HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 57話 君臨する女帝

遊戯王WW(ワンダーワールド)/57話 君臨する女帝 作:名無しのゴーレム













「「デュエル!!」」






ユージ LP8000 手札5
マキナ LP8000 手札5



ついに始まってしまった、マキナさんとのデュエル。作戦を成功させるためにも、そして彼女の真意を聞き出すためにも……負けるわけにはいかない。



「先攻は譲ってあげる。あなたの力、見せてみなさい」



余裕を持った口振りながらも、マキナさんの視線は鋭くこちらを睨み付けてくる。言葉通り、僕のことを見極めようとしているのか……



「……僕のターン。『白き地の黄雀ハボタン』を召喚。ハボタンの効果発動。このカードの召喚成功時、デッキからレベル3の白き地のモンスター1体を手札に加えます。そして手札に加えた『白き地の鴟梟ナズナ』の効果発動。白き地のモンスターの効果で手札に加えられたとき、自身を特殊召喚します。レベル3のハボタン、ナズナでオーバーレイ! 2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築! 白き地に産まれし幼き女神よ、氷雪を操り聖域を侵す敵を凍結せよ! エクシーズ召喚、『白き地の女神クランポネ』!」
「エクシーズ召喚、ね。で、次は?」
「……ナズナをエクシーズ素材としたクランポネは、相手ターンの終了時まで戦闘・効果で破壊されない。手札の『白き地の女官セッカ』の効果発動! 白き地のモンスターが召喚・特殊召喚されたとき、このカードを特殊召喚する! そしてセッカの攻撃力は自身以外の白き地のモンスターの数×300アップする」


白き地の女官セッカ 攻撃力1800→2100


「セッカが存在する限り、他の白き地のモンスターは攻撃対象にならない。僕は、これでターンエンドです」



ユージ LP8000 手札3 モンスターゾーン 白き地の女神クランポネ、白き地の女官セッカ
マキナ LP8000 手札5



無効化効果を持つクランポネを、ナズナとセッカで守る。初手としてはそう悪くない……はず。さあ、どう来る……?



「私のターン、ドロー。『機械帝国の突撃兵』を召喚。さらに自分フィールドに機械帝国モンスターのみ存在する場合、このカードを特殊召喚できる。来なさい、『機械帝国の偵察兵』。バトル、突撃兵でセッカを攻撃」
「攻撃力の劣るモンスターで、攻撃……!?」
「突撃兵の効果発動。相手モンスターへの攻撃時、ダメージステップ終了時まで攻撃力を1000アップする」


機械帝国の突撃兵 攻撃力1400→2400


ユージ LP8000→7700


「くっ……」
「突撃兵の効果発動。戦闘で相手モンスターを破壊したとき、手札から機械帝国モンスター1体を特殊召喚できる。『機械帝国の斥候兵』を特殊召喚」



クランポネの無効化効果はダメージステップ中に発動できず、発動条件に他の白き地のモンスターを必要とする……完全に効果を穴を突かれた。やっぱり、彼女はこのデッキを知り尽くしている……!?



「バトル終了、カードを1枚セットしてターンエンドよ」



ユージ LP7700 手札3 モンスターゾーン 白き地の女神クランポネ
マキナ LP8000 手札2 モンスターゾーン 機械帝国の突撃兵、機械帝国の偵察兵、機械帝国の斥候兵(表側守備表示) 魔法・罠ゾーン 伏せカード1枚



「僕のターン、ドロー」
「リバースカードオープン。通常罠『機械帝国の制圧術』発動。自分フィールドの機械帝国モンスター2体をリリースすることで、このターン中お互いに機械帝国モンスター以外のモンスターを特殊召喚できない。私は突撃兵と偵察兵をリリース!」
「っ……『白き地の狩人ヒイラギ』を召喚。バトル、ヒイラギで斥候兵を攻撃!」
「斥候兵の効果発動。このカードが戦闘で破壊されたとき、デッキから機械帝国モンスター1体を特殊召喚する。来なさい、『機械帝国の防衛兵』」



