シャインスピリッツのカード評価・考察 ⇒WIKI(外部)


データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)
データ背景
10% (1)
データ背景
90% (9)



低評価(1〜2)を表示

弱い・使えないと判断したユーザーのコメントです。

1

#f16c6 サンパイ  2020-03-06 14:50:16 [10]
ブラック・ホールは無制限。だから調整版のこのカードの出番は皆無。

1

#5e9a5 アルバ  2019-07-21 09:23:05 [9]
STONの疑似ブラホ効果を持ったレベル7爬虫類シリーズの1枚。 イラスト的に爬虫類に見えない奴が結構いるので種族ぐらいはバラバラにしても良かった気がする。

2

#b9f92 ヒコモン  2019-07-12 12:36:25 [8]
同パックで一斉に出た全体破壊効果持ちの手抜きモンスター。同じ手抜きシリーズのスーパースター達は種族やステータスが異なっていたのだが、なんとこちらは爬虫類族、ステータスが完全一致という凄まじい手抜き具合。戦闘破壊された時に自身の元々の属性以外のモンスターを破壊出来るが、最上級ということを考えれば2体以上破壊出来ないと割に合わない。しかもこのモンスターはメジャーどころの光属性が破壊出来ないという致命的な欠点がある。しかしこのモンスターはまだ救いがあり、なんとW星雲隕石に対応している。正直そこしか価値が無いとも言うが。

1

#17de8 シエスタ  2018-10-06 10:21:26 [7]
ダークネスと同様メジャーな属性のせいで効果を活かしにくくなっている。その効果もトリガーが厳しい。 備長炭さんが言われているようにW星雲隕石対応のスペックなので他の類似効果持ちに比べリクルートしやすいのは利点ですが、単体除去ではあるものの魔・罠も破壊でき打点もより高いワームキングが存在している。 W星雲隕石でリクルートできるレベル7で除去持ちって所に利点を見出せれば採用できる・・・かもしれない。

1

#7cfa2 備長炭18  2018-08-13 12:06:23 [6]
いつもの爬虫類たちの光属性担当 この手のカードはメタ性能や出しやすさが問われるのですが、これの場合はどちらも低い。 他の爬虫類と違いコイツだけはW星雲隕石に対応してこそいますが、除去目的であればメインフェイズで使えるワーム・キングも存在するため誤差の範囲かと。

2

#32f88 ファイア野郎  2014-02-23 21:02:24 [5]
光属性以外のモンスターの全体除去効果を持つカード。 光属性モンスターは闇属性同様、優秀なモンスターが多く採用率が高いため、 除去効果を発動されても大したダメージにならないことが多いです。 何気にW星雲隕石対応しているとは言え、戦闘破壊がトリガーでは厳しいでしょう。

2

#a9476 サンダー・ボルト  2013-08-06 09:41:11 [4]
「W星雲隕石」に対応するので、他の仲間よりは出しやすいですけれども、代わりに光属性は採用率が高めで、効果が通らないことも多いので、結局のところ使えない。

2

ナル参照  2013-03-18 16:57:59 [3]
穴埋め蛇シリーズ。 すみません。地属性より《閲覧により削除》っぽいです… 対象としても微妙。ワームで使えるかな程度かな。

1

スクラップトリトドン  2012-04-09 09:53:02 [2]
亀もしっかりと爬虫類なんです. 光は比較的強いカードの多い属性のため,破壊対象が狭いのが・・・ W星雲隕石でサーチ可能とはいえ,除去ならキングでいいんじゃね?

更新情報 - NEW -