HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組①

遊戯王WW(ワンダーワールド)/七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 作:名無しのゴーレム


プリンセス「……で、あなたにはメンバーのあてはあるの?」
スター「無いよ!」
プリンセス「…………え? あなた、それ本気で言ってるの……?」
スター「大丈夫大丈夫! とりあえず1人は候補がいるから、まずはその人に会いに行こう! 残りは……その後で考えるから!」
プリンセス「…………本当に、大丈夫なんでしょうね……?」
スター「細かいことは気にしないでいこうよ! ……ってなわけで、さっそくメンバー候補のいる町へレッツゴー!」
プリンセス「へ? きゃ、きゃあぁぁぁ!!」



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



スター「ようっし、とうちゃーく!」
プリンセス「はぁ、はぁ……何よ、今のは……」
スター「ん? ちょっくら目的地までワープしたんだけど?」
プリンセス「……何でもありなのね、あなたって……」
スター「『まだ』そーでもないよ。今はワープだって1日1回が限度だからね」
プリンセス(いや、ワープ出来るだけでも十分だと思うんだけど……)「……ところで、ここはどこなの? 見たことのない町ね……」
スター「えっとねー。ここは『ミネルバ』って言って、結構デュエルが盛んなところなんだ! 」
プリンセス「へぇ……確かに、ここなら強いデュエリストも見つかりやすそうね」
スター「それでね、私が探しているのはここでトップクラスの実力を持つ女の人なの! 噂でしか聞いたことないから、どんな人なのかはよく分からないんだけど……」
プリンセス「……まあ、有名人なんだったらここの人たちに聞いて回ればいいんじゃないの?」
スター「そうだね! よーっし……すみませーん! ちょっと聞きたいことがあるんですけどー!」
チンピラ「……ン? なんだァ、お前ら……見たことねぇツラだな、観光か?」
スター「ちょっと違うけど、そんな感じかな! それでね、この町で……」
チンピラ「おいテメェら! 痛い目見たくなかったら金目のモン全部出しな! さもなきゃあ……出て来な!」


ワラワラ……


プリンセス「……!」(もしかして……こいつの仲間? 見たところ10人以上はいそうね……)
スター「……強盗、って言うよりも恐喝かな。まったく、私たちも暇じゃないのに……」
チンピラ「ガタガタ言ってんじゃねえ! いいからとっとと……」


???「待ちなさい! 女性相手に集団で襲いかかるなんて真似、私が許さないわよ!」


チンピラ「!? この声、まさか……!!」
プリンセス「…………?」
???「本当は全員まとめて切り捨てるところだけど……今すぐにここを立ち去るなら、見逃してあげるわよ?」
チンピラ「っ!! お、覚えてやがれ〜〜!!」

???「……ふぅ。あなたたち、怪我はない?」
プリンセス「え、えぇ……ありがとう、助かったわ」
???「いいわ、気にしないで。この町も最近は治安が悪くなってきたのよ……観光もいいけど、次からは気をつけてね?」
スター「……あ、そうだ! ねえあなた、ここで凄く強い女の人がいるって聞いて来たんだけど、何か知らない?」
???「凄く強い、女の人……? それだけじゃよく分からないわね。もう少し情報はないの?」
スター「ええと……その人はいつも剣を持ってて……あと、とても正義感が強くてよく町をパトロールしてるって聞いたわ!」
???「剣を持っていて、よく町をパトロールしている……」
プリンセス「……あら? よく見たら、あなたも剣を持っているんじゃあ……」
???「……それ、もしかして私かも」
スター「えぇ〜!? それ本当!?」
???「その条件に当てはまる人なんてそうそういないと思うし……まあ、とりあえず話を聞かせてもらえないかしら?」
スター「……そうね。実は私、七夕に男女対抗のデュエル大会を開く予定なの! それで、あなたに参加してもらいたいなって思ったんだけど……どうかな?」
???「デュエル大会……それも、団体戦式の大会ってことかしら。確かに、面白そうね。……それに、デュエルの腕を磨くいい機会になりそうだわ」
スター「よーし、じゃあ参加決定ってことで……」
???「それはちょっと待ってくれない? ……勧誘するからには、あなたたちも相応の実力があるってことと考えてもいいのよね? なら、今この場でそれを確かめさせてもらえない?」
プリンセス「確かめるって……デュエルするってこと?」
???「その通り。開催者が弱かったら大会のレベルもたかが知れてるでしょう? だから……」
スター「……なるほど、一理あるね。それじゃあ……プリンセス、デュエル任せた!」
プリンセス「…………何で!?」
スター「だってさー、ここで私がデュエルすると何か私の大物感が薄れちゃうじゃない? それに大会本番じゃデュエルの機会ないんだし、ここでデュエルしといた方が良くない?」
プリンセス「…………はぁ。分かったわよ、デュエルすればいいんでしょ……」
???「相談は終わったかしら? あまりのんびりしてるのも性に合わないから、出来れば早くして欲しいんだけど……」
プリンセス「……私がデュエルするわ」
???「そう。それじゃ、さっそく……」



