HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 62話 王の進む道

遊戯王WW(ワンダーワールド)/62話 王の進む道 作:名無しのゴーレム









グレイス LP6500 手札4 モンスターゾーン 復讐姫アライブ(復讐カウンター2)
マキナ LP4300 手札2 モンスターゾーン 機械帝国の女神ノワーリヒ 魔法・罠ゾーン 機械帝国の防衛ライン



「私のターン、ドロー」



相手フィールドにはモンスター除去効果を持ったアライブが存在する。攻撃力ではこちらが上回っているから、相手が次に打ってくる手は……



「……アライブの効果発動。自身の復讐カウンターを2つ取り除き、ノワーリヒを破壊する」


復讐姫アライブ 復讐カウンター2→0


「墓地の『機械帝国の密偵術』の効果発動! 墓地のこのカードを除外して、エクストラデッキから特殊召喚された機械帝国モンスターの破壊を無効にする!」
「まあ、その程度の対策は当然よね。続けて『復讐姫ハルカディア』を召喚。ハルカディアの効果で、自身に復讐カウンターを2つ置く」


復讐姫ハルカディア 復讐カウンター0→2


「ハルカディアの効果発動。自身の復讐カウンターを1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を破壊する。私はノワーリヒを破壊」


復讐姫ハルカディア 復讐カウンター2→0


「なら、ノワーリヒの効果発動! 自身のオーバーレイユニットを1つ取り除き、破壊を無効にする!」
「これも耐える、か……私はこれでターンエンド」



よし、何とか耐えきった……!!



グレイス LP6500 手札4 モンスターゾーン 復讐姫アライブ、復讐姫ハルカディア
マキナ LP4300 手札2 モンスターゾーン 機械帝国の女神ノワーリヒ 魔法・罠ゾーン 機械帝国の防衛ライン



「私のターン、ドロー。防衛ラインの効果発動、墓地の補給兵をデッキに戻してライフを1200回復するわ」


マキナ LP4300→5500


「ノワーリヒの効果発動。手札の機械帝国モンスター1体を自身のオーバーレイユニットにするわ。そして通常魔法『進撃の機械兵団』発動。自分フィールドに機械帝国エクシーズモンスターが存在するとき、自分フィールドに機械帝国トークンを可能な限り特殊召喚する。私はトークン4体を特殊召喚!」
「……攻撃力100しかないトークンを、攻撃表示で?」
「バトルよ。ノワーリヒでハルカディアを攻撃!」


グレイス LP6500→5600


「アライブじゃなくて、ハルカディアを……?」
「この瞬間、ノワーリヒの効果発動! オーバーレイユニットを持ったこのカードがフィールドに存在するとき、機械帝国モンスターの戦闘終了時に相手フィールドのカードを破壊する。私はアライブを破壊!」
「っ……なるほど、だからトークンを用意したのね」



防衛ラインの効果で、トークンの戦闘で私にダメージは発生しない。ノワーリヒの効果と合わせれば、トークンは爆弾と同じようなものになる。



「破壊されたハルカディアの効果発動、1枚ドローするわ」
「これであなたのフィールドからモンスターはいなくなった。トークン4体でダイレクトアタックよ!」


グレイス LP5600→5200


「バトル終了。カードを1枚セットして、ターンエンドよ」



グレイス LP5200 手札5
マキナ LP5500 手札0 モンスターゾーン 機械帝国の女神ノワーリヒ、機械帝国トークン×4 魔法・罠ゾーン 機械帝国の防衛ライン、伏せカード



先ほどとは打って変わって、手札の枚数以外ではこちらの方が優勢……しかし、こちらのフィールドはノワーリヒの効果に依存しきったものだ。相手も狙いどころが分かっている以上、ここで気は抜けない。



「私のターン、ドロー。『復讐姫フルメリア』を召喚。フルメリアの効果発動、自身に復讐カウンターを置く」


復讐姫フルメリア 復讐カウンター0→1


「手札の『復讐姫ユーチャリス』の効果発動。フィールドの復讐カウンターを1つ取り除き、このカードを特殊召喚する。レベル4のフルメリアにレベル1のユーチャリスをチューニング。暴風を操る闇騎士よ、世界に災厄の風を吹かせろ。シンクロ召喚、『復讐姫エーリカ』! 墓地に送られたユーチャリス、シンクロ召喚に成功したエーリカの効果発動。エーリカに復讐カウンターを4つ置き、エンドフェイズまで攻撃力を500アップする」


