HOME > カードリスト > CODE OF THE DUELIST > スマイル・ユニバース

スマイル・ユニバース

スマイル・ユニバース
種類 属性 レベル 種族 攻撃力 守備力
速攻魔法 - - - - -
このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・特殊召喚できず、自分のモンスターは攻撃できない。
(1):自分のEXデッキから表側表示のPモンスターを可能な限り特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。その後、この効果で特殊召喚したモンスターの元々の攻撃力の合計分だけ相手のLPを回復する。

スポンサーリンク


収録

収録 略号連番 発売日 レアリティ
CODE OF THE DUELIST COTD-JP056 2017年04月15日 Normal

スポンサーリンク



評価 ⇒WIKI

3

#a59de ルーク  2017-05-11 14:24:32 [12]
マスタールール3ならこのカードは10点だったのに。
このカードの発動するにあたっては、リンクマーカーの左下・下・右下となる自分のリンクモンスターがいれば最大3体まで特殊召喚、あるいは、相手がコントロールする上方向のリンクマーカーとなるリンクモンスターがいれば4体は活けるはず。
新マスタールールでこのカードは惜しまれる人々は結構多い。

5

#afb04 カンノーネ  2017-05-11 13:07:45 [11]
笑顔キチが行き着いた先は、宇宙を笑顔にする事だった。一番笑顔にすべき観客を置いてきぼりにして…
繰り返される大量の乱入(目的は墓地肥やし)、そんな墓地肥やし前提のメタカード、そして地味バーン。長いデュエルに終止符を打ったのは…自決バーンでした。そんな悲しい出自を持つカード(詳しくはアニメをどうぞ)

アニメでもそうだったが、レベルの高いp融合などを復活させられる事がウリ。神星竜のような使い方は縛りの関係上できない。
大抵の場合ライフ差をつける目的での使用の方が簡単だと思う…一気に大きなライフを回復させられるので、ドレインドラゴンや渇望の翼:ブレードバーナーファルコンなどのライフ差を大きくつける事に意味のあるカードと相性がいい。
また、エアー・ネオスや活路への希望、ホープONEや九十九スラッシュと、いつだって圧倒的なライフ差の中勝利を掴んできた歴代の主人公達の使用カードと相性がいいという美味しさも持つ。
EXからPを展開するためにはリンクが必要なので、そこまで大量展開できないのはネックだけどまぁ大型なら2体程度で十分ライフ差つけられるだろう。覇王烈竜なんかは簡単にエクストラに仕込めて大型なのでオススメ。

4

#3a05d アイギス  2017-05-02 23:46:50 [10]
デュエルで笑顔を・・・。アニメArk-Vの零羅VSズァーク戦で登場したカード。相手のバトル中、トポロジック・ボマードラゴンのリンク先に攻撃力が低いPモンスターを出して、メインモンスターゾーンをスッカラカンにする場合なら使えそう。だが、実戦で使うことはほとんど無いだろう。

2

#72efd れい  2017-04-17 17:56:37 [9]
すさまじいデメリットと引き換えに大量展開……できたはずのカードだが、ルール変更によってリンクモンスターが場にいない限り大した数のモンスターは投手召喚できなくなってしまった。
よしんばリンクモンスターのおかげで3体くらい特殊召喚できたとしても、制約のせいで特殊召喚したモンスターで攻勢に転じることも、素材として更なる展開につなげることもできない。
おまけに相手のライフを大幅に回復してしまう可能性まである。
ルール変更の事を考えるともう少し軽いデメリットでもよかったと思うのだが……。

3

#fc88e EXデッキ焼き  2017-04-16 22:55:08 [8]
正直なんだか私怨というか、アニメの出来や、10期への移行などなどに伴う負の感情のたまり場の様になってしまった評価欄。
10期に移行しなければ到底出せる訳なかった性能だが、リンクの影響をもろに受けもはや産廃寸前状態。これを生かす為にできるだけ多くのリンクを持つリンクモンスターを設置しなければならず、その手間をかけてこれを使うならその労力を倒すことに向ければいいだけの話という、何とも回りくどい感じとなってしまったカード。
デメリットもかなり厳しく設定されており、いくら速攻魔法の為相手ターンで発動できるといってもやはり回復は余計だったと思わざる負えない。
まぁでも、XPや融合P、SPなども呼べる為、ランクアップやアクセルシンクロへの糧と考えるのが現状最も妥当な使い道といえるだろう。
あと、イラストからにじみ出る何とも言えない狂気は何とかできなかったのだろうか。

