HOME > デッキレシピ一覧 > 【ガチ構築:4月制限対応】幻影オルフェ

【ガチ構築:4月制限対応】幻影オルフェ デッキレシピ (ムーズィカさん 投稿日時:2018/07/17 20:29)

※「デッキメーカー」を押した後に登録した場合は、新規登録となります。
※自分のデッキを編集する場合は、「カード編集」ボタン押した画面で編集してください。
  

星杯(せいはい)・星遺物(せいいぶつ)【ビートダウン】デッキレシピ画像   デッキ画像をダウンロード
解説画像はコチラ。ボタンを押してからしばらく時間がかかります。
※ ボタンを押す前に、このサイトでの「ポップアップブロックを解除」しておいて下さい。
星遺物-『星杖』デッキカード画像 亡龍の戦慄-デストルドーデッキカード画像 幻創龍ファンタズメイデッキカード画像 幻創龍ファンタズメイデッキカード画像 幻創龍ファンタズメイデッキカード画像 オルフェゴール・トロイメアデッキカード画像 オルフェゴール・トロイメアデッキカード画像 D-HERO ディアボリックガイデッキカード画像 D-HERO ディアボリックガイデッキカード画像 D-HERO ディアボリックガイデッキカード画像 ダーク・グレファーデッキカード画像 ダーク・グレファーデッキカード画像 ダーク・グレファーデッキカード画像 終末の騎士デッキカード画像 オルフェゴール・ディヴェルデッキカード画像 オルフェゴール・ディヴェルデッキカード画像 幻影騎士団サイレントブーツデッキカード画像 オルフェゴール・スケルツォンデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 灰流うららデッキカード画像 幻影騎士団ダスティローブデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 増殖するGデッキカード画像 ジェット・シンクロンデッキカード画像 エフェクト・ヴェーラーデッキカード画像 エフェクト・ヴェーラーデッキカード画像 増援デッキカード画像 おろかな埋葬デッキカード画像 閃刀起動-エンゲージデッキカード画像 閃刀起動-エンゲージデッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 墓穴の指名者デッキカード画像 閃刀機-ホーネットビットデッキカード画像 オルフェゴール・バベルデッキカード画像 幻影騎士団シェード・ブリガンダインデッキカード画像 幻影霧剣デッキカード画像 幻影霧剣デッキカード画像 オルフェゴール・クリマクスデッキカード画像
ヴァレルロード・S・ドラゴンデッキカード画像 宵星の機神ディンギルスデッキカード画像 宵星の機神ディンギルスデッキカード画像 トロイメア・ケルベロスデッキカード画像 オルフェゴール・ガラテアデッキカード画像 オルフェゴール・ガラテアデッキカード画像 トロイメア・マーメイドデッキカード画像 サクリファイス・アニマデッキカード画像 幻影騎士団ラスティ・バルディッシュデッキカード画像 ヴァレルソード・ドラゴンデッキカード画像 水晶機巧-ハリファイバーデッキカード画像 転生炎獣アルミラージデッキカード画像 閃刀姫-カガリデッキカード画像 オルフェゴール・ロンギルスデッキカード画像 トロイメア・フェニックスデッキカード画像
メインデッキ (24種・40枚)
モンスター (15種・27枚)
名前種族攻 / 防最安
1 星遺物-『星杖』 8 機械族 0500 / 2500 1円
1 亡龍の戦慄-デストルドー 7 ドラゴン族 1000 / 3000 10円
3 幻創龍ファンタズメイ 7 ドラゴン族 2400 / 1800 432円
2 オルフェゴール・トロイメア 7 機械族 0100 / 2000 1円
3 D-HERO ディアボリックガイ 6 戦士族 0800 / 0800 98円
3 ダーク・グレファー 4 戦士族 1700 / 1600 1円
1 終末の騎士 4 戦士族 1400 / 1200 1円
2 オルフェゴール・ディヴェル 4 機械族 1700 / 1400 1円
1 幻影騎士団サイレントブーツ 3 戦士族 0200 / 1200 24円
1 オルフェゴール・スケルツォン 3 機械族 1200 / 1500 1円
2 灰流うらら 3 アンデット族 0000 / 1800 900円
1 幻影騎士団ダスティローブ 3 戦士族 0800 / 1000 24円
3 増殖するG 2 昆虫族 0500 / 0200 0円
1 ジェット・シンクロン 1 機械族 0500 / 0000 300円
2 エフェクト・ヴェーラー 1 魔法使い族 0000 / 0000 1円
魔法 (6種・9枚)
1 増援 - - - - 10円
1 おろかな埋葬 - - - - 1円
2 閃刀起動-エンゲージ - - - - 1200円
3 墓穴の指名者 - - - - 580円
1 閃刀機-ホーネットビット - - - - 5円
1 オルフェゴール・バベル - - - - 1円
(3種・4枚)
1 幻影騎士団シェード・ブリガンダイン - - - - 150円
2 幻影霧剣 - - - - 100円
1 オルフェゴール・クリマクス - - - - 40円
エクストラデッキ (13種・15枚)
1 ヴァレルロード・S・ドラゴン 8 ドラゴン族 3000 / 2500 400円
2 宵星の機神ディンギルス 8 機械族 2600 / 2100 120円
1 トロイメア・ケルベロス - 悪魔族 1600 / 60円
2 オルフェゴール・ガラテア - 機械族 1800 / 10円
1 トロイメア・マーメイド - 悪魔族 1000 / 1円
1 サクリファイス・アニマ - 魔法使い族 0000 / 100円
1 幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ - 戦士族 2100 / 600円
1 ヴァレルソード・ドラゴン - ドラゴン族 3000 / 1480円
1 水晶機巧-ハリファイバー - 機械族 1500 / 1750円
1 転生炎獣アルミラージ - サイバース族 0000 / 1076円
1 閃刀姫-カガリ - 機械族 1500 / 249円
1 オルフェゴール・ロンギルス - 機械族 2500 / 1円
1 トロイメア・フェニックス - 悪魔族 1900 / 100円
メインデッキ 最低構築金額 14384円
サイドデッキ (9種・15枚)
3 アーティファクト-ロンギヌス 5 天使族 1700 / 2300 450円
1 シャドール・ドラゴン 4 魔法使い族 1900 / 0000 78円
1 スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン 8 ドラゴン族 2800 / 2000 180円
1 転生炎獣ヴァイオレットキマイラ 8 サイバース族 2800 / 2000 50円
1 エルシャドール・ミドラーシュ 5 魔法使い族 2200 / 0800 50円
3 影依融合 - - - - 1円
2 ツインツイスター - - - - 100円
2 超融合 - - - - 1円
1 王宮の勅命 - - - - 320円
サイドデッキ 最低構築金額 2233円
メイン + サイドデッキ 合計 16617円
お試しドロー(5枚) 追加ドロー(+1枚) お試しドロー(5枚×8)
実際にドローを行い、引いた手札で動けるかをチェックしてみよう。
お試しドロー(5枚×8)では一気に40枚をドローすることができます。
5枚×8組の内、動き出せない手札事故の割合が多いようであれば、採用カードの変更を検討してみよう。