クランポネはフィールドで発動した効果のみを無効にできる。また、隙を突かれた……



「……バトル終了、そしてターンエンド」



ユージ LP7700 手札3 モンスターゾーン 白き地の女神クランポネ、白き地の狩人ヒイラギ
マキナ LP8000 手札2 モンスターゾーン 機械帝国の防衛兵(表側守備表示)



「私のターン、ドロー。通常魔法『増産』発動。自分フィールド・墓地の機械帝国モンスターと同名のカード1枚をデッキから手札に加える」
「クランポネの効果発動! 自身のオーバーレイユニットを1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚の効果を無効にする! 僕は増産の効果を無効化!」
「想定通りね。これでこのターン、クランポネの効果は使えない……『機械帝国の輸送兵』を召喚。輸送兵の効果発動。自分フィールドの防衛兵を破壊して、デッキから『機械帝国の教導兵』を特殊召喚。墓地に送られた防衛兵の効果発動、デッキから機械帝国モンスター1体を手札に加える。そして教導兵の効果発動、このカードの特殊召喚成功時にデッキから機械帝国モンスター1体を手札に加える」



展開しつつも手札を補充する堅実な戦い方。これでは、攻め入る隙を見つけるのも難しい。



「レベル4の教導兵と輸送兵でオーバーレイ。2体のモンスターでオーバーレイユニットを構築。エクシーズ召喚、『機械帝国の女神リベル』!」
「エクシーズ、召喚……!!」
「手札の『機械帝国の観測兵』の効果発動。自分フィールドに機械帝国モンスターが召喚・特殊召喚されたとき、ライフを500払うことで手札・墓地のこのカードを特殊召喚できる」


マキナ LP8000→7500


「リベルの攻撃力はフィールドの機械族モンスター1体につき100アップするわ」


機械帝国の女神リベル 攻撃力2200→2300


「バトル。リベルでヒイラギを攻撃」


ユージ LP7700→7350


「観測兵の効果発動。フィールドのカードが破壊されたとき、カードを1枚ドローする。バトル終了。リベルの効果発動、自身のオーバーレイユニットを1つ取り除き、相手フィールドのカード1枚を破壊する。私はクランポネを破壊。さらに墓地の輸送兵の効果発動。このカードを除外することで、墓地の機械帝国モンスター1体を手札に加える。これでターンエンドよ」



ユージ LP7350 手札3
マキナ LP7500 手札4 モンスターゾーン 機械帝国の女神リベル、機械帝国の観測兵(表側守備表示)



「僕のターン、ドロー」



消耗を感じさせない物量……長期戦では勝ち目はない。何とか、突破口を見出ださないと……!!



「『白き地の祈祷師ビオラ』を召喚。ビオラの効果発動、デッキからイヴェールと名のつく儀式魔法カードを手札に加える。儀式魔法『イヴェールの秘儀―覚醒の儀』発動。フィールドのビオラと手札の『白き地の守護霊エリカ』をリリース。儀式召喚、『白き地の守護戦士タイガ』! 」
「次は儀式召喚ね……でも、それだけじゃないわよね?」
「……タイガの効果発動、手札から『白き地の政務官プリムラ』を特殊召喚。プリムラの効果発動。僕の手札が1枚以下の時、墓地の白き地のモンスター1体を手札に加える。バトル、タイガでリベルを攻撃!」


マキナ LP7500→7400


「タイガの効果発動。このカードが戦闘で相手モンスターを破壊したとき、デッキから白き地のモンスター1体を手札に。続けてプリムラで観測兵を攻撃!」



ダメージこそ微小だけど、フィールドのモンスターは全滅させることができた。この調子で、攻め立て続けることが出来れば……



「……バトル終了、そのままターンエンドです」



ユージ LP7350 手札2 モンスターゾーン 白き地の守護戦士タイガ、白き地の政務官プリムラ
マキナ LP7400 手札4



「私のターン、ドロー。『機械帝国の回収兵』を召喚。そして墓地の観測兵の効果発動、ライフを500払って特殊召喚」


マキナ LP7400→6900


「回収兵の効果発動、墓地のリベルと斥候兵をデッキに戻して1枚ドロー。通常魔法『オーバーロード・フュージョン』発動。墓地の突撃兵・防衛兵・教導兵の3体を融合素材として除外。暴虐の力を以て万物を薙ぎ払え、無情の殺戮者! 融合召喚、『機械帝国の殲滅兵』!」



エクシーズだけじゃなくて、融合召喚まで……!?



