リンクリボーのカード評価・考察 ⇒WIKI(外部)


データ背景
82% (19)
データ背景
13% (3)
データ背景
0% (0)
データ背景
4% (1)
データ背景
0% (0)



評価全件表示

10

#f8bcd みめっと  2020-02-08 09:03:34 [23]
1ターンに1度しかリンク召喚できなくても余裕で強いカード。 このカードのおかげでアストラムの要求するリンク素材の条件も満たしやすい。 カード名の異なるカードや効果モンスターを素材に要求するリンクも、大抵のトークンをこれに変えることでクリアできる。

10

#72b54 トビア  2019-06-05 21:31:38 [22]
汎用性も効果も自己再生能力も全部優秀。 更にリリースすることにより魔王ディアボロスが墓地から蘇る。

10

#c7f6b げおんぬ  2019-02-25 07:44:59 [21]
初代に登場したリメイクカードだからか、強すぎる。メリットしかない。 攻撃力300と低いが、自身の効果でダメージ0で済む。 2の効果は、破格。デュエル中1度だけを付けなかったのはなぜ?と思えてくる。

10

#c6b7b もも  2019-02-25 01:55:21 [20]
効果というより、マーカー方向とレベル1モンスター、トークンを能動的に墓地に送れる点が桁違いにやばい。

10

#e76ee ナナ  2018-11-23 11:15:06 [19]
早い時期にリンク1汎用モンスターの座に着いた、強いクリボー。 欠点が見当たりません。

10

#9676c カンベイ  2018-07-22 12:38:17 [18]
レベル1=リンクリボー の方程式は遂に自明の理となった。 グローアップ・バルブを素材にリンク召喚、その後彼方を墓地から特殊召喚する事で簡単にハリファイバーのリンク素材が揃う。このムーブは正直見飽きてしまったレベル。それ故か、このカードを入れていないデッキの方が珍しくなったような気がする。

10

#5e664 ophion  2018-07-20 07:39:38 [17]
クリボー系、いや、数あるリンクモンスターの中でも特に凡庸性が高い部類に入る1枚。 最近では、レベル1モンスターもレベル1トークンを生み出せるカードも投入されていないデッキのEXデッキにも普通にいる気がする

9

#1eda1 備長炭18  2018-05-07 14:31:12 [16]
時代に合わせ、サイバース化を果たしたクリボー。 攻撃力を0にするだけというのがまたくせ者でして、真っ先にこのカードを攻撃しないといけないにも関わらず逃げられてしまい、またレベル1モンスターがいれば最大2体分の攻撃を妨害できる性能はかなりのものです。 レベル1トークンを効果モンスターに変えるという意味でも特に需要が高いと思います。

10

#19374 ABYSS  2018-05-04 12:41:43 [15]
クリボーの系譜らしく攻撃を防ぐ効果持ちのリンクモンスター。 レベル1ならトークンでも何でもという非常に緩い素材で、更に墓地からレベル1を消費して蘇生可能なためリンク素材として非常に優れる。 トークン以外や効果モンスター、あるいはサイバース族をしている場合でもこのカードに変換することでクリアできる。 また、単純に墓地へ送ることで効果を発動するモンスターのトリガーとしても使える。 非常に使い勝手の良い優秀なモンスターです。 スターター再録は英断。

9

#5d92c はわわ  2018-03-23 14:59:38 [14]
トークンをリンク1に変換するのに最適なカード 墓地から何度も使い回せるのはEX節約になって便利だし、(1)の効果で攻撃牽制できるのも悪くない

4

#bba60 PutuRennen  2018-03-22 21:30:30 [13]
再録おめでとう

9

#face5 シエスタ  2018-03-06 16:06:26 [12]
レベル1であることにまたメリットができたといえるカード。レベル1ならトークンでも素材にできる緩い条件、さらに相手の攻撃宣言時にリリースすることで相手モンスターの攻撃力を0にでき場の状況が変わるため返り討ちにはできないものの事実上攻撃を無効化できる。ただ発動できるタイミング上除去に弱いほかライトニングのカモになりやすいので注意したい。墓地へ行ってもレベル1をリリースすることで蘇生もでき使い回すことができる、防御だけでなくトークンを効果モンスターに変換して素材にできるなどやれることが多く便利なモンスターです。

10

#c3f7b ダークナイト  2018-03-06 09:16:57 [11]
スケゴやレベル1モンスター及びトークンと、コイツを組み合わせた遅延デュエルデッキ。 大量展開するデッキには弱いが、それ以外には何気に効く。

9

#db408 BK201改  2018-02-27 17:01:59 [10]
青眼デッキで賢士が棒立ちのときや、いしやバルプを墓地に送りたいときにお世話になってます。レベル1のモンスター1体からリンクマーカー下のモンスターを召喚できるのはいいな。 攻撃宣言時の効果も中々強力で、実質1回攻撃を無効にできる。 最後の効果も石とかバルプ等の墓地効果メインのやつを能動的に落とせるからポイント高い。今まあまあな値段で売られてる。