プリンセス・???「「デュエル!!」」



プリンセス「くっ……」
???「…………私の勝ちね。けど、いいデュエルだったわ」
プリンセス(……何も、出来なかった……こいつ、どれだけ強いのよ……!!)
スター「なら、お祭りに参加してくれる?」
???「……ええ。楽しみにしているわ」
スター「やったー!! これで1人目のメンバー決定だよ!」
???「……そう言えば、まだ名乗ってなかったわね。私はフローラよ。あなたたちは?」
スター「私はスター! こっちはプリンセスよ!」
???→フローラ「スターに、プリンセスね……あ。ごめんなさい、そろそろ用事が……」
プリンセス「……それなら、私たちももう行くわ。まだメンバー集めも始まったばかりだし……」
フローラ「そう。上手くいくことを願っているわね。……じゃあ、七夕にまた会いましょう」
スター「うん! バイバ〜イ!」
プリンセス「さようなら……」(……1人目のはずだけど、かなり疲れたわ……)



???「…………」



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



プリンセス「……ねえスター。私、思ったんだけれど……」
スター「ん? なになに〜?」
プリンセス「残りのメンバーもこの町で集めればいいんじゃないの? ここなら強いデュエリストは探し放題でしょう?」
スター「んー……それはいいと思うけど、良くてあと1人くらいかな。やっぱり色んなところにいる人を集めた方が面白いと思うんだよね〜」
プリンセス「……そう。あなたがそう言うなら、別に構わないけど……」




「「「ぎゃああぁぁぁ!!!」」」




プリンセス・スター「「!?」」
プリンセス「今のって……悲鳴よね?」
スター「もう、どれだけ治安が悪いのさここは!! ……プリンセス、とりあえず行ってみよう!」
プリンセス「……え? ちょっと、見に行くの!?」



???「……さて、大勢は決しましたが……何か言い残すことはありますか?」
チンピラ「ま、待ってくれぇ!! 頼む、命だけは!!」
???「……ハァ、呆れたものなのです。自分たちのしてきたことも忘れて……ならあなたたちは、今までにそうやって泣きついてきた相手を見逃してきたのですか?」
チンピラ「も、もうあんなことはしねぇよ!! だから……!!」
???「口だけなら何とでも言えるのですよ。……もういいのです、トドメを……」

スター「ちょっと待ったぁぁ!!」
プリンセス「…………えぇ!?」

???「……? あなたたちは……先ほどのの被害者さんたちなのですか?」
プリンセス「え……まさか、さっきのを見ていたの?」
???「そうなのですよ。……まったく、この町の奴らは甘いのです。ここまで害悪をのさばらせておく理由が、私には分からないのですよ」
プリンセス「……それで、そいつらをどうするつもりなの?」
???「決まっているのです。……今ここで始末するのです。人目につく場所での処刑……まあ、言うなれば見せしめというやつなのですよ。馬鹿なならず者どもを最も効率良く抑えつける方法は、絶対的な力を見せつけることなのです。……人も増えてきたようなので、そろそろ『処刑』を始めるのですよ」
チンピラ「や、やめてくれぇ……」
スター「…………ダメ!! 今、私の目の前でそんなことするのは絶対に許さないからね!!」
???「……それはどうしてなのですか? あなたたちも被害者のはず、みすみす新たな被害が生まれるのを許すとでも?」
スター「そういう問題じゃないの! ……そんなシリアスな展開をやられたら、ここから先のお祭りにも影響が出るじゃない! ……ほら、あんたたちも早くどっか行きなさい!!」
チンピラ「…………ひ、ひぇぇぇ!!」


スター「……よし、鬱展開阻止成功!」
???「……あなたは、自分のしたことが分かっているのですか!? 彼らが再び誰かを襲ったりすれば……」
スター「その時はその時だよ! ……とにかく、私はお祭りの明るいムードを守るのが最優先だから!」
???「先ほどから、訳の分からないことばかり……!! あなたたち、一体何者なのですか!!」
プリンセス「いや、それはこっちからも聞きたいんだけど……」
スター「……よし! 立ち話もなんだから、一旦どこかのお店に入ろう! あなたもそれでいいよね!」
???「え? ……まあ、構わないのです……」
スター「オッケー! さーてっ、美味しそうなカフェとかないかなぁ……」
プリンセス(……もしかして、お腹が減ってただけなんじゃあ……?)



