HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王デュエルモンスターズEXS(イクス) > 第十四話「カリンとサフィラ」

遊戯王デュエルモンスターズEXS(イクス)/第十四話「カリンとサフィラ」 作:イクス

第十四話「カリンとサフィラ」


「『古代の機械巨人』で、ダイレクトアタック! アルティメット・パウンド!」
「ぐわあああ!」
「Bグループ二回戦、一条寺菊姫対三島香苗、一条寺菊姫選手の勝利!」
「おっしゃあ!」
「「流石です、アネゴー!」」
遊太が一回戦を突破したと同時に、菊姫もデュエルに勝利していた。
(遊太があれほど頑張っているからには、アタシもやらなきゃいけないぜ! 目指せ! 本戦出場!)
一方、知多と真薄も。
「やったじゃん!? 俺も二回戦進出じゃん!」
「ふう、なんとか勝てましたねえ……」
お互いに二回戦進出を決めており、勢いそのままに次のデュエルも勝利しようかという具合だった。


そして、遊太は次のデュエルも。
「『イクスロードナイト・アルファ』で、ダイレクトアタック! ブラック・ロードソード!」
「ぐあああ!」
「首藤選手、ライフポイント0! 勝者、六道遊太選手ー!」
「よっしゃー!」
二回戦も順当に突破し、Aブロックベスト4へと進出したのであった。
「さて……と、Aブロックベスト4に入ったはいいけど、この時点で本戦出場は決まっているんだよなあ。次の対戦相手誰だろう?」
自分のデュエルリングから降りて、モニターのトーナメント表を見る遊太。すると、榊原夏鈴の名前が勝ち上がっており、次に自分と戦う相手の名前として、トーナメント表に載っていた。
「トーナメント表、あんまりちゃんと見ていなかったけど……次に僕とデュエルするのは、カリンちゃんか。そして、カリンちゃんと僕の後は、アキラ君とデュエルするのか。菊姫の言い分じゃあ、結構やるみたいだけど……どれぐらい強いんだろう。まあ、戦ってみればわかるかな?」
そう呟き、デュエルリングへと向かって来た遊太。既にデュエルリングには、カリンが先に来ていたようだ。
「来ましたね、遊太君」
「あ、待たせちゃったかな? それだったら、悪かったと思うけど……」
「いいえ、私も既に来たところですわ」
「あ、そうお? それなら別に良いんだけど」
「両者揃いましたね。それでは、双方デュエルリングに上がってください!」
審判にせかされ、遊太とカリンはデュエルリングに上がる。上がった途端、カリンは遊太に話しかける。
「遊太君……前に私が遊太君に話をした時のこと、覚えていますよね?」
「ああ、精霊のこと? 確かに聞いたけど……最近はどうも、彼らの声が聞こえなくなっているんだ」
「そりゃあそうですもの、だってあの人たちは今、遊太君を試しているんですから」
「あの人達……? 僕を試している……? どういうことだい?」
「さあ、デュエルをしますよ!」
「ただいまより、Aグループ準決勝第一試合、六道遊太選手対榊原夏鈴選手のデュエルを、始めます!」


「「ルールはマスタールール3! ライフポイントは8000!」」
「「デュエル!」」


「先攻は、榊原夏鈴選手からです!」

1・カリンのターン

「私のターン、私は手札から『クリッター』を召喚します」(カリン手札5→4)
「そして手札より、儀式魔法『祝祷の聖歌』を発動します! 手札・フィールドより、レベル合計が6以上になるようにモンスターをリリースすることで、手札からレベル6の儀式モンスター、『竜姫神サフィラ』を儀式召喚できます」
「儀式召喚!? 融合・シンクロ・エクシーズ・ペンデュラムと続いて、今度は儀式召喚か!」
「ええ、儀式魔法に対応した儀式モンスターのレベル分、場か手札からモンスターをリリースすることで、手札から儀式モンスターを特殊召喚できます。私はフィールドからレベル3『クリッター』と、手札よりレベル4『儀式魔神プレサイダー』をリリース! 儀式召喚! レベル6『竜姫神サフィラ』!」(カリン手札4→1)(カリン墓地0→3)
手札より儀式召喚されたそのモンスターは、青い体と白く透き通った翼を持ったドラゴン。攻撃力は2500と、レベル相応の攻撃力を持っている。
遊太はそのモンスターに、見覚えがあった。
「これが儀式召喚……! カリンちゃん、その儀式モンスターは、この間僕に見せた……」
「ええ、私のエースモンスターで、私とは一心同体とも言えるモンスター……」
「一心同体? どういうこと?」
「いずれわかりますよ。さて、私はリリースした『クリッター』の効果を発動します。『クリッター』はフィールドから墓地へ送られた時、デッキより攻撃力1500以下のモンスターを手札に加えられます。私は手札に『マンジュ・ゴッド』を手札に加えます」(カリン手札1→2)
「そして、私はカードを1枚伏せて、ターンエンド。そして、私はサフィラのモンスター効果を発動します。サフィラは儀式召喚された時、またはデッキ・手札から光属性モンスターが墓地へ送られた時、3つの効果から1つ選んで発動できます。私はデッキから2枚ドローして、1枚を捨てます」(カリン手札2→1→3→2)(カリン墓地3→4)

