HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王 Hedgehog Flowers > 第30話 Dランド:遊乃&葵√その1

遊戯王 Hedgehog Flowers/第30話 Dランド:遊乃&葵√その1 作:白金 将

※遊園地編結構長くなりますがネタがなくなったわけじゃないですごめんなさい
※禁止ワード「ガンマン」「ライトニング」



10月改定反応
遊乃「あ、スローネが準制限になってる! 光の援軍も無制限だ!」ワクワク
葵「真帝王領域が帰って来たな……汎神も準制限くらいになってくれないか」
伽藍「レベル・スティーラーが禁止ね……でもいつかはこうなると思ってたわ~」
翌檜(通告の規制来なかった……)ホッ
シロ「うー、なんかいっぱい緩和されてるー」グルグル

白金「六武衆とライトロードとクリフォートが完全解放しました」
白金「個人的にはモラルタの緩和がちょっと嬉しいですね」
遊乃「だ、誰……!?」
白金「通りすがりの決闘者さ。あ、遊乃ちゃん、10月過ぎたからちょっと覚悟しててね」
遊乃「えぇ……」

葵「シャドールもちょっと緩和されたか……ネフィリム(小声)」
シロ「そんなことより渓谷返してください!」
伽藍「駄目よシロちゃん、青眼が環境トップなんだから~」
遊乃「ABCの制限は次辺りだといいなぁ(願望)」
シロ「でも壊獣ブラホやKozmoの規制、アンティーク・ギアも控えてますからね……」
翌檜(ちゃっかりDDも弱体化してる……)
葵(アドバンス召喚しない壊獣は上級モンスターとは断じて認めん)
遊乃(メタルフォーゼは次なにと組むんだろ……)


プルルルル
翌檜「?」ピッ
シオン〈翌檜さん……俺、もう、駄目かもしれん〉
翌檜「……シオン? シオン、返事して……!」



10月から個人的に気になるカテゴリをあげてもらいました
遊乃「十二獣……あ、皆さんごめんなさい」シュン
葵「やっぱり真紅眼が強くなった気がするな」
伽藍「捕食植物がどう化けるか楽しみね~」
翌檜(……ワイトに期待なんてみんなの前で言えない)//
シロ「古代の機械……何よりかっこいいです!」


― ― ― ― ― ― ― ―


「うー、やっと着いたぁ」

 最大級とも謳われるデュエリストご用達の遊園地、Dランドに遊乃たちは立っていた。彼女の他には葵、伽藍、翌檜、シロの姿もある。シオンとの待ち合わせに合わせる形で遊乃たちもここにやって来たのだった。
 会場のあちこちではブラック・マジシャンやネオスペーシアンといったモンスターたちがゲストをもてなしており、流石は最大級と思わせてくれる場所だ。

「……」
「どうしたの? 翌檜」
「っ」

 先程からそわそわと落ち着かない翌檜を伽藍がからかう。遊乃はしばらくきょろきょろと周りを見回していたが、視線がある物に止まった。

「今日はここで十分遊んでいらっしゃい。お仕事入ったら遊べなくなっちゃうから」
「それじゃ、私は遊乃と回ることにしようか」
「葵ちゃん?」

 首をかしげる遊乃に葵が翌檜の方を視線でそれとなく指す。さっきから時計をじっと見つめている翌檜は二人の様子に全く気が付いていないようだった。遊乃は葵の言いたいことを何となく察すると、先程気にかけていた場所へと葵をぐいぐい引っ張っていく。

「シロちゃんは私と行きましょうね~」
「翌檜さん、また」
「……うん」

 伽藍とシロも翌檜のもとから離れて行った。翌檜は端末と時計と周囲を数秒ごとに見回してはため息をついていた。



 遊乃と葵はとある機械の前に立っていた。銀行のATMのような形をしているそれは遊園地のあちこちに置かれているらしく、ある意味ではここの目玉の一つとなっているそうだ。

