HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7663
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19   >>
得点 カード名 登録日時
4 アルカナフォースXVIII-THE MOON 2017/01/14 06:38
月のアルカナ。 …月は出ているか?
こいつの効果は毎ターンのトークン生成。上級カードと相性が良い効果だが、肝心のこいつが最上級でしかもギャンブルの果てに得られる効果。展開力目当てには厳しい。自分スタンバイフェイズ時なのですぐに恩恵を得られないのもこの高速環境では厳しい。
裏の効果は1ターン程度なら愚者の送り付けも狙えるが、長い間の滞在は危険なので早めに処理したい。
最上級ということもあってギャンブル性が強すぎる。もう一体の最上級が強いこともあって、あまりお目にかからないカード。
6 アルカナフォースXIV-TEMPERANCE 2017/01/14 06:36
上級サイズのクリボー。そのため効果で捨てて蘇生できると美味しい。
その効果に加え単体でも上級として運用可能。ただその場合裏の効果が地味に厄介。アルカナでまとめる場合も比較的頼れる一枚だが、真価はやはり手札誘発にある。
カオスなどで汎用的に使える光属性の手札誘発カードではあるが、本家アルカナフォースでは蘇生の貧弱さとメリットの薄さから存在は少し薄め。
5 アルカナフォースVII-THE CHARIOT 2017/01/14 06:33
戦車のアルカナ。
下級アルカナのうち、最もメリットとデメリットがはっきり分かれる。
表が出れば非常に優秀。小さなゴヨウ・ガーディアンどころか奪ったカードでの追撃すら果たしてくれる。オネストとこの効果の相性は抜群で、相手の大型に決めると大打撃。
逆に裏は利敵行為そのもの。アルカナコールの上書きすら効かない危険効果。
使うならコイントスを安定させる光の結界は絶対にほしい。攻撃力が今一歩なため光るほどのカードではないこのカードが下級のエースを張っているのがアルカナの厳しさ…
4 アルカナフォースIV-THE EMPEROR 2017/01/14 06:31
皇帝のアルカナ。
裏のリスクも薄く、表の効果を得れば1900打点。アルカナフォースでは使いやすい下級に位置するが、それでも全体鼓舞持ち1900止まり、かと言うのが悲しみ。
問題は、上級の優秀さに相反するくらい悲惨なアルカナフォース下級陣。戦車が範囲を広げるのは嬉しいといえば嬉しいのだが…
アルカナフォースは統一の意義が見出しにくく派遣や特定特化になりがち。その中でテーマ統一で頑張る全体支援の立ち位置はちと厳しい。
2 アルカナフォースVI-THE LOVERS 2017/01/14 06:29
恋人のアルカナ。
ダブルコストモンスターになることで月や世界をサポートするのだろうが、アルカナフォースは光・天使で統一されているのでジェルエンデュオという強烈なライバルが存在する。
デメリットは非常に薄いが、下級アタッカー目的の運用もその発送は既に陳腐化しているとともに攻撃力自体に不満も残る。
採用の余地は殆ど無いと言わざるをえない。
4 アルカナフォースIII-THE EMPRESS 2017/01/14 06:25
女帝のアルカナ。
表の効果はなかなか類を見ない物。ワールドを呼び込むためにはなかなか優良だが、相手ターンでの特殊召喚なので除去が怖い、そもそも先にこのカードを飛ばされる可能性が高いなど安定するかはかなり疑問符。それでも、アルカナフォースの展開力は絶望的なのでこのカードにもすがりたいところ。
裏のリスクも非常に大きく、状況が整わないと活用は困難ではあるが、なんとかして活用しないとまともに動かないデッキというのも…
3 アルカナフォースI-THE MAGICIAN 2017/01/14 06:22
魔術師のアルカナ。
表の効果は擬似ニトロ・ウォリアーか。進化する人類を装備させて発動すると4800打点だが、スピード・ウォリアーのほうがトリガーが緩やかで使いやすいだろう。それでも下級アルカナフォースでは屈指の打点ではあるのだが。
裏のデメリットは相手に魔法吸収。デメリットは薄いので怖さはないが、あまりメリットもない…
