メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
コナミさん?分かってやってる?これじゃない

デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編-


遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


CODE OF THE DUELIST


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7798
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   4 5 6 7 8 9 10 11   >>
得点 カード名 登録日時
6 サイコ・ウォールド 2017/03/20 01:48
サイキックの1900打点。展開を支援する能力はなく無骨だが、メインアタッカーとして運用が期待できる。
効果は傍らにサイキックシンクロがいる時こそ真骨頂。特にハイパーサイコガンナーやアルティメットサイキッカーとの相性は抜群。
レベル4非チューナーのアタッカーとしては、爆発力が高くコンボ向きの強化人間サイコに対し、こちらは堅実で単体でも活躍が見込める。サイキックのアタッカーコンビは好みに応じての使い分けになるか。
3 メンタルプロテクター 2017/03/20 01:41
下級の殆どを止める守備力が魅力のカードだが、下級ディフェンダーという概念は昨今ではかなり厳しいものになっている…
かつては緊急テレポートにも対応するサイキック唯一の下級星3だったが、今ではサイコウィッチやサイコプリーストなどが増えてしまい、その価値は大幅に低下。防御能力を当て込んで使うカードになったが前述のようにその価値はかなり下がっている。
しかもその守備力も、サイコプリーストも高いのだよなぁ…
8 クレボンス 2017/03/20 01:35
緊急テレポートで呼び出せるチューナーとしてシンクロの黎明期を支えたカード。
効果の関係上場持ちが非常によく、シンクロにつなげやすいのが魅力。
かなりスタンダードに使えるカードで、どのようなデッキにも入りうるが、脳開発研究所下のノーコスト戦闘無効や念動収集機のあるサイキックではより活躍できるチューナー。
維持効果については展開力・除去の加速した現状では過信できなくなっているのだが、それでもレベル2サイキックチューナーでは汎用性の高いカードなので緊急テレポートを使う場合やサイキック族デッキでは候補に上がる。
6 カバリスト 2017/03/20 01:32
ライフコストこそあれ万能のサーチ。加えて念動収集機でリ・バイブルと組み合わせてフォーミュラ・シンクロンを狙うことも可能。
単体の貧弱さと受け身の発動条件はネックだが、サーチ自体は強力であるとは言える。
ただ、よりゆるい条件でリクルートができるパンダボーグやサイコウィッチの存在により往時ほどの存在価値はなくなっているか。このカードを使うなら、念動収集機に対応している点と上級カードをサーチできる点をアピールしていきたい。
9 メンタルマスター 2017/03/20 01:27
発売直後にエラッタが入ったカード。確かに自身リリースができたら問題だったが、回数制限までは目が行かなかったようで…
脳開発研究所とのコンボが強力であり、無限の墓地肥やしを行える。
サイキックの回転を一手に担う制限カード。念動収集機を使う際も墓地肥やしとチューニング要員両方でキーカードになる。
さらにプリーストとコンボしてワンキルクラスの陣容も容易に整える恐るべき無限回転カード。
このカードとイレカエルを見ると、この手のデッキからの入れ替え効果にはターン1制限を付ける必要が確実に存在するだろう。
禁止カードとなってから帰ってきてないが、イレカエル共々ターン1回制限という簡単なエラッタで復帰できそうではあるのだが。
3 ゴロゴル 2017/03/20 01:21
月の書を内蔵するポリスオンスターの1つ。能力もタイミングも半端すぎて月の書でやれ、である。
月の書の強さはその圧倒的な汎用性であり、タイミングを限定するなら除去のほうが欲しい。
特筆点はあのシーホースと同じ能力を持ち星3である、というネタくらいしか見つからないか。月の書効果の発動タイミングが微妙すぎるのが、どうしても評価を下げることに。
5 モンタージュ・ドラゴン 2017/03/20 01:17
その攻撃力は300倍だ!手札3枚という尋常じゃないコストと、コスト次第では尋常じゃない攻撃力を持つ。
その性質上、手札に高レベルが腐りがちなデッキか、相当手札を稼げるデッキでの起用になるはず。攻撃力は圧巻だが、攻撃力だけのカードである。莫大なコストを考えると4000は狙いたい。参考に星4が3体で3600なので上級がどうしても欲しくなるか。
ハイリスクハイリターンだが、出れば場は盛り上がるだろう。エンタメロマンカードの一つであり、圧倒的な攻撃力で君臨すれば場を沸かせる可能性は高い。安定性など因果地平の彼方に投げ捨て、圧倒的パワーで勝利を掴め!
