メインメニュー

クリエイトメニュー

交流

一言掲示板 管理人連絡掲示板 遊戯王雑談掲示板 雑談掲示板 チャット(別窓) 遊戯王4コママンガ(別窓)
金無いと言いつつ結局作るバカ

デュエリストパック -レジェンドデュエリスト編-


遊戯王デュエルリンクス レジェンドデッキガイド


COLLECTORS PACK 2017


STARTER DECK 2017


CODE OF THE DUELIST


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて アイテムコード 同梱


ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて 3DS アイテムコード 同梱


遊戯王デュエルモンスターズ マスターガイド5


HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7798
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   10 11 12 13 14 15 16 17   >>
得点 カード名 登録日時
5 テールスイング 2017/02/06 01:30
恐竜では割と珍しい小細工なカード。
1枚の魔法で2枚のカードをバウンス出来る1枚が弱いわけはないのだが。
ただ上級が要求される上、より強い恐竜が用意できないとバウンスの効果も半減。
どうしても状況を選んでしまうのが痛く、大振りすぎる感は否めないか。
一応Rで登場する究極伝導恐獣との相性は悪くないが、究極伝導恐獣が自身で完結する耐性破壊を備えているのでこのカードを使う必要はあまりないのが…
5 大進化薬 2017/02/06 01:29
でかい恐竜を出すならこのカード。
化石発掘・死皇帝の陵墓あたりがライバルだが、前者には効果を使える点、後者にはライフコストの不要と利用されない点でそれぞれ上回る。
これらと比べ安定性に欠ける反面、当たったときの爆発力が凄まじい。
ジュラックだとタイタンくらいなので、究極恐獣や超伝導恐獣などを使う場合に採用してあげるといいかも知れない。
もっとも、Rの提案する戦術でオヴィラプターやプチラノドンが登場し、恐竜族の上級の展開手段も増えている以上無理にこのカードを使う必要は今後なくなる恐れがある。特殊召喚できないタイタンのためのカードになる危険性も。
8 ベビケラサウルス 2017/02/06 01:25
昔ならこんなカードが効果で破壊されるなんてというところであったが、自己破壊の手段が増えてきた。
何と言ってもロストワールドの効果でデッキから破壊されても効果が使えるのが大きい。究極伝導恐獣も手札のこのカードを破壊できる。ミセラサウルスでリクルートし、自壊させることでも効果を使える。Rの提案する戦術で発動させるならだいぶ簡単になった。
リターンも十分に大きくなった。ロストワールド下で大暴れするオヴィラプターやハイパーハンマーヘッドを持ってきたい。
ただこのカードを最高にサポートするミセラサウルスは、最大のライバルでもある。ディノインフィニティなどカードによっては直接ミセラサウルスでリクルートした方がいいことも。サーチだが化石調査の存在も。
とはいえRの提案する戦術で最も激変したカードには間違いない。上級を持ってくるプチラノドンとともに、ロストワールド下での展開を支える新生恐竜デッキの屋台骨となってくれるに違いない1枚。
3 オキシゲドン 2017/02/06 01:18
打点はそこそこ高い酸素恐竜。もっともセイバーザウルスがいるのだが…
効果は酸素の爆発的燃焼をイメージなのだろうがあまりにも存在感がない。
ウォーター・ドラゴン専用のカードという位置は抜け出せないだろう。
ハイドロゲドンは普通に優秀なのだが、こちらはホントにそっち専用である。
炎族が目立つデッキというのもそうそう見当たらないので更に闇。
6 ハイドロゲドン 2017/02/06 01:14
ウォータードラゴンのことは忘れよう。
