HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組②

遊戯王WW(ワンダーワールド)/七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 作:名無しのゴーレム




スター「……んー、いい朝だね! 晴れてよかったよ!」
プリンセス「そ、そうね……」(結局、本当に抱き枕にされてほとんど眠れなかったわ……)
スター「さて、じゃあワープタイムと行こうか!」
プリンセス「……え? どこか、行く場所のあてでもあるの?」
スター「無いよ! だけど、なんか凄そうな感じがする場所にワープすればいいでしょ!」
プリンセス「……また、適当なことを……」
スター「じゃあしゅっぱーつ!!」
プリンセス「っ、〜〜〜!!」



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



スター「とうっちゃーく!!」
プリンセス「……な、何回経験しても慣れないわね、これ……」
スター「えーと、ここは……森だね」
プリンセス「そもそも人がいるのか怪しいくらいだけど……本当にここにメンバー候補がいるの?」
スター「んー、少なくとも強そうな女の子の感じはしたんだけどなー……」
プリンセス(強そうな女の子の感じって何よ……)



ガサガサ…………



プリンセス「…………?」
スター「……何だろ、熊とか?」
プリンセス「そうだったら洒落にならないわよ……とりあえず、警戒しましょう」



ガサガサガサ…………



プリンセス「近づいて来てるわね……」
スター「……ねー! こっちに出てきなよー!」
プリンセス「!? 馬鹿、本当に出てきたらどうするの……」



ガサガサ…………



???「…………」


プリンセス「…………え?」
スター「わー、まさかこのタイミングで女の子が出てくるとはね……こんにちは! 私はスターって言うんだけど……」
???「…………」
スター「……ありゃ? なんかすごい睨まれてるよ? 私、あなたに何かしたっけ?」
???「…………」
プリンセス「どうするの? この調子じゃ、とても話が通じそうには見えないんだけど……と言うかこの子、本当に人なの……?」
???「…………」


『……ミトラ。それでは人との意思の疎通は出来ないぞ……』


プリンセス「!? 何、これは……」
スター「うわぁ、おっきい鳥さんだねー……あれ、今喋ってなかった?」


『……申し遅れたな。我は神羅、この地に住まう幻獣の一種……とでも言っておこうか』


???→ミトラ「…………こいつら、敵……?」


『……分からない。訪問者たちよ、どうしてここに来たのか、その理由を答えてもらおうか』


プリンセス「え、ええと……」
スター「あのね、今私たちは七夕のデュエル大会のメンバー集めをしてるの! それで、強いデュエリストの気配がしたからここに来たんだけど……もしかして、そこの子だったりしたのかな?」


『……おそらくは。ここに住むヒトはミトラだけだからな』


スター「あ、やっぱりそうなんだ。……ねえミトラ、参加してくれない?」
ミトラ「…………いや」
スター「……えっ」
ミトラ「…………大会には、出ない……」
プリンセス(……まあ、さっきまでの様子からしたらそれほどおかしな反応ではないけれどね……)
スター「そ、それは困るよ! 今日中にメンバーを集めなきゃいけないのに、もう1日1回のワープまで使っちゃったんだよ!? ここで空振りだったら時間のロスとかそんなレベルの話じゃないって!」
プリンセス「……いや、さすがにそれはぶっちゃけすぎじゃない……?」
ミトラ「…………いやなものは、いや……」


『……ミトラ。どうやら、彼女たちに敵意は無いようだ……ひとまず、警戒を解くといい』


ミトラ「…………」
プリンセス「……全然、気が緩んだ感じがしないんだけど……?」


『……ミトラは、幼い頃からこの森で育ったのだ。それ故に、ヒトへの警戒心は我々以上に強い……あまり気にしないで欲しい』


スター「それはいいんだけどさー……でも、このまま帰ったら色々マズイんだよね……はぁ、どうしよっかなー」


『……訪問者たちよ、安心するといい。……ミトラ、その大会に参加するんだ』


ミトラ「え…………? でも、大会にはヒトが…………」


『お前は我々幻獣とヒトを繋ぐ架け橋になってもらいたい……それが我々の総意だ。……分かるな?』


ミトラ「…………分かった。大会に……出る」
スター「え、本当!? やったー、ラッキー!!」
プリンセス(ほとんどあの幻獣……神羅が気を利かせてくれただけじゃない……)


