HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊☆戯☆王 El (エル) > 第31話 エルストローミィの憑り代

遊☆戯☆王 El (エル)/第31話 エルストローミィの憑り代 作:提馬風

万罪「こ、これは……」


死苑寺「ウソ、だろ……」


ハイエナ達は、相手の変貌に戦慄する。
妖しい色のオーラを放つ、2人のデュエリストに。
気味の悪い音を立ててディスクと一体化する、そのデュエリストに。


エルヴィラ「スタンバイフェイズ、我は『RUM-レパリエン・クラフト』を発動!」

死苑寺「エクシーズモンスター無しでランクアップだと……!?」

エルヴィラ「機械族エクシーズモンスターが破壊された次のスタンバイフェイズに発動できる。
   そのエクシーズモンスター1体を特殊召喚し、ランクが1つ高い機械族・地属性エクシーズモンスターへランクアップさせる!」

RUM-レパリエン・クラフト 速攻魔法
①:自分フィールドの機械族Xモンスターが破壊され墓地へ送られたターンの次のスタンバイフェイズに発動できる。その破壊されたXモンスター1体を自分の墓地から特殊召喚し、そのモンスターよりランクが1つ高い機械族・地属性Xモンスター1体を、そのXモンスターの上に重ねてX召喚扱いとしてEXデッキから特殊召喚する。

エルヴィラ「我は墓地からランク7の機械族・地属性エクシーズモンスター、レーヴェを特殊召喚し、
   このモンスター1体でオーバーレイ・ネットワークを再構築!」

エルヴィラ「小さき身体に大いなる力。我が鉄血の大いなる力。これなるは、全てを穿つ最終兵器!
   ランクアップ・エクシーズ・チェンジ、ランク8! 『超獣戦車 マウス』、パンツァー・フォー!!」

鉄板の感じが大いに残った、いかにも硬そうな超重戦車が現れた。
その履帯側面には、ネズミが描かれている。

マウス「ゴゥン……」★8 ATK3600 OU1

超獣戦車 マウス ランク8 地
機械族/エクシーズ/効果
レベル8モンスター×2
①:このカードは戦闘では破壊されない。②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールドの表側攻撃表示のこのカードを守備表示にし、相手に1000ダメージを与える。③:このカードを対象とする魔法・罠・モンスターの効果が発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。その後、このカードを破壊する。
攻撃力 3500 守備力 3200


ヒロ「何かしようとしていたことが……あった気がするな。だが、もはやどうでもいい」

万罪「ヘッ、負けの覚悟ができたか」

ヒロ「……選ばれし者が、“我”が負けるというのか?」

万罪「……どういう、意味だ」

ヒロ「……狂気だ。阿鼻叫喚が、世界を待っている」


エルヴィラ「メインフェイズ、超獣戦車 マウスの効果発動!
   オーバーレイ・ユニットを1つ取り除き、このカードを守備表示にすることで、相手に1000ダメージを与える!
   砲撃用意、フォイヤー!!」

ドゴオォン!!

死苑寺「うっ……ぐああっ!?」LP2100

マウス DEF3200 OU1

死苑寺「……だ、だが失敗したな。マウスは守備表示となり、このターンの攻撃はできない。メイン2で使えばいいものを……」


ヒロ・エルヴィラ「「バトルフェイズ!!」」


ヒロ「我は不滅の軍神で、デス・ハイエナに攻撃!」

万罪「ぐっ……」LP1900

万罪「だが、俺のフィールドにはまだモンスターが2体、そして手札にはヘル・ハイエナが……」


死苑寺「守備表示のままバトルフェイズだって……? 無駄なことを……」


ヒロ・エルヴィラ「「我らとなれ」」カッ

2人は目を見開き、手札から1枚のカードをディスクに叩きつけた。
カードの発動を示すモーションとともに、それぞれのデッキからカードが飛び出す。

ヒロ・エルヴィラ「「我はデッキのエルストローミィ1体を除外し、
   手札から速攻魔法『エルストローミィの憑り代』を発動!!」」

エルストローミィの憑り代 速攻魔法
①:自分・相手のバトルフェイズに、デッキから「エルストローミィ」モンスター1体を除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。この効果を発動するために除外したモンスターとそのモンスターの種族が同じ場合、ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は、この効果を発動するために除外したモンスターの攻撃力分アップする。違った場合、ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力は、この効果を発動するために除外したモンスターの攻撃力分ダウンする。


ヒロ「我が対象とするのはダーク・ハイエナ! 我が除外した、戦士族の『エルストローミィ・バーサーカー』の攻撃力は1500、
   よって、獣族のダーク・ハイエナの攻撃力は1500ダウンする!」

ダーク・ハイエナ ATK1100


エルヴィラ「我が対象とするのは超獣戦車 マウス!」

エルヴィラ「そして、超獣戦車 マウスが効果の対象となった時、効果発動!
   その発動を無効にし破壊、さらに自身を破壊する!」

ドオオォン!!

