HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王WW(ワンダーワールド) > 2話 メシアの元へ

遊戯王WW(ワンダーワールド)/2話 メシアの元へ 作:名無しのゴーレム




馬車に乗ってしばらくすると、僕たちは大きな屋敷に辿り着いた。


「うわぁ……これがプリンセスさんの家?」
「デカイだろ? ここまで広いと住みにくそうだよな~。」
「早く入りなさい。食事を済ませたらさっさとメシアのところに行くわよ。」
「え~、急すぎない? 結構歩いたし、少しぐらい休んでも……」
「駄目よ。……さっきから考えていたけれど、多分ユージはこことは違う、他のどこかからやって来たんだと思うの。」
「……僕も、そう思います。ここは、僕の知る世界とあまりにも違いすぎる。それこそ、まるで別世界みたいに。」


……そう、別世界。普段なら漫画の読みすぎと笑い飛ばせるが、今はそんな事態ではない。


「ユージも同じ考えで助かったわ。セバスチャン、昼食の準備を。」
「かしこまりました。」


セバスチャンさんがさささと屋敷の奥へと消えていく。……おかしい。この広さなのに、未だに他の使用人がいない。


「……プリンセスさん、この屋敷にはプリンセスさんとセバスチャンさんしか居ないんですか?」
「ええ、そうよ。と言っても、セバスチャン1人で何でもしてくれるから、不便に思ったことはないけれど……」
「お嬢様、お食事の準備が整いました。」
「え!? もう!?」


まだ数分しか経っていないような……これも『細かいこと』なのだろうか?



…………



「ふぅ、食った食った!」
「セバスチャンさん、とても美味しかったです!」
「お褒めに預かり恐縮でございます。」
「セバスチャン、皿を片付けて。マッハ、ユージ、出掛ける準備をして。」
「分かったー。ふー、腹一杯で動けないや。」
「……マッハ。言ったわよね、食べたらすぐにここを出るって。」
「分かってるけどさ、料理があんまりにも旨くて。セバスチャンはいい腕してるよなー。毎日食べに来たいくらいだよ。」
「嫌よそんなの。……私は、たまには外の食事が食べたいわ。マッハが連れていってちょうだい。」
「しゃーねーなぁ。その時は、ユージも一緒に行こうぜ。」
「う、うん。でもその前に……」
「早くメシアに会いに行きましょう。きっとあの人ならユージに何が起きたのか知っているはずよ。」
「だといいんですけど……」
「お嬢様、馬車の準備が整いました。」
「ありがとう。それじゃあ出掛けましょうか。」
「おう!」
「はい!」





カタカタ……カタカタ……


「そう言えばさ、メシアって何処にいるんだ?」
「この先にある森の中に小さな教会があるの。そこに居るって話だけど……」
「森の中? それじゃあ、また途中から歩くんですか?」
「そうなるわね。……はぁ。また服が汚れちゃうわ……」


……ふと、ある疑問が湧いた。思いきって、それをぶつけることにした。


「……あの、どうして2人はこんなに親切にしてくれるんですか?」
「ん? 親切? 俺はただ面白そうだからついていってるだけだぜ?」
「私は厄介事は早めに片付けたいだけよ。」


……うーん、まさかここまであっさり言い切られるなんて。……でも、多分それだけじゃないんだろうな。


「……ありがとうございます。」
「ハハハ、何に感謝してんだか。」
「ホント、ユージは変わってるわね。……着いたかしら。」


馬車はゆっくりとスピードを落として、そして止まった。目の前には巨大な森が立ちはだかっている。


「さてと、日が落ちる前には帰ってこないとね。2人とも、急ぐわよ。セバスチャン、また後で呼ぶから。」
「かしこまりました。どうか何事もございませんよう……」


こうして、僕たちは深い森の中へと足を踏み入れた。





「……おかしいわ。」


――森の中を歩いて数十分、最初に異変に気づいたのはプリンセスさんだった。


「おかしいって、何が。」
「ここ、さっきも通ったのよ。何だか、ずっと同じところを進んでいるような……」
「気のせいじゃないか? おんなじように見える場所が多いだけとか。」
「……ユージはどう思う?」
「……僕はプリンセスさんの意見に賛成です。ほら、この木を見てください。こんな形の木、何本も生えているとは思いません。これを何回も見ましたし……それに、何だかずっと誰かに見られてる気がするんです。」
「見られてるぅ? 誰に?」
「それは、分からないけど……」
「…………」