アルカナコールの素材に選び上級アルカナフォースに大火力を与える運用もできるが、上級のメリットを消してしまうので慎重な活用が必要。
7 アルカナフォース0-THE FOOL 2017/01/14 06:17
マシュマロン、ジェルエンデュオに続く天使族第3の戦闘破壊耐性持ち。
このカードの売りは送りつけてのサンドバッグとアルカナフォースの名前か。
強制転移との相性は最高で、相手の強力カードを奪いサンドバックを送る事が可能になっている。またレベル1を活かせばワンフォーワンやコート・オブ・ジャスティスに対応している。蘇生も容易。
反面レベルの低さはS・X素材には不向き。メリットもコンボ向きで単体で働く残り2体よりはやや劣るか。
送りつけなどのコンボが狙い目のカードだが、単純に壁としても貫通に気をつければ十分な運用はできる。その面で言えばそつのないカード。
3 人造人間-サイコ・ロード 2017/01/14 06:15
サイコ流最強のモンスターを名乗るが、最強が常に使いやすいとは限らないのが遊戯王ではよくあることで…
罠対策の効果はショッカーの段階で充分。後半の表側の罠を破壊する効果も基本的に無力化済みなので狙うほどの価値はない。
打点の強化もわずか200では装備魔法を使うほうが安定するだろう。
雰囲気を重んじるのでなければ、ショッカーとリターナーがいれば十分。ジャッカーの登場でこのカードを上乗せ進化させるメリットも多少は生まれたが、それでもジャッカー前提の特殊召喚モンスターは相当重い。
7 人造人間-サイコ・リターナー 2017/01/14 06:11
ついに登場したサイコ・ショッカーサポート。サイコ流の使徒。
サイコ・ショッカーの蘇生効果が極めて優秀で、終末の騎士やおろかな埋葬がショッカーの蘇生カードに化けるだけでなく、未来融合でショッカーとリターナーを墓地に送ればショッカー軍団の蘇生が可能。
罠を封じる2400×3の強襲は対処困難。決まれば致命傷を与えられる。
未来融合が禁止になっていた間は使えなかった必殺コンボが、未来融合の復活でもう一度可能になったことにより、サイコ流の再度の隆盛はありえるか?
5 ヴォルカニック・クイーン 2017/01/14 06:05
マミィ。多くのデュエリストが夢見た1体版ラヴァ・ゴーレム。
射出効果を持っているためラヴァ以上にこちらに牙を剥きやすいが、基本的な除去という名の仕事はラヴァ以上に果たしてくれる。バーンは不確実だがその代償はリリースという強烈な除去なので元は取れているはず。ラヴァ同様洗脳解除を使う運用も可能。
ただ、同じ領域にサタンクロース、そして壊獣が現れ使い勝手に地殻変動が起きてしまった。特に妨げという規格外のサポートを持ち戦力になる度合いもこのカードより薄い壊獣の存在は致命的。このカードはどちらかと言うと、攻撃力と射出目当てに洗脳解除するようなカードになったか?
5 D-HERO ドレッドサーヴァント 2017/01/14 06:00
どこからどう見ても幽獄の時計塔のためにデザインされたカード。
時計塔とドレッドガイを中心とするデッキには、是非とも採用したい。
特にカウンターを能動的に載せることの出来る効果がありがたいところ。
逆を言えば、時計塔やドレッドガイに必要性を感じないのであれば、必然このカードの採用も遠くなる。昨今のD-HEROは融合やエクシーズを重んじるデッキになりつつあるので、時計塔までは手が回らないか。
6 ミラクル・フリッパー 2017/01/14 05:56
何度戦闘破壊されても相手の場に蘇るサンドバッグの鑑。
当然だがフェンリルなどの戦闘破壊による効果発動と相性が良い。
何度も使える戦闘破壊のトリガーとして、トリッキーな動きが期待される。
後半の効果はリミット・リバースと組み合わせると強力。守備表示に変えるだけで1:1除去に化ける。
相手がシンクロやランク2エクシーズを使うデッキだと、任を全うできずに素材を提供して終わる可能性が高いのが悩みか。
7 クロス・ポーター 2017/01/14 05:50
Nと場のモンスターを入れ替える効果と、墓地送りだけでNをサーチする効果を持つネオスペーシアンたちのサポーター。
前半の効果は自身も墓地送りにできるため、主にこのカード自身を墓地に能動的に送る手段として活躍する。手札には特殊召喚するNが必須だがそこは別のこのカードの効果などで集めたい。