勝利方法・デッキカテゴリー
星杯(せいはい)・星遺物(せいいぶつ) 【ビートダウン】~相手を殴り倒せ!
キーカード
オルフェゴール・トロイメア
運用方法
4月の制限改定で《SRベイゴマックス》《終末の騎士》が制限になり展開力がやや落ちました。ですが、召喚権を使わずに展開するすべはまだあるので、改訂後も環境でも十分に戦えるデッキだと考えています。

このデッキはできる限り制圧盤面を安定して作れるような構築となっています。

【カード変更】
3/19
TGワンダー・マジシャン 1 out
宵星の機神ディンギルス 1 in

展開、除去、リソース回収どの面においても優秀で、スケルツォンで蘇生させたリンクに重ねて使用も出来るため2枚目の必要性を感じ採用しました。

3/12
オルフェゴール・ディヴェル 1、終末の騎士 1、SRベイゴマックス 2、SRタケトンボーグ 1 out
ダーク・グレファー 2、D-HEROディアボリックガイ 3 in

4月の制限改定で初動に関わるモンスターが規制されてしまったので、終末やベイゴマの代わりとして上級闇属性を多く搭載したオルフェゴールと相性の良いグレファーと、そのグレファーと相性の良いディアボリックガイを採用しました。

3/6
ハーピィの羽根箒 1 out
オルフェゴール・トロイメア 1 in

手札にオルトメアが来てしまいマーメイド指導の展開ができなくなる場合があったので、安定性を考慮し枚数を増やしました。

2/23
屋敷わらし 1 out
ハーピィの羽根箒 1 in

後攻時の魔法罠の処理の手段として採用しました。

2/16
夢幻崩界イヴリース 3、RUM-幻影騎士団ラウンチ 1、真竜皇V.F.D. 1 out
幻創龍ファンタズメイ 1、閃刀起動-エンゲージ 2、閃刀姫-ホーネットビット 1、閃刀姫-カガリ 1 in

1枚から動けるのでイヴリースは優秀なのですが召喚権を使ってしまうので、同じく1枚から展開でき召喚権を使用しない閃刀姫のセットを採用しました。
エクストラは制圧力はありますが優先して出す場面の少なかったVFDを不採用にしました。

2/14
オルフェゴール・プライム 2、トロイメア・ユニコーン 1、シューティング・ライザー・ドラゴン 1、トロイメア・マーメイド 1 out
幻創龍ファンタズメイ 2、ヴァレルロード・S・ドラゴン 1、TGワンダー・マジシャン 1、サクリファイス・アニマ 1 in

以前の変更でオルフェゴールモンスターが減りプライムの需要が下がったため、後攻時の補助としてファンタズメイをメインから投入しました。
強み・コンボ
少ない枚数で霧剣2、クリマクス等の制圧盤面が狙えるのがこのデッキ最大の強みです。

幻影騎士団を採用、クリマクスの登場により、パーツ1、2枚からバルディッシュ、霧剣×2、クリマクスを作る事が出来る様になり相手に合わせて制圧盤面を組む事が出来るようになりました。展開例としては

手札:サイレントブーツorダスティローブ、コスト1
1.ダスティローブns ダスティローブ→アルミラージLS ダスティローブef ブリガンダイン サーチ・セット
2.ブリガンダインef ss アルミラージ、ブリガンダイン→フェニックスLS
3.フェニックス→マーメイドLS マーメイドef オルトメアss マーメイド、オルトメア→ガラテアLS
4.オルトメアef ディヴェル 墓地 ディヴェルef スケルツォンss
5.ガラテアef クリマクス セット
6.ガラテア、スケルツォン→バルディッシュLS バルディッシュef ローブ 墓地・霧剣 セット
7.ローブef ブーツ サーチ ブーツss
8.スケルツォンef ガラテアss ガラテア→ディンギルスXS
9.ディンギルスef スケルツォン 素材 ディンギルス、ブーツ→ガラテアLS
10.ブーツef 霧剣 サーチ
最終盤面:バルディッシュ、ガラテア、霧剣×2、クリマクス 墓地 スケルツォン

手札:エンゲージorホーネットビット、コスト1
1.ホーネットビットef 閃刀姫トークンss 
2.閃刀姫トークン→カガリLS カガリef ホーネットビット 手札
3.ホーネットビットef 閃刀姫トークンss カガリ、閃刀姫トークン→ケルベロスLS
4.ケルベロス→マーメイドLS マーメイドef オルトメアss
5.マーメイド、オルトメア→ガラテアLS オルトメアef ディヴェル 墓地
6.ディヴェルef スケルツォンss ガラテアef クリマクス セット
7.ガラテア、スケルツォン→バルディッシュLS
8.バルディッシュef ローブ 墓地、霧剣 セット ローブef ブーツ サーチ
9.スケルツォンef ガラテアss ブーツss
10.ガラテア→ディンギルスXS ディンギルスef スケルツォン 素材
11.ディンギルス、ブーツ→ガラテアLS ブーツef 霧剣 サーチ
最終盤面:バルディッシュ、ガラテア、クリマクス、霧剣×2 墓地 スケルツォン

