HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7672
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
9 究極伝導恐獣 2017/02/25 15:07
緩やかな特殊条件、圧倒的なパワー、相手の思惑を崩すフリーチェーンの疑似皆既日食と恐ろしいまでに「強い」要素が並んでいるストラクの切り札。
墓地の恐竜2体はロストワールドを駆使すれば難なく用意でき、このカードのサーチにはオヴィラプターが存在する。そのオヴィラプターには化石調査があるため、引けないという危険性とはまず無縁。
その上での効果は耐性破壊の権化。1番の効果は対象を取らない表示形式変更の強さは皆既日食や闇の護封剣が立証済み。そして全体攻撃と守備を粉砕する効果で裏側のままに全て破壊できる。
やりたい放題の暴君であり、新恐竜デッキの切り札となることは間違いない。リンクモンスターには現状効果が通用しないが、圧倒的パワーで粉砕できるので新ルールでも存在感を発揮できる。
7 生存境界 2017/02/25 12:07
生と死の境界線。バニラは生存境界を超えられなかったのか…
フィールドでの効果バニラを全滅させ恐竜をリクルートする。リクルートするカードは効果が使えるオヴィラプター、破壊にメリットが有るベビケラやプチラノドン、墓地に送りたいミセラサウルスあたりが候補か。バニラは自分で展開するか、相手の場ならジュラエッグトークンを活用したいところである。
墓地に送られての効果はかなり便利。墓地からフリーチェーンでのカード破壊はなかなか類を見ない。この効果だけでも採用の価値はあるが、そうなるとどうやって墓地に落とすかが問題か。
9 ロストワールド 2017/02/25 11:54
失われし白亜の世界。特に新規恐竜をサポートする新規戦術の権化。
1番の効果だけでもジュラシックワールドが涙目である。ただでさえパワー溢れる恐竜たちの戦闘力が相対的に上がる。ただラギアなど恐竜以外のエクシーズ先が弱体化するのは注意が必要。
2番の効果はジュラエッグトークンの精製。普通に使っても相手の場に壁が生まれるだけなので、オヴィラプターの効果のコストにしたり、暗黒トリケラトプスの貫通や究極伝導恐獣のバーンの引き金にしたい。場に残せば3番効果も美味しい。こちらもラギアを使えなくなるが群雄割拠などを用意する手もある。
そして最後の効果で、ジュラエッグトークンの破壊を墓地肥やし・展開に転化できる。当然破壊するのはベビケラかプチラノドンが理想だろう。トークン以外にもメガロスマッシャーXやセイバーザウルスを守ることができる。
トークン周りがかなりトリッキーだが、やってることの殆どが強烈に恐竜を支援している。新生恐竜族の要の一つ。
8 メガロスマッシャーX 2017/02/25 11:39
わりとお間抜けなフレーバーではあるが、いよいよもって登場したレスキューラビット軸のデッキにおいては最高峰のエクシーズ素材。
ラギアとバハシャを並立する事ができるのはカバザウルスと同じであるが、それより攻撃力に優れ守備力も0なのでカメンレオンやおもちゃ箱対応でもある。
ロストワールド下では疑似破壊耐性を持ちながらにして上級並みの戦闘力を持つのも忘れてはいけない。
選択肢であるバハシャが新ルールで厳しいことになってるのは内緒で。