カリン

ライフポイント8000
手札枚数2枚
モンスター1体
『竜姫神サフィラ』(攻撃表示・攻撃力2500・レベル6・光属性)
魔法・罠ゾーンのカード1枚
発動しているカード0枚
墓地の枚数4枚
除外されているカード0枚


2・遊太のターン

「僕のターン、ドロー!」(遊太手札5→6)
その時、遊太の頭の中に声が聞こえてきた。
(遊太君、遊太君……)
(え、またしても、カードから声が……! しかも、今回はカリンちゃんのカード『竜姫神サフィラ』から……?)
(今あなたは、あなたの持つ『ロードナイト』によって見定められております。今はまだ、認められてはいません)
(え、どういうこと?)
(遊太君……あなたは自分の約束の為に戦っているようですが、この戦いは彼ら『ロードナイト』の戦いでもあるのです。あなたが今デュエルしているのも、あなたの約束のためでもあり、彼らの見極めでもあるのです)
(よくわからない……)
(まあ、今はデュエルをしましょう。さあ、あなたの実力を見せてください)
(わかった、行くよ!)
「僕は手札から、永続魔法『英雄騎士の兵力維持』を発動!」(遊太手札6→5)
「そして、自分フィールドにモンスターがいない時、手札から『ロードナイト・パニッシュ』を特殊召喚できる! さらに、パニッシュは特殊召喚された時、デッキから『ロードナイト』モンスターを1体手札に加えられる。僕は手札に『ロードナイト・ジュリアス』を手札に加える」(遊太手札5→4→5)
「更に、永続魔法『英雄騎士の兵力維持』の効果発動。自分フィールドに『ロードナイト』が特殊召喚された時、デッキから同じ属性の『ロードナイト』を1体手札に加えられる。僕はパニッシュと同じ風属性の『ロードナイト・ウィンドル』を手札に加える」(遊太手札5→6)
「そして、自分フィールドに『ロードナイト』モンスターがいる時、手札から『ロードナイト・ジュリアス』は特殊召喚できる。僕はジュリアスを守備表示で特殊召喚! さらに、兵力維持の効果で同じ水属性の『ロードナイト・アクアス』を手札に加える」(遊太手札6→5→6)
「そして、自分フィールドの魔法・罠を1枚手札に手札に戻す事で、手札から『ロードナイト・ウィンドル』は手札から特殊召喚できる! 僕は永続魔法兵力維持を手札に戻すことで、守備表示で特殊召喚する!」(遊太手札6→5→6)
召喚権を一回も使わず、モンスターを3体を展開したことに、カリンは思わず驚嘆する。
「まだ通常召喚の権利を残しながら、それ程までの展開を行うとは……やはり遊太君、あなたは侮れませんね」
「慌てないでよ、本命はここからさ!」
「僕は手札から、速攻魔法『英雄騎士への覚醒』を発動! 自分フィールドの『ロードナイト』モンスターを1体リリースすることで、エクストラデッキから『イクスロードナイト』を特殊召喚する! 僕は水属性のジュリアスをリリースして、同じ水属性の『イクスロードナイト・アルス』を特殊召喚する!」(遊太手札6→5)(遊太墓地0→2)
このデュエルで初めて出た『イクスロードナイト』は、ロベルトと最初にデュエルした時出した、氷柱を槍とする騎士。攻撃力は2800。
「アルスのモンスター効果発動。自分の墓地から、効果を無効にして『ロードナイト』を1体特殊召喚できる。僕は自らリリースしたジュリアスを、守備表示で特殊召喚する」(遊太墓地2→1)
「そして、手札から『ロードナイト・ネクロ』を召喚して、アルスの効果発動! アルスは自身以外のモンスターの攻撃を封じることで、、自分フィールドのアルス以外の『ロードナイト』の数だけ、通常攻撃に加えて攻撃できる! 今僕の場にいる『ロードナイト』は5体! よって合計5回の攻撃ができる! 喰らえ!」(遊太手札5→4)
またしても、氷柱が大量に召喚されモンスターに襲い掛かろうとする! しかし、カリンは慌てず騒がず。
「罠カード『イタクァの暴風』を発動します! 相手フィールドに存在する、全ての表側表示モンスターの表示形式を変更します! よって、攻撃表示のアルスとネクロは守備表示になり、その他のモンスターは攻撃表示になります!」(カリン墓地4→5)
フィールドに吹き荒れた暴風によって、遊太のフィールドに存在するモンスターの表示形式は変更され、アルスの攻撃は無効になってしまった。
「流石だね、カリンちゃん。防御札もばっちりか……僕は手札に戻した永続魔法『英雄騎士の兵力維持』を再び発動、カードを1枚セットしてターンエンド!」(遊太手札4→2)

