HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Hedgehog Flowers > 第37話 Dランド:翌檜√その1

遊戯王 Hedgehog Flowers/第37話 Dランド:翌檜√その1 作:白金 将

― ― ― ― ― ― ― ―
翌檜 8000
鬼灯 8000
― ― ― ― ― ― ― ―


 シオンを待っていた翌檜だったが、彼が来るまでの間に鬼灯と言うドクロマスクと黒フードを身に着けた奇妙な男とデュエルすることになってしまった。決して思ってることを表情に出さない翌檜だったが、それでも不安を感じないわけではない。

(早く来て、シオン……)
「先行は私みたいだね――それじゃあ私は手札から〈おろかな埋葬〉を発動!」

 先程まで翌檜と接していた時のような礼儀正しさが崩れた。デュエルが始まるや否や、鬼灯と言う男はまるで子供のように元気に声を張り上げ始めたのだ。

「私が墓地に落とすのは〈ワイトプリンス〉! そして墓地に落ちた〈ワイトプリンス〉の効果発動! デッキから〈ワイト〉と〈ワイト夫人〉を1体ずつ墓地へ落とすぞぉぉぉぉ!」

 突然デュエルを誘われ、突然このように態度が変わった鬼灯の前で翌檜はガチガチに固まってしまっていた。ここはDランド。このように知らない人とデュエルを楽しむことが出来るのも最大の魅力であるわけなのだが。

(この人……怖い……)

 問題の対戦相手はワイトのごとき白い骸骨のお面をかぶっている変質者であった。数々の罪人を相手にしてきた翌檜であってもこれには面食らった。

「続けて私は〈闇の誘惑〉を発動! デッキからカードを2枚ドローして、手札から〈ワイトキング〉を除外だぁ!」
「【ワイト】のデッキ……」
「まだまだ終わらないのさ! 私は〈手札断殺〉を発動! 手札の〈ワイトプリンス〉〈リビングデッドの呼び声〉を墓地へ送って2ドロー! そしてプリンスの効果をもう一度発動! デッキから再び〈ワイト〉と〈ワイト夫人〉を墓地へ落とす!」

 次々とワイトたちが墓地へ落とされていく。

(この状況で奴が出て来たら攻撃力7000……!)
「最後に俺は手札から〈ワイトメア〉を捨てて効果発動! 除外されている〈ワイトキング〉を特殊召喚!」
(来た……)
「私はカードを1枚伏せてターンエンドだぁ!」


― ― ― ― ― ― ― ―
ワイトプリンス

効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   0/守   0
(1):このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。「ワイト」「ワイト夫人」1体ずつを手札・デッキから墓地へ送る。
(3):自分の墓地から、「ワイト」2体とこのカードを除外して発動できる。デッキから「ワイトキング」1体を特殊召喚する。
― ― ― ― ― ― ― ―
ワイトメア

効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻 300/守 200
このカードのカード名は、墓地に存在する限り「ワイト」として扱う。
また、このカードを手札から捨てて以下の効果から1つを選択して発動する事ができる。
●ゲームから除外されている自分の「ワイト」または「ワイトメア」1体を選択して自分の墓地に戻す。
●ゲームから除外されている自分の「ワイト夫人」または「ワイトキング」1体を選択してフィールド上に特殊召喚する。
― ― ― ― ― ― ― ―
ワイトキング

効果モンスター
星1/闇属性/アンデット族/攻   ?/守   0
このカードの元々の攻撃力は、自分の墓地に存在する「ワイトキング」「ワイト」の数×1000ポイントの数値になる。
このカードが戦闘によって破壊され墓地へ送られた時、自分の墓地の「ワイトキング」または「ワイト」1体をゲームから除外する事で、このカードを特殊召喚する。
― ― ― ― ― ― ― ―


「……私のターン、ドロー」

 翌檜の前に立ちはだかるは攻撃力8000のワイトキング。迂闊にモンスターを攻撃表示で立たせれば大ダメージを受けることは必至である。更に、翌檜のデッキは元々相手を動かさないようにするデッキであったため、後攻になるとどうしても不利になってしまう。

