HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王Phantom > 第2話 シンクロVSハンドレス

遊戯王Phantom/第2話 シンクロVSハンドレス 作:ヒラーズ

影道 LP4000
手札5

ゲーテ LP4000
手札5


「先攻は僕が貰うよ、ドロー!」
影道
手札5→6

「僕は手札からインフェルニティ・リローダーを召喚」
インフェルニティ・リローダー ATK900 ☆1

「インフェルニティ?聞いたこと無いカード…」
「カードを4枚伏せて、魔法カード『手札抹殺』、お互いの手札を全て墓地に捨てて、捨てたカードの枚数分、デッキからカードを補充する!」
まぁ僕は手札が元々0枚だから意味ないけど。
「くっ…」
さぁて、相手が捨てたカードは?

『封印されし右腕』
『封印されし左足』
『光の護封剣』
『マッドデーモン』
『封印されしエグゾディア』

んんっ!?ヤヴァイカードが3枚も墓地に逝ったぞ!?
エグゾディア…揃えられる前に落としてよかった。
「ターンエンドだよ」
「私のターン!」
ゲーテ
手札5→6

「私は手札から『ワン・フォー・ワン』を発動…!手札からジェット・シンクロンを墓地に送り、デッキからチューニング・サポーターを特殊召喚する!」
チューニング・サポーター ATK100 ☆1

「さらにシンクロン・エクスプローラーを召喚して効果発動!自分の墓地からシンクロンと名のつくモンスター1体を効果無効にして特殊召喚する!蘇って!ジェット・シンクロン!」
いきなりシンクロに回すとは油断したなぁ…。
「レベル2のシンクロン・エクスプローラーにレベル2のチューニング・サポーターとレベル1のジェット・シンクロンをチューニング!シンクロ召喚!現れよ…アクセル・シンクロン!」
アクセル・シンクロン ATK500 ☆5

僕の世界では少しだけ流行ったデッキ、シンクロンエクストリームに入ってるカードだ…。
「シンクロ素材として墓地に送られたチューニング・サポーター効果によりデッキからカードを1枚ドローし、手札からレベル・スティーラーを墓地に送ってクイック・シンクロンを手札から特殊召喚!」
クイック・シンクロン ATK700 ☆5

「さらに!クイック・シンクロンのレベルを1つ下げて、墓地からレベル・スティーラーを特殊召喚!」
クイック・シンクロン ☆5→☆4
レベル・スティーラー ATK600 ☆1

嘘でしょ…?禁止カードじゃないか!!卑怯だぞ!
「レベル1のレベル・スティーラーにレベル4となったクイック・シンクロンをチューニング!シンクロ召喚!現れよ…ジェット・ウォリアー!!」
ジェット・ウォリアー ATK2100 ☆5

「こ…この流れのシンクロはまさか!」
「レベル5のジェット・ウォリアーにレベル5のアクセル・シンクロンをチューニング!クリアマインド…アクセルシンクロ!!シンクロ召喚!!スターダスト・ウォリアー!!!」
スターダスト・ウォリアー ATK3000 ☆10

「ばかな…1ターン目でスターダスト・ウォリアーだと…!」
禁止カードを使っているとはいえ、これはないぞ…。
「バトル!スターダスト・ウォリアーで攻撃!シューティング・フィスト!」
「させない!罠カード『魔法の筒』!ダメージを受けるのは君だ!」
ゲーテ LP4000→1000

「…カードを1枚伏せてターンエンド」
「僕のターン!」
影道
手札0→1

「速攻魔法『サイクロン』!影道の魔法・罠カード1枚を破壊」
あ…それは!

『やぶ蛇』

「何!?」
「効果発動!デッキ・EXデッキからモンスター1体を特殊召喚する!来い!ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン!」
ワンハンドレッド・アイ・ドラゴン ATK3000 ☆8

「さらに罠カード『針虫の巣窟』を発動!」
さて、何が墓地に逝ったかな?

『インフェルニティ・ジェネラル』
『ハンドレス・フェイク』
『インフェルニティ・ドワーフ』
『インフェルニティ・デーモン』
『インフェルニティ・ビースト』

よし!上手い具合に良いカードが墓地に落ちた!
「僕は手札からインフェルニティ・ネクロマンサーを召喚、効果で守備表示に変更!」
インフェルニティ・ネクロマンサー DEF2000 ☆3

「また見たこと無いカード!」
「リローダーのモンスター効果!手札が0枚の時、1ターンに1度、カードを1枚ドローし、そのカードがモンスターだった場合、相手にそのモンスターのレベル×200のダメージを与える!ドロー!」
影道
手札0→1

「…」
「…どうしたの?良いカードは引けた?」
うん、これで僕は勝ったも当然だ!
「僕が引いたのは…『インフェルニティ・デストロイヤー』!レベルは6!1200のダメージを与える!」
「…!」
ゲーテ LP1000→-200

「…」

WIN 影道







「負けた…」
「よし、勝った!さぁ約束通り教えて貰うよ!ここはどこかを」
「…分かった」
こうしてデュエルは僕の勝利で終わった。
その後、僕はゲーテからこの世界の事、文化などを教えてもらい、それなりに知識を得た。
だがここから先は厄介事が来る事を今の僕は知らない。



次回に続く
現在のイイネ数 28
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
12 プロローグ 影の皇帝 147 0 2018-04-10 -
15 プロローグ2 影の皇帝 106 0 2018-04-17 -
14 第1話 異世界転移 119 0 2018-04-20 -
28 第2話 シンクロVSハンドレス 139 0 2018-04-24 -
18 第3話 これからの生活 117 0 2018-05-07 -
13 第4話 同士 88 0 2018-05-19 -
12 第5話 事件は唐突に 102 0 2018-06-20 -
5 第6話 影道VSレイジン 40 0 2018-08-01 -