HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7960
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   9 10 11 12 13 14 15 16   >>
得点 カード名 登録日時
8 増草剤 2017/07/01 23:57
植物族では非常に強力な蘇生カード故に草生える。
一般的な永続蘇生カードと違い、このカードが破壊されても蘇生したカードは無事。また、次のターンまで生き残ってくれればさらなる蘇生のチャンスも回ってくるから草生える。
通常召喚できなくなるため展開には向かないが、強力モンスターや便利なカードを展開するには非常に使えるので草生える。
植物族の蘇生といえばこのカードであり、種族の強みの一つなので草生える。
7 最古式念導 2017/07/01 21:26
サイキックでは安定感抜群の1:1交換魔法。
コストと言うべきダメージは決して軽くないが、除去としての使い勝手はかなりの物がある。除去をシンクロに頼る場合でも何かと助かる局面は多いはず。
ただし、発動条件の関係上場にモンスターを出せない状況に弱いことは注意。とはいえ、通常も特殊も封じられる状況は早々ないとは思うので、自分の事故が注意なのだが…
6 アポート 2017/07/01 21:22
サイキック専用のヴァルハラだが、初期サイキックの性でライフコストが存在する。
このカードを採用しようと考える際にネックとなるのが上級・最上級サイキックの層の薄さと、下級においては二重召喚効果を持つ脳開発研究所の存在か。またサイキック自体がシンクロを要とする種族なので、上級・最上級に頼らずとも構築できるというのが難。
このカードの相棒候補はマスター・ジーグだろう。優秀な除去効果を持っている最上級である。マックス・テレポーターが特殊召喚できないのが残念。
シンクロ等の展開支援なら、脳開発研究所との争いになる。こちらはLPの先払いと後払いどちらが好きかという話か。
1 パラライズ・チェーン 2017/07/01 21:10
デッキデスが発動するたびに、相手に向けて雷鳴をぶっ放す。
デッキデスの強みは相手のライフを削らずとも勝利を狙える点にあるにも関わらず、さらにライフまで奪っていこうとするドSカード。
現実的に考えればそんなことする旨味はまったくなく、デッキデスとバーンが中途半端になって終わるだけである。
倍率が高くとも微妙に思えるのに、倍率が雷鳴ではさらに使いにくさアップである。
1 ポイズン・チェーン 2017/07/01 21:06
鼻毛デッキの特色であるデッキデスを担う1枚。なんだけど…
アニメでは場のチェーンモンスターのレベルの合計分デッキデス。さすがにやりすぎなので弱体化した。
Cの展開力は大したことはないので、頑張っても相手フィールドにライトロードが1体いる程度の速度でデッキを削ることになる。
あれ、これって利敵行為なんじゃ…
2 D・パワーユニット 2017/07/01 21:03
攻撃力倍増というディフォーマーのトンデモエンジン。
しかし、装備対象がレベル3のディフォーマー限定というのがかなりのクセモノ。
装備対象で使いやすいのはボードン、スコープン、リモコンだが、こいつらの攻撃力を倍加しても大した能力にはならない。
そのためここまでのリスクを負う必要はないだろう。汎用装備魔法で十分。
進化する人類とのコンボもあるが、ちょっと狙いすぎ。
4 D・コード 2017/07/01 20:59
表示形式変更を行うたびにサイクロンを起こすディフォーマー専用の装備魔法。
そのため表示形式変更が1回で済むならサイクロンで良く、起用する以上は2回以上の発動を狙っていくことになる。
ただディフォーマーは普通に動かしていると存外形式変更を使わないもの。優秀な効果が片方に固定されていることがままあるゆえか。D・フィールドや悪夢の迷宮を用意し、表示形式変更を軸で戦い抜く覚悟がないと採用は難しい。
8 D・スピードユニット 2017/07/01 20:54
手札交換と除去を一手にこなすディフォーマーのやべーやつ。
ディフォーマーに手札で持て余す部類のカードがそこまで多くないのはちと残念だが、この水準の除去・手札交換の複合魔法ならどこに出しても恥ずかしくないだろう。
ディフォーマーは強力な全体鼓舞や装備魔法に恵まれているとはいえ、基本的には戦闘能力が低いカードが多い。このカードはそれを補ってくれることに間違いない。
2 百機夜工 2017/07/01 20:50
ディフォーマーを糧に機械族を全体強化する速攻魔法。
サイコ・ショッカーがイラストということもあり、一応機械族は全て強化できるのだが、コストの関係上ディフォーマー以外での起用は難しいだろう。
しかしながら問題はその強化値。ディフォーマーはモバホンでたくさんリクルートができるとはいえ墓地肥やしが得意というほどでもないデッキで200倍は貧弱すぎると言わざるをえない。加えて全て除外してしまうため使えて一度きりのカードであり、二枚目以降を腐らせる可能性も高い。
ディフォーマーはラジオンという強力な全体鼓舞を持ち、一方で機械族ではないカードも散見する。う、うーん…?
