HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 12話 試される意志

遊戯王WW(ワンダーワールド)/12話 試される意志 作:名無しのゴーレム


「ハァ、ハァ、ハァ……」


どれくらい、走っているのだろうか……元から体力に自信があるわけでもない僕の足は限界を迎えようとしていた。


「……よし、ここまで来れば。」
「まだ森を抜けてはいないでしょ。……でも、一旦速度を落としましょう。ユージ、大丈夫?」
「ハァ、ハァ……はい、なんとか……」


それにしても、どうして2人ともそれほど疲れた様子を見せないんだ……?


「……よし。じゃあちょっと先を見てくる。罠みたいなのがあったら大変だからな。」
「そんなこと言って、マッハが罠にかからないでよ?」
「心配すんなって!」


……行ってしまった。


「……あの、プリンセスさん。」
「? ユージ、どうかした?」
「どうして、水鏡さんを置いてきたんですか? あの人ーー鋼さんでしたっけーーが言ってたように、危険だったんですよね? それじゃあ……」


……こんなことを言いたくはないけれど、まるで見捨てたみたいじゃないか。


「……私だって、したくてこうやって動いてるんじゃない。けどね、私は水鏡がすべての真実を悟った上でああしたと思うの。……もちろん、なんの確証もないんだけど。だからあの時は、彼の言うことに従った。」
「……そうだったんですか。」


……それでも、水鏡さんのことが気になる。


『あなたが心配しても無駄よ。今のあなたでは力不足、力が無ければ何も出来ない。』
「……なら、どうすれば強くなれるんだよ。」
『決まってるでしょう。その力を、私の力を使いこなしなさい。まさか、さっきの闘いですべてを理解したなんて言いはしないわよね。』
「……仕方ないだろ。あれはここに来て初めてのデュエルで、しかも……」
『言い訳をして敵に勝てるのなら何の問題もないでしょうね。』
「…………」
『あなたに足りないもの、それは経験よ。だからあなたはこれからこの世界を知るの。ここがどういうところか、あなたが何をすべきなのかを、あなた自身が考えるの。そう、水面写しの鏡にも言って見せたのよね。』


……そうだ。僕はあの鏡の中で、世界を知りたいと言ったんだ。いつか自分が、本当の覚悟を持てるようになるために……


「…………」
「……私はユージが何を話しているか分からない。けれど、その表情を見れば何を思っているかくらいは分かるわ。……大丈夫、これから強くなっていけばいいのよ。」
「……ありがとうございます。」



「それにしてもマッハ、遅いわね。」
「もしかして、何かあったんじゃ……」
「……それも否定し切れないか。少し急ぎましょう。」
「はい!」


マッハの進んでいった道を追っていくと、やがてある人影が見えた。というか、あれって……


「マッハ!?」
「ユージ、プリンセス!? おい、こっちに来るな!」


マッハが慌ててそう言う。……糸みたいなものに絡め取られながら。


「……まったく、何やってるのよ。」
「突然絡みついてきたんだよ! とにかく、早くここから……」




「……ウフフ、もう遅ぉい。」
「え? ……きゃあっ!?」
「プリンセスさん! ……うわっ!?」


まさにマッハが言ったように、突如現れた白い糸のようなものが僕たちに襲いかかった。


「くう、っ……駄目、動けない!」
「当たり前でしょう? そういう風にしたのだから。」


マッハと同じように両手両足を拘束されたプリンセスさんのもとに、1人の女性が姿を見せた。


「あ、あなたは!?」
「私はカーミラ。『彼』の命令でここに待機していたのだけどぉ……まさか、本当に獲物がかかるなんて。予想外だけど、おかげで楽しめそうだわぁ。」
「……あなたたち、何が目的なの!」
「さぁ? 私は『彼』の目的なんて知らなぁい。興味もないしねぇ。……ウフフ、いいわ。あなた、とっても美味しそぉ。」


女性ーーカーミラが僕の方へ迫って来る。……え!?


