HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7672
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   10 11 12 13 14 15 16 17   >>
得点 カード名 登録日時
9 ドラゴニックD 2017/01/15 11:00
ここ最近外れ続きだった竜剣士系のアルファベット魔法が久々の大当たり。
例によって例のごとくの300アップだが、上級真竜が2500ラインを突破したりマスターPが3000ラインを突破するなどなにげに有用。2番の効果も、マスターPやダースメタリオンがライトニングなどの強襲に対処できるのであって損するものではない。
しかしやはり強力なのは3番効果。特に手札を破壊できるのが優秀で、手札の真竜皇を破壊しその特有の効果を発動することで絶大なアドを得ることができる。このカード自身の効果で同時に真竜をサーチするため、本当に何でもありな動きができそうでつらみ。真竜最大のエンジンとなる強力カード。
10 真竜皇V.F.D. 2017/01/15 10:33
何だこれは(迫真
真竜皇の切り札であり、世界を破滅に導く神の獣?
相手の属性をいじりその効果と攻撃を無効にする恐ろしい性能を持ったカード。
ルーラーによるモンスター効果無効の悪夢が蘇る効果であり、更に攻撃も封じるため交通事故のような打点上昇による突破もしようがない。
とどめにこの属性いじりと2番効果で真竜皇の生け贄を相手の場から捻出できるなど除去性能も超一級。当然出した真竜皇の効果で更に相手の場は荒れる。
非常にハイレベルなXモンスターであり、早くも大会で結果を残しているようだ。
8 真竜皇リトスアジムD 2017/01/15 10:19
真竜皇の地属性バージョン。十二獣とは対立しているようだ。
地属性を2体破壊すれば、エクストラを3種類除外できる。エクストラ除外を狙って出すか、地属性の破壊を狙うかで使い道が分かれるか。
地属性で破壊といえばスクラップの名前が真っ先に浮かぶか、フィールドでの破壊を求める。手札から強引にそれを起動できる上にエクストラ破壊ができると考えればいいだろうが…
エクストラ破壊を狙う場合、3種類という縛りからABCを根こそぎなどは出来ない。キーカードが制限だったり、1枚しか入ってない場合に効果があるだろう。
真竜皇の例にもれず、破壊との組み合わせが重要になるだろうか。そしてこのカードもドラゴニックDの登場で、真竜の蘇生カードとして機能するようになりVFDを導く鍵となるモンスター。十二獣と組み合わせれば通常効果も狙えるだろう。
8 真竜皇バハルストスF 2017/01/15 10:16
魔法・罠カードなんぞ使ってんじゃ、ぬぇえ!
やっぱり出てきた水属性版の竜皇。今度は魔法罠を除外する。
手札の水属性を破壊できるが、炎王のようなジャストフィットの相手が居ないのがネック。海皇や水精鱗は捨てるトリガーだしなぁ…
またこのカード自身も攻撃力が低く、盾にはなるがアグニマズドほどの決定力は得られない。一方で効果が優秀なので、これを目当てに使うことになるだろうか。除外除去はペンデュラムによく刺さる。
クリストロンと敵対しているらしいが、彼らはペンデュラムしない悲しみ。
真竜の登場で、これまで目立たなかったリクルートの重要性が高くなった。ドラゴニックDで破壊するだけでデッキから真竜皇を呼び出しVFDにつなげることを目指すことができる。ドラゴニックDと相性が抜群なので、VFDのエンジン兼素材として運用したい。
8 真竜皇アグニマズドV 2017/01/15 10:05
ヴォルフレイムが対峙した世界を終末へと誘う赤き真竜とはこいつのことだろう。
メタルフォーゼに合わせて作られたカードだろうが、手札から、手札あるいはフィールド上の炎属性を簡単に破壊しその難点である打点・除去不足も克服するなど炎王との相性が抜群。もちろんPデッキであるメタルフォーゼとも相性は悪くないが、あまりにも炎王とのシナジーが見事すぎるので…
効果破壊時の効果は、真竜で活躍することになるが他の真竜と比べると序盤に使いにくいのはちと痛い。
