HOME > デッキレシピ一覧 > 【ガチ構築:1月改訂対応】オルフェゴール

【ガチ構築:1月改訂対応】オルフェゴール デッキレシピ (ムーズィカさん 投稿日時:2018/07/17 20:29)

※「デッキメーカーで見る」を押した後に登録した場合は、新規登録となります。
※自分のデッキを編集する場合は、「カード編集」ボタン押した画面で編集してください。
  


閲覧数10632 評価回数54 評価498 ブックマーク数3
ドローカード


星杯(せいはい)・星遺物(せいいぶつ)【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。
星遺物-『星杖』デッキカード画像 亡龍の戦慄-デストルドーデッキカード画像 オルフェゴール・トロイメアデッキカード画像 オルフェゴール・トロイメアデッキカード画像 サイバース・ホワイトハットデッキカード画像 ダーク・グレファーデッキカード画像 ダーク・グレファーデッキカード画像 終末の騎士デッキカード画像 終末の騎士デッキカード画像 終末の騎士デッキカード画像 オルフェゴール・ディヴェルデッキカード画像 オルフェゴール・ディヴェルデッキカード画像 オルフェゴール・ディヴェルデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 オルフェゴール・スケルツォンデッキカード画像 オルフェゴール・スケルツォンデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 夢幻崩界イヴリースデッキカード画像 夢幻崩界イヴリースデッキカード画像 夢幻崩界イヴリースデッキカード画像 オルフェゴール・カノーネデッキカード画像 ジェット・シンクロンデッキカード画像 フォーマッド・スキッパーデッキカード画像 フォーマッド・スキッパーデッキカード画像 フォーマッド・スキッパーデッキカード画像 ワン・フォー・ワンデッキカード画像 増援デッキカード画像 オルフェゴール・プライムデッキカード画像 オルフェゴール・プライムデッキカード画像 おろかな埋葬デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 オルフェゴール・バベルデッキカード画像 御前試合デッキカード画像 御前試合デッキカード画像 御前試合デッキカード画像
ヴァレルロード・S・ドラゴンデッキカード画像 オルフェゴール・ガラテアデッキカード画像 オルフェゴール・ガラテアデッキカード画像 ヴァレルロード・ドラゴンデッキカード画像 ヴァレルソード・ドラゴンデッキカード画像 トロイメア・マーメイドデッキカード画像 トロイメア・マーメイドデッキカード画像 トロイメア・マーメイドデッキカード画像 オルフェゴール・ロンギルスデッキカード画像 トロイメア・フェニックスデッキカード画像 リンクリボーデッキカード画像 トロイメア・ユニコーンデッキカード画像 水晶機巧-ハリファイバーデッキカード画像 トポロジック・ボマー・ドラゴンデッキカード画像 トポロジック・ボマー・ドラゴンデッキカード画像
モンスター( 28枚 / 14種) 魔法・罠( 12枚 / 7種) エクストラ( 15枚 / 11種)
▼最上級( 4枚 / 3種)
1 闇 8《星遺物-『星杖』
1 闇 7《亡龍の戦慄-デストルドー
2 闇 7《オルフェゴール・トロイメア

▼上級( 1枚 / 1種)
1 光 6《サイバース・ホワイトハット

▼下級( 23枚 / 10種)
2 闇 4《ダーク・グレファー
3 闇 4《終末の騎士
3 闇 4《オルフェゴール・ディヴェル
2 炎 3《灰流うらら
2 闇 3《オルフェゴール・スケルツォン
3 地 2《増殖するG
3 闇 2《夢幻崩界イヴリース
1 闇 1《オルフェゴール・カノーネ
1 炎 1《ジェット・シンクロン
3 光 1《フォーマッド・スキッパー
▼魔法( 9枚 / 6種)
1 《ワン・フォー・ワン
1 《増援
2 《オルフェゴール・プライム
1 《おろかな埋葬
3 《墓穴の指名者
1 《オルフェゴール・バベル

▼罠( 3枚 / 1種)
3 《御前試合

▼シンクロ( 1枚 / 1種)
1 闇 8《ヴァレルロード・S・ドラゴン

▼リンク( 14枚 / 10種)
2 闇 《オルフェゴール・ガラテア
1 闇 《ヴァレルロード・ドラゴン
1 闇 《ヴァレルソード・ドラゴン
3 水 《トロイメア・マーメイド
1 闇 《オルフェゴール・ロンギルス
1 炎 《トロイメア・フェニックス
1 闇 《リンクリボー
1 闇 《トロイメア・ユニコーン
1 水 《水晶機巧-ハリファイバー
2 闇 《トポロジック・ボマー・ドラゴン
モンスター( 28枚 / 14種)
▼最上級( 4枚 / 3種)
1 闇 8《星遺物-『星杖』
1 闇 7《亡龍の戦慄-デストルドー
2 闇 7《オルフェゴール・トロイメア