『……さて、ならば彼女たちをこの森から帰さないとならないな。下手に彷徨って神威や暁月に目を付けられるのも面倒だ……ミトラ、彼女たちを近くの町まで案内してやってはくれないか?』


ミトラ「…………うん、分かった……ついて来て」
スター「あ、待ってよー! ……ほら、プリンセスも早く!」
プリンセス「え、ええ……って、なんでこんなに早いのよ!」


『……これで、ミトラのヒト嫌いも少しは直るといいのだが……』






スタスタスタ…………


ミトラ「…………」
スター「ミトラ、歩くの早いってばぁ……」
ミトラ「…………」
プリンセス(……本格的に嫌われてるわね、私たち……)
スター「……もう、そこまでして喋らないんだったら……こうしてやるーっ!!」


ガバッ


ミトラ「!! ……何、してるの……!!」
スター「ふっふーん、抱きつき攻撃だよーっ!」
ミトラ「…………攻撃なら、こっちも反撃……!!」
プリンセス「ま、待ちなさい! 反撃って、絶対危険なのでしょ!? スターも一旦離れなさい、ミトラが嫌がってるでしょうが!」
スター「ええー、だってこうでもしないと口を開いてくれないかなって思ってさー……」
プリンセス「どう考えても逆効果よ! ……ミトラ、ごめんなさいね。スターはいつも考え無しで行動するから……」
ミトラ「…………」


スタスタスタ…………


プリンセス「あ…………もう、あなたが無理矢理抱きつくからよ!?」
スター「うーん、どうにかしてもう少し距離を縮めたいんだけどなぁ……あ、そうだ!」


ミトラ「…………着いた。……それじゃあ、これで……」
スター「ミトラ、待った! ……ねえ、今から一緒に町を回ってみない? ご飯でも食べようよ!」
ミトラ「…………早く、森に帰りたい……」
スター「神羅も言ってたでしょ? ミトラはもっと私たちの生活を知るべきなんだよ! ……ほら、行こ行こ!」
ミトラ「…………ご飯、だけなら……」
スター「うん!」



ミトラ「…………モグモグ」
スター「どう、美味しい?」
ミトラ「…………森のご飯の方が、美味しい……」
スター「え、そうなの? ミトラって、普段何食べてるの?」
ミトラ「……森の中で採った、草とか……」
スター「へぇ、そうなんだ! ……ねえねえ、じゃあこのアイスクリームはどう?」
ミトラ「……パクリ……!! ……冷たい……」
スター「あはは、そりゃアイスだもん! 味はどう?」
ミトラ「……甘い」
スター「だよね! じゃあさ、こっちのケーキも食べない? イチゴが甘くて美味しいよ!」
ミトラ「…………食べる」
プリンセス(……すごいわね。あっという間にあそこまで仲良くなるなんて……でもこんなに大量の料理、3人がかりでも食べられないわよ……?)



