016-07-17 -
33 七夕記念企画:フィナーレ 635 8 2016-07-29 -
44 七夕記念企画:感想、その他 856 0 2016-07-31 -
105 15話 娯楽都市アミューズ 966 8 2016-12-31 -
26 16話 鮮やかなるトリックスター 494 8 2019-03-12 -
67 17話 最速の男 396 2 2019-03-17 -
44 18話 大罪の邪神龍 399 2 2019-03-22 -
27 19話 たった一つの敗因 352 2 2019-03-27 -
45 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 341 2 2019-04-01 -
38 20話 天翔る龍使い 372 4 2019-04-02 -
45 21話 研ぎ澄まされし刃 424 2 2019-04-14 -
42 22話 忍び寄る漆黒 349 2 2019-04-22 -
44 23話 戦乱を望む者 425 2 2019-05-03 -
20 オリカまとめ6 347 2 2019-05-13 -
47 オリカまとめ7 423 2 2019-05-13 -
33 オリカまとめ8 306 0 2019-05-18 -
50 オリカまとめ9 425 2 2019-05-18 -
49 24話 凍てつく世界 416 2 2019-06-19 -
55 25話 時空の賢者 420 4 2019-06-26 -
28 26話 救世を拒む復讐の剣 453 4 2019-06-29 -
49 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 472 4 2019-07-03 -
42 28話 運命の選択肢 367 4 2019-07-07 -
52 29話 雪下の約束 353 4 2019-07-11 -
30 30話 再出発 277 2 2019-07-15 -
41 オリカまとめ10 495 4 2019-07-19 -
29 オリカまとめ11 337 4 2019-07-19 -
37 31話 新たな刺客? 320 4 2019-07-21 -
38 32話 忍びの流儀 449 4 2019-07-24 -
23 33話 雪の国の守護者 252 2 2019-07-28 -
29 34話 鉄壁の守護騎士 311 2 2019-08-01 -
20 35話 妖精の導き 306 2 2019-08-05 -
28 オリカまとめ12 364 4 2019-08-08 -
24 オリカまとめ13 334 2 2019-08-08 -
33 36話 温泉街フィアンマ 339 4 2019-08-11 -
30 37話 傭兵と行商人 286 2 2019-08-15 -
28 38話 時空を越えし英雄 335 2 2019-08-19 -
34 39話 燻る炎 326 2 2019-08-26 -
47 40話 張り巡らされた罠 289 2 2019-09-20 -
42 41話 一瞬の勝機 292 4 2019-09-29 -
25 42話 万物焼き尽くす業火 330 4 2019-10-05 -
22 43話 強者の孤独 335 2 2019-10-23 -
16 オリカまとめ14 220 0 2019-11-13 -
32 オリカまとめ15 285 0 2019-11-13 -
23 44話 幻獣の巫女 301 4 2020-01-09 -
12 45話 王を目指す者 176 2 2020-02-17 -
15 46話 君臨者と反逆者 242 4 2020-03-12 -
7 47話 ヒトガタの幻獣 204 4 2020-04-29 -
11 48話 架け橋 159 2 2020-05-11 -
5 オリカまとめ16 210 0 2020-05-19 -
8 幕間 『仲間』 172 4 2020-07-13 -
10 49話 機械の国インダスト 147 2 2020-07-20 -
8 50話 無双の姫君と反逆の機械 178 4 2020-08-05 -
5 51話 作戦会議 117 2 2020-08-30 -
5 52話 強襲 123 2 2020-09-10 -
4 53話 夢見る怪物 116 2 2020-09-17 -
9 54話 底知れぬ闇 151 4 2020-09-24 -
9 オリカまとめ17&告知 143 0 2020-09-30 -
18 SideFortune:何でも屋ハンディ 219 7 2020-10-03 -
9 Side Fortune:怪人ヴィラン 218 6 2020-10-08 -
11 Side Fortune:ゼロに還す者 178 6 2020-10-15 -
9 オリカまとめ18 102 0 2020-10-17 -
6 オリカまとめ19 89 0 2020-10-17 -
10 オリカまとめ20&あとがき 151 2 2020-10-17 -
5 55話 最強の兵器 100 2 2020-10-22 -
8 56話 造られた理由 108 2 2020-10-28 -
6 57話 君臨する女帝 105 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 64 0 2020-11-09 -
2 オリカまとめ22&おまけ 96 0 2020-11-09 -
10 58話 孤独の女王 116 2 2020-11-10 -
7 59話 王女と女王、そして 124 4 2020-11-16 -
11 60話 時を紡ぐ剣 115 2 2020-11-21 -
12 61話 黒き意志 125 2 2020-11-26 -
12 62話 王の進む道 137 4 2020-12-01 -
5 63話 傷の深さ 82 0 2020-12-07 -
5 オリカまとめ23 61 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 64 0 2020-12-14 -
6 オリカまとめ25 120 0 2020-12-14 -
3 64話 癒えない傷痕 90 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 100 0 2020-12-21 -
5 66話 契約 85 2 2020-12-27 -
2 67話 生きる覚悟 74 2 2021-01-02 -
9 68話 影に潜む者たち 73 0 2021-01-08 -
5 69話 正反対の2人 75 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 49 0 2021-01-21 -
5 70話 力と覚悟 71 0 2021-01-28 -
3 71話 魂を喰らう外道 68 0 2021-02-04 -
2 SideFortune:警備隊セキュリィ 82 2 2021-02-21 -
3 オリカまとめ26&今後の予定 68 0 2021-02-26 -

更新情報 - NEW -