HOME > 掲示板 >  雑談掲示板 > オリカカテゴリを紹介

雑談掲示板

オリカカテゴリを紹介

作ったオリカカテゴリを紹介し合いませんか。

どうも最近このサイトを利用させて頂いていくようになった者です。
このサイトでは様々なオリカを見ることが出来ますよね?しかしカテゴリとして沢山のカードが出ている場合、一枚一枚で興味を持ってもらうのは難しいと思います。そこでカテゴリ全体としての特徴を紹介し合い、カテゴリごとに興味を持っていただくのはどうかと思いました。
「自分の作ったオリカカテゴリを知ってもらいたい」という方がいらっしゃいましたら、是非とも紹介してみて下さい。

ギガプラント [#a902d]
更新日時:2013/05/01 22:05 修正・削除・ロック


コメント数306閲覧数22815
スポンサーリンク

Re:オリカカテゴリを紹介

貯まったカテゴリ紹介を。

【地平器】(ちへいき)
「それ」は地平を覆う脅威。
 それぞれ特定属性の機械族モンスター3体を手札・場・墓地から除外して特殊召喚される大型モンスター6体と、六属性の機械族モンスターを除外して特殊召喚される融合モンスター「It」で構成されたカテゴリです。それぞれが固有効果に加え、フィールドを離れた際の効果を持ち、非常に大ぶりなモンスター達になります。
「It」は4800打点、5回の身代わり効果と、身代わりを使用する度に機械族をコスト・制限なしでリクルートする化け物になっています。このカードをどう出すかによって、このデッキの強さが決まるでしょう。
 非常に不安定ですが、一応カテゴリデッキとして動かすことは可能です。防御札や突然の大型モンスターで時間を稼ぎ、Itの召喚につなげましょう。

【―】(ダッシュ)
変則4コースのミニチュアレース
 自分のモンスターがいない条件で特殊召喚され、リリースすることで効果を発動するレベル1の機械族「―」
 レベル1を3体集めてEXから現れる各召喚方法の「――」
 「――」2体で現れる「T―」など、色々な召喚方法で段々強くなっていくカテゴリになります。
 ひたすらモンスターを並べることに長けているため、既存のレベル1デッキに突っ込むことも可能。反面、だからこそ「―」として戦う強みが薄いのは欠点かもしれません。

 いつも通り、カードの追加・使用は自由に、お気軽にどうぞ。

kaTe [#dc2b5]
更新日時:2018/11/04 13:48 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

「S・A(シールド・アクション)」
罠カードだけの(やや)異質なカテゴリー。主にセットされた状態で破壊されたときの効果と自分フィールド上のカードが破壊された時に発動できるのが特徴。また、自分のフィールド上のモンスターが相手モンスターよりも少ない時には強力な追加効果を得られるのも特徴。

ホープ [#9fe15]
更新日時:2018/11/04 18:42 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

大分前に作った2つのオリカカテゴリを調整し終わったので紹介します。

「AS(アナザーストーリー)」
黒ローブを纏う謎の集団。虚空から現れ何かして虚空に帰っていく姿がたまに目撃される。あいつら何がしたいんだ…?まさか、世界征服じゃないだろうな!?

ランク4エクシーズを主軸とするカテゴリ。
レベル4モンスターは共通して闇属性、「手札・墓地からASモンスターを除外して、自身を特殊召喚+αする手札誘発」「自身が除外された場合に発動する誘発効果」を持っています。
つまり全部相手ターンに発動できる!相手ターンに妨害やら展開やら好きに出来るんですよ!
そして手札誘発は自分のターンにも発動できる!展開には困らない!
Xモンスターも除外に関係する効果を多く持ちます。
除外メタは、やめてね。

「冥騎士」
どのゲームでも居そうなアンデッドの騎士。自分達を滅ぼした存在に復讐する日まで、その躯は動き続ける・・・。

アドバンス召喚を軸としたカテゴリ。
個々のカードパワーは非常に高く、最上級冥騎士は1体で盤面を制圧できるほどのポテンシャルを備えいる。しかし、特殊召喚による展開にあまり頼ることはできないのが難点。
mtgのキーワード能力「滅殺」から構想を得た、「攻撃宣言時に相手に処理を強要させる除去」を共通して持つ。これがあることで完全耐性を無視して除去を行う事が可能になる。
他に「自軍冥騎士を強化する効果」「墓地・除外メタ効果」を多く待つ。

