HOME > ユーザリスト > とき

とき ユーザ情報

アイコン画像 ナチュル・クリフ
評価投稿数 7663
オリカ投稿数 0
デッキ投稿数 2  デッキを見る

投稿一覧

<<   5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18   >>
得点 カード名 登録日時
7 LL-サファイア・スワロー 2017/01/14 15:58
某畜ペンと同じ生物をモチーフにしているとは思えない。
ブラスト効果と隊長効果を併せ持つ展開の権化。スパローでサーチすれば簡単に場のカードが2枚増える、強い(KONAMI感
場のカードを増やして増やしてエクシーズに集約するのはLLの必須戦術なので、それを強力に支援するこのカードの重要度は高い。
Xモンスターに付与する効果も、X素材を増やすことで火力がさらに上がることになる。そのためアセンブリーを出す下準備には、このカードは絶対に並べたいところ。
7 LL-コバルト・スパロー 2017/01/14 15:51
ついに最後の最後でカード化したよ瑠璃ィィィ!
能力は悲惨だが、やってることはレベル1鳥獣の特殊召喚時にエアーマン効果。
蘇生効果を持つワーブラーか、ブラスト的展開力を持つスワローを状況に応じて選びたい。
特殊召喚の手段も前述の2枚が有力な他、レベル1全般を支えるワンフォーワンや金華猫、他に汎用蘇生を使うのも手になる。
LLに於いて場にモンスターを並べる起爆剤となるカードなので、このカードを特殊召喚する手立ては多いほうが良いだろう。ワーブラー>スパロー>スワローでレベル1が4体簡単に並ぶのは恐るべき展開力。
Xモンスターへの対象耐性は、アセンブリーの穴を埋めることができるので堅実に優れていると言える。
8 超越融合 2017/01/14 15:40
一見すると融合性能が低いわLPはがっつり取られるわ、使い所のなさそうなカード。
しかしそれを補って余りあるのが、融合素材となったカードの蘇生効果。
素材としたカードのレベルが同じならエクシーズにつなげることができるし、別の融合カードがあれば融合モンスターを並べることができる。
オフリススコーピオ・ダーリングコブラのセットからサーチしキメラフレシアを超越融合、素材の2体を復活させインヴォーカーを出しモルモラット展開とか、できるのかな、どうなのかな。
アニメでも使っていたスターヴヴェノムへの蘇生効果発動が出来ないのは、理屈は分かったが全然納得できねえ…
7 捕食植物コーディセップス 2017/01/14 15:31
墓地から墓地のカードを蘇生する非常にエコロジーなカード。
できれば素材となったサンデウキンジーを蘇生し、さらなる融合召喚へと発展していきたいところである。
墓地にこのカードを置く手段としてはオフリススコーピオの手札コストや超栄養太陽のコストにしてしまうのが強力だろう。
召喚権が使えなくなるデメリットがあるので、融合を絶対に決める鉄の意志と鋼の強さで蘇生カードを選別しよう。
9 捕食植物ダーリング・コブラ 2017/01/14 15:25
ヒュー!(融合・フュージョンカードをサーチしながら)
オフリススコーピオの相棒。デュエル中一回だけ融合・フュージョンをサーチできる。
捕食植物の効果で特殊召喚する必要があるとは言え、オフリススコーピオの規格外のリクルート効果を使えば容易に達成できるはず。
オフリスとは融合しなくともそのままランク3エクシーズになることができ、インヴォーカーにエクシーズすればモルモラット展開を導くことも可能。
サーチするならば簡易融合や超越融合など、ただ融合するだけが能ではないところを見せつけてやりたい。
このカードの存在が、オフリススコーピオの脅威を更に大きなものにしている。
9 捕食植物オフリス・スコーピオ 2017/01/14 15:18
ユーゴの次はユーリがお手軽出張セット候補を持ってきた。
捕食植物のサモプリ的カード。普通に使うのであればサンデウキンジーを持ってきて融合の準備なのであろうが、同じパックに入っているダーリングコブラとの相性が天下一品。
このカードの効果に手札コストが必要とはいえ、ランク3を展開しながら融合・フュージョンカードをサーチできるというよくわからない動きが可能になっている。
簡易融合をサーチし、インヴォーカーからモルモラット展開でキングレムリンを呼び出せば、次のターンには簡易インディペネプチューンの天地魔闘の構えが完成する。非常に危険な匂いを感じるカード。
5 SR56プレーン 2017/01/14 11:51
ゴム飛行機のようなもの。
特殊召喚のトリガーとなる特殊召喚はベイゴマックスやタケトンボーグ、スピードリバースなど様々なカードで発生可能。
シンクロの星合わせに使うのが良いのだろうが、5という数字はちょっと大きいか。
赤目のダイスという便利なレベル合わせ装置もあるので、あまり旨味を感じないところ。
2番の効果はダイクロイックミラーのために使うのも悪くないが、クリアウィングが3000を超えられるのも悪くない。
でもやっぱり特殊召喚の条件といい、ダイクロイックミラー前提のカードくさいような…
7 SRアクマグネ 2017/01/14 11:42
相手モンスターとシンクロ召喚だと!?