エルヴィラが宣言すると、『超獣戦車 マウス』は大きな音を立てて爆発した。

エルヴィラ「……この瞬間、破壊されたランク8の機械族モンスター、超獣戦車 マウスの魂が昇華する!
   これは禁忌の系譜なり。称えるべき支配者の施しを受けるは、我が鉄血と脅威の権化!
   プロセス召喚、レベル8! 『エルストローミィ・カール』、パンツァー・フォー!!」

『超獣戦車 マウス』の残骸の中から、うねる触手が湧き上がる。
妖しい光を纏うそれは、残骸をかき集め、自らの周囲に組み合わせ、そして巨大な口径を持つ自走砲の怪物と化した。

カール「グゴゥン……」☆8 ATK3600

エルストローミィ・カール レベル8
機械族/プロセス/効果
破壊された機械族モンスター
このカード名はルール上「エルストローム」カードとしても扱う。①:相手フィールドにカードが存在しない場合、このカードは攻撃できない。②:このカードが攻撃する場合、相手はダメージステップ終了時まで魔法・罠カードを発動できない。③:このカードの攻撃宣言時に発動する。相手フィールドのカードを全て破壊し除外する。
攻撃力 3600 守備力 2000


ヒロ「そして我は不滅の軍神の効果を発動!
   不滅の軍神を破壊する!」

『不滅の軍神』の皮膚が裂け、そこから妖しげな色の光が放たれ始める。

ヒロ「……この瞬間、レベル8の戦士族モンスター、不滅の軍神の魂が昇華する!
   その鬨に意味はいらず。我の立つ戦場に、我ならざるものはいらず。よって選べ――我となるか、灰と化すか!!
   プロセス召喚! レベル8、エルストローミィ・バーサーカー!!」

『不滅の軍神』の裂けた肉体は、格子構造によって繋がれた。
しかしその見た目は、もはや人型モンスターのそれではない。
顔も、腕も、その声も、かつての面影など……否、かつての面影を弄ぶように、半端に変質していた。

バーサーカー「ヴア゛ア゛ァ゛ァ゛!!」☆8 ATK1500

エルストローミィ・バーサーカー レベル8
戦士族/プロセス/効果
破壊された戦士族モンスター
このカード名はルール上「エルストローム」カードとしても扱う。①:相手フィールドに守備表示モンスターが存在する場合、このカードは攻撃できない。②:このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時に発動する。このカードの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、フィールドのモンスターの数×500アップする。③:このカードの戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られる場合、代わりにそのモンスターを除外する。この効果を適用したバトルステップ終了後、このカードはもう1度続けて攻撃できる。
攻撃力 1500 守備力 2000

ヒロ「エルストローミィ・バーサーカーで素早いハイエナを攻撃!」

ヒロ「この瞬間、エルストローミィ・バーサーカーの効果発動!
   攻撃宣言時、フィールドのモンスター1体につき、攻撃力が500アップする!」

バーサーカー ATK3000

万罪「くっ……だが戦闘破壊された素早いハイエナの効果が」LP1500
ヒロ「しない」

万罪「なっ……」

『エルストローミィ・バーサーカー』の拳を受けた『素早いハイエナ』は灰となって四散した。

ヒロ「エルストローミィ・バーサーカーとの戦闘で相手モンスターが破壊され墓地へ送られる場合、代わりにそれを除外できる。
   そしてこの効果を適用したバトルステップ終了後、エルストローミィ・バーサーカーは続けて攻撃できる!!」

