HOME > 遊戯王SS一覧 > 真目譜理子とサーカス世界 > 11.「Search for」

真目譜理子とサーカス世界/11.「Search for」 作:tres

(この状況は結構崖っぷち…LPが3000以上あるといっても、ダイナミスト2体の攻撃で消し飛ぶ数値…)

(でも、わたしは負けない…!きっとデッキにあるはず…この不利な状況を逆転できるようなカードが…!)

「ドロー…!」





(来た…!うん、行ける…)

(光も…見える…!)

「スタンバイ、メイン」

「速攻魔法発動、《アシンメトリアル・コール》。相手フィールドの「アシンメトリアル」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻守はフィールドに存在する限り700アップする」

「その後、対象としたモンスターと攻守の合計がその数値以下となる「アシンメトリアル」モンスター1体をデッキから自分または相手フィールドに特殊召喚する」

《アシンメトリアル・コール》
速攻魔法
(1):相手フィールドの「アシンメトリアル」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力はフィールドに存在する限り700アップする。その後、対象としたモンスターと攻撃力と守備力の合計がその数値以下となる「アシンメトリアル」モンスター1体をデッキから自分または相手フィールドに特殊召喚する。



「これまた変わった効果じゃのう」

「わたしはP(プレート)を選択」

《アシンメトリアル・P(プレート)》攻撃力1000→1700 守備力2500→3200



「そして攻守の合計がその数値以下の《アシンメトリアル・K(カイト)》をデッキから」



「あなたのフィールドに特殊召喚」

《アシンメトリアル・K(カイト)》表側守備
ペンデュラム・通常←効果モンスター
星1←5/風属性/雷族/攻2500/守1000



「また妾のフィールドに…ってレベル1で攻撃力2500じゃと!?」

「強いよね。本当はレベル5なんだけど、わけあってレベル1なの」

「でも気にしないで。そのレベルの壁を突き破った高い攻撃力が活かされることはないから…永続魔法発動、《アシンメトリアル・センサー》」

「このカードは相手フィールドの「アシンメトリアル」モンスターの数によって得られる効果が増える」

《アシンメトリアル・センサー》
永続魔法
(1):相手フィールドの「アシンメトリアル」モンスターの数によって以下の効果を得る。
●1体以上:
●2体以上:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ属性、または同じ種族のモンスター1体をデッキから墓地へ送り、ターン終了時までそのモンスターのコントロールを得る。
●3体以上:
●4体以上:
●5体:



「ほう、妾のフィールドには2体おるな」

「わたしは2体以上の場合に得られる効果を発動」

「1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる」

「そのモンスターと同じ属性、または同じ種族のモンスター1体をデッキから墓地へ送り、ターン終了時までそのモンスターのコントロールを得る」

「なぬ!?」

「わたしは《アシンメトリアル・Q(クオーツ)》をデッキから墓地へ送り」

「同じ水属性のP(パフォーマー)・ハートのコントロールを得る」

「妾の切り札が…!」

「さらに《アシンメトリアル・センサー》の1体以上の場合に得られる効果を発動」

「1ターンに1度、自分の墓地かEXデッキのPモンスター1体を対象として発動できる」

「そのモンスターを手札に加え、自分はそのモンスターのレベル×300ダメージを受ける」

「わたしは墓地からレベル1のQ(クオーツ)を手札に加える」

譜理子LP3450-300=3150

(本来のQ(クオーツ)のレベルは3だけど、今は全部レベル1になってるからダメージも300だけ…!)

「そして今手札に加えたQ(クオーツ)を赤のPゾーンに発動」

《アシンメトリアル・Q(クオーツ)》
【Pスケール:青3/赤6】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。デッキから水属性以外の「アシンメトリアル」モンスター1体を選び、手札に加える。



「Q(クオーツ)P効果発動。1ターンに1度、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる」

「デッキから水属性以外の「アシンメトリアル」モンスター1体を選び、手札に加える」

「!…其方、まさか…」

「…ごめんね。あなたの大切な切り札をこんな形で使うのはわたしも本意じゃないんだけど…」

「このデュエル、わたしにとって絶対に負けられないデュエルなの…!だから…!」

(ごめんね、P(パフォーマー)・ハート)