???「…………ハムハム」
スター「モグモグモグ……美味しい!! ほら、プリンセスも食べなよ!」
プリンセス「…………」(……何なの、この状況は……?)
???「……そう言えば、まだ自己紹介をしていなかったのです。私はクリム、世界を回る旅人……のようなものなのです。あなたたちは?」
スター「あ、私はスターって言うの。こっちはプリンセス、よろしくね!」
???→クリム「……それで、話の続きなのですが。彼らを逃した時に言っていた『祭り』とは、一体何なのですか? ……パクリ」

プリンセス(よくパフェを食べながらあんなに冷静に話が出来るわね……)

スター「ふっふーん。それはね、私が主催する『織姫vs彦星、七夕血戦七番勝負!!』って名前のデュエル大会なんだけど……モグモグ」
クリム「……何なのですか? そのバカっぽい名前は……パクリ」
スター「バカっぽいって何よー!! ……まあとにかく、彦星組と織姫組、それぞれ7人ずつに分かれて対抗試合をするの! それで、私とプリンセスは織姫組のメンバー集めの真っ最中だったってわけ!」
クリム「デュエル大会の、メンバー集め……なるほどなのです。だから強いデュエリストを探しに、ここまで来たのですか?」
スター「そうそう、そんな感じ! ……そう言えばさ、さっきチンピラたちを追い詰めてたけど、あなたもデュエル強かったりするの?」
クリム「……少なくとも、そこら辺の平和ボケした連中よりはずっと強いのですよ」
プリンセス「……自信家なのね」
クリム「事実を述べているだけなのです」
スター「じゃあさ、何であんな風にあいつらをボッコボコにしてたの? 私たちが止めてなかったら、本当にトドメを刺しちゃいそうな勢いだったけど……」
クリム「……あれは、一種のパフォーマンスみたいなものなのですよ。私だって、本当にそこまでするつもりはなかったのです。ただ見せしめとして、気絶するくらいには痛め付ける予定でしたが……パクパク」

プリンセス(……いや、だからパフェを食べながら淡々と語る内容じゃないでしょうに……)

スター「ふーん……ねえクリム。七夕のお祭り、あなたも参加してくれない?」
クリム「? ……私が、なのですか?」
スター「うん! 最初はどうかなぁって思ってたけど、なんか話したら面白そうだし!」
クリム「…………ええ、いいのですよ。世界中のデュエリストとの繋がりが持てるのなら、今後の活動に役立つと思いますから」
スター「本当!? やったー!!」
クリム「……しかし、私が加えるからには敗北は許されないのですよ。精々私の足を引っ張らないようにしてほしいのです」
スター「もちろん! ……ふっふふーん♪ フローラに続いて、順調にメンバーが集まってきて嬉しいな♪」
クリム「? 彼女……フローラも参加するのですか?」
スター「そーだよー!」
クリム「…………そうなのですか。彼女が……」
プリンセス「…………? フローラと何かあったの?」
クリム「……いいえ、何も。それでは、七夕に大会の会場に向かえばいいのですか?」
スター「うん! ……じゃあプリンセス、早く次の町に行こう! 今日中にもう1人はメンバーを決めとかないと!」
プリンセス「え、ええ……えっと、じゃあ七夕に会いましょうね、クリム」
クリム「はい。……楽しみにしているのですよ」



〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜 〜



プリンセス「……もうすぐ日が暮れそうね。ねえ、そろそろ宿を探した方が……」


……ポツ、ポツリ……



プリンセス「? これって……雨?」
スター「え、雨!? ……にゅむ〜〜……」
プリンセス「ええ!? 何よ、どうしていきなり脱力し始めたのよ!」
スター「だぁってぇ〜……私、七夕の化身だからぁ〜、雨は天敵なのぉ〜……」
プリンセス(い、意味が分からない……)「……でも、ここで倒れても仕方ないじゃ無い。とにかく、雨宿りできる場所でも探さないと……」
スター「にゅぉ〜〜……」
プリンセス「……それは何の返事なのよ……」


