HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 10話 水面写しの鏡

遊戯王WW(ワンダーワールド)/10話 水面写しの鏡 作:名無しのゴーレム


フォーチュンシティを出てしばらくすると、僕たちの目前に広大な森が姿を現した。


「……あれ、かしら。」
「そうじゃないか? ダイスが言うには、水鏡はあの森の中にいるんだろ?」
「……って言っても、それしか情報がないんだよね……」
「なら、行ってみるしかないだろ。ほら、早くしようぜ!」


マッハの先行で、僕たちはその森の中へと足を踏み入れた。


「……にしても、進んでるんだかどうかさっぱり分かんねえな。」
「まさか、ナーサリーみたいなのが居るって言うの?」
「いや、単純に迷子になっただけかもしれないけど……」


それでも、具体的な目的地も分からないまま歩き続けるのは厳しい。せめて、何か手がかりがあれば……


「……ん? なあ、霧が出てないか?」
「え? ……本当だ。でも、こんなところでいきなり霧が……?」
「おかしいわね。やっぱり誰かが私たちの邪魔をしてるのかも。」
「誰かって?」
「知らないわよ。……例えば、フォーチュンシティで騒ぎを起こした連中の仲間とか。あいつらの目的ってよく分かってないし、もしかしたら水鏡を狙っているかもしれないじゃない?」
「……ちょっと無理がないか?」
「仕方ないでしょ。それくらいしか思いつかないんだから。それにしてもこの霧、どんどん濃くなってない?」


プリンセスさんの言う通り、次第に見通しが悪くなっていく。最終的にはまったく周りが見えなくなってしまった。


「ど、どうしよう……」
「これじゃあ動けないな。晴れるまで待つしかないが……」
「本当に晴れるのか怪しいけどね。誰かが意図的に起こしているなら、待っていたら向こうの思う壺だと思わない?」
「じゃあ進むのか? どこに何があるか分からないから、いきなり木にぶつかるかもしれないけどな。」
「じゃあ手探りで進むのは……」
「大して変わらないだろ。本当、どうしたもんか……」






ーー打開策が浮かぶこともなく、僕たちはその場に留まっていた。


(……霧、待っても何も変わらないな。いつまでここに居ないといけないんだろう。)


プリンセスさんが危惧したように、何らかの目的でわざとこうされているのなら、無理にでも行動を起こすべきなのだろう。でもここまで何も見えないと……



『……お前は、何故ここに来た?』
「え……何故って、水鏡さんに会うためだけど……?」


……待った。今の声、一体誰が……?


『それは何故だ。』
「……あなたは誰なんですか?」


その声は年をとった男性のそれに聞こえた。つまり、マッハでもプリンセスさんでもないことになる。


『質問に答えろ。……お前は、何故水鏡に会いに来た?』
「……水鏡さんが持っている水面写しの鏡の力を借りたいから、です。」
『それは何故だ。』
「……メシアさんに言われたからです。僕が闘う力を手に入れる、そのために……」
『……何故、お前は闘う。』


何故闘うか、それは……


「この世界を、守るためです。」
『……何故?』
「何故……?」
『お前にそれを為すだけの理由があるのか? ただ周りにそう言われたから従っているだけなのでは?』
「っ、そんなことは……」
『そんなことはない、と? ならば問おう。……お前は本当に、自身の意思を以って行動していると言えるか?』
「…………」


……正直な気持ちを明かせば、その答えは『分からない』であった。僕は自ら選んだ『つもり』だった。でも、それが違うと言われたら、僕は……


『……言えないのであれば、疾く立ち去るがいい。覚悟のない者に、何かを為すことなど出来ない。』


『覚悟』……僕に、それがあるのか?


「僕は……」
『どうした? ……やはり、何も言えないのだろう。分かったか、お前にこの世界は守れない。』


……そうなのかもしれない。でも……


「……確かに、僕には覚悟が足りない。でも、だからと言って途中で投げ出しちゃいけないと思うんです。」
『……ほう。』
「僕はこの世界のことをまだ何も知らない。だから、これから知っていきたい。そのためにも、僕には力が必要なんです。……それに、メシアさんに約束しましたから。『出来るだけ頑張ってみる』って。」
『……よかろう。ひとまず及第点としておこう。』
「及第点? あの、あなたは……」
『聞け。これからお前たちの身に数々の苦難が立ちはだかるだろう。だが、決して立ち止まるな。例え先が暗闇だろうと進み続けろ。……世界を守るというのならば、せめて最後まで闘ってみせろ。』
「……はい。」


気づくと、辺りの霧が少しずつ消えていった。まさか、この霧は……


『そろそろ時間だな。……武運を祈るなどとは言わないが、これからお前がどう生きていくのか、見届けさせてもらおうか。では任せたぞ、…………』


その言葉を最後まで聞くことなく、霧とともに声も立ち消えてしまった。










「……はっ!?」


目覚めると、そこは洞窟だった。……!?