復讐姫エーリカ 復讐カウンター0→4

復讐姫エーリカ 攻撃力2200→2700


「通常魔法『復讐の誘惑』発動。エーリカのカウンターを2つ取り除き、墓地のアライブを特殊召喚。その後、あなたも墓地のモンスターを特殊召喚できるんだけど……フィールドが埋まっているから、モンスターを出す場所がないわね」



こっちのフィールドの状況を利用して、デメリットを踏み倒したのか……!



「アライブの効果発動。エーリカの復讐カウンターを2つ取り除いて、ノワーリヒを破壊」
「ノワーリヒのオーバーレイユニットを取り除き、破壊を無効にする!」



相手のフィールドには、ノワーリヒの攻撃力を上回るエーリカがいる。このままバトルになれば……



「私はエーリカとアライブでオーバーレイ。2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築! 闇に堕ちし騎士皇よ、全てを破滅へ導け! エクシーズ召喚、『復讐姫ステラ』!」
「シンクロモンスター……それも、レベルの異なる2体でエクシーズ召喚!?」
「ステラは復讐姫シンクロモンスターかエクシーズモンスター2体を素材としてエクシーズ召喚することができるのよ」



……そうだとしても、シンクロモンスター2体を素材にしたエクシーズモンスター。そのままでもノワーリヒは攻略できたのに……つまり、それ以上の結果をもたらすカードだということになる。



「さらに通常魔法『復讐者の烙印』発動。デッキから復讐姫1体を手札に加え、ステラに復讐カウンターを2つ置く」


復讐姫ステラ 復讐カウンター0→2


「ステラの効果発動。自身のオーバーレイユニットを全て取り除き、フィールドに存在する復讐カウンターの乗っていない全てのカードを破壊する」
「全て……ですって!?」
「防衛ラインがある限り、あなたへ戦闘ダメージを与えるのは困難……だから、邪魔なモンスターごと破壊させてもらうわ」



まさか、そこまでやってくるなんて……!!



「くっ……リバースカードオープン! 通常罠『機械帝国の軍法会議』! 機械帝国トークン4体をリリースして、その枚数だけデッキから機械帝国モンスターを手札に加える。その後、カードを1枚ドローする!」
「一気に、手札を5枚……それでも、ノワーリヒと防衛ラインは破壊されるわ。バトル、ステラでダイレクトアタック!」


マキナ LP5500→2500


「くっ、ううっ……!!」



強烈な一撃を受けて、思わず膝をついてしまう……さすがに、先ほどの勇者とのデュエルでのダメージが残っているか。



「どうしたの、もう限界かしら?」
「そんなわけ、ないでしょうが……」
「頑張るのね。そんなこと、何の意味もないというのに」
「あなたに、私の何が分かるって言うのよ……!!」
「分かるわよ。覇道を進む王の末路なんて、腐るほど見てきた。力で他を押さえつけても、更なる力に押し潰されるだけ。あなたは偶然自分より弱い相手にしか出会わなかったか、あるいは……見逃されたのかもね?」
「!!?」



グレイスの言葉……それは私にとって最も刺さり、絶対に捨て置くことができないものだった。



「…………」
「どうやら、心当たりがあるみたいね。つまりあなたは、内心負けを認めながらもそれを隠してるってわけ……笑えるわね」
「黙りなさいっ!! 私は二度と負けない! あなたにも、アイツにも!!」
「威勢がいいこと。でも覚えておきなさい……一度ヒビが入った剣は、二度と元の鋭さを取り戻すことなんてないのよ。そして、いつかは折れる……そう遠くない日に」



まるで私の底まで見通すように、彼女の言葉は私の本質を突いてくる。一体、彼女は何者なの……!?