▼上級( 1枚 / 1種)
1 光 6《サイバース・ホワイトハット

▼下級( 23枚 / 10種)
2 闇 4《ダーク・グレファー
3 闇 4《終末の騎士
3 闇 4《オルフェゴール・ディヴェル
2 炎 3《灰流うらら
2 闇 3《オルフェゴール・スケルツォン
3 地 2《増殖するG
3 闇 2《夢幻崩界イヴリース
1 闇 1《オルフェゴール・カノーネ
1 炎 1《ジェット・シンクロン
3 光 1《フォーマッド・スキッパー
魔法・罠( 12枚 / 7種)
▼魔法( 9枚 / 6種)
1 《ワン・フォー・ワン
1 《増援
2 《オルフェゴール・プライム
1 《おろかな埋葬
3 《墓穴の指名者
1 《オルフェゴール・バベル

▼罠( 3枚 / 1種)
3 《御前試合

エクストラ( 15枚 / 11種)
▼シンクロ( 1枚 / 1種)
1 闇 8《ヴァレルロード・S・ドラゴン

▼リンク( 14枚 / 10種)
2 闇 《オルフェゴール・ガラテア
1 闇 《ヴァレルロード・ドラゴン
1 闇 《ヴァレルソード・ドラゴン
3 水 《トロイメア・マーメイド
1 闇 《オルフェゴール・ロンギルス
1 炎 《トロイメア・フェニックス
1 闇 《リンクリボー
1 闇 《トロイメア・ユニコーン
1 水 《水晶機巧-ハリファイバー
2 闇 《トポロジック・ボマー・ドラゴン
勝利方法・デッキカテゴリー
星杯(せいはい)・星遺物(せいいぶつ) 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
オルフェゴール・トロイメア
運用方法
10月の改訂の《サモン・ソーサレス》に続き、1月改訂でもグッドスタッフパーツが多く禁止され、展開ルートの多様性がが大きく削られてしまいました。
ですが、メインに積めるトロイメアが多く、《トロイメア・マーメイド》との相性が非常に良いため、まだまだ少ない手札からオルフェゴールの要である、相手ターントポロジックを狙うことは可能となっています。
このデッキは、現在可能な範囲で相手ターントポロジックの確率を上げた構築にしました。


【カード変更】
12/11
ダーク・グレファー 1、ゾンビキャリア 1、無限泡影 2、アロマセラフィージャスミン 1 out
フォーマッド・スキッパー 3、サイバース・ホワイトハット 1、トロイメア・マーメイド 1 in

少ない枚数で展開する事の出来るルートの種類を増やすために、妨害札や優先度の低いカードを除き、スキッパーを採用しました。3枚の採用は多いかもしれませんが、初手に来る確率を少しでも上げたかったため、今回は3枚の採用としています。
マーメイドはスキッパーによる展開で2枚消費のルートがあるため後続用にもう1枚採用しました。

12/10
マスマティシャン 3、BF-隠れ蓑のスチーム 1、ダンディライオン 1、グローアップ・バルブ 1、トロイメア・ゴブリン 1 out
ダーク・グレファー 3、夢幻崩界イヴリース 3、ヴァレルロード・S・ドラゴン 1 in

1月改訂によりグッドスタッフパーツの多くが規制され展開ルートが削られたため、規制カードを抜き、イヴリース等の別ルートの展開が可能なパーツを採用しました。
エクストラは規制によって空いた穴をオルフェゴールトロイメアと1チューナーから簡単に出せ、制圧力を上げる事が出来るサベージへと変更しました。

12/1
ダーク・グレファー 2、オルフェゴール・プライム 1 out
御前試合 3 in

1度最終盤面まで組み立てることが出きれば、以後の展開は全て闇属性で展開する事ができ、多属性によるリンク展開の抑止力となるため十分に確保できている初動要因を減らし御前試合を採用しました。