スター「…………あー、食べた食べた! それにしても、ミトラっていっぱい食べるんだね!」
ミトラ「…………食べられるときに食べるのは、基本……もう、帰る……」
スター「うん、分かった! じゃあ、また七夕に会おうね!」
ミトラ「…………ん。……また、七夕に……」


プリンセス「……行っちゃったわね」
スター「でも、最後はちょっと笑ってくれてたよね。……ようし、それじゃあメンバー集めを再開しよっか!」



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



スター「お、おお……!!」
プリンセス「何よこれ……飛行機か何かかしら?」
スター「でもさ、こんな町のど真ん中にあっても飛べなくない? 展示とか、アトラクションとかかな?」
プリンセス「……それにしても、どこか不自然な気もするわね……」
スター「うーん……誰かに聞いてみよっか! さーて、どっかに人は……」


???「……あの。良かったら、私が説明しましょうか?」


プリンセス「…………? あなたは……」
???「ああ、私はサキと申します。あなたたちの名前を聞いても?」
スター「私はスター、こっちはプリンセスだよ! サキはこれについて何か知ってるの?」
???→サキ「ええ。何かと言うよりも、すべて知っているのですが……」
スター「そうなの!? じゃあサキ、説明お願い!」
サキ「はい、勿論……」




––––どれくらい前の話でしょうか。『Unknown』……偶然にもこの星の外に存在する生命体を発見したことがすべての始まりでした。あらゆることが謎に包まれた『彼ら』は、この星への侵攻を目論んでいたのです。それを察知した我々人間は、至急『彼ら』への対応を迫られることとなりました……そうして結成されたのが【XD】……『Unknown ’’X’’ Destroyer』なのです。



プリンセス「……随分スケールの大きい話ね。そんなこと、今まで聞いたことがないんだけど……」
サキ「今私がしているのは、少し前までは最高機密でしたから。【XD】とごく一部の関係者以外、誰も知らないんですよ」
スター「…………ん? ねえ、それとこの飛行機に何の関係が……」
サキ「もう少し、話を聞いていただけたら分かると思いますよ。……では、続きをお話しいたしましょうか」



––––【XD】は『彼ら』を迎撃するために、母艦「アヴェンジャー」に乗り込み宇宙へと向かいました。そして長きに渡る『彼ら』との戦いの末……【XD】は、ついに勝利を収めたのです。



スター「すごーい! じゃあ、その宇宙人たちをみんな倒しちゃったってこと?」
サキ「さて、どうでしょうか。【XD】も『彼ら』の完全な殲滅に至ったかどうかは分かりませんから、単に『彼ら』が【XD】を恐れて退却した……ということかもしれません。まあ、どうあれあと数百年は『彼ら』がこの星へ攻めてくることはないでしょう」
プリンセス「……? あなたは、どうしてそれを知っているの? その言い振り、まるで実際にその場にいたように聞こえるんだけど……」
サキ「……ふふ。実は私、【XD】の司令官だったんです」
プリンセス・スター「…………えぇ!?」




サキ「……どうぞ。ここのコーヒーは絶品なんですよ?」
プリンセス「悪いわね、ここまでしてもらって……」
サキ「いえ、私も昔の自慢話を長々と語ってしまったので……これは聞いてくださったお礼のようなものです」
スター「……おいし〜い! このココア、すっごく甘いね!」
サキ「……まあ、子供はココアの方が好きですよね……」
プリンセス「……そうだ。それで、結局あの飛行機は何なのよ?」
サキ「あれが私たち【XD】の母艦、『アヴェンジャー』なんです。戦いが終結して以降はその記念碑みたいになっているので、もう長いことあの状態ですが……今は【XD】も解散して、私はここでのんびりと観光案内の真似事をしているんですよ」
プリンセス「へぇ、そうだったのね……」
サキ「……ところで、あなたたちはどうしてこの町に? 正直に言って、あの輸送機以外に大した観光名所はないと思いますが……もしや、旅の方だったり?」
スター「ううん、そうじゃなくてさ……私たち、デュエル大会のメンバー集めをしてるの!」
サキ「……デュエル大会、ですか?」
スター「うん! それがね……」