「バトル終了、そのままターンエンドよ」
「っ、オーバーレイユニットとして墓地に送られた『機械帝国の爆撃兵』の効果発動! このカードが墓地に送られたターンの終了時、デッキから機械帝国モンスターを手札に加えるわ」



グレイス LP5200 手札3 モンスターゾーン 復讐姫ステラ
マキナ LP2500 手札6



「私のターン!」



相手のフィールドにはオーバーレイユニットを使いきったエクシーズモンスターが1体のみ。対して私の手札には大量のモンスターカード……十分に勝ち目はある。



「ドローフェイズに、墓地の『進撃の機械兵団』の効果発動! このカードを除外して、通常のドローの代わりにデッキから機械帝国カード1枚を手札に加えるわ。『機械帝国の輸送兵』を召喚。墓地の観測兵の効果発動、ライフを500払って自身を特殊召喚」


マキナ LP2500→2000


「輸送兵の効果発動。自身を破壊して、デッキから奇襲兵を特殊召喚。奇襲兵の効果発動、自身とステラを破壊するわ」
「また、そのモンスター……!」
「無限に湧き出る兵隊、それこそが私の機械兵団よ。破壊された奇襲兵の効果で手札から『機械帝国の指令兵』を特殊召喚。さらに相手フィールドのカードが破壊されたことで観測兵の効果発動。カードを1枚ドロー」



……これで相手のフィールドからカードは無くなった。



「指令兵が存在するとき、私は通常召喚に加えて1度だけ機械帝国モンスターを召喚できる。『機械帝国の破壊兵』を召喚。バトルよ、破壊兵でダイレクトアタック!」


グレイス LP5200→3500


「破壊兵の効果発動。相手に戦闘ダメージが発生したとき、相手ライフに500ダメージを与える!」


グレイス LP3500→3000


「続けて指令兵でダイレクトアタック!」


グレイス LP3000→700


「…………」
「あなたのライフはもはや風前の灯火。次のターンには必ず仕留めてあげるわ」
「次のターンがあれば、だけどね」
「……バトル終了、カードを1枚セットしてターンエンド」



グレイス LP700 手札3
マキナ LP2000 手札4 モンスターゾーン 機械帝国の指令兵、機械帝国の破壊兵、機械帝国の観測兵(表側守備表示) 魔法・罠ゾーン 機械帝国の制圧術



私の伏せカードは『進撃の機械兵団』の効果で手札に加えた『機械帝国の制圧術』。破壊兵と観測兵をリリースして発動すれば、このターン相手はモンスターを特殊召喚できない……通常召喚だけで攻撃力2300の指令兵を突破するのは難しいはず。カード効果で除去されたとしても、2000のライフを削りきれるとは思えない。そして返しのターン、貯め込んだ手札を使って……相手のライフを削りきる。



「私のターン、ドロー……」
「この瞬間、リバースカードオープン! 通常罠……」









「おい、グレイス。何を遊んでるんだ」









----リバースカードを発動する、その直前。グレイスの背後に、男が出現した……!?



「だっ……誰よ、あなたは!!」
「……カイロス、見ての通りデュエル中よ。邪魔しないで」
「デュエルしているのは分かってる。俺が言いたいのは、なんであんな奴とデュエルしているのかってことだ」



カイロス……そう呼ばれた男は、一切の予兆も感じさせずに現れた。それも他の場所ならともかく、対戦相手であったグレイスの背後。私がその接近に気付かないはずもない。となれば、瞬間移動したとしか思えないが……



「……あんな奴とは、大した言い草ね。あなたたちこそ、私の国に土足で踏み入っていることを忘れないで欲しいわ」
「ああ、それは失礼。なにせ許可をもらおうにも門番もいなかったからな」



飄々とした態度をとっているが、その実私のことを見てすらいない……文字通り、眼中にないということか。



「グレイス、もう時間だ。そろそろ他の連中が追い付いてくる」
「……分かったわ」



男からの促しに応じるようにして、私に背中を見せるグレイス。



「ま、待ちなさいっ! まだ勝負はついてない……逃げるつもりなの!?」
「こんなデュエルに意味なんてないわ。私にとっても、あなたにとっても……でしょう?」
「…………っ」



