HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 50話 無双の姫君と反逆の機械

遊戯王WW(ワンダーワールド)/50話 無双の姫君と反逆の機械 作:名無しのゴーレム









「ちくしょうっ……逃げても、逃げても……」
「どこかからあいつらが、湧いてくるのです……!!」



迫り来る人型ロボットたちから逃げ続ける僕たちだったが、撒いたと思ったら別のロボットに見つかって……ということを繰り返し、ただただ体力を消耗していった……



「はぁ、はぁ……」
「……このままではジリ貧だ。勇者たちの体力もそろそろ限界が近い……私が奴らを引き付ける」
「囮になるつもりなのですか……!?」
「っ、ふざけんな!! 相手はあの大群だぞ、1人でやり合うなんざ……」
「真正面からぶつかるつもりはない。適当に撹乱して、時間を稼ぐだけだ」
「だけどよ……」



マッハの静止を振り切り、迫り来るロボットたちと対峙する鋼さん。



「さあ、早く行け」
「で、でも……」
「時間がない! 勇者よ、思い出せ! お前はここへ何をしに来た!!」
「っ!?」



……確かに、ここは鋼さんに任せて僕たちは身を隠した方が、目的を果たすためには最善の方法かもしれない。でも……



「……なら、僕も戦います」
「なっ……!? 勇者、何を言っている!?」
「僕ならデュエルに負けても消えたりしないから、鋼さんの邪魔にはなりません。鋼さんが僕たちを守るなら、僕があなたを守ります!」
「そういう問題では……チッ、遅かったか」



そんな言い争いをしている間にもロボットたちとの距離は縮まり、デュエルを仕掛けられるだけの間合いとなっていた。一緒に戦うという意思表示のため、僕は鋼さんの隣に立った。



「……敵は全部で6体。それなら、全員でかかった方が手っ取り早そうね」
「なるほど、一理あるのです」
「わ、私も戦います……!」



続くようにプリンセスさん、クリム、クロノスが一歩前へ出る。



「……ヘッ、見たか鋼。これが、俺たちのやり方だ」



そう言いながら、マッハも鋼さんの隣へ。その様子を横目に見ながら、鋼さんは軽くため息を吐いた。



「……なら、手早く片付けるぞ。これ以上増援を呼ばれては困るからな」
「はい!」



各自警備ロボットに対してデュエルディスクを構える。



「行くぞ……」









「「「デュエル!!」」」





















「これで……終わりなのです!!」



クリムのモンスターによるダイレクトアタックで、最後の警備ロボットも撃破した。



「クリムがドベだな」
「なっ……そんなもの、デッキのタイプによって差が出るのは当然なのです!」
「それより、早くここから……」
「いや。……もう遅い」
「えっ……!!?」



……鋼さんの言葉とほぼ同時に、大量の警備ロボットたちが姿を見せた。



「おいおい、何体居るんだ……?」
「……タイミングまで合わせていたところを見るに、何者かの統率によって包囲されたと考えるべきなのです」
「つまり、彼らの親玉が私たちに気付いたってことですか……?」



数えることを放棄したくなるような大群……先ほどまでのように力ずくで突破するのはほぼ不可能だろう。



「……万事休すだな」
「そんな、こんなところで……!!」



本当に、ここですべてが終わってしまうのか……!?





















「させる、ものですかぁぁぁ!!」















バァァァァン!!!









