HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 61話 黒き意志

遊戯王WW(ワンダーワールド)/61話 黒き意志 作:名無しのゴーレム










「……もうすぐね」



勇者を打ち負かし、管理塔へ向かい走る……あちらの作戦通りなら、そろそろ誰かがクイーンの元へ辿り着いている頃だろう。



「それにしても、あの防衛機械たちはどう処理したのかしら」



動作を停止した警備ロボットたちが、辺りに転がっている……物理的に破壊された様子もないことから、内部の電脳部分をどうにかされたと考えるべきだろう。素人にできる芸当ではない、それでいて内部構造に詳しいとなれば……



「……まあ、あのロボットがどうにかしたのでしょうね」



監視カメラで確認した、勇者たちと別行動を取っていた3人組……いや、正確には2人と1体か。順当に考えて、あの中のいずれかがクイーンと相対していることになる。



「さて、到着と」



そんなことを考えていると、管理塔の入り口へ辿り着いた……扉にもセキュリティがあったはずだが、それも破られているようだ。



「……少し、急いだ方が良さそうね」



管理塔に入り、すぐのところに設置されているエレベーター。普通に考えて使えるようにはなっていないが……



「やっぱり、思った通り」



特に難しい細工もなく、ただ電子的なロックがかけられているだけ。これなら管理者用のコードを打ち込むだけで解除できる。もっとも、これを知っているのは私とクイーンを含めた数少ない人間だからリスクは低いのだけど。









……エレベーターの速度なら、20階にもすぐ到着する。それまでに、あり得る状況についてシミュレーションしておこう。



まず1つ目は、まだ誰もクイーンに接触出来ていないパターン。時間経過からしてないと思うけど、防衛設備の対処に時間を食っていたならあり得る。


2つ目はデュエル中のパターン……これは三つ巴の状態になる。にらみ合いの形になりかねないから、起きて欲しくはない。


3つ目はクイーンに接触した人間がクイーンに敗れたパターン。この場合、私はクイーンと対峙するだけで良くなる……楽ではあるけれど、穏便な解決は望めない。


4つ目はその逆、クイーンが敗れたパターン。こちらも同じ問題点が出てくる。


5つ目は……まずないと思うけど、相討ちになったパターン。邪魔は入らないけど、他の勢力が私を攻撃する口実が出来てしまう。最悪は全勢力からの袋叩き……想像したくもない。


そして6つ目。万が一の可能性として、クイーンが和解に応じたパターン。彼女のスタンスにもよるけれど、2対1の状況になればかなり厄介だ。



「……私としての理想は、どちらも疲弊しながら生き残っているパターンね」



一見その可能性は低そうだが、勇者の性格を考慮すればその仲間も似たようなものだろう。それなら、問答無用でクイーンを倒すような真似はしないはず。そうして手こずっている間に時間が経って……というパターンなら、十分あり得る。






ピンポーン……






「……いよいよね」



到着を告げる電子音に、懐から拳銃を取り出して構える。使うつもりはないけど、万が一ということもある……気を抜くことはできない。



「…………っ」



エレベーターの扉が開く。意を決し、制御室へと踏み込む……















----数年振りの制御室。その変貌具合にも驚いたが、そんなことは大した問題でもなかった。



「……『復讐姫パトリシア』でダイレクトアタック」



----制御室へ踏み込み最初に目に入ったのは、漆黒の鎧に身を包んだ女性。彼女がデュエルしている相手は……クイーンか。思った通り、デュエルは長引いているようだ。



「っ、ガハッ…………!!」



----しかし、どうも様子がおかしい。満身創痍のクイーンに対して、女性は傷一つ負っていない。さらにクイーンの後ろ……壁にもたれかかるようにして気絶している女性の存在。2人とも勇者一行と仮定しては、監視カメラで確認した人数と計算が合わない。



「…………あなたは?」
「!!」



想定外の展開に固まっていた私へ、女性が話しかけてきた。



「……人に名前を尋ねるなら、まずは自分からだと思うけど」
「そう……私はグレイス。さあ、次はあなたの番」
「……マキナよ」



振り返ってきただけでも伝わる、その禍々しいオーラ。正体は不明でも、勇者の仲間でないことは断言できる。でも、それなら彼女は何者……?