かつてはスタンダードにも名を連ねた程の水素恐竜。
とにかく殴れた時の展開効果が滅法強く、しかも追撃可能で3連鎖すら起こりうる。
さらに現在では戦闘終了後にラギアにエクシーズするというさらなる1手が生まれた。ラギア要員の下級アタッカーとしてはグアイバに飲み込まれかけてるが、追撃可能な速さは相当魅力。攻撃力の違いも100でしかない。
しかし、下級アタッカーという概念自体が厳しい昨今、この攻撃力で戦闘破壊を狙うのはなかなかに困難。ロストワールドのトークンを破壊しても意味がなく、Rの提案する新戦術にも乗り切れないのが悲しい。
8 ディノインフィニティ 2017/02/06 01:11
無限の力を解き放て!
恐竜が誇る究極のロマン砲であり、生存本能の発動タイミング次第では5桁の攻撃力になることも。
下級なので通常召喚が可能、化石調査もあるのでポンと神以上の打点持ちが出る可能性は恐ろしすぎる。
除外手段はミセラサウルスという最高の相方を獲得し、そのミセラサウルスを活用してリクルートの手段も得た今、ロマン砲から切り札に昇華する可能性も。
3 暗黒恐獣 2017/02/06 01:09
コンマイ語の代表格といって過言でない裁定を持つカード。
なんかカードが伏せられていた時点で終わるので、不安定さは果てしない。
壁モンスターを無視できる効果の方向性は良かったんや… と言いたいが今日半端に壁を残すとシンクロやエクシーズが待っているのでやっぱり微妙。
究極伝導恐獣の強制セット効果と微妙にシナジーがあるが、究極伝導はその後全体攻撃と守備モンスター破壊がシナジーしており後のカードの直接攻撃の道を切り開くので、このカードは居てもいなくても大差ない悲しみ。
8 ハイパーハンマーヘッド 2017/02/06 01:06
下級の恐竜では希少な希少な技巧派モンスター。
能動的に自爆特攻でバウンスを狙えるのが最大の強みであり、また地雷にしたりアタッカーしながら相手の攻めを牽制することも可能。
恐竜軸のデッキを作る場合は必然名前の上がるはずの有力下級。バウンスの評価が上昇しているためさらに強さが上がっている。
しかもかなりうざったいことにロストワールドという破壊を身代わりしてくれるカードが登場したことにより、バウンスが何度も狙えるように。さらにベビケラやプチラノドンが破壊されると展開まで許す。
6 暗黒ドリケラトプス 2017/02/06 01:03
パワフルな貫通持ち上級恐竜。
この手のカードは別種族にもあって平凡さは感じるものの、恐竜は大型の召喚支援がそこそこ整っており化石調査というサーチも存在する。
現状ではバニラで打点の高いフロストザウルス との争い。主人公ラインも殴り倒すあちらに対し、こちらは下級の壁やリクルーターに強い。
また貫通効果は恐竜の鼓動Rで登場のロストワールドと相性がいい。化石調査の対象にも収まってることもあり、蘇生にはオヴィラプターが、リクルートにはプチラノドンが登場。収録候補になるか?
7 俊足のギラザウルス 2017/02/06 01:00
比較的お手軽に特殊召喚できるレベル3モンスター。
とはいえ相手に蘇生させてしまうデメリットは決して軽くない。
しかし序盤であれば非常に優秀な特殊召喚カードであり、デメリットも踏み倒せるか気にならない程度で済む。
恐竜の誇る最上級たちの踏み台にもシンクロへの足がかりにも優秀。デッキを選ぶ効果でもないので場合によっては出張も視野に入ってくる。
レベル4だったらラギアの素材になれたのだが、レベル3なのでインヴォーカーの素材になれる、とはいえこのカードがベイゴマックスの後釜とはなかなか行かないだろうが…
2 猛進する剣角獣 2017/02/06 00:58
貫通効果の開祖となったカード。未だにこのテキストは貫通と略されずバカ丁寧に受け継がれている。
多くのモンスターに受け継がれた効果を生み出した功績を胸に抱き、役目を終えたこのカードはストレージで眠ってもらうことにしたいところ。
ただ、恐竜の鼓動Rで貫通効果と相性のいいロストワールドが登場するので、もしかしたら叩き起こされる可能性も微レ存…?
6 大くしゃみのカバザウルス 2017/02/06 00:55