「えぇ!? なんで!?」


僕、さっきまで森の中に居たよね!? ……それだけじゃない、マッハとプリンセスさんの姿も見当たらない。


「……一体、何がどうなってるんだよ……」





『……どうやら、目覚めたようね。』
「!?」


突然、誰かに背後から話しかけられた。誰だ……?


『聞こえてないわけではないでしょう。早くこちらを向いてくれると助かるのだけど。』
「う、うん。」


口調からしてプリンセスさんみたいな大人の女性だと思うけれど……


「……へあ?」


そこにいたのは、どこからどう見ても少女だった。これ、マッハより小さいんじゃないか?


『変な声を出さないで欲しい。それよりも、この状況の説明をした方がいいと思うのだけれど。』
「……? 君は、何が起きているのか分かるの?」
『ええ。それじゃあ、まずはあなたの身に起きた事象の説明から始めましょう。』
「……お願いします。」




『最初、あなたたちは霧に包まれた。あれは水鏡が放ったものだったの。』
「……なんで水鏡さんはそんなことを?」
『あなたをここに導くためよ。そしてあなたはこうしてここ、水面写しの鏡の中に来た。』


……『水面写しの鏡の中』? いや、どういうこと?


『わけが分からないという顔をしてるわね。けれど今はそういうものとして理解して。話を続けましょう。そして、あなたは水面写しの鏡の意思の問いかけに答え、その力を借りることに成功した。それが現状よ。』
「……えっと、じゃあ僕はもう闘う力を手に入れたってこと?」
『一応は。』
「……一応って、どういう意味?」
『今からそれを説明するわ。端的に言ってしまうなら、あなたが得た力、それが私なの。』
「は?」
『だから、私があなたの力なの。』
「……はぁ?」
『喧嘩を売っているのかしら。』
「え、あ、いやぁ……そんなつもりはないけど……」


さすがにこれは理解の範疇を超えている。これまでの無茶苦茶が可愛く思えてきた……というか、責められているはずなのに向こうがずっと平坦な口調だからあまりそう感じない。


『ならいいけれど。まあ、順を追って話さないとならないのも事実ね。あなた、この世界についてどこまで知っているのかしら。』
「え? 僕が知っていることって言われてもな……」


ーーとりあえず、思いついた分を少女に話してみた。


『なるほど、何も知らないのね。』
「……はい。」


ぶった切られた。


『それならきちんと話すべきね。いい、この世界の住民はすべてデュエルモンスターズのカードから生まれたの。』
「へぇ〜、そうなんだ……ぁ!? 何、今なんて!?」
『この距離で聞こえないなら言い直しても無駄だと思うけれど。』
「そうじゃない! 聞こえてるけどさ! ……それじゃあ、マッハやプリンセスさん、それに君も?」
『そうよ。ごく一部に例外はあっても、大きく言ってしまえばすべてとしても問題にならないくらいの数は当てはまっている。』
「……だとしても! 僕の知っているそれとは違いすぎる! 皆が使っているカードのほとんどが僕の世界にはないものだったよ!」
『でしょうね。まさかあなた、自分の知っていることが世界のすべてだとでも考えているのかしら。』


その言い方じゃあ、まるで……


『世界なんて無数に存在する。無論、その中でデュエルモンスターズが行われているものも数え切れないくらいには。私たちはあなたの知らない世界のカードから生まれた、そういうことよ。』


……そう考えると、確かにいくつかのことにも納得がいく。世界で1人しか持っていないカードがあってもそれは『その人がそのカードから生まれたから』と言うのなら何の不思議もない。……まあ、驚愕の事実にはなんら変わりないが。


『これで私の言ったことの意味が分かったかしら。』
「……君もカードから生まれて、そのカードが僕のカ、だと?」
『正解。さて、状況把握も終わったところでここを出るとしましょう。あまりのんきにしている暇もないだろうし。』
「……どういうこと?」
『すぐに分かるわ。さあ、目を閉じて気を楽にして。』