真骨頂は条件の緩い後半のサーチ効果。墓地送りトリガーでN全てをサーチできるのはサーチ持ちとしては文句なしの領域。終末などでの墓地送りやS素材としての活用でもNを獲得できる。
このカード自身はNではないのは注意点であり悲しみか。
7 強烈なはたき落とし 2017/01/14 05:25
はたき落としの立場がない。仮にも、過剰警戒でも元制限カードなのに…
カウンター罠であるためアルテミスと組み合わせると凶悪で、相手のドローフェイズに自分がドローする笑えない事態に。
また多くのデッキで基盤となるサーチ効果は全て否定できる。強欲謙虚すら否定するので、マインドクラッシュに並ぶ対サーチメタの役割も期待可能。
個人的にはパーミッションに終わらない可能性を感じる一枚だが、新鋭・灰流うららの登場が結構響きそうである。やってることがかなり近いため、セットを要するこのカードはその部分でどうしても劣ってしまう。
1 罰則金 2017/01/13 23:26
最短のテキストで記された至極簡易な効果はデメリットの塊。
一応暗黒界や魔轟神の引き金を引くことはできるが、それだけだ。
手札からカードを捨てるにしても、付随効果のある様々なカードが存在する。
それらを使ってあげるほうが無難であるし、罠故にこのカードは捨てる分にも一手遅い。
ただ捨てるだけですら陽気な葬儀屋というカードも存在する。
2 転生断絶 2017/01/13 23:24
墓地からデッキに戻すのを除外する、なかなかユニークなカード。
貪欲な壺や転生の予言を封じる。だが前者はDDクロウでも封じられる。
そもそも墓地からデッキに戻すカードが滅多に見当たらず、また除外とデッキ戻しは、デッキによっては後者の方がこちらに優位に働くこともありえる。
ただし、全てのモンスターがデッキに戻る効果を持つことを自慢とするマドルチェに使うと、モンスターを回収できず途方に暮れるさまを見られるかもしれない。
3 決戦の火蓋 2017/01/13 23:09
通常モンスター専用にデチューンされた血の代償。
血の代償のライフコストを墓地のモンスターに置き換え、更に出せるカードが通常モンスターに限定されてしまった。
血の代償は禁止カードになったので下位互換から調整版にレベルアップしたが、それでも大量の通常モンスターと大量の墓地肥やしがないと全力を出せないのはなかなかに厳しい。
射出系カードに凡骨の意地を絡めたバーンや、同じく凡骨の意地からのシンクロラッシュならば使えないこともないが…
8 毒蛇の供物 2017/01/13 22:43
ゴッドバードアタックとは似て非なる使い勝手の爬虫類が誇る除去カード。
自身の破壊できるカードは表側限定なうえ、チェーンで対象を破壊されると不発もある。
しかし蛇神降臨や機皇帝の特殊召喚のトリガーにもなる事ができる。
不安定ではあるが、基本的にはゴッドバードアタックと同等のカード。
爬虫類族には必携の一枚であり、スネーク・レインと並ぶ爬虫類族のアドバンテージと呼べるカードとして幅広い爬虫類族デッキに採用が検討できる。
6 ハンディキャップマッチ! 2017/01/13 22:38
剣闘獣にハンデというか新カードをください(懇願
剣闘獣の展開力を補う、なかなか有用な罠カード。
通常罠なのでセットして発動してと少々遅い感はあるが、使い方によってはかなりの展開を目指せる。相手ターン中に和睦の使者などで得たリクルート効果を使った時に展開できると良さそうだ。
ヘラクレイノスやガイザレスの融合補助にも最適。スロットに余裕があれば積むのも面白い。ただ、剣闘獣による特殊召喚ではないので効果を発動できないのはネックか。
6 召喚制限-猛突するモンスター 2017/01/13 22:19
コンボに特化した戦闘強制系のカード。
おジャマトリオとの相性が鉄板で、コンボが決まればワンキル級の火力を誇る。
カオスポッドのループコンボもあるなど、かなりワンキルに特化したカード。
逆を言えば、特殊召喚された相手モンスターが場に残ることを期待して使うカードではない。カオスループを起こしたり、おジャマやダストンを突っ込ませることに意義がある。
3 二重の落とし穴 2017/01/13 21:47
フタエノオトシアナ、アッー!