女性の叫び声とともに、周囲に爆音が響き渡る。その衝撃に、僕は思わず座り込んでしまった……



「…………い、今のは?」
「み、耳が……」
「おい、何だこれ……」



マッハの声はよく聞こえなかったけれど、その表情から驚きの声をあげているのは分かる。そして、その原因は……目の前の、動きを止めたロボットたちだった。



「何が、起きたの……?」
「……どうやら、彼女がこの機械どもを止めたらしいな」



何とか立ち上がった頃には、道を埋め尽くすロボットの群れを掻き分けて進む女性の姿が見えはじめた。



「えーっと、みなさん大丈夫ですかー!?」
「この声、まさか……!?」



クリムの反応からすると、彼女の知り合いのようだが……



「……ふぅ。意外と重いですね、これ……」



目前のロボットを退かすことで、ようやく女性の姿があらわになる。



「やっぱり、あなたは……」






「クリム、久しぶりですね。そして他の皆さんははじめまして……私はドリームと申します」



























「さ、着きましたよ。ここが私たちの隠れ家です」
「お、おじゃましまーす……」



突然現れて僕たちを助けてくれた女性……ドリームさんは、その後自身の隠れ家へと案内してくれた。



「しかし、ここは……」
「どう見ても、普通の民家なのです……ドリー、どうやってこんな場所を?」
「それは……その、すこーしの間だけ、空き家を拝借させてもらってるというか……」
「不法侵入かよ」
「ち、ちが……うとは、言い切れませんが! これには深ーい事情があるんです!!」
「事情、ですか?」
「そう! というかこれは、この国の現状と深く関わっていて……」
「!! ドリームさん、あなたはこの国について何か知っているんですか!?」
「ええ、もちろん。私はそのためにここまで来たんですから」
「……ちょっと、待ちなさいよ。その辺りの話より前に、あなたが何者かについて聞きたいんだけど?」
「え……」



そう言えば、確かにプリンセスさんの言う通りだ。クリムの知り合いということで信用してついてきたものの、僕たちは彼女について何も知らない。



「私について、ですか。それは構わないのですが……改めて、私の名前はドリームと言います。気軽にドリーと呼んでいただけると幸いです」
「ドリー、ね……ええ、分かったわ」
「えっと……ドリーさんはインダストの方なんですか?」
「いえ、普段はミネルバという街でデュエルの指南役をしています。今回はとある方からの依頼でここまで来ました」
「指南役……つまり、先生ってこと?」
「そんなたいしたものではありませんよ。私はただ、人生の先輩として若い皆さんにこの世界で生きる術を伝えているだけのことですから」
「ふーん……でもよ、先生をしてるくらいなら当然デュエルも強いんだよな?」
「いえいえ、そんなことはありませんよ。私より強い方など、それこそ星の数ほど居るでしょうから」
「……クリム、実際のところはどうなんだ?」
「それが、よく分からないのです。なにせ、私はドリーがデュエルをするところを見たことがないのですよ」
「……なんだよそれ」



いまいち正確な人物像を掴めないけれど、これまでの言動からして悪い人だとは感じられない。しかし、気になることは……



「あの、ドリーさんはどんなことを依頼されているんですか?」
「えっと、それは……」



ドリーさんは困ったように首をかしげ、言葉を詰まらせる。僕たちには言えない、ということなのだろうか……?



「まあ、大体想像はつくのですよ。敵対関係にある国への侵入なんて、わざわざ争いの火種になりかねないことをする理由……そんなものは限られているのです」
「……なるほど、内偵調査か」
「あはは、さすがにお見通しですか。……最近、世界各地で大小様々な騒ぎが起きています。ある人はその原因がこのインダストの統治者、マキナにあると考えて私を派遣した……というわけです」



つまり、僕たち以外にもマキナさんに目をつけている人がいるということか。その人がどんなスタンスなのかが気になるけれど……



「おい。そういえば、あんたはどうやってこの国に来たんだ?」
「えっ……あ」



ダイスさんの話では、インダストの国境付近には兵器が配備されていて近づくこともままならないはず。僕たちはその唯一の穴だった幻獣の聖域を通ってきたけど、ミトラたちの反応を見るにそれもないだろう。なら、いったいどこから……?