プリンセスさんが辺りを見渡す。そして、ある一点を見つめて、そちらの方に声を上げた。


「……そこね。出てきなさい。」


誰もいないはずの場所に向けて放たれた、その言葉は……


「……アハ、バレちゃった? まさかこんなに早く見つかっちゃうなんて。あーあ、かくれんぼはおしまいかー。」


プリンセスさんの言葉に答えたのは、突如木の上から現れた少女だった。


「君が、僕たちを迷わせていたの?」
「そーだよ! もう少ししたらヒントを出そうかなって思ってたけど見つかっちゃった! 次は何して遊ぶ?」
「……悪いけど、あなたと遊んでいる時間はないの。私たちはメシアのところに……」
「えー! 遊んで遊んで遊んで!!」
「……まったく、なんでこんなところに子供がいるんだか。」


……それ、マッハが言うの?


「お願い、私たちをメシアのところまで行かせて。こっちには大事な……」
「嫌よ! せっかく久しぶりに来たお客さんだもん、もっと遊ぶの!」
「……聞いてくれそうにないですね。どうしたものか……」
「はぁ、仕方ないな。……お嬢ちゃん! 俺が遊んでやるよ!」
「マッハ! 時間がないって……」
「分かってるさ。でもこのままじゃ埒が明かない。ここは俺に任せてくれよ。」
「……早くしなさいよ。」


プリンセスさんはプイッとそっぽを向いてしまった。


「何して遊ぶー?」
「こいつはどうだ?」


マッハが見せたそれは……


「……デュエルディスクぅ!?」
「デュエルね! いいよ!」


少女は木から飛び降り、華麗に着地する。その腕にもいつの間にか、デュエルディスクが付けられていた。


「……まさか、ここにもデュエルがあるなんて。」
「当たり前でしょ? ここの住民なら皆デュエルするわよ?」


……本当に、ここはどんな世界なんだ。不思議なことが山ほど起きるのに、デュエルは僕たちのところよりも普及してるなんて……


「俺はマッハだ! お前は?」
「私はナーサリー! マッハ、いっぱい遊ぼうね!」
「言われなくても! 行くぜ……」


マッハとナーサリー、両者がデュエルディスクを構える。



「「デュエル!!」」



今、少年と少女による『遊び』が始まったのであった。





キャラクター紹介

ナーサリー
モチーフ:【御伽現影】作者:ギガプラント様
森の中に住む少女(?)森にはめったに人が来ないため、訪れた旅人を見つけると遊んでくれるまで逃がそうとしない。



【御伽現影】の使用許可を下さったギガプラント様、本当にありがとうございます!
現在のイイネ数 63
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

ター坊
ついにデュエル回ですか。オリカ同士のぶつかり合いは燃えますもんね。 (2015-07-22 08:39)
名無しのゴーレム
ター坊さん、コメントありがとうございます。
ようやく初デュエルです。両者ややクセのあるカテゴリなので、現在デュエル構成に苦悩中です。果たしてどちらが勝つか、お楽しみに! (2015-07-22 10:00)
ギガプラント
分かりやすいながらもちょっと凝った「ナーサリー」という名前が好きです。
もしやこれは私のカテゴリが初デュエルに…!wktkしながら待っております。 (2015-07-22 13:02)
名無しのゴーレム
ギガプラントさん、コメントありがとうございます。
名前は『フェアリー』とかも候補でしたが、さすがに安直すぎるかなぁと思い、こちらの方に決定しました。【御伽現影】の特徴を活かせるように、現在四苦八苦中です!近日中には投稿できると思いますのでお待ちいただければ…… (2015-07-22 13:44)
光芒
こちらでは初めてコメントさせて頂きます。
(自分自身もかつてやっていたことなのですが)小説の2作品同時掲載はかなり大変ですし、皆様のオリカを使って小説を書くとなるとより難易度が増しますよね。
それでもオリカを使ってどのような小説が出来上がるのか、あまりよそ様の作品にコメントする事はないのですが、一読者としてひっそりと作品の行く先を楽しんで読んでいきたいと思います。 (2015-07-23 01:36)
名無しのゴーレム
光芒さん、コメントありがとうございます。
確かに2作品同時はそれなりに厳しいですね。こちらは不定期更新なので、こっちの方の更新が滞るかもしれません。それでも(少なくとも今のところは)どちらも出来る限り早く投稿出来るように努力中です。このSSは色々と手探りな部分も多いので、改善点、あるいはここが良かったなどの意見が頂けると幸いです。 (2015-07-23 07:38)

