HOME > 遊戯王SS一覧 > 僕の『壊獣の出現記録』/【休止中】 > 出現記録:49 

僕の『壊獣の出現記録』/【休止中】/出現記録:49  作:コングの施し

《記録者 三枝木千香》

父さんが拳を振り上げた。


目をつむり、死を覚悟した。
だが、頬に垂れてきたのは父さんの拳の赤い血であった。

必死になって気づかなかったが、顔の前で組んだ手、それに握られていたのは机の脚の残骸であった。

それは偶然にも殴りかかる父さんの上腕を貫いていた。

何が起きたかわからず呆然と立ち尽くす父さんを押し退け、私は外へ飛び出した。



《記録者 後藤遊次》

轟天の沈没から数日後あるいは数週間後。僕はどうやらビックウェーブに乗っかってある場所に漂流したらしい。

そこは周りが辺り一面水で覆われて、水面下には建物やら何やらが沈んでいる場所。
水面からひょっこり出た建物の屋上にいるわけだが. . . .。

下に見える町、大きな足跡やら爆発痕とかから察するに. . . .ここは、ドゴランとメカドゴランが戦った場所だろう。
何より、200メートルぐらい先にでっかいドゴランの死骸があって、戦いの様子を物語っている。



こうして記録する理由は、生存報告に加えて、もう1つある。
それが、壊獣、まあ少なくともドゴランの表面、またはそれに近い場所に生息出来るほどの耐熱性を持つ「寄生虫」についてだ。

この間、泳いで海中に食料を集めに行ったときに見つけた。
ドゴランの死骸は、ほぼ骨がむき出しになっている状態だが、肉片はまだ残っている。
その肉片をほじくったときに熱湯が吹き出したんだ。それと同時に内部から40センチぐらいの「芋虫」が3体ぐらい出てきた。
おそらく肉片の内側は100℃以上の熱が未だに残っていたんだろう。右手を火傷した。でも「芋虫」は海の底の方に逃げていったんだ。体が受け付ける温度の範囲が広すぎるとは思わないか?


それだけじゃない。メカドゴランの熱戦で焼けたドゴランの表皮から、同じ焼け方で炭化した「芋虫」が何体も見つかった。


僕は恐らく新種であろうこの生物を「ウォーム・ワーム」と名付けようと思う。
もし僕が助かったら、この事を越前さんに報告する。






《京東 西部駅 記録者 三枝木千香》

父さんのことは、町の防衛体の人に全部話した。
私はこれから、遊次くんのいる秋田に向かう。大学には置き手紙を置いておいた。
大丈夫、きっと無事だから。騒ぐ胸をぐっと抑え、貰ったマフラーで口元を隠した。


今年の冬は空気も澄まないらしい。





《長岡市 某大学》
越前さんが資料を片手に口を開く。
「. . .ガメシエルの細胞の培養させることで作る新たな兵器. . .?」
「ええ。すでにセルのサンプルが生物棟にあります。もう10メートル台まで育っているんですがね。」
「生物兵器ってことですか. . . .あまり賛同したくないプロジェクトではありますな。」
「それまたどうして?」
「あのですな。壊獣って言うものに殺 された人を何人だと思ってるんです?」
「あなたの言い分ですと、メカドゴランにも問題があるのでは?」
「そ、それは. . .まず、コピーの細胞で作った壊獣を制御できるんですか?」
「できますとも。私たちだって、制御も効かない諸刃の剣を使う気はありませんよ。第一、安心してください。まだサンプルは肉堺レベルですので。」
「. . .」


《秋田 後藤遊次 宅》
. . . . .誰もいないのかな。
外出中?かな。

それから、家の周りを歩いてみた。
家の裏は、冬なのにじめっとしていて何故だか少し潮の香りがした。
枯れ草の合間から、苔がびっしりついた祠が見えた。
足を踏み入れるか戸惑っていると、何かに背中を押されたような気がした。
同時に足を滑らせて、半分地下に掘られた祠の中に転げ落ちてしまった。

