メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
スターター買ってもルール分からない

ストラクチャーデッキ サイバース・リンク


デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編-


遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


CODE OF THE DUELIST


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7826
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
8 アマゾネスの急襲 2017/06/03 10:49
アマゾネスの展開と戦闘を支援する罠。
(1)の効果がメインか。バトルフェイズ中にアマゾネスを展開し、さらに攻撃力を高める。アマゾネスの展開力は下級中心とはいえ微妙なところだったので、戦闘向けの展開とはいえこれは嬉しい。
(2)の効果は秘宝や女王の効果と相性がよく、戦闘面においても決して高水準ではなかったアマゾネスをしっかり支える鬱陶しさ。
それでいて3番の蘇生効果を持ち相手としては除去もためらわれるとかなり詰め込まれた1枚となっている。
全体的な性能が高く、罠という一手遅さを差し引いても採用の価値はある。
10 アマゾネスの叫声 2017/06/03 10:41
サーチ・墓地肥やし・墓地発動をすべて兼ね備えた夢のような1枚。
サーチは相手をダメージで焼く剣士か、このカードをサーチできる相互関係にある王女がベターか。融合素材になる女王・虎に使っても良い。墓地肥やしは仔虎一択だろう。
墓地で発動する全体攻撃効果もかなりアマゾネスと相性がいい。秘宝を装備した剣士や王女を使ってみたり、単純に女帝や虎獅子の攻撃力で全体殲滅を狙ってみるのも手。
間違っても環境級のデッキには供給できないようなスーパーカード。アマゾネスの中核を担うことは間違いない。
8 アマゾネスペット仔虎 2017/06/03 10:35
どこからでも湧き出てくるかわいい小虎。
こちらはペット虎の名前を騙る。当然虎獅子の融合素材にしろと書いている。本家の虎を出せなくなり、虎がいる時はこのカードが出せないのには注意。
(2)の効果が本命だが、墓地除外がないため何度も何度も鬱陶しいくらい出てくる。しかも自身がアマゾネスなので自身召喚・特殊召喚でも可能なのが魅力。王女のコストなどに使ったり、自身召喚・特殊召喚でエクシーズ・リンクを行ったりするのが良いだろう。
(3)の効果は元々の攻撃力も上昇幅も低いおまけのようなもの。素材としての能力が高水準なので、叫声で早めに墓地に落としたい。
8 アマゾネス王女 2017/06/03 10:27
アマゾネスのプリンセス。
(1)の効果はアマゾネス女帝の融合素材にしろと書いている。アマゾネス女王を暴走召喚できるのも面白い。おまけではなく、色々と悪事が働ける名前の騙りである。
(2)の効果だが、アマゾネスには叫声という化物サーチが登場したので実質エアーマンとして機能する。叫声が鉄板すぎるが、秘宝もこのカードの(3)効果と相性が良いので悪くない選択肢。
(3)効果は叫声の墓地発動効果と相性が良く、秘宝も合わせれば相手の場が壊滅しこちらの場にアマゾネスがいっぱい、ということも。
斥候とインヴォーカーを出せるレベル3というのもありがたく、アマゾネスに新しい戦術を数多く提供するカード。
8 真紅眼融合 2017/06/03 10:16
スポイラーの度肝を抜いた相手の条件すら持たないデッキ融合。
素材の関係上出せるカードは3種類しかないが、いずれも3000オーバーの攻撃力を誇り切り札として十分。
悪魔竜や流星龍が最優先だろうが、バニラ融合2体を使ってあげてもいいのよ。
発動時は他の召喚・特殊召喚も封じられるので決して考えなしに使えるカードでもなさそうか。でも、やはりデッキ融合はロマンだよなぁ。
7 鎖付き真紅眼牙 2017/06/03 10:12
レッドアイズのための鎖付きブーメラン… のようなもの。効果はほぼ別物。
お手軽に2回攻撃を付与できるがモンスター限定なので注意。また鎖付きカードだが能力補正はないので、名前の綾に騙されない必要もある。
2番の効果は相手も奪い取れるので、フリーチェーンの除去のように使うことが可能。装備カード化という強力な除去であるが、その後能力をコピーすることを考えれば、大型モンスターを弱小モンスターに移したいところか。とはいえ、(1)の関係上レッドアイズにしか装備できないカード。あまり拘る必要もなく、レッドアイズにおける頼れる除去、の位置で良いかもしれない。
