オルターガイスト・マルチフェイカーのカード評価・考察 ⇒WIKI(外部)


データ背景
100% (23)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)



高評価(9〜10)を表示

かなり強い、使えると判断したユーザーのコメントです。

10

#cde1f ソリティアマスター  2022-06-09 19:15:43 [23]
オルターガイスト最大のエンジンであり、環境デッキとして長らく居座り続けるパワーを与えた1枚。相手ターンで用意できる妨害源でもあり、罠をトリガーとしてシルキタスやクンティエリを引き連れてくることによって相手をじわじわと攻めていく。マテリアリゼーションによって予期せぬ出現をすることもあり、恐らくまだまだ制限からは帰って来れないポテンシャルがある。海外では3枚使えるというのは可笑しい。 つってたらまじで1枚帰ってきちゃったよ。来期オルターは復権できるパワーはあるのだろうか?

10

#90a01 Sigu  2021-01-24 18:46:29 [22]
(1)と(2)が連動しており、罠の発動をトリガーに自身を特殊召喚→別のオルターガイストをリクルートという流れが基本。リクルートは自身の効果による特殊召喚でなくても使えるので、汎用カードやマリオネッターで蘇生しても使える。このカテゴリの妨害手段はフィールドのオルターガイストをコストとして要求するカードが多いため、それらの安定した運用にはこのカードが不可欠と言っていい。オルターガイストはこのカードを除けば展開力に長けているとは言い難く、速やかにこのカードをサーチする必要がある。メリュシークやスプーフィング以外にも、クリッターや黒き森のウィッチはターン中の発動制限による遅さを(1)でカバーできるため相性が良い。

10

#37f7a みめっと  2022-03-14 02:18:54 [21]
オルターガイストの最大のキーカードであり究極のエンジン。 3枚積めた頃は、このカードと泡影を握ってガハハと高笑いしてるだけで勝てるとまで言われるほどに、オルターを一気に環境デッキまで引き上げた革命的なモンスターである。 泡影やタイフーンを使えば相手の先攻1ターン目からフェイカーシルキタスの構えができ、後攻でも拮抗勝負で相手の戦力を大幅に削いだのちに特殊召喚ができる。 相手エンドフェイズに罠カードを発動しフェイカーメリュシークのコンビを作れば、返しで一気にヘクスティア&メモリーガントによる1キル打点も叩き出せる。 もちろんヘクスティア&マリオネッター&プロトコルの構えを作って守りを固めるのも良い。 発動した罠の効果処理後に効果が出るので、カウンター罠でもトリガーを引けるし、罠の発動時に手札にいなくても構わないのでスプーでサーチしてきてそのまま出動可能である。 オルターはこのカードの力を使うことでたちまち恒久的な妨害&リソースを得ることができ、よって超特急でこのカードにアクセスすることが求められるが、残念なことに現在制限カード。 メリュシークやスプーはもちろん、クリッター&アルミラ、ウィッチ&アルテミス、ワンフォ、強金や金謙、時にはリンクモンスターのヘクスティアさえも駆使して、なんとしてでも初動に引き込みたい。 2022年1月改訂時追記:この四半期改訂で遂に制限→準制限に緩和されました。 フューデスが禁止になり、苦手なデスフェニが大きく後退するため確実に追い風ではあるのですが、それでも来期大して入賞できなければ、フルパワーでオルターを使える日も近いかもしれません。 2022年4月改訂時追記:遂に制限解除となりました!大方の予想通り、そのままスライドする形での無制限カードに! いやあ、組んだ時にはフェイカー制限のメリュスプー準制限という状況だったもんで、今後はフルパワーでオルターガイストが使用できると思うと嬉しい限りですね。 代償として王宮の勅命を失ってしまいましたが、2枚目のマテリアでも入れてよりオルターらしく戦えるように頑張っていきたいですね。

10

#b3727 アルバ  2019-02-24 11:59:38 [20]
オルタ―ガイストを環境に押し上げたカードであり、恐怖の抱影フェイカーで先攻展開もできるカード。 シルキタスやプロトコル、へクスティアなどオルタ―の強力な効果持ちには場のオルタ―を要求する為、罠を発動しただけで特殊召喚され1が2に増えるカードは強い。 特にスプーリングとシルキタスとは露骨なまでにシナジーしている。 サーチが容易で蘇生でも効果を使えカテゴリ内にはその両方がある。 制限カードに指定された後はクリッターを使ってまで持ってきており、それでもまだ環境に残っている。

10

#79280 アームド強化来  2018-12-08 22:43:00 [19]
スプーフィングとのコンボが理解出来ない、その裁定が屁理屈にしか感じられない シルキタスリクルートも相手してると遊ぶ気が消えてしまう、かつてのマジェユニコーンの様だ