「私は手札から〈強欲で謙虚な壺〉を発動」

 デッキトップからカードが3枚めくられる。1枚目は〈同胞の絆〉、2枚目は〈豊穣のアルテミス〉、そして3枚目は〈冥王竜ヴァンダルギオン〉だった。

「ヴァンダルギオン……?」
「私は〈冥王竜ヴァンダルギオン〉を手札に加え、手札から〈豊穣のアルテミス〉を通常召喚。そのまま3枚カードを伏せてターンエンド」

 ワイトキングを前にアルテミスが棒立ちの状態になる。もっとも、翌檜もそれなりに考えていることがある。シオンのことを一旦頭の片隅に置き、翌檜の布陣が完成する。

「私のターン、ドロー! 私は手札から3枚目の〈ワイト〉を捨てて〈ツインツイスター〉を発動だ!」
「〈魔宮の賄賂〉を発動。アルテミスの効果で1ドロー」
「ほう……ふむ、この手札は実にツイてるなぁ! 私は手札から2体目の〈ワイトキング〉を通常召喚だ!」

 ツインツイスターのコストでワイトが墓地へ送られたことにより、フィールドに立っている2体のワイトキングの攻撃力は9000になっていた。それに対して翌檜のアルテミスの攻撃力は1600。まともに攻撃を受ければ勝機はない。

「バトルフェイズだ! ワイトキングでアルテミスに攻撃ぃぃぃぃ!」
「――〈攻撃の無力化〉を発動してバトルフェイズを終了させる。1ドロー」

 一気に興が覚めたような声になって鬼灯は攻撃の手を止める。

「ちぇ、決まらなかったか。これでターンエンド」
「私のターン、ドロー。私は手札から〈天空聖者メルティウス〉を通常召喚。そして、ライフを2000払って手札から〈同胞の絆〉を発動。デッキから2体目の〈豊穣のアルテミス〉と〈オネスト〉を特殊召喚」

 翌檜のフィールドにアルテミスが2体、そしてメルティウス、オネストが並んだ。

「私は〈オネスト〉の効果を発動し、手札に戻す。更に手札から〈天空の聖域〉を発動。このままターンエンド」

 翌檜の伏せカードは残り1枚。そして手札はヴァンダルギオンとオネストを含めた3枚だ。アルテミスを筆頭としたモンスターは全て攻撃表示。鬼灯の声が既に常人のそれではないものに変わっていた。


― ― ― ― ― ― ― ―
同胞の絆

通常魔法
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。
(1):2000LPを払い、自分フィールドのレベル4以下のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターと同じ種族・属性・レベルでカード名が異なるモンスター2体をデッキから特殊召喚する(同名カードは1枚まで)。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。
― ― ― ― ― ― ― ―
天空聖者メルティウス

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1600/守1200
このカードが自分フィールド上に表側表示で存在する限り、カウンター罠が発動される度に自分は1000ライフポイント回復する。さらに、フィールド上に「天空の聖域」が表側表示で存在する場合、相手フィールド上に存在するカード1枚を破壊する。
― ― ― ― ― ― ― ―
天空の聖域

フィールド魔法
このカードがフィールド上に存在する限り、天使族モンスターの戦闘によって発生する天使族モンスターのコントローラーへの戦闘ダメージは0になる。
― ― ― ― ― ― ― ―


「私のターン、ドロー! 私は最初に伏せた〈針虫の巣窟〉を発動! デッキから5枚墓地送りだ!」

 そう言って鬼灯のデッキから送られたのは〈ワイトメア〉〈闇の誘惑〉〈リビングデッドの呼び声〉〈ワイトプリンセス〉〈ワイト夫人〉の5枚。ワイトが3体送られたことにより、2体のワイトキングの攻撃力が12000に到達した。

「そっちの手札にオネストがいるのが気にはなるが、バトルフェイズだ! 俺は〈ワイトキング〉で〈豊穣のアルテミス〉を攻撃!」
「――ダメージステップ」

 翌檜の目がぎっと開いた。

「私は手札から〈オネスト〉を発動」
「予想はついていたねぇ……」
「――それにチェーンして〈オネスト〉を発動」

 鬼灯が固まった。
 翌檜の前に立つアルテミスがまばゆいばかりの光を纏い、攻撃を仕掛けてきたワイトキングを迎え撃つ。攻撃力12000のワイトキングに対峙するアルテミスの攻撃力は25600だ。

「嘘だああああぁぁぁぁん!」


― ― ― ― ― ― ― ―
翌檜 8000
鬼灯 8000 → 0
― ― ― ― ― ― ― ―


「おれのワイトキングがああああぁぁぁぁ!」

 とうとう一人称まで崩壊した鬼灯を前に翌檜がカチコチになっていた。周りの客も鬼灯の周囲八メートル程から遠ざかるように歩いて過ぎていくのが見える。そして、子供のように泣き叫ぶ鬼灯の所に一人の男が現れた。

