HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王Messiah-白き救世者 > 27話:邪神と熾天使は別所で語る

遊戯王Messiah-白き救世者/27話:邪神と熾天使は別所で語る 作:ヒラーズ


「序盤ターンはこのくらいにしておこう。カードを3枚伏せてターンエンド」
「俺のターン!」
歴尾
手札5→6

「俺は手札から『古のルール』を発動!手札から真紅眼の黒竜を特殊召喚する!」
真紅眼の黒竜 ATK2400 ☆7

「ドレッド・ルートの効果で半分に」
真紅眼の黒竜 ATK2400→1200

邪神の恐怖の力でレッドアイズの攻守が半分になり、攻撃するにもできずにターンを終わらせる事となった。
しかし白フードの少年はドレッド・ルートの弱点を知っている。
互いのフィールドのこのカード以外に存在するモンスターの攻守が半分になるため、ならべくは妨害してから墓地に送ろうと言う作戦だった。

「畜生…ターンエンドだ」
「俺のターン」
白フードの少年
手札2→3

「さて、悪いがこのターンで決めさせて貰う」
「何!?」
いきなりの宣言にチンピラ二人は焦る。
それを気にせずに腕を動かし、カードを握る。
「罠カード『ショック・ウェーブ』!」

ショック・ウェーブ/Anime Original
通常罠
自分のライフが相手より低い時に発動できる。フィールド上に存在する表側表示モンスター1体を破壊し、互いにそのモンスターの攻撃力分のダメージを受ける。

「何ぃ!?」
「お互い4000は受けるが俺は受けん!何故なら…!」
邪神が爆発し、使用者と相手のライフを巻き込み、削るが…。
白フードの少年 LP7000→3000→11000
チンピラ二人 LP8000→4000

何故か白フードの少年のライフだけ回復していた。
自分にかかるダメージのエネルギーが綿飴のような形に変わり、1枚のカードに吸い込まれる。そして…ある条件が整っていた。
「アクセル条件達成、自分が3000以上の戦闘、効果ダメージを受けた時、そのダメージの倍LPを回復させ、EXデッキからこのカードをA召喚する。“アクセルゲートオープン!さらなる罪が自身に降りかかる災いを喰らい、天変地異を揺るがす最強の存在となれ!”…アクセル召喚!!」


――――我がサブエース!美食経典魔王神ベルゼブブ!!――――


美食経典魔王神ベルゼブブ/Original Card
☆12/闇属性/悪魔族/アクセル/効果 ATK4500/DEF3000
【A条件】自分が3000以上の戦闘、効果ダメージを受けた時、そのダメージの倍LPを回復させ、EXデッキからこのカードをA召喚する。
【モンスター効果】
このカードがA召喚に成功した時、相手フィールド上に存在するカードを全て破壊し、除外する。その後、自分は除外したカード1枚につき1000LP回復する。この効果に対し、相手はカード効果を発動できない。
①:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時、自分のEXデッキからレベル、ランク、LINK2以上モンスターを召喚条件無視して特殊召喚する。②:1ターンに1度、1000LP払って発動できる。このターン、このカードの攻撃力は自分のLPの倍の数値分アップし、このカード以外のカード効果を受けない。この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードがフィールドから離れた時、デッキから「経典」魔法・罠1枚を除外する事でこのカードを特殊召喚する。

白フードの少年の前に現れたのは黒髪ロングの赤眼の少女。
手には傘を持っているが、その傘に口のようなものがついていた。
そのモンスターを見た水樹は何かを感じ取っていた。
(何だ…?賊精霊じゃない何かの気配だ…。見た目に関しては禍々しさは感じねぇ…精霊でもない…何なんだ?)