8 真竜凰マリアムネ 2017/01/15 10:00
風の真竜皇ではなく鳳。
これまでどおりの真竜皇の使い方である属性サポートとしては、風も破壊するカードとの相性が良いわけではない上、得られる恩恵のデッキ破壊がさして役に立つものでもない。
だが、真竜は新たなテーマとなって生まれ変わっている。ドラゴニックDでこのカードを破壊することで2枚の真竜のサーチが可能になっており、アドバンテージを生み出す源となってくれる。当然VFDで風を破壊する礎にもなるため、VFDを軸とする真竜デッキを作るならばエンジンとして重要なカードになるだろう。
7 真竜機兵ダースメタトロン 2017/01/15 09:38
十二獣とメタルフォーゼとクリストロンが悪魔合体した何か。
3枚リリースで出すことになるが、モンスター、魔法、罠をすべてリリースして出すことができれば完全効果耐性を得ることができる。そのための3体リリースだろう。
完全効果耐性の3000打点のインパクトは凄まじいのだが、マスターPの2種耐性でも相当厄介なだけでなく、向こうは2体リリースと多少軽く強烈な破壊効果まで持っている。ダースメタトロンはフィールドでは耐性で制圧はできるがそれを超える打点のカードにお手上げなのもちと痛い。
幸い、ケアとなる破壊時のリクルート効果はかなりの規格外。とは言え状況的に、ダースメタトロンの攻撃力と耐性を突破する相手との戦いになるので並のカードには務まらないだろう。エクシーズはX素材なしなのも痛いので、除去を持つSモンスターが狙い目か。
9 真竜剣皇マスターP 2017/01/15 09:20
竜剣士の完全形態。
その性質からモンスター・魔法・罠から最大2種類の効果を受けない2950打点というだけでもかなり凶悪。真竜の永続カードを使ってみるのも良いほか、虚無空間や王宮の勅命を解除してみる使い方も面白いだろう。
そしてもう一つの効果がかなり優秀。永続魔法罠をコストとしたドランシアと同等の破壊効果であり、相手を強烈に牽制できる。永続魔法罠はサルベージの手段に恵まれているわけではないので、情け容赦無くコストにして牽制していくべきだろう。
耐性も凄ければ破壊効果も強力と、制圧力という点に関して言えば宿敵VFDに勝るとも劣らない。真竜デッキにおけるエースを担える逸材。
7 真竜騎将ドライアスIII世 2017/01/15 09:12
多分アモルファージの力を得ているんだろうけどよくわからないネーミング。
効果も異質で、カードを加えるのではなくフィールドから離れただけでリクルーターとして運用できる。
新規真竜の多くはアドバンス召喚で力を発揮するので、属性別の真竜皇たちを呼び出すのが良いだろう。このカード自身も2番の効果はアドバンス召喚に依存しないので、このカードをリクルートしてくるのも手。
その2番の効果は、真竜への神縛り耐性。効果でサーチができる3種の上級真竜の処理を難しくすることで、アドバンテージを稼げるようになるだろう。
やっぱり効果も異色だしなにか変な存在である。
7 真竜拳士ダイナマイトK 2017/01/14 20:41
ダイナミストの力を得た姿。ちょっとゴツくなりすぎたかな…?
こちらのサーチ対象は永続罠。現状では復活と黙示録の2枚のみがサーチ対象。
こちらもいくらあっても損はしないので、手札に組み込んでいきたい。
見え見えの罠でもリリース素材として優秀な上、復活の蘇生性能はかなりのもの。
これら3種のカードはいずれもサーチに相手の行動は必要なので、相手を牽制できる一方カード次第では全力が出ないことに注意が必要か。
7 真竜戦士イグニスH 2017/01/14 20:37
イグナイトの力を得た格好いい進化形態。
マジェスティMの永続魔法版であり、攻撃力も大差ないため使い方はほとんど変わらない。
永続魔法は真竜のリリースに欠かせない重要な要素なので、こちらもいくらあっても困ることはないだろう。
使徒も継承も使えるカードであり、同時に優秀な素材。
7 真竜導士マジェスティM 2017/01/14 20:32
マジェスペクターの力を開放したら女の子になっちゃった!?
