HOME > カードリスト > PREMIUM PACK 2019 > 転生炎獣アルミラージ

転生炎獣アルミラージ(サラマングレイトアルミラージ)   → カード価格

転生炎獣アルミラージ
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
リンクモンスター
効果モンスター
炎属性 - サイバース族 0 -
通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードをリリースし、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。このカードを特殊召喚する。
LINK - 1
  1. カード情報
  2. 収録
  3. カード評価・考察
  4. 採用されているデッキ
  5. カード価格情報
  6. カテゴリ・効果分類・対象
  7. ランキング・閲覧数
  8. コンボ
  9. ボケ
スポンサーリンク

収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
PREMIUM PACK 2019 19PP-JP006 2018年12月22日 SecretUltra

転生炎獣アルミラージのカード評価・考察 ⇒WIKI(外部)


データ背景
91% (11)
データ背景
8% (1)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)
データ背景
0% (0)



10

#9676c カンベイ  2019-02-01 15:04:15 [12]
サラマングレイトのリンクモンスター……というより、通常召喚された攻撃力1000以下のモンスターを能動的に墓地へ送る手段として優秀な汎用リンク1モンスター。

【召喚獣】デッキにおいては、このカードの登場で、アレイスター(若しくは暴走魔法陣)1枚から、プルガトリオを融合召喚できるようになった。

10

#272d7 もも  2018-12-31 19:10:57 [11]
サラマングレイトでの出番より、通常召喚された攻撃力1000以下のモンスターならなんでもリンク素材になってしまうそのリンク召喚条件は汎用性が高くこのカードの登場で輝くカードもあるでしょう。

9

#f4d3d シエスタ  2018-12-27 15:50:56 [10]
既に言われている通り、効果以上にレベル制限なく通常召喚された指定内の攻撃力のカードなら、なんでも素材にできてしまう便利さが大きな利点。
マーカー向きも斜め下と相互には向きませんが、優秀な向きで墓地へ送ることで効果を発揮できるカードをメイン1で能動的に発動できる点がとても便利。
肝心の効果に関しては、バウンス・除外が多い時代とはいえ広いデッキで扱える効果破壊耐性付属は優秀。ただ自身の打点が0であり、リンク故に守備にもできないので的にされる恐れも高い。
自己再生に関しても同様で、バニラ・戦闘破壊でしか対応せず発動に成功しても打点が0なので壁にもならない。一応他にモンスターが存在すれば場から離れられ、運良く生き残れば次のターン以降素材などに活用できる。いずれもあって損のないって程度の効果でしょう。
転生炎獣ですが、同カデゴリーでの出番は少なく効果も転生炎獣関係なく扱えるので、その素材指定もあり高い汎用性を持つPP2019のトップレア。

10

#f4426 マスじい  2018-12-27 11:09:39 [9]
転生炎獣の汎用モンスター。転生炎獣では使われない。
効果は、効果破壊耐性付与と、通常召喚したモンスターの戦闘破壊時の自己蘇生。
どちらも悪くはないのですが、サポートとして使うには1,2の効果どちらも微妙に噛み合わず、ステータスも0で自身に耐性や他の効果も無いので、壁として使うのもハッキリ言って無理です。

効果だけ見れば微妙なカードですが、このカードの真価は召喚条件。
通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体でリンク召喚できるというのが重要。限定的に見えますが、素材の範囲内にはゾンビキャリアや幻獣機オライオン、ジェット・シンクロン、クリッターといった優秀なカードがあり、それらのカードを即座に墓地に落とすことができるという、非常に強力なリンクモンスターとなっています。仮にスチーム、バルブ、ダンディライオンが禁止にならなければ、それらと組み合わせて大暴れしたのは間違いないと思います。

効果よりも召喚条件の方が重要となった一枚。遊戯王において低ステータスと墓地送りがどれだけメリットかということを表わしていると思います。
肝心の転生炎獣ではベイルリンクスのせいで居場所が殆どありませんが。

10

#d0556 アルバ  2018-12-24 22:39:37 [8]
今勢いに乗る転生炎獣の1枚だが汎用性が高く、先行販売のPPに収録&低封入率のコンボで地方民いじめの性能も高いカード。
1の効果はまだ使えるかもだが2の効果はダメージ軽減の壁にすらならないので効果ははっきり言って弱い。
しかし攻撃力1000以下なら通常召喚されたモンスターをなんでも即座に墓地へ叩き込めるのが最大の利点。
昔はウィッチとクリッターに越えられない壁があったが最近はレベル3の攻守0/1800の誘発シリーズやこれの存在によって立場が逆転しつつある気がする。
というよりこんなカード刷ってしまってバランス調整は大丈夫なのだろうか?