夏将軍 [#e0186]
更新日時:2019/01/17 23:54 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【舞踏翼(バイラアーラ)】
炎属性・天使族で統一されたカテゴリ。
モンスターには儀式魔法に反応して手札に戻る共通効果があるのが特徴。
儀式モンスターは単騎の場合のみ強力になる性能をしており、単騎の場合にのみ使えるサポートカードもある。

儀式以外のモンスターは、フラメンコの曲種の名前が元ネタとなっている。
カテゴリ名の由来はスペイン語で女性舞踊手を意味するバイラオーラ(Bailaora)と翼を意味するアーラ(Ala)から来ています。

ギガプラント [#9374b]
更新日時:2019/03/30 23:17 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

皆さんどもです。けやぐです!( ≧∀≦)ノ
折角なんで私が現在進行形で作成してるオリカを紹介して行きたいと思います!( ≧∀≦)ノ

【七星宿】
“ナナアスタス”と読ませます。

まず名前の由来ですが、“ナナ”は良いですね。そのままですw

星を“アスタ”と言うのは実はこれ、ギリシャ語の“アスターリー”
宿の“ス”は、中国語の“スウ”から文字って
ナナアスタスと言うことでございます!( ≧∀≦)ノ

そして属するモンスター軍は、1995年にアニメ放送されたふしぎ遊戯と言う作品なのですが、もう1つ、曜宿、二十八宿がモチーフとなっております。
なのでね、少なくともモンスター28種類いまして、さらにそこに四神が入りーの、更にいくつかの軸が存在するんですね。
単体型、複数型と言う具合にね。

更にそこにオリジナルで、黄龍も仲間に入れちゃいます!( ≧∀≦)ノ

動かし方は、召喚成功時に手札から七星宿モンスターを捨てて何かしらの効果が発動、または墓地で発動するタイプが多いのかな?

朱雀チーム7種類の内、6種類が下級モンスターで、1種類がメインとなるモンスター+朱雀+覚醒版+召喚士リメイク・・・・
青龍チームでも、玄武チームでも、白虎チームでも、同じようにして行きます!

これはですね、正直28種類じゃ無理です(°▽°)

黄龍チームだけはですね、ネタバレしますと、全体サポするような効果にして行きたいと思います。
かと行ってね、無理があるので、このカードはここのチームと特に相性良いよーって言う感じにして行きたいと思います!( ≧∀≦)ノ

召喚士リメイクは全てリンクモンスターにする予定ですので、5種類確定ですw
玄武チームの召喚士と、白虎チームの召喚士の効果がまだ決まってません( ;∀;)
しかも白虎チームはふしぎ遊戯の原作が進んでいないだけに白虎チームだけはかなり時間掛かると思います( ;∀;)

それからね、ふしぎ遊戯とは全く関係ないような、二十八宿モチーフ側の名前を使って行こうかなと思います。

長文最後まで読んで頂きありがとうございました!( ≧∀≦)ノ
以上です!

けやぐ [#45281]
更新日時:2019/04/02 02:23 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

作成中ですが…
【ルルル】
全てのモンスターが☆4。
あと例外も色々ありますが、基本は地属性の戦士族。
大抵のモンスターが「ルルル」がいるときに強くなる。
それによって、お互いがお互いを強化しながら戦うカデコリ。

ちなみにモチーフはRPG。
剣士や魔法使い、召喚獣など、ドラ〇エのようなモンスターが多数。

Dark [#4edef]
更新日時:2019/04/06 09:54 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

新しいカテゴリの作成が終わったので紹介したいと思います。
【創世姫】
読みは「ジェネシックプリンセス」で、儀式召喚とペンデュラム効果を駆使しつつカウンター罠によるカウンタービートを主体として戦います。カテゴリ名の由来としては、旧約聖書「創世記」+「姫」を合わせたもので、モンスターは全て創世記に登場する女性の名前を引用しております。また、このカテゴリをサポートするカウンター罠には「創世聖書(ジェネシックバイブル)」の名前が含まれています。
そして、このカテゴリにおけるキーカード「創世の儀式(ジェネシック・リチューアル)」によって、手札・フィールドからモンスターをリリースすることなく儀式召喚を可能にしました。

とうかいりん [#afd0a]
更新日時:2019/04/12 19:53 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