名前
コメント

スポンサーリンク

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
54 1話 不思議の世界にこんにちは 1420 8 2015-07-20 -
63 2話 メシアの元へ 844 6 2015-07-22 -
51 3話 音速の銃士VS御伽の国の幻 887 4 2015-07-24 -
34 オリカまとめ1 897 4 2015-07-25 -
62 4話 救世の女神 744 2 2015-07-27 -
46 5話 未来都市 フォーチュンシティ 726 6 2015-08-11 -
34 6話 幸運な男 729 4 2015-08-12 -
84 7話 推参、正義のヒーロー! 916 6 2015-08-30 -
92 オリカまとめ2 936 2 2015-09-03 -
45 8話 運命の賢者 736 6 2015-10-22 -
27 9話 姫騎士VS揺れ動く運命 827 4 2015-11-02 -
72 オリカまとめ3 821 6 2015-11-30 -
24 10話 水面写しの鏡 632 2 2015-12-06 -
21 11話 白き刃、移ろう水面 853 4 2015-12-09 -
70 12話 試される意志 857 4 2015-12-14 -
117 13話 水面を侵す邪神 962 10 2016-05-01 -
24 オリカまとめ4 640 0 2016-05-03 -
37 オリカまとめ5 861 0 2016-05-03 -
22 14話 仲違い 663 4 2016-05-06 -
67 七夕記念企画のお知らせ! 1124 14 2016-05-07 -
42 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組① 788 6 2016-06-11 -
39 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組① 693 8 2016-06-17 -
80 七夕記念企画:メンバー集め編、彦星組② 749 10 2016-06-20 -
71 七夕記念企画:メンバー集め編、織姫組② 743 6 2016-06-21 -
62 七夕記念企画:前夜祭 729 14 2016-06-30 -
29 第1戦:爆風を駆ける獣 988 16 2016-07-01 -
34 第2戦:真の強さとは 837 14 2016-07-02 -
24 第3戦:舞い踊る武具 717 10 2016-07-03 -
30 第4戦:不滅の決闘 736 15 2016-07-04 -
31 第5戦:信念のデュエル 802 14 2016-07-05 -
34 第6戦:開演、スペースエンタメデュエル 792 13 2016-07-06 -
22 最終戦:その想い、天の川を越えて 815 14 2016-07-07 -
41 七夕記念企画:お疲れ様会、彦星組編 620 7 2016-07-13 -
92 七夕記念企画:お疲れ様会、織姫組編 786 10 2016-07-17 -
32 七夕記念企画:フィナーレ 614 8 2016-07-29 -
44 七夕記念企画:感想、その他 836 0 2016-07-31 -
103 15話 娯楽都市アミューズ 945 8 2016-12-31 -
26 16話 鮮やかなるトリックスター 476 8 2019-03-12 -
62 17話 最速の男 376 2 2019-03-17 -
43 18話 大罪の邪神龍 382 2 2019-03-22 -
27 19話 たった一つの敗因 334 2 2019-03-27 -
41 【エイプリルフール】新企画始動のお知らせ 319 2 2019-04-01 -
38 20話 天翔る龍使い 354 4 2019-04-02 -
42 21話 研ぎ澄まされし刃 402 2 2019-04-14 -
39 22話 忍び寄る漆黒 329 2 2019-04-22 -
42 23話 戦乱を望む者 411 2 2019-05-03 -
20 オリカまとめ6 333 2 2019-05-13 -
46 オリカまとめ7 406 2 2019-05-13 -
32 オリカまとめ8 292 0 2019-05-18 -
48 オリカまとめ9 399 2 2019-05-18 -
45 24話 凍てつく世界 400 2 2019-06-19 -
53 25話 時空の賢者 397 4 2019-06-26 -
28 26話 救世を拒む復讐の剣 439 4 2019-06-29 -
48 27話 燃え尽きぬ憎悪の炎 455 4 2019-07-03 -