……少女に言われた通りにしてみる。すると、徐々に意識が朦朧としてきて……



現在のイイネ数 43
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ギガプラント
不思議空間!さぁどうなっていくのか!?…とこれしか書けない私を許してくれ…。 (2015-12-07 19:07)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
遊戯王恒例の超展開っぽいものを目指したつもりです。今思えば文字だけで超展開を表現するって無茶だったのかな……とも思いますが。……まさか、単純に文章が分かりづらいとか?
早くユージにデュエルさせてあげないと、という思いからさっさとここまで来てしまったのはいいですが、実はまだ使用デッキが決まっていないという最大の問題が。第一候補はあるのですが、新カテゴリを作ってみるのもいいかなぁと……どうしよう。 (2015-12-07 19:49)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
81 1話 不思議の世界にこんにちは 2354 8 2015-07-20 -
80 2話 メシアの元へ 1116 6 2015-07-22 -
72 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 1282 4 2015-07-24 -
49 オリカまとめ1 1210 4 2015-07-25 -
91 4話 救世の女神 988 2 2015-07-27 -
72 5話 未来都市 フォーチュンシティ 1031 6 2015-08-11 -
50 6話 幸運な男 972 4 2015-08-12 -
106 7話 推参、正義のヒーロー! 1230 6 2015-08-30 -
114 オリカまとめ2 1241 2 2015-09-03 -
71 8話 運命の賢者 1042 6 2015-10-22 -
47 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 1096 4 2015-11-02 -
88 オリカまとめ3 1092 6 2015-11-30 -
43 10話 水面写しの鏡 858 2 2015-12-06 -
50 11話 白き刃、移ろう水面 1138 4 2015-12-09 -
98 12話 試される意志 1154 4 2015-12-14 -
147 13話 水面を侵す邪神 1251 10 2016-05-01 -
39 オリカまとめ4 942 0 2016-05-03 -
55 オリカまとめ5 1126 0 2016-05-03 -
36 14話 仲違い 928 4 2016-05-06 -
93 七夕記念企画のお知らせ! 1419 14 2016-05-07 -
59 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 1050 6 2016-06-11 -
54 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 971 8 2016-06-17 -
96 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 1035 10 2016-06-20 -
87 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 1014 6 2016-06-21 -
78 七夕記念企画:前夜祭 994 14 2016-06-30 -
48 第1戦:爆風を駆ける獣 1458 16 2016-07-01 -
60 第2戦:真の強さとは 1152 14 2016-07-02 -
39 第3戦:舞い踊る武具 962 10 2016-07-03 -
43 第4戦:不滅の決闘 1014 15 2016-07-04 -
42 第5戦:信念のデュエル 1092 14 2016-07-05 -
55 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 1098 13 2016-07-06 -
34 最終戦:その想い、天の川を越えて 1093 14 2016-07-07 -
56 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 885 7 2016-07-13 -
111 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 1038 10 2016-07-17 -
61 七夕記念企画:フィナーレ 874 8 2016-07-29 -
64 七夕記念企画:感想、その他 1141 0 2016-07-31 -
120 15話 娯楽都市アミューズ 1222 8 2016-12-31 -
35 16話 鮮やかなるトリックスター 763 8 2019-03-12 -
83 17話 最速の男 639 2 2019-03-17 -
67 18話 大罪の邪神龍 680 2 2019-03-22 -
47 19話 たった一つの敗因 613 2 2019-03-27 -
70 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 610 2 2019-04-01 -
53 20話 天翔る龍使い 605 4 2019-04-02 -
67 21話 研ぎ澄まされし刃 665 2 2019-04-14 -
65 22話 忍び寄る漆黒 596 2 2019-04-22 -
72 23話 戦乱を望む者 658 2 2019-05-03 -
35 オリカまとめ6 543 2 2019-05-13 -
60 オリカまとめ7 628 2 2019-05-13 -
47 オリカまとめ8 462 0 2019-05-18 -
66 オリカまとめ9 577 2 2019-05-18 -
69 24話 凍てつく世界 648 2 2019-06-19 -
74 25話 時空の賢者 668 4 2019-06-26 -
38 26話 救世を拒む復讐の剣 663 4 2019-06-29 -
69 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 695 4 2019-07-03 -