2 手錠龍 2017/03/20 01:11
戦闘破壊時に相手を縛る枷と変身するドラゴン。
確かに、攻撃力を1800も下げればだいたいのモンスターは戦闘破壊できる。装備魔法化故に永続で下げるので、戦闘破壊のチャンスである。
だが装備カード化が相手の戦闘破壊限定と受け身で、普通に出したのでは相手としてもそうそう突っ込んでは来ない。
それ以上に問題はこの能力で召喚援護もほぼ無い上級ということ。上級で相手に破壊されること前提の効果というのも… アドバンスセットして守護者スフィンクスを匂わせ突っ込ませることができれば、あるいはか。
そこまでするなら収縮で攻撃力ダウンは物足りる、そしてシャクトパスというほぼ上位互換が存在するなど、ツッコミどころも多すぎる。
6 ジュッテ・ナイト 2017/03/20 01:05
ゴヨウ・ガーディアンはこれが専用チューナーならとよく言われていたが
、近い感じにエラッタをかけたら悲惨なことになってしまって…
表示形式を変更する効果を持つチューナー。自身の戦闘力が低いのでそのまま相手を倒すことは難しいが、チューナーなのでS召喚したモンスターで戦闘で突破したい。
その性質上ゴヨウのような戦闘破壊をトリガーとするカードや、ウルキサスなど貫通を生業とするカードとの相性が高い。
展開面においてはトゥルース・リインフォースに対応する地属性チューナーでレベル2なので、ゴヨウ・ガーディアンやパルキオンの展開に便利であろう。リインフォースが罠なのが一歩遅いのが無念点か。
2 ダブル・プロテクター 2017/03/19 15:48
戦闘破壊時に収縮を打ち込む事ができるカード。
しかし自爆特攻でもない限り、収縮を使うそのターンは相手ターン。
このカードで収縮を行わずとも、同じトリガーで除去を行うことも別のカードで可能である。
せいぜい敵の攻撃を止めるくらいしか無く、コンボ性が低すぎる。それならば除去を行うセットカードか、収縮そのものを用いたほうが良いだろう。
7 ダーク・リゾネーター 2017/03/19 15:42
チューナーであることと限定的ながらも戦闘破壊耐性の相性は抜群。
レベル3のためカオスキングや天刑王にも繋ぎやすく、悪魔族チューナーの意義も果たす。
悪魔族チューナーでも最もスタンダードな一枚で、非常に使いやすい。
どんなデッキでも万能に扱えるチューナーの一つだが真価は王者のデッキでこそか。レベル1リゾネーターも充実したのでカーペットやチェーンのレベル3リゾネーターでの有力候補として存在感が増す。
もちろんコールリゾネーターが使えるのも忘れてはいけない。
4 ダーク・スプロケッター 2017/03/19 15:40
闇属性モンスターのS素材になった時にツイスターを放つことができる。
往時と比べればペンデュラムを破壊できるようになっているので価値は少し上がっているが、それでも虚無空間などのメタカードを前に沈黙してしまうのでは除去の仕事を全う出来ているとはいえない。闇属性のシンクロを出さないとだめなのも厳しい。
チューナーとしての性能が高ければ良いのだが、レベルも種族も平凡で名前のサポートもないなど至って平均点。
ちなみに高レアリティの再録が多いTDGSで再録されていない高レアリティはこれとマルチ・ピース・ゴーレム。ジャックェ…
4 ビッグ・ピース・ゴーレム 2017/03/19 15:33
アニメ版サイバー・ドラゴンの最初の効果はこのカードと同じだったことはもはや黒歴史。
当時制限だったサイバー・ドラゴンを調整して出てきた性能であり、ピースゴーレムのキーストーンということもありレアリティは貫禄のSRでスタート。
しかし肝心のサイバー・ドラゴンが無制限に復帰し、半上級アタッカーという概念も陳腐化したためアタッカーとしてはもはや仕事はない。
ピースゴーレムの中核としてならまだ使えるが、半上級効果は召喚権を使うため召喚誘発のスモール・ミッドとイマイチ相性が悪い。マルチピースもわざわざ融合する性能とは言い難いので…
総じて、基本の設計思想が時代の流れに取り残されているか。ピースゴーレムコンボは決まればデコードトーカーも呼び出せるのだが…
4 ミッド・ピース・ゴーレム 2017/03/19 15:25
ジャックのピースゴーレムの中くらいのやつ。