遊太

ライフポイント8000
手札枚数2枚
モンスター5体
『イクスロードナイト・アルス』(守備表示・守備力1700・レベル8・水属性)
『ロードナイト・パニッシュ』(攻撃表示・攻撃力1200・レベル3・風属性)
『ロードナイト・ウィンドル』(攻撃表示・攻撃力1700・レベル4・風属性)
『ロードナイト・ジュリアス』(攻撃表示・攻撃力500・レベル4・水属性)
『ロードナイト・ネクロ』(守備表示・守備力1600・レベル3・闇属性)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード1枚
『英雄騎士の兵力維持』
墓地の枚数1枚
除外されているカード0枚


遊太とカリンが鎬を削る中、観客席から見つめる一人の影があった。
「さて、どうなるのかね。俺はどっちが来ても倒すつもりなんだが……できるなら、俺が戦ったことのない遊太の奴とデュエルをしたい。アイツは、あのロベルトさんを倒した奴だ。本戦でも、絶対アイツを倒さなければ優勝は無い。だったら、ブロック予選のうちに奴の何かを見極めておきたいからな……」
カリンと遊太が火花を鳴らす中、アキラは観客席から、カリンと遊太の実力を、こっそり見極めようとしていたのであった。


3・カリンのターン

「私のターン、ドローです」(カリン手札2→3)
「私は、手札より『マンジュ・ゴッド』を召喚します。これにより、デッキより儀式魔法か儀式モンスターを1体、手札に加えられます。私はデッキより、儀式魔法『エンド・オブ・ザ・ワールド』を手札に加えます」(カリン手札3→2→3)
「そして手札より、儀式魔法『エンド・オブ・ザ・ワールド』を発動します。このカードは、手札より『終焉の王デミス』か、『破滅の女神ルイン』を儀式召喚できます。ただし、2種類のモンスターを儀式召喚できる代わり、リリースするモンスターのレベルはぴったりにしなければなりません。レベル8、ぴったりにね」
「ぴったり……ということは、フィールドの『マンジュ・ゴッド』と、手札のレベル4のモンスターで……」
「いいえ、儀式召喚のリリースとなれるモンスターが、私の墓地にいます。墓地より『儀式魔人プレサイダー』の効果、このモンスターは儀式召喚に必要なリリースとして、墓地から除外できます。プレサイダーのレベルは4、『マンジュ・ゴッド』のレベルは同じく4! よって、レベル8の『破滅の女神ルイン』を儀式召喚します!」(カリン手札3→1)(カリン墓地5→4→7)(カリン除外0→1)
またしても、儀式召喚によって現れたのは麗しい姿を持つ女神。攻撃力は2300と、レベルの割には貧弱。
「さて、行きますよ。私はルインで、パニッシュを攻撃! ワールド・リターン!」
「ぐうっ! まだ、大丈夫、まだ……」(遊太ライフ8000→6900)(遊太墓地1→2)
「『儀式魔人プレサイダー』のモンスター効果、このモンスターを素材として儀式召喚を行ったモンスターが、戦闘で相手モンスターを破壊した時、デッキから1枚ドローすることができます。更に、ルインは戦闘で相手モンスターを破壊した時、もう一回攻撃ができます!」(カリン手札1→2)
「ドロー効果を付加しただけじゃなく、連続攻撃持ちのモンスターだと!?」
「では、ルインでもう一回攻撃を行います! ウィンドルを攻撃! ワールド・リターン・セカンド!」
「ぬぐうっ! まだだ……まだ大丈夫」(遊太ライフ6900→6300)(遊太墓地2→3)
「私は再び、カードを1枚ドローします。そして、サフィラで攻撃表示のジュリアスを攻撃! 聖域の聖歌! サフィラもまた、『儀式魔人プレイサイダー』の効果で、戦闘破壊すれば1枚ドローできます!」(カリン手札2→3)
「ここで僕は、罠カード『ガード・ブロック』を発動! 僕が受ける戦闘ダメージを0にして、カードを1枚ドローする!」(遊太手札2→3)(遊太墓地3→5)
「ふむ……やりますね。私はプレサイダーの効果で、1枚ドロー」(カリン手札3→4)
「ただ防いだ訳じゃないぞ。僕は手札から、『ロードナイト・アクアス』のモンスター効果発動! 戦闘・効果で『ロードナイト』が破壊された時、このカードを手札・フィールドからリリースすることで、自分の墓地から『ロードナイト』1体を特殊召喚できる! 僕は墓地から、『ロードナイト・ネクロ』を特殊召喚する!」(遊太手札3→2)
「更に、ネクロのモンスター効果発動。特殊召喚された時、自分の墓地から『英雄騎士』カードを1枚手札に加えられる。僕は、墓地から『英雄騎士への覚醒』を手札に加える」(遊太手札2→3)(遊太墓地5→4)
「やりますね……では、私はカードを2枚セットして、ターンエンドします」(カリン手札4→2)