9 魂喰いオヴィラプター 2017/02/25 11:33
およそ下級に求められるもの全てを詰め込んだ、恐竜珠玉の逸品。
自己サーチすら可能な恐竜の万能サーチは、擬似的に化石調査のレベルを引き上げる。手札から出てくる究極伝導恐獣のサポートを任せたい。墓地にカードを送ることもできるが、こちらはロストワールドとのコンボを求められる動きか、究極伝導恐獣のコストを用意するかになるだろうか。
蘇生効果もまたロストワールドとのコンボが光る。相手の場のジュラエッグトークンを破壊することでエコロジーに効果発動が可能。その場合蘇生するカードを墓地に送っておけば実質的リクルートである。
サーチも蘇生もレベル制限がないので、恐竜の誇る最上級陣も活用可能。新生恐竜デッキの一番の軸であり、動きの多くを依存するカード。
8 プチラノドン 2017/02/25 11:13
ベビケラと並ぶロストワールドの破壊戦術の肝を担う特典カード。
下級をリクルートするベビケラと違い、こちらは上級をリクルートするためなお苛烈。最も攻撃制限が付いていることとオヴィラプターやラギアの優秀さからレベル4を呼ぶことも多そうではあるが。
究極伝導恐獣は特殊召喚モンスターであるので、呼べる最大サイズは超伝導恐獣。このカードは攻撃制限に砲撃効果で応える事ができるので相性は悪くない。
ベビケラサウルスと双璧でレベル4中心でも仕事をするので、ロストワールドを使う場合は出来る限り用意したい。手札に来た時は究極伝導恐獣の効果コストがベターか。
5 光の追放者 2017/02/23 09:45
固い守備を持っており閃光の追放者よりは場持ちはいい無差別除外モンスター。
だが表にするのに一苦労する上、場持ちを求めるならモンスターであるこのカードよりも魔法罠の裂け目やマクロの方が若干なりとも安心できる。守備力2000も昔ほど安心できる数字でもない。
一応、ステータス的に最もサーチの効きやすい除外用ソースではある、が、リクルーターやクリッターとの相性があまりよろしくないので低ステータスもあまり活用できるものでもないか。
3 炎の女暗殺者 2017/02/23 09:37
バーンなんておまけです。除外を肥やす用途で使いたいところではある。
でもリバースでは遅いし、スペックやサポートも貧弱で…
そも、数が必要なら無差別除外で膨大に稼げ、質を求めるほどこのカードの除外性能は高くない。
昔と比べると除外に直接アクセスできるカードは増えているが、裏側除外とは言え爆発的に枚数を稼げる強欲貪欲の存在が逆風。
6 異次元の戦士 2017/02/23 09:34
♂の効果発動は強制効果。強制で小回りがきかない分♀の下位互換と言われるが…
地雷としての運用も自爆特攻も完全に同じレベルで使うことが出来るため、女戦士が優秀すぎるだけでこのカードも相当強力。
女戦士と一緒に3積みともなれば、相手の繰り出す大型も容易に葬り続けるデッキが生まれる。
基本的には女戦士が優秀なので出番がないが、秘めている力はかなりの物。とはいえ、環境が戦闘を介した1:1交換では遅くなっているのが女戦士と同様の悩みになっており、過去のカードになりつつあるのが辛い。
地属性というところも活用できるとなお差別化できる。
1 カイザー・サクリファイス 2017/02/23 09:31
リリースするだけでも一苦労なのに、戻ってきたこのカードををもう一度召喚してリリースしろと…!?