彼女の言う通りだ。ここで勝っても、私の得るものは何もない……せいぜい、正体不明の敵を1人倒したという安心だけ。



「次に会ったら最後まで相手をしてあげる。その時まで、あなたの剣が折れていなければ……ね。さようなら、哀れな王様」
「何を……!!」









----反論する余地もなく、2人は瞬く間に姿を消した。目の前で見てもやはり原理が掴めない。あの男に何らかの能力があると考えるのが自然か……






「私の知らない何かが、影で蠢いてるってことね」



自分が世界の全てを知っているなんて自惚れるつもりはない。しかし、目的が一切掴めない彼らの存在はどうしても気にかかる……少なくとも、私の計画を妨害するために動いているのではなさそうだが。



「……そう、私の目的はあいつらじゃない」



襲撃者への疑念は一旦頭から追い出し、倒れ伏しているクイーンの元へと歩いていく。



「…………どうやら、命に別状はないみたいね」



クイーンの服の中を探りながら、怪我の具合を確認する。外傷は酷いが、どれも命に関わるようなものではない。もちろん適切な治療を行わなければ動くことも難しいだろうが……



「っと。これ、かしら」



ポケットに潜んでいた小型の電子機器を取り出す。形状からするに、これで間違いないだろう。



「……第一目標達成、ね」



あとはこの装置を作動させて、この国から撤退するだけ……






「…………マ、キナ……?」
「……起きたのね、クイーン」



うっすらと目を開き、途切れ途切れの声を何とか絞り出そうとするクイーン。この状態では、意識もはっきりとはしていないだろう。



「……待って、置いていかないで……」
「…………いいえ。私の進む道に、あなたを連れていくことはできない。あなたは、この国を維持するのになくてはならない人材だったから」
「嫌だよ、1人ぼっちは寂しいよ……」
「…………自分の味方を作れなかったことは、あなたの落ち度よ」
「…………」



返答がない。再び気絶してしまったようだ……






「…………そして、そんなあなたの内面を見抜けなかったのは私の落ち度」






私がいなくなったインダストで、権力闘争が行われることは簡単に予測できた。その過程で、排除される人間が出る可能性も……しかし、ここまでの事態になることは想像もしていなかった……全て、私の責任だ。









「……おやすみなさい、クイーン」









ゆっくりと立ち上がり、クイーンから奪った装置を操作する。そして、視線を階段の方へと向ける……












「……さて、ようこそインダストへ。歓迎するわ、招かれざる侵入者さん」









現在のイイネ数 19
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

MTGからの刺客
うわー出た、実は復讐姫で一番の壊れ疑惑のある『復讐姫ステラ』。と言うかステラは「姫騎士」でも「聖姫士」でも基本的に凶性能ですけど。基本性能はともかくカードゲームで代替コストのカードは基本的に悪さをしますからね。特殊召喚条件からして同じく切り札の「イザエリア」「アルトレイヤ」より多分強いかと。

ただこのデュエルに置いては続けてたら危なかったのはグレイスの方かもしれませんね(特殊召喚連打の復讐姫で特殊召喚封じは基本詰む、除去も結構ハルカディアに依存しているので、あの状況のマキナの盤面を崩すのは難しい)。 (2020-12-02 00:28)
名無しのゴーレム
MTGからの刺客さん、コメントありがとうございます。

ステラの全体除去はド派手ですよね…何も考えずに使うと自分も吹き飛ぶのでそう易々とは使えないですが、今回はマキナの鉄壁の守りを一気に引き剥がしてしまいました。
ほぼ互角、ややマキナ有利…というところでの中断となりましたが、まあこのデュエルに決着がつくとどう転んでも大変なことになるから仕方ないね。汎用カードが多めに積めるグレイスのデッキならここから逆転の芽もあった…かも。たぶん。 (2020-12-03 01:43)
ギガプラント
強い(迫真)
アドバンテージのバーゲンセールだ……。一線を引いた私のようなプレイヤーには馴染みが無いレベルに至ってきていますw
しかしなんとなく予測はできましたが中断パターンでしたか。まだまだ終わらないぞ! (2020-12-05 23:36)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。