上級真竜のモンスターサーチ版。真竜はサーチできる範囲が広く、真竜サイドも真竜皇サイドも自在にサーチできる。
真竜は専用の永続魔法罠をリリースする動きが強く効果のトリガーも緩やか、単純に展開していくだけでも相手にプレッシャーを掛けられる。
後続の真竜をサーチしながら、機を見てマスターPやダースメタトロンをサーチし切り込む準備を整えたい。
8 覇王龍ズァーク 2017/01/14 20:07
かつて世界を滅ぼした伝説のデュエリストの成れの果て。ところで未だ変身を残してる説が有力だがどうなることやら。
召喚条件は2つ。1つはアストログラフの効果を使っての特殊召喚。星霜のペンデュラムグラフや星刻の魔術師のサーチを駆使し、4龍の魔術師を集めて召喚を目指す。デッキとして強力なデッキなので、ズァークを切り札にしながらの普通に戦えるのが魅力。
もう一つはズァークに記された素材を使った融合召喚。ミラクルシンクロフュージョンが使えるので、ザボルグにハラキリさせてエクストラから墓地に落とす手段を使ったり、覇王門を2種2枚ずつ並べてのコンボを使ったりができる。ズァークで戦い抜く覚悟が必要になるだろう。
ズァーク自身は高い攻撃力に全体破壊、神縛り耐性と切り札として十分すぎる性能を持っている。万が一破壊されてもPゾーンで効果封じやサーチ破壊をしていくので果てしなく面倒な相手。このパックの目玉だけあってかなり強力なカードであり久々に切り札らしい切り札といえるがライトニングはやめて。
8 覇王眷竜ダークヴルム 2017/01/14 19:58
アニメからガラリと効果が変わり、覇王門を強力に支援するカードとして生まれ変わった。
スケールとしてもモンスターとしても覇王門を呼び出せる。スケールとしての覇王門呼び出し効果はこのカードが中間のスケールを持っているので、即座のP召喚にもつなげることができる。零なら下級が、無限なら上級が呼び出せる。
モンスターとしては覇王門を素直に使うことが可能。覇王門を集めてズァークの正規召喚を目指すのも不可能ではない。またズァークの効果で特殊召喚されるためズァークに全力を出させるためにも必須。
覇王門を抜きにしても、Pモンスター故に墓地に行きにくいが墓地からの自己再生は優秀な効果。エクシーズ素材に安心して使えるPモンスターでもある。
7 覇王門無限 2017/01/14 19:49
覇王竜が振るう震撼のスケール13ペンデュラムモンスター。
こちらはX・Pモンスターをサーチできる。覇王門零とはコンボで使うことで、多彩なエクストラ出身のカードを展開できる。覇王門零と覇王門無限が2枚ずつ場にあると、ズァークを正規召喚するための素材を整えることができる。
しかしそれでもスケール13のインパクトには霞んでしまうだろうか。流石に場にモンスターがいない時限定だがどんなモンスターもP召喚できるインパクトは強烈。ダークヴルムでサーチすることもできるのでPモンスターとしても使いやすいだろう。
7 覇王門零 2017/01/14 19:39
覇王竜が振るう驚愕のスケール0ペンデュラムモンスター。
S・融合モンスターを呼び出すモンスター効果と、スケール0に加え覇王門無限と組み合わせて融合・フュージョン魔法を手札に加える効果、ズァークがいる時ダメージを完全にシャットアウトする効果と多彩な効果を持っている。
モンスター効果とサーチのP効果でモンスターゾーン、Pゾーン、エクストラを三角横飛びすることで、ズァークの正規召喚を支援する。
しかしやはりスケール0が輝くカード。ペンデュラムーチョも同期で登場したが、ダークヴルムというサーチカードがあるのはこちらの特権。
覇王ギミックに拘るにしても拘らないにしても、一定の仕事はできそうである。
6 ダブル・リゾネーター 2017/01/14 19:27
顔が2つあるリゾネーター。
チューナー認定をする効果はチューニングガムと競合する。このカード自身がチューナーであるのも同じ。こちらはコールリゾネーターを筆頭にリゾネーターのサポートを得られるのが大きな魅力。
チューニングガム同様、ダブルチューニングや多段シンクロのためのカードには変わらないのでエクストラにはそれを活かせるカードを用意しよう。
墓地効果もチューニングガムとの大きな違い。こちらは普通の悪魔をチューナー認定してくる。ジャック色が濃いほど、このカードのほうが輝くか。
6 常闇の契約書 2017/01/14 19:17