「おい」
「ああぁぁぁぁん! おおおおれええのおおおワイトおおおお!」
「話を聞け! ここはてめぇの家じゃねえんだぞ!」

 その声を聞いて翌檜はハッとした。
 発狂している鬼灯を押さえつけていたのは、翌檜が待ちわびていたあの男だったのだ。

「……ええっ!? センパイ!? なんでセンパイがここにいるんですかぁぁ!?」
「別にいいだろ。それと、俺の女には二度と手を出すな、鬼灯」
「っ」

 シオンの言葉に翌檜の顔が赤く染まる。白い骸骨マスクの鬼灯はシオンと翌檜を交互に何度も確認すると、とても納得したようにポンと手を打った。

「わかりました! それじゃあセンパイ、彼女さんとデート楽しんできてください!」
「あ……行っちまった」

 鬼灯が去った後、シオンは翌檜の前までやってきた。先程の言葉を聞いたせいで翌檜は下を向いたまま顔を上げることが出来なかった。それを見たシオンは、やっと自分が何を言ったかに気が付いたようである。

「ああ、すまん。奴はあそこまで言わないと頭で理解できない奴なんだ」
「……知り合い?」
「前の職場の後輩だよ。性格に難があり過ぎる奴だが根っこは怖い程に真っ直ぐだぞ」

 緊張感から解放されたのか、翌檜はどこかほっとしたような顔になっていた。彼女の顔を見たシオンはふと息を止める。

「シオン?」

 翌檜が問いかけるが、なかなか答えが返ってこない。
 しばらくして、シオンがぽつりとつぶやいた。

「お前……綺麗になったな」
「えっ……?」
「あ、いや、俺は何を言ってるんだ。ほら行くぞ、そこの観覧車に並べ並べ」

 後ろからシオンに押されて翌檜は観覧車の列に並んでしまう。先程の言葉の真意を求めてシオンの顔を覗いた彼女だったが、シオンはどこか遠い所に視線を逃がして答えない。

(綺麗って……ええっ……)

 またうつむいて顔を赤くする翌檜だった。



現在のイイネ数 28
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

光芒
不審者かと思ったらシオンの職場の後輩って。こんな人が働いているシオンの職場って。
キャラの影に隠れていますが、一度ハマるとワイトキングほど怖いモンスターはいないですよね。効果を無効にするなどすれば弱小モンスターに戻りますが、それがないと超火力のモンスターがアホのように湧いて来るわけですし。
ところで鬼灯さんいつワイトキングフィールドに出したんですか? 文を見る限り、召喚描写を見受けられないのですが……

それにしても翌檜さんシオンにデレッデレですね。シオンが何気なく女性を喜ばせるような言葉を出しているというのもありますが、やはりこの2人は上手く行ってほしいですね。

(2016-12-27 00:14)
白金 将
<<光芒 さん
シオンも結構大変な後輩を持っておりますね。でも仲が悪いわけではないのでご安心を。仲が良いからと言って特段何かあるかと言えばそう言う訳でもないんですが(え
ワイトキングは大艦巨砲主義を体現したようなモンスターですねぇ。ワイトの新規が出れば出るだけ力がアップしますから脅威でもあります。特にプリンセスが出たおかげで頭おかしいレベルの攻撃力を獲得することが出来ました。
照れてる翌檜さんに対してシオンは割と無自覚だったりします。最近お仕事のお話を書いていなかったから翌檜さんがデレデレキャラみたいな感じになってるけどまぁいっか(かわいいし