11/20
ヴァレルロード・S・ドラゴン 1 out
トポロジック・ボマー・ドラゴン 1 in

一度トポロジックが突破されてしまうと制圧力が一気に下がるため、積極的に出す事のないサベージを外しトポロジックの枚数を増やしました。

11/17
サクリファイス・アニマ 1 out
トロイメア・マーメイド 1 in

展開の補助になり、除外したオルフェゴール・トロイメアはリンク体のコストで回収できるため、メインのトロイメアが尽きにくいと言った点から、2枚目のマーメイドを採用しました。
強み・コンボ
少ない枚数で相手ターントポロジックが狙えるのがこのデッキ最大の強みです。
展開ルートとしては

手札:ディヴェルorスケルツォン、イヴリース
1.イブリースns イヴリース→マーメイドLS
2.イブリースef イヴリースss マーメイドef(コスト ディヴェル) オルフェゴールトロイメアss
3.オルフェゴールトロイメア、マーメイド→ガラテアLS
4.オルフェゴールトロイメアef 星杖 墓地
5.星杖ef オルフェゴールトロイメアss ガラテアef バベル セット・発動
6.ディヴェルef スケルツォンss スケルツォン、ガラテア→ロンギルスLS
7.オルフェゴールトロイメア、ロンギルス→トポロジックボマーLS
最終盤面:バベル、トポロジックボマー 墓地 オルフェゴールトロイメア、スケルツォン

手札:スキッパー、コスト 1
1.スキッパーns スキッパーef(トロイメアリンク)
2.スキッパー→マーメイドLS スキッパーef ホワイトハット サーチ マーメイドef オルフェゴールトロイメアss
3.オルフェゴールトロイメア→マーメイドLS ホワイトハットss
4.オルフェゴールトロイメアef 星杖 墓地 星杖ef オルフェゴールトロイメアss
5.オルフェゴールトロイメア、マーメイド→ガラテアLS
6.ガラテアef バベル セット・発動 ガラテア、マーメイド→ロンギルスLS
7.ロンギルス、ホワイトハット→トポロジックボマーLS
最終盤面:バベル、トポロジックボマー 墓地 オルフェゴールトロイメア

手札:終末orダグレ、ディヴェルorスケルツォン、コスト 1
1.終末の騎士ns ef デストルドー 墓地
2.デスドルトーef デストルドーss 終末の騎士、デストルドー→ハリファイバーLS
3.ハリファイバーef カノーネss カノーネ→リンクリボーLS
4.ハリファイバー、リンクリボー→ユニコーンLS ユニコーン→マーメイドss
5.マーメイドef オルフェゴールトロイメアss オルフェゴールトロイメア、マーメイド→ガラテアLS
6.オルフェゴールトロイメアef 星杖 墓地
7.星杖ef オルフェゴールトロイメアss カノーネef ディヴェルss
8.ガラテアef バベル セット・発動 ガラテア、ディヴェル→ロンギルスLS
9.ロンギルス、オルフェゴールトロイメア→トポロジックボマーLS
最終盤面:バベル、トポロジックボマー 墓地 ディヴェル、オルフェゴールトロイメア


上記の様に、少ない手札から相手ターントポロジックまで繋ぐ事が出来ます。
手札にオルフェゴールを必要とする展開例は、手札がディヴェルでなはなくスケルツォンの場合でも、相手ターンの特殊召喚回数が1回減りますが同様の展開が出来ます。

この他にもいくつかのルートがあり、多様な手札から相手ターントポロジックを作る事が出来ます。
弱点・課題点
デッキから墓地に送る効果が多く、その効果が展開の初動となるため《灰流うらら》が天敵となってしまっています。現在大会においては《灰流うらら》が採用されないことはほとんど無いためこれらの効果をを止められると一気に不利になってしまいます。 
カスタマイズポイント
大会などで使わないという方は《灰流うらら》や《墓穴の指名者》などの妨害札を抜いて、星遺物カードや《D・D・R》等のカードを入れるとより安定感が増した構築となります。

1月の制限改訂によって展開ルートの多様性が大きく弱体化してしましたが、構築次第でまだまだ戦えるデッキです。これからも今後の新規に期待しつつデッキ構築を深めて行ければと考えております。

デッキに対しての改善案・意見・質問等がありましたらコメントしていただけば返信いたしますので気軽に書き込んでいってください。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。
もふこちくん 「非常に良い構築だと思いました。参考にさせていただきます。

大会用ということであえて気になる点を言わせていただくと、召喚権を使った初動を止められると動けなくなるのが怖いです(そのための墓穴でしょうが、最近はそれすらわらしで通される恐れも)。また、相手ターンにバベルを割られたら妨害力がガタ落ちする点も不安です。