カリン

ライフポイント8000
手札枚数2枚
モンスター2体
『竜姫神サフィラ』(攻撃表示・攻撃力2500・レベル6・光属性)
『破滅の女神ルイン』(攻撃表示・攻撃力2300・レベル8・光属性)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
発動しているカード0枚
墓地の枚数7枚
除外されているカード1枚


4・遊太のターン

「僕のターン、ドロー!」(遊太手札3→4)
「僕は手札より、魔法カード『アドバンスドロー』を発動! フィールドのレベル8以上のモンスターをリリースして、デッキから2枚ドローする。僕はレベル8nアルスをリリースして、2枚ドロー!」(遊太手札4→3→5)(遊太墓地4→6)
「そして僕は、手札より速攻魔法『英雄騎士への覚醒』を発動! 今回は、闇属性のネクロをリリースして、エクストラデッキから『イクスロードナイト・アルファ』を攻撃表示で特殊召喚する! 現れろ、闇魔導の英雄騎士よ!」(遊太手札5→4)(遊太墓地6→8)
遊太が召喚したのは、遊太の中でエースカードと言える『イクスロードナイト』。攻撃力は2500、効果も申し分無い。
そのアルファを見て、カリンは物思いにふける。
(それが……遊太君にとっては、それが象徴となりえるモンスター。彼は言葉に出してはいないけれど、語っている。遊太君、我々にとって貴殿はどれ程の物か、それを知りたい……とね)
「アルファが特殊召喚されたことにより、永続魔法『英雄騎士の兵力維持』の効果発動。僕のデッキより、闇属性の『ロードナイト・グロウ』を手札に加える」(遊太手札4→5)
「更にアルファのモンスター効果、自分の墓地から『ロードナイト』モンスターをデッキに戻すことで、デッキ・墓地から『英雄騎士』カードを手札に加えることができる。僕はアルスをデッキに戻して、デッキより2枚目の『英雄騎士への覚醒』を手札に加える」(遊太墓地8→7)(遊太手札5→6)
「そして僕は手札から、『ロードナイト・ファイアロー』を攻撃表示で召喚! そして効果発動! ファイアローは、召喚・特殊召喚された時、相手に1000ダメージを与えることができる!」(遊太手札6→5)
「ふむ……」(カリンライフ8000→7000)
「そして手札より、速攻魔法『英雄騎士への覚醒』を発動! 僕は炎属性のファイアローをリリースして、エクストラデッキから『イクスロードナイト・デューク』を攻撃表示で特殊召喚する!」(遊太手札5→4)(遊太墓地7→9)
そして現れたのは、炎の形状をした槍を持つ紅蓮の騎士。攻撃力は2800。
「永続魔法の効果で、僕は炎属性の『ロードナイト・ボルカ』を手札に加える。行くよ、カリンちゃん! ファイアローは魔法・罠の効果でリリースされた時、相手に1000ダメージを与えることができる! くらえ、もう一発!」(遊太手札4→5)
「ふうむ……」(カリンライフ7000→6000)
「僕はデュークで、『竜姫神サフィラ』を攻撃!」
「やはりそうきましたか……ですが、私がそう簡単に攻撃を受けはしません! 罠発動! 『魔法の筒』! 相手モンスターの攻撃を無効にして、そのモンスターの攻撃力分のダメージを与えます!」(カリン墓地7→8)
「う、嘘でしょ!? そんな罠カードが……!」
デュークが槍を投げつけるも、その槍は筒に入ったかと思いきや、もう一方の筒から飛び出てきて、遊太に直撃した! 
「うぐっ……でも、僕にはまだ、アルファの攻撃が残っている! 僕はアルファで、ルインを攻撃! ブラック・ロードソード!」(遊太ライフ6300→3500)
「相手モンスターの攻撃宣言時、私は罠カード『光子化』を発動させます! このカードは相手モンスターの攻撃を無効にして、攻撃されたモンスターに、攻撃モンスターの攻撃力を加えます! 私はルインにアルファの攻撃力を加えます!」(カリン墓地8→9)(ルイン攻撃力2300→4800)
「く、くそう……攻撃は全部封じられてしまった……僕はメインフェイズ2で、カードを2枚セットしてターンエンド」(遊太手札5→3)
(み、見ていろ……そっちがそう来るなら、僕だってこの罠カードで……!)