これから小説で出そうと思っている、新しいカテゴリを紹介したいと思います。
【イモータル】
アンデット族で、チューナーを擁するシンクロ召喚を主体とするアンデシンクロのカテゴリ。イモータル=不死者という意味の通り、破壊されてもエンドフェイズには墓地から特殊召喚できる、アンデットらしい不死の特性を持っている。戦術としては、破壊してアンデットを墓地に溜めてから、墓地から特殊召喚してシンクロする戦術をとる。
メンデッキに入る『イモータル』モンスターは、破壊されたらエンドフェイズに墓地から特殊召喚できる共通効果を持ち、エクストラデッキから特殊召喚される『イモータル』モンスターは破壊されたら即座に墓地から特殊召喚できる違いがある。そのため、魔法・罠は破壊を介する効果が多い。
元ネタは、遊戯王OCGと同じくKONAMIから発売されたゲームである太陽アクションRPG『ボクらの太陽』に出てくる敵キャラであり、人としての生死を拒んだ闇の一族のことを指す。太陽の光を受けない限り不老不死であり、倒しても太陽の光で浄化しないと時間が立てば復活してしまう。これを再現するために、破壊されても墓地から復活する効果を持つ。モンスターの名前は、元ネタに登場する雑魚敵やボスから基本取られている。

イクス [#95a89]
更新日時:2019/04/24 20:58 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

【音壊(おんかい)】
闇属性で統一されたカテゴリ。
自分の場のモンスターを攻撃力0にするというのがテーマで、音壊モンスターの殆どは攻撃力が0のとき特別な効果を使えるものになっています。
各種リンクモンスターは「このカードのリンク先のモンスターの攻撃力は0になる」という共通効果を持っており、音壊モンスターたちのポテンシャルを引き出してくれます。リンク2以上のモンスターは素材に攻撃力0のモンスターを指定しており、このリンクモンスターの効果以外にも自分の場のモンスターの攻撃力を0にするカードは多数揃っています。

カテゴリ名は「音階が壊れる」→「攻撃力が0になる」というところから。
個別の名前は動物の名前+音楽のジャンルが元ネタ。
リンクモンスターの名前は音楽ジャンル+ソロ,デュオ,トリオ,カルテット(リンクマーカーの数に応じて変化)という形式になっています。

作ってみて、思ったより多様なことができるテーマだと思いました。攻撃力が0のとき使えるおまけ効果が割と強めに設定できるのが良かったかも。
OCGには相手の場の攻撃力を0にするレプティレスやゴルゴニックといったテーマがあるため、それらと差別化することを意識しました。相手の場の攻撃力を下げるならともかく、自分の場のモンスターを弱体化させるなんてこと普通はやらないので奇抜すぎたかな~と思っていましたが、モンスター効果主体で戦えて案外しっかりしたテーマになったんじゃないかな~と思っています笑。

お好みでカードの追加やSSの参戦などご自由にどうぞ!

ユフリ [#3084e]
更新日時:2019/05/11 13:44 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

前回の紹介から間が開いたので満足したカテゴリを三度紹介をば。

【あっちこっちリメイク】
元ネタは異識氏の漫画「あっちこっち」より。ニヨニヨ系ということで攻撃はせずにニヨニヨさせてロックしつつバーンを与える謎カテゴリの現環境リメイク版。前回より展開、ロック、バーンが微強化された(または変更した)上、新規として融合とリンクモンスターも搭載。

【オーロライト】
オーロラの如く現れたり消えたりするペンデュラムカテゴリ。相互強化やシンクロ召喚、LUS(レベルアップシンクロ)など集まれば集まるほど強力になる性質を持ち、ハンドアドとボードアドに長ける。その分素打点は低めなのでペンデュラムゾーンに置いて展開と強化、フィールドで大量展開からのシンクロ召喚とペンデュラムの特性とイメージを十二分に活かす。

【チアブルーム】
自作SSで登場した、花のチア妖精たちが応援しまくる植物族カテゴリ。高レベル・ランクロックと直接攻撃とバーンを得意とする。切り札の「チアブルーム・ガーベラ」を出して特大バーンダメージを狙う、展開して応援すればするほど強力なロックとバーンダメージとなるカテゴリ。

【虹翼(レインボーウィング)】
自作SSで登場した、エンタメに長けたペンデュラムカテゴリ。サーカスの表と裏方を担当するモンスターを回し、演出重視でデュエルを盛り上げていくカテゴリ。