同じ条件で自己蘇生する三連星のトリオンも登場し、また暗黒プテラがサポート以外では上位的存在。
召喚サポートの整っているわけでもないこれを何回もリリースするほど召喚権や場に余裕ないだろう。それを可能にするカードと言えば、禁止カードの血の代償くらいである。
5 次元合成師 2017/02/23 09:24
除外版カードガンナーのようだがちと違う。除外を肥やす用途では1枚ずつしか肥やせず、不安定で量も心もとないと使いにくい。
一方で除外されたモンスターをサルベージする用途では使いやすいカード。受身とはいえ除外のサルベージは貴重である。
前半効果で除外したカードを破壊時にサルベージするとアド的に美味しい動きかもしれないが、除外肥やししつつあわよくば、位のつもりでないと安定しないか。
墓地送りが必須なので無差別除外との相性もあまり良くない。1枚ということもあり、墓地コストを再利用する、くらいの気持ちで使うべきか。
9 邪帝ガイウス 2017/02/23 09:19
全ての帝を過去にし、新たなる帝を始めよう…
雷帝と地帝の息の根を完全に止めた、帝の最高峰にして上級屈指の汎用性を持つカード。
実に強力な除外による除去をいとも簡単に行う凶悪カードで、場合によっては追加バーンなり自分発射での止めも可能。
上級といえばこのカードとさえ言える水準であり、数少ないアドバンス召喚する価値の大きなカードの一つ。
烈旋の登場を筆頭とする帝王カードによる強化もあり、帝自体は最上級を軸とするデッキになりつつあるがかなり強化されているのはこのカードも変わらない。
7 ゴブリンのやりくり上手 2017/02/23 09:08
非常食とのコンボが非常に有名で一時代を築いた手札やりくりカード。
普通に発動するとアド損となる1回目のロスをどのように処理するかが勝負だが、2枚目からはかなり優秀な手札交換に化ける。
1発目を非常食やダブルサイクロンですぐに2ドロー出来るようにできれば理想だが、最初は手札コストにするのもありか。
最終段階でコンボを使ったときの4枚ドローは圧巻。もちろん3枚一気に非常食で墓地に送れれば最高に理想的だが、サーチ手段が少ないので流石にそれは難しいだろう。
手札をデッキに戻すことに意味のあるデッキでなら更にうま味。
5 アヌビスの裁き 2017/02/23 09:04
伏せカードを魔法から守った上で、強烈なカウンターパンチをいれるカード。ロックデッキにおいて魔法罠除去対策として防御カードに使うこともある。
なのだがこれは相当魔神の金槌で、決まれば強くともまず決まってくれないのが厳しい。一応羽箒やツインツイスターなど仮想敵はサイクロンに限らなくなったが…
対象をとりそうで取らない効果だったりするのでそのあたりの処理には注意。
7 亜空間物質転送装置 2017/02/22 00:57
カードを除外ゾーンに送ることで相手のカード効果を回避することができる罠カードだが、フリーチェーンでモンスターを場から離すカードとしても扱える。
その性質上、フォーチュンレディではライティーとのコンボからほぼ必須カード。それ以外でも場から離れたときに効果を使えるモンスターと相性抜群。効果を発動しつつ場に戻せるのでチャンスが2回にましまし。
多くの効果からカードを守れるカードには他にも色々あるので、一時除外によるリセットや除外そのものを活用するとなお美味しい。
単純に守りの要素でも、フリーチェーンなので十分優秀だが。
5 邪神の大災害 2017/02/22 00:48
トリガーがあるとは言え、無制限で使える大嵐は魅力的。
メタ系デッキに対するメタ力は抜群。永続カードを使うデッキ相手に活躍するはず。
とはいえ、羽箒復活にサイクロン3枚やツインツイスター、コズミックサイクロンが存在する時代にこれはさすがにやりすぎ。
攻撃反応ということで安定もしないということで、大嵐系のカードでありながらサイクロン無制限被害者の会の門を叩いている。
2 軽量化 2017/02/22 00:38
レベル7以上のモンスターに限定されたカードトレーダー。