「殲滅兵の効果発動。手札の機械帝国モンスターを墓地に送り、相手フィールドのカード1枚を破壊する。私はタイガを破壊!」
「そんなっ……!!」
「さらにフィールドのカードが破壊されたことで、観測兵の効果で1枚ドロー。レベル3の観測兵・回収兵でオーバーレイ。2体のモンスターでオーバーレイユニットを構築。エクシーズ召喚、『機械帝国の女神クロノ』! バトル、殲滅兵でプリムラを攻撃!」


ユージ LP7350→5550


「くっ……!!」



こちらの数倍はあるかという程の巨体による攻撃。それはモンスターを対象にしたものですら、衝撃波で吹き飛ばされそうになる。



「クロノの効果発動。フィールドのカードが破壊されたとき、自身のオーバーレイユニットを1つ取り除きデッキから機械帝国モンスターを手札に加えるわ。バトル終了、カードを1枚セットしてターンエンド」



ユージ LP5550 手札2
マキナ LP6900 手札3 モンスターゾーン 機械帝国の殲滅兵、機械帝国の女神クロノ(表側守備表示) 魔法・罠ゾーン 伏せカード1枚



「……僕のターン、ドロー」



1度はフィールドをがら空きにしたはずなのに、気付けば先程のターンよりも状況が悪化している。破壊してもすぐにモンスターを展開し直されるなら、やはり速やかにライフを削るしかない。手札・フィールド・墓地・エクストラデッキ……全部を使って、最善策を考えるんだ……



「…………墓地の覚醒の儀の効果発動。このカードを除外して、墓地から白き地のモンスター1体を手札に加える。『白き地の吟遊詩人ハルカ』を召喚。ハルカの効果発動、手札の『白き地の守護霊エリカ』を特殊召喚。エリカの効果発動。墓地からプリムラを特殊召喚します」
「レベル4のモンスターが3体……さあ、かかってきなさい」



……マキナさんには、僕の狙いもある程度は読まれているだろう。でも、ここで立ち止まっては絶対に勝てない……!!



「手札から装備魔法『白き地の祓串』をハルカに装備。プリムラの効果発動、墓地の白き地のモンスター1体を手札に。そして……レベル4のハルカ・エリカ・プリムラでオーバーレイ! 3体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築。白き地に眠りし女神よ、聖域を侵す敵を薙ぎ払え! エクシーズ召喚、『白き地の女神ブランシェ』!!」
「来たわね、ブランシェ……!!」
「エクシーズ素材となったハルカの効果で墓地から白き地のモンスター1体を手札に、そして祓串の効果発動! 装備モンスターがエクシーズ素材となった場合、ライフを800回復して墓地の白き地のモンスター1体を特殊召喚できる。僕はハボタンを特殊召喚!」


ユージ LP5550→6350


「ハボタンの効果発動、デッキから白き地のモンスター1体を手札に。そして自分フィールドに白き地のモンスターが存在することで手札から『白き地の召使いロッカ』を特殊召喚。さらに自分フィールドに白き地のモンスターが特殊召喚されたことで、手札のセッカを特殊召喚!ブランシェの攻撃力は、自身以外の白き地のモンスターの数×200アップする!」


白き地の女神ブランシェ 攻撃力2600→3200

白き地の女官セッカ 攻撃力1800→3000


「レベル3のハボタン・ロッカでオーバーレイ! 2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築!白き地に産まれし幼き女神よ、烈火の如く聖域を侵す敵を焼き尽くせ! エクシーズ召喚、『白き地の女神ペルサンテ』! ペルサンテの効果発動。自身のオーバーレイユニットを全て取り除き、墓地のクランポネを特殊召喚! そしてクランポネの効果発動、手札の白き地のモンスター1体をペルサンテのオーバーレイユニットにする!」
「エクシーズモンスター3体を展開……なるほど、それなりには扱えているみたいね」