私もオルフェゴールに可能性を感じ構築を考えていますが、仮想敵を閃刀、オルタ、剛鬼、ABCとした場合、現状どうしてもデッキパワーに差がある印象です。個人的には機械複製術を有効に使えないか考えております。

魔封じや勅命をされるときついのでTGワンダーマジシャンはいかがでしょうか。最近ではオルターガイストが魔法族の里を出してくるのでヴェーラーも検討ください。 」(2018-07-27 01:16 #d59c1)
ムーズィカ 「もふこちくんさん貴重なコメントありがとうございます。

初動やサモソに対してうららやうさぎを打たれる事で、展開が止まる、理想盤面まで行かないと言った事は、手札誘発が飛び交う大会で使う以上、大いにあると思います。
それらを全て対策するというのは不可能に近いので、墓穴での誘発対策やドロソで出来る限り後続に繋がる手札を揃える、といった点に重きを置きデッキ構築させていただきました。

またバベルが破壊された時の制圧力の低下ですが、私も現状のオルフェゴールの課題の1つだと考えています。
ですが、最終盤面になりうるリンクモンスターでバベルを守る、バベルを守るためだけに何らかのカードを採用するといった事もできません。なので、根本的な解決にはならず、羽箒などの全体除去に対応する事はできませんが、アインザッツ、コアを採用し、相手の召喚・特殊召喚に合わせてオルフェゴールを出す、コアでバベルを対象に取れなくすると言った方法で相手ターンでの妨害の成功率を少しでも上げれるようにはしています。

次にデッキパワーについてですが、この意見もごもっともだと思います。出たばかりのカテゴリーと言う事もありますが、現状オルフェゴールは他の環境デッキに比べ劣る点も多いです。
ですが、展開力に関しては他のデッキに負けず劣らずのものを持っています。また、制圧力に関しても少ない枚数で書道が安定するため妨害札を多く積めその点からも大会で戦って行くだけの最低限の条件は満たしていると思います。

最後にカードの採用に関してです。
機械複製術に関しては、デッキ構築時に考えていたのですが、現在のレシピではカノーネ、ジェットしか対応しておらず、どちらも1枚のみの採用という事、前述のモンスターと機械複製術を複数枚投入する枠がなく、初動の安定性に影響すると言った点から採用を見送りました。
ですが、今後の新規カードやレシピをカードガンナーや星遺物の醒存する墓地肥やしに特化したレシピに変更する場合は採用しようと考えています。

次に、ワンダーマジシャンに関してです。
このデッキから出す手段として、ハリファイバーの効果、1+4でシンクロの2つがあります。前者は、連続したリンクで展開するためハリファイバーが盤面に残り辛いという点、後者は、モンスターを2体必要とするのならば、手札消費は必要になりますが後続のリンクに繋がるトロイメア・フェニックスを採用した方が良いと考えたため採用は見送りました。

最後にエフェクトヴェーラーの採用に関してです。
現状のデッキレシピには、まだ妨害札を積む余裕が多少あるため何らかの手札誘発を入れようかと考えています。
ヴェーラーの他には屋敷わらし、無限泡影と言ったカードの採用を迷っている状態です。サイドとも相談しつつ採用を考えていきたいと思います。

私以外のオルフェゴールデッキを使う人の意見を聞けて、改めて課題等が見えてきた気がします。
重ね重ねにはなりますが貴重なコメント本当にありがとうございました。 」(2018-07-27 03:19 #880f9)
レミヤ 「次のパックで出る、魔女の一撃を入れるのはどうですか? 」(2018-10-02 19:27 #cf660)
ムーズィカ 「レミヤさん
貴重なコメントありがとうございます。
現在の環境では召喚や効果の発動の無効をしてこないデッキの方が少なく感じます。なので魔女の一撃の採用はとても良いと思います。ですが、罠という都合上どうしても1ターン遅れてしまい相手に処理される恐れ等もありますので、採用の際はメインではなくサイドに採用したいと考えています。
貴重なご意見ありがとうございました。 」(2018-10-03 15:41 #8ca94)
かつお 「とても良いデッキだと思います。オルフェゴールは見た目がとても好きなのでデッキを組みたいと考えていました。参考にさせて頂きます。
バベルの防御としてコアを入れてはどうでしょうか。
ガラテアから引っ張ってこれますし、味方のオルフェゴールを守ることもできるので腐ることはないかと。 」(2018-10-23 12:50 #30ab2)
ムーズィカ 「かつお さん
貴重なコメントありがとうございます。
このデッキの肝である相手ターントポロジックで最も重要なバベルを守れるカードであるためコアは十分に役割を持てるカードだと思います。
ですが、環境デッキに限らず今のデッキにでは、表側のカードを破壊するといった物が多く存在し、破壊からバベルを守れるというのは強みなのですが、それらのカードの対象には概ねトポロジックが選ばれてします。ましてや、ガラテアでサーチを見られると確実にトポロジックが狙われます。