1

#b9790 ゴギガガ  2017-04-16 22:10:38 [7]
捨ててしまった!が出来るだけスマイルワールドはネタに出来るが、こっちは流石にどうしようもないレベルの産廃。
新ルールの犠牲になったペンデュラムが笑顔になるのはまだ先でしょうね。

2

#b0028 とき  2017-04-15 19:32:42 [6]
アニメではズァークにとどめを刺すのに使われた1枚。
その効果はペンデュラム版ソウルチャージのようなカード。といえばかなり聞こえは良いが、縛りがかなり厳しくさらに自分が受けるダメージが相手の回復になっており、このカードで終わらせるのはかなり厳しい。
そもそも新ルールではリンクモンスターなしには表側Pモンスターでもエクストラからの特殊召喚に制限がかかる。そのため満足な展開を行えずに終わってしまう可能性が極めて高く、満足な活躍をするのが極めて難しいカードとなってしまった。
旧ルールでも決して強いとはいえないが、新ルールではなおさら…

1

#b93a4 ヒコモン  2017-04-15 17:52:34 [5]
自分ターンに発動するメリットは皆無なので、発動するならば相手ターンだろう。マスタールール3ならまだ使う気にもなれただろうが、エクストラモンスターゾーンかリンク先に出さなければならないことを考えると、ペンデュラム・リボーンを使った方が遥かにマシ。

1

#6f11c メンタル豆腐デーモン  2017-04-15 14:23:09 [4]
可能な限り(基本的に1体だけ)
新ルールで見るも無残な産廃になってしまったカード
しもっちとコンボするにしても手間を考えるとギフトカードのほうが効率がいい
辛うじて評価できるとすれば速攻魔法なので相手ターンでも発動してデメリット無視できるところ

2

#9cdc2 アルバ  2017-04-16 00:53:51 [3]
アニメでは発動後の制約は相手にも適用されるため速攻魔法で相手のターンに発動し自分が効果で大量展開した後にお互いの召喚行為をそのターン完全に潰すという使い方ができるキチガイカードだった。
それを無しにしても1枚でエクストラからソウルチャージできるカードなので相当ヤバいことに変わりはなかったがルール変更によりペンデュラム召喚自体が大幅に弱体化したためこのカードも煽りを受けてからのOCG化となった。
相手ターンでの発動が前提になるので1体だけ出すなら余計なデメリットがないペンデュラムリボーンで十分という話になりリンクモンスターを絡めないと2体以上出せないため手間のかかるカードとなってしまった。
大幅にライフを回復させてしまう事を逆手に取りシモッチバーンのギミックを入れて使う手もあるがシモッチバーンのギミックにペンデュラムやリンク召喚のギミックを入れるのは厳しいか。

2

#f7d9c はやとちり  2017-04-15 10:49:05 [2]
PゾーンにカードがなくてもPモンスターを1体だけ特殊召喚できるカード。「メインモンスターゾーンに」っていう文字を入れてもらえたらみんな笑顔になれたけど、今後のインフレを考えたら難しいのかなあ。

1

#2fb6b アッキー  2017-04-15 08:34:32 [1]
遊矢がズァークとケリをつけるためにきっかけとなったカードでもある!完全にネタカードこれを使ってもOCGでは笑顔にはなれないよ。これではアニメ見たいにズァークを蘇らせることはできない!

ログインすると、デッキ・カード評価・オリカ・川柳・ボケ・SSなどが投稿できるようになります !
! コメントがつくとマイポスト通知が来ます !
※ 評価の投稿にはログインが必要です。
※ 個人的な恨み(高い、嫌い、手に入らない等)での評価、他人の評価に対するコメントはやめましょう。
スマイル・ユニバース 2.3 /10.0 点、 評価数 12 件 ユーザー レビュー 12