10

#0a800 shiro  2018-09-18 23:04:03 [18]
オルターガイストのやべーやつ なんでも罠トリガーで特殊召喚、シルキタス持ってきて実質マジェスペクターユニコーンしてくる鬼畜である 元々低速だが厄介な中堅テーマだったので当然ながらこの1枚で守りも攻めも高速になりオルターガイストは環境テーマとなった スプーフィングでサーチしてそのまま展開してくる様はかつてのセプスロを彷彿とさせる理不尽さを感じる 準制限になるが果たしてオルターガイストは止まるんでしょうか オルターガイスト「止まるんじゃねぇぞ」

10

#86344 サバンドラ  2018-09-18 22:49:30 [17]
最早何もいう事がない位強い。 鉄火団団長を連想するような名前だけどネタにならない位強い

10

#5950d しょきちょー  2018-09-15 09:12:59 [16]
コナミさん閃刀やらオルタやら剛鬼やらに甘くない? これ準制限にしたくらいで動きが止まるなんて思えないんだが。

10

#893ef ファンデッカー  2018-08-18 03:08:03 [15]
オルターガイストの環境席巻をもたらした壊れカード。 罠カードを発動するたびに現れてはデッキを圧縮し、シルキタスで手札に戻し次のターンに備える。このムーヴはオルガの基本と言える。相手ターンにも超展開してくるのは本当に恐ろしい光景である。 また(2)の効果は(1)の特殊召喚じゃなくても発動できる。よってシナジーのあるカードはかなり多く、構築の自由度を高める結果となっている。サーチの強力さと発動機会の多さこそがこのカードの恐ろしさだろう。申し訳程度に展開制限がついているがこのカードのポテンシャルからすればほんの些末なことである。 明らかに規格外の強さを持っており、オルガならば3積み確定ではないだろうか。 評価は10以外つけられない。やはりあるテーマを環境に持っていくカードはただただ強い。マルチフェイカーはやり過ぎた感があるが、不遇テーマにもこのような強化があることを願いたくなる。

10

#988ba デルタアイズ  2018-06-11 02:39:22 [14]
お手軽SSからのリクルートをするオルターガイスト必須モンスター いやーキツいっす(素)

10

#e5d14 ヒコモン  2018-05-18 12:59:36 [13]
オルターガイストを環境レベルにまで上げた強力カード。自分が罠カードを発動した場合という緩さで特殊召喚出来て、しかも特殊召喚成功で「オルターガイスト」モンスターをデッキから特殊召喚することが可能。相手の先攻だろうと無限泡影発動で沸いて来ることで展開出来たりする。しかもオルターガイスト・シルキタスを呼び出せば相手カードバウンスという妨害まで可能。

10

#2c740 A  2018-01-28 13:02:28 [12]
オルターガイストを環境レベルにまで持ち上げたカード オルターガイストは初見殺し色が強いのでメタが貼られればきつくはあるがこのカードの登場により環境勢と戦えるほど強くなったことは間違いないだろう

10

#b473a illjiji!  2018-01-24 17:13:43 [11]
かなり詰め込まれていて率直に強いです。スプーフィング発動時にサーチすればそのまま特殊召喚出来て、シルキタスで相手の妨害と自身の再利用を同時にこなせるのは鬼です。 無限泡影とコンボも強烈で後攻0ターン目から無効とバウンスによる妨害が可能でやはり鬼です。 相手がアクションを起こさないならエンドフェイズに出してメリュシークを呼んでヘクスティア+マリオネッターの布陣を築ける等、このカード一枚で攻めも守りも従来のオルターガイストは何倍も強くなった印象があります。

10

#d15a5 bb  2018-01-19 09:43:01 [10]
文句なしに強い。 このカード自身が強いだけでなく、マリオネッター、クンティエリ、シルキタス、各種罠等の他のカードも相対的に強くなった。

10

#b648a マスじい  2018-01-18 17:50:24 [9]
新たなオルターガイスト。いい感じの強化です。これであとは初動展開手段が来てくれれば・・・。 効果はどちらもシンプルで使いやすく、それでいて強力。 1つ目の効果は自己特殊召喚効果。発動条件が「罠の発動」と非常に緩く、罠を大量に投入するオルターガイストでは発動機会には恵まれています。 2つ目の効果は、特殊召喚成功時にデッキからオルターガイストをリクルート。オルターガイストには、ユニコーンを彷彿とさせる鬼畜バウンスのシルキタスや、特殊召喚成功時に相手モンスターを無効化させるクンティエリが存在し、「罠の発動ついでに相手を妨害」ということが簡単にできるようになります。 ターンこそ跨ぎますが、自分ターンでも展開手段として非常に優秀で、罠発動→フェイカー→メリシュークSS→ヘクスティアリンク召喚→メリシュークでオルターガイストサーチ→サーチしたオルターガイストを召喚、という手順で簡単にリンク3を立てることができます。 効果の完成度が非常に高い、良いカードだと思います。