「マキナ……ふぅん、あなたが。そこで待ってなさい。コイツを片付けたら、あなたの相手もしてあげるから」
「片付ける……悪いけど、それは止めさせてもらうわ」



構えていた拳銃をグレイスに向ける……それなのに、窮地に陥っているはずの彼女は表情一つ変えることもなかった。



「へぇ……何の真似かしら?」
「見ての通りよ。分かったら、さっさとその子から離れなさい!」
「……威嚇のつもり? 私をどうにかしたいなら、さっさと撃てばいいじゃない。ほら、しっかり狙いなさい」



こちらを舐めている……というより、そもそも拳銃のことを恐れていない。この距離で、避けられるとでも……?



「いいでしょう。後悔しないことね……!!」






パァン!!






グレイスへ放たれた弾丸は、真っ直ぐにその心臓へ向かい、着弾する……そのはずだった。



「…………どういう、こと……!?」



避けられると思っていた銃弾は……彼女の腕によって、弾かれた。いくら鎧を纏っているといっても、ただ薙ぎ払うような動作だけで……!?



「……これで、満足かしら?」



……確信する。目の前のコイツは、人間の尺度で測っていい存在じゃない。それこそメシアのような……まさか。



「まさか……メシアを倒したのは、あなたなの!?」
「だとしたら、何? ああ、自分の獲物が盗られて悔しいのね」



よく見れば、奥で気絶している女性とグレイスの顔はよく似ている。勇者の証言とも一致する……彼女の反応からしても、確定したと言っていいだろう。



「……あなたのせいで、私の計画は狂いに狂った。それでも、最終的な目的達成には何ら問題ない。むしろ手間を省いてくれて感謝しているくらいよ」
「その割には、手が震えているようだけど?」
「っ……!?」
「どうやら、図星だったみたいね。それでどうする? 怒りに任せて私と戦う?」






…………落ち着け、落ち着きなさい。挑発には乗らない、あくまで冷静に私のすべきことをするだけ。






「…………この期に及んで臆病風に吹かれるなんてね。……それなら、こちらもあなたのことは気にしないでおくわ」



興味を失ったようにクイーンの方を向き直し、デュエルを再開しようとするグレイス。その趨勢は火を見るよりも明らか、このまま行けば……









「…………マ、キナ…………」









もはや瀕死に近いクイーン。そんな彼女が、絞り出すように出した声……









「…………もう一度聞くわよ。何の真似?」
「私こそ、もう一度言ってあげる……クイーンから離れなさい!!」



気付けば、私は2人の間に割り込んでいた。それも、半ば無意識に……



「……まさかとは思うけど、話し合いで解決できるなんて思ってないわよね?」
「それこそあり得ないわ。頭がお花畑の勇者サマじゃあるまいし……私はただ、私の流儀であなたを打ちのめすだけ」
「デュエル、ね……いいでしょう。あなたが道化でしかないことを、その身をもって知るといいわ」



相手はメシアを倒すほどの力の持ち主……間違いなく強敵だ。でも、負けるわけにはいかない……!!


















「「デュエル!!」」









グレイス LP8000 手札5
マキナ LP8000 手札5



「先攻は私がもらうわよ。通常魔法『増援』発動。デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。『復讐姫ハルカディア』を召喚。ハルカディアの効果発動。自身に復讐カウンターを2つ置く」