7 ブラック・ガーデン 2017/07/01 18:38
まずはWikiのこのカードの欄を熟読し、効果処理とルール関係はしっかり把握すること。遊戯王史上最高峰の処理のめんどくささと複雑さを誇るカードであり、使う側にはこのカードの処理を完璧に行ってもらわないと使われる側に混乱を与える可能性が高い。その難易度が高いのが困りものだが…
まずはシンプルにバーンデッキなら相手の攻めを格段に遅くすることができる。植物デッキならフレグランス・ストームや世界樹の養分が増えることになる。
また、サイバー・ダークは最初の800が半減するだけなのでほとんど影響を受けない。さらに蘇生効果でサイバー・ダークを蘇生できるという抜群の相性を誇る。
蘇生効果は800の倍数に絞ってモンスターを採用すれば、意外と面白い動きをしてくれる。サイバー・ダーク以外では霊鳥クレインなども面白いか。
存在が遊戯王検定と言っても過言ではない超難解カードだが、使いこなせば極めてトリッキーな動きで相手を撹乱できる。
8 薔薇の刻印 2017/07/01 18:29
スポーアやグローアップ・バルブといった1回限りの植物チューナーが登場している以上、その後の活用手段として活用されてもいい気がしなくもない、植物族専用のコントロール奪取魔法。
そのコストの関係上植物以外の利用は難しかったが、汎用的に積める植物の増加はこのカードには追い風だろう。効果は装備魔法版の洗脳そのもの。デッキによっては精神操作以上の仕事を期待できる。
それでもやはり事故を考えると植物族デッキが主戦場ではある。カードパワー自体はかなり高いコントロール奪取だが、種族専用のためかもう一歩マイナー。なかなか抜き出る機会がない。
4 偽りの種 2017/07/01 18:26
手札から限定。なので二重召喚で召喚権を増やす方が汎用性があって基本的には使いやすい。特殊召喚なので地獄の暴走召喚の引き金を引くことが出来るが…
速攻魔法であることを活かし相手ターンに出す使い方も勝負点だが。
出せる面子もなかなか厳しく、このカードで出す意義のある面子は少ない。せめて蘇生もできれば、だいぶ強力なカードなんだが。
2 カード・フリッパー 2017/07/01 18:22
通常魔法での全体の表示形式変更でも、アースクエイクで充分かと。
効果に対してコストが重すぎであり、罠だがイタクァの暴風の壁が厚いところ。
そして単体限定とは言えエネコン・月の書がより便利で…
使うなら逆に手札コストを有効活用が求められるが、それはそれでライボル・ツイツイが手ぐすねひいて待っておりますな。
5 蘇りし魔王 ハ・デス 2017/07/01 18:16
曲者デスカイザーの対となるアンデットシンクロは、愚直なパワーアタッカーと呼ぶには効果無効のパンチがなかなかのものがある。
専用チューナーゾンビキャリアが制限解除されペインペインターも上陸したことで出しやすさが上がったのはこちらも同じ。こちらはデスカイザーよりほんの僅か打点で上回るのと、出したターン以降も影響力を行使できるところ、何よりアンデットワールド不要な点に強みがある。
リバースモンスターやリクルーターにはめっぽう強いが、昨今なかなかそういったカードを見かけない気がしなくもない。レベル6シンクロはかなりレベルが上がってるので、往時の活躍は難しいか?