ありとあらゆる素材としての運用を否定してしまう漆黒の契約書。
効果としては強力であろう。昨今のデッキはP軸でもなければこのカードで封じられる戦術に依存している物が多いだろう。
ただ、DDでスケールを2つ埋めるのは意外とその機会がない。P召喚を軸とする構築でなければ、融合やシンクロに頼る構築だとスケールに埋め込むPモンスターが不足して使えない事も考えられる。
当然だが除去にも弱いので過信は禁物。使い捨ての次元障壁もあるので、強くても採用は慎重に、という部類のカードか。
5 DDD磐石王ダリウス 2017/01/14 18:13
アニメでエクシーズのために使った契約書がOCGにならなかったので、DDではまともに出せない苦しみを背負ったランク3エクシーズ。
ナイトハウリングが唯一のレベル3DDなのでこれを使うしかないだろう。特に契約書をドローに変換する効果はDDでなければ本領を発揮できない。
そうでなければ、縛りが悪魔族とゆるいのでデスガイドが力を発揮する。1番の効果は忘れ、デスガイドで出せる戦闘破壊耐性を持つエクシーズとして運用してもいいだろう。
デスガイド路線ならば使えないこともないカードだが、やはりDDで使いたいよね…
8 DDゴースト 2017/01/14 17:55
おばけ、おーばけー。
レベル2のDDチューナーということで、テムジンで蘇生して即座にサイフリートにシンクロを行うことができる。クリスタルサイフリートの体制を整えるのに心強い援軍が現れたと考えるべきだろう。
1番効果は墓地を肥やすものだが、予め肥やしたいカードが墓地に有る必要がある。DDは確かに墓地に送りたいカードはそれなりにあるが、それらを迅速に用意する役目は不向きと言わざるをえない。
2番効果は効果を使ったスワラルやネクロ、ラミアを墓地に戻せる。特にネクロはトリガーとなるため相性も抜群にいい。
総じてDDのチューナーとして高い性能を持っており、採用を検討できる。テムジンを軸とするデッキにシンクロを組み込む場合などにお世話になりそう。
5 RR-エトランゼ・ファルコン 2017/01/14 17:07
瑠璃を洗脳したドクトルはぶっ倒してもぶっ倒してもお兄ちゃんが許さない。
アニメではブレイズを使ったXエクシーズで出したが、ランクアップが基本になるだろう。
ブレイズと並ぶランク5RRXモンスターであり、いわば第二の選択肢。
しかしスキップフォースを軸とするならば、奇数のRRは使いにくいというのも同じ。
複数のモンスターを破壊できるブレイズと、火力に優れたこちらは使い分けの関係が十分に成立するので、1ランクあげるRUMを中心としてるなら。
2番の効果は事前の仕込みが必要だがブレイズにはない明確な長所。
総じて、ブレイズより安定感を重視したランク5エクシーズ。ランク5を求めるならばブレイズととも使いたい、といったところか。
8 LL-アセンブリー・ナイチンゲール 2017/01/14 16:43
LLの切り札にして、遊戯王史上でも規格外の連続攻撃能力を持つモンスター。
素材は2体でもいいのだが、攻撃力400の2回攻撃ではあまり怖さもない。LL3体のコンボで4体は並べられるのでそこからが良いラインになってくるだろう。攻撃力800も4回攻撃すれば最上級の3200ラインの直接攻撃になる。
装備魔法などで強化されれば即死級のカードであり、非常に面白いカード。
戦闘や効果破壊に耐性まで持っているので、切り札としては十分使える。LLは優秀なカードがずらりと並んで面白そうなレベル1テーマである。
9 LL-インディペンデント・ナイチンゲール 2017/01/14 16:24
このモンスター単体であれば、エクシーズと融合を組み合わせるのが難儀であり、さらに全力を出すには素材全開のアセンブリーが求められるなどかなり使いにくいカードであった。
だが簡易融合の存在と、このカードをコピーするタイラントネプチューンの存在が大誤算だったと言わざるをえないだろう。レベルを参照するこのカードの効果とレベル10のネプチューンの相性は驚異的であり、攻撃力6000の完全効果耐性+毎ターン5000ダメージを与えるモンスターが生まれてしまった。
タイラントネプチューンは爬虫類族なのでキングレムリンでサーチ可能。
スコーピオ・コブラコンボからモルモラット展開で下準備が整うなどかなりえげつない素地が整っているが、時代を築くか?
