メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
コナミさん?分かってやってる?これじゃない

デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編-


遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


CODE OF THE DUELIST


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7798
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
7 星杯に誘われし者 2017/04/15 19:59
お兄さん!
このカードはレベル4だが、種族属性のおかげでインヴォーカーという別角度のリクルートを持っている。巫女や選ばれし者も同じだが、通常モンスターのサポートである予想GUYや闇の量産工場も活用可能。
星杯通常モンスターの中では展開手段が少なめだが、かわりにそこそこの攻撃力を持っているので、場合によってはリンクせず攻撃要員に回す?
8 星杯に選ばれし者 2017/04/15 19:56
七つの聖遺物ということは、「星杯」以外に聖遺物が6種類登場するんですか!やったー!
能力は幼馴染とその兄と比べて微妙だが、レベル3でサイキック族なのが重要。制限とはいえ緊急テレポートで簡単に展開できる。巫女と一緒に魔の試着部屋で並べるのも手だろう。星杯バニラは攻撃か守備が0なのでおもちゃ箱も面白い。
やはり存在が重要なカード。聖杯リンクモンスターの共通効果とバニラ特有のサーチを併せ持ち、展開力で場を制せ。
8 星杯を戴く巫女 2017/04/15 19:49
なんだこの評価欄はぁ…? ノンケばかりだなぁ、たまげたなぁ…
まあ実際かわいいのは事実であり、フレーバーからは性格の良さもにじみ出ている。惚れるなと言う方が難しいかもしれない。
しかしこの娘さん、星杯のバニラ3体の中でも最もレベルが低いため、展開のサポートが豊富。流石に彼女のためだけにレベル2以下サポートを導入するのは事故要素だろうが、ドラゴネットくらいならありだろうか。
幼馴染とともに魔の試着部屋で展開し、リンク召喚に繋いでいきたい。
バニラ星杯3体は星杯ギミックの中軸なので、いずれにしても存在が必要不可欠になるだろう。
2 覇王の逆鱗 2017/04/15 19:40
覇王の眷属が勢揃いしたイラストは格好いい。
しかし発動条件がかなり重い。ズァークは出せば勝ちだが出すのが極めて重い超ロマンカード故に魅力のあるカードであり、そのカードを発動条件にしてしまっては、である。
発動できたとしても、覇王の眷属たちはダークリベリオン・クリアウィング・スターヴヴェノムがエクストラデッキのカードであり、予め墓地に送られていないと展開は困難。エクストラゾーンにズァークが居座りオッドアイズとダークヴルムしか出せませんという事態もありえる。
素材補充の2番効果も、これだけを目当てに使うにはあまりにも弱すぎ。オーバーキル気味、腐りやすい、満足に動きにくいという事故物件の要素をこれでもかと揃えたカード。これより覇王無礼とかの方が強かったのでは…
2 スマイル・ユニバース 2017/04/15 19:32
アニメではズァークにとどめを刺すのに使われた1枚。
その効果はペンデュラム版ソウルチャージのようなカード。といえばかなり聞こえは良いが、縛りがかなり厳しくさらに自分が受けるダメージが相手の回復になっており、このカードで終わらせるのはかなり厳しい。
そもそも新ルールではリンクモンスターなしには表側Pモンスターでもエクストラからの特殊召喚に制限がかかる。そのため満足な展開を行えずに終わってしまう可能性が極めて高く、満足な活躍をするのが極めて難しいカードとなってしまった。
旧ルールでも決して強いとはいえないが、新ルールではなおさら…
7 DDD怒涛大王エグゼクティブ・シーザー 2017/04/15 19:19
更なる力を解き放つシーザー。
特殊召喚を無効にする効果は、チェーンに乗るカード効果のものに限られるがそれでも極めて強力だろう。相手の展開を叩き潰すその様はまさに大王。攻撃力アップもあるので、相手としても特殊召喚は半分を封じられたようなものである。
突破されても契約書がサーチできるなど性能は素晴らしいのだが、問題は出し方。旧ルールならばテムジン2体で出すのが一番だったが、新ルールではそれも難しいだろう。ニコラやバフォメットを起用するとデッキの地力は落ちるが、テムジンで彼らを蘇生するのが最も出しやすいはず。