復讐姫ハルカディア 復讐カウンター0→2


「カードを1枚セット、これでターンエンド」



グレイス LP8000 手札3 モンスターゾーン 復讐姫ハルカディア 魔法・罠ゾーン 伏せカード
マキナ LP8000 手札5



復讐カウンター……それがどういった効果をもたらすのかは分からないが、軽視しない方がいいだろう。



「私のターン、ドロー。『機械帝国の突撃兵』を召喚。バトル、突撃兵でハルカディアを攻撃。突撃兵の効果発動。相手モンスターとの戦闘時、攻撃力を1000アップする」


機械帝国の突撃兵 攻撃力1400→2400


グレイス LP8000→7300


「リバースカードオープン。永続罠『連鎖する憎悪』発動。1ターンに1度、自分・相手フィールドのモンスターが墓地に送られた場合このカードに復讐カウンターを置く」


連鎖する憎悪 復讐カウンター0→1


「ハルカディアの効果発動。このカードが相手によって破壊された場合、このカードに乗っていた復讐カウンターの数だけカードをドロー」
「つまり、2枚ドローってことね……突撃兵の効果発動! このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、手札から機械帝国モンスター1体を特殊召喚する。来なさい、『機械帝国の奇襲兵』! 奇襲兵の効果発動、自身と相手フィールドのカード1枚を破壊するわ。私は『連鎖する憎悪』を破壊!」
「なら、破壊された『連鎖する憎悪』の効果発動。このカードに乗っていた復讐カウンターの数まで墓地の復讐姫を手札に加える。私はハルカディアを回収」



相手のカードを破壊しているのに、相手の手札が増えていく……嫌な流れだ。



「破壊された奇襲兵の効果発動、手札の『機械帝国の補給兵』を特殊召喚! 補給兵でダイレクトアタックよ!」


グレイス LP7300→6500


「バトルフェイズ中に、大した展開力ね……」
「バトル終了。手札から永続魔法『機械帝国の防衛ライン』発動よ。防衛ラインの効果発動、墓地の機械帝国モンスターをデッキに戻すことでそのレベル×300のライフを回復する。私はレベル3の奇襲兵をデッキに戻すわ」


マキナ LP8000→8900


「私はこれでターンエンドよ。このタイミングで、補給兵の効果発動。デッキから機械帝国モンスター1体を手札に加える」



グレイス LP6500 手札6
マキナ LP8900 手札4 モンスターゾーン 機械帝国の突撃兵、機械帝国の補給兵 魔法・罠ゾーン 機械帝国の防衛ライン



「私のターン、ドロー。自分フィールドにモンスターが存在しないことにより、手札から『復讐姫リルニカ』を特殊召喚。そして『復讐姫リリィ』を召喚。レベル3のリルニカにレベル2のリリィをチューニング。業火纏いし闇騎士よ、今こそ全てを焼き尽くせ。シンクロ召喚、『復讐姫アライブ』!」
「シンクロ、召喚……!!」
「墓地に送られたリルニカ、リリィ、そしてシンクロ召喚に成功したアライブの効果発動。合わせてアライブに復讐カウンターを5つ置く。そしてリルニカの効果で次の自分スタンバイフェイズまで自分フィールドの復讐姫の攻撃力を300アップする」


復讐姫アライブ 復讐カウンター0→5

復讐姫アライブ 攻撃力2500→2800


「墓地のリリィの効果発動。墓地のこのカードを除外して、アライブの復讐カウンターを4つ取り除く。その後取り除いた数と同じレベルの復讐姫をデッキから特殊召喚する。私はデッキから『復讐姫ラフェンサ』を特殊召喚。ラフェンサの効果発動、自身に復讐カウンターを1つ置く」


復讐姫アライブ 復讐カウンター5→1

復讐姫ラフェンサ 復讐カウンター0→1


「フィールドにラフェンサが存在するとき、このカードを手札から特殊召喚できる。来なさい、『復讐姫コークル』。コークルの効果発動、フィールドの復讐姫に復讐カウンターを1つ置く」


復讐姫アライブ 復讐カウンター1→2

復讐姫ラフェンサ 復讐カウンター1→2

復讐姫コークル 復讐カウンター0→1


「アライブの効果発動。ラフェンサに乗っている復讐カウンター2つを取り除き、あなたの突撃兵を破壊。その後、フィールドの復讐カウンターの数×200のダメージを与えるわ」


マキナ LP8900→8300


「バトル。コークルで補給兵を攻撃」
「防衛ラインが存在する限り、機械帝国モンスターの戦闘で私にダメージは発生しない!」
「でも、これであなたのフィールドからモンスターは消えた。ラフェンサでダイレクトアタック」


マキナ LP8300→6400


「続けてアライブでダイレクトアタック」


マキナ LP6400→3600


「くっ……!!」
「思ったよりも大したことないのね、あなた」
「もう勝ったつもりなの? この程度のダメージ、致命傷にもなってないわ」
「……バトル終了。私はレベル4のラフェンサとコークルでオーバーレイ。2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築。エクシーズ召喚、『復讐姫レイチェル』!」