5 デスカイザー・ドラゴン 2017/07/01 18:08
相手の墓地からアンデットを奪い取る死の皇帝龍。
普通に使っても相手にアンデットが存在することを期待するだけという余りにも分の悪いバクチになるので、こちらから能動的に相手の墓地をアンデットに染めていく必要がある。すなわちアンデットワールドである。
かつては専用チューナーのゾンビキャリアが制限という憂き目をあっていたが、ゾンビキャリアが制限解除され第二の選択肢ペインペインターも上陸するなど周辺環境は恵まれ始めている。
相手の墓地を奪い取るプレイは脳汁が溢れること違いなしの曲者シンクロ。バスターもあるにはあるよ?
4 ヘル・ブランブル 2017/07/01 18:01
与えるダメージは結構重いのだが、耐性がないので何回発動できるだろうか。
モンスターに除去を頼ったデッキは特殊召喚の方法や回数によっては地獄を見る可能性はあるだろうが、それでもあっさり戦闘で敗北する能力なので2~3000持っていけるかどうかだろう。ましてやデッキや墓地からの特殊召喚に対応していないという問題もあり、出した苦労に見合わない可能性も高い。
拘束力としては期待は薄いので、バーンを与えるくらいのつもりで。植物にはバーンと相性のいいカードは多いが、このカードをシンクロする余裕はあるやいなや。
6 サイコ・ヘルストランサー 2017/07/01 17:51
一応汎用レベル7だが効果はサイキック専用である。しかしサイキックでも影響力の低い地味な効果であり、同じレベルにはPSYフレームZが存在する。
それでも、墓地のカードを除外できるため、除外サイキックではZより優先する意義はあるかもしれない。またアルティメットサイキッカーの素材にするつもりで出すなら回復と除外が一応できるこちらのほうが良いかもしれない。
シンクロのカードプールが少ない時代は打点だけで採用されていた時期もあったが、現在では黒薔薇二種やガイザー、クリアウィングに勝る点はないだろう。
3 C・ドラゴン 2017/07/01 17:45
長らく貧乏人の味方兼デブリドラゴンの相棒として活躍を続けていた鼻毛ドラゴン。
しかし前者はシンクロ自体の再録活性化・下火化やカード封入率の変化でシンクロの物価が下がり格安のカードも増えていること、後者はレッドワイバーンやコーラルドラゴンといった優秀な後輩の登場によりこのカードを使う必要性がなくなっているなど、アイデンティティの喪失の危機に直面している。
ならば本家であるCではというと、コイルとリペアラーの釣り上げコンボで出せないレベル設定に加え効果も倍率が低く1ターン限りということもあり物足りないしまず出せない。デッキデスもこの枚数と速度では相手へのご褒美になってしまうだろう。
残念ながら、かつての栄光も色あせ現状では使いみちのないカードになっている。
9 ブラック・ローズ・ドラゴン 2017/07/01 17:36
真紅の薔薇に身を包むシグナーの龍。制限経験も持つレベル7シンクロの象徴。その性能はまさに困った時の黒薔薇頼み。シンクロを使うデッキ全てが使える汎用性抜群のリセットボタン。
ただ体勢を立て直すだけにとどまらず、歯車街などの被破壊時効果を持つカードが巻き込まれると逆襲の狼煙に。
最近はシンクロ自体が下火ではあるが、それでもシンクロデッキにとってこのカードの頼もしさは切り札が減った分上がっていることであろう。
シンクロでレベル7が出せるならば、とりあえず入れておいて損はないだろう。
5 ターボ・ウォリアー 2017/07/01 17:32