手札:終末の騎士、ディヴェル、コスト1
1.終末の騎士ns ef デストルドー 墓地 デストルドーef ss
2.終末の騎士、デストルドー→ハリファLS ハリファイバーef ジェットss
3.ジェット、ハリファ→フェニックスLS フェニックス→マーメイドLS
4.マーメイドef オルトメアss ジェットef(コスト ディヴェル)ss
5.オルトメア、ジェット→サベージSS(フェニックス 装備)
6.ディヴェルef スケルツォンss マーメイド、スケルツォン→ガラテアLS
7.オルトメアef 星杖 墓地 星杖es オルトメアss
8.オルトメア、ガラテア→バルディッシュLS バルディッシュef ローブ 墓地、霧剣 セット
9.ローブef ブーツ サーチ ブーツss
10.スケルツォンef ガラテアss ガラテアef クリマクス セット
11.ガラテア→ディンギルスXS ディンギルスef スケルツォン 素材
12.ディンギルス、ブーツ→ガラテアLS ブーツef 霧剣 サーチ
最終盤面:サベージ(カウンター 2)、バルディッシュ、ガラテア、霧剣×2、クリマクス
弱点・課題点
展開の初動でデッキに触れる効果が多く、《灰流うらら》が天敵となってしまっています。現在大会においては《灰流うらら》が採用されないことはほとんど無いためこれらの効果をを止められると一気に不利になってしまいます。 
カスタマイズポイント
大会などで使わないという方は《灰流うらら》や《墓穴の指名者》などの妨害札を抜いて、星遺物カードを入れるとより展開に特化した構築となります。

1月の制限改訂によって痛手を食らいましたが、構築次第で環境でも十分に戦えるデッキです。これからも今後の新規に期待しつつデッキ構築を深めて行ければと考えております。

デッキに対しての改善案・意見・質問等がありましたらコメントしていただけば返信いたしますので気軽に書き込んでいってください。
デッキ自己評価
デッキ自己評価
各項目説明表示▼

運用方法・強み・コンボ・弱点・課題点・カスタマイズポイント内のカード名を《》でくくるとリンクになります。 カード名の入力にはカード名変換辞書を使うと便利です。

もふこちくん 「非常に良い構築だと思いました。参考にさせていただきます。

大会用ということであえて気になる点を言わせていただくと、召喚権を使った初動を止められると動けなくなるのが怖いです(そのための墓穴でしょうが、最近はそれすらわらしで通される恐れも)。また、相手ターンにバベルを割られたら妨害力がガタ落ちする点も不安です。

私もオルフェゴールに可能性を感じ構築を考えていますが、仮想敵を閃刀、オルタ、剛鬼、ABCとした場合、現状どうしてもデッキパワーに差がある印象です。個人的には機械複製術を有効に使えないか考えております。

魔封じや勅命をされるときついのでTGワンダーマジシャンはいかがでしょうか。最近ではオルターガイストが魔法族の里を出してくるのでヴェーラーも検討ください。 」(2018-07-27 01:16 #d59c1)
ムーズィカ 「もふこちくんさん貴重なコメントありがとうございます。

初動やサモソに対してうららやうさぎを打たれる事で、展開が止まる、理想盤面まで行かないと言った事は、手札誘発が飛び交う大会で使う以上、大いにあると思います。
それらを全て対策するというのは不可能に近いので、墓穴での誘発対策やドロソで出来る限り後続に繋がる手札を揃える、といった点に重きを置きデッキ構築させていただきました。

またバベルが破壊された時の制圧力の低下ですが、私も現状のオルフェゴールの課題の1つだと考えています。
ですが、最終盤面になりうるリンクモンスターでバベルを守る、バベルを守るためだけに何らかのカードを採用するといった事もできません。なので、根本的な解決にはならず、羽箒などの全体除去に対応する事はできませんが、アインザッツ、コアを採用し、相手の召喚・特殊召喚に合わせてオルフェゴールを出す、コアでバベルを対象に取れなくすると言った方法で相手ターンでの妨害の成功率を少しでも上げれるようにはしています。

次にデッキパワーについてですが、この意見もごもっともだと思います。出たばかりのカテゴリーと言う事もありますが、現状オルフェゴールは他の環境デッキに比べ劣る点も多いです。
ですが、展開力に関しては他のデッキに負けず劣らずのものを持っています。また、制圧力に関しても少ない枚数で書道が安定するため妨害札を多く積めその点からも大会で戦って行くだけの最低限の条件は満たしていると思います。

最後にカードの採用に関してです。
機械複製術に関しては、デッキ構築時に考えていたのですが、現在のレシピではカノーネ、ジェットしか対応しておらず、どちらも1枚のみの採用という事、前述のモンスターと機械複製術を複数枚投入する枠がなく、初動の安定性に影響すると言った点から採用を見送りました。
ですが、今後の新規カードやレシピをカードガンナーや星遺物の醒存する墓地肥やしに特化したレシピに変更する場合は採用しようと考えています。

次に、ワンダーマジシャンに関してです。
このデッキから出す手段として、ハリファイバーの効果、1+4でシンクロの2つがあります。前者は、連続したリンクで展開するためハリファイバーが盤面に残り辛いという点、後者は、モンスターを2体必要とするのならば、手札消費は必要になりますが後続のリンクに繋がるトロイメア・フェニックスを採用した方が良いと考えたため採用は見送りました。

最後にエフェクトヴェーラーの採用に関してです。
現状のデッキレシピには、まだ妨害札を積む余裕が多少あるため何らかの手札誘発を入れようかと考えています。
ヴェーラーの他には屋敷わらし、無限泡影と言ったカードの採用を迷っている状態です。サイドとも相談しつつ採用を考えていきたいと思います。