遊太

ライフポイント3500
手札枚数3枚
モンスター2体
『イクスロードナイト・アルファ』(攻撃表示・攻撃力2500・レベル8・闇属性)
『イクスロードナイト・デューク』(攻撃表示・攻撃力2800・レベル8・炎属性)
魔法・罠ゾーンのカード3枚
発動しているカード1枚
『英雄騎士の兵力維持』(永続魔法)
墓地の枚数9枚
除外されているカード0枚


5・カリンのターン

「私のターン、ドローします」(カリン手札2→3)
「行きますよ、私は手札から、魔法カード『儀式の準備』を発動します。デッキから、レベル7以下の儀式モンスターを手札に加えます。そして、墓地に儀式魔法がある場合、墓地から1枚儀式魔法を手札に加えられます」(カリン手札3→2)
「追撃の儀式魔法は、打たせない! 僕は、アルファのモンスター効果発動! 手札を1枚捨てることで、相手の魔法カードの発動を無効にし、破壊する! マジック・ジャマー!」(遊太手札3→2)(遊太墓地9→10)
アルファが解き放った魔法陣によって、『儀式の準備』は無効にされ、破壊されてしまった。
「なるほど、やりますね……ですが、私は止まりません。私は手札より、装備魔法『リチュアル・ウェポン』をサフィラに装備させます。この装備魔法は、レベル6以下の儀式モンスターにのみ、装備することができます。これにより、装備モンスターの攻撃力・守備力は1500アップします!」(カリン手札2→1)(カリン墓地9→10)(サフィラ攻撃力2500→4000 守備力2400→3900)
「むむむ、攻撃力を更に攻撃力を上げてくるなんて、ここで決めにきたか!」
「ええそうですよ、悪いですがデュエルはここで決めさせていただきます。行きますよ、私はサフィラで、『イクスロードナイト・アルファ』を攻撃! 聖域の歌声!」
サフィラの手から放たれた光の玉が、アルファに向かって飛んでいく! 遊太はそれを、見逃さない。
「罠カード『聖なるバリア-ミラーフォース-』! 相手の攻撃宣言時、相手の攻撃表示モンスターを、全て破壊する!」
聖なるバリアが遊太の場に展開され、攻撃を跳ね返す! これにより、カリンのモンスターが破壊されるはずであったが……? 
「私は墓地より、儀式魔法『祝祷の聖歌』の効果を発動します! 自分フィールドの儀式モンスターが、戦闘・効果で破壊される時、このカードを除外することで、破壊を免れます!」(カリン墓地10→9)(カリン除外0→1)
「なんだって!?」
「これにより、ミラーフォースの効果によって破壊されることはありません!」
ミラーフォースで弾かれた攻撃が、聖歌のバリアによって防がれる。これにより、攻撃は続行される! 
「ぐぅっ!」(遊太ライフ3500→2000)(遊太墓地10→12)
「プレサイダーの効果で、私は1枚ドローします。そして『破滅の女神ルイン』で、デュークを攻撃! ワールド・リターン! これで、終わりですよ!」(カリン手札1→2)
ルインの攻撃力4800と、攻撃力2800のデュークでは、このままデュエルが終わってしまう! 遊太は……。
「罠発動! 『ハーフ・アンブレイク』! モンスター1体を対象に発動! そのモンスターは戦闘では破壊されず、ダメージは半分になる! ぐううっ!」(遊太ライフ2000→1000)(遊太墓地12→13)
「ルインの効果は、モンスターを破壊しないと発動しない……私はカードを1枚伏せて、ターンエンドします」(カリン手札2→1)
(私の伏せたカードは、『業炎のバリア-ファイヤー・フォース-』……このカードは相手の攻撃表示モンスターを破壊して、破壊したモンスターの攻撃力の合計の半分のダメージをお互いに受けるカード……私もダメージを受けるけど……ライフが風前の灯火な遊太君には、これで十分よね)
(さあ遊太君、ここからどうする?)