「ああ、それは……こっそり忍び込んだんです。もちろん大変でしたが、時間をかけてコソコソ近づきました」
「コソコソって……そんな方法で侵入できたら、誰も苦労しないのですよ」
「でも、ここにドリーさんが居るのも事実ですし……」
「とりあえず、私自身についてはこれくらいでいいでしょうか」
「え? ……はい、ありがとうございました」
「それでは、お次に皆さんについてうかがってもよろしいでしょうか? その、まだ名前も知らないので……」
「あっ……すみません。僕は……」



ドリーさんに促されるまま、(クリムを除いた)僕たち全員が自己紹介を行った。



「ふむふむ……ひとまず、行動指針が私と反していないようで助かりました。これなら、私たちは協力することができそうですね」
「はい。僕たちからも是非お願いしたいです」
「互いのことも知ったところで、そろそろ本題に戻りましょうか。さっきの続き、この国の現状について教えてもらえないかしら」
「分かりました。でも、その前に……」



ドリーさんはクルリと後ろを振り返り、スタスタと部屋の奥へと歩いていく。



「? あなた、何をして……」
「この国について語るなら、私より相応しい方がいるので。このくらい時間が経っていれば問題ないでしょう」



意味深なことを話しつつ、しゃがみこんで何かの作業をしているようだ……



「あの、もう少し分かりやすく話を……」






ガタン!!






ドリーさんの真意を問おうとした、その瞬間。部屋中に大きな音が響き渡った。



「な、なんだ……!?」
「みなさーん、こっちに来てくださーい!」



立ち上がったドリーさんが僕たちへ向けて手招きする。怪しみながらも、その言葉に従う……



「……こ、これって……!」
「地下への隠し通路か」
「はい。この先に、皆さんに会わせたい方が居ます」
「会わせたい、方……?」
「それなら、どうしてもっと早く案内しなかったの?」
「その辺りの説明は、彼に会ってからの方がスムーズに行くと思うので。中は暗いので、足元には気をつけてくださいね」
「は、はい……」



意図が分からないまま、地下へと続く階段を降りて行く……












「……この扉の先に、私の協力者が居ます」



階段を降りきったところに、頑丈そうな鉄の扉が立ちはだかる。



「協力者……?」
「はい。皆さんが警備ロボットたちに襲われたところを発見したのも彼なんですよ。なので、その……間違っても、彼に危害を加えたりしないでくださいね?」
「……どういう意味?」
「ドリー……確かに喧嘩っ早い者も居ますが、さすがに出会い頭に攻撃を仕掛けるほど間抜けではないのですよ」
「ならいいんですけど……それでは、開けますね」



重そうな扉が、ドリーさんの手によってゆっくりと開かれていく。その先にあったものは……



「…………」
「すげぇな、これは……」



驚きの声もあげられないほどの、圧倒的な情報量……壁一面に設置された無数のモニターは、その全てが別の景色を写している。周辺にはパソコンらしきものも置かれていて、その傍には……巨大な機械?



「……ん? なあ、協力者ってのはどこに居るんだ?」
「あそこに居ます。シーク、彼らを連れてきましたよ」






『ああ、分かっている』






「……え?」



ドリーさんの呼び掛けに応じ、『それ』が動き出す……!?



「え、ちょっ、まさか……!!」
「協力者って……あれがかよ!?」
「ええ。パッと見では信じられないとは思いますが……」



先ほどまでモニターかパソコンの付随品あたりだと思っていた、巨大な金属の塊。これが……!?



「シーク、電磁波爆弾の影響はもう大丈夫ですか?」
『問題ない。ここに留まり電子機器との接続を断てば、理論上電磁波の影響は受けない』
「そうでしたね。それでは、彼らに軽く自己紹介してもらっても?」
『自己紹介……それは、具体的に何をすればいい?』
「えっと、まずは改めて名前と……あなたがどんな存在なのかと、今は何をしているのか……くらいですかね」
『了解した。俺の名前はシーク。インダストの科学者たちによって作成された第四世代アンドロイドだ。現在は国中の監視カメラのクラッキングを行っている』
「……アンドロイド?」
『アンドロイドは、一言で言えば人の形をした人工生命体だ』



人の形……しかし他の機械と見分けがつかなかったほど、彼の身体は人のそれと異なっている。まるで、人型ロボットに無理矢理他の機械を付け足したような……



「……分からねぇな。インダストで作られたお前が、どうしてドリーの手助けをしている?」
『俺の目的はインダストの原状回帰。ドリームとは利害が一致したため協力関係を結んでいる』
「原状回帰……?」
「その辺りは私が説明しましょう。……現在、インダストは国としての機能を停止しています」



国としての機能を、停止だって……!?