6 真紅眼の黒刃竜 2017/06/03 10:05
戦士族との融合という城之内の魂が具現化したかのような彼のためのレッドアイズがついに登場。
融合素材にも効果にもとにかく戦士族を要求するので、実用するならレッドアイズを添え物に戦士族が軸、というデッキになるかもしれない。融合自体には真紅眼融合があるのでそれで補おう。
装備魔法をコストにした対象耐性は優秀だが、装備タイミングが攻撃宣言時なので出始めの耐性に不安がある。出たときにフリーチェーンにあっさり沈められることがあるので過信禁物。
(3)の効果はド派手だが、このカードが装備を溜めるのは時間がかかる。(2)と同じ理由で装備前に沈むこともあるとなると微妙な効果。
総じて、(1)の発動タイミングに悩まされるカードか。予め黒鋼龍でも装備できればまた変わるかもしれないが…
7 真紅眼の鉄騎士-ギア・フリード 2017/06/03 09:55
ギアフリードも真紅眼となった。
幼竜とのコンボが魅力のカードで、(1)の効果で破壊しサイクロン効果と幼竜のサーチ効果を狙うも良し、(2)の効果で蘇生を狙うも良し。また(1)の効果はギアフリードの強化として代用する事のできるものなので、ギアフリードと相性の良かったカードもそのまま流用可能。
使うなら幼竜以外にも装備にできるカードはほしい。黒鋼龍が筆頭候補になるだろうか。コンボ前提のカードなので事故の可能性は上がるだろうが、トリッキーな動きができる他レッドアイズの戦士族なのは黒刃竜を出す場合に重要性が高い。
7 真紅眼の幼竜 2017/06/03 09:50
レッドアイズとなったベビードラゴン。
戦闘破壊のレッドアイズ専用リクルーター効果を持っているが、昨今の情勢で戦闘破壊限定というのは少し遅いか。リクルートだけが目当てなら黒石という選択肢もある。攻撃力が上がるのは悪くないのだが…
後半の効果は装備モンスターが墓地に送られた場合に発動できないので片手落ち。使うなら真紅眼ギアフリードとのコンボが必要になる。黒鋼龍をサーチすれば真紅眼ギアフリードに装備させることでさらにサーチを使うことができる。
素直に真紅眼等の大型を出すよりは、真紅眼ギアフリードをリクルートしてコンボに生きるほうが味が出るかもしれない。
8 真紅眼の黒竜 2017/06/03 09:43
勝利をもたらす青き龍に対し、紅き竜は可能性をもたらす。
最上級バニラで2400打点はかなり厳しいが、専属サポートはそれなりに豊富。
それ以上に、融合体や闇龍への進化、そしてバニラ・ドラゴンサポートを共有するガードオブフレムベルとのシンクロ召喚など無限の可能性を秘める。
様々なレッドアイズサポートもあり、黒炎弾のバーンも光る。青眼と比べ非常にテクニカルだが、勝るとも劣らぬ強さを持っている。
黒炎竜が登場したが、真紅眼融合で直接デッキから叩き落とせるのは流星龍を使わなければ本家が必要であり、重要度は下がるどころかむしろ上がっている。
2 ミノタウルス 2017/06/02 17:13
激昂すると貫通効果を得られるが、まだ物静かなのでバニラ。
こちらの状態はミノケンタウロスに融合でき、それに伴う融合サポートを受けることができる。
とはいえ、ミノケンタウロスはこのカードから攻撃力が300上がっただけなので、当てにする戦力でもないのだが…
2 ジャッジ・マン 2017/06/02 17:09
デッキマスターになると混沌帝龍もあわやという超効果を獲得する裁きの戦士。
貴重なレベル6戦士族バニラだが、それを活用する手段はさほど多くない。
まあ、中途半端な効果を持つよりは圧倒的にサポートが多いバニラの方が良いんだけど…
1 厳格な老魔術師 2017/06/02 17:02
執念深くない方の老魔術師。
効果はリバース版旧神の印ということで、そもそも旧神の印の効果がぱっとしない上にリバースでは発動してのピーピングも不安定。
今更使う必要もないだろう…
2 ゴブリン陽動部隊 2017/05/31 01:05
このカードを突っ込んでまでドローにこだわるべきなのだろうか?
いくら頑張っても1ドローが限界だろう。このカードの低能力とゴブリン効果は相性は悪いわけではなくむしろダメージカットが狙えるが、それゆえにほぼ使い捨てのカードとなる。
攻撃を通すために仕込みが必要な能力なので、それを考えると何度も使える仮面魔道士のほうが、と思ってしまう。
ドローは目的ではなく手段ということか?