38 28話 運命の選択肢 348 4 2019-07-07 -
50 29話 雪下の約束 335 4 2019-07-11 -
26 30話 再出発 257 2 2019-07-15 -
37 オリカまとめ10 480 4 2019-07-19 -
28 オリカまとめ11 326 4 2019-07-19 -
33 31話 新たな刺客? 305 4 2019-07-21 -
35 32話 忍びの流儀 435 4 2019-07-24 -
22 33話 雪の国の守護者 240 2 2019-07-28 -
26 34話 鉄壁の守護騎士 296 2 2019-08-01 -
19 35話 妖精の導き 291 2 2019-08-05 -
27 オリカまとめ12 348 4 2019-08-08 -
24 オリカまとめ13 320 2 2019-08-08 -
33 36話 温泉街フィアンマ 325 4 2019-08-11 -
29 37話 傭兵と行商人 270 2 2019-08-15 -
27 38話 時空を越えし英雄 308 2 2019-08-19 -
31 39話 燻る炎 301 2 2019-08-26 -
46 40話 張り巡らされた罠 276 2 2019-09-20 -
40 41話 一瞬の勝機 278 4 2019-09-29 -
21 42話 万物焼き尽くす業火 311 4 2019-10-05 -
20 43話 強者の孤独 317 2 2019-10-23 -
15 オリカまとめ14 207 0 2019-11-13 -
27 オリカまとめ15 270 0 2019-11-13 -
22 44話 幻獣の巫女 283 4 2020-01-09 -
11 45話 王を目指す者 160 2 2020-02-17 -
13 46話 君臨者と反逆者 228 4 2020-03-12 -
6 47話 ヒトガタの幻獣 188 4 2020-04-29 -
9 48話 架け橋 143 2 2020-05-11 -
4 オリカまとめ16 187 0 2020-05-19 -
8 幕間 『仲間』 159 4 2020-07-13 -
9 49話 機械の国インダスト 134 2 2020-07-20 -
7 50話 無双の姫君と反逆の機械 162 4 2020-08-05 -
5 51話 作戦会議 105 2 2020-08-30 -
5 52話 強襲 112 2 2020-09-10 -
4 53話 夢見る怪物 102 2 2020-09-17 -
8 54話 底知れぬ闇 135 4 2020-09-24 -
9 オリカまとめ17&告知 118 0 2020-09-30 -
18 SideFortune:何でも屋ハンディ 191 7 2020-10-03 -
9 Side Fortune:怪人ヴィラン 187 6 2020-10-08 -
11 Side Fortune:ゼロに還す者 158 6 2020-10-15 -
9 オリカまとめ18 82 0 2020-10-17 -
5 オリカまとめ19 72 0 2020-10-17 -
10 オリカまとめ20&あとがき 130 2 2020-10-17 -
5 55話 最強の兵器 87 2 2020-10-22 -
7 56話 造られた理由 85 2 2020-10-28 -
6 57話 君臨する女帝 87 2 2020-11-03 -
1 オリカまとめ21 49 0 2020-11-09 -
2 オリカまとめ22&おまけ 78 0 2020-11-09 -
9 58話 孤独の女王 92 2 2020-11-10 -
7 59話 王女と女王、そして 106 4 2020-11-16 -
11 60話 時を紡ぐ剣 102 2 2020-11-21 -
11 61話 黒き意志 106 2 2020-11-26 -
8 62話 王の進む道 111 4 2020-12-01 -
4 63話 傷の深さ 67 0 2020-12-07 -
3 オリカまとめ23 49 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ24 47 0 2020-12-14 -
2 オリカまとめ25 66 0 2020-12-14 -
3 64話 癒えない傷痕 61 2 2020-12-16 -
13 65話 忍の里 73 0 2020-12-21 -
4 66話 契約 67 2 2020-12-27 -
2 67話 生きる覚悟 47 2 2021-01-02 -
8 68話 影に潜む者たち 41 0 2021-01-08 -
4 69話 正反対の2人 26 0 2021-01-15 -

更新情報 - NEW -