HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7960
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>
得点 カード名 登録日時
2 忍の六武 2017/08/10 21:34
6体の六武衆の力で相手の時を封じ申す。
新マスタールールだからこそ作れた「ろまんかあど」でござるな。
普通に六武衆を6体並べるだけでも、背水の陣やソウル・チャージを使わないと厳しいものがあるところで申すというのに、属性が異なるときたものだから発動するだけでも困難極まりないカードでござる。
6人の六武衆を揃えたとなれば、ターンスキップを行えば相手はまず死線を見ることになり申そうが…
3 六武衆の影忍術 2017/08/10 21:28
自分のもんすたあを墓地に送り、除外されてる六武衆を特殊召喚いたす。要するに除外版の六武衆の理でござる。
墓地に送るのは六武衆には限らないので、紫炎殿なども逃がすことが可能なのは影の影たる所以でござろう。しかし問題は除外されている六武衆の特殊召喚の方でござる。
ハツメ殿やエニシ殿を活用しないと六武衆において除外を活用するのは非常に難しく、極めて安定性の薄いコンボカードになってしまっているのが現状ではないかと。墓地から蘇生の理の方が扱いやすいと思われまする。
デッキの影六武衆の比率が高いならば、身代わり効果で強引に除外を用意することも叶いまするが…
3 影六武衆-リハン 2017/08/10 21:23
モデルは服部半蔵。HANZO。
手札か場の六武衆を除外し、相手の場のカードを除外する効果を持つ。
しかし、属性の異なる六武衆3体で出すモンスターとしては能力も効果も貧弱そのもの。そもそもこの融合条件が地味に厳しい。強力な展開力の高い六武衆は地属性に集まっているので、水属性のハツメや風属性のカゲキなど展開力の高い地属性以外の六武衆を大事に使おう。
しかしそこまでする程の魅力があるカードでもないだろう。除去の性能は平凡であり、自身の耐性も存在しない。素材に影六武衆があれば粘ることもできるだろうが… このカード自身も身代わり効果を持っているが、やはり融合の手間に見合うものでもない1回限りのものである。
融合の手間がかかり過ぎであり、その割に効果も能力も振るわない。ちょっと切り札とするには心もとないだろう…
5 影六武衆-キザル 2017/08/10 20:57
モデルは下柘植ノ木猿、またの名を上月佐助。個人的には個人名ではないが軒猿からとった説もあるんじゃないかとも思うんだが。
特殊召喚に成功した時に場に存在する六武衆の持つ属性以外の属性を持つ六武衆をサーチする効果を持っている。自身が地属性なので地属性のサーチは難しい。
しかし六武衆の強力なカードは地属性に集まっており、加えてこのカードを特殊召喚したカード次第では他の属性も禁じられてしまう。特にカゲキで出して風が封じられやすいか。地には影武者やキザン、ご隠居など強力なカードが多いのでますます厳しい。
加えて自身を特殊召喚できなければそもそも意味がない。事故要因になることも否定できず、門や狼煙がある以上ここまでしてサーチをしなくても…?
6 影六武衆-ドウジ 2017/08/10 20:47
モデルは伊賀崎道順。忍者というより日本では稀有な狙撃手というべき人物。
他の六武衆の召喚・特殊召喚に反応して墓地肥やしを行う効果を持っている。六武衆においては豊富な蘇生を活かし蘇生したいチューナーか、身代わり効果を持つ影六武衆を落とすことになるだろう。両方を兼ね備えているフウマ・ゲンバが随一の対象となる。
しかし単体では何もできないモンスター。予め場に出しておく必要もありちょっと扱いが難しい。ターン1制限がないので大量展開できるなら強力なのだが…
使いこなせば強いが扱いが難しいカード、という位置になるのだろうか。
6 影六武衆-ハツメ 2017/08/10 20:41
モデルは初芽局。ちょっと異質な人物。詳しくは多分今度の映画の関ヶ原でやるんじゃない?
