HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 R 本当の正義 > 第5話 兄妹

遊戯王 R 本当の正義/第5話 兄妹 作:クロノスギア2

日も傾いて来ている。夕日もそろそろ完全に沈みそうだ。

「おら、俺からだ!俺のターン!俺はモンスターを裏守備でセット!カードを1枚伏せてエンドだ!」
「わ、私のターン…え、えっと…私は…勝利の刻印者ライラを召喚…」

勝利の刻印者ライラ
ATK1200

「私は…ライラで、セットモンスターを攻撃…」

ライトニングオーガ
DEF1900

「あ!きゃっ⁈」LP4000→3300

「おいおい、何も警戒もせずに攻撃かよ」
「あう…た、ターンエンド…」
「俺のターン!俺はD・VILNヴェノムリザードを召喚!」

ヴェノムリザード
ATK1600

「ヴェノムの効果!相手モンスターの攻撃力を半分にする!ハーフドヴェノム!」

勝利の刻印者ライラ
ATK1200→600

「ら、ライラが…」
「ライトニングオーガを攻撃表示に変更!」

ライトニングオーガ
DEF1900→ATK600

「バトル!ヴェノムでライラを攻撃!ヴェノムザッパー!」
「きゃっ⁈」LP3300→2300
「さらにヴェノムリザードの効果!戦闘破壊したモンスターの元々の攻撃力分のダメージを与える!ヴェノムバスター!」

ヴェノムリザードが破壊したモンスターを光を集め、毒と共に打ち出す!

「ううう…」LP2300→1100
「さらにオーガでダイレクトアタック!ギガジュールラリアット!」
「…」LP1100→500
「ターンエンド」

あいつピクリとも動かなくなった。

「はぁ…お前何て顔してるだよ」
「だって…」
「昔からこんなことよくあっただろうが」
「私は…お兄ちゃんみたく強くないよ…」
「それはお前のおかげだよ」
「え?」

さくらは顔を上げる。意味がわからないという顔だった。

「お前の前で泣きそうな顔なんてできるかよ」
「…」
「それにお前の事を思えばどんなやっとだって戦えるし、守ってみせる。それに俺はお前の笑顔が好きなんだよ。そして…」
「?」
「デュエルて物は楽しい物だろ?楽しまないでどうすんだよ。楽しそうに笑ってくれよ、な?」
「…厳しいのか優しのかどっちなのよ…」
「さあね」
「…うん!元気出た!私のターン!」

ようやく何時もの笑顔になりやがった。

「だけど俺とのライフ差は3500。どうすんだよ?」
「ふふん、デュエルでLPなんで飾りなのよ!私は死者蘇生発動して墓地のライラを特殊召喚!そして装備魔法!刻印宝具エクスカリバー・レプリカと刻印宝具ガーンデーヴァ・レプリカを装備!」

勝利の刻印者ライラ
ATK1200→2000→2500

「ガーンデーヴァの効果でお兄ちゃんの魔法効果を受けない。お兄ちゃんのフィールド魔法は聞かないよ!」
「成る程、やるな」
「さらにライラは装備されている刻印宝具の数だけ追加攻撃できる!ライトニングオーガを攻撃表示にしたのが間違いだったね!」
「つまり…2500の三回攻撃力だと⁈」
「行くよ!ライラでライトニングオーガを攻撃!ヴィクトリーラッシュ!」
「ぐお…」LP4000→2100
「さらにヴェノムリザードにも攻撃!」
「やばいな…」LP2100→1200
「これでとどめ!ラストヴィクトリーラッシュ!」
「俺は手札のドロクリボーの効果だ!」
「それは!」

真の前にドロクリボーが立ちはだかり、泥団子でライラの動きを止める。

「へへっ、ライラの攻撃を無効にしてライラの攻撃力の半分の数値回復だ」LP1200→2450
「むー!なんか腹立つ!ターンエンド!だけどお兄ちゃんお得意のフィールド魔法の効果は聞かないし今のライラはエクスカリバーを装備してるから効果対象にもならないよ!」

やっぱりあいつはああやって笑ってたほうがいいな。

「さて、俺のターン!俺はIーインターセプトライブを発動!デッキからD・VILNスカイジェットゴブリンを手札に加えそのまま特殊召喚!効果でコールタールデビルを手札に加える!」
「目の前でコールタールデビルを拝めるんだ!」
「そしてコールタールデビルを召喚!」

コールタールデビル
ATK1500→1800

「コールタールデビルは自分フィールド上のモンスターの属性の数×300、攻撃力上がるんだよね?」
「おう、さらにデビルの効果!デッキからD・VILNを一体墓地へ!レインヴァンピィを墓地に送る。そしてヴァンピィにはフィールド上にコールタールデビルがいるなら墓地から特殊召喚できる!」
「おお、初めて間もないお兄ちゃんが軽くソリティアしてる…」
「俺はお前も使った死者蘇生を発動!墓地のヴェノムリザードを召喚!さらにリビングデットの呼び声でライトニングオーガも復活だ!」
「すごい!フィールドがVILNだらけ!」
「コールタールデビルの効果で属性の数だけ攻撃力アップ!5つあるから…1500アップ!」

コールタールデビル
ATK1800→3000

「攻撃力3000!」
「コールタールデビルでライラを攻撃!ジャッチメントオブソロー!」
「うわぁぁぁ⁈」LP500→0

勝者 遊上 真

「負けた…けど手加減しただし!」
「もう日も落ちた、飯の準備してないんだからさっさと帰るぞ」
「勝ち逃げ!ずるい!」
「今晩はたこ焼きにするか」
「許す!」

ちょろ。

ーーー

同時刻、この兄弟達のデュエルを見ていた者がいた。

「遊上真…イイ男じゃない」

妖艶な雰囲気を醸し出す女性だ。手には一枚のカードが握られている。

「私のカードもあの子と戦いがってる…今から楽しみでゾクゾクしちゃう…」

女性は手に持っていたカードにキスをし、その場を去っていった…。
現在のイイネ数 6
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
3 第1話 無実の罪 83 0 2017-11-21 -
4 第2話 D・VILN 汚された怪人達 87 0 2017-11-21 -
6 第3話 裁きの悪魔 119 3 2017-11-21 -
2 第4話 『正しさ』とは 93 1 2017-11-22 -
6 第5話 兄妹 85 0 2017-11-23 -
12 幕間 解説 111 2 2017-11-24 -
11 第6話 他人の目・自分の目 68 1 2017-11-27 -
8 第7話 深海の真珠 91 1 2017-11-28 -
7 第8話 汚染融合 128 2 2017-11-28 -
4 第9話 異国からの来訪 72 2 2017-12-02 -
11 第10話 龍虎相打つ! 63 1 2017-12-07 -
4 第11話 ワクワクする戦い 39 1 2017-12-10 -

スポンサーリンク