まさに超シンクロを可能とするチューナーモンスター。コントロールを奪うという過程すら省略する。
レベル7シンクロを奪ってクリスタルウィングが出てきた日には脳汁が溢れて止まらないだろう。それでなくとも風のシンクロは幅広いレベルに存在しているので、相手のカードを奪う性能は格別のものがある。
ただしレベルを持たないエクシーズには当然無力。また効果無効化を打たれても厳しいなど弱点も多い。相手の使うカードにレベルがやや振り回されるため、EXを圧迫されるのも玉に瑕。
5 SRビードロ・ドクロ 2017/01/14 11:36
ビードロ超特急。
効果をたくさん詰め込んだレベル7モンスターであり、SR初の最上級モンスター。
特殊召喚の条件は軽めであるが、2番の耐性と矛盾を起こしているのがかなり気がかり。3番の効果のために突っ込むにしても、大型モンスターは特殊召喚されている事が多いだろうなので、使い捨てになってしまう。
またレベルが高いことは当然だがスピードロイドの主要戦術であるシンクロとも相性がかなり悪く、スピードロイドの主要シンクロカードに手が届かない絶妙なレベルになっている。
機械複製術対応のレベル7という希少種なので、ラッキーストライプなどをX召喚する手助けができたりするのが救いか。
5 幻影騎士団ウロング・マグネリング 2017/01/14 11:27
攻撃を無効にしつつ特殊召喚される罠モンスター。
その上でファントムなカードをコストに2枚ドローもできるという効果を持っている。
攻撃無効とドローの組み合わせから、幻影騎士団のサイバー・ヴァリー的な存在。
もっともこちらは罠かつ攻撃反応罠なので、セット中に常に破壊の恐怖に怯えることになってしまう。
またファントムにフィフティ的な使い方のできるカードが意外と少ない。そのためこのカードの持つ性能をデッキが活かしきれない恐れもある。
6 幻影騎士団ロスト・ヴァンブレイズ 2017/01/14 11:21
まさに幻影騎士団は倒れないと言わんばかりの一枚。
とはいえ罠カードとしての性能はかなり平凡。能力を下げてまで戦闘から守りたい幻影騎士団がそこまで存在しない。
だがこのカードは、カースドジャベリンに幻影騎士団を素材として用意させるためには欠かせない。このカード自身がレベル2の罠モンスターに変化する上でレベル調整まで行うので、レベル2モンスターを持たない幻影騎士団がランク2を呼び出す数少ない手段になる。
ただそうなると、自分ターンで使いたいので罠ゆえの遅さが気がかりか?