これだけのモンスターを揃えても、マキナさんは顔色1つ変えない。その余裕の正体は、一体……



「……ペルサンテの効果発動! 自身のオーバーレイユニットを1つ取り除き、相手ライフに相手モンスター1体の攻撃力のダメージを与える。僕が選ぶのは、攻撃力3000の殲滅兵!」


マキナ LP6900→3900


「…………」
「さらに自分フィールドにクランポネが存在するとき、相手フィールドのカード1枚を破壊する! クロノを破壊! ……バトル!! ブランシェで殲滅兵を攻撃! この瞬間、ブランシェの効果発動。自身のオーバーレイユニットを2つ取り除くことで、攻撃力を倍にする!」


白き地の女神ブランシェ 攻撃力3200→6400


この攻撃でマキナさんのフィールドはがら空きになり、ライフも僅かになる。そしてフィールドにはまだ3体のモンスター……負けを認めさせるには十分すぎる戦力だ。


「行っけぇぇぇぇ!!!」









「…………詰めが甘いわね。リバースカードオープン。通常罠『侵略の号令』」
「っ!!?」



この、タイミングで……!!



「自分フィールドの機械帝国と名のついた機械族モンスターを全て破壊することで、同じ数の相手フィールドのカードを除外する。私は殲滅兵を破壊して、ブランシェを除外するわ。その後、除外したカード1枚につき500のダメージを与える」
「え……?」


ユージ LP6350→5850



……ブランシェを除外しても、殲滅兵が破壊されればマキナさんのフィールドにモンスターは居なくなる。そうなれば、残りのモンスターで総攻撃して……



「殲滅兵の効果発動。このカードが破壊されたとき、フィールドのカード全てを破壊する」
「…………すべ、て?」



…………固まっていた思考がようやく動き出したのと、ほぼ同時。巨大な機械兵器が、激しい閃光とともに爆発を……






「……ぐ、うわぁぁぁぁ!!!」






一瞬にして放出された膨大なエネルギーが、フィールドのモンスターもろとも全てを吹き飛ばす。僕は後方へ転がり続け、壁に激しく打ち付けられた。



「ガハッ……!!」
「……立ちなさい。あなたに、まだ闘志があると言うのなら」
「くっ……」



フィアンマでフラムさんに協力してもらいわざと吹き飛ばされたときのような感覚。しかし、身体中に走る痛みはそれを遥かに上回る。もしかすれば、どこかの骨をやられたのかも……それでも、歯を食い縛り何とか立ち上がる……!!



「……へぇ、今ので立ち上がるなんてね。さあ、あなたのターンを続けなさい」
「…………バトル終了。そのまま、ターンエンド……」
「なら、このタイミングでクロノの効果発動。このカードが破壊されたターンのエンドフェイズに、自身を特殊召喚した上でクロノのみを素材としてランク4の機械帝国エクシーズモンスター1体をエクシーズ召喚する」






「時は来た! 今こそ悠久の眠りより目覚め、鋼鉄の兵を従え並み居る敵を撃滅せよ! エクシーズ召喚、『機械帝国の女神ノワーリヒ』!!」






マキナさんのフィールドに現れた、エクシーズモンスター……これまでのどのモンスターとも違う、強大なパワーを感じる。まさか、あの殲滅兵すら越えるというのか……?



「ライフを500払い、墓地の観測兵を特殊召喚。これで処理は全て終わり……そして、あなたのターンが終わる」


マキナ LP3900→3400



ユージ LP5850 手札1
マキナ LP3400 手札3 モンスターゾーン 機械帝国の女神ノワーリヒ、機械帝国の観測兵(表側守備表示)



「さて、私のターンね。ドロー」



……僕のフィールドにカードはない。手札にも、墓地にも防御カードはない……つまり、マキナさんのフィールドに合計攻撃力5850以上のモンスターが並べば、その瞬間に敗北が確定する。そして、彼女の手札には大量のモンスターが……



「観測兵をリリースして、『機械帝国の指令兵』をアドバンス召喚。指令兵の効果発動。手札から『機械帝国の焼却兵』を特殊召喚。さらに指令兵が存在する限り、私は通常の召喚に加えてもう1度召喚できる……手札から『機械帝国の補給兵』を召喚」