9 ゾンビキャリア 2017/05/31 00:58
まずは自身の能力。チューナーが自己再生する便利さと強さは言わずもがな。
デッキを選ばない効果の上闇属性で墓地にも送りやすく、全てのデッキで活用できる。
その上でアンデットの圧巻の蘇生サポートとサーチ・リクルートを活用可能。
切り札の薄さに悩んでいたアンデットにシンクロという切り札を作り環境を制覇した。
展開力=力になりやすいシンクロの象徴にして、どんなデッキでも組み込める圧巻のチューナー。
登場以来制限の期間が極めて長かったが、ついに準制限を経て無制限に戻ることに。相性のいいブリューナクもエラッタがあったが帰ってきている。
4 マンモス・ゾンビ 2017/05/31 00:53
アタッカーとして働きつつ、送りつけて相手に大ダメージも目指せる。
強制転移との相性がいいアンデットならば、両刀の働きを果たせるだろう。
アンデット族デッキに限ればアタッカーとしても働ける送りつけモンスターなので、この手のモンスターが怖い事故の恐れがやや少ないのは嬉しい。
ただ自爆条件として墓地にアンデット族がいないことを求める。汎用カードの灰流うららがアンデットなので不発弾に終わる恐れが出てきた。さらに下級アタッカーという概念も崩壊気味なので、逆風が強い。
8 椿姫ティタニアル 2017/05/31 00:49
植物族の千両役者とでも言うべき大型の代名詞。
このカード自身の能力以上に、豊富な植物サポートによる身動きの軽さが武器。
ロンファでデッキから飛び出し、ギガプラ増草剤世界樹などで何度でも蘇る。手札に来るのだけは簡便な!
効果も展開は求めるが非常に優秀。植物族の展開力は高くコスト調達も苦しくない。自分1体でも効果を発動でき、物によっては道連れを狙えるので強力な牽制となる。
対処の難しい大型が何度も蘇ってくるのは脅威。植物のエースに相応しい一枚。
5 カースド・フィグ 2017/05/31 00:44
戦闘破壊されることで心鎮壷を発動するモンスター。
条件が揃い相手のカード2枚を対象に発動できれば滅法強いのだが、条件がそろうとは限らず効果破壊では残念なことになる。
何よりカードはメイン2に伏せることが多いのが遊戯王の鉄則な以上、バトルフェイズ時にセットカードが2枚以上存在するのは稀。そのため発動条件がきれいに整う場面を見ることができるとはあまり思えない。
決まれば本当に強力な効果で、ダメステ故に多くのフリーチェーンすら無効化できるのだが…
6 ボタニティ・ガール 2017/05/30 18:31
植物族では堅実なサーチカード。
ロンファと超栄養太陽のリクルートが凄まじすぎて霞むが、このカードのサーチ力も水準以上。
非常に堅実にまとまったカードなので、デッキに入れれば十分に仕事をするはず。タイミングを逃す効果なのが玉に瑕か。
サーチ先にロンファがないのが痛いといえば痛いところ。
2 ツクシー 2017/05/30 18:20
回りくどいハンデス効果を持つつくし。
ハンデスがあるだけアイヴィ・ウォールよりはマシ、という程度か。しかし相手が捨てるハンデスは、相手を利する事があるというのが難。
このカードとトークンで2回破壊が稼げるのでフラワーカウンターは乗せやすいが、世界樹があるときにこのカードがあるとも限らない…
4 ギガント・セファロタス 2017/05/30 18:13
量産型ボタニカル・ライオと言うべき中期の植物アタッカー。
アタッカーとしての性能は決して低くないが、まあライバルのライオが強い。効果の発動条件は決して重くないが、それでも2~3回発動出来ればというところ。
かつては貧乏人の味方として活躍したが、エクストラデッキの隆盛から下級アタッカーという概念が崩壊した上に、にん人や森羅の一部アタッカーなどこのカードを超えるカードが現れ始めており、立場は厳しい。
3 ウィード 2017/05/30 18:02
他のカードのイラストでもよく生えている芝の象徴。
かつては入手しやすく堅実なレベル2植物チューナーといえたが、もはや
過去のカードなので入手しやすさというカードでもないだろう。
レベル2植物チューナーにはプチトマボーとナチュルコスモスピードが存在するので、優先順位はどうしても高くならない。
効果の重要性もかなり低く、シンクロ召喚に必要な種を自ら摘む効果と言わざるを得ない。
7 サイコジャンパー 2017/05/30 17:52