9

#2d890 とき  2018-12-22 13:47:15 [7]
今勢いに乗る転生炎獣に贈られた新規リンクは異端の一枚。
自身をリリースすることで他のモンスター1体に破壊耐性を与える誘発即時効果と、通常召喚された自身のモンスターが破壊されると墓地から蘇生される効果を持っている。
しかしながら効果以上に際立つのは、リンク素材の指定。通常召喚された攻撃力1000以下という指定は厳しそうに見えるが、これ以上なく恐ろしい指定でもある。
クララルーシカの設計思想を受け継いだカードであり、クリッターなどの墓地送り時の効果をもつカードを能動的に発動できる。スチームやダンディが生き残っていれば大変なことになっていたことは一部評価欄からお察し。
効果そのものはこのカードの能力が低いので殴られないように逃がすための程度のもので考えておいたほうが良いだろう。自己再生も戦闘破壊限定なのでいまいち当てにならない。

10

#71aea プラント・プラン  2018-12-20 19:25:12 [6]
効果は微妙で、(1)の効果は効果耐性なので戦闘破壊を対策できないのが痛く、(2)の効果も発動条件が若干厳しい。「転生炎獣」リンク1モンスターにはベイルリンクスが存在しているため、あちらを優先しがち。
…が、リンク素材の条件が非常に優秀。通常召喚した攻撃力1000以下のモンスターなら、なんでもリンク素材にすることが可能。そのため、クリッターを通常召喚して、そのままこのカードをリンク召喚すれば、クリッターの効果を発動することができる。もちろんゾンビキャリアがハリファイバーのリンク召喚に繋げられることも可能。相性の良いスチームが禁止カードになったのもこのカードを考慮しているかもしれない。

9

#04356 awawawa  2018-12-10 12:44:59 [5]
攻撃力1000以下をリンク1に変換できる時点で普通に有用
オマケ効果もあって困るものではない

10

#0b3a6 まじっく  2018-12-08 07:59:25 [4]
リンク1の中ではリンクリボーと肩を並べる汎用性となりそうな1枚。その名にある転生炎獣のカテゴリのみならずさまざまなデッキに使われそうだ。

目を引く召喚条件は「通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体」とガバガバな緩さ。モンスターをサーチできるクリッターなどを即座に墓地に送ることが出来る。

何かと悪用されそう。

9

#1df39 ラーメン  2018-12-05 00:51:40 [3]
新たなリンク1、正直転生炎獣あんまり関係ない。
効果は誘発即時での耐性付与と通常モンスターの戦闘破壊をトリガーとした自己蘇生、耐性付与はあって損はしないが効果破壊耐性のみなので破壊以外の除去や戦闘ではあっさり突破されてしまうため微妙、自己蘇生効果も通常召喚されたモンスターの戦闘破壊とトリガーがあまりに限定的で使いづらい、どちらの効果もあって損はしないがあえてこのカードを使う意義は見出しづらい微妙な効果といわざるを得ない。

がしかし、これはあくまで効果の話である、このカードの真骨頂は効果よりも通常召喚限定だが攻撃力1000以下のモンスターを無条件で速攻墓地に送れるようになったことにある、オクトロスやクリッター、スチームやゾンキャリなど★1以外でさっさと墓地に送りたい奴をさっさと送れるようになったのは革命的である、ゾンキャリやスチームは1枚でハリに変身し、アレイスターは1枚でメルカバーが出るようになった。
効果はいまひとつだが召喚条件に効果の貧弱さを補って余りある大きな意義のあるカード、ある意味現代遊戯王における「モンスターを墓地へ送る」ことの重要性を表しているカードと言えるかもしれない。

8

#7cfa2 備長炭18  2018-12-04 22:59:02 [2]
これ程までに効果はオマケなカードも珍しい。
素材指定に始まり、自身をリリースする事での破壊耐性付与や、通常召喚されたモンスターの戦闘破壊で蘇生する効果などとにかく転生炎獣と深く関連する効果はない。
その代わり自身のその素材指定が優秀であり、通常召喚された攻撃力1000以下ならば先攻からでもリンク素材として墓地に送る事ができ、リンクリボーやクララ&ルーシカ以上に悪用方法が多い。
現状その2つには効果+エクストラリンクしやすいマーカーであったりメタカードの対策といった固有の役目があるため、このカードにはその隙間産業的な活躍が想定されますが、さてどうなる事やら。

10

#70bf9 ヒコモン  2018-12-05 12:15:25 [1]
通常召喚限定とは言え、ついに攻撃力1000以下のモンスターも簡単に墓地へ送れるようになった。副話術士クララ&ルーシカはメイン2かつリンクマーカーが上という自重ポイントがあったが、それすら無い。召喚権に余裕のあるデッキならば、先行クリッター通常召喚から手札誘発をサーチなんてことすら可能。素引きしたBF-隠れ蓑のスチームだけでハリファイバーなんてことも出来る。正直リンク1という存在は完全に失敗だと思う。
→ 「転生炎獣アルミラージ」の全てのカード評価を見る

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人や他人の評価に対するコメントは禁止です。荒らし対して反応することも禁止です。
転生炎獣アルミラージ 9.5 /10.0 点、 評価数 12 件 ユーザー レビュー 12
スポンサーリンク

「転生炎獣アルミラージ」が採用されているデッキ

はキーカードとして採用。デッキの評価順に最大12件表示しています。



スポンサーリンク

カード価格情報

ショップ / ユーザー レアリティ 状態 価格 希望数
トレマ(トレカネット) - - 1000円 -
駿河屋(トレカネット) - - 1080円 -
楽天市場(トレカネット) - - 1090円 -
ホビーステーション Yahoo店(トレカネット) - - 1380円 -
通販アカデミー(トレカネット) - - 1380円 -
ユーザーの出品情報はありません。余っているカードを出品して販売しましょう。

カテゴリ・効果分類・対象

ランキング・閲覧数

評価順位326位 / 9,756
閲覧数13,391
サイバース族(種族)最強カードランキング 19位
炎属性 最強カードランキング 19位
リンクモンスター(カード種類)最強カードランキング 31位

コンボ

このカードを使ったコンボを登録できるようにする予定です。
ぜひ色々考えておいて、書き溜めておいて下さい。

転生炎獣アルミラージのボケ

スポンサーリンク