また攻撃力アップと契約書サーチを捨ててなお強力なカードなので、悪魔族レベル6を出しやすいデッキでは汎用エクシーズとして迎えることも不可能ではない。
9 覇王眷竜ダーク・リベリオン 2017/04/15 18:40
覇王眷竜の中でも最も素材が限られる分、それに相応しい実力を持つ。
素材は白翼以外の四龍の魔術師たちとダークヴルムが思いつきやすいが、魔界劇団あたりにも該当者は結構いる。ペンデュラムは逆風が吹き荒れているが、手札ペンデュラムを使えば2体くらいはなんとか工面できるか。
効果は本家ダークリベリオンの効果をさらに苛烈に。攻撃力を完全に吸収するので、もともとのこのカードの攻撃力と合わせれば4000以上のダメージを期待できる。戦闘においてはクリアウィングも強いが、火力はこちらが上回る。ただしエクシーズの性質上2回しか使えない。
分離効果は新マスタールールと相性がかなり悪いので忘れたほうが良いかもしれない。状況に応じて覇王眷竜を使い分けれる面白みがあったのだろうが、それが消えてしまっている。
覇王眷竜の中でも最も出しにくく、最もパワフルなカード。使えるなら一番はこのカードになるだろう。
8 DDD疾風大王エグゼクティブ・アレクサンダー 2017/04/15 18:33
真の力を開放した征服王。
シンクロDDD最高のレベル10を備えているだけに、能力効果もそれにふさわしいものになっている。
何と言っても2番効果のレベル制限が外れたことが強力で、ライバルだったテムジンと同等の戦場にこれでやっと立ったことになる。新マスタールールでエクストラのカードは並べにくくなったので、シンクロの時に使ったカードを更なる展開のために使うよりは即戦力を呼び出したいが…
1番の効果も2番の効果と噛み合っており、圧倒的な打点を手に入れる事ができる。まさに蹂躙と呼ぶにふさわしいアタッカー性能と言えるだろう。
出し方はアレクサンダーかエクゼブティブテムジンをベースに、チューナーを蘇生しての多段シンクロがベターと思われる。旧ルールであればアビスラグナロクを使いたかったが…
8 覇王眷竜クリアウィング 2017/04/15 18:25
アニメでは畜生じみたインチキ効果と戦闘力で歴戦のデュエリストたちを追い詰めた、覇王眷竜の中でもインパクトの大きなカード。
召喚には闇属性Pモンスターが必要なので、(覇王眷竜)オッドアイズとレベル1チューナーを活用するか、調弦か白翼で四竜の魔術師とシンクロすると良いだろう。そのため魔術師では自然な動きで出てくるカード。ただしペンデュラムは難しくなっただろうが…
効果は調整されてなお優秀という仕様。S召喚時にライボルを打ち込む効果、戦闘相手を戦闘前に破壊輪する効果どちらも苛烈といえる。ただ破壊耐性には手も足も出ない他攻撃力も平凡ので意外となんとかなることもあるかもしれない。戦闘には鬼のように強いが効果には無力ということもある。
魔術師では出しやすいカードなので展開力を失った中での単体でも戦える新たな切り札候補か。
7 覇王眷竜スターヴ・ヴェノム 2017/04/15 18:16
覇王眷竜は新ルールの悲しみを背負っているが、エクストラ出身の3枚は個々を見ていけば十分優秀。
素材指定がかなり緩やかなので、融合でも場に揃えるのでも召喚自体はたやすいだろう。ただし新マスタールールの関係上、P召喚でEXデッキから揃えるのは少し難しいか。
効果は本家スターヴヴェノムの遺伝子を受け継ぐ効果コピーに加え、貫通を持っている。そのため戦闘ダメージをトリガーとする効果をコピーすると相性が良さそうである。普通に除去をコピーしてもいいだろう。
コピーがないと平凡な2800貫通モンスターなので、クリアウィング・ダークリベリオンほどの圧倒性は持っていない。そのため素材のゆるさとコピーを駆使する技巧派のカードと意識したい。
ちなみに、タイラントネプチューンを禁止に追い込んだ最凶インディペンデントはこのカードで復活。おい。
5 DDヴァイス・テュポーン 2017/04/15 18:07
新マスタールールの犠牲となったDDに罪を滅ぼすように投入された新サポート。
召喚誘発でDDDをリクルートする強力な効果を持っているが、召喚限定なうえ別途リリースまで必要になる。そのため死皇帝の陵墓や悪魔の憑代を使ってなお重いという有様な他、レベル7DDDはレオニダス以外は癖が強く、またDDDにランク7エクシーズも存在しないため汎用頼りになる。