スモールとは相互互換の関係であり、互いに同じ条件でお互いを呼び出すことになる。
ただしこちらはマルチピースの融合素材になっており、ピースゴーレムで遊ぶならばスモールより優先して使うことになる。
スモールによって呼び出されることで融合を狙えると美味しいだろうが、起点のビッグピースが重いという問題はスモールと同様である。
4 スモール・ピース・ゴーレム 2017/03/19 15:22
ジャックのゴーレムシリーズの小さいやつ。
起点のビッグピースが半上級で召喚権も使うため、存外揃えるのが難しい印象が否めない。岩石族なのでサーチもあまり恵まれていない。
またマルチピースの融合素材にもなっていないため、ピースゴーレムの中でも優先度は低くなる。
リンク召喚の登場でレベルバラバラと言う弱点は解消されリンク3まで繋げられるようになったとはいえ、起点が重いのではあまり意味もなく。
4 シールド・ウォリアー 2017/03/19 12:39
墓地から使えるエコロジーな戦闘破壊耐性の付与カード。ネクロ・ガードナーの代替品候補ともいえるが、登場時はまだ規制はなかったはずである。
マスマティシャンなどによって改善されているとはいえ前提である墓地送りという観点において闇属性と地属性の格差は大きく、また致命的なダメージには無力というのも厳しい。
剣闘獣においては、墓地から使える和睦のような仕事ができないこともないが存在を予告していることと、墓地送りの手段が乏しいことが厳しい…
3 デッド・ガードナー 2017/03/19 12:36
破壊された時に相手モンスターを弱体化する効果を持つ壁モンスター。
しかし守備力1900の壁には、リバースでバウンスや破壊を成し遂げるカードが存在する以上、トリガーも効果もワンランク劣ると言わざるをえない。ましてやエンドフェイズまででは弱体化を戦闘破壊に生かすことも不可能。
攻撃を引き付ける効果も持っているが、その場合今度はこのカードを表側守備表示で運用するのに苦労することは間違いないだろう。
総じて、狙いあるいはカードパワーが中途半端で運用にも困るカード。
7 ボルト・ヘッジホッグ 2017/03/19 12:29
通称ボルチュウ。とにかく小回りが非常に効くシンクロサポート。
このカードが墓地に落ちていれば、チューナー1体からのシンクロ召喚を狙えるだろう。
素材を増やすことによるレベル調整で高レベルのシンクロを呼び出す手助けも可能。地属性機械はサポートも多いので、強力な部類のカードだろう。
除外されるデメリットを王宮の鉄壁で阻むことで、無限蘇生による射出ワンキルをも可能とするなどシンクロ支援にとどまらない可能性を持っている。
墓地にさえ送ればシンクロチャンスが大きく広がる1枚。それにとどまらぬコンボも持つが、単体ではやや弱いので引いたときに備えてクイックロン等がいると心強い。
5 ニトロ・シンクロン 2017/03/19 12:23
で、ニトロアーチャーとかニトロデストロイヤーとかニトロバーサーカーは出るんですか?出る気配がないんですが…
レベル7のニトロ・ウォリアーを召喚しようとするとレベル5あるいは複数のモンスターが必要になってしまう。展開しやすいレベル5のモンスター自体は増えているが…
シンクロンの非チューナーは低レベルを使うことが多いため、ニトロ・ウォリアーはクイック・シンクロンを使うほうが圧倒的に出しやすい。クイックの速さと確実さが、このカードの1ドローを上回る事が多いだろう。
機械複製術というメリットもあるが、今後ニトロのレベル5・6シンクロがこないとかなり厳しい…
6 ワンショット・ブースター 2017/03/19 12:19
ラリーが遊星に手渡したお守りのカード。
特殊召喚条件がかなり緩やかなので、シンクロのレベル調整に大きな力を発揮してくれる。レベル自体は1とはいえ、シンクロは1つレベルが違うだけでもかなり世界が違う召喚法になるため、レベル調整の価値は低くない。
また展開力に優れたレベル1モンスターとして、レベル1軸エクシーズのデッキでも採用できるだろう。
花形となるモンスター破壊効果は壁モンスターが陳腐化した今、自爆特攻してからの使用になりそうであまり使う局面はないか。
手札から出すので手札消費や、後半の効果を使う場合は場の消費が結構重いのは玉に瑕か。