サキ「……なるほど。それであなたたちは、チームのメンバー集めをしていた……と」
スター「そーなの! ……そうだ! サキ、あなたもこのお祭りに参加してくれない?」
サキ「え……私が、ですか?」
スター「だって、サキって宇宙船の船長だったんでしょ? なんかデュエルも強そうじゃない?」
サキ「色々と誤解がある気もしますが……でも、私もその大会には興味がありますね。各地からデュエリストが集まるのなら、きっといい出会いも……」
プリンセス「……出会い?」
サキ「……いえ、何でも。とにかく、私でよろしいのであればその役をお引き受けいたしますが……」
スター「やったー! プリンセス、これであと1人だよ!」
プリンセス「そうね……ありがとう、サキ」
サキ「いえいえ、私もたまにはこの町を出ておきたいと思っただけですよ。最近は、どうも物騒な話が多いですから……それについての情報も集められたら幸いですね」
スター「もー、せっかくのお祭りでシリアス展開はやめてよ? 1年に1度の七夕、全力で盛り上げなくちゃ!」
サキ「……はい、分かりました。【XD】の名に懸けて、やるからには必ず勝利を掴んでみせましょう」
スター「うんうん、その調子! ……じゃあ、そろそろ行くね!」
プリンセス「え? もう少しここにいてもいいんじゃ……」
スター「そうは言ってられないよ! 早く最後のメンバーを見つけなきゃ! サキ、それじゃ七夕にまた会おうね!」
サキ「ええ。……私もここで、メンバー集めがうまくいくことを祈っていますから」
スター「ありがと! ……プリンセス、行こっか!」
プリンセス「え、ええ……」(……行くって、一体どこに行くのかしら……?)



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



プリンセス「……それで、町の外に出た訳だけど……ここからどうするの?」
スター「分かんない!」
プリンセス「…………はぁ。どうするの? もうそろそろ日も暮れるし、あまり遠くには行けないわよ?」
スター「むー……よし、最終手段に出よう!」
プリンセス「……最終手段?」






〜〜数時間後〜〜


スター「……あれ、おっかしーなー。誰も来ないよー?」
プリンセス「…………一応、あなたが何してるのかについて説明してもらっても?」
スター「見て分かるでしょー、草っ原で寝転んで誰かが来るのを待ってるんだよー?」
プリンセス「…………いや来るわけないでしょうが!? 誰が好き好んでこんな夜中に出歩いてるのよ!?」
スター「えー、だって今日は雲もないから、絶好の天体観測日和だよー? 私だったら絶対外ではしゃいでるよー?」
プリンセス「そんな物好きあなただけに決まってるじゃない! ……もういいでしょ。今日のところは一旦町に戻って、明日の朝に最後のメンバーを見つけましょう。それこそ、ワープでも使って……」
スター「でもー、明日のワープは戻るために使わないといけないしなー……はぁ、分かったー。うんしょっ、と……帰ろっかー……」
プリンセス「露骨に不機嫌にならないでよ……」



スター「…………あれ? プリンセス、あそこに人がいない?」
プリンセス「そんなはずがないでしょ……? ウソ、本当にいるじゃない……どうしてこんなところに?」
スター「分かんないけど、これはチャンスだよ! ……おーい!」
プリンセス「あ、ちょっと……待ちなさい、スター!!」



