HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王―Dark Souls― > 第3話 その名は

遊戯王―Dark Souls―/第3話 その名は 作:MTGからの刺客


「俺のターン、ドロー。」

遊紀 LP7600 手札3枚



「(アーマード・ウィングは戦闘では破壊されず、戦闘ダメージも0になる。戦闘では基本的に倒す事は出来ない。なら、攻撃力の高いモンスターをいくら出しても無駄だ。)」

セキュリティの場のアーマード・ウィングは戦闘では無敵のモンスターで、効果による除去を狙うしかない。



「(…このターンは流すか、まだ攻めに行けるかはわからないしな。)」


攻略法は無い訳ではない。

戦闘では無敵のアーマード・ウィングでも、効果による除去には無力だ。

だが、単純にそれをやっただけでは、ただの交換にしかならない。それをやりつつ、有利な盤面に持って行かなければ、勝てる相手ではないのだ。



「俺はモンスター1体をセット、そしてカードを1枚セットしてターンエンド。」


「悪いが、それを狙っていた。リバースカード、オープン!《ゴッドバード・アタック》!アーマード・ウィングをリリースして、セットモンスターとそのセットカードを破壊する!」

「なっ!?この盤面でアーマード・ウィングを捨てるのか!?」


セットモンスター→ボルト・ヘッジホッグ

セットカード→くず鉄のかかし



「それでいい。これでお前の場はがら空きになった…俺のターン、ドロー!」

セキュリティ LP5500 手札2


「俺は手札から《おろかな埋葬》を発動、デッキから《BF-大旆のヴァ―ユ》を墓地に送る。」

「そのカードは…」


「ああ、そうだ。墓地のヴァ―ユの効果発動!墓地のこのカードとBFモンスター1体を除外し、エクストラデッキから除外したモンスターのレベルの合計と同じレベルのBFシンクロモンスターを効果を無効にして特殊召喚する。俺は墓地のヴァ―ユとアーマード・ウィングを除外して、エクストラデッキから《BF-孤高のシルバーウィンド》を特殊召喚!」


《BF-孤高のシルバーウィンド》
ATK2800


「更に手札からカルートを召喚。黒い旋風の効果で《BF-疾風のゲイル》を手札に加える。」


《BF-月影のカルート》
ATK1400



「バトルだ!シルバーウィンドでダイレクトアタック、『パーフェクト・ストーム』!」

「ぐあっ…!!」


遊紀 LP7600→4800


「続けてカルートで攻撃!」

「くっ…!」


遊紀 LP4800→3400


「これでターンエンドだ。」


セキュリティ LP5500 手札1枚



「次のターン、ゲイルの攻撃までは受けきれないし、次のシンクロ召喚の準備も出来ている…このターンが勝負だな。ドロー!」


遊紀 LP3400 手札2枚




「…GBAで防御布陣を崩された時は結構ヤバかったが、いけそうだな。このカードは自分フィールドにモンスターが存在せず、相手フィールドにモンスターが存在する場合、デュエル中1度だけ手札から特殊召喚出来る。現れろ《アンノウン・シンクロン》、そして場にチューナーが居る場合、墓地の《ボルト・ヘッジホッグ》を特殊召喚出来る。そして《チューニング・サポーター》を通常召喚。」

「これだけの状態で、まだ3体もモンスターを展開するか。」


「俺はレベル1のチューニング・サポーターにレベル1のアンノウン・シンクロンをチューニングする『音速を超えし光竜よ、新たな境地への導き手となれ!』シンクロ召喚、進化の証!《シンクロン・ドラゴン》!」


《シンクロン・ドラゴン》
シンクロチューナー・光・★2・ドラゴン族
ATK500/DEF500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体
①シンクロ召喚されたこのカードをリリースして発動する。デッキからレベル5以上のドラゴン族モンスター1体を特殊召喚する。②墓地のカードを2種類除外して発動する。この効果は相手ターンでも発動出来る。墓地のこのカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚されたこのカードがフィールドを離れる場合、代わりに除外する。