中は洞窟みたいな暗さで、滴が絶え間なく落ちてきた。


しばらく辺りを探ると、太陽の小さな明かりが、岩に埋められている石を照らしていることに気がついた。
その石には亀甲の模様が刻まれていて、微動だにしないのに、何だか脈打っているような気がした。




現在のイイネ数 20
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
16 出現記録:1 巨影出現 439 2 2017-10-22 -
31 出現記録:2 紅き閃光 333 4 2017-10-24 -
35 出現記録:3 ぶつかり合う脅威 365 5 2017-10-26 -
25 出現記録:4 決着 278 2 2017-11-03 -
44 関連報告書 334 2 2017-11-05 -
36 出現記録:5 脅威の前兆 289 2 2017-11-10 -
33 出現記録:6 隠し事 242 4 2017-11-13 -
61 出現記録:7 動き出す脅威 470 2 2017-11-17 -
51 出現記録:8 惨劇と影 304 2 2017-11-18 -
32 出現記録:9 行き場のない涙 250 2 2017-11-20 -
30 出現記録:10 閃きの一撃 326 4 2017-11-25 -
27 出現記録:11 急速のあとの休息 207 2 2017-11-26 -
36 出現記録:12 手を染める男 375 0 2017-11-27 -
16 出現記録:13 追い付いちゃいけない 203 2 2017-11-28 -
20 関連報告書:2 166 0 2017-11-29 -
15 出現記録:14 水神の再臨 196 2 2017-11-30 -
15 出現記録:15 人類だけがいない街 194 0 2017-12-02 -
31 出現記録:16 総力戦開始 211 2 2017-12-02 -
16 出現記録:17 次元を越えて 219 2 2017-12-04 -
25 出現記録:18 再燃 221 2 2017-12-05 -
32 出現記録:19 光の壊獣 202 2 2017-12-08 -
13 出現記録:20 壊獣の正体 179 0 2017-12-10 -
17 出現記録:21 厚い雲を切り裂いて 175 2 2017-12-13 -
15 出現記録:22 死を運ぶ風 194 3 2017-12-16 -
20 出現記録:23 暗躍する者 220 3 2017-12-17 -
13 出現記録:24 悲しき再会 234 4 2017-12-19 -
12 出現記録:25 水神 141 2 2017-12-21 -
10 出現記録:26 死神隊 171 0 2017-12-23 -
11 出現記録:27 目覚め 204 4 2017-12-23 -
13 出現記録:28 壁画 185 2 2017-12-25 -
17 出現記録:29 終わりの始まり 188 2 2017-12-27 -
14 出現記録:30 機龍 181 3 2017-12-29 -
14 出現記録:31 星が降る日 147 0 2017-12-31 -
28 出現記録:31 星の破壊者 200 2 2018-01-02 -
14 出現記録:32 破壊者と守護者 220 2 2018-01-03 -
34 出現記録:33 破滅の光 227 2 2018-01-05 -
15 関連報告書:3 ジズキエルについて 200 1 2018-01-07 -
14 出現記録:34 心の叫び 180 4 2018-01-14 -
17 出現記録:35 赤 237 0 2018-01-21 -
15 出現記録:36 変わらない哀と愛 174 0 2018-01-25 -
12 出現記録:37 反乱者 168 0 2018-01-28 -
16 出現記録:38 敵とはなにか 242 2 2018-02-03 -
21 出現記録:39 好きって気持ち 197 4 2018-02-06 -
11 出現記録:40 目覚める厄災 160 2 2018-02-10 -
17 出現記録:41 令状  226 2 2018-02-12 -
13 出現記録:42 昔話 214 1 2018-02-16 -
23 出現記録:43 戦いの渦へ 203 0 2018-02-24 -
18 出現記録:44 空を覆う者 182 0 2018-03-01 -
19 出現記録:45 水中戦開始 195 0 2018-03-02 -
16 出現記録:46 モミの木 200 2 2018-04-02 -
32 出現記録:47 冷たい炎 272 2 2018-04-26 -
37 出現記録:48 狂った世界 223 0 2018-06-23 -
20 出現記録:49  315 0 2018-07-27 -