???「…………? 今、人の声が聞こえたような……」
スター「……い、おーい!」
???「……どうやら、聞き間違いではなかったようだな……」
スター「……よし、見つけた! ねえあなた、ここで何してるの?」
???「私か? 綺麗な空だったから、今日は町を出て自然の中で星を見ようとしていたのだが……」
スター「おお、やっぱりそうだよね! 夜空の星って綺麗だもんね!」
???「ああ、そうだな。……そういう君も、空を眺めに?」
スター「んーと、私は微妙に違うんだけど……」
プリンセス「…………はぁ、はぁ、はぁ…………スター! いきなり走らないでよ……!」
スター「ゴメンゴメン。……ああ、こっちは私の連れのプリンセス。私はスターって言うんだ。よろしく!」
???「『スター』……星そのものとは、いい名前だな。私はソラだ、よろしく」
スター「へー。あなた、ソラって言うんだ! 星と空って、なんか面白いね!」
???→ソラ「同感だ。運命の巡り合わせ……は、流石に言い過ぎか」
スター「ううん、案外そうかもよ? だって私、七夕の化身だもん!」
ソラ「七夕の……化身?」
スター「えっへん、なんなら崇めてもいいよ!」
プリンセス(なんで急に偉そうになるのよ……)
ソラ「……ハハハ、それなら夜空が好きなのも納得だ。七夕の化身と言うなら、スターは天の川からやって来たのか?」
スター「んー、その辺は私もよく分かんない! でもいつかは行ってみたいよね、天の川! 里帰りって感じで!」
ソラ「……なら、星に願ったらどうだ? あいにく流れ星は見えないが……」
スター「……いや、願いごとをするなら他のことにするかなぁ」
ソラ「? スターの願いごと、聞かせてもらっても?」
スター「うん。あのね、今私たちは七夕のデュエル大会に向けてメンバー集めをしてたの! でもあと1人が見つからなくてさ……」
ソラ「ふむ、デュエル大会……詳しい話を聞きたいな」
スター「オッケー! えっと、この大会はね……」



ソラ「なるほど、男女に分かれてデュエルをする、と……そして、スターがリーダーである織姫組のメンバーが、あと1人見つかっていないということか?」
スター「そーいうこと!」
プリンセス「……ねえ、ソラ。あなたもこの大会に参加してくれない?」
ソラ「? 私が……いいのか?」
プリンセス「構わないわよ、元から大した選り好みなんてしてないし……スターは?」
スター「……もっちろん、ウェルカムだよ! 星好きの人に悪い人はいないからね!」
プリンセス「それは知らないけど……どうかしら?」
ソラ「…………私でいいのであれば、その話、受けさせてもらおうか」
スター「……いいの?」
ソラ「ああ。私としても、そういったお祭りごとは好きだからな。それに……七夕の化身が七夕に開くデュエル大会、面白そうな響きだろう?」
スター「…………やったーー!! プリンセス、無事にメンバーが集まったよ!!」
プリンセス「……まったく、行き当たりばったりもいいところだったけど……それもスターらしい、か」
スター「メンバー集めも終わったことだし、私たちも帰ろっか!」
ソラ「そうするといい。暗くて危ないから、気をつけて帰るんだぞ?」
スター「大丈夫大丈夫! じゃあプリンセス……」
プリンセス「……帰るって、どこに?」
スター「…………ぇ?」
プリンセス「今からさっきの町に戻って宿をとるとでも? ……こんな時間に開いてるところなんてないわよ!」
スター「そ、そんなぁ……どうしようプリンセス!」
プリンセス「私に言われても困るわよ……何にも考えないで寝転がってたスターが悪いんでしょ!」
ソラ「ま、まあまあ……2人とも、落ち着いてくれないか。もし良ければ、私のテントで寝るというのはどうだろうか?」
スター「……テント? ソラ、ここで野宿するつもりだったの?」
ソラ「まあそうだ。時々こうして自然の中で一夜を過ごすのが私の趣味の1つなんだよ」
プリンセス「……女性1人で野宿なんて、随分危険な真似をするのね」
ソラ「心配いらないさ。この辺りの治安はかなりいい方だからな……獣除けさえ怠らなければそう問題はない」
プリンセス「……楽天家ね、あなた」
ソラ「よく言われるよ。……それで、どうかな?」
スター「ソラがいいなら、そうさせてもらうね! ……じゃあさ、一緒に星でも見ながら話そうよ!」
ソラ「……ああ、喜んで」