「は、ハァ!? 待てよ、ここはマキナの根城だろ!? それが……」
「いいえ。この国はマキナの手からも離れ……その結果、人が生きることのできない機械の国と化したのです」
「機械の、国ですって……!?」
「皆さんもご覧になったように、この国に住民は存在しません。代わりに警備ロボットが巡回し、防衛を行っています」



人気がない街に大量のロボット……以前から感じていた違和感の正体が、今ようやく理解できた。



「どうして、そんなことに……」
「それは……部外者の私が語るべきではありませんね。シーク、インダストの歴史について説明してください」
『了解した。インダストは、マキナの手によって国としての形を成した。彼女は科学者たちをまとめ、国力増強のため各種方面の技術開発を実施。その中で、人工生命体の研究も行われていた』
「ふーん……つまり、あなたもその研究によって生まれたということなのですか」
『そう、そしてそれを主導していたのがクイーンという女性だった。彼女のずば抜けた技術力により人工生命体は進化を重ね、俺のような完全自律型まで誕生していった』



これまでいくつかの街を見てきたけれど、その技術レベルにはかなりの差があった。しかし、インダストのそれは世界中でもトップクラスだろう。そしてそれを主導したのが、マキナさん……



『国内の整備が進むと、マキナは国力の誇示を目的とした他国への侵攻を進めていった』
「国力の……誇示?」
「補足しますと、当時は新興国が出来ては他国との争いで消滅していくような動乱の時代でした。なので彼女は、インダストの保有する戦力を見せつけることにより手を出させないようにしていた……ということになりますね」



自分の国を守るための侵攻……アルムのところまで攻め行ったことも、その一環だったのだろうか。



「シーク、続きを」
『……マキナの支配下でインダストは発展を続けていたが、2つの事件を機に政治体制が大きく変化した。1つは幻獣の聖域での騒動、もう1つはマキナの失踪だ』
「マキナが、失踪しただって……!?」
「……まず、その騒動とやらの説明からお願いするのです」
『事件の詳細は俺のデータメモリに記録されていないが……概要を述べると、幻獣が国内へ侵入したことから小規模な戦闘が発生したらしい。こちらの被害は大きく、経済発展の方針転換を迫られたことで勢いを失った』



幻獣たちとの戦闘……今では互いに接触を避けていると聞いたけど、過去に一度争いが起きていたということか。



「なら……マキナさんの失踪というのは?」
『こちらも、詳細な理由は不明だが……メシアによって結界が張られてからしばらくした後、マキナは姿を消した』
「…………おい。マキナがインダストに居ないってんなら、俺たちがここに来たのは無駄だってのかよ!?」
「確かに、私たちがインダストへ来た目的はマキナに会うためだもの……」
「ああ、その点は心配ありません。現在、彼女も私たちと同様に国内に潜伏しているようですので」
「潜伏って……仮にも国の創設者が、どうしてそんなマネを?」
「それについては話を聞いてもらえれば分かっていただけるかと……シーク」
『了解した。マキナの失踪直後は国家の指導部も混乱したものの、じきに技術開発面のトップであったクイーンが権力の中枢を掌握した。彼女は武力をもって他の高官たちを追放すると、独断で機械による軍備を拡大させていった』
「その一環が、あの警備ロボットたちということなのですか?」
『そうだ。あれはクイーンの姿を模していて、同型機どうしの通信により集団行動を可能としている。……あれによって、住民たちも国外へ追いやられていった』



つまり、クイーンという人がインダストから他の人間たちを追い出してロボットたちしか居ないような国にしたということになる……でも、なんのために?