「『遊園地の他のお客さんとデュエルが出来る』……わぁ、やってもいいかな?」
「私は後ろから見ていようか」

 カバンの中からディスクを取り出した遊乃はそれを左腕に装着し、機械から伸びているコードをディスクに接続した。すると、少しの間の認証の後に、機械が対戦相手を探し出す画面に移り変わる。

「葵ちゃんもやりたい?」
「私は遊乃の後でも大丈夫だが……」
「むー、葵ちゃんに見られてるとなんか緊張しちゃう」
「それだったら私も適当な所で参加してこようか」

 そんな会話をしていると、どうやら遊乃の対戦相手が決まったことが知らされた。葵は遊乃に挨拶を交わし、その場を離れて別の機械の所へと向かって行った。

「へぇ、こんな感じなんだ……よし、デュエル!」


― ― ― ― ― ― ― ―
遊乃:8000
相手:8000
― ― ― ― ― ― ― ―



先行は遊乃だ。画面には対戦相手の姿も映し出される。どうやら相手は遊乃と同年代の少年だったようだ。とは言っても、相手と遊乃では頭一つくらいの身長差がありそうだが。

「私のターン、私は手札から〈光の援軍〉を発動します! 私が手札に加えるのは〈ライトロード・サモナー ルミナス〉です!」

 遊乃のデッキの上から〈真炎の爆発〉〈ライトロード・アサシン ライデン〉〈ブレイクスルー・スキル〉が落とされた。そして、遊乃の手札にルミナスが加わった。ここまでの動きは大方順調である。

「私は手札から〈ライトロード・サモナー ルミナス〉を通常召喚し、効果発動! 手札の〈ライトロード・ビースト ウォルフ〉を墓地へ送り、墓地からライデンを特殊召喚します! そして、ライデンの効果発動! デッキの上から2枚を墓地へ落とします!」

 デッキの上から落ちたのは――〈ラヴァルのマグマ砲兵〉と〈ダンディライオン〉だ。

「墓地に落ちた〈ダンディライオン〉の効果発動です! フィールド上にレベル1の綿毛トークンを2体特殊召喚します!」

 遊乃の場には2体の綿毛トークン、ライデン、ルミナスが並んだ。


― ― ― ― ― ― ―
ライトロード・サモナー ルミナス

星3/光属性/魔法使い族/攻1000/守1000
1ターンに1度、手札を1枚捨てて発動できる。自分の墓地からレベル4以下の「ライトロード」と名のついたモンスター1体を選択して特殊召喚する。
また、自分のエンドフェイズ毎に発動する。自分のデッキの上からカードを3枚墓地へ送る。
― ― ― ― ― ― ―
― ― ― ― ― ― ―
ダンディライオン(制限カード)

星3/地属性/植物族/攻 300/守 300
(1):このカードが墓地へ送られた場合に発動する。自分フィールドに「綿毛トークン」(植物族・風・星1・攻/守0)2体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンは特殊召喚されたターン、アドバンス召喚のためにはリリースできない。
― ― ― ― ― ― ―


「私はレベル1の綿毛トークンをレベル4のライデンにチューニング! シンクロ召喚! お願いします、レベル5〈アクセル・シンクロン〉! そして、シンクロンの効果発動! デッキから〈ジェット・シンクロン〉を墓地へ送り、レベルを1下げて4にします!」

 遊乃は手札妨害がないと踏んだのか、ここから一気に加速させる。

「私はレベル3のルミナスにレベル4となった〈アクセル・シンクロン〉をチューニング! シンクロ召喚! お願いします、〈ライトロード・アーク ミカエル〉! そして、手札の〈リバイバルゴーレム〉を墓地へ送って墓地の〈ジェット・シンクロン〉の効果発動! 墓地から蘇生させます!」

 遊乃がデッキを回していくのを画面越しの相手は無表情で見つめていた。その余裕に若干遊乃は怖気づきながらも、やりたいことを最後まできっちりとやり遂げる。

「そして私はレベル7の〈ライトロード・アーク ミカエル〉をレベル1の〈ジェット・シンクロン〉にチューニング! シンクロ召喚! お願いします、〈クリスタルウィング・シンクロ・ドラゴン〉!」