墓地の融合召喚効果は優秀ではあるが、諸々の縛りでベオウルフとエクゼブティブテムジンしか出すことはできず、タイミングや事故率の関係もありネクロスライムに劣りがち。
1番の効果は消費がメリットに追いつかず、2番の効果は優秀な先達がいるため、事故を覚悟して使うカードでもないだろう。元がネクロスライムなので、2番の効果はエグゼブティブテムジンの強さもあり決まれば強いのは事実だが。
7 捕食植物バンクシアオーガ 2017/04/15 16:14
捕食植物についに登場したチューナー。これでクリアウィングを出せということか…
捕食カウンターの乗ったモンスターをリリースして特殊召喚できるのも単純に強力で相手のカードを除去しつつこちらの展開につなげることができる。乗せる手段は捕食生成を筆頭に捕食植物ならば十二分に存在しているはず。
融合を司るサンデウキンジーと素材やEXゾーンの奪い合いになりそうなのだが、攻撃力自体もそこそこある上に2番の効果もあるので、シンクロ召喚に限らない運用が期待できる… かも知れない。
6 覇王眷竜オッドアイズ 2017/04/15 15:54
覇王龍の眷属としての姿を取り戻したオッドアイズ。
ダメージを倍にする効果は強力だが、新マスタールールになってしまったことでペンデュラム召喚が大きく弱体化した影響をモロに受けてしまっている。
ズァークの傍らに置いておけるカードとしておきたかったが、リンクモンスターの助けがないとそれも叶わなくなってしまった。全体的に覇王眷竜を求めるコストが重く、新マスタールールで覇王眷竜の展開がしにくくなったことにより効果が使いにくくなってしまった。
使うならば、メインデッキに入れられるズァークの効果で出せる覇王眷竜であるという点の活用は必須だろう。
5 パルス・ボム 2017/04/15 15:42
進入禁止の効果に加えて、ターン内でのつまづきを併せ持つ罠。
その性質とフリーチェーンで使えるという点から、ワンキルの抑止には適したカード。
ただその用途には機械族が場に居ないと使えないという点が頼りなく、機械族を展開できない状況では死に札と化してしまうのも悲しみ。
機械族には古代の機械やサイバーエンドなど優秀な貫通モンスターがいるので、攻撃的に守備表示を作り出すためのカードとして使うのも手か。
5 エアークラック・ストーム 2017/04/15 15:34
機械族モンスターに何回でも開闢相当の連続攻撃を可能にする装備魔法。
相手がモンスターを大量に展開している時は次々と殴り倒し最後にダイレクトアタックを決めていく。それでなくとも開闢級の攻撃性能は担保されている。
他のモンスターが攻撃できなくなることもあわせて、圧倒的な攻撃性能を持つモンスターに装備させたい。幸い機械族にはそんなモンスターも十分存在している。
ただ、効果自体は強いのだがわざわざ装備魔法1枚を使ってまでやるかと言われると、疑問符であると言わざるをえないか。
7 トポロジック・ボマー・ドラゴン 2017/04/15 15:29
現状ではファイアウォールと並ぶ最高峰のリンクモンスター。
リンク先に何か特殊召喚されると過剰反応してすべて壊すんだしてしまうギザギザハートのモンスター。この効果が強制発動なので癖が強く、自分の他のカードの展開が難しくせっかくのリンクマーカーが活用できない。
ただ、それでもリンクモンスター最大の打点と破壊力を秘めたリンクの切り札候補。2番の効果のおかげでかなり火力が高いこともあって、単独性能は切り札級。堅実なファイアウォールとどちらを使うか。
5 クラッキング・ドラゴン 2017/04/15 15:22
ヴレインズ初回の攻撃力3000の敵担当なんだろうなぁ…(遠い目)
レベルを持つ相手に対して高い殺意を持つ2つの効果を持っているが、当たり前だがエクシーズやリンクには無力である。幸いターン数制限のないバーンで展開中にバーンダメージは与えられるが、それだけでは召喚支援のない最上級の仕事としては足りないだろう。
リンクでは現状このカードを超えられるカードが少ないだろうが、将来的には出てくるだろうしエクシーズならなお余裕。効果破壊耐性召喚支援もないとなると、平凡な最上級の域は出ないか。
3 ジャック・ワイバーン 2017/04/15 15:15
キングなあの男とは何も関係はない。
汎用性の高い蘇生効果を持ってはいるが、そのためのコストはこのカードとさらに別の機械族1体の計2体を求めるため相当重い。
このカード自身の展開サポートもさして存在していないため、逆にもう一つの機械族を効率的に展開する手段が求められる。