……これで、合計攻撃力は7400。この時点で、もう……



「……バトル。補給兵でダイレクトアタック」


ユージ LP5850→5050


「焼却兵でダイレクトアタック」


ユージ LP5050→3750


「指令兵でダイレクトアタック」


ユージ LP3750→1450


「これでトドメよ……ノワーリヒでダイレクトアタック!!」



「く、そっ……!!」















ユージ LP1450→0















「っ…………」



……完敗。その一言で集約できるほど、全く手出しが出来なかった。



「話には聞いていたけど、本当にライフが0になっても消滅しないなんてね……その様子じゃ、しばらくは動けないでしょうけど」
「っ……ま、だ……」
「『まだ戦える』、って? ……無駄よ。例えあなたが何度立ち上がろうと、私には勝てない。それでもやろうっていうなら……」



マキナさんは懐から黒い物体を取り出し、こちらに向ける……あれは、拳銃……!?



「次に私が勝てば、これであなたの眉間を撃ち抜く。どう、それでも立ち上がる?」
「ぁ…………」



今すぐ再戦して、彼女に勝てるのか? …………そんなこと、僕が一番分かっているじゃないか。



「あなたには失望したわ。わざわざここまで来たからには、少しは楽しめるかと思ったのに……期待外れもいいところよ」
「くっ……!!」
「……今のあなたに足りないものは3つ。1つは情報。私はあなたの使うカードを知っていた、けれどあなたは知らなかった。そんな状態で戦いを挑んでも勝てるわけがない」



……確かに、彼女はこちらのカード効果の穴を突き、さらには僕の戦術まで読みきってみせた。その原因が、情報の差……



「2つ目は覚悟。この世界の人間にとって、本気のデュエルとは命を賭けたもの。だからこそ勝利するためにはあらゆる可能性を想定し、敗北に繋がる要素を排除していく。でも、あなたにはそこまでの必死さはなかった。当たり前よね。あなたにとってのデュエルは勝っても負けても関係ない、ただの遊びなんだから」
「そんな、こと……」



……そんなことはない、本当にそう言い切れるのか? 遊びだなんて思ってはいないにしても、命を賭けるほどの覚悟……それが出来ていたと、自信を持って言えるのだろうか。



「そして3つ目……それは理解よ」
「理解……?」
「まだ分からないなんてね。それがあなたの一番の敗因なのに……あなたが今使っているデッキが、本当にアルムの力だと思っているの?」
「…………ぇ」



彼女は一体、何を言っている……?



「……笑わせるわ。話し合いだなんだと言っておきながら、自分の一番身近に居るアルムのことすら理解出来ていないなんて。そんな奴に、私の足を止めることなんて出来るはずがない」
「…………」
「さて、そろそろ時間かしら。私はもう行くから、あなたはそこで這いつくばりながら反省会でもしてなさい」






そう言い残し、マキナさんは管理塔の方へ歩いていく。止めようとしても、激痛で身体が動かない……いや。そもそも、僕では彼女を止められない。






「…………ねぇ、アルム。僕は、君のことをどこまで理解してた?」



『…………』






仰向けに寝転がる僕の問いに、彼女は答えようとしない。ただ悲しげな顔で、僕を見下ろすのみだった。












「……答えてくれよ、アルム…………!!」









現在のイイネ数 8
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ギガプラント
お互いグルグル。ここまで出してどうして手札が減らないのか。
勝利確信から一枚で返すのは流石といったところか…。
拳銃はガチ過ぎて草wそりゃヒヨるのも仕方無い……。色々と考えねばならないことが多そうです。 (2020-11-08 10:13)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。