スター「…………zzz」
プリンセス「……まったく、スターったら……」
ソラ「私がテントまで運んでおくよ。……もう夜も遅い、君も明日に備えて休んだ方がいいんじゃないか?」
プリンセス「……そうさせてもらおうかしら。えっと、ここがテントね……?」
ソラ「……? どうした、何か異常でも?」
プリンセス「……これ、どう考えても3人も寝れないわよね? 2人が精一杯な気がするんだけど……」
ソラ「そのことなら気にしなくてもいい。私は寝袋があるから、外で眠るとしよう」
プリンセス「え……そんなの、なんだか申し訳ないわ。私が寝袋で……」
ソラ「……ハハハ。寝袋で寝たことなんてないんだろう、お姫様?」
プリンセス「…………それは、どういう意味かしら?」
ソラ「言葉の通りさ。……直接見たことこそ無かったが、話には聞いていた。一度も外に姿を見せない、プリンセスというお姫様のことは……実は、私が住む家も君の屋敷の近くにあるんだよ」
プリンセス「……そう、だったの……」
ソラ「……君に会えて嬉しいよ。ずっと気になっていたからな……さあ、もう寝よう。おやすみなさい」
プリンセス「ええ、おやすみ……」







プリンセス(…………もっと早くに屋敷から出ていれば、ソラや他の人たちとも友達になっていたのかしら…………)
スター「…………zzz」
プリンセス(……今からでも遅くはない、かな……)
スター「……ZZZ」
プリンセス「……って、うるさいわねぇ!!」




