HOME > 遊戯王SS一覧 > 遊戯王5D´s 外伝 > 【第十一話】闇の中の城

遊戯王5D´s 外伝/【第十一話】闇の中の城 作:うおさ123

「決闘!!」

 紫のローブを着た男と龍亜が叫ぶ。

「と、言いてえトコだが、こんな小さい場所で戦うんじゃつまんねえ。どっか広いトコねえのかよ、チビシグナー?」

 その男は変わらない、軽い口調で言う。そう、ここはただの保健室で、決闘するには少し狭い。しかし、問題はそれだけではない。

――龍可もあいつは危険だって言ってたし、ここで戦うのは危険だ。何より学校のみんなも危ない目に合わせちゃう。ここはあいつの言ってることに従おう。

「分かったよ、近くの山まで案内する。ここから30分位かかるけど……」
「いや、そんなにかかんねえ~……よ!!」

 男は龍亜の言葉を途中で遮ると、龍亜を担ぎ上げ、窓の外に向かって飛び上がった。

「うおっ!」
「龍亜!」

 龍亞と龍可が叫んだ。

「安心しろよ、別に決闘以外でこいつに何かしようなんて思っちゃいねえよ。」
「龍亜ー!!」

 そういったのが最後、男と龍亜は完全にその場所から消えた。



―とある空間―

 その場所は暗くじめじめした、正直人が住む場所のようには見えない奇妙な城だった。だがそれも当然といえば当然で、そこに住むのは人ではないからだ。

「帰ったぞ。」

 その一室、城の頂上にあるおそらく城主の部屋であるその場所に、黒いローブを着ている男が突如現れ、そう言った。暗くてよく見えないが、横に青いローブを着た小柄な人物もいた。しかし何も喋らなかった。

「帰っただと、ろくな成果も上げずにおめおめと帰ってきおって。」

 部屋の中に太い男の声が響く。喋り方は古臭いが、老いている声ではない。さっきの男の声が響かなかった事から、この人物は何かが違うのだろう。音源は明かりもついていない部屋の奥から聞こえる。暗すぎて輪郭すら見えない。

「貴様、何故ジャック・アトラスを逃がした。それにシーニ、あの程度の者に何故負けた? シヴァが使えないとはいえ、お前が負けるような相手ではなかろう。」
「不動遊星は危険な男、だからこそ精霊と接触出来ないにもかかわらずナンバー2に選ばれた。下手に倒して奴の成長を促しては大変な事になる。確実に殺すためには神獣の力が必要不可欠。」

 シーニと呼ばれた、青いローブを着た女が端的に喋る。

「いつもより饒舌だな。だがまあ奴は、敗北によって力をつけた事が何度か確認されている。慎重になっても損は無かろう。」

 男はある程度は納得したように呟く。

「だが問題は貴様だ、ジード。いくら奴が計画の妨げになりえん存在とはいえ、無視はできない相手だ。何を考えている。」
「何、手負いの虎をやるのも興が醒める、そう思っただけさ。」

 高飛車な口調を崩さず、ジードという名であろう黒いローブを着た男はそう言う。

「ふん、まあいい。だがジャック・アトラスの生存が今後の計画に支障をきたす様なら、その時は責任を持って貴様が始末しろ。」
「解っている。」

 男は半分あきらめたようにジードに忠告する。

「それと優先ナンバー3の龍可のもとには、ディアロを送り込んで置いた。」
「いいのか、奴は腕は立つが、「面白い事」にしか動かないはずだが。そんな精霊使いの、決闘向けの敵でない者の抹殺なら尚更だ。」
「ふ、それに関しては心配ない。龍可のを守っているのは優先ナンバー1の者だ。奴にはうってつけの任務だろう。」

 男がニヤリと笑ったような気がしたが、何も見えない暗闇にただ不気味さが増しただけだった。



―裏山―

ドサッ

 デュエルアカデミアからひとっ跳びで来た紫のローブを着た男は脇に抱えた龍亜を草の上に落とす。

「いでっ!」

 龍亜はいきなり落とされたことに反応できなかったため、受け身をとれずに頭から落ちた。が、ようやくボー、としていた頭が回り出したようで、今いる場所を認識した。ここはデュエルアカデミアの1キロ先にある小さな山で、ここもデュエルアカデミアの所有地である。たまに郊外でデュエルするために使用されるが、ほとんど誰も来ない。

―――ここなら誰も巻き込まないですむ。

「待ちくたびれたぜ! 早く決闘しようぜ!」

 そう言い終わるよりも早く、デュエルディスクを構える。この距離の移動がひと飛びというところからも解ると思うが、軽い口調で喋るその男の雰囲気は異常、いや狂っているとも言える物だ。

「解ってるよ! 俺も最初っからそのつもりだ!」

 龍亜もデュエルディスクを構え、気合を入れ直す。

「決闘!!」

 決闘が始まる。


   続く

アレ?? この回は決闘シーン満載のはずだったのに、何故こうなった!?
という筆者の気持ちは放って置いて下さい。(さすがに次回は決闘シーン大量です……)
現在のイイネ数 7
作品イイネ
↑ 作品をイイネと思ったらクリックしよう(1話につき1日1回イイネできます)

名前
コメント

同シリーズ作品

イイネ タイトル 閲覧数 コメ数 投稿日 操作
16 【第一話】謎の男 1133 0 2012-12-19 -
8 【第二話】ダークシンクロ再び 1179 0 2012-12-23 -
28 【第三話】ジャック敗北!? 808 0 2012-12-24 -
20 【第四話】遊星への刺客 786 0 2012-12-24 -
26 【第五話】猛攻 667 0 2012-12-25 -
11 【第六話】反撃 654 0 2012-12-27 -
5 【第七話】決着 947 0 2012-12-29 -
28 【第八話】敵の正体 803 0 2013-01-03 -
5 【第九話】対話 861 0 2013-01-06 -
16 【第十話】三人目の刺客 975 0 2013-01-12 -
7 【第十一話】闇の中の城 651 0 2013-01-22 -
21 【第十二話】デモンズVS龍亜! 656 0 2013-01-23 -
15 【第十三話】モンスター 693 0 2013-01-30 -
12 【第十四話】龍亜の仲間 743 0 2013-02-07 -
31 【第十五話】デモンズ・アニマ 1252 2 2013-02-28 -