両者ともに息をするように手札を増やしてますからね…もはや別ゲーと間違えるレベル。
謎を解くためのインダスト編だったはずが、気付けば新たな謎だらけに。どうしてこうなった… (2020-12-06 22:31)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
66 1話 不思議の世界にこんにちは 1852 8 2015-07-20 -
66 2話 メシアの元へ 912 6 2015-07-22 -
57 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 989 4 2015-07-24 -
38 オリカまとめ1 992 4 2015-07-25 -
72 4話 救世の女神 817 2 2015-07-27 -
56 5話 未来都市 フォーチュンシティ 812 6 2015-08-11 -
40 6話 幸運な男 797 4 2015-08-12 -
92 7話 推参、正義のヒーロー! 985 6 2015-08-30 -
99 オリカまとめ2 1028 2 2015-09-03 -
53 8話 運命の賢者 815 6 2015-10-22 -
35 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 894 4 2015-11-02 -
77 オリカまとめ3 885 6 2015-11-30 -
25 10話 水面写しの鏡 681 2 2015-12-06 -
27 11話 白き刃、移ろう水面 911 4 2015-12-09 -
76 12話 試される意志 923 4 2015-12-14 -
129 13話 水面を侵す邪神 1031 10 2016-05-01 -
29 オリカまとめ4 719 0 2016-05-03 -
42 オリカまとめ5 937 0 2016-05-03 -
24 14話 仲違い 715 4 2016-05-06 -
71 七夕記念企画のお知らせ! 1189 14 2016-05-07 -
48 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 839 6 2016-06-11 -
45 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 752 8 2016-06-17 -
85 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 807 10 2016-06-20 -
76 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 801 6 2016-06-21 -
67 七夕記念企画:前夜祭 786 14 2016-06-30 -
34 第1戦:爆風を駆ける獣 1040 16 2016-07-01 -
40 第2戦:真の強さとは 901 14 2016-07-02 -
30 第3戦:舞い踊る武具 769 10 2016-07-03 -
34 第4戦:不滅の決闘 799 15 2016-07-04 -
33 第5戦:信念のデュエル 867 14 2016-07-05 -
43 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 864 13 2016-07-06 -
25 最終戦:その想い、天の川を越えて 873 14 2016-07-07 -
44 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 668 7 2016-07-13 -
99 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 835 10 2016-07-17 -
40 七夕記念企画:フィナーレ 678 8 2016-07-29 -
47 七夕記念企画:感想、その他 908 0 2016-07-31 -
107 15話 娯楽都市アミューズ 1003 8 2016-12-31 -
28 16話 鮮やかなるトリックスター 537 8 2019-03-12 -
75 17話 最速の男 436 2 2019-03-17 -
53 18話 大罪の邪神龍 444 2 2019-03-22 -
29 19話 たった一つの敗因 388 2 2019-03-27 -
48 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 423 2 2019-04-01 -
40 20話 天翔る龍使い 407 4 2019-04-02 -
54 21話 研ぎ澄まされし刃 466 2 2019-04-14 -
46 22話 忍び寄る漆黒 394 2 2019-04-22 -
53 23話 戦乱を望む者 471 2 2019-05-03 -
22 オリカまとめ6 380 2 2019-05-13 -
50 オリカまとめ7 462 2 2019-05-13 -
37 オリカまとめ8 346 0 2019-05-18 -
56 オリカまとめ9 463 2 2019-05-18 -
54 24話 凍てつく世界 455 2 2019-06-19 -
61 25話 時空の賢者 460 4 2019-06-26 -
29 26話 救世を拒む復讐の剣 493 4 2019-06-29 -
56 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 509 4 2019-07-03 -
43 28話 運命の選択肢 403 4 2019-07-07 -
67 29話 雪下の約束 395 4 2019-07-11 -