 遊乃の場に透明な翼を纏ったドラゴンが降臨する。それは最強のシンクロモンスターの一角ともされる、眩しいばかりの輝きそのものだった。

「私はカードを2枚伏せてターンエンドです!」

 遊乃の場には攻撃表示のクリスタルウィングと守備表示の綿毛トークン、そして2枚の伏せが並んでおり、彼女の手札はもうない。やることをやりきったと確信している遊乃だったが、次に相手が発動したカードで心の奥底に溜まっていた嫌な予感が的中したことを悟る。

「俺のターン……俺は手札から〈六武の門〉を発動する」





 その頃、葵は地図を見ながら空いている機械を見つけた。遊乃と同じようにディスクを展開し、プラグを接続した。すると、しばらく経って葵の対戦相手も決まる。

「遊乃と組んだデッキ……なんだか、妙な気分だな」

 少し前のことを思い出しながら、葵はちょっと照れくさい顔をしてデッキを見ていた。


現在のイイネ数 36
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

光芒
早速制限改訂をネタにしてきましたね。カードのインフレが進んで昔ほどの強さが無くなったとはいえ、六武の門を3積出来る環境に誰がした。というかTF6で最強格の六武衆が今では門が解放されてもなお中堅クラスなんだからインフレってやっぱり恐ろしい。

さて空気を読んだアルストロメリアの面々ですが、こういったATMのような機械で見知らぬ相手とデュエルができるってのは中々便利な機能ですね。こういうものが公式で実際にあってくれればいいのに……(コミュ障でショップに行けない勢)
ところでDランドの客を「ゲスト」と称しているあたり……ここはあれですか。燕尾服を着たネズミのようなものがメインだったりするあの夢の国なんですか?

おや、誰か来???「ハハッ」 (2016-10-07 23:46)
白金 将
<<光芒 さん
遊戯王において改訂はビッグイベントですから、この波に乗らなければとネタに仕込みました。正直な所、六武の門はループが発見されているため戻ってくることは無いかと思っていましたので度肝を抜かされております。でも今はループに入る前の準備段階で潰されるという……(諸行無常

遊乃と葵、伽藍とシロ、翌檜で別行動をとることになります。実際に遊乃や葵がやっているような物があるといいなぁ……と思っていたらパソコンの中にADSというソフトが入っているのを見て「あぁ」と妙に納得した自分がいました。私もコミュ障のケがあるので気軽に人とデュエルできるというには嬉しいことだと思うんですけどな。