「ベルゼブブの効果発動!!このカードがアクセル召喚に成功した時、相手フィールド上のカードを全て破壊し、除外する!その後、除外したカード1枚につき1000LP回復する!破壊したのは1枚だけだが、1000LP回復する」
「何だそのインチキ効果は!?」
白フードの少年 LP11000→12000

「まだ終わってないぞ、②の効果を使い、1000LP払い、このターンのみこのカードの攻撃力は自分のLPの倍の数値分アップし、このカード以外のカード効果を受けない!払っても俺のライフは11000、その倍は22000!軽く消し飛ぶ数値の分だけパワーアップだ!」

美食経典魔王神ベルゼブブ ATK4500→26500

「ファッ!?」
「はあぁぁ!?」
攻撃力は軽く上回り、ワンキル出来るレベルの数値と変化した。
ベルゼブブ、7つの大罪で『暴食』を司る悪魔だが、ハエでもないまるでおっとりとした少女の姿の悪魔となっている。その裏腹はとんでもなく強い熾天使。相手が驚くのも無理はない。
「バトル!ベルゼブブでダイレクトアタック!パンデミック・バースト!!」

――――人間よ、覚悟しなさい。

ベルゼブブが持つ傘に描かれた口から巨大な砲塔が出現し、巨大な光線が放たれ、チンピラ二人のライフを削り取り、チンピラ二人の姿は塵となって消えた。

チンピラ二人 LP8000→0(-18500)



You WIN!
白フードの少年

You Lose…
チンピラ二人





焼けた地面を見た水樹達は身震いをしながら白フードの少年を見つめる。
オーバーキルとはいえ、黒焦げ…塵にするまではないと思ったのであった。
デュエルを終え、水樹の方に振り向き、近づく。
「もう大丈夫だ。その怪我を治そう」
白フードの少年しゃがみ込み、水樹に触れる。
「この程度の傷ならこれで十分だな【サイコ・ヒール(念治療)】」
突然緑色の光が水樹の体に入り、殴られた部分の傷や古い傷跡を消し、無傷の状態に戻した。

「傷が…消えていく…」
「すっ…すごい…!」
「これで良いな、立てるか?」
白フードの少年は右手を差し出し返答を待つ。
その言葉に水樹は手をつかみ、立ち上がる。

「べ…別に助けろとは言ってねぇからな!けど…何だ……ありがとう」
頬を赤くし礼を言う。
白フードの少年の口はにこりと笑ったような形になる。
「そうか、ここら辺は危ないからあまり来ない方が良い。気をつけて帰れよ」
そう言い残し白フードの少年は能力を行使して消える。
辺りは静寂に包まれ、遠くからパトカーのサイレンが鳴り響く音が近づいてくる。水樹は巻き込まれた少女と一緒に廃工場を抜け、それぞれ別の道へ目指して帰る。









時刻は移って夜中の8時、あちこちでうろついていた白フードの少年は建物の屋上でトウマを見つけ、話しかける。
「ようトウマ。5年ぶりじゃないか」
その言葉にトウマは振り向き、少年を見る。
「何だ?見た目15歳くらいの奴だが…その声、陸也か!?」
白フードの少年はフードを外し、素顔を見せる。
身長も少し小さくなり、見た目が15歳くらいの少年の姿だが、こう見えてトウマにとっては友達でありライバルである。『白皇 陸也』の姿であった。
「その口ぶり、相変わらず順調な天使生活を満喫してるようだな」
「何でそんな体になってるんだ?」
「ああ、実のところ訳があってこの姿なんだ。ここで話すのも悪い。どこかのレストランにでも寄って話そう。勿論、俺の奢りだ」
トウマは喜んで陸也の誘いに乗り、ついて行く。
「近くにレストランを見つけたぜ。そこにしてくれ」
「分かった」












「能力が暴走?」
「っと言うよりこの世界に来た影響なのかこの姿なんだ。他の能力は異常がないが、魔法生物の姿にもなれない」
「それで?お前も任務で来たんだろ?これからどうするんだ?」
陸也は「ああ、それなら大丈夫だ」と言って余裕な態度を見せるが、トウマにはある作戦を伝えた。
「俺はこれからクロックジャパンの生徒としてこの世界に潜入するわけだが、ある演技をする」
「演技?」
「ああ、だいぶ辛いと思うが『憎まれ役』を演じるとしようと思ってな。出来るだけ海理姉さんの邪魔はしたくない。転校生として入るが、問題はない」

陸也は名はごまかさないと言ってメニュー表を手に取り料理を注文し、つられてトウマも注文した。
「さて、お前さんも困ってるようだし。少しだけだが役に立つ情報を持って来た」
「どんな情報だ?」
陸也はメモ帳を取り出し、文字を書き始める。
そしてそのページを破り、トウマに渡す。
「どれどれ……っ!」