「わたしはP(パフォーマー)・ハートをリリースして、デッキから炎属性の《アシンメトリアル・R(リング)》を手札に加える…!」

「くっ!よくも妾の切り札をコストなんぞに…!」

「…R(リング)を青のPゾーンに発動」

《アシンメトリアル・R(リング)》
【Pスケール:青6/赤3】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に、自分フィールドのモンスター1体をリリースして発動できる。デッキから炎属性以外の「アシンメトリアル」モンスター1体を選び、手札に加える。



「わたしはスケール6のR(リング)とスケール6のQ(クオーツ)を」





「コネクト…!」





「アーク召喚!」





「《トライアングル・スコーピオン》…!」

《トライアングル・スコーピオン》攻撃表示
アーク・効果モンスター
星9/地属性/昆虫族/攻2700/守1200
青スケール6~7+赤スケール6~7
このカード名の(2)の効果はデュエル中に1度しか使用できない。
(1):「トライアングル・スコーピオン」は自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
(2):このカードのA素材としたカードのPスケールの合計によって以下の効果を適用する。
●12:
●13:このカードがA召喚に成功したターン、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、戦闘を行う相手モンスターの元々の攻撃力分アップする。
●14:
(3):モンスターゾーンのこのカードが相手の効果でフィールドから離れた場合に手札のPモンスター1体を相手に見せて発動できる。そのモンスターを自分のEXデッキに表側表示で加え、自分はデッキから1枚ドローする。





「またアーク召喚…!」

「《トライアングル・スコーピオン》の効果はアーク素材にしたPスケールの合計によって決定する」

「Pスケールの合計は6と6で12、よって12の効果発動」



「このカードがアーク召喚に成功した時に発動する。このカード以外のフィールドのモンスターを全て持ち主の手札に戻す」

「ぬう…!その効果はダイナミストのP効果で守れぬ…!」

「P(プレート)とK(カイト)はわたしの手札に戻る」

「…成程。このターンまだ其方は通常召喚しとらんからな。手札に戻して召喚するために《アシンメトリアル・K(カイト)》を呼び出したということか」

「…ううん。それだと《トライアングル・スコーピオン》の攻撃力2700を加えても、あなたのLPが50残っちゃうでしょ?」

「そうじゃな。僅かでもLPが残っておれば、返しのターンで妾が勝利するのは明白じゃ。では何故に…?」

「わたしはK(カイト)を青のPゾーンに発動」

《アシンメトリアル・K(カイト)》
【Pスケール:青2/赤5】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから風属性以外の「アシンメトリアル」Pモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。



「Pゾーン…はっ!まさか…!?」

「K(カイト)のP効果発動。このカードの発動時、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる」

「デッキから風属性以外の「アシンメトリアル」Pモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える」

「わたしは炎属性の《アシンメトリアル・L(ランプ)》をEXデッキに加える」

(この効果で加えたL(ランプ)に意味は無い…ただ、何も意味が無い効果だとしても、発動しておいて損の無い効果は発動しておく)

(せっかく発動できる効果があるのに発動しなかったら、なんだかもったいないもんね。それに…)



(わたしにとって、そんな全力じゃないプレイしちゃったら…P(パフォーマー)・ハートに顔向けできないから…!)

「P(プレート)を赤のPゾーンに発動」

《アシンメトリアル・P(プレート)》
【Pスケール:青5/赤2】
このカード名のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードの発動時、もう片方の自分のPゾーンにカードが存在しない場合に発動できる。デッキから地属性以外の「アシンメトリアル」Pモンスター1体を選び、自分のEXデッキに表側表示で加える。



「もう1体来るというのか…!?」

(ペンデュラム召喚は1ターンに1度だけ…)



(でもアーク召喚は何度だってできる…!)