【ギリシア神話「オリュンポス十二神編」】
前回の「ニュクスの子編」の続き。全知全能の神ゼウスをはじめとしたオリュンポス十二神を扱う神カテゴリ。ただでさえ重いニュクスの子をリリースするという超重カテゴリで、どれも神レベルの超強力な効果を持つ。

【Rebirth】
1人の天使と6人の悪魔(と魔法少年)によるストーリー型カテゴリ。主に相手ターンで展開や妨害などアドを得る、自分の行動ターンがリバースしたような動きをする。その妨害は相手の手札が多いほど強力になる、敵に塩を送るカテゴリ。そして最後には「Rebirth」で全てを消し去った挙句に覚醒した天使で超強力な妨害をかけると相手は何もできない。

【デジバグリア】
現在投稿中カテゴリ。「デジタリア」「バグリア」「ヴァイルス」「メモリア」の続編。バグリアたちがデジタリアのようにパソコンのシステムとしての役割を得て変化した、つまるところバグリアのリメイクカテゴリ。バグらしく除外を駆使して戦う。

にしん [#e04ae]
更新日時:2019/05/12 05:44 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

久しぶりに投稿してみます。

【雷滅】
サイキック族・光属性で統一されたカテゴリ。
一部のモンスターが「戦闘を行った相手モンスターと融合する」という効果を持っており、これを利用して相手モンスターを除去しながら自分の場を強化していくのがテーマ。
融合帯には他ではあまり見ない条件の素材を必要とするものが多く、原則として「雷滅」モンスター+特定の条件を満たしたモンスター(例えば通常召喚されたモンスターなど)。
相手の立ち回りによって出てくる融合モンスターが変わるのが楽しみなポイントかも。

【国士龍】
レベル1の機械族「国士龍装」とレベル9の幻竜族「国士龍」を擁するペンデュラムカード群。
スケールは0から10と大きいが、レベル1と9のモンスターしかP召喚できない特殊な制約を持ちます。
レベル9の国士龍は攻撃時に強大な効果を使える代わりに攻撃にレベル1モンスターのリリースが必要で、レベル1の国士龍装はリリースされた時の効果を持ち国士龍をサポートします。
国士龍装の力で細かくアドバンテージを稼ぎ、国士龍の強力な攻撃時効果を決め手とした分かりやすいテーマです。
名前の由来は麻雀の役「国士無双」から。

【ジェスター】
魔法使い族・闇属性で統一されたカテゴリ。
「発動後セットされる」「セットされた状態からは発動できない」という特殊な魔法罠カードが軸になっており、モンスター群はセットカードに関連した効果を持つものが多いです。
魔法罠の発動により場にセットカードを残し、それらをリソースとしてジェスターモンスターの効果が起動します。
「使ったカードは墓地へ行く」という常識を無視しているので変な挙動をするのですが、慣れたら楽しいだろうなぁと思って作ったテーマです。
最初は「ジェスター・ロード」の効果を活かすテーマにしたかったのですが、関連カードを作っていくうちにセットカードをリソースにする考え方にたどり着いたという奇妙な経緯があります。

ユフリ [#ea8f4]
更新日時:2020/03/20 15:59 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

ちょこっとだけ現在作成中のをー

【月兎(ルナリアン)】
月に棲む高度なテクノロジーを持つウサギの姿をした獣人と、彼等の開発した兵器によるカテゴリ。
メインデッキは獣戦士族、EXデッキは機械族で、EXはリンクモンスターのみとなる。
メインデッキのモンスターはリンクモンスターに効果や耐性を付与しつつ効果で展開、相互リンクによる効果付与やリンク先モンスターを活かして攻めていく。

獣人好きから始めたカテで、今は消えた某所のSSでもちみっと出してたカテだったりもして。供養がてら当時は考えてなかったカードも考えつつ作成中です。

銀燕 [#f9624]
更新日時:2020/12/23 22:04 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

 このスレッドへの投稿は、今回が初めてとなります。

 私は、「ワンストップ」という名称のオリカカテゴリーを構想しています。
 「ワンストップ」とは、いろいろな相談や、手続き等を一括して行う事務所・法人のことです。
 そこには、司法書士や、行政書士や、社会保険労務士・・・などといった、難関国家資格の有資格者が多数在籍しているため、専門的な仕事をまとめて行うことができます。
 しかも、これらの難関資格を2つ以上組み合わせると、大きな相乗効果を得ることができます。

 これを完成させると、あの「E・HERO」(エレメンタル・ヒーロー)のような大所帯になることが予想されますが、私は大量のオリカを、一度にまとめて考案するのが苦手なので、作るのに苦労しそうです・・・。