プリンセス「……とりあえず、雨宿りできそうな場所は見つけたけど……」
スター「ぐむにゅ〜〜……」
プリンセス(どんどん悪化していってる……!)「……ねえ、スター。ここに入ってみる? 見たところ、鍵は開いてるんだけど……」
スター「ぎゅむ〜〜……入ろぉ〜……」
プリンセス「そ、そう……分かったわ。どうせこんな状態のあなたを連れて何処かには行けないし、なら……行くしか、ないわね……」(……どう見てもボロボロだけど、幽霊とかいないわよね……?)


ギィィィ…………


プリンセス「…………やっぱり、誰も居ないのね……」
スター「……ふぅ、ちょっとはマシになったかな〜……」
プリンセス「あなたの身体の仕組みが全く分からないわ……さて、これからどうしましょうか。しばらく止みそうにないし、最悪ここに泊まるなんて……」


ガタッ!!


プリンセス・スター「「!?」」
プリンセス「……い、今の音は……!?」
スター「……もしかして、お化けとか?」
プリンセス「や、やめてよ! いくらここが幽霊屋敷みたいだからって、そんなことあるはずが……」


ガタッ、ガタッ……


プリンセス「…………聞き間違い、そう、聞き間違いよ! こんなどう見ても人が住んでる訳がないところに、誰かいるなんてあり得ないじゃない!」
スター「プリンセス、一旦落ち着こうよ……大丈夫大丈夫、お化け相手だって私が何とかするからさ」
プリンセス「……今まで幽霊に会ったことは?」
スター「……無い、けどさ……」





(…………なぁ……誰なん?)





プリンセス・スター「「!!??」」
プリンセス「…………い、今のって……?」
スター「……声がしたよね。でも、頭の中に直接話しかけてるみたいな……」
プリンセス「テ、テレパシーってこと?」
スター「……それって、やっぱり……」




(…………無視しやんといてぇな。……もう、こっちから行くで?)




プリンセス「…………こっちから行くって、どういう意味なの……?」
スター「いや、言葉通りの意味じゃない? ……ってことは……」



コツン、コツン、コツン…………



スター「……!! プリンセス、あそこ!!」
プリンセス「え…………!?」



???「…………」



プリンセス「……ゆ、幽霊……しかも、子供の……!!」
スター「……いやー、まさか本当に出ちゃうとはね〜……」

???「…………」(……失礼やなぁ。ウチはちゃんと生きてるで? ほら、足とか透けてへんやろ?)

プリンセス「あ、本当……」
スター「……じゃあ、あなたは幽霊じゃないの?」
???「…………」(もう、最初っからそう言ってるやんか。……それで、お姉さんたちはなんでここにおるん?)
スター「あー……実は、雨宿りしようとしたらたまたまここを見つけたんだ。勝手に入っちゃってゴメンね?」
???「…………フルフル」(別にええよ。普段から人が寄り付かんから鍵も掛けてないんやし……それに、久々のお客さんやからね。ゆっくりしていってな〜)
プリンセス(…………な、なんか軽くない?)
スター「うん、じゃあお構いなく! ……ほら、プリンセスも突っ立ってないでさ!」
プリンセス「……え? あ、うん……」



???「…………」(ごめんなぁ、大したおもてなしもできんくて)
スター「ううん、大丈夫! ……私はスターって言うの、あなたの名前は?」
???「…………」(ウチ? ウチはプリカって言うんよ。……そっちのお姉さんは?)
プリンセス「わ、私? ……プリンセスよ」
???→プリカ「…………」(スターに、プリンセス……いい名前やね。それにしても、2人はなんでこんなところに来たん? この辺りって何にもないやろ?)
スター「あのね、それは……」