カリン

ライフポイント6000
手札枚数1枚
モンスター2体
『竜姫神サフィラ』(攻撃表示・攻撃力4000・レベル6・光属性)
『破滅の女神ルイン』(攻撃表示・攻撃力2300・レベル8・光属性)
魔法・罠ゾーンのカード2枚
『業炎のバリア-ファイヤー・フォース-』
発動しているカード1枚
『リチュアル・ウェポン』(装備魔法)
墓地の枚数9枚
除外されているカード1枚


ここまでずっと無言を貫いて来たアキラであったが、ここにきて口を開く。
「これは……カリンの奴が完全に優勢だ。ここから遊太が逆転することは、そう簡単にはない。余程のことが無い限り……な。アイツがロベルトさんの時に見せた、あんなことが無い限り……な」


6・遊太のターン

「僕のターン……」
(さあ、ここが重要だぞ……! 絶体絶命の、ギリギリのピンチ。どうせあの伏せカード、僕を絶対に妨害するカードだろう……!)
(こんな時、デュエルって楽しいなあって思うんだ。こんなどうしようもないピンチだからこそ、逆転したら凄くスカッとするだろうなあ!)
(そのためには、このドローフェイズでキーカードを引くことが重要だ……引いてやるぞ、キーカード!)
「ドロー!」(遊太手札3→4)
起死回生をかけて、引いたカード。そのカードは……。
(このカード……! よし、これで……やれる!)
「僕は手札から、装備魔法『英雄騎士の応急処置』を発動! 自分の墓地から、『ロードナイト』1体を選択して、特殊召喚する。このカードがフィールドを離れた時、装備モンスターは破壊される。僕は墓地から、アルファを特殊召喚する!」(遊太手札4→3)(遊太墓地13→12)
再び現れた『イクスロードナイト・アルファ』、当然繋げるのは……。
「アルファのモンスター効果、自分の墓地から『ロードナイト・ファイアロー』をデッキに戻す事で、デッキから『英雄騎士』魔法カード、『英雄騎士の剣』を手札に加える!」(遊太墓地12→11)(遊太手札3→4)
「そして、僕は手札から、『ロードナイト・サン』を召喚! そして、この魔法カードを発動させる! 速攻魔法『英雄騎士への覚醒』を、発動! 光属性のサンをリリースして、同じ光属性の『イクスロードナイト』を特殊召喚する!」(遊太手札4→3→2)(遊太墓地11→13)
「黄金の鎧に身を包みし騎士よ、今こそ絶対守護の力を持って、友を守り抜け! 現れろ、レベル8『イクスロードナイト・マグナ』!」
現れ出たのは、金色の分厚い鎧に身を包んだ騎士! 攻撃力は1500と、上級にしてはかなり低いが。
「僕は、手札から装備魔法『英雄騎士の剣』をデュークに装備して、バトルフェイズを行う。行くよ、カリンちゃん! 僕はマグナで、サフィラを攻撃する! 行けえ!」(遊太手札2→1)(デューク攻撃力2800→3600)
(何故、攻撃力4000のサフィラに1500のデュークで攻撃を!?)
まさかまさかの攻撃力が劣るモンスターで攻撃する遊太に、カリンは少し驚く。しかし、そんなことも意に介さず。
「あなたの攻撃宣言時、私は罠カード『業炎のバリア-ファイヤー・フォース-』を発動! あなたの攻撃表示モンスターを全て破壊して、お互いその攻撃力の合計の半分のダメージを与えます! これで、あなたのモンスターは全て全滅して、ダメージが入ります!」
この罠カードによって、遊太のモンスターは全滅することになってしまう! これに対し、遊太は……。
「僕は場より、マグナの効果発動! マグナは戦闘・効果で破壊はされず、戦闘で僕が受けるダメージは0になる! 更に、マグナは1ターンに1度、自らの守備力を1000下げることによって、僕のフィールドに存在する『ロードナイト』は戦闘・効果で破壊はされなくなる! そして、『ロードナイト』モンスターの戦闘による僕へのダメージを0にする!」(マグナ守備力3300→2300)
「な、なんですって!?」
業炎のバリアが張られるも、マグナの鎧がはがれて『ロードナイト』達を守るバリアとなる。業炎のバリアは、遊太のモンスターには届かなかった。
「で、ですが、破壊されなくなり、戦闘ダメージも0になっただけでは……」
「僕は速攻魔法『バトル・アンチノミー』を、手札から発動! 僕のモンスターがバトルする時、僕のモンスターの攻撃力が相手よりも低い時、その差分のダメージを、君に与える! これにより、攻撃力1500のマグナと攻撃力4000のサフィラのバトルで、君に2500のダメージを与える!」
「うっ……やりますね、バトルダメージを0にしただけではなく、このようなダメージを……それによって、次なるダメージを……!」(カリンライフ6000→3500)
「ああそうさ、僕はアルファでサフィラを攻撃! これにより、攻撃力2500と攻撃力4000の差分、1500のダメージを君に与える!」
「こ、これは……!」(カリンライフ3500→2000)
「そして、僕はデュークでルインを攻撃! これにより、ルインは……戦闘で破壊! それにより、装備魔法『英雄騎士の剣』の効果が発動される!」
「『英雄騎士の剣』を装備したモンスターによって、私のモンスターが戦闘で破壊された時、私は破壊されたモンスターの攻撃力の、元々の攻撃力分のダメージを受ける……ということは、私の負け……ですね」(カリンライフ2000→700→0)
「よっしゃー! 準決勝突破だあっ!」
見事、準決勝の相手であるカリンを、遊太は破ったのであった! 