ユージの方は度重なる強化でインフレに対応した結果ですが、マキナはほぼ数年前のカードでデュエルしてもこんなことに…当時からカードパワーが高いとは思ってましたが、まさかここまでだとは。
銃器はこのSS内でもちょくちょく登場しますが、改めて突きつけられると凄まじい衝撃ですよね。じゃあ何故デュエルしてるのかとなりそうですが…その辺りの設定はどこかの機会で書いても良さそうですね。 (2020-11-08 17:10)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
70 1話 不思議の世界にこんにちは 1934 8 2015-07-20 -
67 2話 メシアの元へ 940 6 2015-07-22 -
59 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 1019 4 2015-07-24 -
38 オリカまとめ1 1016 4 2015-07-25 -
75 4話 救世の女神 835 2 2015-07-27 -
58 5話 未来都市 フォーチュンシティ 830 6 2015-08-11 -
42 6話 幸運な男 818 4 2015-08-12 -
93 7話 推参、正義のヒーロー! 1003 6 2015-08-30 -
99 オリカまとめ2 1047 2 2015-09-03 -
54 8話 運命の賢者 835 6 2015-10-22 -
36 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 912 4 2015-11-02 -
78 オリカまとめ3 904 6 2015-11-30 -
26 10話 水面写しの鏡 698 2 2015-12-06 -
28 11話 白き刃、移ろう水面 927 4 2015-12-09 -
77 12話 試される意志 941 4 2015-12-14 -
133 13話 水面を侵す邪神 1054 10 2016-05-01 -
29 オリカまとめ4 736 0 2016-05-03 -
43 オリカまとめ5 962 0 2016-05-03 -
24 14話 仲違い 732 4 2016-05-06 -
73 七夕記念企画のお知らせ! 1206 14 2016-05-07 -
48 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 856 6 2016-06-11 -
45 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 768 8 2016-06-17 -
85 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 821 10 2016-06-20 -
76 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 818 6 2016-06-21 -
69 七夕記念企画:前夜祭 805 14 2016-06-30 -
34 第1戦:爆風を駆ける獣 1056 16 2016-07-01 -
40 第2戦:真の強さとは 919 14 2016-07-02 -
31 第3戦:舞い踊る武具 784 10 2016-07-03 -
34 第4戦:不滅の決闘 812 15 2016-07-04 -
35 第5戦:信念のデュエル 888 14 2016-07-05 -
44 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 884 13 2016-07-06 -
25 最終戦:その想い、天の川を越えて 888 14 2016-07-07 -
44 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 683 7 2016-07-13 -
99 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 852 10 2016-07-17 -
41 七夕記念企画:フィナーレ 691 8 2016-07-29 -
47 七夕記念企画:感想、その他 921 0 2016-07-31 -
108 15話 娯楽都市アミューズ 1021 8 2016-12-31 -
29 16話 鮮やかなるトリックスター 553 8 2019-03-12 -
75 17話 最速の男 452 2 2019-03-17 -
53 18話 大罪の邪神龍 464 2 2019-03-22 -
29 19話 たった一つの敗因 403 2 2019-03-27 -
50 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 441 2 2019-04-01 -
40 20話 天翔る龍使い 422 4 2019-04-02 -
56 21話 研ぎ澄まされし刃 483 2 2019-04-14 -
48 22話 忍び寄る漆黒 416 2 2019-04-22 -
53 23話 戦乱を望む者 484 2 2019-05-03 -
23 オリカまとめ6 399 2 2019-05-13 -
50 オリカまとめ7 481 2 2019-05-13 -
37 オリカまとめ8 363 0 2019-05-18 -
57 オリカまとめ9 481 2 2019-05-18 -
55 24話 凍てつく世界 470 2 2019-06-19 -
61 25話 時空の賢者 472 4 2019-06-26 -
30 26話 救世を拒む復讐の剣 506 4 2019-06-29 -
59 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 525 4 2019-07-03 -
44 28話 運命の選択肢 419 4 2019-07-07 -
68 29話 雪下の約束 410 4 2019-07-11 -