六武衆を除外しながら釣り上げを行う効果を持っている。釣り上げ効果が強いのは言わずもがなで、ゲンバや影武者を釣り上げシエンへのシンクロの道を切り開いたり、単純にシエンを蘇らせる事もできるであろう。
しかしやはり除外コストは相当重いため、墓地肥やしに長けているとは言い難い六武衆では1~2回発動できるかどうかだろう。そのため積み込むのではなく、必要に応じてサーチするカードになるだろうか。
8 影六武衆-ゲンバ 2017/08/10 20:28
モデルは真田の忍び、唐沢玄蕃。十勇士の影に隠れてしまってて…
除外されている六武衆をサルベージする効果を持っている。エニシやハツメの効果で墓地を除外することができるが、墓地除外は六武衆のメインストリームではないので安定して使えるかは微妙なところ。
しかしこのカードはチューナーであるため、シンクロ召喚のついでで回収できるなら十分ではあるといえる。しかし同じレベルのチューナーに、荒行先がより優秀でナチュルシンクロも使いこなせる影武者がいるのでこちらを起用するならついでに見える除外サルベージを活用できる必要があるか。
六武衆に身代わり効果を与えることもできるのも強力な効果なので、単体では影武者に勝る点も多い。荒行やナチュルを使うか否かで起用が別れるか。
8 影六武衆-フウマ 2017/08/10 20:18
光あるところに影はあり、影に踊る六武衆。様々な忍者をモデルにしており、このカードのモデルは風魔小太郎。
戦闘・効果で破壊された時に六武衆をリクルートする効果を持っている。リクルート性能は破壊場所を問わずレベル制限もないなど足軽が涙目になる性能を持っている。チューナーであることとはそこまで噛み合わないのではあるが、優秀な効果であるといえる。
しかし真価はやはり「六武衆」初のレベル1チューナーであることだろう。各種六武衆サーチを使えるので寄子より格段に使いやすいだろう。特殊召喚効果を持つキザンとのシンクロでシエンを出せるのは極めて大きい。もう一体キザンがいればトリシューラも狙える。
5 呪言の鏡 2017/08/09 00:22
デッキから特殊召喚されたモンスターを破壊し、ドローまでする罠。
デッキから特殊召喚されるケースは発売時から比べると極めて多くなっており、もはや環境級の展開にはよく見かけることになっている。
しかしデッキに限らず特殊召喚自体に反応する罠も数多く、特に召喚にも反応する奈落の落とし穴と神の警告は極めて汎用性が高いことからこのカードの強力なライバルとして立ちはだかる。
結局のところは遊戯王では低く見られがちな、アドバンテージに優れる代わり範囲が狭い罠カード、の域を出ないか。
3 ツバメ返し 2017/08/09 00:14
特殊召喚成功時のCIP効果を無効にし破壊するカウンター罠。
最近のカードでは対応する相手が増えているが、同時にライバルが増えているという悲しみも背負っている。
宣告や警告で召喚自体を止めてしまう手もある他、効果無効化は通告という凶悪なライバルが存在する。
これらのカードが好かないならば?