あまりの逆転劇に、観客のアキラは驚くのであった。
「やっぱり……やりやがったか。遊太、お前はロベルトさんから逆転劇を決め手、カリンのあの布陣から逆転劇を決めるような、そういう奴だってことを改めて理解したよ。どうせカリンと俺と遊太は、本戦に進むが……このブロック予選でもアイツに勝てなきゃ、意味がねえ」
アキラはその言葉を吐きながら、観客席を降りて行ったのであった。
その頃遊太は、デュエルリングを降りて、カリンと話をしていたのであった。
「凄いよカリンちゃん! 君の儀式召喚で、あそこまで追い詰められるなんて、やっぱり菊姫から聞いただけはあるよ。強いんだね!」
「カードを持つ人として、相応の実力を持っているだけですわ。当たり前のことです」
「やっぱり、精霊のカードを持っている……から?」
「さあ、それはどうでしょうかね。遊太君? でも今は、自分の目指すものに向かって行けば、それで良いんですよ」
「目指すもの……? あ、そういえば、約束があったんだっけ。今はそれを果たすために、今はこの大会に参加していたんだっけ。デュエルが楽しくて、つい忘れちゃっていたけど」
「あらあら……そうなのですか。これなら、アキラ君と戦っても問題は無さそうですね」
「そういえば、さっきトーナメント表を見たけど、次の対戦相手はアキラ君か……もうお互いに本戦出場は確定しているけど、アキラ君とのデュエル……すっごい楽しみ!」
「ええ。色んな意味で、心配は無さそうですね。それでは、私はこれで」
「じゃあ僕も……Aブロック決勝、頑張るからね」
そう言い残して、カリンは遊太は別れた。遊太は人に見えない所で。
「よーし、決勝も勝って、本戦への勢いをつけるぞ!」
カリンは。
「サフィラ……遊太君ならきっと、アキラ君に大切なことを思い出させてくれるはず……そうでしょう?」
そしてアキラはというと。
「勝つ……勝って、父さんに言ったことを果たす……!」
それぞれ何かを思いながら、Aブロックの決勝戦は始まろうとしていた。