現在のイイネ数 78
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

MTGからの刺客
投稿お疲れ様です。
ミトラが完全に小動物に(笑)不覚にも萌えました。 (2016-06-21 23:10)
ギガプラント
スターちゃんが可愛い。うん。
女性陣はこれで揃ったわけですね。どんな戦いをするのか見物です。
地味にプリンセスの設定がちらりと。お姫様だけあって箱入りだったのですね。 (2016-06-22 00:08)
Ales(from PC)
サキさん、口調がイメージ通り過ぎてびっくりです!
余分なストーリーもしっかりとしておりましたし、こりはデュエルシーンが楽しみでございます。 (2016-06-22 00:18)
名無しのゴーレム
MTGからの刺客さん、コメントありがとうございます。
ミトラは小動物みたいな可愛さを目指しましたね。元ネタがある分クリムとミトラのキャラにはかなり悩まされたのですが、喜んでいただけて何よりです。 (2016-06-22 06:43)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
(一部の無茶に目を瞑れば)スターは元気が取り柄の明るい子ですからね。可愛くないはずがない。
これで両チームのメンバーが出揃いました。はてさて、どのような組み合わせになるのやら……?
プリンセスの箱入りお嬢様設定は以前にマッハが少しだけ話していたり。屋敷から出ることのなかった彼女が初めて出会ったのがマッハ、ということになりますね。 (2016-06-22 06:47)
名無しのゴーレム
Alesさん、コメントありがとうございます。
そう言ってもらえるとこちらも嬉しいです。設定はいただいたものに勝手に色々付け加えたりしましたが……まあでも大会本編には大して影響ないので問題はないでしょう。
デュエルシーン……早く書かなきゃ (2016-06-22 07:02)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
71 1話 不思議の世界にこんにちは 1997 8 2015-07-20 -
68 2話 メシアの元へ 958 6 2015-07-22 -
62 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 1051 4 2015-07-24 -
39 オリカまとめ1 1043 4 2015-07-25 -
77 4話 救世の女神 851 2 2015-07-27 -
60 5話 未来都市 フォーチュンシティ 857 6 2015-08-11 -
43 6話 幸運な男 839 4 2015-08-12 -
94 7話 推参、正義のヒーロー! 1029 6 2015-08-30 -
101 オリカまとめ2 1071 2 2015-09-03 -
58 8話 運命の賢者 859 6 2015-10-22 -
37 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 936 4 2015-11-02 -
78 オリカまとめ3 926 6 2015-11-30 -
27 10話 水面写しの鏡 713 2 2015-12-06 -
32 11話 白き刃、移ろう水面 955 4 2015-12-09 -
80 12話 試される意志 966 4 2015-12-14 -
136 13話 水面を侵す邪神 1079 10 2016-05-01 -
31 オリカまとめ4 759 0 2016-05-03 -
44 オリカまとめ5 978 0 2016-05-03 -
26 14話 仲違い 755 4 2016-05-06 -
74 七夕記念企画のお知らせ! 1232 14 2016-05-07 -
50 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 881 6 2016-06-11 -
47 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 796 8 2016-06-17 -
86 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 851 10 2016-06-20 -
78 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 848 6 2016-06-21 -
71 七夕記念企画:前夜祭 834 14 2016-06-30 -
35 第1戦:爆風を駆ける獣 1158 16 2016-07-01 -
42 第2戦:真の強さとは 954 14 2016-07-02 -
33 第3戦:舞い踊る武具 813 10 2016-07-03 -
35 第4戦:不滅の決闘 843 15 2016-07-04 -
35 第5戦:信念のデュエル 918 14 2016-07-05 -
45 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 911 13 2016-07-06 -
26 最終戦:その想い、天の川を越えて 918 14 2016-07-07 -
45 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 714 7 2016-07-13 -
100 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 880 10 2016-07-17 -
44 七夕記念企画:フィナーレ 718 8 2016-07-29 -
48 七夕記念企画:感想、その他 949 0 2016-07-31 -
109 15話 娯楽都市アミューズ 1048 8 2016-12-31 -
30 16話 鮮やかなるトリックスター 575 8 2019-03-12 -
77 17話 最速の男 474 2 2019-03-17 -
54 18話 大罪の邪神龍 495 2 2019-03-22 -
30 19話 たった一つの敗因 429 2 2019-03-27 -
54 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 466 2 2019-04-01 -
41 20話 天翔る龍使い 446 4 2019-04-02 -
58 21話 研ぎ澄まされし刃 505 2 2019-04-14 -
50 22話 忍び寄る漆黒 446 2 2019-04-22 -
54 23話 戦乱を望む者 512 2 2019-05-03 -