環境デッキで例を挙げるなら
《オルターガイスト・シルキタス》によるフリチェバウンス
《ダイナレスラー・パンクラトプス》によるフリチェ破壊
バベルには反応せず、トポロジックにのみ反応してしまう《幽鬼うさぎ》
このようなカードにはコアでは対応できないため、現構築では不採用にさせて頂いています。

ですが、オルフェゴールを対象にとれなくする、墓地のハリファイバーを除外しリンク体のコストにし再利用する等のコアにしか出来ない事も多くあるので採用は十分にありだと思います。
(2018-10-23 16:41 #8ca94)
細かいところですが 「手順改善案
手札:終末orダグレorマスマティ、ディヴェルorスケルツォン
における手順6のところ
スケルツォンとジェットではなくスケルツォンとリンクリで以後展開すれば最終盤面にジェットが残って、相手番にジェットをリリースしてリンクリssでトポロを起動できますよ 」(2018-11-13 19:31 #33791)
上コメの者ですが追加で 「ジェネクスウンディーネはいかがでしょうか。
水晶機巧-ローズニクスとコントローラーと共に採用して、針+ウンディーネ+バルブの盤面からスタートできます。初手事故要員が増えますが、強力です。
最終盤面トポロ+バルブ、墓地オルフェゴールトロイメア、リンクリ
事故になりがちなオルフェゴールプライムやスケルツォンはそれぞれ1枚にして、上級ですが腐りにくいオルフェゴールトロイメアは3枚にしちゃっていいと思います。 」(2018-11-13 20:35 #33791)
展開詳細 「盤面、針+ウンディーネ+バルブから
バルブでリンクリss,ウンディーネとリンクリでトロイメアL2ss、トロイメアマーメイドss、手札コスト1枚、オルフェゴールトロイメアss、マーメイドとオルフェゴールトロイメアでガラデアss、ef水晶機巧-ローズニクスを除外ゾーンから戻してバレルset、オルフェゴールトロイメアefでディヴェル墓地、efでオルフェゴールトロイメア2枚目ss、ガラデアとオルフェゴールトロイメア2枚目でロンギヌスss、針とロンギヌスでトポロss、バルブss、以上
最終盤面トポロ+バルブ+バレル、墓地オルフェゴールトロイメア2枚目+リンクリ、除外オルフェゴールトロイメア1枚目+ディヴェル 」(2018-11-13 20:50 #33791)
ウンディーネ展開詳細 「ウンディーネns、efローズニクス墓地、コントローラーサーチ、ローズニクス除外ef、トークンss、トークンでリンクスパイダーss、efコントローラーss、コントローラーとスパイダーで針ss、efバルブss、以上盤面、針+ウンディーネ+バルブ 」(2018-11-13 21:00 #33791)
ムーズィカ 「名無しさん
貴重なコメントありがとうございます。
名前が記載されていなかったので「名無しさん」と表記させていただきますがお許しください。

展開の改善案に関する意見ありがとうございます。最終盤面を気にする余り最善の展開を見落としていました。
改善案を参考に、上記展開の6以降を修正させていただきました。

次に、現在デッキに採用しているカードの枚数に関してです。
オルフェゴールカードの枚数は現在も試行錯誤しているのですが、除外してしまえば回収が容易なので、モンスターに関しては現在の枚数で少ないと感じることはなく、逆にコストで手札に来たものも簡単に切れ多いと感じることもないので現状はこの枚数で行こうと考えています。
プライムに関しては、今採用を考えているカードがあるのでその際に確定で1枚は抜こうと考えています。

最後に、ウンディーネの採用についてですが、マスマティや終末と同様に初動1枚で動けるウンディーネの採用はありだと思います。
ですが、名無しさんも記述している通りローズニクスやジェネコンと言った手札に来て欲しくないカードが増えるという点や、他の1枚初動のカードに比べ必須パーツが多くデッキを圧迫してしまいます。