お前のくしゃみで世界がやばい。
ラビットでラギアを出すために使えるレベル4恐竜なので一時期は結構な価値があった。地属性サポートを共有できないのが残念だが…
ラビットではセイバーザウルスだけでは足りない。地属性を共有するキングレックスやラプターに比べ、攻撃力の高さを生かせるか。
なお、バハムート・シャークにもなれるのでそこから餅カエルを投げ込むという変化球も。ラギアと餅という制圧札2枚を導けるのはこのカードくらいか。
6 超伝導恐獣 2017/02/06 00:53
青眼すら超える恐竜の超パワーを味わうザウルス!
一切デメリットのない普通の最上級で3300の数字は破格。蘇生や特殊召喚も一切問題がないので、その超攻撃力でグイグイ押し込みたい。
効果はなんかすごいキャノン・ソルジャーだが回数制限に攻撃抑制があるのでロックに若干強い程度か。
相手の守りを力と砲撃で押し通る天下御免のパワー馬鹿。清々しいまでに潔い一枚。
魂喰いオヴィラプターやプチラノドンの効果で蘇生・リクルートできる最大サイズの恐竜なので、新しい恐竜さんのデッキにおいても挿し込む価値は十二分に存在する。
3 宝玉の双璧 2017/02/06 00:44
宝玉獣をハネクリボーにしつつ、デッキから宝玉の展開を行う。
しかし罠が存在し、このカードの発動のためには戦闘破壊される宝玉獣を墓地に送らなければならない。すなわち宝玉化の効果を使えないため、このカードは墓地に行く宝玉獣と呼び出す宝玉獣を入れ替えるカードと言える。
そのため双璧となることは不可能であり、カード1枚を使ってまでやることかと言われると極めて疑問符がつく効果となってしまった。
防御面でも半端な性能で、完全に中途半端な罠カード。宝玉サポートは優秀なものが多いが、珍しく使い所に悩むカードになっている。
5 カウンター・ジェム 2017/02/06 00:40
魔法罠ゾーンに対する宝玉の爆発とでも言わんばかりの罠。
展開枚数にコストの枚数は依存しないので、最高はこのカードを含め2枚の犠牲で4枚の宝玉獣の展開になる。
呼び出した宝玉はモンスターにせよ宝玉にせよ1ターン持たないので、ワンキルを決める覚悟が求められる。非常にハイリスク・ハイリターンを地で行くカードと言える。
気になる点としては罠でありながらほぼ自分ターン専用の効果であること。そのため発動にこぎつけるまでの段階が少し多い。かなりの魔神の金槌。採用するかどうかは趣味が入りそうだ。
9 激流葬 2017/02/06 00:34
そのイラストはまさに鉄砲水。ざっぱとかいわれる召喚反応罠の最高峰。
どんなカードも場に出なければ始まらない。召喚反応は極めて便利なトリガー。
奈落と違い除外は出来ないが、相手に傾いている戦況を一気に取り戻せる点ではこちらに軍配。
自分の場も巻き込むあたり、制圧を成功している状況では使いにくいが、最近は破壊耐性を持つカードが多いのでそれらとコンボしてもいいだろう。
ただしP召喚にはめっぽう弱く、エクストラに流し戻すだけでは次のターンまたP召喚を狙われる。その隙をつくことができれば話は別だが。
昨今は破壊耐性の増加とP召喚に弱い点から環境を一歩引いていたが、十二獣の大量展開にかなり強い点が見直され復権しつつある。
6 宝玉の樹 2017/02/06 00:29
導きや恵みを活用するのとどちらが優れるか。
このカードはデッキから大量にサーチできるため、レインボードラゴン軸との相性に優れる。一気に数を稼げるため氾濫との相性もなかなか。トリガーの関係上2体も呼べれば。
あるいは1枚呼べれば十分と割り切って使い、1個溜まり次第宝玉獣になってもらうのも手。その場合はサーチじみた運用になるだろう。
爆発力を取ることもできれば、堅実なサーチとしても使える器用なカード。永続故に除去が怖いのが難点ではあるが…
6 宝玉の解放 2017/02/06 00:24
宝玉獣に欠ける戦闘力を強力に補う専用の装備魔法。
戦闘力だけが目当てなら魔導師の力が宝玉獣と非常に相性が良く、宝玉獣が溜まっていれば1500~2000の上昇を望むことができる。