「……おい、ユージに何するつもりだ!」
「あら、この子、ユージって言うんだぁ。ねぇユージ君、あなたからは他の人とは違う匂いがするのだけど、何か心当たりはあるぅ?」
「…………」
「……ふぅん、だんまりってわけ。なら、こういうのはどぉ?」


彼女が僕に示したもの、それはデュエルディスクだった。


「……デュエルしろ、と?」
「えぇ。そうすればあなたが隠していることも分かるかなぁって。……まぁ、拒否権はないのだけど。そのために、あなただけは縛らなかったのよ?」
「……私たちを人質にする気?」
「そうでないとでもぉ? 」
「くっ……」


……デュエル、するしかない。


『忘れないで、このデュエルに敗北は許されない。』
「……うん。」
「準備は出来たかしらぁ?」
「ああ。」


やってやる。……闘って、2人を助け出すんだ。


「さぁて、それじゃあ……」





「「デュエル!!」」



カーミラ LP8000 手札5枚
竜司 LP8000 手札5枚


「私のターン。手札から通常魔法、テラ・フォーミング発動。デッキからフィールド魔法、アリオスウェブを手札に加えるわぁ。アリオスウェブを発動。」
『あのフィールド魔法、真っ先に発動したことからしておそらく戦略の軸になるようなものよ。』


……なら、狙うのはあのカードということか。


「さらに通常魔法、アリオス・テンプティ発動。デッキからカミラーナ・ナガコ、カミラーナ・イソーを手札に加える。ただし、あなたにも2枚ドローさせるけれどぉ。私のフィールドにアリオスウェブが存在することにより、手札からカミラーナ・ナガコを特殊召喚。カミラーナ・ナガコが存在することにより、手札からカミラーナ・イソーを特殊召喚。」


あっという間に2体の上級モンスターを展開した。でもこっちの手札は7枚、それほどの不利でもないか……?


「カードを2枚セットしてターンエンド。」


カーミラ LP8000 手札1枚 モンスターゾーン カミラーナ・ナガコ(表側守備表示)、カミラーナ・イソー(表側守備表示) 魔法・罠ゾーン 伏せカード2枚 フィールド魔法 アリオスウェブ
竜司 LP8000 手札7枚


「僕のターン、ドロー!」
『並べられたモンスターはレベルの割にはステータスが低い。なんらかの効果があるとみて間違いないでしょうね。気をつけなさい。』


……手札にアリオスウェブをどうにか出来るカードはない。なら……


「白き地の忍び スイセンを召喚! バトル! スイセンでカミラーナ・ナガコを攻撃!」
「させないわぁ。リバースカードオープン。通常罠、和睦の使者。このターン、私のモンスターは戦闘で破壊されない。」
「くっ……カードを3枚伏せて、ターンエンド。」


カーミラ LP8000 手札1枚 モンスターゾーン カミラーナ・ナガコ(表側守備表示)、カミラーナ・イソー(表側守備表示) 魔法・罠ゾーン 伏せカード1枚 フィールド魔法 アリオスウェブ
竜司 LP8000 手札3枚 モンスターゾーン 白き地の忍び スイセン 魔法・罠ゾーン 伏せカード3枚


「私のターン、ドロー。カミラーナ・イソーの効果発動! あなたのセットカードをいただくわぁ!」
「なんだって!?」


イソーから繰り出された糸が僕の伏せカードを巻き取り、そのまま向こうのフィールドへと持って行かれた。


「ウフフ……カミラーナ・イソーは1ターンに1度、相手のセットカード1枚を私の魔法・罠ゾーンに表側表示で置くことが出来るの。」


……奪われたのは罠カード、『白き地の結界術』。ブラフとして伏せていたけれど、まさかこうなるなんて……


「私のフィールドにあなたがコントロールしていたカードが存在することにより、手札からカミラーナ・タランチュを特殊召喚。カミラーナ・タランチュの効果発動。あなたのデッキの一番上のカードをいただきましょうかねぇ。」


僕のカードを2枚奪った……あれをどうするつもりなんだ?