が、蘇生するのが機械族ならまだしも、蘇生するのは闇属性なので機械族かつ闇属性というデッキでない限りは構築に多少無理が生じる。
コストの重さと指定のあべこべからかなり使いにくいカードと思われるが、この評価を覆してくれるかどうか。
4 ハック・ワーム 2017/04/15 15:06
特殊召喚できるのはリンク召喚やその他特殊召喚の糧としてはありがたいのだが、このカードはレベル1なのが少々引っかかる。
というのも、このレベルには無条件で特殊召喚できるモンスターが存在しており、そのためこの効果の希少性がかなり薄くなっているのだ。
ただ、このカードは機械族。そのため機械複製術に対応している。召喚権を使わずに3体のモンスターを並べられる可能性があるというのは特権的。
最も、特殊召喚条件は自分が優位な状況であり、窮地では役に立たないカード。そのため特殊召喚できるかがまた別の問題に…
9 剛鬼再戦 2017/04/15 13:56
2体蘇生が弱い訳がない、規格外の剛鬼蘇生カード。しかも剛鬼の共通の効果でサーチもできるというおまけがついている。
このカードで2体の剛鬼を作り出し、召喚権とあわせて3体の剛鬼を並べてザ・グレート・オーガを展開するのが現状での剛鬼の基本戦術となるだろう。
レベルが異なる必要があるのでそこに注意。序盤は2体蘇生ということもあり腐りがちなのも若干の問題だが、剛鬼の展開力を一手に担うカード。
7 剛鬼ザ・グレート・オーガ 2017/04/15 13:51
プロレスモンスターズの元締め。(武器を使うのは)まずいですよ!!
同パックに収録されている鈍重の効果を内蔵する。同じパックの魔法の効果を別のカードが内蔵するというのもなかなかに珍しい。フィールド全てに影響するためこちらにも被害は来るが、このカードはリンクモンスターであり剛鬼は守備力0で統一されているので被害は一切ない。ただし別のカードを混ぜている場合は要注意。
これは相手にも言えることであり、相手も普通のデッキならかなり壊滅的な能力ダウンを受けるがリンクモンスターや低守備力のデッキには全く通用しない。そのため少し相手を選ぶのはエースとしては頼りないか。
リンク先として下方向に、3つ!マーカーを持っているが、剛鬼はレベルもまばらなのでリンク召喚以外は不得意。このカード自身の性能もあるので展開用ではなくこのカードの2番の効果用と考えたほうが良いだろう。
6 剛鬼ライジングスコーピオ 2017/04/15 13:41
攻撃力の高いビックピースゴーレムと見せかけて、よく見ると剛鬼がいることでも通常召喚可能な半上級アタッカー。
優秀なサーチ効果も持っているとはいえ、半上級アタッカー以上の何者でもないのがちょっと厳しいか。
下級2体が優秀なので、サーチ先を枯渇させないためにも採用する必要はあるかもしれないが、今後優秀な剛鬼モンスターが増えてくると重要性が下がってしまう恐れもあるカード。
特殊召喚だったらと思ってしまうが、それだとちょっと強すぎるし仕方ない。
8 剛鬼スープレックス 2017/04/15 13:19
剛鬼のプロレス技と生物を組み合わせるというセンスは素直に脱帽ものだと思う。
攻撃力の高い剛鬼の切り込み隊長というべき効果。
剛鬼は自身の効果で除外など受けなければ手札が殆ど減らないので、積極的に展開効果を使っていけるだろう。
切り札であるザ・グレート・オーガの召喚には3体の剛鬼が必要で1体足りない分をどこから調達するかだが、剛鬼再戦という規格外の蘇生カードもある。
ツイストコブラを活用するにも便利なので、こちらもキーを握るカードの1つか。
8 剛鬼ツイストコブラ 2017/04/15 13:14
Go is 鬼塚
守備なんて捨ててかかってこい!と言わんばかりの守備力0テーマ、剛鬼。3体のカードはいずれも墓地送り時にサーチを持っているのがまず優秀。
このカードは剛鬼をリリースできるため、攻撃力アップも去ることながら自身でリリースによりサーチ効果を発動できるので、剛鬼のエンジンになりる可能性がある。
いかんせん筋肉枠なので主人公やヒロイン候補と比べると注目度に劣るかもしれないが、面白いテーマになっている可能性もある。
8 トリックスター・リンカーネイション 2017/04/15 13:02
トリックスター輪廻転生。
1番の手札交換はマンジュシカとのコンボを想定したカードだろうが、効果の汎用性としても際立って高い。相手がサーチしたカードを裏側除外してしまえば、相手の戦略は大きく崩れることは間違いないだろう。マンジュシカがいなくても、2番効果のこともあるので積極的に使いたい。