1ターンの内にシンクロ召喚とエクシーズ召喚……カード除去と展開力の両立、どうやら私のデッキと同じタイプのようだ。



「レイチェルの効果発動。自身のオーバーレイユニットを1つ取り除き、デッキの上から5枚をめくる。そしてその中から復讐姫カードを手札に加える……カードを1枚セットして、ターンエンド」



グレイス LP6500 手札4 モンスターゾーン 復讐姫アライブ(復讐カウンター2)、復讐姫レイチェル 魔法・罠ゾーン 伏せカード1枚
マキナ LP3600 手札4 魔法・罠ゾーン 機械帝国の防衛ライン



「私のターン、ドロー」



手札の枚数こそ同じでも、フィールドとライフは向こうの方が優勢だ。こちらの推測が当たっていれば、このデュエルは長期戦になる……フィールドはともかく、ライフの差は後々に大きく響いてくるだろう。



「防衛ラインの効果発動。墓地の突撃兵をデッキに戻して、ライフを1200回復する」


マキナ LP3600→4800


「『機械帝国の起爆兵』を召喚。そして手札の『機械帝国の観測兵』の効果発動。機械帝国モンスターが召喚・特殊召喚された場合にライフを500払うことで自身を手札・墓地から特殊召喚する。」


マキナ LP4800→4300


「レベル3の起爆兵と観測兵でオーバーレイ! 2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築。エクシーズ召喚、『機械帝国の女神クロノ』! さらに速攻魔法『機械帝国の密偵術』発動。デッキから『機械帝国の斥候兵』を、相手フィールドに特殊召喚する!」
「私の、フィールドに……?」
「バトル、クロノで斥候兵を攻撃!」
「なるほど、攻撃の的って訳ね……リバースカードオープン! 通常罠『闇の閃光』。レイチェルをリリースして、このターンに特殊召喚されたモンスターを全て破壊する。クロノと斥候兵を破壊」
「クロノはともかく、斥候まで……バトル終了。そのままターンエンド」
「モンスターもなしにターンエンド? なら、次のターンで……」
「この瞬間、クロノの効果発動! このカードが破壊されたターンのエンドフェイズに、自身を特殊召喚した上でクロノのみを素材としてランク4の機械帝国エクシーズモンスター1体をエクシーズ召喚する……時は来た! 今こそ悠久の眠りより目覚め、鋼鉄の兵を従え並み居る敵を撃滅せよ! エクシーズ召喚、『機械帝国の女神ノワーリヒ』!!」
「……それが、あなたの切り札なのね」
「ええ、そうよ。このカードは私の思いそのもの……私の覇道を阻む敵は全て蹴散らす、その決意よ!」



状況は変わらず、私の不利なまま。それでも、私は引き下がることはできない……






「こんなところで立ち止まっていられないのよ……あなたは、必ずここで倒す!!」






グレイス LP6500 手札4 モンスターゾーン 復讐姫アライブ(復讐カウンター2)
マキナ LP4300 手札2 モンスターゾーン 機械帝国の女神ノワーリヒ 魔法・罠ゾーン 機械帝国の防衛ライン





現在のイイネ数 16
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

MTGからの刺客
除去されているのに手札がどんどん増えていく不思議。
結局戦いになったマキナVSグレイスですが、今の所グレイスが殆ど手の内を見せていないのが不気味過ぎる。
カテゴリー製作者故に『ああ、これ出したらヤバいな…』ってカードが容易に思い当たるだけ有って、マキナさんがそれをどう捌くかが注目ですね。

製作者的にメタ視点から突っ込むと、全然グレイスが実力を出していないように見えます(マジやべぇエクシーズの『ヤツ』もまだ出てないし)。 (2020-11-27 02:02)
名無しのゴーレム
MTGからの刺客さん、コメントありがとうございます。