機皇帝が無力なシンクロモンスター。なのに遊星はこのカードを華麗にスルー。攻撃力が足りないという判断だったのだろうか。
最初は出しにくさからか今ひとつの評価だったが、クイックロン登場で化けたカードの一つ。同レベルに汎用性が高くしぶといドリルがいるが、相手によってはこのカードも優秀。
前半効果でほとんどのシンクロ体を殴り飛ばし、後半効果の守りも下級~上級効果モンスター中心の相手には滅法刺さる。
ただしいずれもレベル参照、前半に至ってはシンクロ限定。エクシーズやリンク相手にはもろく、それでなくとも召喚法が多彩な今前半効果の発動はかなり厳しい。逆風吹き荒れるカードだが…
5 ジェイドナイト 2017/07/01 17:07
二つの効果は戦闘機シリーズを意識したものと思われるが、それ以外でも使える効果。単純にこのカード自身が罠耐性がある他、ユニオン素材の召喚時に激流葬なんて事態も防げる。
後半のサーチ効果は戦闘機に限らずともVWXYZやサイバー流にも流用可能。これら以外ではネブラディスクをサーチできる先史遺産やデューザがサーチできる方界などもキーカードのサーチ要因になる。
ただ、曲者なのが表側表示で破壊されないとサーチができないところ。相手としても狙いが見えている状況なので、効果破壊の良い的である。罠に耐性はあってもそれ以外は空っぽなので、昨今の情勢で自爆特攻抜きにサーチを決めれるかは怪しいか…?
4 タイガードラゴン 2017/07/01 17:01
竜虎相打つ、あるいはタイガー&ドラゴン、またはとらドラ!お好きなモチーフをどうぞ。
龍と虎が入り混じって最強に見えるかと思ったドラゴンは、セット限定の氷帝メビウスというなんとも微妙な代物。
昨今の情勢ならセットカードは召喚前にどうにかしておきたいものであり、召喚誘発の魔法罠除去の評価はあまり高くない。さらにリリースがドラゴン族に限られており、能力も大差ないためメビウスを超える点は種族サポート以外に無い。
一応、ミンゲイドラゴンと組み合わせれば黄泉帝の真似事はできるが、ミンゲイを使うならもっと強力なカードを出したいよなあ。
8 伝説の白石 2017/07/01 16:54
青眼の白龍のサーチをかなり簡単に達成してくれる、ブルーアイズデッキが誇るアドバンテージ源。
目覚めの旋律や調和の宝札のコストにしたり、竜の霊廟で墓地に送ることで手札に青眼の白龍を呼び込み絶大なアドバンテージを確保できる。確保した青眼の白龍はトレード・インのコストにすることでさらにデッキが回転する。
太古の白石という役割の近いライバルが出たが、あちらがリクルートでエンド時に戦線そのものを強化できるのに対し、こちらは手札を増強できるのでやはりトレード・インとの相性で勝負になるか。
ブルーアイズ新戦術の登場で絶対必須ではなくなったが、それでもカードパワーは高い。
6 ハネワタ 2017/07/01 16:47
遅すぎたドグマブレードへの対抗策となるの一枚。登場の一ヶ月後にメタ先が臨終したが、今でも手札誘発のバーンメタでは高水準のカードではある。基本的に奇襲性の高いバーンメタであり、先攻1ターン目にでも対処可能。
また天使族のレベル1チューナーという点でも価値がある。コート・オブ・ジャスティスを使ってシンクロに持っていく荒業もあるにはある。もっともそちらにおいてはブーテンなども登場しているが…
バーン系ワンキルがのさばり始めたらまた登場してくるかもだが、それまでは微妙なところ。リンクス次元にはバーンワンキルもあるらしいが…?