当然デッキ破壊でも、サーチの豊富な手札抹殺なので有効に活用できるカード。手札を溜め込んだ相手には恐ろしいほど効果を発揮するカードである。
2番の効果はトリックスターの蘇生であり、罠だが動きは馬頭鬼に近い物がある。出張でもこのカードのサーチ用にキャンディナがいればそれを蘇生させることもできる。本家ではその有用性は言うに及ばずだろう。
9 トリックスター・ライトステージ 2017/04/15 12:55
トリックスターが舞う舞台。
もはやおなじみのサーチ付きフィールド魔法はそれだけで評価が高くなる。
特にこのカードの場合キャンディナと相互サーチができるというのは大きな魅力。
フィールド魔法としての効果は、セットカードを封じエンドフェイズに使うか否かを迫る効果。トリガーを持つカードにめっぽう強い除去効果なのであって損するものではない。しかしてこれがサーチとバーンのおまけ臭いのが恐ろしいとも言える。
バーン効果は1回1回の火力は低いが、リリーベルの直接攻撃やキャンディナのバーンが重なりに重なるこのデッキでは案外馬鹿にできない火力になることもある。悪夢の拷問部屋との相性が抜群で、何度も何度も拷問部屋のトリガーを引くことができる。
総じて、トリックスターが誇る超優良フィールド魔法と言えるカード。
7 トリックスター・ホーリーエンジェル 2017/04/15 12:48
トリックスター専用のリンク2モンスター。
1番の効果はリンク先への召喚をトリガーとする微弱なバーン。積極的に狙うほどでもないが、ライトステージや悪夢の拷問部屋があるならなかなか悪くないダメージが通る。おまけにしては良質、くらいか。
2番の効果でトリックスターの戦闘・効果破壊を守る。特に返しのターンに棒立ちなリリーベルと相性が良いといえる。リンク先にしか効果は使えないので、位置取りには注意。
最後の効果はトリックスターの微弱バーンやリリーベルのダイレクトアタックで火力を得る。こちらもリリーベルとの相性がよく、直接攻撃後に2800~3000の攻撃力を得られる。
堅実なカードだが、除去を持たない点や打点アップが他人本願な点などから物足りなさが残るかもしれない。今後の高リンクの切り札に期待か。
9 トリックスター・キャンディナ 2017/04/15 12:41
トリックスターをサーチできるエアーマン的存在。
ライトステージとの相性が抜群であり、お互いがお互いをサーチできる補完的存在になるとともに、効果の火力も上げることができる。
モンスターサーチは自身も可能などやりたい放題できる。とはいえライトステージか、マンジュシカをサーチして更なるサーチにつなげたいところか。サーチの連発は大正義の予感も漂う。
2番の効果はトリックスターの色とも言うべきトリガーの緩い微弱なバーン。ライトステージや悪夢の拷問部屋を使って火力を増強しないと、蚊に刺された程度のバーンにすぎない。逆に言えば、火力を上げれば相手の首を真綿で締められる。
7 トリックスター・マンジュシカ 2017/04/15 12:33
場のトリックスターと自身を入れ替える、まさにトリックを行うカード。
誘発即時効果なのが強く、自身のバトルフェイズで使えばこのカードで追撃が行える。リリーベルはリリーベルの効果でもう一度場に戻って来れるので、さらなる追撃も可能、キャンディナは後のターンでもう一度サーチが使えるなど、他のカードたちとも相性がいい。
バーン効果は完全にリンカーネーションとの組み合わせ。火力は相手の手札次第だが、トリックスターには珍しく4桁の火力に乗る可能性がある。
他2枚より癖が強いが、このデッキの真価を発揮するには欠かせないカードか。
7 トリックスター・リリーベル 2017/04/15 12:26
敵か味方かヒロインか否か、ブルーエンジェルの使用するっぽいトリックスター。微弱なバーンで敵を焼こうぜ?
1番の効果はトリックスターの豊富なサーチ手段と相性が良く、サーチを展開力に変化できるのはリンク召喚向き。マンジュシカの効果で手札に戻ったときにも使えるので、マンジュシカを簡単に特殊召喚もできる。
ダイレクトアタッカーとしては力不足気味だが、サルベージを本命と考えれば悪くなく、そもそもLPレースを仕掛けるデッキなので800のダメージもなかなか大きい。マンジュシカをサルベージすれば連続攻撃にも繋げられる。
返しのターンの防御はあまり得意ではないが、アドバンテージとダメージの源の1つとしてトリックスターでは活躍が期待できる。
<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>