HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Transmigration > EP:11 宮廷騎士団 その②

遊戯王 Transmigration/EP:11 宮廷騎士団 その② 作:


「私は墓地に送られた《E-HERO シャドー・ミスト》の効果で《V・HERO ヴァイオン》を手札に加えそのまま召喚!そして効果で《D-HERO ディバインガイ》を墓地に送り、ディスクガイを除外しヴァイオンの第二の効果発動!《融合》をデッキから手札に加える!そして墓地のディアボリックガイを除外して効果発動、デッキからディアボリックガイを特殊召喚!そして融合を発動!フィールドのディアボリックガイと手札の《D-HERO ドローガイ》で融合!

【影より現れし理想郷の戦士よ、我が元に現れ、その力を示せ!】

融合召喚!《D-HERO ディストピアガイ》!特殊召喚成功時効果発動!墓地のディバインガイを対象に、その攻撃力1600のダメージを与える!」

アウェーリティアの側に現れた紫の胴に、黄金色の装飾を施し、顔面部に「D」の文字を入れた戦士が降り立つと同時に、傍にディバインガイの魂が現れる。
ディストピアガイがその魂を掴み取ると、カツアゲ犯に投げつけ、そのLPを削る。

カツアゲ犯 LP:8000→6400

「はっ…この程度で俺は倒せんぜ!」
「まだ終わっていない!墓地のディアボリックガイの効果でデッキからディアボリックガイを特殊召喚、そしてLPを半分払って魔法カード、《超次元融合》を発動!

---

《超次元融合》
通常魔法
このカードは1ターンに1度しか発動できない。
①LPを半分払って発動できる。自分の除外されているカードの中から融合モンスターカードによっで決められた融合素材モンスターをデッキに戻し、EXデッキからモンスターを融合召喚する。この効果で融合召喚されたカードはこのターンのエンドフェイズに除外される。

---

アウェーリティア LP:8000→4000

アウェーリティアが当然のように発動したのは除外されたモンスターを融合素材として融合を行うという驚異のカードだ。
除外したカードで融合するというのはE-HERO専用の《平行世界融合》が既に存在するが、あくまで専用融合、LPを半分払わなければならないとはいえ途轍もなく悪用のしがいがありそうなカードだ。

「除外されたカードで融合だと!?」
「行くぞ!除外されている三体のD-HEROで融合召喚!現れろ、《D-HERO ドミネイトガイ》!そしてデッドリーガイの効果発動、手札の《D-HERO ダイナマイトガイ》を捨て、デッキから《D-HERO ドリルガイ》を墓地に送ることで、フィールドのモンスターの攻撃力を墓地のD-HERO×200アップさせる!」

D-HERO デッドリーガイ ATK:2000→2600
D-HERO ドミネイトガイ ATK:3000→3600
D-HERO ディストピアガイ ATK:2800→3400
D-HERO ディアボリックガイ ATK:600→1200
V・HERO ヴァイオン ATK:1000→1600

アウェーリティアのフィールドには五体のモンスターが並び、その総攻撃力は12800と、オーバーキルも甚だしい数値となっているが、カツアゲ犯のフィールドの7800と馬鹿らしい数値なのでお互い様だろう。

「く…だがその程度じゃ、俺のLPを削りきることはできない!」
「いいや、終わりだ!デッドリーガイ、ディアボリックガイ、ヴァイオンをリリースし、《D-HERO Bloo-D》を特殊召喚!」

三体の生贄という神と同じ召喚条件から現れたモンスターは、血塗られた見た目に、強烈な威圧感を放つその気迫、前世で究極の「D」と称されていただけはある。
その威圧感に機械達すらも怯み、その効果を停止させる。

「ぐっ…なんだと…!?」
「Bloo-Dが存在する限り、貴方のモンスターの効果は無効化される!そしてBloo-Dの第二の効果発動!熱核竜を吸収して、攻撃力の半分を吸収する!」