「チューニング・サポーターの効果で1ドロー。更に墓地のディザスター・ドラゴンの効果を発動。1ターンに1度だけ、自分フィールドのモンスター1体をリリースする事でこのカードを効果を無効にして特殊召喚出来る。甦れ、ディザスター・ドラゴン!」


《ディザスター・ドラゴン》
ATK2500



「Sチューナーとシンクロモンスター、あれが来るのか!!」



「俺はレベル8のディザスター・ドラゴンにレベル2のシンクロン・ドラゴンをチューニング『闇と光交わりて、新たな次元へと飛翔せよ!』揺るぎ無い境地(クリア・マインド)!アクセルシンクロォォッ!!爆誕せよ《クリティカル・ディザスタードラゴン》!」


《クリティカル・ディザスタードラゴン》
シンクロ・闇・★10・ドラゴン族
ATK3200/DEF2500
Sチューナー+「ディザスター・ドラゴン」
①このカードは1度のバトルフェイズで2回まで攻撃出来る。②墓地のチューナー1枚を除外して発動する。エンドフェイズまでこのカードを除外する。この効果は相手ターンでも発動出来る。③このカードが戦闘か相手のカードの効果で破壊された場合、墓地の「ディザスター・ドラゴン」を1体特殊召喚する事が出来る。




それはまさしく、ディザスター・ドラゴンが進化した竜だった。

黒い甲殻には赤い走るようなラインが入り、その体躯はより大きく攻撃的に成長し、その翼は研ぎ澄まされた刃のように鋭く鋼の光沢を放つ。

その両腕の爪は剣のように長く分厚く伸び、新たな強靭な武器となる。




「これが、噂に聞く不動 遊紀のアクセルシンクロモンスター…」


「俺は手札から装備魔法《シンクロ・ディザスター》を発動!」


《シンクロ・ディザスター》
装備魔法
シンクロモンスターにのみ装備可能。①装備モンスターの攻撃力は800ポイントアップする。②装備モンスターが戦闘で相手モンスターを破壊した場合、そのモンスターのレベル×200ポイントのダメージを相手に与える。③墓地のこのカードを除外して発動する。墓地のチューナーモンスター1体を特殊召喚する。



《クリティカル・ディザスタードラゴン》
ATK3200→4000


「攻撃力4000だと?だが、それだけではこのターン、俺は倒せない。そして手札にはゲイルが居る!!」


「終わりだよ、クリティカル・ディザスタードラゴンは1度のバトルフェイズで2回攻撃出来る。バトルだ、クリティカル・ディザスタードラゴンでシルバーウィンドを攻撃『フェイタル・インフェルノ』!!更にシンクロ・ディザスターの効果も発動!」


セキュリティ LP5500→4300→2700


「ぐうぉ!?」


「トドメだ、次はカルートを攻撃。」


セキュリティ LP2700→100→0




デュエルの決着と同時に、セキュリティのセキュリティ・ホイールは停止、遊紀もその近くにDホイールを止めた。


「俺の勝ちだな。」

「…見事なフィニッシュだった。文句のつけようもない。こんな時代に、ここまでアクセルシンクロを自在に操る者が居るなんてな。」


「それが俺の宿命だからだ。」

「どういうことだ?」


「…俺の名はお前も知っていた通り『不動 遊紀』。察しはついているんだろう?つまりそう言うことだ。だから俺はシンクロ、そしてアクセルシンクロを操り、そしてそれに固執する。」



「そういうことか。薄々そうなんじゃないだろうか、そう思っていたが。やはり不動博士の…」


「そこまでだ、それはきっかけに過ぎない。今の俺は…そいつの理念からは程遠いだろうからな。」


「…」



それだけ言うと、遊紀は再びDホイールに乗り、その場を後にした。
現在のイイネ数 6
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
3 第1話 残ったもの 111 0 2017-11-09 -
3 第1話のカードと追記 106 0 2017-11-09 -
3 第2話 恐れを知らぬもの 90 0 2017-11-13 -
6 第3話 その名は 67 0 2017-11-21 -

スポンサーリンク