10

#aae36 シンシン  2018-01-17 11:36:36 [8]
相対的ハズレア枠。絶対強者。  たった1枚でオルターガイストの展開力と序盤の遅さという弱点を補う強化カード。  こいつが手札にいるとき。当然相手ターンにリクルート。  デッキにいるとき。パーソナルスプーフィングを発動してこのカードを手札に加えた場合、ついでに①の効果で特殊召喚できる。で、デッキリクル。  墓地にいるとき。墓地にいるこいつをマテリアライゼーションで蘇生することで、デッキリクル。  このように相手ターンのリクルートも可能にすることで他オルターのターン1効果を加速して遅さを克服。  パーソナルスプーフィングが「オルターガイスト」ついていたら本当にやばかった。オルターガイストが何倍も楽しくなるカード。

10

#72cfc ジュウテツ  2018-01-17 12:01:02 [7]
「オルターガイスト」モンスターをリンク素材に要求するLINK2は、他に「オルターガイスト」モンスターを要求する効果を持っているため、(1)(2)の2つの効果により「オルターガイスト」モンスターを2体特殊召喚で調達出来る効果は、実にありがたいと思います。 (1)の効果の発動条件には罠カードを要求しますが、「オルターガイスト」デッキは優秀な罠カードに恵まれたテーマのため、問題はないと思います。

10

#ccf00 pugelahcho  2018-01-14 23:09:00 [6]
オルターガイストの展開力を強力に補うパワーカードです。 デッキからシルキタスを呼んで妨害することも、オルターガイストの場数を増やしてヘクスティアを出すことも容易にこなしてくれます。 出せば強いが場に並ばなかったオルターガイストにとって救世主となるでしょう。

10

#6b2af 編集 2018-01-14 18:27:11 [5]
マリオネッターとの相性抜群。 トリガーの罠を持ってきて マルチフェイカーを出す準備完了。 新規の罠を使えばLINK3迄出せるように 展開力低めだったところに 欲しかった展開力を高める新規は嬉しい。 優遇されすぎですよ 別所エマさん…( ˆωˆ )

10

#19374 ABYSS  2018-01-13 18:30:11 [4]
オルターガイストに足りなかった展開力を上げるカード。 緩い展開条件を持ち、特殊召喚されたらオルターガイストリクルートと一気に場を整えられる。 リクルート効果は自身の効果以外でも発動するのが強い。 シルキタスやメリュシークをリクルートしたい。

9

#bc129 TK  2018-01-15 14:50:47 [3]
「罠カードの発動」をトリガーとするため、再セットを行える罠、くず鉄のかかしやサブテラーの決戦と相性抜群。条件・対象等を何も必要としないサブテラーの決戦とシルキタスで布陣を敷けば、毎ターンフィールドアドを+1しつつバウンスする装置と化す。 ①は場合効果であるため、スプーフィング等で手札に加えた一連処理後に発動することも可能、覚えておこう。 シャンバラ、導師、決戦の所謂【導師ビート】要素を混ぜると打点確保や妨害力に+α

10

#dc2d1 exa  2018-01-13 11:15:12 [2]
的確を超える強化。 リンクモンスターを擁していながら展開は低速なオルターガイストにとって単純に(1)は優秀です。元々罠は多いため発動条件に困ることはほぼなく、罠カードを発動した「場合」というテキストのためカウンター罠でもOK。(2)はシルキタスと相性抜群で、このカードを回収しつつバウンスを行うというとてつもないコンボが可能に。シルキタスが残るため、往復ターンで2体バウンスできます。(1)での特殊召喚から狙うのが普通ですが、さりげなくどんな特殊召喚にも対応するためマテリアリゼーションでもトリガーになります。そのマテリアリゼーションもシルキタスで再利用可能。 やりすぎて貴重なデュエル仲間を自宅にバウンスすることのないよう注意。

9

#9b3a4 とき  2018-12-11 10:54:48 [1]
罠カードを発動した時に手札から特殊召喚する効果と、特殊召喚された時にオルターガイストをリクルートする効果を持っている強力な下級オルターガイスト。 オルターガイストはマリオネッターの存在から罠の重要度が高く、1番の特殊召喚は容易に達成できるだろう。そのまま2番の効果も発動できるので罠1枚から一気に展開可能になっている。 2番の効果は自身の効果の他に、マテリアリゼーションや汎用蘇生カードでも起動できる。オルターガイストにおいてはかなり優秀な展開力であり、新しいデッキの要になりえる下級。そしてオルターガイストを環境トップクラスのテーマに引き上げた原動力として制限になることに。

更新情報 - NEW -