私以外のオルフェゴールデッキを使う人の意見を聞けて、改めて課題等が見えてきた気がします。
重ね重ねにはなりますが貴重なコメント本当にありがとうございました。 」(2018-07-27 03:19 #880f9)
レミヤ 「次のパックで出る、魔女の一撃を入れるのはどうですか? 」(2018-10-02 19:27 #cf660)
ムーズィカ 「レミヤさん
貴重なコメントありがとうございます。
現在の環境では召喚や効果の発動の無効をしてこないデッキの方が少なく感じます。なので魔女の一撃の採用はとても良いと思います。ですが、罠という都合上どうしても1ターン遅れてしまい相手に処理される恐れ等もありますので、採用の際はメインではなくサイドに採用したいと考えています。
貴重なご意見ありがとうございました。 」(2018-10-03 15:41 #8ca94)
かつお 「とても良いデッキだと思います。オルフェゴールは見た目がとても好きなのでデッキを組みたいと考えていました。参考にさせて頂きます。
バベルの防御としてコアを入れてはどうでしょうか。
ガラテアから引っ張ってこれますし、味方のオルフェゴールを守ることもできるので腐ることはないかと。 」(2018-10-23 12:50 #30ab2)
ムーズィカ 「かつお さん
貴重なコメントありがとうございます。
このデッキの肝である相手ターントポロジックで最も重要なバベルを守れるカードであるためコアは十分に役割を持てるカードだと思います。
ですが、環境デッキに限らず今のデッキにでは、表側のカードを破壊するといった物が多く存在し、破壊からバベルを守れるというのは強みなのですが、それらのカードの対象には概ねトポロジックが選ばれてします。ましてや、ガラテアでサーチを見られると確実にトポロジックが狙われます。

環境デッキで例を挙げるなら
《オルターガイスト・シルキタス》によるフリチェバウンス
《ダイナレスラー・パンクラトプス》によるフリチェ破壊
バベルには反応せず、トポロジックにのみ反応してしまう《幽鬼うさぎ》
このようなカードにはコアでは対応できないため、現構築では不採用にさせて頂いています。

ですが、オルフェゴールを対象にとれなくする、墓地のハリファイバーを除外しリンク体のコストにし再利用する等のコアにしか出来ない事も多くあるので採用は十分にありだと思います。
(2018-10-23 16:41 #8ca94)
細かいところですが 「手順改善案
手札:終末orダグレorマスマティ、ディヴェルorスケルツォン
における手順6のところ
スケルツォンとジェットではなくスケルツォンとリンクリで以後展開すれば最終盤面にジェットが残って、相手番にジェットをリリースしてリンクリssでトポロを起動できますよ 」(2018-11-13 19:31 #33791)
上コメの者ですが追加で 「ジェネクスウンディーネはいかがでしょうか。
水晶機巧-ローズニクスとコントローラーと共に採用して、針+ウンディーネ+バルブの盤面からスタートできます。初手事故要員が増えますが、強力です。
最終盤面トポロ+バルブ、墓地オルフェゴールトロイメア、リンクリ
事故になりがちなオルフェゴールプライムやスケルツォンはそれぞれ1枚にして、上級ですが腐りにくいオルフェゴールトロイメアは3枚にしちゃっていいと思います。 」(2018-11-13 20:35 #33791)
展開詳細 「盤面、針+ウンディーネ+バルブから
バルブでリンクリss,ウンディーネとリンクリでトロイメアL2ss、トロイメアマーメイドss、手札コスト1枚、オルフェゴールトロイメアss、マーメイドとオルフェゴールトロイメアでガラデアss、ef水晶機巧-ローズニクスを除外ゾーンから戻してバレルset、オルフェゴールトロイメアefでディヴェル墓地、efでオルフェゴールトロイメア2枚目ss、ガラデアとオルフェゴールトロイメア2枚目でロンギヌスss、針とロンギヌスでトポロss、バルブss、以上
最終盤面トポロ+バルブ+バレル、墓地オルフェゴールトロイメア2枚目+リンクリ、除外オルフェゴールトロイメア1枚目+ディヴェル 」(2018-11-13 20:50 #33791)
ウンディーネ展開詳細 「ウンディーネns、efローズニクス墓地、コントローラーサーチ、ローズニクス除外ef、トークンss、トークンでリンクスパイダーss、efコントローラーss、コントローラーとスパイダーで針ss、efバルブss、以上盤面、針+ウンディーネ+バルブ 」(2018-11-13 21:00 #33791)
ムーズィカ 「名無しさん
貴重なコメントありがとうございます。
名前が記載されていなかったので「名無しさん」と表記させていただきますがお許しください。

展開の改善案に関する意見ありがとうございます。最終盤面を気にする余り最善の展開を見落としていました。
改善案を参考に、上記展開の6以降を修正させていただきました。

次に、現在デッキに採用しているカードの枚数に関してです。
オルフェゴールカードの枚数は現在も試行錯誤しているのですが、除外してしまえば回収が容易なので、モンスターに関しては現在の枚数で少ないと感じることはなく、逆にコストで手札に来たものも簡単に切れ多いと感じることもないので現状はこの枚数で行こうと考えています。
プライムに関しては、今採用を考えているカードがあるのでその際に確定で1枚は抜こうと考えています。

最後に、ウンディーネの採用についてですが、マスマティや終末と同様に初動1枚で動けるウンディーネの採用はありだと思います。
ですが、名無しさんも記述している通りローズニクスやジェネコンと言った手札に来て欲しくないカードが増えるという点や、他の1枚初動のカードに比べ必須パーツが多くデッキを圧迫してしまいます。

もう一つの理由として、初動要員を減らそうと考えていると言う事が大きいです。
現在のオルフェゴールはバベルやトポロジック自体が除去されると制圧力が一気に低下してしまいます。しかし、今のデッキの多くには手札誘発やフリーチェーン等が採用され、トポロジックをすり抜け簡単にこちらのカードを除去してきます。
なので十分に確保できている初動要員のダグレを抜き、手札誘発を増やすか、比較的環境にも刺さる御前試合などのオルフェゴールには影響の少ない妨害札を増やす等のトポロジックに依存しない妨害を検討しています。
このような理由から、今回ウンディーネの採用は見送ろうと考えています。