しかしこのカードにはサファイアペガサス効果があるため、破壊されても痛くないのが長所。この効果のため序盤にあると心強く、宝玉獣やこのカードが破壊されても次をしっかり残すことができる。
ちょっと半端な感もあるが、一挙両得を目指せるカードである。そのため採用する価値は十分に存在する。
6 手札断殺 2017/02/06 00:20
手札抹殺だけでは手札の入れ替え手段が足りないデッキに。
アド的にはマイナス1だが、墓地を肥やしつつデッキからドロー出来るのは強い。積極的に墓地を肥やすデッキや、コンボデッキで起用したいところ。
墓地に送るなので暗黒界や魔轟神が使えない点、相手にも手札が2枚以上無いと使えない点には注意。
とはいえ、サーチ・リクルートが豊富なデッキが強く、墓地肥やしには芝刈りのような常軌を逸したカードがある環境では相手にも得を与える不安定でアドも損する手札交換は好まれないだろう。入手はわりと容易になったが急激に陳腐化してしまったカードに思えるのが悲しい…
8 トーチ・ゴーレム 2017/02/06 00:11
ラヴァゴーレムの対極であり、相手に戦力を送りこちらは展開を獲得する。生み出したトークンと送りつけるこのカードで数多のコンボを生み出す。
Bloo-Dやアトモスフィアの生贄にトークンを使いこのカードを吸収するのは鉄板。
トークンで自爆特攻すればヘル・テンペストの発動も容易になる。
その他、デスシザースやトラックロイドで攻撃したり、単純に送りつけたこのカードを洗脳解除するのも手。
今後更にコンボが増える可能性を秘めており、特に攻撃力は低いが大型を破壊したいという悩みを抱えるカードとは抜群の相性を誇る。トリックスターという言葉がふさわしいカード。
7 グレイブ・スクワーマー 2017/02/06 00:08
この手の被戦闘破壊による除去の決定版にしてトップクラスの強さを持つ一枚。
魔法罠も破壊できる点がまず素晴らしく、さらに送りつけても破壊効果が使える。
悪夢再びでのサルベージや蘇生手段も豊富、使い回して相手の場を引き裂くことも不可能ではないだろう。
自爆特攻が苦手というネックはあるが、かなり使いやすいカード。
7 幻銃士 2017/02/06 00:05
エクシーズのルールが中途半端に判明していた時は、このカードとトークンでエクシーズできると考えられて買い占めが行われたのは淡い記憶。
自身とトークンで場に大量のカードを展開できるカード。Bloo-Dやラビエルの速攻召喚を目指せる他、3体リリースの三幻神や邪神を呼ぶのも目指せる。
バーンとしてはカードが貧弱な割に与えるダメージも乏しく、モンスターゾーンを圧迫するため今ひとつ。完全にリリース要員向けのカード。
トークンのレベルが高いため、生き残ればシンクロも目指せるかも。
5 宝玉獣 アメジスト・キャット 2017/02/06 00:01
シンクロ以前のレスキューキャットは宝玉獣でこのカードを2枚呼ぶことが多かったなあ…
そのレスキューキャットの禁止で展開手段を失い、かつ宝玉獣では単体でのスペックが低めのカードのため、ちょっと立ち位置が怪しくなってきたところ。
ダイレクトアタックのダメージも少々で、無理に狙う程でもないのが痛い。7種類の宝玉獣を求める究極宝玉神を狙わない限りは、無理に使う必要がないのが痛い。
エラッタを受けたとはいえ禁止からレスキューキャットが舞い戻ってきたが、効果が無効になるので宝玉化ができずエクシーズ専門というのはちょっと厳しい?
6 ヒーローズルール2 2017/02/05 23:59
墓地活用の効果を強烈に監視するカウンター罠。
悪くないカードではあるのだが、蘇生や回収に関しては手札誘発にD.D.クロウという強烈なライバルが存在するのが厳しい。
むしろそのクロウやあるいはカイクウなど、墓地を除外するカードのメタにもなれる。
墓地のカードを対象に取らないカードも妨害できるあちらと比べ、相手のメタにも反応する攻めのカード。ただメタ気味の使い方なので全体的にあちらの方が使いやすいか?
2 融合破棄 2017/02/05 23:55
いまいちいい使い方が思い浮かばない。