8 幻影騎士団カースド・ジャベリン 2017/01/14 11:13
汎用ランク2としてかなり高い突破力を携えてやってきた新たなる幻影騎士団。
汎用ランク2の攻撃役はセイントレアくらいしかいなかったところ。セイントレアと比べ防御力が低い代わりに効果無効がついているため突破力は高い。ライフにダメージを通せるのもこちらの魅力。
幻影騎士団を素材にすることで誘発即時効果となった時の性能は破格だが、現在レベル2の幻影騎士団は今回登場の罠モンスター2体しかいないのでエクシーズに持っていけるかは難しいところか。
それでも単純にランク2として破格。幻影騎士団においてはロスト・ヴァンブレイズのレベル調整効果を駆使したい。狙う価値はある。
3 決別 2017/01/14 11:03
ズァークを復活させる引き金を引いてしまったカード。事前に回避を捨ててこのカード使えばよかったのではと言ってはいけない。
効果は手札捨て版の強制終了に効果無効がついてきたもの。
しかし戦闘の強制シャットアウトとしては手札コストが限られるため性能が低く、逆に効果無効を狙うにはタイミングがバトルフェイズでは遅すぎる。
アニメカードに稀によくある、狙いがどこへ向いているのかわかりにくいカードの一つであり、使い所は非常に難しい。
8 EMガトリングール 2017/01/14 10:56
12回分のダメージを受けろぉ!
EMらしからぬ明確な殺意の結晶。稀有な悪魔族EMが融合で登場。
融合召喚はEMとレベル5以上の闇属性で行われる。一見非常にゆるいがEM側にレベル5以上の闇属性がこのカードだけなので何らかの力を借りる
必要がある。筆頭はやはりオッドアイズだろう。
ユーゴーレムの融合先として有力なカードの一つでもあるので、ユーゴーレムとオッドアイズをP召喚して出せると原作再現風味で旨味。
効果は自分フィールドも数える仕込みマシンガンと、Pモンスターを素材とした場合に破壊輪。驚異的なライフを削る性能を持っており、攻撃力も高いためフィニッシャーとしては申し分ない。融合軸EMが新たに迎えられる良質の切り札候補。
5 EM小判竜 2017/01/14 10:46
EMでは珍しい漢字を使ったモンスター。
ドラゴン族を強化するが、EMにはドラゴン族は少なく、もっぱらオッドアイズを強化するためのカードになるだろう。相互に並べることで効果破壊できない2200打点になることもできる。
ドラゴン族の下級としてみるとコマンド・ナイト的なモンスターとして活躍できるが、このカード自身が狙われたらおしまいになってしまう。P召喚できることを活かすしかない。
P効果はライトイレイザー的効果。エクストラデッキからドラゴンを特殊召喚することは簡単だが、効果のパンチがちと弱め。戦闘で破壊できないカードを処理するのが関の山だろう。
EMオッドアイズ的な構築で活躍を期待だが、それでも相手が限定的でスケールとP効果がいまいちなこともあり、使いやすいとは言い難いか。
6 EMユーゴーレム 2017/01/14 10:40
融合レム。
P召喚されたターンにフィールド融合を果たすモンスター効果と、融合召喚時に遊矢的カードを回収するP効果を持っている。
融合効果はドラゴン族に相棒が限られるため、素材指定の緩やかなカードに限られ、それもかなり数が少ない。アニメで使ったガトリングールの他に、オッドアイズボルテックス、オッドアイズメタルクロウ、スターヴヴェノム、ドラゴスタペリアの5体のみが現状である。ドラゴスタペリア以外はいずれも、オッドアイズペンデュラムをともにP召喚して使うことを主眼とするといいだろう。
融合効果を無視しスケール1のEMとして使う手もあるが、その用途では融合しない場合ゴムゴムートンがP効果も優秀なのでやはり融合してなんぼのカードであろう。
融合とP召喚を組み合わせ、オッドアイズペンデュラムを使う必要があるなどなかなか厳しい部分は多い。魅力はあるとは思うが…
7 魔術師の再演 2017/01/14 10:29
棺からの脱出劇。効果的には本当に死んでるのに棺から脱出であるが。
右手左手同様スカイマジシャンのマジックコンボを支えるカード。スカイマジシャンのリリースに最適なレビューダンサーの蘇生が最適だろう。このカードも場に残ってしまうがあらゆる魔法使い族デッキで使える蘇生ソースでもある。