デュアルのためのミラーフォースカードだが、トリガーや破壊対象は少し異なる。
サンダー・ボルト効果は圧巻だが、再度召喚されたモンスターの戦闘破壊というかなり重い条件をクリアしなければならないのは辛い。
当然だが戦闘破壊を経由しないミラーフォースと愉快な仲間たちがいる他、非再度召喚を守れるジャスティブレイクもある。単体破壊ならばデュアルスパークも存在するなど、このカードを超える存在は数多。状況はかなり辛い。
6 闇の幻影 2017/01/13 19:39
このカードも闇属性の優遇を如実に表すカードの1つ。対象にする効果にしか使えないとは言え、闇属性全般という気前のよさは評価に値する。
強制脱出装置や様々なモンスター効果をシャットアウトしてくれる。往時と比べて対象を取る効果が増えている感があるのでこのカードも使いやすくはなったか。それでも信頼性は一歩劣るので、どうせノーコストなのでスパッと使うべき一枚。出し惜しみしていると除去が多いことを鑑みても使えずに終わりがち。
3 闇霊術-「欲」 2017/01/13 19:27
ダルクは犠牲となったのだ… カードの登場タイミングの犠牲にな…
これまでの霊術と違いドローという効果が強力なためか、相手の手札に魔法があるだけで簡単に止められてしまうのが痛い。
相手の手札がハンドレスなら確実だが、そうそう都合よく状況は訪れないか。
せめてマジック・ドレインよろしく、魔法カードを捨てさせたのならばかなりの汎用性を誇る1枚に進化したのだが。
2 サイバネティック・ヒドゥン・テクノロジー 2017/01/13 19:23
何度も使えることを売りにした攻撃反応永続罠。
流石に融合モンスターをコストとするのは苦渋の一手すぎるので、基本はサイバー・ドラゴン扱いのカードをコストに効果を発動させたい。
ただやってることは炸裂装甲。そのため他の選択肢はないかと考えてしまう。
攻撃反応自体が冬の時代であるし、このカードを2回以上使うというのも考えにくい局面。バレてる罠に突っ込んで来る相手がいるとは早々限らない。
結局こっちのカードも吹っ飛ぶことからも、非常に扱いづらいカード。
4 アルケミー・サイクル 2017/01/13 17:01
自分の場のモンスターを全て攻撃力0にし、それが戦闘破壊されるとドローできる。
なんとも個性的なカードで、もしかするとすごい使い方があるかもしれない。
だが自分の貧困な発想では、壁を展開してそれをドローにするくらいしか思いつかない。
自爆特攻やダメージを移し替えるカードと組み合わせるのも手だが、罠なのでセットと発動にラグが生まれてしまうのは痛いところ。
ドローソースとしても、攻撃力を下げる装置としても使えるが…
7 チェーン・マテリアル 2017/01/13 16:37
どこからでも融合できるように融合カードの指定ゾーンをいじくるが、召喚される融合モンスターに大きな代償を持たせるカード。
普通に使ってもせいぜい素材にしか使えない融合モンスターを展開するに過ぎないが、幾つかの抜け穴を通ることで戦力となるカードを呼び出すことができる。
第一の穴はビークロイド・コネクション・ゾーン。破壊耐性付与で次のターンから活用可能。ビークロイドでデッキをまとめる意義にもなる。破壊耐性を持つ融合モンスターも同じことが言える。
第二の穴はD-END。破壊されても次のターン蘇生できる。墓地のD-HEROが充分ならD-ENDがこれで3体並ぶことすらあるのだ。特殊召喚されたターンに破壊効果が使えるため攻撃できないマイナスもあまり気にならない。
その他除外肥しにも活用できるか。ただ、サーチの効かない、罠であるため遅いなどとどうしても遅さが際立ってしまうのがネック。
6 ヘイト・バスター 2017/01/13 16:28
ハ・デス様、ここに散る。ハ・デスと深淵の冥王の因縁に一つの決着をつけたカード。
悪魔族限定だが、炸裂装甲+魔法の筒のような効果を持っている。
強力カード2つを内蔵した効果は十分に強力。汎用的なカードの安定性とこのカードの爆発力のどちらを取るか、そこは人によるか。
フリーチェーンの破壊輪が帰ってきたり、ミラーフォースや魔法の筒が無制限になったりと逆風吹き荒れている感は否めないが、悪魔族を指定する稀有なサポートの1つとして頭の片隅にはとどめておきたい。
4 デモンバルサム・シード 2017/01/13 16:16
結構珍しい参照値とそれに伴うテキスト。オリカ作りの参考にどうぞ?
発動条件そのものは重くもない、よくある話なのだが、展開したトークンの活用や展開量に問題がありがち。普通に相手ターンに展開したのでは、直ちに処理されてしまうことも多いだろう。2体展開でも、結構重いダメージが要求される。
自爆特攻ではメインフェイズ2でのトークン活用になり、罠のこのカードを伏せる手間もあるので遅さが際立ってしまう。
絶妙な運用法募集中。ロンファや超栄養太陽のコストに出来ると面白いか?
6 レインボー・ライフ 2017/01/13 16:12
バーンメタカードの決定版とでも言うべき、おそらく最も捕球範囲の広いダメージ吸収効果。当然汎用性も充分。
適当に積み込んでも手札コストが必要な1ターンを凌ぐカードにすぎないので、ある程度コンボか環境を意識して採用する必要はある。
自分にダメージを与えるカードや連続自爆特攻のダメージの反転が一番輝く運用方法になるだろうか。
幅広い運用が可能なカードだけに、可能性はかなりのもの。
<<   6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19   >>