34 30話 再出発 306 2 2019-07-15 -
46 オリカまとめ10 533 4 2019-07-19 -
40 オリカまとめ11 380 4 2019-07-19 -
43 31話 新たな刺客? 354 4 2019-07-21 -
45 32話 忍びの流儀 493 4 2019-07-24 -
26 33話 雪の国の守護者 290 2 2019-07-28 -
34 34話 鉄壁の守護騎士 351 2 2019-08-01 -
25 35話 妖精の導き 341 2 2019-08-05 -
32 オリカまとめ12 402 4 2019-08-08 -
26 オリカまとめ13 370 2 2019-08-08 -
35 36話 温泉街フィアンマ 364 4 2019-08-11 -
32 37話 傭兵と行商人 316 2 2019-08-15 -
32 38話 時空を越えし英雄 381 2 2019-08-19 -
39 39話 燻る炎 366 2 2019-08-26 -
68 40話 張り巡らされた罠 353 2 2019-09-20 -
49 41話 一瞬の勝機 336 4 2019-09-29 -
27 42話 万物焼き尽くす業火 359 4 2019-10-05 -
25 43話 強者の孤独 364 2 2019-10-23 -
18 オリカまとめ14 251 0 2019-11-13 -
37 オリカまとめ15 321 0 2019-11-13 -
24 44話 幻獣の巫女 331 4 2020-01-09 -
23 45話 王を目指す者 230 2 2020-02-17 -
20 46話 君臨者と反逆者 288 4 2020-03-12 -
9 47話 ヒトガタの幻獣 237 4 2020-04-29 -
12 48話 架け橋 189 2 2020-05-11 -
7 オリカまとめ16 245 0 2020-05-19 -
10 幕間 『仲間』 202 4 2020-07-13 -
14 49話 機械の国インダスト 187 2 2020-07-20 -
10 50話 無双の姫君と反逆の機械 208 4 2020-08-05 -
6 51話 作戦会議 147 2 2020-08-30 -
6 52話 強襲 161 2 2020-09-10 -
5 53話 夢見る怪物 149 2 2020-09-17 -
10 54話 底知れぬ闇 188 4 2020-09-24 -
11 オリカまとめ17&告知 183 0 2020-09-30 -
26 SideFortune:何でも屋ハンディ 280 7 2020-10-03 -
13 Side Fortune:怪人ヴィラン 255 6 2020-10-08 -
15 Side Fortune:ゼロに還す者 232 6 2020-10-15 -
10 オリカまとめ18 139 0 2020-10-17 -
7 オリカまとめ19 132 0 2020-10-17 -
11 オリカまとめ20&あとがき 192 2 2020-10-17 -
6 55話 最強の兵器 136 2 2020-10-22 -
11 56話 造られた理由 146 2 2020-10-28 -
8 57話 君臨する女帝 140 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 96 0 2020-11-09 -
13 オリカまとめ22&おまけ 148 0 2020-11-09 -
13 58話 孤独の女王 149 2 2020-11-10 -
8 59話 王女と女王、そして 158 4 2020-11-16 -
19 60話 時を紡ぐ剣 160 2 2020-11-21 -
16 61話 黒き意志 179 2 2020-11-26 -
19 62話 王の進む道 202 4 2020-12-01 -
6 63話 傷の深さ 120 0 2020-12-07 -
18 オリカまとめ23 111 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 100 0 2020-12-14 -
8 オリカまとめ25 204 0 2020-12-14 -
7 64話 癒えない傷痕 134 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 134 0 2020-12-21 -
5 66話 契約 117 2 2020-12-27 -
4 67話 生きる覚悟 112 2 2021-01-02 -
10 68話 影に潜む者たち 116 0 2021-01-08 -
5 69話 正反対の2人 123 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 83 0 2021-01-21 -
5 70話 力と覚悟 105 0 2021-01-28 -
3 71話 魂を喰らう外道 105 0 2021-02-04 -
3 SideFortune:警備隊セキュリィ 159 2 2021-02-21 -
10 オリカまとめ26&今後の予定 186 0 2021-02-26 -
6 SideAmuse:静夜を照らす星 157 6 2021-03-12 -
7 SideAmuse:火花舞う戦場 111 0 2021-03-23 -
10 SideAmuse:守るべきもの 146 4 2021-03-31 -
5 SideAmuse:がらんどうの2人 73 2 2021-04-13 -
7 オリカまとめ27 81 2 2021-04-20 -
2 オリカまとめ28 48 0 2021-04-20 -
10 オリカまとめ29&あとがき 126 2 2021-04-20 -

更新情報 - NEW -