5 エンペラー・オーダー 2017/03/18 18:20
間違っても帝メタで使うカードではないんだろうなぁ…
現状ナチュル・コスモスビートやカゲトカゲと組み合わせて超ドローするためのカード。
それ以外ではワンフーとも相性抜群で、自分はワンフーを無視した召喚を行えるだけでなくドローまで付いてくる。
彼らのような召喚のたびに発動するパーマネントな誘発効果と組み合わせてこそだろうが、コンボ色が強すぎる点と、永続罠ゆえのタイミングの遅さ、除去耐性の弱さが引っかかるところである。
7 サイバース・ガジェット 2017/03/18 18:12
一足お先に登場したサイバース族のモンスター。
ジャンク・シンクロンと同じ釣り上げ効果を持っているが、こちらはチューナーではないのでシンクロに使う場合はチューナーを釣り上げる必要がある。
リンク召喚はとにかくモンスターの頭数を要求する。そのため釣り上げとの相性はいいが、リンクを軸とするだろうサイバース族で現状で判明しているレベル2以下は通常モンスターのビットロンしかいないのが片手落ちか。一応、リンク2のカードを呼び出しトークンとそのカードでガイアセイバーなら出せる。
シンクロとも相性がよく、チューナーを釣り上げシンクロチューナーをS召喚し、2番効果で呼び出せるトークンとで多段シンクロも可能である。
リンク召喚、サイバース族のカード数が整えばまた評価は変わるだろうが、現状でもリンク3くらいにはつながる他、シンクロでの活用もできるので十分質の良い新鋭といえる。
6 ナイトメア・デーモンズ 2017/03/18 14:59
ディスアドの塊にしてコンボの結晶体。デーモン軍団をすぐに倒し、バーンダメージを与えるカードとして使う。
全体攻撃+オネストや全体破壊と組み合わせて使うのがおすすめ。ダメージ値は結構大きい。攻撃表示で場に出すため、効果破壊以外にもサンドバッグにできればダメージは大きい。
洗脳解除と組み合わせると2が3になるカードにもなる。かなり変化球だが使い道は多いカード。
6 おジャマトリオ 2017/03/18 14:56
全てはここから始まった…
地盤沈下と組み合わせてのモンスターロックが有名。
主にロックデッキで相手の攻めを鈍らせるために使うのだが、シンクロの登場で拘束力が激減してしまってるのが痛い。しかもリンク召喚にトークンが使えるので下手に使うと却ってガイアセイバーやファイアウォールドラゴンを呼ばれてしまう。
準制限だった時代が長かったが、基本はコンボカード。おジャマ融合体や地盤沈下と組み合わせてこそ、が現状か。
久々に再録となった恐竜ストラクでは、究極伝導恐獣の的か。
9 予想GUY 2017/03/18 14:53
君がここまでやってくるとは予想外だったよ…
下級バニラモンスターをデッキからリクルートする。単純にして至極強力な効果。
デスガーディウス組やゼラの戦士のようなキーカードを呼んできたりしても良し、ラビットの売れ残りをエクシーズに活用してもよしの逸品。
下級バニラをデッキの要にしているならば、採用を検討したいカード。
登場当初は若干ファン気味かと思われたが、竜剣士にバニラカードが登場してから竜呼相打つに匹敵するリクルートカードとして環境級に開花。イグナイトやメタルフォーゼなどの強力なバニラデッキの誕生も背中を後押しで再録が望まれ、バニラを売りの一つとする恐竜さんストラクで再録を受けることになった。
8 DDラミア 2017/03/18 14:34
こちらは1+7の視点からサイフリートを狙っていくチューナー。
契約書やコペルニクス・ケプラーの処理を行いつつ、次の展開につなげることができる堅実なチューナー。特にコペルニクスとの相性は抜群でこのカードを墓地送りする事ができ、場のコペルニクスを処理できる。
それ以外でもスワラルスライムなどでこっそり墓地送りできる。あとは7をどう出していくかだが、スワラルでダルクを展開するのが一番だろうか。
サイフリートやクリスタルウィングを場に送り出す強力なエンジンとなっていたので目をつけられ、キーカードのスワラルともども一時準制限送りに。DDが環境漏れしたので制限解除されたが、その頃には新ルールによってDDは修羅の道を強いられているんだ!!