3 共闘するランドスターの剣士 2017/07/01 16:42
チューナーとしてリメイクされ、効果も追加されたランドスターの剣士。
追加された効果はコマンド・ナイトとほぼ同等の全体バフだが、能力に劣り攻撃対象にならない効果もないなど劣化が目立ちコマンド・ナイトでやれ、になってしまう。チューナーであることと永続効果であることの相性も最悪。
効果を無視しようにもレベル3戦士チューナーはジャンクロンやフラムナイトが闊歩する魔境であり、このカードの立場はこちらにもない。
総じて、効果を追ってもチューナーの線を追っても半端者であり、使いにくい。
2 No.93 希望皇ホープ・カイザー 2017/07/01 01:32
希望の皇帝。漫画版における希望皇竜的ポジションのカード。
マスタールール3以前でも重すぎる素材、エクストラデッキの構築の難しさ、その割に効果無効・ダメージ半分のデメリットがあることなどがありそこまで評価の高いカードではなかったが、新マスタールールによりリンクモンスターがなければ効果の発動すら許されないという有様に。
これにより単なるホープ相当のステータスを持ったカードに落ちぶれており、リンクモンスターがいても現状のプールでは1体展開が限度だろう。リンクが下三方向のカードに縛りのないカードが来るとも考えにくいし…
5 バイナル・ソーサレス 2017/06/17 21:45
トライゲートと同様、相互リンクで効果を発揮するカード。
サイバース族で星2つ、左右というのは素材の縛りの緩いプロキシーがいるので、アピール点としてはあまり強い要素にはならなくなっている。
相互リンク1体ではLP吸収効果、2体では味方限定の相手ターンでも使えるフォースを内蔵しているが、トライゲートと比べると効果の質が明らかに落ちており、相互リンクの苦労に見合ったものとは言い難い。
あえてこのカードの相互リンクを狙う必要性がいまいち感じにくく、サイバースのリンク2にしても矢印も同じで素材が緩いプロキシーや効果が強いハニーポッドがいる。立場は参戦早々に厳しいか。
8 トライゲート・ウィザード 2017/06/17 21:39
ファイアウォールでも様々なソリティアが企まれているリンク召喚の現状を考えると、将来的に危険になりうる制圧力を秘めたカード。
効果には全て相互リンクが必要であるが、ダメージ倍増・対象を取る除外・効果無効といずれも強力そのもの。リンクの方向も相互リンク前提のためか上左右と素直になっており、展開さえ行えれば相互リンクも組み立てやすい。
同ストラクのエンコードとは相性が抜群で、相互リンクが組み立てられ高い攻撃力増加効果にダメージ倍加が良く通る。リコーデットアライブの素材にもなれる。
7 エンコード・トーカー 2017/06/17 21:32
変わったリンクマーカーを持つように見えるが、デコードのものが1つずれただけでもあったりする。
全力を出すにはリンク先に別のカードが必要であり、そのあたりはデコードトーカーともよく似ているが、こちらは良くも悪くもリンク先は1枚あれば十分である。
相手の攻撃力を奪い取る効果を持っており、条件が整えば戦闘での突破力はリンクモンスターでも屈指のものになっている。サイバース族の展開力ならば何かリンク先に用意するくらいは容易いはず。
できれば最初の戦闘を行うカードに戦闘を介する効果の持ち主がいると光るが、サイバース族に今のところそのようなカードがあったか…?
7 リコーデッド・アライブ 2017/06/17 13:08
指定が厳しいリンク3モンスターをコード・トーカーカードにする。
どちらも優秀なリンク3モンスターであり、リンクモンスターの中でも突破力に優れる。除外するカードの指定がかなり細かいが、(2)の効果のことを考えるとこちらもコード・トーカーカードが良いだろう。
イラストから考えてもデコードとエンコードを使い分けてね、というカードなのだろう。(2)効果もかなり優秀で、(1)の素材をコード・トーカーにしておけばそれを使うことも可能。
<<   9 10 11 12 13 14 15 16   >>