展開やデッキの改善案、詳細な展開ルートまでコメントしていただき感謝の限りです。
他の人の意見を聞いて初めて見えてくるものもあると思うので、今回は丁寧かつ貴重な意見を下さり本当にありがとうございます。 」(2018-11-14 04:18 #8ca94)
ミァハ 「仕事早いですね!!
参考にさせてもらいます!! 」(2018-12-11 11:27 #8918d)
ミァハ 「ゾンキャリ入れてるのはなぜですか? 」(2018-12-11 11:51 #8918d)
おるとめあ 「制限改訂更新、お疲れ様です
ハリを1枚しか使えなくなった以上、今後はハリ無しの展開ルート構築が重要になりそうですね

フォーマッドスキッパーがハリ無しでも強力みたいです
手札コスト1枚で、マーメイドとサイバースホワイトハットを経由して、自分場モンスター3枚、墓地オルトメアまで作れます
不純物が少ないですが、手札誘発、特に雪兎に弱いです

フォーマッドスキッパー召喚 →マーメイド特殊召喚
マーメイド効果、オルトメア特殊召喚
スキッパー効果、サイバースホワイトハットをサーチ
オルトメアでマーメイド2枚目を特殊召喚
サイバースホワイトハットを特殊召喚

オルフェゴールは、場にモンスターなんでも3枚並べば、マーメイド経由でトポロまで展開できて強力ですね 」(2018-12-11 13:16 #836a2)
ムーズィカ 「ミァハさん
貴重なコメントありがとうございます。

ゾンキャリを入れている理由としては、終末等のカードで墓地に送るカードの選択肢が欲しかったからです。
相手によってはライフ4000のコストが致命傷になる事もあるので、手札コストは必要になりますが同様の展開ができるゾンキャリを採用しました。

ですが、以前のようにデッキに戻したいカードが減った事や、ライフ8000でも簡単に削られてしまう時代なので、デッキにカードを追加する場合は、真っ先に変更対象になると考えています。

少しでも参考になれたのなら幸いです。
貴重なご意見ありがとうございました。 」(2018-12-11 15:12 #8ca94)
ムーズィカ 「おるとめあさん
貴重なコメントありがとうございます。

スキッパーの採用は迷っていたのですが、やはり手札2枚かつハリファイバーを使わないというのは大きいですね。
ホワイトハットも同種族が揃いやすいデッキなので、手札に来ても腐りにくく、無理なく採用できる点も良いですね。

今後、いつハリファイバーが禁止に行ってもおかしくない状況ですので、やはりハリファイバー無しのルート構築はとても重要だと私も思います。

最後に、オルフェゴールは指名者を入れ一応の対策はしていますが、それでも手札誘発にめっぽう弱いのが厳しい所ですが、おるとめあさんの仰る通り場に3枚モンスターを出せさえすればボマーまで繋げるというのが、とても強力なこのデッキの特徴ですよね。

おるとめあさんの意見を参考にしつつデッキ構築を考えたいと思います。
本当に貴重なご意見ありがとうございました。 」(2018-12-11 15:48 #8ca94)
ミァハ 「コメント失礼します。
今このレシピを使って、友人フリーでオルフェゴールを回してみました。
まず感触から言うとトポロジックへのアクセスはすごく安定していると感じました。6回対戦したうち手札事故は一回のみで、初動は問題ありませんでした。

ただ、やはりトポロジックを一枚で除去された時が非常に厳しい試合展開になり、負けるとは行かなくても決めきれない状況が何度かありました。

そこで質問なのですが、ムーズィカさんはその場合どう対処しているのか、また次の展開もトポロジックを出すかどうか、もしくはそもそもトポロジックを除去されないような対策をしているのか、実際使っている時の動きを知りたいです。
細かく言うと魔境のパラディオンに除去されることが多く
、これからパラディオンが増えていく環境だと思うので対策をしたいと思っています。

ちなみに年末にこのレシピで大会に出ようと考えていますので、力をお貸しください笑
(2018-12-17 22:52 #b0fa2)
ムーズィカ 「ミァハ
貴重なコメントありがとうございます。

結論から言いますと、トポロジックに対する明確な除去対策は現在ありません。
リンクメインで戦うデッキに採用される《魔境のパラディオン》の他に、今のデッキの多くには、トポロジックを破壊する《幽鬼うさぎ》《ダイナレスラー・パンクラトプス》等の手札誘発ないし誘発即時効果持ちが採用されています。
無論、明確な対策が無いとは言え《墓穴の指名者》による誘発対策や、サイドに《夢幻泡影》を採用する、などの事はしています。
ですが、カテゴリー専用の除去札等も考えると、これではカバーしきれないのが現状です。

なので、「除去されないような動きを聞きたい」と言う質問の解答にはなりませんが、私はいかにしてトポロジックを守るのかではなく、いかにして相手に思い通りの動きをさせないか、いかに次ターン動けるようにするかに重きを置いています。

あくまでも一例になりますが、ミァハさんの言うパラディオンなどのリンクを多用するデッキに対しては、スケルツォンをいかに墓地に送る・残すか、スケルツォンによりロンギルスをいつ蘇生させるか、効果をいつ使うかが重要になってくると考えています。
ロンギルスは自分に都合の良いタイミングで相手のリンク状態のカードを除去できるため、ロンギルスをどこで使うかをもっとも意識しています。
イヴリース始動の展開や《御前試合》を発動する事が出来れば、リンクデッキに対してはトポロジック無しでも、召喚権を使わせたり、そもそもリンクをさせないと言った妨害も出来るため、後攻ワンショットないし完全制圧される可能性は減らせるかと思います。

また、手札に終末等の墓地送りカードや、イヴリース、スキッパー等がある場合は、オルトメアを墓地に送る事で、簡単にトポロジックまで繋ぐ事が出来ます。
ここから、相手ターンに妨害出来るかや、トポロジックではなくヴァレルソード、ロードに繋げるかは更に手札・墓地次第になりますが、返しのターンに安定して3000打点を立てる事は出来るかと思います。