手札にこのカードと融合、特殊召喚する融合素材モンスターが必須と重い部分が目立つ。このカードが使える状況では、もう一手待てば融合モンスターを出せるはず。このカードが融合素材ならば、融合は成立する。
せっかく出したモンスターは墓地に送られる点も含め展開サポートとしては使いにくさが目立つところ。せいぜいS・X素材の用意くらいだがこのような重いカードを使わずとも。
数少ない、エクストラデッキから融合モンスターを直接墓地に送る用途に期待をかけたいが、それでも素材指定のないカードは落とせないし、3000LPで確実に仕事をこなすゲール・ドグラもいる。
融合にトラウマがあるのでもない限りは、使い所はあまりに薄い。
8 ダーク・コーリング 2017/02/05 23:51
E-HEROのためのミラクル・フュージョンとなるカード。
この手のカードにしては珍しく手札のカードも使えるので、序盤に引いても腐らないのが強力。融合カードとして素材の位置指定が素晴らしい。このカード抜きにE-HEROは始まらない。
悪魔と岩石が組み込まれた地帝入りの帝や悪魔岩石のコアキメイルなどでも、このカードを組み込むだけでダークガイアを使用することも出来る。
ダーク・フュージョンと違い対象耐性は得られない点には注意。特にワイルドサイクロンを使う場合に手痛い反撃を受けないように。
6 E-HERO マリシャス・デビル 2017/02/05 23:49
今なおHEROとして最大の攻撃力を誇る最凶のHERO。
素材のマリシャスエッジが優秀なカードで、最悪マリシャス×2でも融合可能。
3500もの打点は純粋にそれが力になる。攻撃を誘う効果はバトルフェイズスキップで止められがちだが、逆に言えば相手の戦闘をほとんど封じることも可能。
実質的には3500打点のバニラ相当になりがちなせいもあり、基本的にはダークガイア軸のデッキで、サブウェポン的な活用をされがち。このカードが存在するのでダークガイア軸は悪魔が多めのほうが良いかもしれない。
4 E-HERO ヘル・スナイパー 2017/02/05 23:45
効果で攻撃力の半分をバーン、それも守備表示の時に。
元になっているランパートガンナーが効果を長らく使えなかったのをあてつけにしているかのようだ…
E-HEROでは堅実な一枚で魔法耐性も強力だが、いかんせん攻めに苛烈さがない。
豪快な効果の持ち主が多い、ダーク融合のサポートの薄さの関係上そうでないと生き残れないE-HEROでは、地味すぎて埋没しかねない存在。
4 E-HERO ワイルド・サイクロン 2017/02/05 23:41
イービルになったワイルドサイクロン。
サイクロン効果の代わりに攻撃時のセットカード封じと、ダメージを通した時のデルタクロウ効果を併せ持ち攻撃反応罠に対して高い殺意を持っている。
その性質上ダメを押すには最適であり、相手の逆転の攻撃反応やコンバットトリックカードを封じ込めることができる。
だが封じ込められるのはそれらだけで、昨今主流のフリーチェーンや神系カウンターはおろか、召喚反応にも手も足も出ない。しかも攻撃力が低いため攻撃を通すのも一苦労。
ダーク・フュージョンならば対象を取る効果が多いフリーチェーンには強くなれるが、それでもかなり苦しくなってきた。
3 アーマー・ブレイカー 2017/02/05 23:34
まず、ユニオンというギミックが機械族との結びつきが強すぎて戦士族との関係があまり築かれていない。そのためこのカードを装備させるのが一苦労な他、安定装備のためにはデッキ構築が難しくなる。
効果破壊に対応していない点はおそらく再録(されるのかはおいておく)時にはエラッタ対象にはなるだろうが、現時点では大きなマイナスと言わざるをえない。
そしてトリガーである戦闘ダメージを与えた時と、得られる恩恵のカード破壊が微妙に噛み合わない。普通カード破壊で露払いしてからダメージと行きたいところなのだが…
総じて戦士族デッキでもわざわざデッキに入れる意義を感じないカード。このカードで除去を行うには、下準備がかなり必要に思える。
<<   10 11 12 13 14 15 16 17   >>