1体目のワイトキングに関しては後程修正しておきます。ほんとうにすいません…… (2016-12-27 00:20)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
10 伝言板・修正履歴(3/30) 481 0 2016-01-19 -
9 第1話 その少女、黄金の龍と共に有り 662 5 2016-01-19 -
14 第2話 スターダスト・ドラゴン消失事件 547 6 2016-01-23 -
8 第3話 誇り高き一族 485 7 2016-01-27 -
20 第4話 勝利は一から積み上げる 452 6 2016-01-30 -
11 第5話 絶対支配領域 429 6 2016-01-31 -
10 閑話休題:キャラクター紹介 542 0 2016-01-31 -
10 第6話 溶けていく手札 426 8 2016-02-05 -
7 第7話 手札一枚の戦争 478 8 2016-02-07 -
14 第8話 ネコチャン!? 394 8 2016-02-13 -
13 第9話 「帝王」の影 394 6 2016-02-19 -
11 第10話 息の合った二人 418 4 2016-02-21 -
14 第11話 たまにはみんなで温泉旅行! 402 4 2016-02-23 -
15 第12話 シロちゃんは二度挟まれる 382 6 2016-02-28 -
15 第13話 アルストロメリアの門番 390 4 2016-03-05 -
30 第14話 王者の資格 349 6 2016-03-09 -
8 第15話 Execution 348 6 2016-03-13 -
16 第16話 ワン・ナイト・カーニバル 382 6 2016-03-17 -
10 第17話 キャット・アンド・ドッグ 320 4 2016-03-25 -
10 第18話 積み込み・スリ替え・橙一色 358 6 2016-04-02 -
39 第19話 孤独への恐怖 331 2 2016-04-10 -
13 閑話休題:キャラクター紹介 雑談枠 407 4 2016-04-19 -
11 第20話 アルストロメリアの休日 334 6 2016-04-29 -
20 第21話 「ふつうの女性」になりたくて 374 4 2016-05-01 -
15 第22話 翌檜の恋心 376 4 2016-05-03 -
7 第23話 シロちゃんぐるぐるハンマー伽藍 366 4 2016-06-06 -
10 第24話 ボクっ娘決闘者、リンちゃん 358 2 2016-07-03 -
10 第25話 政治部の苦悩 315 4 2016-07-09 -
7 第26話 モノクローム・プライド 340 4 2016-07-20 -
8 第27話 あなたのそばで 350 4 2016-07-28 -
8 第28話 嫉妬 299 2 2016-08-31 -
10 第29話 分かり合いたくて 259 0 2016-09-15 -
16 第30話 Dランド:遊乃&葵√その1 299 2 2016-10-06 -
16 第31話 Dランド:遊乃&葵√その2 304 2 2016-10-09 -
10 第32話 Dランド:遊乃&葵√その3 263 2 2016-11-03 -
7 第33話 Dランド:遊乃&葵√その4 301 4 2016-11-08 -
13 第34話 Dランド:伽藍&シロ√その1 242 2 2016-11-25 -
10 第35話 Dランド:伽藍&シロ√その2 221 2 2016-12-06 -
7 第36話 Dランド:伽藍&シロ√その3 226 2 2016-12-14 -
28 第37話 Dランド:翌檜√その1 170 2 2016-12-25 -
10 第38話 Dランド:翌檜√その2  215 2 2017-01-12 -
5 フラワリングタウン広報「アイリス」春号 295 0 2017-01-12 -
7 第39話 フンキー フンキー フンキー 266 3 2017-01-18 -
13 第40話 もりのようかん 246 2 2017-01-25 -
13 第41話 狂植物の叛乱 234 4 2017-02-05 -
12 第42話 桜姫降臨 232 2 2017-02-13 -
11 リンク召喚について ※SSは書き続けます 416 5 2017-02-18 -
15 第43話 Dragula 235 2 2017-02-19 -
11 閑話休題:キャラクター紹介3 259 0 2017-02-23 -
13 第44話 不穏 162 4 2017-03-19 -
12 第45話 BREAK DOWN 195 2 2017-03-21 -
16 第46話 その少女、黒紫の竜と共に有り 233 2 2017-03-23 -
34 第47話 おかえり 243 4 2017-03-26 -
20 第48話 大切な人 225 3 2017-03-29 -
45 第49話 炎 274 4 2017-04-28 -
23 第50話 Find Your Way 223 2 2017-05-17 -
24 第51話 Force Your Way 247 4 2017-06-17 -
18 第52話 四人目の姫 207 2 2017-07-22 -
19 第53話 一寸先は闇 193 4 2017-07-25 -
18 第54話 月夜に咲く姫 166 4 2017-08-22 -
24 第55話 OVERLAP 168 0 2017-09-16 -
13 第56話 幽雅に咲かせ、紫毒の華 185 5 2017-09-21 -
17 第57話 帰る場所 185 4 2017-10-01 -
25 閑話休題:キャラクター紹介4&作者の呟き 267 0 2017-10-01 -
16 第58話 前哨戦(△) 217 5 2017-11-09 -
20 第59話 混沌を制す者(△) 270 2 2017-11-12 -
14 第60話 侵略者の領域 204 4 2018-02-20 -
6 【報告】現状と暗い見通し【更新できねぇ】 87 0 2018-05-31 -