「アリオスウェブの効果発動! たった今あなたからいただいたサイクロンを墓地に送って、あなたに800ポイントのダメージを与え、私は800ポイントライフを回復する。」


竜司 LP8000→7200

カーミラ LP8000→8800


「ウフフ……ご馳走様。さらにカードを1枚ドロー。私はこれでターンエンドよぉ。」




「相手のカードを利用して戦うなんて……あの女、なんて卑怯なの!」
「ユージ、負けるな! あんな奴、とっとと倒しちまえ!」




カーミラ LP8800 手札2枚 モンスターゾーン カミラーナ・ナガコ(表側守備表示)、カミラーナ・イソー(表側守備表示)、カミラーナ・タランチュ(表側守備表示) 魔法・罠ゾーン 白き地の結界術 伏せカード1枚 フィールド魔法 アリオスウェブ
竜司 LP7200 手札3枚 モンスターゾーン 白き地の忍び スイセン 魔法・罠ゾーン 伏せカード2枚


「僕のターン、ドロー!」


……タランチュの効果でサイクロンが奪われたのは痛い。あれがなければアリオスウェブを破壊出来たのに……


『もしもの話をしても無意味よ。まずはアリオスウェブを破壊する、それを目標に動くべきだわ。』
(でも、今の手札にはその手段がないんだよ?)
『いえ、あるわ。この状況を打破するカードが、そのデッキには。』
(そ、そんなカードが……?)
『だから、今はその瞬間を待つの。』


……彼女の言う通り、今は相手の攻撃を凌いで、逆転の機会を待つべきだ。


「僕は手札から白き地の馬使い ヒイラギを召喚! ヒイラギの効果発動! このモンスターをリリースして、デッキから白き地の冒険家 ナライを特殊召喚! ナライの効果発動! デッキから白き地の巫女 ミユキを手札に加える。」
「この瞬間、カミラーナ・ナガコの効果発動。デッキからカミラーナ・ジョロウを手札に加える。」


……スイセンで攻撃するか否か。あの伏せカードが気がかりだけど……


(……いや、それならなおさら攻めるべきだ。今のうちに相手のカードを出来るだけ使わせる。)


「バトル! スイセンでイソーを攻撃!」
「……ざぁんねん! 手札のカミラーナ・アイの効果発動! このカードを特殊召喚して、その攻撃を無効にする! そしてスイセンのコントロールは私に移る!」
「ッ!? なら、ナライでナガコを攻撃!」
「あら、こわぁい。私の可愛いモンスターが破壊されちゃったわぁ。」
「……カードを1枚伏せて、ターンエンド。」


カーミラ LP8800 手札2枚 モンスターゾーン カミラーナ・ナガコ(表側守備表示)、カミラーナ・イソー(表側守備表示)、カミラーナ・タランチュ(表側守備表示)、カミラーナ・アイ、白き地の忍び スイセン 魔法・罠ゾーン 白き地の結界術 伏せカード1枚 フィールド魔法 アリオスウェブ
竜司 LP7200 手札3枚 モンスターゾーン 白き地の冒険家 ナライ 魔法・罠ゾーン 伏せカード3枚


「私のターン、ドロー。……あなた、まさか私の攻撃を誘ってるのかしらぁ?」
「…………」
「分からないとでもぉ? さっきから大したモンスターも出さずに適当に攻撃を仕掛けて……私の出方をうかがうにしてもやりすぎじゃないかしらぁ?」
「…………」
「……まあいいわ。タランチュの効果発動! あなたのデッキから1枚いただきましょう。さらにイソーの効果発動! あなたのセットカード1枚をいただくわぁ!」


……! 駄目だ、それは……


「……ウフフ! ビンゴみたいねぇ。『聖なるバリアーミラーフォースー』……こんなものを準備していたなんてね。でもそれもなくなった。アリオスウェブの効果発動! スイセンを墓地を送る。」

竜司 LP7200→6400

カーミラ LP8800→9600

「さて、バトルといきましょうか! 全モンスターを攻撃表示に変更! タランチュでナライを攻撃!」
「っ……」


……よし、引っかかった!