申し訳ないですがそればっかりは言えませんね……ん、あれは?
???「君をカードの世界に招待するよ? ハハッ(カード化)」 (2016-10-08 00:29)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
14 伝言板・修正履歴(3/30) 512 0 2016-01-19 -
13 第1話 その少女、黄金の龍と共に有り 735 5 2016-01-19 -
17 第2話 スターダスト・ドラゴン消失事件 587 6 2016-01-23 -
11 第3話 誇り高き一族 533 7 2016-01-27 -
24 第4話 勝利は一から積み上げる 492 6 2016-01-30 -
14 第5話 絶対支配領域 455 6 2016-01-31 -
13 閑話休題:キャラクター紹介 585 0 2016-01-31 -
13 第6話 溶けていく手札 460 8 2016-02-05 -
10 第7話 手札一枚の戦争 514 8 2016-02-07 -
34 第8話 ネコチャン!? 430 8 2016-02-13 -
36 第9話 「帝王」の影 444 6 2016-02-19 -
29 第10話 息の合った二人 468 4 2016-02-21 -
29 第11話 たまにはみんなで温泉旅行! 451 4 2016-02-23 -
35 第12話 シロちゃんは二度挟まれる 423 6 2016-02-28 -
34 第13話 アルストロメリアの門番 450 4 2016-03-05 -
39 第14話 王者の資格 406 6 2016-03-09 -
29 第15話 Execution 394 6 2016-03-13 -
38 第16話 ワン・ナイト・カーニバル 432 6 2016-03-17 -
30 第17話 キャット・アンド・ドッグ 361 4 2016-03-25 -
14 第18話 積み込み・スリ替え・橙一色 394 6 2016-04-02 -
42 第19話 孤独への恐怖 361 2 2016-04-10 -
17 閑話休題:キャラクター紹介 雑談枠 430 4 2016-04-19 -
29 第20話 アルストロメリアの休日 383 6 2016-04-29 -
42 第21話 「ふつうの女性」になりたくて 432 4 2016-05-01 -
21 第22話 翌檜の恋心 403 4 2016-05-03 -
10 第23話 シロちゃんぐるぐるハンマー伽藍 394 4 2016-06-06 -
25 第24話 ボクっ娘決闘者、リンちゃん 399 2 2016-07-03 -
13 第25話 政治部の苦悩 348 4 2016-07-09 -
27 第26話 モノクローム・プライド 383 4 2016-07-20 -
11 第27話 あなたのそばで 380 4 2016-07-28 -
12 第28話 嫉妬 338 2 2016-08-31 -
29 第29話 分かり合いたくて 300 0 2016-09-15 -
36 第30話 Dランド:遊乃&葵√その1 342 2 2016-10-06 -
34 第31話 Dランド:遊乃&葵√その2 352 2 2016-10-09 -
13 第32話 Dランド:遊乃&葵√その3 305 2 2016-11-03 -
21 第33話 Dランド:遊乃&葵√その4 353 4 2016-11-08 -
17 第34話 Dランド:伽藍&シロ√その1 271 2 2016-11-25 -
26 第35話 Dランド:伽藍&シロ√その2 256 2 2016-12-06 -
10 第36話 Dランド:伽藍&シロ√その3 257 2 2016-12-14 -
31 第37話 Dランド:翌檜√その1 205 2 2016-12-25 -
28 第38話 Dランド:翌檜√その2  254 2 2017-01-12 -
9 フラワリングタウン広報「アイリス」春号 322 0 2017-01-12 -
29 第39話 フンキー フンキー フンキー 359 3 2017-01-18 -
35 第40話 もりのようかん 291 2 2017-01-25 -
41 第41話 狂植物の叛乱 287 4 2017-02-05 -
34 第42話 桜姫降臨 278 2 2017-02-13 -
25 リンク召喚について ※SSは書き続けます 456 5 2017-02-18 -
33 第43話 Dragula 270 2 2017-02-19 -
26 閑話休題:キャラクター紹介3 305 0 2017-02-23 -
32 第44話 不穏 202 4 2017-03-19 -
32 第45話 BREAK DOWN 231 2 2017-03-21 -
33 第46話 その少女、黒紫の竜と共に有り 287 2 2017-03-23 -
38 第47話 おかえり 271 4 2017-03-26 -
38 第48話 大切な人 274 3 2017-03-29 -
50 第49話 炎 308 4 2017-04-28 -
51 第50話 Find Your Way 280 2 2017-05-17 -
44 第51話 Force Your Way 293 4 2017-06-17 -
36 第52話 四人目の姫 256 2 2017-07-22 -
39 第53話 一寸先は闇 231 4 2017-07-25 -
39 第54話 月夜に咲く姫 211 4 2017-08-22 -
45 第55話 OVERLAP 214 0 2017-09-16 -
35 第56話 幽雅に咲かせ、紫毒の華 228 5 2017-09-21 -
39 第57話 帰る場所 239 4 2017-10-01 -
32 閑話休題:キャラクター紹介4&作者の呟き 305 0 2017-10-01 -
34 第58話 前哨戦(△) 282 5 2017-11-09 -
25 第59話 混沌を制す者(△) 325 2 2017-11-12 -
16 第60話 侵略者の領域 262 4 2018-02-20 -
11 【報告】現状と暗い見通し【更新できねぇ】 163 0 2018-05-31 -