もう一つの理由として、初動要員を減らそうと考えていると言う事が大きいです。
現在のオルフェゴールはバベルやトポロジック自体が除去されると制圧力が一気に低下してしまいます。しかし、今のデッキの多くには手札誘発やフリーチェーン等が採用され、トポロジックをすり抜け簡単にこちらのカードを除去してきます。
なので十分に確保できている初動要員のダグレを抜き、手札誘発を増やすか、比較的環境にも刺さる御前試合などのオルフェゴールには影響の少ない妨害札を増やす等のトポロジックに依存しない妨害を検討しています。
このような理由から、今回ウンディーネの採用は見送ろうと考えています。

展開やデッキの改善案、詳細な展開ルートまでコメントしていただき感謝の限りです。
他の人の意見を聞いて初めて見えてくるものもあると思うので、今回は丁寧かつ貴重な意見を下さり本当にありがとうございます。 」(2018-11-14 04:18 #8ca94)
ミァハ 「仕事早いですね!!
参考にさせてもらいます!! 」(2018-12-11 11:27 #8918d)
ミァハ 「ゾンキャリ入れてるのはなぜですか? 」(2018-12-11 11:51 #8918d)
おるとめあ 「制限改訂更新、お疲れ様です
ハリを1枚しか使えなくなった以上、今後はハリ無しの展開ルート構築が重要になりそうですね

フォーマッドスキッパーがハリ無しでも強力みたいです
手札コスト1枚で、マーメイドとサイバースホワイトハットを経由して、自分場モンスター3枚、墓地オルトメアまで作れます
不純物が少ないですが、手札誘発、特に雪兎に弱いです

フォーマッドスキッパー召喚 →マーメイド特殊召喚
マーメイド効果、オルトメア特殊召喚
スキッパー効果、サイバースホワイトハットをサーチ
オルトメアでマーメイド2枚目を特殊召喚
サイバースホワイトハットを特殊召喚

オルフェゴールは、場にモンスターなんでも3枚並べば、マーメイド経由でトポロまで展開できて強力ですね 」(2018-12-11 13:16 #836a2)
ムーズィカ 「ミァハさん
貴重なコメントありがとうございます。

ゾンキャリを入れている理由としては、終末等のカードで墓地に送るカードの選択肢が欲しかったからです。
相手によってはライフ4000のコストが致命傷になる事もあるので、手札コストは必要になりますが同様の展開ができるゾンキャリを採用しました。

ですが、以前のようにデッキに戻したいカードが減った事や、ライフ8000でも簡単に削られてしまう時代なので、デッキにカードを追加する場合は、真っ先に変更対象になると考えています。

少しでも参考になれたのなら幸いです。
貴重なご意見ありがとうございました。 」(2018-12-11 15:12 #8ca94)
ムーズィカ 「おるとめあさん
貴重なコメントありがとうございます。

スキッパーの採用は迷っていたのですが、やはり手札2枚かつハリファイバーを使わないというのは大きいですね。
ホワイトハットも同種族が揃いやすいデッキなので、手札に来ても腐りにくく、無理なく採用できる点も良いですね。

今後、いつハリファイバーが禁止に行ってもおかしくない状況ですので、やはりハリファイバー無しのルート構築はとても重要だと私も思います。

最後に、オルフェゴールは指名者を入れ一応の対策はしていますが、それでも手札誘発にめっぽう弱いのが厳しい所ですが、おるとめあさんの仰る通り場に3枚モンスターを出せさえすればボマーまで繋げるというのが、とても強力なこのデッキの特徴ですよね。

おるとめあさんの意見を参考にしつつデッキ構築を考えたいと思います。
本当に貴重なご意見ありがとうございました。 」(2018-12-11 15:48 #8ca94)



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)
少し参考になった
3点
参考になった
6点
かなり参考になった
10点

↑ クリックして評価しよう↑

■星杯(せいはい)・星遺物(せいいぶつ)カテゴリの他のデッキレシピ
2018-03-02 【星杯
2018-07-14 【機械の旋律
2018-02-02 【メモ
2017-04-21 【星杯メモ
2017-04-23 【星杯
2017-05-07 【召喚獣星杯
2017-04-15 【星杯召喚獣
2018-07-03 【星杯ワイズマン
2017-04-27 【星杯 ブリリアント型
2018-01-18 【星遺物のトロイメア
星杯(せいはい)・星遺物(せいいぶつ)のデッキレシピをすべて見る▼