「……リバースカードオープン! 通常罠、聖なるバリアーミラーフォースー!」
「なっ……! 2枚、伏せていたの!?」
「そうさ! これで一気に形成逆転、僕が有利に……」
「……アハハぁ!! やっぱりあなたは甘いわぁ! リバースカードオープン! カウンター罠、アリオス・ラブ! 白き地の結界術を墓地に送り、ミラーフォースの効果を無効にする!」
「そ、そんな!?」


確実に追い詰めたと思ったのに……


「さらにアリオス・ラブは発動後、再びセットされる。さあ、バトル続行よ! 行きなさい、私のモンスターたち!」

竜司 LP6400→2400

「ううっ……これが、実際の衝撃……?」
「そうよぉ。……どうやら私の思った通りみたいねぇ。あなたはこの世界の住人じゃない、違う?」
「……そうだよ。僕は、この世界を守るためにやって来たんだ。」
「『この世界を守る』? ……アハハぁ!! へぇ、誰に吹き込まれたか知らないけど、そんな妄言を真に受けているのぉ?」
「え……? 一体、何を……」


「ユージ、そいつの言葉に惑わされちゃ駄目!」
「そうだ! メシアに言われたことを忘れたのか!?」


「ふぅん……あなたたち、メシアの駒だったんだ。あの残酷な独善者、の。」
「な、何だよそれ! メシアさんが独善者なんて、何の根拠があって言うんだ!」
「えぇ、あなたは知らないでしょうねぇ。確かにあいつは数多くの民を守っているわ。……でも、残った少数は?」


……彼女が何を言っているのか分からない。


「……まぁいいでしょう。何を言ったところで意味はないのでしょうし。私はこれでターンエンド!」


カーミラ LP9600 手札4枚 モンスターゾーン カミラーナ・ナガコ、カミラーナ・イソー、カミラーナ・タランチュ、カミラーナ・アイ 魔法・罠ゾーン 祭壇への祈祷 伏せカード1枚 フィールド魔法 アリオスウェブ
竜司 LP2400 手札3枚 魔法・罠ゾーン 伏せカード1枚


「……僕のターン、ドロー!」


……魔法・罠カードを封じられ、場にモンスターもいない。もう、駄目なのかもしれない……


『なら、諦めるの。』
(……じゃあ、どうしろって言うんだよ。)
『自分で考えなさい。もうすでに逆転への道は完成しているわ。』


え? …………


(……考えろ。手札、フィールド、墓地……どこに『そこ』への手がかりがある?)
『それだけじゃない。あなたが見るべき場所は、もう一つある。』
(もう一つ? ……そうか!!)


「手札から白き地の巫女 ミユキを召喚!」
「なら手札のカミラーナ・ジョロウの効果発動! このカードを特殊召喚するわぁ!」
「っ……まだだ! ミユキの効果発動! このカードをリリースして、デッキから白銀の祭壇 ヴェリテオテルを手札に加える。フィールド魔法、白銀の祭壇 ヴェリテオテルを発動!」
「…………」
「ヴェリテオテルが発動されたことにより、墓地のミユキを特殊召喚する! ヴェリテオテルの効果発動! 手札の白き地のと名のついたカード1枚を墓地に送り、墓地の白き地のと名のついたモンスター1体を特殊召喚する!」
「……そこよぉ! リバースカードオープン! アリオス・ラブ! 祭壇への祈祷を墓地に送り、ヴェリテオテルの効果を無効にする!」


……よし、ここまでは想定通りだ。


「リバースカードオープン! 通常罠、イヴェール・フェスティバル! 手札の白き地のと名のついたモンスター2体を特殊召喚する! 来い、白き地の祈祷師 ビオラ、白き地の行商人 ツグミ! 僕の場にヴェリテオテルが存在することにより、さらに墓地から1体を特殊召喚できる! 来い、白き地の召使い
ロッカ!」
「っ……アリオス・ラブでは効果を無効にしても破壊はしない。まさか、そこを逆手に取られるなんて……」