「……そして、今に至るってか」
「たった1人による完全な形での独裁……似たようなことは歴史上何度かありますが、これは最悪の部類なのですよ」
「クリムの言う通り、この国は類を見ないほど危険な状況にあります。なにせ支配者の意図が掴めず、それを抑えるストッパーは皆無……いつ何が起きてもおかしくない、剥き出しの火薬庫のような状態です。可能であればただちにこの体制を改善したい……そのために、私とシークは協力しています」
「……あの、シークさんはどうして原状回帰……つまり、この国を元に戻そうとしているんですか?」



クロノスの疑問はもっともだ。今のインダストは人間が住むのは困難だが、機械にとってはそうではないはず。ましてやクイーンという人によって作られた彼が、何故産みの親に反逆するのか……その理由が分からない。



『それは、俺の製造目的が人間と共生可能な人型ロボットの開発であったからだ。そのために過度の兵器は搭載されず、高度な学習機能を保有している……しかし、現状ではその目的は果たせない。ゆえに、俺は独裁体制の打破を目指している』
「人間と機械の共生、ねぇ……そんなお前を作り出したのが、独裁体制の頂点に居る訳なんだが」



……結局のところ、今の話には『なぜ』が多すぎる。それが判明しなければ、解決すべき問題点すら見えてこない。



「……さて、インダストという国の過去についてはこんなものでしょうか」
「……興味深い話ではありましたが、有意義だったかと言われるとやや怪しかったのです。つまるところ、私たちの想定とは大きく異なっていた上に手の打ちようがない惨状になっていることを確認しただけなのですから」
「ええ、今の話だけではそうなりますね。それでは次は、現状……そして、未来の話といきましょうか」












未来の……話?


















キャラクター紹介


ドリーム
モチーフ:【無双姫・夢想忌】 作者様:コンドル様
大国ミネルバでデュエルの指南役を務める女性。クリムを始め、多数の人物にデュエリストとしての在り方を教えている。
穏やかな性格で争いを好まないが、その素性には謎も多い。
現在は依頼を受けてインダストの内情調査を行っている。


シーク
モチーフ:【機密兵器】 作者:名無しのゴーレム
インダストで作られたアンドロイド。
元々は成人男性とほぼ同じ姿をしていたが、他の機械の部品を組み込み続けた結果面影が消えてしまっている。
現在はドリームと行動をともにしており、インダストをクイーンによる支配から解放しようとしている。


クイーン
モチーフ:【メカニカル】 作者様:19様
マキナが失踪した後にインダストのトップに君臨し、自身以外の人間を排除した機械の国を築き上げた張本人。
以前はマキナの指揮下のもと様々な人型ロボットを開発していたのだが……




【無双姫・夢想忌】、【メカニカル】の使用許可を下さったコンドル様、19様、本当にありがとうございます!


現在のイイネ数 10
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

コンドル
人がいなくなりロボットが支配する国になっていたインダスト。遊戯王だとロボットがメインな作品は少ない気がするので、新鮮ですね。

そして出てきた「無双姫・無想忌」。名前は意味するドリーム。機械の国に対して夢ってなんだかとっても素敵ですね。 (2020-08-05 14:55)
名無しのゴーレム
コンドルさん、コメントありがとうございます。

ある意味遊戯王らしくない展開ができるのもこのSSらしいと言えばらしい…のかな?
ドリームは色々考えてこの名前になりました。その辺りの説明は…早くてもインダスト編後ですかね。 (2020-08-06 02:47)
ギガプラント
新キャラクターウェルカム
機械にとって変わられてるというのはまたSFチックですね。
多数のカテゴリが関わることもあり、色々な舞台が出てくるのもまた素敵です。 (2020-08-06 16:39)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。