プリカ「…………」(デュエルの、お祭り……そのメンバー集めをしてる最中やったん?)
スター「そうなの! でも、次の町に行く途中に雨が降って来ちゃってさー……」
プリカ「…………」(……なあ、そのメンバーってまだ全員は決まってないんよな?)
プリンセス「……ええ。だから、明日中には残りの4人を見つけたいんだけれど……」
プリカ「…………モジモジ」(……えっとな、その……出来たらでええんやけど、ウチもそのお祭りに参加させてもらえへんかな? ウチ、ずっと1人でここに居るからヒマなんよ……)
スター「……もちろん! 大歓迎だよ!」
プリカ「…………!」(……ホントなん!? 嬉しいわぁ、お祭りなんていつ以来なんやろうなぁ〜……)
プリンセス「……あなた、ずっとここに居るの? 1人で?」
プリカ「…………」(うん、そうやで。あんまり町には出えへんなぁ……)
プリンセス「……そう。それは、確かに退屈よね……」
スター「……プリンセス?」
プリンセス「……ううん、何でもないわ。じゃあ改めて、これからどうしましょうか……」
プリカ「…………?」(これからって、今日はここに泊まるんやろ?)
プリンセス「…………ぇ」
スター「あ、いいの? よかった〜、この感じじゃあ朝までずっと雨みたいだからね〜」
プリカ「…………」(食事は今から用意するとして、ベッドはウチの使ってるので3人で寝よっか。1人やと大きかったくらいやし、まあ何とかなるやろ♪)
プリンセス「いや、ちょっ……」
スター「そうだ、真ん中をプリンセスにして私たちがプリンセスに抱きつけばいいんだよ!」
プリカ「…………!」(なるほど、それならベッドから落ちる心配もないもんな!)
プリンセス「え、だから……」






プリンセス(…………助けて、マッハ、ユージ!! このままじゃ私、抱き枕にされちゃう!!)