……これで、準備は整った。


「レベル3のミユキとロッカでオーバーレイ!2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築、エクシーズ召喚! 白き地の女神 クランポネ! さらにレベル3のビオラとツグミでオーバーレイ! 2体のモンスターでオーバーレイネットワークを構築、エクシーズ召喚! 白き地の女神 ペルサンテ!」
「エクシーズモンスターを、2体も……」
「ペルサンテの効果発動! オーバーレイユニットを1つ取り除いて、相手モンスター1体の攻撃力分のダメージを与える! さらに僕のフィールドにクランポネが存在するとき、相手フィールドのカード1枚を破壊する!」
「! ……惜しかった、わねぇ! ジョロウの効果発動! 相手がモンスター効果を発動したとき、そのモンスターのコントロールを得る!」
『嵌ったわね。決めてやりなさい。』
「この瞬間、クランポネの効果発動! オーバーレイユニットを1つ取り除いて、ジョロウの効果を無効にする!」


ジョロウがペルサンテへ伸ばした糸は、クランポネの放った氷によって阻まれた。


「ジョロウの攻撃力、1900ポイントのダメージを与える!」

カーミラ LP9600→7700

「さらにアリオスウェブを破壊!」


周囲を覆っていた蜘蛛の巣がペルサンテが繰り出した炎で燃やされていく。


「あ、ああ……私のモンスターたちが……」


アリオスウェブが消えていくと同時に、カミラーナたちも姿を消した。


「……?」
「……カミラーナはアリオスウェブがなければ存在出来ない。……私の負けよ。」
「それは……サレンダーっていうこと?」
「えぇ。……どうする、トドメを刺すの?」


……トドメ?


『今、あなたには選択肢が与えられている。1つは彼女にトドメを刺し、無力化すること。もう1つはこのまま見逃すこと。どうするか、あなたが選びなさい。』


……僕は……


「……行ってください。」
「あら、いいの?」
「……僕は、誰かを傷つけたくない。少なくとも、本当の覚悟が出来るまでは……」
「……それでは、お言葉に甘えましょう。ウフフ、また会えることを楽しみにしていますよ。異界の勇者君……」




「……ユージ。」
「ごめん、逃がしちゃって。でも、僕……」
「構わないさ。ユージが決めたなら……それより、これをなんとかしてくれないか?」
「あ、そうだね。どうしたらいいんだろう……プリンセスさん、剣を貸してくれませんか?」
「こんな状況で取り出せないわよ。素手でなんとかならない?」
「いや、無理だよ……」