2番の効果はかなり強力な右手左手をサーチできるわりに捕球範囲も広い。スカイマジシャンのマジックコンボを作るだけでなく、単純に右手左手が優秀なので副葬やダブル・サイクロンなどを検討してもいいだろう。
8 魔術師の左手 2017/01/14 10:23
魔術師の右手の罠バージョン。
スカイマジシャンと右手左手が揃えば、相手はまともに魔法も罠も使えないまま巨大化していくスカイマジシャンの相手をしていく必要がある。
それでなくとも、このカードがあれば魔法使いが安心して展開、攻撃できるので非常にありがたいカード。スカイマジシャン展開前に用意しておけば天空の魔術位が奈落に落ちるなんて笑えない話も回避できる。
右手同様、スカイマジシャンコンボにとらわれずとも幅広い魔法使いデッキで採用できる強力な罠封じの一枚。
8 魔術師の右手 2017/01/14 10:19
そ の た め の 右 手(オーオーオーオー
遊勝の魔術師コンボを支える永続魔法の片割れ。
シンプルにして強力な魔法封じ。魔法使い族がいればいいだけなのでスカイマジシャンに限らずとも他の魔法使いでも発動条件を満たせる。
エンタメデュエルを志すなら左手や再演をスカイマジシャンに入れ替えさせて適宜無効化を行いたいが、そうでなくとも1回だけ魔法カードを封じる効果はかなり強力。
ブラックマジシャンなど、魔法使いを絶やさないデッキでも採用を検討できる魔法の右手。ただし強制効果なのでスカイマジシャンの入れ替え効果がないと暴発して肝心な時に沈黙することもあるのがネックか。
6 EMレビュー・ダンサー 2017/01/14 10:12
サイドラ効果での特殊召喚とダブルコストの合わせ技。
EMはP召喚により最上級は出せないことはないのだが、スケール8の層が厚いというわけではないのでこのベクトルの召喚支援にも価値はある。
スカイマジシャンやラフメイカーを支援する。ラフメイカーにはウィムウィッチがいるので、こちらは魔術師の再演で蘇生できることからもスカイマジシャンとの組み合わせが理想だろう。
レベル3魔法使いサイドラとして各種素材への運用も出来なくもないか。
7 EMスカイ・ピューピル 2017/01/14 10:06
スカイマジシャンを戻して破壊効果を使わせろって書いている気がする。
1番の特殊召喚効果は、スカイマジシャンを戻して破壊効果を使うのもいいがP召喚できる上級EMを戻して使うのもロスが少なく相性がいい。
2番と3番の効果はセットであり、耐性破壊を行いながらカタストル的な突破が可能になる。ただ3番は攻撃したときだけなので、相手ターンに出す場合は効果を発動できない。
破壊耐性を無効にして効果破壊ができる物珍しいカードだが、非Pなのが残念。何度でも使い回せれば恐ろしいカードだったが。
6 EMスカイ・マジシャン 2017/01/14 09:58
ついに登場した天空の魔術師。
魔術師永続魔法を入れ替える効果を持っているカードであり、魔術師の右手左手とのコンボが前提となっているのだろうか。
1番の効果で魔法が発動する度打点が上がるので、長く場に留まって右手左手をチェンジする戦い方をしているうちに打点もみるみる上がる長期戦向けのカード。
除去されても3番の効果で最後っ屁が打てるので、総じて完成度は高いといえる。
最上級非PモンスターというのがEMとは合致しにくいので、息子のカードの力をあまり得ることが出来ないのは残念なところか。
10 裁きの龍 2017/01/14 08:10
その名前と豪快な効果が厨二心を妙にくすぐるライトロードの切り札。
下級も上級も強力カードぞろいのライトロードの切り札は、規格外の効果を持った強すぎクラスの逸品。墓地肥やしの大得意なライトロードと合致した召喚条件で、出しやすく強いを体現したような存在である。
1枚出せばデュエルの流れは一気に自分。3000打点が場に残ってフィールド全滅は悪夢の一言。
手札からしか出せないが、デッキから落ちても回収カードで戻ってくるのが普通。デッキをライトロードで統一する最大の意義。
6 ライトロード・ドラゴン グラゴニス 2017/01/14 08:06
このカードを軸にするライロはグラゴニスビートとか呼ばれる。
2種で及第点、4種も落ちていれば上級モンスターでは規格外のカードになる。