6 超古代生物の墓場 2017/08/09 00:08
王宮の弾圧の後釜を担うべく作られたと思われる永続罠。レベル6以上のモンスターの攻撃と効果を無力化する。破壊こそできないものも、攻撃と効果を封じれば壁と素材以外の役割はない。
特殊召喚された大型は除去しないといつかこのカードが除去された時に牙を向く。除去系カードと組み合わせたい。
だがエクシーズなどの新ギミックの登場によりもはや大型カードすらエクシーズの素材になることもあり、またシンクロなどの大型レベル持ちに頼らずとも大型を展開できるので戦術の多彩化についていけない感もあるが…
高レベルを特殊召喚するデッキが跋扈した時に思い出してくれれば。
2 ボーン・テンプル・ブロック 2017/08/09 00:01
手札を捨ててお互いに相手の墓地の下級を蘇生する権利を得る罠カード。
しかし手札を捨てて、相手にも権利を与えてまで相手の下級を奪いたい状況というものはそうはあるまいというもの。ハンドコストがあるだけでもかなり安定感がないのに相手依存、さらに相手にも権利プレゼント。
ここまでして相手の下級を奪っても後半の縛りからシンクロやエクシーズ素材が関の山。
その程度の役割なら自分の墓地からリビデで十分な気が…
7 無力の証明 2017/08/08 23:58
ぷるーふ・おぶ・ぱわーれすねす!日本語名も英語名も漂うボス臭。
最上級を場に用意していればフリーチェーンでレベル5以下を殲滅するフリーチェーンの罠。安定して最上級を用意できるデッキでは、フリーのライボルと化してしまう。
その性質上シンクロやエクシーズの妨害に非常に便利な一枚。レベル制限のため逆転は苦手だがダメ押しや封殺に非常に向く。
スキドレバルバ、地縛神などの最上級を多用するデッキや、レベル7以上のシンクロを安定して出せるデッキ、レベル7以上のモンスターを素材として使うエクシーズデッキに採用すると良いだろう。
エクシーズやリンクには無力だが、素材の段階で破壊すればいいとも言える。
6 窮鼠の進撃 2017/08/08 23:44
ライフポイントを払うことで、ローレベルバニラと戦う相手モンスターを可能な限りまで弱体化させるローレベルバニラの最終兵器。ライフさえあれば戦闘では敗北しない。
ただしライフレースでは負けているも同然なので、自分のライフが燃え尽きる前に勝負を決める必要がある。ローレベルバニラの展開力と爆発力を活かそう。
強力なサポートだが癖も強い。当然だがこのカード自体の除去にも弱く、このカードを失うとモンスターは烏合の衆となってしまう。過信は禁物。
6 レクリスパワー 2017/08/08 21:27
鋼核のエネルギーを開放して相手の魔法罠セットカードをすべて吹き飛ばす。鋼核が手札に必要ではあるが、チラ見せだけでいいのは優しい。
鋼核をサーチ出来る体制が豊富なら、積みこんでも発動は十分狙える。金剛核という強力なサーチが出たので、鋼核を手札に確保するのも難しくなくなった。
相手ターンのエンドフェイズに使うとかなり強力。ただセットしたカードにしか通用しないので、猛威をふるう強力なフィールドやペンデュラムには無力。岩石コアキならサンドマンでも罠対策はできるので相手次第感はある。
それでも、コアキメイル初期サポートの中では出色の出来。
7 D・バインド 2017/08/08 21:25
レベル4以上のモンスターの攻撃と形式変更を封じるバインド。ディフォーマーデッキではかなり強力な防御カードになる。
どうしてもディフォーマーは全体強化や装備強化が使えていないとモンスターとの戦闘に弱いので、このカードの存在は非常にありがたい。特に劣勢時に力を発揮する。
お約束だがディフォーマーやこのカード自身の除去には無力なので注意。
ロックとしては該当カードが存在していないと終わる点とレベル依存が痛く、かつてほど強度に信用が置けないが…
8 トラップ・スタン 2017/08/08 21:23
罠カードをの効果をそのターンの間無効化してしまう強力な罠カード。
ラッシュの下ごしらえ、罠カードへのカウンターじみた運用、ロックを限定的に解除など、やれることは実に多い。予め伏せておく必要がある点は難だが、非常に使いやすいカード。