内容
天使を捕獲している者の情報
撤退する前のハルから得た情報によると天使を捕獲して標本、実験動物にしているのは紛れものなく生態研究者の一人だろう。恐らく人間だ。
口では言えないが、協力者(バック)には悪魔崇拝者と何らかのでかい組織が裏で糸を引いていると睨んでいるが、正直不明な点が多い。
トウマ事態も狙われる可能性があるため、注意しろ。今は大した動きはしていないようだが、いつ大きく動くか分からない。

「ここまで調べられるんだな」
「天使を引っ捕らえて生きた標本にしたりする悪趣味の研究者は少なくもない。まぁ一番多いなら悪魔の生態を研究する輩がいるくらいだな」
陸也はいくつかの仮説を書き込み、メモを破り、トウマに渡す。
「今度はこれか…って物騒すぎるだろ…」

内容
天使を捕らえて標本にしたり、実験動物にする理由(陸也の仮説)
・天使の生き血はあらゆる病を治し、羽は死者を生き返らせる(ただし例外もある)。薬品としても特効薬いわば秘薬に近い効能を発揮するためそれが狙いか…。
・新たな種族作成のために怪しげな実験が行われてるとか…。階級の低い天使でも神を産むともされているため、正直危ない行為である。
・そもそも二つ目の仮説だが、法律上では禁句(タブー)として扱われてるため。個人恋愛のような事がない限りは禁止となっている。

「なんてことだよ…ここまで仮説を立てられるのはお前ぐらいだぞ?」
「後は不明だ。残りはトウマ自身で確かめてくれ」
そう言って陸也はオレンジジュースを飲みながら注文した料理を食べる。
トウマは若干沈黙するが、その後はガッツリと料理を食べ、皿を空にした。









「旨かったぜ、ありがとな陸也!」
「何、困った時は互い様だ」
別れようとした直後、陸也は何かを思い出したかのようにトウマを呼び止めた。
「おっと、忘れてた!トウマ!」
「何だ?」
トウマは振り向いたとたん、1枚のカードが手渡された。
「お!アクセルモンスターか!」
「熾天使(セラフィム)に昇格した祝いだ。大事に使えよ?」
「おう!ありがとうな!」
そう言ってトウマは飛翔し、空高く飛んでいった。
「…ホント変わらないな、あいつは…」
陸也は振り向き、別の所に向かって歩き出す。この先、きっと大きな壁に当たるだろう。そう感じて夜道を歩く。
クロノヴェイルに新たな嵐がまた…吹き荒れようとしているとも知らずに…。