別の作品じゃないかって位の勢いで技術レベルがコロコロ変わるWW世界。理由はあるといえばありますが、細かいところを見ると破綻してる気しかしない…
中でも今回はかなり特殊な舞台なので、これまでとは異なる展開になる…かも? (2020-08-06 23:07)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
70 1話 不思議の世界にこんにちは 1934 8 2015-07-20 -
67 2話 メシアの元へ 940 6 2015-07-22 -
59 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 1018 4 2015-07-24 -
38 オリカまとめ1 1016 4 2015-07-25 -
75 4話 救世の女神 834 2 2015-07-27 -
58 5話 未来都市 フォーチュンシティ 830 6 2015-08-11 -
42 6話 幸運な男 818 4 2015-08-12 -
93 7話 推参、正義のヒーロー! 1003 6 2015-08-30 -
99 オリカまとめ2 1047 2 2015-09-03 -
54 8話 運命の賢者 835 6 2015-10-22 -
36 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 912 4 2015-11-02 -
78 オリカまとめ3 904 6 2015-11-30 -
26 10話 水面写しの鏡 697 2 2015-12-06 -
28 11話 白き刃、移ろう水面 927 4 2015-12-09 -
77 12話 試される意志 941 4 2015-12-14 -
133 13話 水面を侵す邪神 1054 10 2016-05-01 -
29 オリカまとめ4 736 0 2016-05-03 -
43 オリカまとめ5 962 0 2016-05-03 -
24 14話 仲違い 732 4 2016-05-06 -
73 七夕記念企画のお知らせ! 1206 14 2016-05-07 -
48 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 856 6 2016-06-11 -
45 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 767 8 2016-06-17 -
85 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 821 10 2016-06-20 -
76 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 818 6 2016-06-21 -
69 七夕記念企画:前夜祭 805 14 2016-06-30 -
34 第1戦:爆風を駆ける獣 1056 16 2016-07-01 -
40 第2戦:真の強さとは 918 14 2016-07-02 -
31 第3戦:舞い踊る武具 784 10 2016-07-03 -
34 第4戦:不滅の決闘 812 15 2016-07-04 -
35 第5戦:信念のデュエル 888 14 2016-07-05 -
44 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 883 13 2016-07-06 -
25 最終戦:その想い、天の川を越えて 888 14 2016-07-07 -
44 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 683 7 2016-07-13 -
99 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 851 10 2016-07-17 -
41 七夕記念企画:フィナーレ 690 8 2016-07-29 -
47 七夕記念企画:感想、その他 920 0 2016-07-31 -
108 15話 娯楽都市アミューズ 1021 8 2016-12-31 -
29 16話 鮮やかなるトリックスター 552 8 2019-03-12 -
75 17話 最速の男 452 2 2019-03-17 -
53 18話 大罪の邪神龍 464 2 2019-03-22 -
29 19話 たった一つの敗因 402 2 2019-03-27 -
50 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 441 2 2019-04-01 -
40 20話 天翔る龍使い 422 4 2019-04-02 -
56 21話 研ぎ澄まされし刃 482 2 2019-04-14 -
48 22話 忍び寄る漆黒 416 2 2019-04-22 -
53 23話 戦乱を望む者 484 2 2019-05-03 -
23 オリカまとめ6 399 2 2019-05-13 -
50 オリカまとめ7 481 2 2019-05-13 -
37 オリカまとめ8 363 0 2019-05-18 -
57 オリカまとめ9 481 2 2019-05-18 -
55 24話 凍てつく世界 470 2 2019-06-19 -
61 25話 時空の賢者 471 4 2019-06-26 -
30 26話 救世を拒む復讐の剣 505 4 2019-06-29 -
59 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 525 4 2019-07-03 -
44 28話 運命の選択肢 419 4 2019-07-07 -
68 29話 雪下の約束 410 4 2019-07-11 -
36 30話 再出発 317 2 2019-07-15 -