最後にデッキの改善案としては、パンクラトプス等のコストがリリースのカードには意味がないですが、ダグレなどの初動枠を減らし《エフェクト・ヴェーラー》《夢幻泡影》をメインから採用するのはありだと思います。

新制限になり、次期環境がどう言ったものになるか、詳しくは分からないので今回はリンクデッキにのみ触れさせていただきました。
ですが、オルフェゴールは次期環境候補のサンダードラゴンや転生炎獣とも十分戦えるスペックはあると思います。

かなりの長文にも関わらず、明確な対策や動きを返信できず申し訳ないです。
ミァハさんが大会で結果を残せるよう陰ながら応援させていただきます。 」(2018-12-18 00:54 #8ca94)
ムーズィカ 「ミァハさん
先程の返信で、文頭の名前に継承をつけ忘れてしまいまい、失礼しました。 」(2018-12-18 00:57 #8ca94)
ミァハ 「再びコメント失礼します。
前回のコメントで、ロンギルスを使うタイミングに注意するということでものすごく勉強になりました。ありがとうございます。
申し訳ありませんが今回も2点ほど質問があります。
まずは相手の魔法罠の除去についてです。
こちらが先行の場合は大した問題ではありませんが、後攻である場合、オルターガイストでよく使われる魔法使い族の里やその他諸々の妨害罠、今環境に増えているサラマングレイトの罠回収などの対策をしなければなりません。個人的にはツイツイの採用を考えています。そこでまず、ツイツイを採用するかどうか、採用するならメインからか、またはサイドから投入か、の意見を聞きたいです。

次に構築についてなのですが、幻影オルフェゴールという記事を見かけて、ギミックとしてメインにはサイレントブーツと幻影霧剣二枚、エクストラにラスティバルディッシュを入れる感じになります。デッキ使用時に、増援の使用感があまり良くなかったため、増援とダグレを抜くことで幻影パーツをいれれるには十分です。幻影ギミックを入れるメリットとしてはオルフェゴール無し手札でのイヴリース一枚からラスティバルディッシュ&幻影霧剣二枚構えられること、し一枚からハリ&ラスティバルディッシュ&幻影霧剣二枚(ワンマジが入っていれば相手ターンにヴァレルSのシンクロ可能)の展開、フォーマットスキッパーとオルフェゴールディヴェルorスケルツォンで場にトポロジックと幻影霧剣二枚、墓地にロンギルス、オルトロメアの展開ができることが挙げられます。他にもあるかもしれませんが、自分はこれしかわからないので他にもあれば是非教えてください。

以上の二つに関して時間がある時で良いのでご意見をいただければ幸いです。 」(2018-12-25 04:07 #fdcb2)
ミァハ 「コメントの訂正です
×し一枚
○終末の騎士一枚
(2018-12-25 04:10 #fdcb2)
ムーズィカ 「ミァハ さん
今回も貴重なコメントありがとうございます。

まず、バック割りに関しての質問ですが、今のデッキでバック割りが出来るのがフェニックスだけと言う現状です。
なのでツイツイの採用自体は有りだと思います。ただ、サンダードラゴンやリンクデッキに対しては余り刺さらないカードでもあるので、私は現状サイドに2枚の採用としています。
今後の新規環境テーマが登場する、転生炎獣、オルター対策に重きを置きデッキを構築すると言った場合はメインから採用する価値は大いにあると思います。

あくまでも一例として、ツイツイ以外の対策を上げるとすれば、トゥリスバエナやサイドに拮抗勝負等を採用するのが望ましいかと思います。

次に、幻影オルフェについてです。
幻影騎士団を採用した構築はちょうど私も考えていました。
オルフェゴールと無理なく組み合わせる事ができ、霧剣を使ったトポロジック以外の相手ターン制圧も可能で、相手に合わせた制圧が出来るためミァハさんの仰るカードの採用は確定と言っても良いと思います。

ですが、1つ考える所がありまして
ブーツ、霧剣の出張セットを採用した従来のオルフェ展開に幻影を添えるデッキタイプにするのか、前述したカードに、更にローブ、グローブ、RUMラウンチ、エクシーズモンスター等を採用したオルフェ、幻影の2本柱にするデッキタイプにするかが難しい所です。
後述したデッキタイプは、このデッキのコンセプトでもある相手ターントポロジックの成功確率が下がると言う問題もあり、また今後の環境や好みの問題になってしまう所もあるので、出張セットを採用し、使い勝手を見つつカードを増やすと言うのがベストだと思います。

展開例に関してですが、パーツ1、2枚スタートの展開としてミァハさんが書かれているもの以外で上げるのでしたら、コストが計2枚必要にはなりますが、手札ジェット、ディヴェルで最終盤面バベル、トポロジック、ラスティ、墓地オルトメアと言う展開も可能です。
もし今後、新規やデッキ構築を変更し新しいルートが見つかった場合は、書かせて頂こうと思います。

私もこのデッキをとりあえず、前述した通り、今後の環境次第でデッキをいじる事になると思いますが、出張セットを搭載した幻影オルフェに使用と思います。

貴重なご意見・質問ありがとうございました。 」(2018-12-25 20:26 #8ca94)
ミァハ 「返信ありがとうございます。

デッキ構築に関して基本的に意見が一致していたのでよかったです。
自分もとりあえずツイツイをサイドからで様子見することにします。
よろしければサイドについても教えていただけませんか?