お互いにまだまだ小手調べって感じですね。除去が飛び交いながらも手札が減らない辺りが両者の継戦能力の高さを物語っています。
メシアとのデュエルに比べると、グレイスの展開はやや控えめ…かな? ここから2人のデュエルも激化していくので、ぜひ次回をお楽しみに。 (2020-11-27 20:44)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
70 1話 不思議の世界にこんにちは 1934 8 2015-07-20 -
67 2話 メシアの元へ 940 6 2015-07-22 -
59 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 1018 4 2015-07-24 -
38 オリカまとめ1 1016 4 2015-07-25 -
75 4話 救世の女神 834 2 2015-07-27 -
58 5話 未来都市 フォーチュンシティ 830 6 2015-08-11 -
42 6話 幸運な男 818 4 2015-08-12 -
93 7話 推参、正義のヒーロー! 1003 6 2015-08-30 -
99 オリカまとめ2 1047 2 2015-09-03 -
54 8話 運命の賢者 835 6 2015-10-22 -
36 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 912 4 2015-11-02 -
78 オリカまとめ3 904 6 2015-11-30 -
26 10話 水面写しの鏡 698 2 2015-12-06 -
28 11話 白き刃、移ろう水面 927 4 2015-12-09 -
77 12話 試される意志 941 4 2015-12-14 -
133 13話 水面を侵す邪神 1054 10 2016-05-01 -
29 オリカまとめ4 736 0 2016-05-03 -
43 オリカまとめ5 962 0 2016-05-03 -
24 14話 仲違い 732 4 2016-05-06 -
73 七夕記念企画のお知らせ! 1206 14 2016-05-07 -
48 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 856 6 2016-06-11 -
45 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 768 8 2016-06-17 -
85 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 821 10 2016-06-20 -
76 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 818 6 2016-06-21 -
69 七夕記念企画:前夜祭 805 14 2016-06-30 -
34 第1戦:爆風を駆ける獣 1056 16 2016-07-01 -
40 第2戦:真の強さとは 918 14 2016-07-02 -
31 第3戦:舞い踊る武具 784 10 2016-07-03 -
34 第4戦:不滅の決闘 812 15 2016-07-04 -
35 第5戦:信念のデュエル 888 14 2016-07-05 -
44 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 883 13 2016-07-06 -
25 最終戦:その想い、天の川を越えて 888 14 2016-07-07 -
44 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 683 7 2016-07-13 -
99 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 852 10 2016-07-17 -
41 七夕記念企画:フィナーレ 690 8 2016-07-29 -
47 七夕記念企画:感想、その他 921 0 2016-07-31 -
108 15話 娯楽都市アミューズ 1021 8 2016-12-31 -
29 16話 鮮やかなるトリックスター 552 8 2019-03-12 -
75 17話 最速の男 452 2 2019-03-17 -
53 18話 大罪の邪神龍 464 2 2019-03-22 -
29 19話 たった一つの敗因 402 2 2019-03-27 -
50 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 441 2 2019-04-01 -
40 20話 天翔る龍使い 422 4 2019-04-02 -
56 21話 研ぎ澄まされし刃 483 2 2019-04-14 -
48 22話 忍び寄る漆黒 416 2 2019-04-22 -
53 23話 戦乱を望む者 484 2 2019-05-03 -
23 オリカまとめ6 399 2 2019-05-13 -
50 オリカまとめ7 481 2 2019-05-13 -
37 オリカまとめ8 363 0 2019-05-18 -
57 オリカまとめ9 481 2 2019-05-18 -
55 24話 凍てつく世界 470 2 2019-06-19 -
61 25話 時空の賢者 472 4 2019-06-26 -
30 26話 救世を拒む復讐の剣 505 4 2019-06-29 -
59 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 525 4 2019-07-03 -
44 28話 運命の選択肢 419 4 2019-07-07 -
68 29話 雪下の約束 410 4 2019-07-11 -
36 30話 再出発 317 2 2019-07-15 -