54 28話 運命の選択肢 569 4 2019-07-07 -
78 29話 雪下の約束 560 4 2019-07-11 -
43 30話 再出発 406 2 2019-07-15 -
57 オリカまとめ10 719 4 2019-07-19 -
51 オリカまとめ11 538 4 2019-07-19 -
55 31話 新たな刺客? 503 4 2019-07-21 -
67 32話 忍びの流儀 686 4 2019-07-24 -
41 33話 雪の国の守護者 482 2 2019-07-28 -
52 34話 鉄壁の守護騎士 565 2 2019-08-01 -
34 35話 妖精の導き 501 2 2019-08-05 -
45 オリカまとめ12 575 4 2019-08-08 -
34 オリカまとめ13 544 2 2019-08-08 -
49 36話 温泉街フィアンマ 546 4 2019-08-11 -
41 37話 傭兵と行商人 478 2 2019-08-15 -
42 38話 時空を越えし英雄 548 2 2019-08-19 -
47 39話 燻る炎 529 2 2019-08-26 -
95 40話 張り巡らされた罠 492 2 2019-09-20 -
64 41話 一瞬の勝機 498 4 2019-09-29 -
32 42話 万物焼き尽くす業火 515 4 2019-10-05 -
36 43話 強者の孤独 555 2 2019-10-23 -
28 オリカまとめ14 419 0 2019-11-13 -
49 オリカまとめ15 503 0 2019-11-13 -
34 44話 幻獣の巫女 469 4 2020-01-09 -
45 45話 王を目指す者 447 2 2020-02-17 -
52 46話 君臨者と反逆者 509 4 2020-03-12 -
33 47話 ヒトガタの幻獣 446 4 2020-04-29 -
32 48話 架け橋 390 2 2020-05-11 -
29 オリカまとめ16 455 0 2020-05-19 -
22 幕間 『仲間』 398 4 2020-07-13 -
35 49話 機械の国インダスト 406 2 2020-07-20 -
31 50話 無双の姫君と反逆の機械 421 4 2020-08-05 -
25 51話 作戦会議 332 2 2020-08-30 -
24 52話 強襲 314 2 2020-09-10 -
22 53話 夢見る怪物 428 2 2020-09-17 -
32 54話 底知れぬ闇 343 4 2020-09-24 -
31 オリカまとめ17&告知 360 0 2020-09-30 -
52 SideFortune:何でも屋ハンディ 488 7 2020-10-03 -
39 Side Fortune:怪人ヴィラン 408 6 2020-10-08 -
44 Side Fortune:ゼロに還す者 421 6 2020-10-15 -
34 オリカまとめ18 352 0 2020-10-17 -
27 オリカまとめ19 268 0 2020-10-17 -
32 オリカまとめ20&あとがき 423 2 2020-10-17 -
44 55話 最強の兵器 332 2 2020-10-22 -
28 56話 造られた理由 352 2 2020-10-28 -
31 57話 君臨する女帝 324 2 2020-11-03 -
24 オリカまとめ21 248 0 2020-11-09 -
38 オリカまとめ22&おまけ 345 0 2020-11-09 -
34 58話 孤独の女王 311 2 2020-11-10 -
30 59話 王女と女王、そして 368 4 2020-11-16 -
42 60話 時を紡ぐ剣 355 2 2020-11-21 -
48 61話 黒き意志 471 2 2020-11-26 -
45 62話 王の進む道 361 4 2020-12-01 -
24 63話 傷の深さ 313 0 2020-12-07 -
25 オリカまとめ23 240 0 2020-12-14 -
21 オリカまとめ24 237 0 2020-12-14 -
27 オリカまとめ25 415 0 2020-12-14 -
29 64話 癒えない傷痕 285 2 2020-12-16 -
32 65話 忍の里 278 0 2020-12-21 -
28 66話 契約 262 2 2020-12-27 -
29 67話 生きる覚悟 257 2 2021-01-02 -
33 68話 影に潜む者たち 270 0 2021-01-08 -
28 69話 正反対の2人 343 2 2021-01-15 -
25 幕間 交わる過去と現在 214 0 2021-01-21 -
28 70話 力と覚悟 298 0 2021-01-28 -
19 71話 魂を喰らう外道 243 0 2021-02-04 -
27 SideFortune:警備隊セキュリィ 315 2 2021-02-21 -
27 オリカまとめ26&今後の予定 326 0 2021-02-26 -
28 SideAmuse:静夜を照らす星 334 6 2021-03-12 -
25 SideAmuse:火花舞う戦場 285 0 2021-03-23 -
36 SideAmuse:守るべきもの 348 4 2021-03-31 -
28 SideAmuse:がらんどうの2人 221 2 2021-04-13 -
37 オリカまとめ27 287 2 2021-04-20 -
23 オリカまとめ28 210 0 2021-04-20 -
34 オリカまとめ29&あとがき 345 2 2021-04-20 -
22 72話 折り重ねる力 213 0 2021-08-11 -
24 73話 鋼の牙 285 0 2021-08-18 -
19 74話 生の価値、死の意味 241 0 2021-08-30 -
21 75話 終焉の始まり 186 0 2021-10-23 -
22 オリカまとめ30 219 0 2021-12-05 -
31 76話 ミネルバ騎士団 207 0 2021-12-09 -
33 77話 『英雄』 321 0 2021-12-28 -
21 78話 決別、そして 185 0 2022-05-21 -

更新情報 - NEW -