デッキに使用されているカード

枚数 カード名 種類
属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
1 星遺物-『星杖』  効果モンスター
闇属性 8 機械族 500 2500
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):通常召喚したこのカードはEXデッキから特殊召喚されたモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。手札から「星遺物」モンスター1体を特殊召喚する。
(3):墓地のこのカードを除外し、除外されている自分の「オルフェゴール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
1 亡龍の戦慄-デストルドー  効果モンスター
チューナーモンスター
闇属性 7 ドラゴン族 1000 3000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが手札・墓地に存在する場合、LPを半分払い、自分フィールドのレベル6以下のモンスター1体を対象として発動できる。このカードを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、レベルが対象のモンスターのレベル分だけ下がり、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。
2 オルフェゴール・トロイメア  効果モンスター
闇属性 7 機械族 100 2000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはリンクモンスターとの戦闘では破壊されない。
(2):墓地のこのカードを除外し、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。デッキから「オルフェゴール・トロイメア」以外の機械族・闇属性モンスター1体を墓地へ送る。対象のモンスターの攻撃力はターン終了時まで、墓地へ送ったモンスターのレベル×100アップする。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
1 サイバース・ホワイトハット  効果モンスター
光属性 6 サイバース族 1800 2400
このカード名の(1)の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。
(1):自分フィールドに同じ種族のモンスターが2体以上存在する場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。
2 ダーク・グレファー  効果モンスター
闇属性 4 戦士族 1700 1600
このカードは手札からレベル5以上の闇属性モンスター1体を捨てて、手札から特殊召喚する事ができる。1ターンに1度、手札から闇属性モンスター1体を捨てる事で自分のデッキから闇属性モンスター1体を選択して墓地へ送る。
3 終末の騎士  効果モンスター
闇属性 4 戦士族 1400 1200
このカードが召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時、自分のデッキから闇属性モンスター1体を選択して墓地に送る事ができる。
3 オルフェゴール・ディヴェル  効果モンスター
闇属性 4 機械族 1700 1400
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキから「オルフェゴール・ディヴェル」以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
2 灰流うらら 準制限 効果モンスター
チューナーモンスター
炎属性 3 アンデット族 0 1800
「灰流うらら」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):以下のいずれかの効果を含む魔法・罠・モンスターの効果が発動した時、このカードを手札から捨てて発動できる。その効果を無効にする。この効果は相手ターンでも発動できる。
●デッキからカードを手札に加える効果
●デッキからモンスターを特殊召喚する効果
●デッキからカードを墓地へ送る効果
2 オルフェゴール・スケルツォン  効果モンスター
闇属性 3 機械族 1200 1500
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外し、「オルフェゴール・スケルツォン」以外の自分の墓地の「オルフェゴール」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
3 増殖するG  効果モンスター
地属性 2 昆虫族 500 200
このカードを手札から墓地へ送って発動する。このターン、相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキからカードを1枚ドローする。この効果は相手ターンでも発動する事ができる。「増殖するG」は1ターンに1度しか発動できない。
3 夢幻崩界イヴリース  効果モンスター
闇属性 2 サイバース族 0 0
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力を0にし、効果を無効にして、このカードとリンク状態となるように自分フィールドに特殊召喚する。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードのコントローラーはリンクモンスターしか特殊召喚できない。
(3):このカードが自分フィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを相手フィールドに守備表示で特殊召喚する。
1 オルフェゴール・カノーネ  効果モンスター
チューナーモンスター
闇属性 1 機械族 500 1900
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から「オルフェゴール・カノーネ」以外の「オルフェゴール」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしか特殊召喚できない。
1 ジェット・シンクロン  効果モンスター
チューナーモンスター
炎属性 1 機械族 500 0
「ジェット・シンクロン」の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードがS素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキから「ジャンク」モンスター1体を手札に加える。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。
3 フォーマッド・スキッパー  効果モンスター
光属性 1 サイバース族 0 0
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに発動できる。EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
(2):このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。
1 ワン・フォー・ワン 制限 通常魔法
手札からモンスター1体を墓地へ送って発動する。手札またはデッキからレベル1モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する。
1 増援 制限 通常魔法
自分のデッキからレベル4以下の戦士族モンスター1体を手札に加える。
2 オルフェゴール・プライム  通常魔法
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、「オルフェゴール」モンスターまたは「星遺物」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。
1 おろかな埋葬 制限 通常魔法
自分のデッキからモンスター1体を選択して墓地へ送る。
3 墓穴の指名者  速攻魔法