現在のイイネ数 14
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
44 プロローグ:理不尽で不条理なゲーム 452 2 2018-12-21 -
37 1話:試験 426 4 2018-12-22 -
23 2話:入学前日の行動 272 2 2018-12-23 -
37 3話:救世者の目覚め 270 0 2018-12-24 -
37 4話:入学と魔王少女 229 0 2018-12-25 -
39 断章:呪われた子供について 220 1 2018-12-25 -
35 5話:電車事故に終止符を 251 2 2018-12-26 -
38 6話:事故を阻止せよ!海理VS鉄島 236 0 2018-12-27 -
42 7話:二つ目の覚醒と勝利 267 2 2018-12-28 -
43 8話:友達 243 2 2018-12-29 -
53 9話:友達の頼み 208 0 2018-12-30 -
31 10話:救世者、アイドル事務所訪問 203 0 2018-12-31 -
39 11話:鉄の支配者 243 0 2019-01-01 -
64 12話:魔王少女、覚醒 310 2 2019-01-01 -
38 13話:新たな力と世界樹の子供 239 2 2019-01-02 -
32 断章:動き 232 0 2019-01-03 -
29 14話:ルームメイトは不良と変人 220 0 2019-01-04 -
52 15話:酷くなる悪夢、悪意たる噂 230 0 2019-01-05 -
30 16話:水樹と魔奈の正義 194 0 2019-01-06 -
34 17話:暴走族少女、覚醒す 282 4 2019-01-07 -
37 18話:決めるべき目的 189 0 2019-01-09 -
75 19話:悪夢干渉、弟の声 260 0 2019-01-10 -
36 20話:教団との対決 199 0 2019-01-12 -
36 21話:神と白眼 192 0 2019-01-13 -
32 断章:メインキャラ設定(追加あり) 323 1 2019-01-14 -
39 22話:熾天使からの挑戦状 241 4 2019-01-15 -
43 23話:熾天使に挑戦 193 0 2019-01-17 -
33 24話:勝利、トウマの目的 215 2 2019-01-18 -
25 25話:緊急事態、ハル撤退 170 0 2019-01-20 -
67 26話:極秘裏の英雄?白フードの少年 272 2 2019-01-21 -
14 27話:邪神と熾天使は別所で語る 180 0 2019-01-23 -
27 28話:白き邪神 194 0 2019-01-24 -
56 29話:傲慢のアクセル 232 2 2019-01-25 -
35 30話:大会前日、陸也とトウマの世界調査 201 0 2019-01-28 -
56 31話:Bブロック戦、陸也VS2年生 197 0 2019-01-31 -
36 32話:水樹の因縁、元族同士の争い 158 0 2019-02-03 -
59 33話:姉同士の対決、海理VS魔姫 225 2 2019-02-04 -
36 34話:白眼と黒眼、押して押されて 205 0 2019-02-07 -
40 35話:魔王真竜 214 0 2019-02-09 -
36 36話:試練発生!風花VSヘイズ 223 3 2019-02-10 -
44 37話:風花覚醒…もう1人の呪われた子供 184 0 2019-02-12 -
25 38話:巴の実力(修正) 146 0 2019-02-15 -
25 39話:陸也困惑、2人目の転生天使 147 0 2019-02-15 -
40 40話:陸也とリンネ、罪と暗示 178 0 2019-02-16 -
52 41話:大会中止!?動くネクロ 205 0 2019-02-17 -
22 42話:真実追求戦、海理VSネクロ 174 0 2019-02-22 -
18 43話:怒り爆発・・・誕生「真竜姫」 150 0 2019-02-24 -
32 44話:全ての計画 201 0 2019-02-24 -
32 45話:ガラクタからできあがったマシン 169 0 2019-02-27 -
23 46話:重洗脳 182 1 2019-02-28 -
40 47話:白眼と星の戦士 175 0 2019-03-04 -
34 48話:紡がれる絆と拾った子 225 0 2019-03-05 -
59 49話:亜人の少女、名は雷魔 波紋 219 0 2019-03-08 -
31 50話:速さを求めるもの 202 2 2019-03-12 -
55 51話:白眼龍VS高速の燕 223 2 2019-03-13 -
47 52話:神速の燕と刑死者の暗示 238 4 2019-03-14 -
24 53話:白眼と燕の決着 191 3 2019-03-17 -
22 54話:暗躍と小さいお友達 205 0 2019-03-25 -
34 55話:時空を超えた存在 228 3 2019-04-03 -
42 56話:時の守護龍VS白眼の救世龍 234 3 2019-04-11 -
19 キャラ崩回 153 0 2019-04-14 -
24 57話:楽しまなければ意味がない 205 2 2019-04-15 -
36 58話:時を切り裂く「世界」の暗示 182 2 2019-05-02 -
49 59話:永く生きた者達の宴 189 2 2019-05-08 -
34 60話:陰謀と不穏、動く神 206 0 2019-05-20 -
44 断章:キャラ設定② 203 0 2019-05-31 -
24 61話:激突!黒い自分、名はダーク海理 114 0 2019-07-13 -
34 62話:対立する黒と白 153 0 2019-07-18 -
26 63話:黒幕たる闇 151 0 2019-07-31 -
16 64話:巴の正体と決意 131 0 2019-08-09 -
16 たまにはこんなのを書かせてください 136 0 2019-08-12 -
14 8月企画:海理達の水平思考推理ゲーム 166 0 2019-08-13 -
15 65話:起動、MSM!! 115 0 2019-08-29 -
18 66話:偉業を捨てた魔女の翼 153 0 2019-09-04 -
23 67話:新たな暗雲 213 2 2019-09-19 -
39 68話:夜会前の異変 213 0 2019-09-28 -
22 69話:黒い陸也 169 0 2019-10-13 -
30 70話:二人の邪神 217 0 2019-10-21 -
56 71話:奈落の魔神 306 0 2019-11-05 -
57 72話:粛清の力 208 0 2019-12-11 -
13 たまにはこんなの書かせてください② 85 0 2020-01-07 -

更新情報 - NEW -


スポンサーリンク