 なお、レベルおよびステータスは、国家試験の難易度(平均合格率など)に比例して高くする予定です。
 効果およびエクストラモンスターの組み合わせは、仕事の内容や、試験の科目などに対応させる予定です。

祐作 [#a7877]
更新日時:2021/01/11 16:21 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

[遊愚]シリーズの紹介です。
相手フィールドゾーンに(遊愚)モンスターを表側表示で置きながら、妨害や展開をしていきます。
現在製作途中ですが、すでに10枚に到達したので大所帯のテーマカテゴリーになりそうです。
基本的な動きは、(遊愚)モンスターを相手フィールドゾーンに表側表示で設置(その効果で展開の補助)→相手フィールドゾーンに(遊愚)モンスターがいる場合に特殊召喚できるモンスターで、強引にダークシンクロをしていきます。(マイナスではなく、シンクロの反対の引き算としてのダークシンクロです。)
シンクロモンスターは、相手フィールドゾーンに干渉する効果と各種妨害をしていきます。
イラスト付きで投稿していますが、特徴として。
☆「遊愚の○○(遊具の名前の一部)」→公園の遊具モチーフで身体の一部がデザインに入っている。
☆「大遊愚:○○(アトラクションの名前の一部)」→遊園地のアトラクションモチーフで身体の一部がデザインに入っている。
例外として、Sモンスターは2つ以上の遊具やアトラクションが混ざったデザインになっていますので、イラスト含めて見ていただけると嬉しいです。

荒船 [#dc373]
更新日時:2021/03/21 17:32 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

 〈前回の続き〉

 「ワンストップ」カテゴリーのモンスター(特に、独占業務に該当する国家資格をモチーフにしたモンスター)は、1ターンに1度、何らかの汎用魔法カードと全く同じor類似した効果を使うことができます。
 しかも、彼らは汎用性も高い上、全員が光属性・魔法使い族というサポートカードにも恵まれた種族・属性であるため、他のカテゴリーデッキにも簡単に入れる(出張させる)ことができます。
 一例を挙げると、こうなります。

 ①:「ワンストップ・アドミニスター」と、「ワンストップ・ジャジカル」は「○○の書」に関連した効果を持つため、デッキ破壊系のデッキや、リバースモンスターを多用するデッキとの相性が非常に良い。
 しかも、「ワンストップ・セクレタリー」という、発動するリバース効果を選択できるリバースモンスターまでいるため、上記の3枚で出張セットを組むことも可能である。

 ②:「ワンストップ・ペンション」と、「ワンストップ・ペイロール」は相手にバーンダメージを与えて、尚かつ自分のライフまで回復させる効果を持っているため、バーン系のデッキと相性が良い。
 特に、「キュアバーン」デッキとの相性は最強である。

 ③:「ワンストップ・タックスアコータント」と、「ワンストップ・レジスター」は自分のスタンバイフェイズ毎にコイントスを1回行うことで、このターン自分の払うライフコストを半減させる効果を持っている。
 しかも、効果の発動条件は「タックスアコータント」が表、「レジスター」が裏になっているため、2体を共存させると、どちらに転んでも毎ターン、自分の払うライフコストを半分に減らせることになる。

 ④:「ワンストップ・サベヤー Lv6」と、「ワンストップ・サベヤー Lv4」の師弟コンビをPゾーンに置くと、自らの効果で毎ターン、ペンデュラム召喚可能なモンスターの範囲を広げることができるため、ペンデュラム召喚を多用するデッキとの相性が非常に良い。

祐作 [#1511d]
更新日時:2021/03/24 22:28 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

最近作成のを

【ガードゴイル】
城や拠点を守るために造られた、魔法によって動く石像の悪魔と、それに携わるものたち。名前はガード+ガーゴイル

罠としても扱う罠モンスターを主軸に、それをサポートするモンスターやカードで構成、主力の罠モンスターは基本的にモンスターカード化した時は地属性・岩石族になる。また、セット時に破壊されたときに効果を発動する者が多い。

【竹林】
竹林の七賢がモチーフ。東方の国のとある竹林で隠遁する者達。実在の『竹林の七賢』とは名前ぐらいしか関係が無い。
魔法カードをコストにして効果を発動したり、召喚・特殊召喚などで「竹林」魔法をサート・リクルートしたりと魔法使い族のみで魔法カードに関る効果が多い。「竹林」魔法カードは墓地から除外などしていくことで効果を発動していく。