カウンター罠にチェーンすることはできないので、神のカウンターなどに対しては先打ちをしておく必要がある点に要注意。
3 フェイク・フェザー 2017/08/08 21:20
相手をあっと言わせる偽りの翼。BFをコストに相手の墓地の罠を起動させる効果を持った罠カード。
ただ罠を使わない相手には無力だし、どうしても発動や効果の発揮が不安定になる。発動条件は無視できないので、フリーチェーンでミラーフォースなんて暴挙はできない。
何より相手のデッキによって使えるカードが左右されるというので、計算できないにも程があるカード。BFの専用罠は意外とパッとしないとはいえ、このカードで相手の力を借りるのはやり過ぎ感あり。
1 レベル・リチューナー 2017/08/08 21:17
自分フィールド上のモンスターのレベルを2つまで下げることができる罠。
しかし自分モンスターのレベルをわざわざ罠カードを使って下げる必要性は…
手札だがスター・ブラスト、速攻魔法にスター・チェンジャーなど意外とライバルも多く、即効性という点に大きな難点を抱えたこのカードはかなり厳しい。
せめて相手に使うことが出来れば…
7 デルタ・クロウ-アンチ・リバース 2017/08/08 21:14
汚え花火だ…
場にBFが存在する時に、相手の場の伏せ魔法罠を一掃する罠。BFが3体なら手札から発動することもできる。
発動条件も厳しくなく、BFが3体いれば引いてすぐに使えるのも嬉しい。
伏せ破壊要因としてBFでは活躍が見込まれるだろうカードであり、エンドデルタでまとめて伏せカードを飛ばせるのはこのカードの特権。
ゴッドバードも強いが、コスト無用で伏せ全破壊のこのカードもBFの強みの一つ。
とはいえ、現在は羽箒も復活でツイツイやコズミックの登場からサイクロンがデッキに入るかも怪しい時代。ゴトバもある以上このカードの枠があるかどうかがちと問題というところか。
4 オーバー・デッド・ライン 2017/08/08 21:00
その死線を越えて行け!
蘇生した植物族の攻撃力を上げる時間制限付き永続罠。植物限定でなければもっと面白いことになるカードだったが、流石に自重してしまったか。
上昇値は非常に大きいが、時間制限があるため使いにくいカード。短時間の強化ならば、狂植物の氾濫という手もあるにはある。あちらもあちらで癖は強いが。
植物族に限られてしまっているので、一族の結束の永続強化を頼ってもいいだろう。このカードならば植物以外のカードも使えるが、結束は蘇生以外の手段でも強化できる強みもある。
植物にソウル・チャージや真炎の爆発クラスの大量蘇生が来れば、あるいは?
2 チューナー・キャプチャー 2017/08/08 20:59
Sモンスターが特殊召喚された時に、相手墓地から素材となったチューナーを奪い取るコントロール奪取だが、相手の場にはSモンスターがいるので奪ったチューナーが生き残るのは難しい。
クレボンスやダーク・リゾネーターなら話は別なのだが、それでも心もとないものがあるし、相手が起用しているとは限らない。
そして、当然シンクロを使わないデッキ相手には無価値。エクシーズの登場により、この手の対シンクロカードは相手を選びすぎる事になってしまった。
2 クリムゾン・ヘルフレア 2017/08/08 20:55
レッドデーモンズの必殺技カードは、効果ダメージを倍にして打ち返す。
倍値にしての打ち返しは決まればすごいダメージを相手に与えるが、レッドデーモンズの存在が必須。そのため安定性は皆無に等しい。それでいてやってることは根本的に痛魂の呪術クラスでは…
必殺技系カードの中でも、トップクラスに使いにくいカード。
5 奇跡の軌跡 2017/08/08 20:53
戦闘ダメージ0と相手にドローを許す代わりに、攻撃力1000アップでの2回攻撃をモンスター1体に付与する罠カード。
その性質上、相手モンスターを戦闘破壊することによって強力な効果を発動させるカードと相性が良い。