こちらは発動即使用可能なので、とりあえず1回使えればいいというのではカードトレーダーを上回るが、レベル8にはトレードイン、レベル7には七星の宝刀があるのでレベル9以上のカードに使うことになり、かなり層は薄くなる。逆に回数を重ねたいならカードトレーダーがやはり強敵。
このカードの分デッキが重量化してるというのはお約束のツッコミ。
7 神秘の中華なべ 2017/02/22 00:34
エスケープ回復系の到達点とでも言うべきカード。回復量はかなりの物であり、早くも到達点に達した感もあるためか後続がなかなか出てこない。
近い性質を持つデストラクト・ポーションと比べ、速攻魔法ゆえ不測の事態に強い。ライフゲインを生かせるデッキでないとそこまで使われないが、破壊確定のカードを利用する一枚としてはなかなかレベルが高い。
回復では勝てないとはよく言うが、回復で戦うデッキには重要な戦力になってくれるに違いないだろう。
5 巨竜の羽ばたき 2017/02/22 00:08
上級ドラゴンのバウンスという重いコストを用いて、禁止カードである大嵐をぶちまかすパワフルなドラゴンらしいカード。
バイスやレダメ、ライトパルサー、聖刻のような手札から特殊召喚しやすい上級ドラゴンと相性が抜群。上級が数多く展開できているならばそれを大嵐に変換できるのはかなり優秀。
といっても、ロスは無視できないし事故率も低くない。何より現状ではドラゴンを場に出す前の露払いこそこういうカードに任せたいのに矛盾する。スタンピングよりは個人的には魅力を感じるが…
10 生還の宝札 2017/02/22 00:02
このカードの禁止以降に生まれたカードを見てると、このカードはゲームの幅を相当狭めていたんだろうなぁと正直思うのであります。
吊り上げや自己蘇生カードの大量発生が、このカードが未来永劫禁止から帰って来ないことを暗に示しているようにも。ループがあるとはいえマンティコアクラスの自己蘇生で準制限だった時代がある意味懐かしい。
墓地からの蘇生手段など今や山ほど存在しており、返ってくることは金輪際無いと思われる。1ターンに1回でも自己再生を得意とするインフェルノイドなどは毎ターンドローできかねないので許されないレベル。
7 浅すぎた墓穴 2017/02/21 23:55
由緒ある蘇生系カードの一つ。セットで蘇生するためリバースと相性が良い。
古くからのパートナーであるデッキ破壊や、リバース中心勢力の占術姫やワームでの活躍が期待できるカード。シャドールは無理にこのカードを使わなくても十分な気もする。
相手も蘇生させてしまう点は、発動タイミングや蘇生するカードで対応したい。むしろ痛いのは、相手が蘇生できないと発動を許されない点かも知れない。
自分だけが蘇生できるバースト・リバースも存在するが、こちらはLPコストが不要なのと魔法の速さで勝負する。
9 おろかな埋葬 2017/02/21 23:50
モンスターの場合、デッキより墓地にいてもらったほうが都合が良いことはしばしば。
墓地利用や蘇生を軸とするデッキでは最高のサーチカード。墓地で真価を発揮するモンスターとの相性も最高。
墓地利用を戦術に取り入れるデッキではまず欠かせないだろう最高のピンポイント墓地肥やしといえる。
ただ最近は強力な墓地肥やしカードが次々登場していたり、逆にペンデュラムのようなサーチ・リクルート・エクストラ中心の墓地に依存しないデッキが増えており、制限で1枚肥やし止まりのこのカードをあえて使わない選択肢も多くなっている。土壇場ではいまいち機能しないしね…
9 トレード・イン 2017/02/21 23:45
レベル8なら何でも下取ります。非常に汎用的なドローソースの一つ。なおイラスト通りフェルグラントを墓地に送った場合は蘇生できないので相性は最悪。
最上級は蘇生で運用することが多く手札にいてもどうしようもないカードが多いため、このカードで素早く墓地に送って回転を加速させる意義は大きい。
大型モンスターをぶん回す楽しいデッキでは絶対に欠かせない回転要素であり、パーツ取りSDと言われる巨竜の復活の象徴的カード。コストとなるカードをサーチできたりするとなおうま味。
6 光神機-轟龍 2017/02/21 23:22
リリース軽減効果を持つ2900貫通持ち大型天使にして光神機のドン。