まぁいずれも過去に他所で作っていたものを調整したりして投下したもので、バランスなどは微妙な気がしますが(汗)目を通していただけると幸いです。



銀燕 [#2c38a]
更新日時:2021/03/28 15:14 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

 私は現在、「ワンストップ」カテゴリーの第2次の製作を進めています。
 第1次では主に、弁護士や、公認会計士や、中小企業診断士などといった、法律・会計・ビジネス系の業務独占資格に関連したものを製作しました。
 第2次では、建築士や、測量士や、宅建士(宅地建物取引士)といった、建築・不動産関連の業務独占資格に関連したものが主体となります。
 今回の規模拡大により、「ワンストップ」カテゴリーの総数は20種類から、30種類に増加しますが、それ以外の特徴はほとんど変えていません。

 いずれにしろ、第2次の分が全て揃えば、より柔軟なデッキ構築が可能になること、間違いなしです!

祐作 [#b49ac]
更新日時:2021/04/03 22:17 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

初めまして、バカッターです。
以下のカードの改造・使用に関してはご自由にお使いください

【HUGE】カテゴリ(全属性・魔法使い族)
レベル4以下(小型)から5・6(中型)、7・8(大型)、9・10(魔「ギガント」型)、切り札はレベル11・12(特「アストラ」型)で呼称され、墓地からデッキに戻すことで上のレベルのモンスターをデッキから特殊召喚する。

【幻界団】(闇属性・アンデット族)
LPを払い墓地から特殊召喚出来る。またデッキを削り相手を妨害する。

バカッター [#82ad1]
更新日時:2021/04/29 13:45 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

はじめまして、Coボレッタと申します。
私の制作している【ダイアリーパー】を紹介しに上がりました。

コンセプトとしましては、高いリクルート性能を持つ融合モンスターを素材としたエクシーズテーマです。

モチーフは日記を意味するダイアリーと、死神を意味するリーパーからで、基本は暦のイベントや月のイベントをモチーフとしています。

また、高いリクルート性能から想像が付かない程の盤面制圧能力も持っています。

制作は色々と滞っていますが、近いうちに専用魔法・罠カードを制作予定です。

Coボレッタ [#eda39]
更新日時:2021/04/29 14:10 修正・削除


Re:オリカカテゴリを紹介

久し振りの投稿

天干獣のカテゴリ、遂に終わりました!
長かった!( ;∀;)

テーマの内容は、モンスター全てがPモンスターで構成され、十二支と十干を合わせた十干十二支をモチーフにしてます。
何それって方でも、1度は耳にしたことがある言葉。
野球甲子園の“甲子”等が、それに当てはまります。それが全部で60種類ととても膨大な数となっております。
そして陰陽五行の属性を取り入れている為、複数の属性として扱う効果を持っています。
中には1種類しか持っていないモンスターもいますが、それはミスではありません。

基本属性のそれらには、ある特性があります。
風属性:手札に戻しながら展開。シンクロ軸
火属性:相手にバーンダメージを与えつつ展開 儀式軸
水属性:墓地に送りながら展開。融合軸
地属性:回復しながら展開。エクシーズ軸
光属性:除外しながら展開。リンク軸

これら5つの属性が複数あることにより、双方の特性を持っていたりとしますので、前回投稿した七星宿よりも構築難易度激高で回しも激難だと思いますw

だけどその分、壊れなんじゃないかと思う程の性能を持っているカードもある為、使いこなしたら滅茶強いはずですw
因みに、俺は作って起きながらこんな事言うのもあれだが、絶対に触りたくありませんw
回したくありませんwww
小説で使いたくありませんwww

ド変態を極めているカテゴリになっていると思いますw

回せるもんなら回してみろ、構築できるもんなら構築してみろ。
デュエリストが滝のように涙を流すこと間違い無し初見ゴロしもいい加減にしろ!と泣いているのか怒っているのか分からなくすると思いますw

投稿はここで終わりますが、今後もしかしたら、魔法・罠で何か出すかも知れません。

ここまで読んで頂きありがとうございましたm(__)m

けやぐ [#a8879]
更新日時:2021/05/03 14:22 修正・削除


1 2 3 4 5 6 7 8   >>

上記へのコメントとなります。
名前*
アイコン
URL(使用不可)
タイトル*
内容*
パスワード*


更新情報 - NEW -