7 LL-ターコイズ・ワーブラー 2017/01/14 16:11
フォトスラ効果で特殊召喚することでLLを展開する。
LL内においてスパローの引き金を引きやすいカードであり、サーチのために特殊召喚する有力なトリガーとなる。
その召喚条件からも、最初に展開するLLとして存在感を発揮する。
可能な限り初手に1枚欲しいカードなので、デッキに複数枚投入することになるだろう。
LLはランク1を出すデッキとしては十分高水準に既に達している感はある。
7 LL-サファイア・スワロー 2017/01/14 15:58
某畜ペンと同じ生物をモチーフにしているとは思えない。
ブラスト効果と隊長効果を併せ持つ展開の権化。スパローでサーチすれば簡単に場のカードが2枚増える、強い(KONAMI感
場のカードを増やして増やしてエクシーズに集約するのはLLの必須戦術なので、それを強力に支援するこのカードの重要度は高い。
Xモンスターに付与する効果も、X素材を増やすことで火力がさらに上がることになる。そのためアセンブリーを出す下準備には、このカードは絶対に並べたいところ。
7 LL-コバルト・スパロー 2017/01/14 15:51
ついに最後の最後でカード化したよ瑠璃ィィィ!
能力は悲惨だが、やってることはレベル1鳥獣の特殊召喚時にエアーマン効果。
蘇生効果を持つワーブラーか、ブラスト的展開力を持つスワローを状況に応じて選びたい。
特殊召喚の手段も前述の2枚が有力な他、レベル1全般を支えるワンフォーワンや金華猫、他に汎用蘇生を使うのも手になる。
LLに於いて場にモンスターを並べる起爆剤となるカードなので、このカードを特殊召喚する手立ては多いほうが良いだろう。ワーブラー>スパロー>スワローでレベル1が4体簡単に並ぶのは恐るべき展開力。
Xモンスターへの対象耐性は、アセンブリーの穴を埋めることができるので堅実に優れていると言える。
8 超越融合 2017/01/14 15:40
一見すると融合性能が低いわLPはがっつり取られるわ、使い所のなさそうなカード。
しかしそれを補って余りあるのが、融合素材となったカードの蘇生効果。
素材としたカードのレベルが同じならエクシーズにつなげることができるし、別の融合カードがあれば融合モンスターを並べることができる。
オフリススコーピオ・ダーリングコブラのセットからサーチしキメラフレシアを超越融合、素材の2体を復活させインヴォーカーを出しモルモラット展開とか、できるのかな、どうなのかな。
アニメでも使っていたスターヴヴェノムへの蘇生効果発動が出来ないのは、理屈は分かったが全然納得できねえ…
7 捕食植物コーディセップス 2017/01/14 15:31
墓地から墓地のカードを蘇生する非常にエコロジーなカード。
できれば素材となったサンデウキンジーを蘇生し、さらなる融合召喚へと発展していきたいところである。
墓地にこのカードを置く手段としてはオフリススコーピオの手札コストや超栄養太陽のコストにしてしまうのが強力だろう。
召喚権が使えなくなるデメリットがあるので、融合を絶対に決める鉄の意志と鋼の強さで蘇生カードを選別しよう。
9 捕食植物ダーリング・コブラ 2017/01/14 15:25
ヒュー!(融合・フュージョンカードをサーチしながら)
オフリススコーピオの相棒。デュエル中一回だけ融合・フュージョンをサーチできる。
捕食植物の効果で特殊召喚する必要があるとは言え、オフリススコーピオの規格外のリクルート効果を使えば容易に達成できるはず。
オフリスとは融合しなくともそのままランク3エクシーズになることができ、インヴォーカーにエクシーズすればモルモラット展開を導くことも可能。
サーチするならば簡易融合や超越融合など、ただ融合するだけが能ではないところを見せつけてやりたい。
このカードの存在が、オフリススコーピオの脅威を更に大きなものにしている。
9 捕食植物オフリス・スコーピオ 2017/01/14 15:18
ユーゴの次はユーリがお手軽出張セット候補を持ってきた。
捕食植物のサモプリ的カード。普通に使うのであればサンデウキンジーを持ってきて融合の準備なのであろうが、同じパックに入っているダーリングコブラとの相性が天下一品。
このカードの効果に手札コストが必要とはいえ、ランク3を展開しながら融合・フュージョンカードをサーチできるというよくわからない動きが可能になっている。
簡易融合をサーチし、インヴォーカーからモルモラット展開でキングレムリンを呼び出せば、次のターンには簡易インディペネプチューンの天地魔闘の構えが完成する。非常に危険な匂いを感じるカード。
<<   10 11 12 13 14 15 16 17   >>