47 オリカまとめ10 552 4 2019-07-19 -
41 オリカまとめ11 397 4 2019-07-19 -
43 31話 新たな刺客? 367 4 2019-07-21 -
48 32話 忍びの流儀 509 4 2019-07-24 -
27 33話 雪の国の守護者 309 2 2019-07-28 -
38 34話 鉄壁の守護騎士 368 2 2019-08-01 -
25 35話 妖精の導き 353 2 2019-08-05 -
33 オリカまとめ12 421 4 2019-08-08 -
26 オリカまとめ13 385 2 2019-08-08 -
36 36話 温泉街フィアンマ 375 4 2019-08-11 -
33 37話 傭兵と行商人 330 2 2019-08-15 -
34 38話 時空を越えし英雄 397 2 2019-08-19 -
40 39話 燻る炎 380 2 2019-08-26 -
72 40話 張り巡らされた罠 365 2 2019-09-20 -
50 41話 一瞬の勝機 351 4 2019-09-29 -
27 42話 万物焼き尽くす業火 371 4 2019-10-05 -
26 43話 強者の孤独 378 2 2019-10-23 -
18 オリカまとめ14 268 0 2019-11-13 -
37 オリカまとめ15 337 0 2019-11-13 -
25 44話 幻獣の巫女 340 4 2020-01-09 -
24 45話 王を目指す者 245 2 2020-02-17 -
20 46話 君臨者と反逆者 305 4 2020-03-12 -
9 47話 ヒトガタの幻獣 258 4 2020-04-29 -
13 48話 架け橋 208 2 2020-05-11 -
7 オリカまとめ16 267 0 2020-05-19 -
12 幕間 『仲間』 223 4 2020-07-13 -
15 49話 機械の国インダスト 205 2 2020-07-20 -
10 50話 無双の姫君と反逆の機械 227 4 2020-08-05 -
7 51話 作戦会議 164 2 2020-08-30 -
7 52話 強襲 178 2 2020-09-10 -
6 53話 夢見る怪物 165 2 2020-09-17 -
11 54話 底知れぬ闇 202 4 2020-09-24 -
12 オリカまとめ17&告知 205 0 2020-09-30 -
27 SideFortune:何でも屋ハンディ 294 7 2020-10-03 -
15 Side Fortune:怪人ヴィラン 265 6 2020-10-08 -
16 Side Fortune:ゼロに還す者 248 6 2020-10-15 -
11 オリカまとめ18 158 0 2020-10-17 -
8 オリカまとめ19 154 0 2020-10-17 -
11 オリカまとめ20&あとがき 209 2 2020-10-17 -
7 55話 最強の兵器 148 2 2020-10-22 -
12 56話 造られた理由 166 2 2020-10-28 -
8 57話 君臨する女帝 151 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 108 0 2020-11-09 -
15 オリカまとめ22&おまけ 170 0 2020-11-09 -
13 58話 孤独の女王 158 2 2020-11-10 -
9 59話 王女と女王、そして 176 4 2020-11-16 -
21 60話 時を紡ぐ剣 174 2 2020-11-21 -
16 61話 黒き意志 193 2 2020-11-26 -
21 62話 王の進む道 219 4 2020-12-01 -
7 63話 傷の深さ 136 0 2020-12-07 -
18 オリカまとめ23 130 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 115 0 2020-12-14 -
8 オリカまとめ25 225 0 2020-12-14 -
7 64話 癒えない傷痕 145 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 142 0 2020-12-21 -
5 66話 契約 133 2 2020-12-27 -
5 67話 生きる覚悟 125 2 2021-01-02 -
10 68話 影に潜む者たち 128 0 2021-01-08 -
6 69話 正反対の2人 145 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 93 0 2021-01-21 -
5 70話 力と覚悟 119 0 2021-01-28 -
3 71話 魂を喰らう外道 121 0 2021-02-04 -
3 SideFortune:警備隊セキュリィ 166 2 2021-02-21 -
10 オリカまとめ26&今後の予定 207 0 2021-02-26 -
6 SideAmuse:静夜を照らす星 172 6 2021-03-12 -
7 SideAmuse:火花舞う戦場 128 0 2021-03-23 -
10 SideAmuse:守るべきもの 163 4 2021-03-31 -
5 SideAmuse:がらんどうの2人 90 2 2021-04-13 -
8 オリカまとめ27 107 2 2021-04-20 -
2 オリカまとめ28 74 0 2021-04-20 -
10 オリカまとめ29&あとがき 160 2 2021-04-20 -
3 72話 折り重ねる力 55 0 2021-08-11 -
6 73話 鋼の牙 116 0 2021-08-18 -
3 74話 生の価値、死の意味 68 0 2021-08-30 -

更新情報 - NEW -