本当に、どうしたものか……


「……何をしている。」
「!?」
「お前は……」
「つい先ほど会ったはずだが。……鋼だ。離れていろ。」
「え?」


僕が戸惑ったその一瞬に、鋼さんがどこかから取り出した刀で2人を絡め取っていた糸を断ち切った。


「うわっ!?」
「……鋼、ありがとう。」
「お礼はいい。とにかく、早く逃げるぞ。」
「逃げる……? あの、水鏡さんは?」
「……走りながら話す。行くぞ。」




……まさか。水鏡さん、…………




キャラクター紹介

カーミラ
モチーフ:【カミラーナ】 作者:19様
森の中でユージたちを待ち構えていた女性。蜘蛛の糸で相手を縛る能力を持つ。

【カミラーナ】の使用許可を下さった19様、本当にありがとうございました!
現在のイイネ数 76
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
フィールド魔法を破壊しての逆転劇はお見事。見逃してしまったことは後々にどう響くか。
え?(俺の)水鏡…どうなったんだ? (2015-12-14 22:31)
名無しのゴーレム
ター坊さん、コメントありがとうございます。
実際、回り始めたカミラーナを止める方法はこれ以外にないように思うんですよね……彼女にはいつか再登場してもらいましょう。本人がそう言ってますからね。
水鏡さんの身に起きた事態は次回明らかに。さあ、次もデュエル回だ(白目) (2015-12-14 23:19)
ギガプラント
一時はもうダメかと思わせるピンチ展開。一気に巻き返す展開は気持ちがいいですね。 (2015-12-15 22:37)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
やっぱり主人公はピンチに追い込まれないと(やや偏見)。少し無理があるかなぁとは思いましたが、主人公補正ならいいですよね!
今回使用されたオリカは次回が終わった後にまとめて紹介します。何枚になるんだろうなぁ…… (2015-12-15 23:59)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
66 1話 不思議の世界にこんにちは 1852 8 2015-07-20 -
66 2話 メシアの元へ 912 6 2015-07-22 -
57 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 989 4 2015-07-24 -
38 オリカまとめ1 991 4 2015-07-25 -
72 4話 救世の女神 817 2 2015-07-27 -
56 5話 未来都市 フォーチュンシティ 811 6 2015-08-11 -
40 6話 幸運な男 796 4 2015-08-12 -
92 7話 推参、正義のヒーロー! 985 6 2015-08-30 -
99 オリカまとめ2 1027 2 2015-09-03 -
53 8話 運命の賢者 815 6 2015-10-22 -
35 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 893 4 2015-11-02 -
77 オリカまとめ3 885 6 2015-11-30 -
25 10話 水面写しの鏡 681 2 2015-12-06 -
27 11話 白き刃、移ろう水面 911 4 2015-12-09 -
76 12話 試される意志 922 4 2015-12-14 -
129 13話 水面を侵す邪神 1031 10 2016-05-01 -
29 オリカまとめ4 719 0 2016-05-03 -
42 オリカまとめ5 937 0 2016-05-03 -
24 14話 仲違い 714 4 2016-05-06 -
71 七夕記念企画のお知らせ! 1189 14 2016-05-07 -
48 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 838 6 2016-06-11 -
45 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 752 8 2016-06-17 -
85 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 807 10 2016-06-20 -
76 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 800 6 2016-06-21 -
67 七夕記念企画:前夜祭 786 14 2016-06-30 -
34 第1戦:爆風を駆ける獣 1039 16 2016-07-01 -
40 第2戦:真の強さとは 901 14 2016-07-02 -
30 第3戦:舞い踊る武具 769 10 2016-07-03 -
34 第4戦:不滅の決闘 799 15 2016-07-04 -
33 第5戦:信念のデュエル 867 14 2016-07-05 -
43 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 864 13 2016-07-06 -
25 最終戦:その想い、天の川を越えて 872 14 2016-07-07 -
44 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 668 7 2016-07-13 -
99 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 835 10 2016-07-17 -
40 七夕記念企画:フィナーレ 678 8 2016-07-29 -
47 七夕記念企画:感想、その他 908 0 2016-07-31 -
107 15話 娯楽都市アミューズ 1003 8 2016-12-31 -
28 16話 鮮やかなるトリックスター 537 8 2019-03-12 -
75 17話 最速の男 436 2 2019-03-17 -
53 18話 大罪の邪神龍 444 2 2019-03-22 -
29 19話 たった一つの敗因 388 2 2019-03-27 -
48 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 423 2 2019-04-01 -
40 20話 天翔る龍使い 407 4 2019-04-02 -
54 21話 研ぎ澄まされし刃 466 2 2019-04-14 -
46 22話 忍び寄る漆黒 394 2 2019-04-22 -