10

#b97af わがじゃん  2017-09-25 16:56:41 [9]
ちょっとオカシイ性能のリンクモンスター。 《バトルフェーダー》や《青き眼の賢士》、《サウザンド・アイズ・サクリファイス》などの、効果を使い終わったレベル1モンスターを墓地に送ったり、《魔導術士 ラパンデ》や《太古の白石》などの、墓地の送られた場合に発動する効果を能動的に発動させたりできる。 が、それ以上に重要なことはレベル1トークンを効果モンスターに変換しつつ、EXゾーンにマーカー下を供給できる点。《リンク・スパイダー》とは双璧をなすが、単体性能はこちらの方が高い。 それ故に相場価格もうなぎ登りで、このカードに規制がかからない限り、当分は下がらないと思われる。

8

#84183 かぐやさま  2017-08-21 14:01:46 [8]
カップラーメンからサウサク経由しての流れは強い。ただ大正義ライトニングの前では無力。しかしレベル1デッキに希望を与えた。

9

#2b6e2 グレープ鎖  2017-08-15 07:52:48 [7]
リンクモンスターとしてはいい腕前を感じる。リンクパワー1。コストも安い為、かなりいい感じ。しかしこんなチートが同梱なんてどう困難て…鬼畜。

9

#39459 ヒコモン  2017-08-07 12:08:31 [6]
レベル1モンスター1体を素材に指定するリンクモンスター。攻撃宣言時にリリースすることで、攻撃して来た相手モンスターの攻撃力をターン終了時まで0にすることが出来る。攻撃宣言のタイミングでモンスターの増減が発生してしまう為、巻き戻しが起こり、返り討ちに出来ない点は注意。また、墓地に存在する時の自己蘇生効果も備えている。通常モンスターを指定するリンク・スパイダーと違い、レベル1効果モンスターを墓地に送れるのもメリット。

9

#121ce ジュウテツ  2018-02-27 17:10:25 [5]
「オルターガイスト」デッキでは、「オルターガイスト・メリュシーク」を墓地に送りサーチ効果を発動する手段として、有効だと思います。 低攻撃力のリンクモンスターですが、(1)の効果により低攻撃力をさらさずにすむので、問題はないと思います。

8

#89381 とき  2018-11-18 11:46:28 [4]
レベル1モンスターをリンクモンスターに交換できるリンクモンスター。 攻撃宣言時にリリースすることで相手の攻撃モンスターの攻撃力を0にする効果と、レベル1モンスターをリリースすることで墓地から特殊召喚できる効果を持っている。 多くのトークンはレベル1でありトークンを効果モンスター化することでリンク召喚に便利になるほか、似た役割を持つリンク・スパイダーと違いレベル1なら効果モンスターも墓地に送れるので、墓地に送ることで効果を発揮するレベル1モンスターと組み合わせるといいだろう。さらに自己再生効果で墓地からでもレベル1モンスターを墓地に送れる。この効果がエコロジーでEXの枠を圧迫しないため、リンク・スパイダーと違い何度も素材の変換を行うことが可能になる。 自身の効果は防御的で、棒立ちになるリンクの弱点を克服できるものであるが、効果無効化などに弱いので過信は禁物。 もっぱらレベル1モンスターを墓地に送る部分が重要。その後は防御効果はあるとはいえ可能な限りリンク素材にしたい。

10

#f9177 なす  2017-09-25 19:10:33 [3]
自身をリリースして 相手攻撃モンスターの打点を0にする効果とレベル1をリリースして自己蘇生する効果を持つリンク1モンスター。 素材はレベル1以外に制限がないので、スケープ・ゴート等のレベル1トークンでも出せる。 (1)は相手の攻撃宣言時のみかつ返り討ちに使えないものの、攻撃を抑止できる。 (2)の自己蘇生は相手ターンにも使えるので(1)と噛み合っており、レベル1を墓地に送りつつ、素材にサイバース族もしくは効果モンスターを指定するリンクに繋げることができる。

10

#7ced4 デルタアイズ  2017-09-25 19:03:23 [2]
レベル1デッキにおいては革命的なリンクモンスター。 相手の攻撃宣言時限定ではありますが0効果は魅力的です。 蘇生効果もなかなか。 ライトニングやめちくり^~ ・・・そんな生ぬるい妄想を抱いてました

8

#53a0a アルバ  2017-07-26 13:39:14 [1]
素材はレベル1モンスター1体と軽くリンク先も下に1つ広がってくれるのでレベル1を多用するデッキではニンギルスなどを出すためにリンクモンスターの数を増やす目的やフィールドのレベル1モンスターを墓地へ叩き込むのにうってつけ。 1のリリースして相手のモンスターの攻撃力を0にする効果だが相手の攻撃宣言時にしか使えないのが難点。 まずこのモンスターから片付けようとして来ると思われるので戦闘破壊よりも攻撃牽制の意味合いが強いか。 2の効果の自己再生はリンクマーカーが下向きのためリンク先を増やす目的には使えないがリンクモンスターの数を増やしたり相手の攻撃牽制に使える。 フィールドの効果よりも簡単に出せてリンクマーカーの位置が扱いやすいリンクモンスターという事でレベル1モンスターをリンクやサイバースに変換する目的で使われるのが主になりそう。 尚、攻撃宣言時にしか発動できず守備表示に出来ないリンクモンスターかつ低ステータスなのでライトニングにとっては絶好のカモ。

更新情報 - NEW -