現在のイイネ数 45
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
おお!プリカの関西弁が超自然!遭遇シーンも提示したものを膨らませた感じになっていて良かったです。それにしても雨が弱点のスター…お前はアンパ〇マンか!? (2016-06-18 06:20)
風鼠
まさか、私のキャラが一番最初だとは…
内容も以前提示しました内容を膨らました感じに…。
てか、プリンセスさん今の所、負け続けてる気が…おや誰かが来たようだ。
それとクリムとなんならの関係がありそうな雰囲気?
スターはきっと雨がふると願い事を書いた短冊が濡れるから力がぬけるんだよね(適当
プリンセスさんの抱き枕…いいね。 (2016-06-18 08:30)
ギガプラント
ライトロードの女の子の石像とか立ってそうな街ですね。
中々に強そうな雰囲気の女性陣が揃いつつありますね。プリカちゃんの何とも言えない不思議な雰囲気が素敵です。
プリンセス抱き枕…字面だけ見るとすごく高級品っぽい…。 (2016-06-18 12:43)
イベリコ豚丼
女の子だけでキャッキャウフフとならないのが遊戯王。
女性陣もキャラが濃い。
スター、そこ代われ。
いや混ぜろ。 (2016-06-18 15:30)
名無しのゴーレム
ター坊さん、コメントありがとうございます。
そう言っていただけて本当に安心しました。関西弁自体はすんなりと出てくるんですが、プリカっぽい感じに仕上げるためにいくらか表現を変えたりもしてみました。なんとなく京都っぽい穏やかな感じに。
雨が降ると星が見えなくなるからね、七夕の化身のスターちゃんも弱っちゃうんですよ。まあ七夕本番の彼女はそれを上回る力なんですが…… (2016-06-18 22:19)
名無しのゴーレム
風鼠さん、コメントありがとうございます。
全体の流れを考えるとフローラは一番最初かなぁ……と構想当初から決めていました。他のキャラクターはまったく決まってなかったので、投稿に時間がかかってしまったんです……
現在のプリンセスの戦績は2戦2敗。そして戦った相手はどちらも風鼠さんのオリカカテゴリ……偶然なんですけどね。フローラとクリムの関係は……機会があればどこかで軽く明かしたいところではあります。
けど七夕当日のスターの力は神様クラス、だからあの世界では七夕当日は絶対に晴れるんです。天候すら操ってしまう彼女にユージは勝てるのか……? (2016-06-18 22:30)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
確かにそうですね(笑)。戦いの女神の像としてあってもおかしくなさそうです。
強者オーラが漂うフローラとクリム、そして不思議な感じのプリカ……彼女たちに彦星組がどう戦っていくかをお楽しみに!
ちっこいスターとプリカ、そして女性の平均身長くらいはあるプリンセス……ほら、抱き枕にするしかないじゃないですか(意味不明)。 (2016-06-18 22:37)
名無しのゴーレム
イベリコ豚丼さん、コメントありがとうございます。
女性が2人揃ったら? デュエルするに決まってるだろ! みたいな世界でそんな展開が望めるとは到底思えませんよね……
彦星組とは別ベクトルでキャラが濃い織姫組。彼らが出会ったとき、どんな化学反応が起きてしまうのやら。
私だってプリンセスと代わってほしいですよ。そうすれば女の子二人に挟まれて……あれ、空から隕石g(ここで文字が途切れている) (2016-06-18 22:44)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
70 1話 不思議の世界にこんにちは 1934 8 2015-07-20 -
67 2話 メシアの元へ 940 6 2015-07-22 -
59 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 1018 4 2015-07-24 -
38 オリカまとめ1 1016 4 2015-07-25 -
75 4話 救世の女神 834 2 2015-07-27 -
58 5話 未来都市 フォーチュンシティ 830 6 2015-08-11 -
42 6話 幸運な男 818 4 2015-08-12 -
93 7話 推参、正義のヒーロー! 1003 6 2015-08-30 -
99 オリカまとめ2 1047 2 2015-09-03 -
54 8話 運命の賢者 835 6 2015-10-22 -
36 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 912 4 2015-11-02 -
78 オリカまとめ3 904 6 2015-11-30 -
26 10話 水面写しの鏡 698 2 2015-12-06 -
28 11話 白き刃、移ろう水面 927 4 2015-12-09 -
77 12話 試される意志 941 4 2015-12-14 -
133 13話 水面を侵す邪神 1054 10 2016-05-01 -
29 オリカまとめ4 736 0 2016-05-03 -
43 オリカまとめ5 962 0 2016-05-03 -
24 14話 仲違い 732 4 2016-05-06 -
73 七夕記念企画のお知らせ! 1206 14 2016-05-07 -
48 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 856 6 2016-06-11 -
45 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 767 8 2016-06-17 -
85 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 821 10 2016-06-20 -
76 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 818 6 2016-06-21 -
69 七夕記念企画:前夜祭 805 14 2016-06-30 -
34 第1戦:爆風を駆ける獣 1056 16 2016-07-01 -
40 第2戦:真の強さとは 918 14 2016-07-02 -
31 第3戦:舞い踊る武具 784 10 2016-07-03 -
34 第4戦:不滅の決闘 812 15 2016-07-04 -
35 第5戦:信念のデュエル 888 14 2016-07-05 -
44 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 883 13 2016-07-06 -
25 最終戦:その想い、天の川を越えて 888 14 2016-07-07 -
44 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 683 7 2016-07-13 -
99 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 852 10 2016-07-17 -
41 七夕記念企画:フィナーレ 690 8 2016-07-29 -
47 七夕記念企画:感想、その他 920 0 2016-07-31 -
108 15話 娯楽都市アミューズ 1021 8 2016-12-31 -
29 16話 鮮やかなるトリックスター 552 8 2019-03-12 -