9 アーティファクト-モラルタ 2017/03/18 14:31
ディルムッドの持つ双剣の方。セイバーだとこっちが宝具なんだろうな。
アーティファクトでも高めの打点、使いやすい除去効果から中核になる。
神智、ムーブメントやサイクロンが表限定サンダーブレイクとなるわけであり、大きくアドを開いていくことが可能となる一枚。
アーティファクトの共通効果による大量展開時にも切り返しを行えるカードであり、使い勝手は抜群。
そしてなにより神智との出張セットが非常に強く、プレアデスの素材を場に残すサンダーブレイクとか言う頭のおかしいことやっとる。
一時期環境を席巻したこの一味が許されるわけもなく、呼ばれる側のこちらが制限に。だが環境の変化により制限解除となり、AF使いは歓喜の声をあげた。
6 洗脳-ブレインコントロール 2017/03/18 14:30
王国編から登場の由緒正しいカードでありながら原作終了後のOCG化となったカード。シンクロやエクシーズ、リリース、フィニッシュ、効果利用なんでもござれの万能コントロール奪取。
奪ったモンスターを利用し自身のシンクロ・エクシーズやアドバンス召喚につなげば、除去と展開の重ね技となり極めて強力な一枚。
心変わりの調整版のはずがすぐに制限、そして遂に禁止となった。精神操作も制限を受けていた時期が長かったとなると、この手のコントロール奪取の危険さがよくわかる。
そんなカードもエラッタを受けて復帰。したはいいが、今回のエラッタ組でおそらく一番厳しいエラッタを受けたのはこのカード。通常召喚されたモンスターしか奪えないということは、融合・儀式・S・X・特殊召喚モンスター全て全滅である。
一気に使い所が少なくなり、エラッタを受けていない精神操作が3枚使えることを考えると、精神操作に勝てるかどうかというレベルからだが、アドバンス召喚を軸とする真竜にはもしかすると通用するかも…?準制限になったので、試してみる価値はあるかもしれない。
10 炎舞-「天キ」 2017/03/18 14:28
炎星における絶対のキーカードであり、獣戦士族に舞い降りた救世主。
炎星ではエンショウやユウシをサーチし即除去効果が強い。
また炎舞サーチ効果でセットすれば即ハンドアドが増える。
それ以外でも、コアキメイルやX-セイバーなどで活躍が見込める1枚。
ただしこの場合は残ったこのカードを処理する手段がないとゾーンを圧迫するので注意。
炎星におけるアドの源であると同時に炎王や武神、セイクリッドなど幅広い活躍をしていたが、やはり増援系カードが見逃される道理はなかった… とおもいきや釈放で炎星と多くの獣戦士族デッキ大歓喜。しかし、環境蹂躙クラスの獣戦士デッキである十二獣にも当然のごとく採用されて一度は制限へ逆戻り、十二獣の壊滅にあわせて準制限に出戻った。
9 妖精伝姫-シラユキ 2017/03/18 14:25
自分で姫っていうの恥ずかしいなぁ。
ノーレアに隠れているけど9期のインフレを感じさせるえげつない一枚。
月読命と同等の効果を持ちながら攻撃力が跳ね上がっており、マエストロークラインの範囲で相手モンスターを仕留めることができる。
自分モンスターをセットできないのでコンボ性は下がるが、火力が跳ね上がっており解決能力は下級のそれではない。
七人の小人もといカードを除外して自己再生する効果は強力とはいえコストが重いが、芝刈りデッキのように墓地があふれかえるデッキならいつでも蘇生できる強力なレベル4モンスター。
圧倒的な汎用性と芝刈りデッキでの不死身ぶりが評価されたか、準制限に。
<<   4 5 6 7 8 9 10 11   >>