あと、幻影のグローブ、ローブ、RUMラウンチなどを入れた構築のメリットはなんでしょうか?自分のイメージでは初動の回転が遅くなり少しファン寄りのデッキになってしまうと思うのですが。

ジェットシンクロン&ディヴェルの展開例ありがとうございます。 」(2018-12-26 00:25 #8306c)
ムーズィカ 「ミァハ さん
コメントありがとうございます。

そうですね、ミァハさんの言う通り今の構築より「速さ」自体は若干遅くなってしまうと思います。
幻影寄りの構築のメリットしては、より相手に合わせた展開が出来る点です。アルミラージを採用する事で、どの幻影騎士団からも墓地を肥やしつつ従来の霧剣×2が作れますし、ブレイクソードやアザトート等のカードが無理なく採用でき、柔軟に動く事が出来ます。
デッキコンセプトとしては、現在の短期決戦型のデッキ構築とは違い、受け身の構築となります。

ですが、現状は先のコメントでも言った通り出張パーツのみの採用で良いかと思います。
あくまでも、環境に合わせて攻めのデッキが良いのか、受けのデッキが良いのかを見極めて、構築を変えて行ければと考えています。

現在の私のサイドデッキを載せておきます。
ダイナレスラー・パンクラトプス ×3
屋敷わらし ×2
ハーピィの羽根箒 ×1
ツインツイスター ×2
無限泡影 ×2
拮抗勝負 ×2
レッド・リブート ×3

少しでもお力になれたら幸いです。
コメント本当にありがとうございました。 」(2018-12-26 01:41 #8ca94)
おるとめあ 「こんにちは
幻影オルフェはバベルの依存度が減って安定しそうですね
それはそうと、新規カード、ディンギルスが公開されましたね!幻影型だと、ディンギルスがエクシーズということで、ラスティとも相性が良さそう
トポロ型だと、確定札1枚スタートでも星杖を経由せずに除外されたオルフェゴールの再利用できて、サモンソーサレス現役の頃をとうとう超えたかなって感じます
私事ですが、後攻限定でディヴェルをリンク1にできるクララ&ルーシカが手札が事故っても最低限の展開ができて結構便利です 」(2019-01-10 15:28 #836a2)
ムーズィカ 「おるとめあ さん
お久しぶりです。コメントありがとうございます。

おるとめあさんの仰る通り、今までこのデッキでは使えなかったラスティの効果が使えるようになったので、ディンギルスと合わせて相手の盤面にかなり関与できるようになりましたね。

クララ&ルーシカに関してですが、単体では動けないディヴェルをリンクに変換できるという点では素晴らしい案だと思います。
ただ、先攻1ターン目ではクララを使った展開が出来ない点と、除外やバウンスされる恐れはありますが、ディヴェルセットED→次ターンディヴェルefオルトメアssと言った動き、場に残っても召喚権を使い2体でガラテアLSが出来るので不採用にしています。

もう一つの理由としては、エクストラにわくがないというのも大きいです。
もし宜しければエクストラの構築を教えていただければ幸いです。

クララ&ルーシカやアルミラージのように緩い条件のリンク1が増えてきているので、このデッキにあったカードが出た際は、採用しようと考えています。

貴重なコメント本当にありがとうございました。 」(2019-01-10 18:33 #8ca94)
AC 「新弾で出たディンギルスが出たことによってyoutube等で幻影オルフェゴールの動画などが挙がっておりますが、それらの動画の特徴としてラウンチとVFDが採用されています。
今までの幻影オルフェゴールのラウンチは既にコメントにあるように若干のカジュアル要素があったのですが、ディンギルスのおかげでVFDが出せるようになりました。言わずもがなVFDの制圧力、打点の高さはとても高いです。なので、僕はラウンチとVFDを採用したほうが良いのではないかと思っております。
(実際に採用した幻影オルフェゴールが浦添CS優勝しておりました。)
ムーズィカさんはどう思いますか?長文失礼しました。
(2019-01-14 11:51 #acc0b)
おるとめあ 「ムーズィカさんこんにちは、返信有難うございます
DANE発売後のEX構築を参考までに下に書きました。

トロイメアマーメイド初動による幻影霧剣2枚・クリマクス制圧展開がメインです。
トポロボマーは後攻や対戦中盤で場を一掃するのに使っています。
先攻トポロ制圧は、捲られたあとがラスティバルディッシュ制圧より貧弱なので、あまり使ってないです。
ラスティバルディッシュ制圧は幻影霧剣の蘇生効果やクリマクスのサーチ効果などリソースが尽きにくく強すぎです
アルミラージは幻影騎士団下級や転生炎獣スピニーを初動としてマーメイド展開するのに入れております。
リンクリボーはカノーネ初動にしか用途がなく、アルミラージで代用できるので抜いています
アンダークロックは、自分は転生炎獣などの非闇属性からラスティバルディッシュに繋げられる闇リンクとして入れています
ブレイクソードは中盤にラスティでサーチしたサイレントブーツとスケルツォンでssできるほか、後攻にベイゴマや転生炎獣ガゼフスピニーでssし相手バックを見れるので良く使います
クララ&ルーシカは結局、ディンギルスと入れ替えてしまいました
なんにせよ、EXデッキは枠がキツキツです

幻影オルフェゴールEXデッキ15枚
2 トロイメアマーメイド
1 トロイメアフェニックス
1 トロイメアユニコーン
2 ガラテア
1 ロンギヌス
1 ディンギルス
1 ハリファイバー
1 ヴァレルソード
1 トポロボマー
1 アルミラージ
1 アンダークロックテイカー
1 ラスティバルディッシュ
1 ブレイクソード 」(2019-01-14 18:44 #836a2)
ムーズィカ 「AC さん
コメントありがとうございます。

私もYouTube等でVFD入りの展開を見て面白く、実用性のある構築だと感じました。
以前までと違い無理なくエクシーズが召喚でき、スケルツォンでディンギルスを簡単に用意できる点からもラウンチの採用はありだと思います。

私もラウンチ搭載構築を仮組みし回しつつ、採用していければと思います。
貴重なコメント本当にありがとうございました。 」(2019-01-14 23:39 #8ca94)
ムーズィカ 「おるとめあ さん
返信こちらこそありがとうございます。

やはり皆さんEXはカツカツになっているんですね。
おるとめあさんの仰る通り、展開に関しても当時のトポロ展開よりも、後続を構えやすい霧剣を構える展開の方が主流になりつつありますね。