第十四話。終わり。
現在のイイネ数 48
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
78 プロローグ「出会いは突然に」 733 2 2018-01-27 -
86 第一話「六道遊太、デュエルと出会う」 683 1 2018-01-28 -
21 第二話「六道遊太、デュエルスタンバイ!」 585 3 2018-01-30 -
76 第三話「ロードナイトVSC・HERO」 533 1 2018-02-05 -
32 第四話「大会にて」 398 1 2018-02-11 -
64 第五話「カリンとカードの精霊の話」 424 1 2018-02-14 -
60 第六話「戦いの幕開け」 423 1 2018-02-18 -
82 第七話「大鴉の特訓」 435 1 2018-02-22 -
27 第八話「知多泉、デュエルスタンバイ!」 380 0 2018-02-25 -
54 第九話「儀式降臨のサフィラ」 348 0 2018-03-02 -
26 第十話「驚きの予選会」 385 1 2018-03-05 -
42 第十一話「ペンデュラムと、英雄騎士達」 428 2 2018-03-10 -
25 第十二話「プラクサス大会スタート!」 407 0 2018-03-13 -
87 第十三話「恐怖のロックバーン」 482 2 2018-03-17 -
48 第十四話「カリンとサフィラ」 363 0 2018-03-24 -
77 第十五話「アキラ君の思い」 433 2 2018-03-29 -
22 第十六話「楽しむ心、やるべき心」 367 2 2018-04-03 -
27 第十七話「本戦開始!」 359 0 2018-04-06 -
90 第十八話「知多と遊太」 372 0 2018-04-13 -
80 第十九話「僕のヒーロー」 409 0 2018-04-17 -
81 第二十話「僕のヒーローは」 393 0 2018-04-21 -
70 第二十一話「対決! 遊太VS菊姫!」 442 2 2018-04-25 -
88 第二十二話「菊姫の切り札」 444 2 2018-04-29 -
66 第二十三話「覚醒を封じられた先に……!」 417 2 2018-05-09 -
72 第二十四話「プラクサス大会、決勝戦!」 387 0 2018-05-12 -
28 第二十五話「真の究極竜と、カオスMAX」 406 2 2018-05-16 -
84 第二十六話「決着、そして……!」 481 2 2018-05-18 -
19 第二十七話「ロードナイトの話」 283 0 2018-05-26 -
34 第二十八話「カリンと遊太」 344 2 2018-05-28 -
41 第二十九話「日傘の女の子」 337 0 2018-06-07 -
88 第三十話「ヒーローショーを見に行こう!」 403 0 2018-06-11 -
69 第三十一話「忍び寄る侵略の影」 344 0 2018-06-23 -
57 第三十二話「侵略の一手」 330 0 2018-06-24 -
26 第三十三話「帝国への招待状」 321 0 2018-07-03 -
70 第三十四話「いざ、帝国へ!」 365 0 2018-07-12 -
105 遊戯王EXSキャラ紹介 その1 539 2 2018-07-14 -
72 第三十五話「GAME START」 319 0 2018-07-22 -
24 決闘者の帝国における、特殊ルール 344 2 2018-07-22 -
96 第三十六話「まずは一つ」 360 0 2018-07-29 -
24 第三十七話「菊姫とアキラ」 277 0 2018-08-05 -
34 第三十八話「実力勝負!」 294 0 2018-08-12 -
79 第三十九話「エンジョイデュエル!」 355 0 2018-08-23 -
30 第四十話「プレイヤーキラー、動く!」 272 0 2018-09-07 -
27 第四十一話「闇を打ち砕け、遊太!」 321 0 2018-09-15 -
56 第四十二話「ユニオンロボ&宇宙のヒーロー 300 0 2018-09-29 -
22 第四十三話「侵攻するワーム」 248 0 2018-10-06 -
77 第四十四話「ヒーロー覚醒!?」 338 2 2018-10-14 -
71 第四十五話「血の刻印」 355 2 2018-10-27 -
20 第四十六話「二つの竜」 253 2 2018-11-08 -
23 第四十七話「共鳴、そして目醒め」 290 2 2018-11-19 -
79 第四十八話「思わぬ敵」 371 2 2018-12-02 -
39 第四十九話「救いと絶望」 266 0 2018-12-09 -
75 第五十話「ロベルトを救う者」 323 0 2018-12-17 -
63 第五十一話「決戦! 闇の王と遊太」 256 0 2019-01-17 -
42 作者よりお知らせ 276 0 2019-01-27 -
22 第五十二話「突き抜ける意志」 229 0 2019-02-05 -
33 第五十三話「神帝現る」 229 0 2019-02-12 -
48 第五十四話「帝国の終焉」 286 0 2019-02-22 -
49 特別編『超次元! 世界を越えた絆』1 276 0 2019-03-07 -
36 特別編『超次元! 世界を越えた絆』2 243 0 2019-03-14 -
31 特別編『超次元! 世界を越えた絆』3 300 0 2019-03-22 -
15 第五十五話「休息の時」 171 0 2019-04-07 -
28 第五十六話「彼女との再会」 226 0 2019-04-20 -
25 第五十七話「マダムの危ない罠」 203 0 2019-05-01 -
19 第五十八話「ストアブレーカー」 171 0 2019-05-19 -
32 第五十九話「闇のカード」 237 0 2019-06-04 -
36 第六十話「変わり始める生活」 191 0 2019-07-18 -
23 第六十一話「ユイのデュエル」 176 0 2019-08-04 -
8 作者よりお知らせ2 243 0 2019-08-11 -
26 第六十二話「プラクサスの怪人」 220 0 2019-09-11 -
4 お詫びとお知らせ 84 0 2020-02-19 -
5 第六十三話「暴走! 怪人クロウリー」 65 0 2020-02-19 -
3 特別編『ブルーアイズVSブルーアイズ』 106 0 2020-02-22 -
5 第六十四話「闇に落ちる小鳥」 86 0 2020-03-22 -
2 第六十五話「鳥人を食う邪竜」 110 0 2020-04-18 -
3 第六十六話「ダークヒーロー!ヴェンデット 51 0 2020-05-09 -
6 第六十七話「堕ちたヒーロー」 55 0 2020-05-23 -
2 第六十八話「視える未来(ビジョン)」 53 0 2020-05-30 -
1 第六十九話「突入、アポカリプトのアジト」 46 0 2020-06-12 -
3 第七十話「登場! 世界チャンピオン!」 56 0 2020-06-14 -
1 第七十一話「デートじゃん!」 35 0 2020-06-27 -
2 第七十二話「不死者は少年を好く」 54 0 2020-06-28 -
3 第七十三話「最強デュエリストのいとこ」 45 0 2020-07-07 -
1 第七十四話「D1グランプリ、開催決定!」 24 0 2020-07-13 -
1 遊戯王EXS キャラ紹介その2 39 0 2020-07-13 -
9 特別編「VSサイコ・ショッカー!?」 50 0 2020-07-26 -

更新情報 - NEW -