ヒロ「エルストローミィ・バーサーカーでダーク・ハイエナを攻撃!」

ヒロ「再びエルストローミィ・バーサーカーの効果発動!
   攻撃宣言時、フィールドのモンスター1体につき、攻撃力が500アップする!」

バーサーカー ATK1500→2500

『ダーク・ハイエナ』もまた、拳を受けて消し飛んだ。

万罪「……ダーク・ハイエナの効果は発動せず、」LP100

ヒロ「その通り。エルストローミィ・バーサーカーは目に映る全てを灰と化す」

万罪「……な、ま、まさか」ゾク

ヒロ「――バトルだ」


エルヴィラ「バトルだ。エルストローミィ・カールで古狸三太夫を攻撃」

エルヴィラ「この瞬間、エルストローミィ・カールの効果発動」ビシッ

エルヴィラはそう宣言し、死苑寺を指さした。

エルヴィラ「相手フィールドのカードを全て破壊する。
   我らの前に、貴様のような障害は不要だ」

ドオオォォ……ン

絶望的な音だった。
『エルストローミィ・カール』から放たれた妖しい色の弾は、死苑寺のフィールドの上で閃光を放ち、爆発した。

その跡には、灰の山と、恐怖に囚われた死苑寺が残った。

死苑寺「あ……あ、あ……」ゾク

エルヴィラ「そして、巻き戻しが発生する」


ヒロ「エルストローミィ・バーサーカーで――」


エルヴィラ「エルストローミィ・カールで――」


ヒロ・エルヴィラ「「ダイレクトアタック!!」」

『エルストローミィ・バーサーカー』が万罪に殴りかかる。

『エルストローミィ・カール』の砲の奥から、死苑寺へと触手の群れが襲いかかる。

それに触れた2人は、爆ぜもせず、粉微塵になった。


WINNER HIRO
WINNER ELVIRA


奈良「……っ!!」

自分のすぐそばで、2人の人間が消し飛んだ。
そのことが、奈良を狂気の淵へと追いやる。

奈良「……おい、穢土川、仲間が」

穢土川「仲間……だと?」

穢土川は嘲笑するように言う。

穢土川「我は我以外の何でもあらず。我であるものこそ、我である。
   故に、そこで邪魔者を屠った2人……彼らこそ、我らである」

奈良「なるほどね。じゃあ、ここに残った邪魔者はどうする?」

穢土川「……この減らず口が!!」

穢土川が吠えると、彼の後ろにそびえた一番大きな石像が、妖しく輝きだした。

奈良「この光は……っ」

奈良はその眩しさに目を細めながら、穢土川を睨む。

You are me.
You are me.

奈良「い、いや……」

奈良は言い聞かせるようなその声を振り切ろうと頭を抱える。


――その時だった。

「……そうだ。お前はミィではない」

背後に気配を感じる。
奈良はとっさに振り返る。
銀に輝く、年老いた巨大な龍が羽ばたきながら迫ってくるのが見えた。

アクロマ「私はアクロマ。昔のエルストローム狩りだ」

奈良「エルストローム、狩り……」

「ボクもいるんだけど、覚えてる?」

アクロマの肩に、一人の少女が乗っている。

奈良「君は……シンバ・プライド杯の」

シル「エルストローム狩りの、シル。隠しカメラ代わりのモンスターの情報を辿って、あなたを助けに来た」
現在のイイネ数 9
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
35 第1話の前に プロセス召喚について 293 3 2017-04-04 -
13 第1話 PROCESS-目覚めの過程 306 7 2017-04-04 -
12 第2話 プロセス召喚とシンバ・プライド社 200 3 2017-04-06 -
46 第3話 予選始動 232 2 2017-04-12 -
8 第4話 フルメモリー・ウィスパー、炸裂 161 4 2017-04-19 -
5 第5話 闘いの始まり 遊陽VS奈良 121 0 2017-04-26 -
37 第6話 昇華と代償 215 2 2017-04-30 -
39 第7話 エルストローム狩り 274 4 2017-05-03 -
10 第8話 立ちはだかる大物 212 2 2017-05-07 -
17 第9話 死霊銀龍、召喚 236 0 2017-05-11 -
14 お詫び 登場人物紹介が破壊されました 224 0 2017-05-11 -
9 第10話 頂のデッキ? 139 0 2017-05-14 -
20 第11話 シル達のギルド 140 0 2017-05-17 -
15 第12話 センの精神境 170 2 2017-05-21 -
10 第13話 狩人になれ 127 2 2017-05-25 -
15 第14話 ギルドの面々 143 2 2017-05-28 -
12 第15話 フエルストローム 114 0 2017-05-31 -
29 キャラ紹介(遊陽、ヒロ、エルヴィラ) 171 0 2017-06-04 -
11 第16話 狡猾なハイエナ 111 0 2017-06-07 -
8 第17話 憎悪の連撃 76 0 2017-06-12 -
8 第18話 シルはひとり 87 0 2017-06-14 -
6 【閲覧自己責任】我らにカードを【企画】 161 1 2017-06-14 -
10 第19話 無慈悲な時計 144 0 2017-06-18 -
10 第20話 間に合え 110 0 2017-06-22 -
15 第21話 相棒を奪ったもの 130 0 2017-06-25 -
5 第22話 エルストロームの喰らうもの 66 0 2017-07-02 -
5 第23話 役目 86 0 2017-07-12 -
6 第24話 鬼の形相 67 0 2017-07-19 -
6 第25話 銀龍アクロマ 80 0 2017-07-26 -
3 第26話 山頂の邂逅 67 0 2017-08-02 -
4 第27話 頂の決闘(1) 92 0 2017-08-09 -
9 第28話 頂の決闘(2) 134 0 2017-08-24 -
5 第29話 頂の決闘(3) 82 0 2017-09-20 -
4 第30話 顕現、頂のデッキ 115 0 2017-10-11 -
9 第31話 エルストローミィの憑り代 86 0 2017-12-13 -

スポンサーリンク