単体のライトロードとしては筆頭クラスの強さを持つため、閃光のイリュージョンとの相性が抜群であり蘇生先として最有力。
決して弱いカードではないが、採用率が上がらないのは同じアドバンス召喚の領域にケルビムがいるためか。それとも脳筋貫通では時代に即しないからだろうか。
8 ライトロード・ビースト ウォルフ 2017/01/14 07:41
このカードが山札からどれだけ落ちるかがライトロードのバイオリズム。時々3枚手札に来るから困る。そのようなときはルミナスの手札コストにしたい。
とはいえ順調なときは2100打点がデッキから落ちただけでわらわらと湧いてきてしまう。ルミナスの蘇生でも出てくるため、ジェインと並ぶライロのメインアタッカーとなるカード。
制限カードなのでもったいない感はあるが、おろかな埋葬を使えばピンポイントで特殊召喚できる。運だよりの感はあるがライロには外せない一枚。
7 ライトロード・ウォリアー ガロス 2017/01/14 07:22
他のライロと比べると、出張が効かないのが残念なところ。
このカードのネックは単体では1850打点に過ぎないこと。自発的な墓地肥やしが不可能。その分別のライロが脇にいると爆発的な回転を発揮する。
恐ろしい勢いで墓地を稼ぎ、恐ろしい勢いでドローを果たしてくれる。
ルミナスの効果で蘇生すれば効果を使うことはなんとかできるため、60枚ライトロードでは数合わせ兼掘り進み要員として存在価値はあるだろう。
8 ライトロード・マジシャン ライラ 2017/01/14 07:11
ブレイカーの亜種、攻められない代わりに墓地肥やしでサポートしてくれる。
墓地に1枚存在すればルミナスから魔法罠除去が使える他、光の援軍なども魔法罠除去に変換できるので今でも何枚かはライトロードに欲しいカード。
またデッキとして偏るが最終突撃命令とのコンボが圧巻。毎ターン疑似羽箒が打つことができる。
高額カード常連もついにストラク再録された他、再録パックでもノーマルで登場。ライロもより安く組めるようになった。
7 ライトロード・パラディン ジェイン 2017/01/14 07:05
高い打点に墓地肥やし。優秀な要素を合わせ持つ一枚が弱いわけがない。
弱いわけがないのだが、打点目当てならフォトン・スラッシャーが存在し、墓地肥やし目当てなら起動効果で使えチューナーであるライデンが登場した。
どちらの用途でも中途半端になってしまい、今では往時ほどの活躍はできない。
それでもカードパワー自体は十分に高いので、光属性戦士族を代表するカードの一つであることは変わらない。他のカードがおかしいだけと信じて…
7 アルカナフォースEX-THE DARK RULER 2017/01/14 06:46
3体揃ってるならBloo-d?いやいやこのカードも忘れてはいけない。
表の効果はワンキル級の攻撃力4000による2回攻撃、裏の効果もイレイザーがかわいそうになってくる全体破壊と超弩級モンスターにふさわしい効力な効果が並ぶ。
特に表の効果はクェーサーの存在でわかるその恐ろしさ。環境が高速化しているので、じっくりアドを取っていくライトルーラーより即戦型のこのカードのほうが利用価値は高まってきている。
単体で決める、という点では、3体リリースでもトップクラスの一枚。裏だと素の能力が高いイレイザー止まりなので、やはり連続攻撃が欲しいが…
8 アルカナフォースXXI-THE WORLD 2017/01/14 06:41
世界のアルカナ。ザ・ワールド! 時よ止まれ! しかし時は動き出さない
アルカナフォースの代名詞であり、遊戯王でも禁忌のターンスキップを行う数少ないカード。
何がひどいって正位置のこのカードがフィールドに、サクリファイスロータス2枚が墓地に揃うとずっと俺のターン!になってしまうこと。
ロータス以外でもトリッククラウンとサウザンドブレードで時を止めることが可能。昔はスティーラーも相性が良かったが膝に矢を受けてしまってな…
事故率はお察しだが決まったときの爽快感は他の追随を許さない。
究極のロマンカードであるが実践的でもある。ワールドトランスという「対策はデッキを崩せ」なマッチキルを生み出した。
<<   5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18   >>