D-HERO Bloo-D ATK:1900→3400

Bloo-Dが怯んだ熱核竜に目にも留まらぬ速さで飛びかかり、その手を広げ捕食する。その熱を取り込み、その殺意と威圧感に磨きをかける。

「終わらせる!バトルフェイズ!ディストピアガイで古代の機械飛竜に攻撃!【アヴァロン・ストライク】!」

D-HERO ディストピアガイ ATK:3400 VS 古代の機械飛竜 ATK:1800

カツアゲ犯 LP:6400→4800

「ぐっ…だが、ドミネイトガイで巨人を破壊し、Bloo-Dのダイレクトアタックを受けても、俺を倒すことはできない!」
「いいや、ディストピアガイの効果発動!変化している攻撃力を元に戻し、巨人を破壊!」

D-HERO ディストピアガイ ATK:3400→2800

ディストピアガイから収まりきらない力が溢れ、それが槍となり巨人を貫く。
カツアゲ犯の最期の希望が打ち砕かれ、敗北の未来が決定した。

「喰らえ!Bloo-Dとドミネイトガイの2体でダイレクトアタック!」

D-HERO Bloo-D ATK:3400
D-HERO ドミネイトガイ ATK:3600

カツアゲ犯 LP:4800→1400→0

---

超火力の古代の機械に、それを上回る超火力で運命の戦士達が圧巻のワンターンキルを披露して見せた。
カツアゲ犯は敗北と同時に逃走しようとしたが、路地裏の入り口で観戦していたユーリイットが腹いせに足を掛け転ばせ、アウェーリティア即座に捕らえられた。と、同時に騒ぎを聞きつけた他の宮廷騎士団と、サンスクリットが駆けつけてきた。

「カツアゲが現れたのはここかっ…って、もう終わってたみたいだな。」
「あ、父さん。何してるんですか?」
「いやお前こそ何してるんだよ。野次馬なら帰れ。」
「いや、被害者ですけど。」
「そうですよ、父さん。この子はさっきあの悪辣な男に襲われていた、可哀想な被害者なのです。」

犯人を他の宮廷騎士団達に引き渡し、いつの間にか後ろに回り込んでいたアウェーリティアが頭に手を乗せてきてそのまま撫でてきた。
何故見知らぬ子供を撫でるのだろうかと疑問を抱いたが、手の温もりにそんな疑問は霧散していった。

(…あれ、そういえばこの人今サンスクリットのこと『父さん』って呼ばなかったか?)

急に降って湧いてきた疑問をサンスクリットにぶつける。

「お二人とも知り合い何ですか?」
「知り合い?あれ?二人とも分かんなかったのか?」
「え?」

サンスクリットの言葉にアウェーリティアも怪訝な顔をして顔を見つめてくる。心臓が破裂しそうなのでやめていただきたい。

「お前ら姉弟なのにお互いが分からないもんなんだなー。」

サンスクリットの突如明かされた衝撃の真実にユーリイットの心臓は別の意味で破裂しそうになり、アウェーリティアのの目は驚愕に見開かれていた。
現在のイイネ数 10
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ヒラーズ
見事な勝利!ドグマガイを知っている自分は古いんだろうか?
良かったね頼れるお姉さんに出会えた!さて、今後の先は?
陸也「良かったな!これで姉弟の弟同士仲良く出来そうだな」
(2019-02-10 08:44)
コメントありがとうございます!
ドグマガイは今でも使われるし…主にD-ENDの融合素材として。
やったねユーリ、家族に会えたよ!
という訳で、次回、待たせます。 (2019-02-10 10:25)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
10 EP:0 トランスマイグレーション 89 2 2019-01-09 -
14 EP:1 実力の証明 95 3 2019-01-12 -
10 EP:2 師匠 74 3 2019-01-13 -
12 EP:3 テスト その① 93 4 2019-01-14 -
12 EP:4 テスト その② 75 2 2019-01-17 -
22 EP:5 父親の威厳と強さ その① 101 2 2019-01-21 -
8 EP:6 父親の威厳と強さ その② 54 2 2019-01-31 -
10 EP:7 父親の威厳と強さ その③ 90 2 2019-01-31 -
11 EP:8 父親の威厳と強さ その④ 50 2 2019-02-04 -
14 EP:9 異世界の姉 78 3 2019-02-05 -
8 EP:10 宮廷騎士団 その① 47 2 2019-02-09 -
10 EP:11 宮廷騎士団 その② 59 2 2019-02-10 -
9 EP:12 侵攻開始 その① 63 2 2019-02-18 -
9 EP:13 侵攻開始 その② 71 2 2019-02-24 -