23 オリカまとめ6 423 2 2019-05-13 -
51 オリカまとめ7 509 2 2019-05-13 -
38 オリカまとめ8 385 0 2019-05-18 -
59 オリカまとめ9 501 2 2019-05-18 -
57 24話 凍てつく世界 496 2 2019-06-19 -
62 25話 時空の賢者 499 4 2019-06-26 -
31 26話 救世を拒む復讐の剣 534 4 2019-06-29 -
60 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 551 4 2019-07-03 -
46 28話 運命の選択肢 445 4 2019-07-07 -
69 29話 雪下の約束 436 4 2019-07-11 -
36 30話 再出発 334 2 2019-07-15 -
48 オリカまとめ10 585 4 2019-07-19 -
42 オリカまとめ11 427 4 2019-07-19 -
44 31話 新たな刺客? 382 4 2019-07-21 -
50 32話 忍びの流儀 534 4 2019-07-24 -
29 33話 雪の国の守護者 339 2 2019-07-28 -
39 34話 鉄壁の守護騎士 395 2 2019-08-01 -
27 35話 妖精の導き 378 2 2019-08-05 -
34 オリカまとめ12 447 4 2019-08-08 -
27 オリカまとめ13 415 2 2019-08-08 -
37 36話 温泉街フィアンマ 396 4 2019-08-11 -
33 37話 傭兵と行商人 351 2 2019-08-15 -
35 38話 時空を越えし英雄 423 2 2019-08-19 -
42 39話 燻る炎 406 2 2019-08-26 -
76 40話 張り巡らされた罠 392 2 2019-09-20 -
52 41話 一瞬の勝機 375 4 2019-09-29 -
28 42話 万物焼き尽くす業火 394 4 2019-10-05 -
26 43話 強者の孤独 402 2 2019-10-23 -
19 オリカまとめ14 287 0 2019-11-13 -
38 オリカまとめ15 360 0 2019-11-13 -
25 44話 幻獣の巫女 365 4 2020-01-09 -
26 45話 王を目指す者 271 2 2020-02-17 -
23 46話 君臨者と反逆者 335 4 2020-03-12 -
10 47話 ヒトガタの幻獣 286 4 2020-04-29 -
13 48話 架け橋 231 2 2020-05-11 -
8 オリカまとめ16 286 0 2020-05-19 -
12 幕間 『仲間』 249 4 2020-07-13 -
15 49話 機械の国インダスト 240 2 2020-07-20 -
11 50話 無双の姫君と反逆の機械 249 4 2020-08-05 -
8 51話 作戦会議 187 2 2020-08-30 -
8 52話 強襲 199 2 2020-09-10 -
7 53話 夢見る怪物 189 2 2020-09-17 -
12 54話 底知れぬ闇 221 4 2020-09-24 -
12 オリカまとめ17&告知 222 0 2020-09-30 -
28 SideFortune:何でも屋ハンディ 325 7 2020-10-03 -
16 Side Fortune:怪人ヴィラン 285 6 2020-10-08 -
16 Side Fortune:ゼロに還す者 274 6 2020-10-15 -
12 オリカまとめ18 179 0 2020-10-17 -
8 オリカまとめ19 171 0 2020-10-17 -
13 オリカまとめ20&あとがき 241 2 2020-10-17 -
8 55話 最強の兵器 172 2 2020-10-22 -
13 56話 造られた理由 190 2 2020-10-28 -
10 57話 君臨する女帝 176 2 2020-11-03 -
2 オリカまとめ21 129 0 2020-11-09 -
16 オリカまとめ22&おまけ 194 0 2020-11-09 -
14 58話 孤独の女王 185 2 2020-11-10 -
10 59話 王女と女王、そして 201 4 2020-11-16 -
23 60話 時を紡ぐ剣 199 2 2020-11-21 -
17 61話 黒き意志 221 2 2020-11-26 -
23 62話 王の進む道 243 4 2020-12-01 -
8 63話 傷の深さ 158 0 2020-12-07 -
19 オリカまとめ23 153 0 2020-12-14 -
3 オリカまとめ24 133 0 2020-12-14 -
9 オリカまとめ25 251 0 2020-12-14 -
8 64話 癒えない傷痕 169 2 2020-12-16 -
14 65話 忍の里 169 0 2020-12-21 -
7 66話 契約 163 2 2020-12-27 -
7 67話 生きる覚悟 149 2 2021-01-02 -
12 68話 影に潜む者たち 154 0 2021-01-08 -
7 69話 正反対の2人 173 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 107 0 2021-01-21 -
7 70話 力と覚悟 147 0 2021-01-28 -
4 71話 魂を喰らう外道 136 0 2021-02-04 -
4 SideFortune:警備隊セキュリィ 187 2 2021-02-21 -
11 オリカまとめ26&今後の予定 231 0 2021-02-26 -
7 SideAmuse:静夜を照らす星 191 6 2021-03-12 -
8 SideAmuse:火花舞う戦場 146 0 2021-03-23 -
11 SideAmuse:守るべきもの 182 4 2021-03-31 -
8 SideAmuse:がらんどうの2人 107 2 2021-04-13 -
10 オリカまとめ27 145 2 2021-04-20 -
4 オリカまとめ28 92 0 2021-04-20 -
11 オリカまとめ29&あとがき 196 2 2021-04-20 -
5 72話 折り重ねる力 90 0 2021-08-11 -
8 73話 鋼の牙 151 0 2021-08-18 -
5 74話 生の価値、死の意味 103 0 2021-08-30 -
2 75話 終焉の始まり 56 0 2021-10-23 -

更新情報 - NEW -