デメリットも多いがモンスターの強化はかなりのもので、相手の強力モンスターを一気に葬るような使い方もできなくはない。
特に超時空戦闘機モンスターなどと組み合わせてあげると奇跡を描き出すことも不可能ではない。ただ、この手の強化は魔法で欲しかったなぁ…
8 禁じられた聖杯 2017/08/07 23:23
歩く汎用性。モンスターの攻撃力を微増する代わりに効果を封じるカードであり、効果封じからコンバットトリックまでこなしてくれる。
モンスターの破壊ができるカードではないが、一時的な効果封じの重要性は高いのが現代遊戯王。
相手の妨害に限らず、自分モンスターのデメリットの解除にも使用可能。
自分モンスターの封印効果を無効化し、それを自分ターンだけ有効にするなんてことも。やれることが非常に多い強力な速攻魔法。
かつてはSRということで手に入れにくかったが、GSとウィングレイダーズで結構ばらまかれているので入手はし易い部類に入るはず。
3 至高の木の実 2017/08/07 23:20
劣勢のときのみ2000LPの回復ができる魔法カード。
とりあえず、通常魔法のライフの回復量としては最大クラスの一枚…
だが回復を売りにするデッキは圧倒的なライフアドとそれを活かす必要があり、このカードの発動条件はそれに完全に反逆してしまっている。
純粋な回復量も、ドレインシールドあたりの方が上回ることもある。
LPを生かすデッキでライフが下回るのはわりとマズイ自体なので、その状況を条件としているのはピーキー過ぎるのでは…
4 ナチュラル・チューン 2017/08/07 23:18
下級通常モンスターをチューナーにしてしまう1枚。
バニラデッキでは最初からバニラのチューナーを使ったほうがいいか。
このカードはデュアルデッキの方が活躍しそう。デュアルのチューナーは再度召喚必須のチューンド・マジシャンしかいないため、ブラック・ブルドラゴを積極的に狙うならこのカードの採用も有りえる。
だが、非常に腐りやすい事故要因。加えてシンクロにこだわらずともエクストラは黒い連中で染めれば良くなったので強引にシンクロ対応するより…
7 サイコパス 2017/08/07 23:15
法でさばけない悪があるなら、それを裁けるのは人だけだ。
除外されたサイキック族を2枚まで回収できる、除外軸において光る優れたサルベージカード。強化人類サイコやサイコ・トリガーなど、除外するカードの多いサイキック。EXVCでの強化で次元色が非常に濃くなってくると、このカードが遂に光りだすだろう。
ライフコストこそあれ1枚で2枚のサルベージは非常に優秀。
ブレインハザードやサイコ・フィール・ゾーンとは除外ソースの争いにならないようにうまく共存させてあげたい。
5 緊急合成 2017/08/07 23:14
コアキメイルの鋼核をデッキに戻し、下級コアキメイルを完全蘇生させる。
時間制限を維持するために捨てた鋼核の使いみちにして回収手段というデザインだったのだろう。だが、このコストは一見緩そうで想像以上に重いコスト。
コア転送ユニットの登場で、どっかの処分を使わずとも鋼核を墓地に貯めやすくなったので墓地の鋼核利用に特化したデッキならその強力な蘇生手段を活用できる可能性はある。
レベル制限はあるが、完全蘇生できる魔法カードの存在は嬉しい。ただ、コアキメイルは墓地肥やしが難しく、下級蘇生の活用手段もエクシーズ軸などでなければそこまで多くない。岩石軸とかだと鋼核入ってないとかよくあるしね…
1 緊急鋼核処分 2017/08/07 23:12
コアキメイルの鋼核を墓地にに落とすカード。
登場時はこのカードで墓地に鋼核を落として鋼核のサルベージ効果を使えということだったのだろう。
だが、戦闘破壊で直接鋼核をサーチできるロックが登場し、リリースは必要だが速攻魔法で直接サーチできる鋼核初期化が登場し、手札コストだけでサーチできる転送ユニットが登場し、そして完全なサーチカードである金剛核まで出てきた。
テーマ出身でありながら、テーマ内で4回もその存在意義を否定されるカードは、遊戯王史上でもそうそうお目にかかれるものではないだろう…
<<   1 2 3 4 5 6 7 8   >>