天使の最上級はキラ星のごとくといえど、この打点で貫通を持つ突破力の持ち主はそうは居ない。
ヴァルハラやジェルエンデュオに対応する他、リリース軽減で腐りにくい。とはいえどちらかと言うとこのカードは特殊召喚しての大型天使の一角としての運用になりそうか。
天使族で2800打点を超えられるモンスターは意外に限られているので、パワーアタッカーとして用意しておくのも悪くはないカード。
5 創世者の化身 2017/02/21 22:59
豊富な戦士族サポートで取り回し、確実に創世神に繋ぎたい創世神のサポートカード。創世神のリリースを軽減できる。
といっても、創世神専用のカードであり、手札からしか呼び出せない。このカード自身が中途半端な能力からサーチやリクルートに対応しておらず、創世神もまた手札に呼び込む手段は極めて限られる。
創世神を呼び出す手段にはフォトン・サンクチュアリや陵墓もある他、創世神自体がその攻撃力と効果上墓地も整っていないと本気を出せないカード。
あまりにも状況を選びすぎているので、増援が制限ということもありメリットが薄くなりつつある。
6 創世神 2017/02/21 22:55
創世という割にやってることは復活であった。
自身の蘇生が利かないのはレベル的にも残念だが、化身の存在分普通の最上級よりほんのり出しやすい。もちろんフォトン・サンクチュアリや陵墓を使うのも手である。
3000の壁がずっと蘇生を打ち続けてくるのも相当厄介。相手を物量で押しつぶす。攻撃力がやや物足りないため、攻めに参加させる時は若干注意が実用か。素直にアドバンス召喚した場合も同様である。
重さや手札コストの存在に古めかしさを感じずにはいられないが、毎ターン万能蘇生を撃てる数少ないカード。
7 仮面竜 2017/02/21 20:21
ドラゴン族下級でもトップクラスの安定感を持つリクルーター。
レベル3でサイバー・ダークに装備できたり、守備表示の特殊召喚ができたりかゆい所に手が届く。サイバー・ダークでは必須、それ以外のドラゴンでも戦線維持に大きく貢献するはず。
ドラゴンはテーマ専属を除けば下級の戦線維持役やサーチ・リクルートなどの小回りに乏しい中で、下級屈指の足回りを持つカードとして存在感を発揮する。
7 深淵の暗殺者 2017/02/21 20:19
俺は暗殺者を捨てて暗殺者を回収するZE!
これを許してしまうとキラスネもびっくりの無限コストになるのでエラッタでもない限り制限緩和はないだろう。「深淵の暗殺者」以外のと付け加えるだけであっさり釈放できそうではあるが。
コストとして使う場合の回収効果がスノーマンイーターなど同業との差別点。闇属性というのも美味しく、この種類のカードのなかでも強めの部類でもある。リバースを多用するデッキやシャドールで手札コスト要員としてかなり優秀なうえ、破壊効果のおかげで単体でも腐らない。
3 異次元竜 トワイライトゾーンドラゴン 2017/02/21 20:10
ミラフォや激流葬に強く、さらに下級アタッカー程度の攻撃力には屈さないドラゴン。
その性質上下級でビートしていくデッキには除去と戦闘両方の面から強いのだが、上級・エクストラデッキ軸には弱めになってしまう。
シンクロやエクシーズ、ついにはリンクで下級をズラッと展開するデッキも簡単に大型を呼び出せるようになったので、このカードの防御性能はそこまで信用できるものでもなく、活用はかなり厳しい。
仮面竜やカオスエンドマスターに対応し、プレアデスを呼び出せる光レベル5をなんとか活用できないだろうか…
5 八俣大蛇 2017/02/21 20:07
大蛇だったはずなのにドラゴンだよ!
最大5枚ドローはロマン満点だが最上級で特殊召喚できないのに手札にすぐ帰るのはご遠慮いただきたい… ドローは素晴らしくともそれを得るために凄まじい苦労をしてはどうしようもなく。
使うならば死皇帝の陵墓を召喚支援として組み合わせておきたいところ。守備力が高いのでセットしてみるのも一興だが、警戒されて攻撃されないだろうしなぁ。
<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>