EXに関しては、リンクリボーは仰る通りだと思います。私のデッキ構築では、単体展開でアルミラージを必要とするモンスターがジェット、カノーネのみでしたのでリンクリボーを採用していましたが同様の展開ができ、リンク素材の幅の広いアルミラージを採用しようかと思います。

EXの詳細なコメントやベイゴマや転生炎獣を組み込み、より展開を安定化した構築も参考になりました。
貴重なコメント本当にありがとうございました。 」(2019-01-15 00:01 #8ca94)
AC 「ムーズィカさん返信ありがとうございました。ぜひ、vfd展開の方も試してください。
疑問なのですが、シェードブリガンダインは採用されないのでしょうか?アルミラージを採用したならば、幻影騎士団モンスターでアルミラージをLSして、墓地効果でシェードブリガンダインをサーチすればそれでマーメイド展開が出来るようになります。この幻影騎士団モンスターが初動になるというのは、とても大きいと思います。今まで初動を安定させるために色々なカードを採用されていますが、その結果後続に続かなければ意味がないと思ってます。なので、その二つを解消できるシェードブリガンダインは採用した方が良いと思ってます。ムーズィカさんはどう思います。(ついでに、インヴェルズローチもディヴェルとシェードブリガンダインでオルフェの制約に引っ掛かることなく展開できるので、一考してはいかがでしょうか?) 」(2019-01-15 08:30 #02bd5)
AC 「追記 最後の思いますかの後ろに?をつけ忘れました 」(2019-01-15 08:31 #02bd5)
ムーズィカ 「AC さん
コメントありがとうござます。

ACさんの仰る通りアルミラージを採用した事で、どの幻影騎士団からでもシェードと合わせて従来通りの展開ができるシェードの採用は十分ありだと考えています。

以前、ご意見いただいたラウンチ構築での仮回しを現在しているのですが
ブーツ 1、おろ埋 1、霧剣 1 out
ローブ 1、ラウンチ 1、シェード 1 in
と言ったレシピにしています。

ローチの採用に関してですが、簡単にランク4は出せますし、闇属性かつ妨害効果持ちで構築次第では採用はありだと思います。
ですが、私のデッキがサベージ搭載型というのもありEXに枠がない状態です。現在サベージやワンダーマジシャンを重いと感じる場面も少ないので、今回ローチの採用はは見送ろうかと思います。

EXは今後も対策すべきデッキに合わせて考えて行けたらと思います。
貴重なご意見ありがとうございました。 」(2019-01-15 11:12 #8ca94)
Yu 「的外れな質問でしたらみません。
デストルドーの代用などありますでしょうか? 」(2019-01-18 20:48 #953f3)
ムーズィカ 「Yu さん
コメントありがとうございます。

この構築でデストルドーを変更するのでしたら、合計コスト3になりますがゾンビキャリアで代用可能です。

一応参考までに終末も変えるのでしたら、ウンディーネ+ローズニクスやレフティ+ライティ等でコスト2で同等の動きをする事ができます。

貴重なコメントありがとうございました。 」(2019-01-18 22:34 #8ca94)
ナナシ 「レシピ拝見しました~。自分も幻影オルフェ使っているので参考にさせていただきます。

ヴァレルSの採用で疑問なのですが、今の構築ですとハリファから出すライザー等がないため展開方法がジェットロン+オルトメアもしくはファンタズメイぐらいになっているのが少々気になりました。
ご本人コメントでもありましたがエクストラ枠がカツカツというのもあり、ライザー無しの場合ヴァレルSの採用はかなりキツイように感じます。

拝見した限りではマーメイド主体の展開方法がメインと思われますので、最終着地盤面はラスティ+ガラテア+バベル+霧剣で墓地にスケルツォン、ディンギルスになるのかなと感じました。
であれば、ラウンチ+VFDのコンビ採用の方が安定して展開できるように思いますが(あるいはアニマ抜いてライザー採用?)、実のところヴァレルSの使用感・出す頻度などはどれほどなのでしょうか?自分はヴァレルS使っていないのでそこが少し気になりました。

サイドは影依融合+ミドラーシュ+ドラゴン採用が中々いい感じです。1枚から墓地肥やししつつバック割れますし、ミドラーシュの効果破壊耐性のおかげで転生のウルフ+レイジを気にせず殴り倒せるのが対転生の後攻時に有効に働いてくれました。 」(2019-03-22 10:04 #ccf48)
ムーズィカ 「ナナシ さん
貴重なご意見ありがとうございます。

サベージに関しては私も必ず展開に組み込むというのではなく、手札次第で出せれば妨害数が増えるので採用しています。初手が終末、ディヴェルやモンスター2体、ドルトーなどの従来の展開をしつつサベージを立てる事の出来る場面でのみサベージを使うので、使っていてそこまで厳しく感じた事は個人的にありませんでした。

次に最終盤面として私が目指しているものが、バルディッシュ、ガラテア、霧剣×2、クリマクスの盤面を考えています。
VFD展開は以前私も採用していたのですが、以前デッキ構築を変更したときに不採用にしました。理由としては、モンスター効果に対する妨害は霧剣で十分に感じ、逆に羽根箒やツイツイ等の魔法カードに対しての妨害としてVFDではなくクリマクスを構えておきたいと考え、優先的に上記最終盤面を意識する様になり不採用としました。
ですが、VFD展開はモンスター効果を完封できる程の制圧力があるのも確かですので、今後枠と相談しつつ採用し直す可能性は大いにあると考えています。

最後にサイドに関してですが、シャドールワンセットは大会等でも必ずと言って良いほど見かけるので採用しようと思います。

貴重なご意見本当にありがとうございました。 」(2019-03-22 23:34 #b5b0f)



デッキを評価しよう!
デッキの強さではなく、デッキ紹介が参考になったら高評価にしよう!
評価低(カードレシピのみ) < 評価高(運用方法や強み・コンボなども書かれていて参考になる)
少し参考になった
3点
参考になった
6点
かなり参考になった
10点

↑ クリックして評価しよう↑

閲覧数15397 評価回数60 評価558 ブックマーク数5