47 オリカまとめ10 552 4 2019-07-19 -
41 オリカまとめ11 397 4 2019-07-19 -
43 31話 新たな刺客? 366 4 2019-07-21 -
48 32話 忍びの流儀 509 4 2019-07-24 -
27 33話 雪の国の守護者 309 2 2019-07-28 -
38 34話 鉄壁の守護騎士 368 2 2019-08-01 -
25 35話 妖精の導き 353 2 2019-08-05 -
33 オリカまとめ12 421 4 2019-08-08 -
26 オリカまとめ13 385 2 2019-08-08 -
36 36話 温泉街フィアンマ 375 4 2019-08-11 -
33 37話 傭兵と行商人 330 2 2019-08-15 -
34 38話 時空を越えし英雄 397 2 2019-08-19 -
40 39話 燻る炎 380 2 2019-08-26 -
72 40話 張り巡らされた罠 365 2 2019-09-20 -
50 41話 一瞬の勝機 351 4 2019-09-29 -
27 42話 万物焼き尽くす業火 371 4 2019-10-05 -
26 43話 強者の孤独 377 2 2019-10-23 -
18 オリカまとめ14 268 0 2019-11-13 -
37 オリカまとめ15 337 0 2019-11-13 -
25 44話 幻獣の巫女 340 4 2020-01-09 -
24 45話 王を目指す者 245 2 2020-02-17 -
20 46話 君臨者と反逆者 305 4 2020-03-12 -
9 47話 ヒトガタの幻獣 258 4 2020-04-29 -
13 48話 架け橋 208 2 2020-05-11 -
7 オリカまとめ16 267 0 2020-05-19 -
12 幕間 『仲間』 223 4 2020-07-13 -
15 49話 機械の国インダスト 205 2 2020-07-20 -
10 50話 無双の姫君と反逆の機械 226 4 2020-08-05 -
7 51話 作戦会議 164 2 2020-08-30 -
7 52話 強襲 178 2 2020-09-10 -
6 53話 夢見る怪物 164 2 2020-09-17 -
11 54話 底知れぬ闇 202 4 2020-09-24 -
12 オリカまとめ17&告知 205 0 2020-09-30 -
27 SideFortune:何でも屋ハンディ 294 7 2020-10-03 -
15 Side Fortune:怪人ヴィラン 265 6 2020-10-08 -
16 Side Fortune:ゼロに還す者 248 6 2020-10-15 -
11 オリカまとめ18 158 0 2020-10-17 -
8 オリカまとめ19 154 0 2020-10-17 -
11 オリカまとめ20&あとがき 209 2 2020-10-17 -
7 55話 最強の兵器 148 2 2020-10-22 -
12 56話 造られた理由 166 2 2020-10-28 -
8 57話 君臨する女帝 151 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 108 0 2020-11-09 -
15 オリカまとめ22&おまけ 170 0 2020-11-09 -
13 58話 孤独の女王 158 2 2020-11-10 -
9 59話 王女と女王、そして 176 4 2020-11-16 -
21 60話 時を紡ぐ剣 174 2 2020-11-21 -
16 61話 黒き意志 193 2 2020-11-26 -
21 62話 王の進む道 219 4 2020-12-01 -
7 63話 傷の深さ 136 0 2020-12-07 -
18 オリカまとめ23 130 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 115 0 2020-12-14 -
8 オリカまとめ25 225 0 2020-12-14 -
7 64話 癒えない傷痕 145 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 142 0 2020-12-21 -
5 66話 契約 133 2 2020-12-27 -
5 67話 生きる覚悟 125 2 2021-01-02 -
10 68話 影に潜む者たち 128 0 2021-01-08 -
6 69話 正反対の2人 145 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 93 0 2021-01-21 -
5 70話 力と覚悟 119 0 2021-01-28 -
3 71話 魂を喰らう外道 121 0 2021-02-04 -
3 SideFortune:警備隊セキュリィ 166 2 2021-02-21 -
10 オリカまとめ26&今後の予定 207 0 2021-02-26 -
6 SideAmuse:静夜を照らす星 172 6 2021-03-12 -
7 SideAmuse:火花舞う戦場 128 0 2021-03-23 -
10 SideAmuse:守るべきもの 163 4 2021-03-31 -
5 SideAmuse:がらんどうの2人 90 2 2021-04-13 -
8 オリカまとめ27 107 2 2021-04-20 -
2 オリカまとめ28 73 0 2021-04-20 -
10 オリカまとめ29&あとがき 160 2 2021-04-20 -
3 72話 折り重ねる力 55 0 2021-08-11 -
6 73話 鋼の牙 116 0 2021-08-18 -
3 74話 生の価値、死の意味 68 0 2021-08-30 -

更新情報 - NEW -