36 30話 再出発 317 2 2019-07-15 -
47 オリカまとめ10 552 4 2019-07-19 -
41 オリカまとめ11 397 4 2019-07-19 -
43 31話 新たな刺客? 367 4 2019-07-21 -
48 32話 忍びの流儀 509 4 2019-07-24 -
27 33話 雪の国の守護者 309 2 2019-07-28 -
38 34話 鉄壁の守護騎士 368 2 2019-08-01 -
25 35話 妖精の導き 353 2 2019-08-05 -
33 オリカまとめ12 421 4 2019-08-08 -
26 オリカまとめ13 385 2 2019-08-08 -
36 36話 温泉街フィアンマ 376 4 2019-08-11 -
33 37話 傭兵と行商人 330 2 2019-08-15 -
34 38話 時空を越えし英雄 397 2 2019-08-19 -
40 39話 燻る炎 380 2 2019-08-26 -
72 40話 張り巡らされた罠 365 2 2019-09-20 -
50 41話 一瞬の勝機 351 4 2019-09-29 -
27 42話 万物焼き尽くす業火 371 4 2019-10-05 -
26 43話 強者の孤独 378 2 2019-10-23 -
18 オリカまとめ14 268 0 2019-11-13 -
37 オリカまとめ15 337 0 2019-11-13 -
25 44話 幻獣の巫女 341 4 2020-01-09 -
24 45話 王を目指す者 246 2 2020-02-17 -
20 46話 君臨者と反逆者 305 4 2020-03-12 -
9 47話 ヒトガタの幻獣 258 4 2020-04-29 -
13 48話 架け橋 209 2 2020-05-11 -
7 オリカまとめ16 267 0 2020-05-19 -
12 幕間 『仲間』 223 4 2020-07-13 -
15 49話 機械の国インダスト 206 2 2020-07-20 -
10 50話 無双の姫君と反逆の機械 227 4 2020-08-05 -
7 51話 作戦会議 164 2 2020-08-30 -
7 52話 強襲 178 2 2020-09-10 -
6 53話 夢見る怪物 165 2 2020-09-17 -
11 54話 底知れぬ闇 202 4 2020-09-24 -
12 オリカまとめ17&告知 205 0 2020-09-30 -
27 SideFortune:何でも屋ハンディ 294 7 2020-10-03 -
15 Side Fortune:怪人ヴィラン 265 6 2020-10-08 -
16 Side Fortune:ゼロに還す者 248 6 2020-10-15 -
11 オリカまとめ18 158 0 2020-10-17 -
8 オリカまとめ19 154 0 2020-10-17 -
11 オリカまとめ20&あとがき 209 2 2020-10-17 -
7 55話 最強の兵器 148 2 2020-10-22 -
12 56話 造られた理由 167 2 2020-10-28 -
8 57話 君臨する女帝 151 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 109 0 2020-11-09 -
15 オリカまとめ22&おまけ 170 0 2020-11-09 -
13 58話 孤独の女王 158 2 2020-11-10 -
9 59話 王女と女王、そして 177 4 2020-11-16 -
21 60話 時を紡ぐ剣 174 2 2020-11-21 -
16 61話 黒き意志 194 2 2020-11-26 -
21 62話 王の進む道 219 4 2020-12-01 -
7 63話 傷の深さ 136 0 2020-12-07 -
18 オリカまとめ23 130 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 115 0 2020-12-14 -
8 オリカまとめ25 225 0 2020-12-14 -
7 64話 癒えない傷痕 145 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 142 0 2020-12-21 -
5 66話 契約 133 2 2020-12-27 -
5 67話 生きる覚悟 125 2 2021-01-02 -
10 68話 影に潜む者たち 128 0 2021-01-08 -
6 69話 正反対の2人 146 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 93 0 2021-01-21 -
5 70話 力と覚悟 119 0 2021-01-28 -
3 71話 魂を喰らう外道 121 0 2021-02-04 -
3 SideFortune:警備隊セキュリィ 166 2 2021-02-21 -
10 オリカまとめ26&今後の予定 207 0 2021-02-26 -
6 SideAmuse:静夜を照らす星 172 6 2021-03-12 -
7 SideAmuse:火花舞う戦場 129 0 2021-03-23 -
10 SideAmuse:守るべきもの 164 4 2021-03-31 -
5 SideAmuse:がらんどうの2人 90 2 2021-04-13 -
8 オリカまとめ27 108 2 2021-04-20 -
2 オリカまとめ28 74 0 2021-04-20 -
10 オリカまとめ29&あとがき 160 2 2021-04-20 -
3 72話 折り重ねる力 55 0 2021-08-11 -
6 73話 鋼の牙 116 0 2021-08-18 -
3 74話 生の価値、死の意味 69 0 2021-08-30 -

更新情報 - NEW -