75 17話 最速の男 452 2 2019-03-17 -
53 18話 大罪の邪神龍 464 2 2019-03-22 -
29 19話 たった一つの敗因 402 2 2019-03-27 -
50 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 441 2 2019-04-01 -
40 20話 天翔る龍使い 422 4 2019-04-02 -
56 21話 研ぎ澄まされし刃 483 2 2019-04-14 -
48 22話 忍び寄る漆黒 416 2 2019-04-22 -
53 23話 戦乱を望む者 484 2 2019-05-03 -
23 オリカまとめ6 399 2 2019-05-13 -
50 オリカまとめ7 481 2 2019-05-13 -
37 オリカまとめ8 363 0 2019-05-18 -
57 オリカまとめ9 481 2 2019-05-18 -
55 24話 凍てつく世界 470 2 2019-06-19 -
61 25話 時空の賢者 472 4 2019-06-26 -
30 26話 救世を拒む復讐の剣 505 4 2019-06-29 -
59 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 525 4 2019-07-03 -
44 28話 運命の選択肢 419 4 2019-07-07 -
68 29話 雪下の約束 410 4 2019-07-11 -
36 30話 再出発 317 2 2019-07-15 -
47 オリカまとめ10 552 4 2019-07-19 -
41 オリカまとめ11 397 4 2019-07-19 -
43 31話 新たな刺客? 367 4 2019-07-21 -
48 32話 忍びの流儀 509 4 2019-07-24 -
27 33話 雪の国の守護者 309 2 2019-07-28 -
38 34話 鉄壁の守護騎士 368 2 2019-08-01 -
25 35話 妖精の導き 353 2 2019-08-05 -
33 オリカまとめ12 421 4 2019-08-08 -
26 オリカまとめ13 385 2 2019-08-08 -
36 36話 温泉街フィアンマ 375 4 2019-08-11 -
33 37話 傭兵と行商人 330 2 2019-08-15 -
34 38話 時空を越えし英雄 397 2 2019-08-19 -
40 39話 燻る炎 380 2 2019-08-26 -
72 40話 張り巡らされた罠 365 2 2019-09-20 -
50 41話 一瞬の勝機 351 4 2019-09-29 -
27 42話 万物焼き尽くす業火 371 4 2019-10-05 -
26 43話 強者の孤独 377 2 2019-10-23 -
18 オリカまとめ14 268 0 2019-11-13 -
37 オリカまとめ15 337 0 2019-11-13 -
25 44話 幻獣の巫女 340 4 2020-01-09 -
24 45話 王を目指す者 245 2 2020-02-17 -
20 46話 君臨者と反逆者 305 4 2020-03-12 -
9 47話 ヒトガタの幻獣 258 4 2020-04-29 -
13 48話 架け橋 208 2 2020-05-11 -
7 オリカまとめ16 267 0 2020-05-19 -
12 幕間 『仲間』 223 4 2020-07-13 -
15 49話 機械の国インダスト 205 2 2020-07-20 -
10 50話 無双の姫君と反逆の機械 227 4 2020-08-05 -
7 51話 作戦会議 164 2 2020-08-30 -
7 52話 強襲 178 2 2020-09-10 -
6 53話 夢見る怪物 165 2 2020-09-17 -
11 54話 底知れぬ闇 202 4 2020-09-24 -
12 オリカまとめ17&告知 205 0 2020-09-30 -
27 SideFortune:何でも屋ハンディ 294 7 2020-10-03 -
15 Side Fortune:怪人ヴィラン 265 6 2020-10-08 -
16 Side Fortune:ゼロに還す者 248 6 2020-10-15 -
11 オリカまとめ18 158 0 2020-10-17 -
8 オリカまとめ19 154 0 2020-10-17 -
11 オリカまとめ20&あとがき 209 2 2020-10-17 -
7 55話 最強の兵器 148 2 2020-10-22 -
12 56話 造られた理由 166 2 2020-10-28 -
8 57話 君臨する女帝 151 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 108 0 2020-11-09 -
15 オリカまとめ22&おまけ 170 0 2020-11-09 -
13 58話 孤独の女王 158 2 2020-11-10 -
9 59話 王女と女王、そして 176 4 2020-11-16 -
21 60話 時を紡ぐ剣 174 2 2020-11-21 -
16 61話 黒き意志 193 2 2020-11-26 -
21 62話 王の進む道 219 4 2020-12-01 -
7 63話 傷の深さ 136 0 2020-12-07 -
18 オリカまとめ23 130 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 115 0 2020-12-14 -
8 オリカまとめ25 225 0 2020-12-14 -
7 64話 癒えない傷痕 145 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 142 0 2020-12-21 -
5 66話 契約 133 2 2020-12-27 -
5 67話 生きる覚悟 125 2 2021-01-02 -
10 68話 影に潜む者たち 128 0 2021-01-08 -
6 69話 正反対の2人 145 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 93 0 2021-01-21 -
5 70話 力と覚悟 119 0 2021-01-28 -
3 71話 魂を喰らう外道 121 0 2021-02-04 -
3 SideFortune:警備隊セキュリィ 166 2 2021-02-21 -
10 オリカまとめ26&今後の予定 207 0 2021-02-26 -
6 SideAmuse:静夜を照らす星 172 6 2021-03-12 -
7 SideAmuse:火花舞う戦場 128 0 2021-03-23 -
10 SideAmuse:守るべきもの 163 4 2021-03-31 -
5 SideAmuse:がらんどうの2人 90 2 2021-04-13 -
8 オリカまとめ27 107 2 2021-04-20 -
2 オリカまとめ28 73 0 2021-04-20 -
10 オリカまとめ29&あとがき 160 2 2021-04-20 -
3 72話 折り重ねる力 55 0 2021-08-11 -
6 73話 鋼の牙 116 0 2021-08-18 -
3 74話 生の価値、死の意味 68 0 2021-08-30 -

更新情報 - NEW -