(1):相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを除外する。次のターン終了時まで、この効果で除外したモンスター及びそのモンスターと元々のカード名が同じモンスターの効果は無効化される。
1 オルフェゴール・バベル  フィールド魔法
(1):このカードがフィールドゾーンに存在する限り、元々のカード名に「オルフェゴール」を含む、自分フィールドのリンクモンスター及び自分の墓地のモンスターが発動する効果は、相手ターンでも発動できる効果になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、手札を1枚墓地へ送って発動できる。墓地のこのカードを手札に加える。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。
3 御前試合  永続罠
お互いのプレイヤーはそれぞれ属性が1種類になるように、フィールド上の自分のモンスターを墓地へ送る。このカードが存在する限り、お互いに自分のフィールド上に出せるモンスターの属性はそれぞれ1種類だけになる。
1 ヴァレルロード・S・ドラゴン  シンクロモンスター
効果モンスター
闇属性 8 ドラゴン族 3000 2500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の(3)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけこのカードにヴァレルカウンターを置く。
(2):このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。
(3):相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。
2 オルフェゴール・ガラテア  リンクモンスター
闇属性 - 機械族 1800 -
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは戦闘では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻す。その後、デッキから「オルフェゴール」魔法・罠カード1枚を自分フィールドにセットできる。
LINK - 2
1 ヴァレルロード・ドラゴン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - ドラゴン族 3000 -
効果モンスター3体以上
(1):このカードはモンスター効果の対象にならない。
(2):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。
LINK - 4
1 ヴァレルソード・ドラゴン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - ドラゴン族 3000 -
効果モンスター3体以上
(1):このカードは戦闘では破壊されない。
(2):1ターンに1度、攻撃表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを守備表示にする。このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。この効果の発動に対して相手は効果を発動できない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(3):1ターンに1度、このカードが表側表示モンスターに攻撃宣言した時に発動できる。ターン終了時まで、このカードの攻撃力はそのモンスターの攻撃力の半分アップし、そのモンスターの攻撃力は半分になる。
LINK - 4
3 トロイメア・マーメイド  リンクモンスター
効果モンスター
水属性 - 悪魔族 1000 -
「トロイメア・マーメイド」以外の「トロイメア」モンスター1体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。デッキから「トロイメア」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、フィールドの相互リンク状態ではないモンスターの攻撃力・守備力は1000ダウンする。
LINK - 1
1 オルフェゴール・ロンギルス  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - 機械族 2500 -
「オルフェゴール」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):リンク状態のこのカードは効果では破壊されない。
(2):除外されている自分の機械族モンスター2体を対象として発動できる。そのモンスターをデッキに戻す。その後、リンク状態の相手モンスター1体を選んで墓地へ送る事ができる。この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
LINK - 3
1 トロイメア・フェニックス  リンクモンスター
効果モンスター
炎属性 - 悪魔族 1900 -
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、相手フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの相互リンク状態のモンスターは戦闘では破壊されない。
LINK - 2
1 リンクリボー  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - サイバース族 300 -
レベル1モンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):相手モンスターの攻撃宣言時、このカードをリリースして発動できる。その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで0になる。
(2):このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのレベル1モンスター1体をリリースして発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果は相手ターンでも発動できる。
LINK - 1
1 トロイメア・ユニコーン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - 悪魔族 2200 -
カード名が異なるモンスター2体以上
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨て、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。この効果の発動時にこのカードが相互リンク状態だった場合、さらに自分はデッキから1枚ドローできる。
(2):自分ドローフェイズの通常のドローの枚数は、フィールドに相互リンク状態の「トロイメア」モンスターが存在する限り、その「トロイメア」モンスターの種類の数になる。
LINK - 3
1 水晶機巧-ハリファイバー  リンクモンスター
効果モンスター
水属性 - 機械族 1500 -
チューナー1体以上を含むモンスター2体
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。手札・デッキからレベル3以下のチューナー1体を守備表示で特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。
(2):相手のメインフェイズ及びバトルフェイズにフィールドのこのカードを除外して発動できる。EXデッキからSモンスターチューナー1体をS召喚扱いで特殊召喚する。
LINK - 2
2 トポロジック・ボマー・ドラゴン  リンクモンスター
効果モンスター
闇属性 - サイバース族 3000 -
効果モンスター2体以上
(1):このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
(2):このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。
LINK - 4