53 23話 戦乱を望む者 471 2 2019-05-03 -
22 オリカまとめ6 380 2 2019-05-13 -
50 オリカまとめ7 462 2 2019-05-13 -
37 オリカまとめ8 346 0 2019-05-18 -
56 オリカまとめ9 463 2 2019-05-18 -
54 24話 凍てつく世界 455 2 2019-06-19 -
61 25話 時空の賢者 460 4 2019-06-26 -
29 26話 救世を拒む復讐の剣 493 4 2019-06-29 -
56 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 509 4 2019-07-03 -
43 28話 運命の選択肢 403 4 2019-07-07 -
67 29話 雪下の約束 395 4 2019-07-11 -
34 30話 再出発 306 2 2019-07-15 -
46 オリカまとめ10 533 4 2019-07-19 -
40 オリカまとめ11 380 4 2019-07-19 -
43 31話 新たな刺客? 354 4 2019-07-21 -
45 32話 忍びの流儀 492 4 2019-07-24 -
26 33話 雪の国の守護者 290 2 2019-07-28 -
34 34話 鉄壁の守護騎士 351 2 2019-08-01 -
25 35話 妖精の導き 340 2 2019-08-05 -
32 オリカまとめ12 402 4 2019-08-08 -
26 オリカまとめ13 369 2 2019-08-08 -
35 36話 温泉街フィアンマ 364 4 2019-08-11 -
32 37話 傭兵と行商人 315 2 2019-08-15 -
32 38話 時空を越えし英雄 381 2 2019-08-19 -
39 39話 燻る炎 366 2 2019-08-26 -
68 40話 張り巡らされた罠 353 2 2019-09-20 -
49 41話 一瞬の勝機 335 4 2019-09-29 -
27 42話 万物焼き尽くす業火 359 4 2019-10-05 -
25 43話 強者の孤独 364 2 2019-10-23 -
18 オリカまとめ14 251 0 2019-11-13 -
37 オリカまとめ15 321 0 2019-11-13 -
24 44話 幻獣の巫女 331 4 2020-01-09 -
23 45話 王を目指す者 230 2 2020-02-17 -
20 46話 君臨者と反逆者 288 4 2020-03-12 -
9 47話 ヒトガタの幻獣 237 4 2020-04-29 -
12 48話 架け橋 189 2 2020-05-11 -
7 オリカまとめ16 245 0 2020-05-19 -
10 幕間 『仲間』 202 4 2020-07-13 -
14 49話 機械の国インダスト 187 2 2020-07-20 -
10 50話 無双の姫君と反逆の機械 208 4 2020-08-05 -
6 51話 作戦会議 146 2 2020-08-30 -
6 52話 強襲 160 2 2020-09-10 -
5 53話 夢見る怪物 149 2 2020-09-17 -
10 54話 底知れぬ闇 188 4 2020-09-24 -
11 オリカまとめ17&告知 182 0 2020-09-30 -
26 SideFortune:何でも屋ハンディ 279 7 2020-10-03 -
13 Side Fortune:怪人ヴィラン 254 6 2020-10-08 -
15 Side Fortune:ゼロに還す者 232 6 2020-10-15 -
10 オリカまとめ18 139 0 2020-10-17 -
7 オリカまとめ19 132 0 2020-10-17 -
11 オリカまとめ20&あとがき 192 2 2020-10-17 -
6 55話 最強の兵器 136 2 2020-10-22 -
11 56話 造られた理由 146 2 2020-10-28 -
8 57話 君臨する女帝 140 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 96 0 2020-11-09 -
13 オリカまとめ22&おまけ 148 0 2020-11-09 -
13 58話 孤独の女王 149 2 2020-11-10 -
8 59話 王女と女王、そして 158 4 2020-11-16 -
19 60話 時を紡ぐ剣 160 2 2020-11-21 -
16 61話 黒き意志 179 2 2020-11-26 -
19 62話 王の進む道 202 4 2020-12-01 -
6 63話 傷の深さ 119 0 2020-12-07 -
18 オリカまとめ23 111 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 100 0 2020-12-14 -
8 オリカまとめ25 204 0 2020-12-14 -
7 64話 癒えない傷痕 134 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 133 0 2020-12-21 -
5 66話 契約 116 2 2020-12-27 -
4 67話 生きる覚悟 112 2 2021-01-02 -
10 68話 影に潜む者たち 116 0 2021-01-08 -
5 69話 正反対の2人 123 2 2021-01-15 -
1 幕間 交わる過去と現在 83 0 2021-01-21 -
5 70話 力と覚悟 104 0 2021-01-28 -
3 71話 魂を喰らう外道 105 0 2021-02-04 -
3 SideFortune:警備隊セキュリィ 159 2 2021-02-21 -
10 オリカまとめ26&今後の予定 186 0 2021-02-26 -
6 SideAmuse:静夜を照らす星 157 6 2021-03-12 -
7 SideAmuse:火花舞う戦場 111 0 2021-03-23 -
10 SideAmuse:守るべきもの 146 4 2021-03-31 -
5 SideAmuse:がらんどうの2人 73 2 2021-04-13 -
7 オリカまとめ27 81 2 2021-04-20 -
2 オリカまとめ28 48 0 2021-04-20 -
10 オリカまとめ29&あとがき 126 2 2021-04-20 -

更新情報 - NEW -