任意の相手モンスターと自分以外のサイキックを強制転移させるカード。ライフコストは高いが、脳開発研究所で踏み倒してしまえばいい。
相手の大型を奪ってそのまま活用するも良し、シンクロに繋いでもいい。このカード自身緊急テレポートに対応しているためレベル2チューナーとしてはサイキックではクレボンスより爆発力がある。
また念動収集機との相性は抜群で、このカード自身と送りつけるカードを同時に蘇生することで効果の発動を強力に支援してくれる。
自身が送れないため単体での活用は難しい。が、事故こそ多くとも決まったときの威力は格別。
3 ストーム・サモナー 2017/05/30 17:47
ミスティックLV6の効果は見事なのだが、何とこいつ単体では無意味な上に、酷いのが効果耐性のない低攻撃力の割に厄介なデメリット持ちなこと。
効果破壊時に受けるダメージは尋常じゃなく、運用は非常に怖い。登場した瞬間に破壊されると出し損というレベルじゃない。
得られる効果としてはたしかに悪くないのだが、昨今は戦闘を介する効果は遅いともいわれる世の中。それに他のカードに依存するというのは厳しい。
サイキックの上級も揃ってきたので、自身がデッキ戻しの効果を持っていて、それでも使えるかどうかというライン、か。
3 パワー・インジェクター 2017/05/30 17:40
全体鼓舞なので地獄の暴走召喚などで並べると化けるが、単体での攻撃力でウォールドに劣るのが辛い。
効果の性質上返しのターンにも弱く、実は案外激戦区のサイキックレベル4ではもう一押しが足りない。
そしてトドメのように強力な全体鼓舞魔法のフューチャー・グロウが登場したことにより、わざわざこのカードを絡ませる必要性がサイキックでも薄くなってしまった。
5 C・コイル 2017/05/30 17:33
チェーン唯一のチューナー。アニメではレベル4だったが、リペアラーとのお手軽シンクロが警戒されたかレベル3に下げられた。
リペアラーとの釣り上げコンボでレベル7シンクロするのがメインの運用。
効果はほぼおまけ。一応自身を強化できるが元々の能力も強化幅も半端なので気にすることはない。
何はともかく高速のレベル7シンクロが組み合わせでできるのは嬉しいところか。ただ、わざわざこのコンビをデッキに組み込む必要性が薄い…
2 C・シューター 2017/05/30 17:29
Cモンスターを射出する高火力の専用キャノンソルジャーだが、火力の代償に1ターンに1度の縛りを得てしまった。
対象が限られたり1ターンに1度限定の射出効果カードに当たりは少ない。
このカードも対象が貧弱で召喚方法もリペアラーの蘇生に依存する程度で乏しく、リスクがリターンに見合わない。
レベル2なのでリペアラー・コイルにこのカードを加えればレベル9シンクロができる、が…
4 C・スネーク 2017/05/30 17:24
相手に装備させることで弱体化効果とデッキデスを得ることができる。ただし単体では弱体化効果もデッキデス効果も中途半端感が否めない。
ただ地獄の暴走召喚で呼び出した3体全員を一気に装備させれば、どちらの効果も十分強力になる。
高レベルモンスターを送りつけて戦闘破壊に成功すれば墓地に送る枚数はなかなか。トーチ・ゴーレムや壊獣を送りつけ、リペアラーの蘇生効果から暴走召喚と決め込みたい。
5 C・リペアラー 2017/05/30 17:19
鼻毛を抜きたくなる鎖のモンスターたち。
前半のダメージ効果は無視して良い水準。攻撃力も物足りない。
蘇生効果はコイルと組み合わせることによってレベル7シンクロを高速召喚できる釣り上げ効果であり、これはなかなかの水準。
単体でシンクロ出来る点は悪くないが、相棒に汎用性がない点と、これ以外のカードを蘇生してもパッとしない発展性のなさが厳しい。
またテーマ的な問題として、C・ドラゴンはレベル6でこのカードの効果では出せないという点もある。
1 チェイス・スカッド 2017/05/22 22:52
追跡班。特殊追跡デッキの名を体現するカードと言える。
しかしこれは第6期のカードと考えても、能力も微妙で効果もあまりに影響力が低い。ちょっと活用法が思いつかない。
何らかの手段でこちらの守備表示のリクルーターをフルボッコさせることができればあるいはだが、普通先にこのカードが落ちるしな…
<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>