「わたしはスケール2のK(カイト)とスケール2のP(プレート)を」





「コネクト!」





「アーク召喚!」










「風に吹かれてお出ましニャン!気ままなマネネコ《真似気猫》!」



《真似気猫》攻撃表示
アーク・効果モンスター
星4/風属性/獣族/攻 ?/守 ?
2・4・6・8の同じスケール×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):





「…」

「…」

(何この恥ずかしい召喚口上は…!?さっきまでの空気ぶち壊しだし、なんか引かれてる気もするし…)

「妾のモンスターを全て退けながら2度もアーク召喚をするとは…!」

(…あ、驚いてただけか)

(と、とにかく再開…!)

「《真似気猫》の効果発動。1ターンに1度、このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる」

「次の相手ターン終了時まで、このカードはそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ元々の攻撃力・守備力を得る」

「!…」

「もちろんわたしは《トライアングル・スコーピオン》を選択」

《真似気猫》→《トライアングル・スコーピオン》 攻撃力?→2700 守備力?→1200



「そうか、ターンの初めから其方にはこの光景が見えておったのか…」

「うん。光が繋いでくれたの」

「全く…其方は不思議なおなごじゃな」

「バトル、《トライアングル・スコーピオン》で攻撃」

相手LP5250-2700=2550

「最後に《真似気猫》で攻撃。ヴェノム・オブ・デザート!」



「うむ…妾の負けじゃ」

相手LP2550-2700=0



“WIN ≪譜理子≫”





「はああ…」

(勝った…!)

===おめでとう。華麗な逆転劇だったね。

「うん…」

(アイリスがくれた力のおかげ…!)

「ふん…少しは、やるようじゃのう。妾を楽しませたことは誇ってよいぞ」

(やっぱり口はかわいくない…でも)

「楽しんでくれたのなら良かった。次は勝てるといいね」

「こ、今回は其方に花を持たせてやっただけじゃ!運も味方しておったようじゃしな!勘違いするでないぞ!」

「そうだね」

(素直じゃないところは、かわいいかも)

「ふん、妾をもっと楽しませられるよう精進しておけ。…其方なら出来るはずじゃ」

「…うん」

(ありがとう…またね)





「…」

===どんな気持ちか聞いてもいいかな。

「…手品師はどこ?」

===さあ、どこにいるんだろうね。

「…」

(めくるカードはもう無い…4人に勝ったのだから何かイベントが起こってもいいはず)

(待ってたら何か起こるかな?それともデュエルディスクに何か仕掛けが…)

===手詰まりなら、しばらく待ってみるのはどうかな?最初の時みたいに手がかりが降ってくるかもしれないし。

「うん、わたしもそう考えたけど…」

===どこへ行くんだい?

「舞台の方」

(まずは自分の力で答えを探さなきゃね)
現在のイイネ数 3
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ギガプラント
唐突に恥ずかしい口上言っちゃうの微妙に怖いものがありますねw
今度は奪った上にリリース、リアリストなガチ戦法に舌を巻きます。トリッキーだなぁ。
さてさてこれで4人……どうなるか。 (2019-10-09 07:49)
tres(トレス)
ギガプラント様
コメントありがとうございます。それまでの空気とかお構いなしに変わっちゃいますからね…ある意味気分を変えたい時にはもってこいかもしれません。
負けられないデュエルなので、カードを駆使しての全力プレイングでございます。

4人とのデュエルが終了ということで、物語としてはひと区切りですね。
そしてここからは物語の奥深く、根幹へと迫って行きます。見直し等で更新ペースが落ちますが、ご了承くださいませ。 (2019-10-09 12:58)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
25 1.「Welcome to」 154 2 2019-09-15 -
20 2.「Ignition」 99 2 2019-09-16 -
10 3.「Connect」 88 3 2019-09-18 -
8 4.「Asymmetry」 69 2 2019-09-20 -
6 5.「Amorphous」 55 2 2019-09-22 -
3 6.「Accident」 44 2 2019-09-24 -
5 7.「Majestic」 55 2 2019-09-26 -
3 8.「Control」 69 2 2019-09-28 -
6 9.「Uniformization」 66 2 2019-10-01 -
9 10.「Dynamic」 53 2 2019-10-04 -
3 11.「Search for」 619 2 2019-10-08 -
5 12.「Magician」 47 2 2019-10-13 -
2 13.「Supreme King」 34 2 2019-10-17 -

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク